初めての店舗開業を成功させよう>>

なぜ、おっぱいは触ってはいけないのでしょう?

男と女として特別な関係にならないかぎり、
世間ではそういうことをしてはいけないものとして捉えますが、
髪や、手ならばよくて、なぜおっぱいは・・・
だめなのでしょうか?

これは、女性自らが性を商品化していることにはなりませんか?
また、モラルや社会的良識というのは、親や教師や地域や社会から
刷り込まれた価値観であり、私たちは、それを何の疑いもなく
信じている・・・
そう考えたことはありませんか?
女性の方からのお考えを聞かせて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (42件中1~10件)

また来ました。

というのも、自分の中で新展開が生まれたので。正直、ビクビクしてます。どんな辛口コメントがくるのかと。(笑)
ええとですねぇ、要は、人間が考える葦であることと深く関係しているのではという見解です。これもすでに前提ですか。(即答されそうですね。国語力ないので怒らないでくださいな。)一般の動物植物等の生物は、人間ほど発達していないと言われていますよね。(これも刷り込みといえば刷り込みですね。植物だって何考えてるのかわかりませんから。)進化過程に創意工夫をして生き残っていくうちに、いろいろな道具を生みだしたりして、そして、人間は言語という伝達手段を手にした。これによって、人間は、いろいろな利益を手にすることができた。今までライオンが本能的に体でわかっていかなければいけなかったことをことばを使って周りに伝えることができるようになった。コウモリなどが超音波などを使っていたことも伝えられた。深い川へ入ったら、深みに足を取られて溺れ死んでしまうとか、火に触ったら燃える(やけどする)とか。すべて(無理矢理)ことばに置き換えることができるようになった。仲間を失ったら悲しいとか、仲間といると楽しいとか、多様な感情を持つようになってた。思いやりや憎しみ、妬みも。そのうちに文明が生まれ、それを維持するために秩序と呼ばれるものも形成された。人を殺してはいけないというのも、殺人が起こった時に人々が感じた悲しみを繰り返してはいけないという教訓から、人に対して親切にしていかなければならないのも、奉仕することで生まれる相手の喜び、自分の満足感があったから。すべて、経験の反省論だったのではないか。それをいちいち実体験を元にするには、リスクが大きいこともある。そのために教育を受けなければいけなくなった。教育を受けていないことで生まれる無智によって、社会というグループを乱すことがないように。そんな人間の思いやりと少しの(大きな?)おせっかいから。そのうちに、人々は、考えることをしなくなった。考えなくても、そのルール化された事柄に従っていれば、社会の中で安全に、安寧に暮らしていくことができると知ってしまったから。そして、上手く説明することすらできなくなってしまった。多くの物事の根底にあるものは、ことばという手段では到底語り尽くせないほど複雑のもの(愛とかそういうもの)であったから。(それを頑張ってるのが哲学者とか思想家とかっていう人々)そうやって考えることはおろかその疑問に答えることもできなくなった人間たちは、それを常識という概念に当てはめて、考える方が恥ずかしいことのように繕ったり、タブーという圧力で、考えないようにしてきた。
この問題も、人間が文明を手にしたり、複雑な感情を手にしなければ問題がなかったんだろうと思う。そうでなければ、本能の赴くままにいくら子孫を残したって、養育費の心配をしなくたって、結婚するつもりがなくったっていいわけだし。でも、実際は、そうは行かなくなっているから、自分たちの生活を守るための対抗策を打ち出した。自分を高く売る。商品化というより、自分に課せられた制約の中で、いかに優秀(種として)な子孫を残すか(または残さないか)という意味で自分を守ろうとしているのだと思う。
でも、こんなことをまだ幼い子供に教えるのって無理じゃないですか。(それだけ理解するには時間が必要なのが言語。)だから、性の教育も難しいところだし、胸を触っていいとか悪いとかでも、わかりやすいところで、「~されたらイヤだから」になるんだと思います。
こう考えると人間は自らの行い(「文明」)によってがんじがらめにされている感がありますね。だからこそ生まれた一種の社会の中でのサバイバル法。だから、考えても、これだって言う明確な答えは出にくいし、人それぞれ違う考え方を持っているから、理解してもらうのも難しいと思います。確かに考えたら有意義かもしれないけれど、考えないで幸せに生きちゃうって言うのも自由なんじゃないですか。たとえそれがネガティブで恥ずべき行動だとしても、幸せに自分のやりたいことをやったっていうc-bukoskiさんにしてみれば馬鹿みたいなことでも満足してれば。少なくとも、私は、このことを考えてて馬鹿になることを選びたくなりました。だってこのこと考えてたら、日々のことが手につかなくなっちゃうんですもの。卑怯者ですが、言いたいことが言えたので。
感情論抜きにして、考える機会が持ててよかったです。
乱文/長文失礼いたしました。fin.
    • good
    • 1
この回答へのお礼

随分まともな答えが変えてきたものだなぁ・・・
という感慨に耽っています。(笑)

ごめんなさいね、失礼な言い方をして。

ほぼ、その理解は的を射ていると思われます。
この一点を除いてはね。
それは、
>到底語り尽くせないほど複雑のもの(愛とかそういうもの)
という部分ですが、
これは、愛についてはまた別のとても長いテーマになってしまうので、
別の機会にしましょう。
そんな機会があれば・・・の話ですが。(笑)

そうなんです、
僕も知っていますよ、考えないほうが・・・
知らないほうが幸せなんだって・・・
でもね、気が付いてしまった者の宿命というか、
業のようなもので、
これは無視できない問題に転化してるんです。
村上龍の「最後の家族」
田口ランディの「コンセント」
もう、読まれましたか?
もしまだなら、ぜひ読んでみて下さい。
当たり前だと思われていることの恐さや悲劇・・・
そういったものが良質の物語に変容して、
なともいえない感情を喚起させます。
これは、たとえば花村萬月が言うように、
小説を書くと言うことは、
「新しい倫理を作り上げることだ」
というあまりにも正当な見解をあたかも裏付けるような作品です。
もちろん、
大江が言うように、
「本を救心的に読んではいけません、なぜならそこに真理があるわけではありませんから。ただ、その新しい概念を実生活と照らし合わせて自分が構築してきた価値観に増築させるのが望ましい・・・」
みたいなこともよく分かります。
でも、龍が言ってるようなことは、
とても他人の意見とは思えないほどシンクロするんです、
僕の中で。
これは、別に「最後の家族」に限ったことではなく、
「愛と幻想のファシズム」でも、「コックサッカー・ブルース」でも、
「エクスタシー」でも、「ストレンジ・デイズ」でもそうなんです。
彼はいつも根底に同じようなテーマを携え、
憤りを物語に転化してるような気がするのです。

考えないことは楽なんです。
でも・・・
それでは進化しないんですよ。
あなたも、あなたの子孫も・・・
考えましょう、
どんなことでもいから。(笑)
あなたには資質があるんですよ。
それを放棄するなんて・・・
言語道断です。

今度は、愛についてやりますか?(笑)
サシで・・・

ありがとうございました。

お礼日時:2003/03/26 20:00

あまりいろいろ語るつもりはないのですが、丁寧にレスして頂いたので少しだけ。



>禁じられているものにこそ快楽は潜んでる・・・というプログラムの問題があるので、隠されるから見たいんだ・・・という概念になってしまいます。

そうすると不思議なのは、「なぜ男性の下着は誰も見たくないのか」「なぜ男性の性器は目を背けてしまうのか」という事になりませんか?これらも同じように隠されたモノです。でも女性は男性のパンツなんて見ても何のドキドキもないし、性器なんて見ても気持ち悪いだけでなんの興奮もない。本能的にそれが性的な心地よい感覚を生み出すものなら、同じように禁忌事項になっているんじゃないでしょうか。「女性の下着や胸は男性の性的な心地よさを生み出してしまう」という本能的メカニズムがあるからこそ、その価値観は生まれたのだと思うのですが。

>そして、男性からの好奇の眼が原因だ、という感覚は、思春期における自意識が芽生えるころと一致しているのではないでしょうか?

思春期よりずっと前から感じています。それこそ幼稚園生くらいから。
子供は親に「パンツ見せちゃだめです!」と言われて育ちますが、どういう意味か感覚的に分からない限り、ぜんぜん言うこと聞かずにパンツ見せてます(笑)。ところが、そんな幼い子供でも性的な的になるんです。私は幼稚園児の時に近所のお兄さんにオナニーを見せられました。その光景は、大人になった今でも忘れることが出来ないです。そこまで極端な体験でなくても、女の子は皆幼い頃からなんとなく、男性の性というまったく理解できない感覚(=恐怖)に取り囲まれて育っていますよ。しかもまだ女にもなっていない頃から、大人の男の標的になっているんです。
こういう感覚は、いくら男性に説明をしても分かってもらえないかも知れません。男の子は特に幼いときは女の子よりずっと幼稚ですからね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

>「なぜ男性の下着は誰も見たくないのか」
>「なぜ男性の性器は目を背けてしまうのか」

これは本当に無意識の領域ですか?
そうだ、となぜ言い切れるのでしょう?
女の子はそういうはしたない事をしない・・・
という刷り込みだと、疑ってみたことはありますか?
かりに女性の性衝動が視覚から喚起されない、
という脳の問題を取り沙汰されたとしても、
隠されているものを覗き見たい・・・
という欲求は必ずあるはずです。
もちろん、それは規制されていますから、
私たちは覗き見ることは良くないこと、だと知っています。
しかし、それは人間の欲望の中に単純に存在する”好奇心”ですよ。
そして、それは”想像力”でもあります。
このふたつは、人が成長するするためにとても大事なものです。
そして、この”良くないこと”という認識はもちろん刷り込みです。
刷り込みはそこかしこにあるはずです。
なぜなら、それが集団で生活するための
秩序のようなものとして機能しているからです。

だから、僕たちが、自分の気持ちだと信じていることにだって、
社会の中で当たり前だとされていることにだって、
刷り込まれている概念はたくさんあるはずです。
もっといえば、自分のことが一番判らないはずです。

たとえば、「コンセント」の中で田口ランディが言うように、
幻覚を見たり幻聴を聞いたりして突然意味不明の言葉を
わめき散らす急性錯乱状態は、僕たちの世界では精神病として扱われます。
安定剤を投与され、意識が平静を取り戻すまで
薬で管理されます。
しかし、沖縄のユタと呼ばれるシャーマンは、
そういう状態を「カミダーリ」というトランス状態であると認識し、
「ユタグトゥ(ユタ事=ユタの行う巫儀(ふぎ))」によって
「カミンチュ(ユタになるべき者)」と認められれば、
分裂病や精神病の患者ではなく神と繋がる霊媒師として存在できるのです。
もちろん、そのシャーマンという存在自体が怪しいものですがね、
たしかに。
しかし、狂っているとか、狂っていない、などという
概念も難しい問題ですし、
「人は生きるために少しだけ狂う・・・」
という考え方もあるぐらいですから、
男性の好奇の目から逃れるための女性の性的な防御本能・・・
という、画一的な考え方には、
やはり賛同できません。

>「女性の下着や胸は男性の性的な心地よさを生み出してしまう」という本能的メ>カニズムがあるからこそ、その価値観は生まれたのだと思うのですが。

これも、性器がそうである・・・
というのなら分かりますが、
やはり前記した理由で、
胸や下着は本能的な性的なメカニズムではないように思います。


逆にお聞きしますが、なぜ文化や時代の違いで価値観は変容するのでしょう。

それからそれとは別に、あなたがトラウマとしての傷を持つ、ということは
憂慮すべき別の問題だと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2003/03/27 00:40

随分議論が交わされていますね。

私もc-bukoskiさんと同じ疑問を持ったことがあります。何故女性だけが人前で着替えをしたらいけないのか。何故女性の下着が見えるとみんなが注目して、男性の下着が見えるとみんなが顔を背けるのか(笑)。

理由は、男性が「見たい、触りたい」からだと思います。男性が「見たい、触りたい」という気持ちがなければ、女性は触られても見られても平気です。女性同士は一緒にお風呂にも入るし、あなた大きいわねーとか言いながら触ったりもします(赤の他人はしませんけど(笑))。「胸を隠す、下着を見せない」は残念ながら女性の作り出した価値観ではなく、男性の作り出した価値観の下に生まれたものです。女性自らが性を商品化したいのではなく、男性が性を商品化したがっている事から自分の身を守る方法であると思われます。

刷り込まれた価値観で、疑いもなく信じているというのも違います。女性は成長過程で、男性からの視線が変化していくのを感じ取って育っていきます。小学生低学年で痴漢にあって、強いショックを受け痴漢って何?という意味を考えたり、たわいないスカートめくりや膨らみだした胸をからかわれたりして、徐々に自分の女性らしい部分が男性の目に映る事を意識するようになります。それは一種の恐怖です。なんだか分からない好奇の目がだんだんと自分に向いてくるという恐怖。どんな女性でも、成長過程でひとつやふたつ痴漢やわいせつな言葉など、性的なショックを受けているでしょう。

言葉として教えられたわけではない。刷り込まれた価値観というわけでもない。ただ成長過程で感じ取っているのです。男性の性的な好奇の目というものを。

でも思春期を過ぎる頃、女性も気がつきます。自分の身体がどれだけ武器になるかという事を。武器はいつもいつも振りかざしていては負けてしまいますから、ここぞという時に使います。胸の谷間、美しい足の曲線美、細いウエスト、人によっては美しい髪や白い手なども武器になります。女性自らが性を商品化しているという考えは、この辺から生まれたものでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

にわとりとたまごの問題のような気もしますが・・・
どうでしょう?
ただ、まず既成概念にたいして疑問をもつ、
という大前提がある、というところから始まっているので、
最大のポイントは通過しているのですね。(笑)
なぜ、考えなきゃいけないの?
という反論には言い尽くした観があるので・・・

男性が見たいから隠すという意見は・・・
過去に「バルビュス現象」という言葉でも説明したけれど、
禁じられているものにこそ快楽は潜んでる・・・
というプログラムの問題があるので、
隠されるから見たいんだ・・・
という概念になってしまいます。
あくまでも僕の認識では、ですよ。
だから、習慣やモラルというものが先にあって
それを疑うこともなく信じてるのではないか・・・
というふうに考えられます。
何人かの男性からの意見にもありましたが、
文化が違えば恥ずかしい場所も触ってもいい場所も変わるわけですよね?
やはり、刷り込みだと思いませんか?

そして、男性からの好奇の眼が原因だ、という感覚は、
思春期における自意識が芽生えるころと一致しているのでは
ないでしょうか?
それは生物学的には、メスが受胎可能な成体に育ち、
それをオスが認識するところから始まる、
生殖にかかわる問題であるということを
考えると、
それを、恐怖だとか好奇だというふうに感じるのは、
そういう考え方を知らず知らずに教え込まれてきているからでしょう。
やはり、僕にはそう思えます。
もちろん、だからといって
社会的な良識やモラルを否定しているわけではありません。
これは、もうすでに何度も何度も言ってきたことですが、
大事なことだし必要なことであるということは十分理解しています。
ただ、残念ながら絶対的な価値観というものはないのだから、
常に、なぜなのか?ということを考えていかないと、
浄化しないこともあると・・・
そういうことを言ってるつもりです。

性の商品化に関しては、
これは話し出すととてつもなく長くなるし、
また違った問題も含んでくるので、
僕の中ではもう、いいかな・・・
と思ってる問題なのだけど、
簡潔に言わせてください。

生物はなぜ生きているのか?
これは動物行動学では遺伝子の「個のコピー」の問題で
語られます。
つまり”命を継ぐために”生きているのです。
オスはより優秀なメスと、メスはより優秀なオスと交わりたい
と願います。
しかし、誰もがNo1のオスやメスを選ぶことが出来るわけではありません。
したがって適当なところで手を打ちます。
ここで問題は起きるのです。(笑)
人間の場合は、この限りではないですが、
大筋はこういう状況ですよね?
誰かと付き合う、と決めればSEXはしてもいいけど、
そうでなければダメ。
ここでいう誰かと付き合うは、番う、という概念ですが、
ここに絶対性はありません。
だって別かれたら、また違う人を好きになるのだからね。
つまり、あきらかに手を打ってる・・・のです。
そういう相手探しをしているときに、
性を武器にしてる女性はたくさんいると思われます。
もちろんこれも、悪いことではないのかもしれません。
でも、認めましょう・・・・よ、
ということかな?
概略では。(笑)

また反感を買いそうですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2003/03/26 03:15

男です。


ちょっとおっぱいからは離れた回答になるんですが、

「モラルや社会的良識というのは、親や教師や地域や社会から
刷り込まれた価値観であり、私たちは、それを何の疑いもなく
信じている・・・ 」
でも(ある程度は)いいんだと思います。

「疑わず信じる=悪」「自分で考える=善」という意識があるように思います。

思いついた問題をすべて考えつくすことはできません。時間は有限です。特に、一人の人に与えられた時間は有限です。高々100年しかありません。
世の中のさまざまな問題や考えは、人の数だけあります。
自分が関われるのは世界のほんの一部分であることに気づき、
関わらなくてもいい問題は関わらないようにしないと、
ほんとうに自分のやりたい事をする時間がなくなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>人に与えられた時間は有限です。高々100年しかありません。
>世の中のさまざまな問題や考えは、人の数だけあります。
>自分が関われるのは世界のほんの一部分であることに気づき、
>関わらなくてもいい問題は関わらないようにしないと、
>ほんとうに自分のやりたい事をする時間がなくなります。

僕は、そもそもこの考え方を否定しているのです。
これは言い方を代えれば、
「世の中のことはどうにも出来ないから、それに、自身の興味あることだけにしか興味はないので、自分自身にとっての一番大事なこと、それだけを考えつづける・・・そう、自分自身の心の旅をするんだ。」
という、非常に春樹ちゃん的な考え方に映ります。

そして、
疑わずに信じることは悪ですよ。
もちろん、そう思ってます。
知識は道具です。
だから、知らないということは恥ではないですが、
知ろうとしない精神は恥ずべきだ・・・
という考えと同じです。

お礼日時:2003/03/26 02:30

c-bukoskiさん、こんにちは。


遅ればせながら、滑り込ませていただきます。
まず、この質問をした時点で、女性全員を敵に回したのは言うまでもないでしょう。(笑)といっても私は女ですよ。最初は、この質問を見て、何考えているだろうって思いました。でも回答と御礼を見ているうちに、なんとなくイメージが変わってきました。個人的に、このテーマにしたのは、ちょっと失敗だったんじゃないかと思います。(ムカッときたらスイマセンね。)というのも、こういうデリケートな問題として考えられている事柄は、あまり考えられていない、というよりは、考えるのを避けてきたものだと思います。私もあまり考えたことないですし。周りの気風で考えなくてもいいような状況になってますから。パンドラの函のようなものです。それを敢えて考えていこうという姿勢は素晴らしいと思います。だからといって、ここで女性がバッシングしてるからといって、暗に考えない人間だと決め付けるのもどうかと思います。誰だって、このことに限らなければ、こういう類のことを一度は考えてると思います。c-bukoskiさんの仰っている理論は、共感できますし、ご自分の求めている回答を手にできないもどかしさもお察ししますが、そんなふうに、寄せられた回答をバサバサ切り捨てないで欲しいなと思います。たとえc-bukoskiさんの意図にそぐわなくても、それが皆さんの回答なのですから。こういう意見もあるのかと寛容に受け止めていただきたいものです。
では最後に、
>男と女として特別な関係にならないかぎり、
世間ではそういうことをしてはいけないものとして捉えますが、
髪や、手ならばよくて、なぜおっぱいは・・・
だめなのでしょうか?

たとえ髪でも手でも胸でも、接触を許すか許さないかのは、個人の育った環境、価値観に由来する。またそれらは刷り込みという現象を起こし、時にそれが伝承されていて不動なものとなっていくこともある。それはなぜか、考える者もいるが、多くが日々におわれ、考えることがなかったり、一種のタブー、常識として扱われ、考えることを避けていることが多い。この問題も然りだと思われる。

>これは、女性自らが性を商品化していることにはなりませんか?
少なくとも多くの女性は、そう意識していることはないと思う。

>また、モラルや社会的良識というのは、親や教師や地域や社会から刷り込まれた価値観であり、私たちは、それを何の疑いもなく信じている・・・
そう考えたことはありませんか?
ある。私は、良心・親切について自己嫌悪に陥るほど考えたことがある。

(あくまで)参考になったら、と願っています。また、c-bukoskiさんのため息を呼びそうですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なぜおっぱいなのか・・・
テーマが失敗だったと、
そうおっしゃるのですね?(笑)

僕は、そうは思っていませんし、
この時点でもその考えは変わりません。

これは、かなり早い段階にも書いたのだけれど、
当たり前だとされていること、
常識、良識、
そういったものに対するオブセッションとしては、
非常に有効だと思っています。
なぜなら、
性的なことにその人間の裸の価値観みたいなものが、
明確に現れるからだという認識があるからです。
たしかに圧倒的に反感を買いましたよね?
女性陣から。
でもね、
僕は・・・
これは今になって思うことなんだけれど、
無意識に”何も考えていないグループ”にたいして
宣戦布告をしていたんじゃないか・・・と、
僕自身の深層心理を分析してみれば、
そんな気もします。
もちろん、”何も考えていないグループ”という言い方は、
僕の中でイメージした一般化した呼称ですが。
ただ、僕の中には常に、
”お前ら決められていることを何の疑いもなく信じていて本当いいのか?
価値観は自分で醸成しろ!”
という、テーマが厳然とあるのです。
そうすると、言葉を持たない人たちは、何も考えてないように映る・・・
というのも理解してください。

あなたが言うように、おっぱいである必然性もないのだけれど、
おっぱいであるために、浮き彫りになる・・・
そうとも考えられます。

>多くが日々におわれ、考えることがなかったり
>一種のタブー、常識として扱われ、考えることを避けていることが多い。

そしてこの意見にはやはり賛同できません。
だって、それを責めているのですよ、僕は。(笑)
ここが最大のポイントです。
僕の答えと違うと、駄々をこねているわけではありません。
なぜ避けるのでしょうか?
これはね、僕が考えるに、
おっぱいの問題に限らないと思うのです。

なぜ、子供は学校にいかなければならないのか?
なぜ、人を殺してはいけないのか?
なぜ、性的倒錯者は疎まれるのか?
なぜ・・・

おっぱいの問題という性道徳的な問題を考えないということは、
生活全般のありとあらゆる問題を考えない、
そういう下地になっているのではないでしょうか?
もちろん有益なことは考えるよ、
とおっしゃる方もいるでしょう。
しかし、何が有益か有益でないのかは
表層に現れているものばかりではありません。
誰が正義で誰が悪なのかは、時代や価値観でも
かわるのですから、
倫理観や良識が変化するのは、
そこに疑問があったり、
上手くなじめなくなっていくからだと思います。
それはそういうことを考えてる人がいるからですよね?

つまり、一言で集約するなら
「流されるな!」
といいたいのかもしれません。
それは文化やコマーシャリズムの世界にも当てはまることなんです。
文化のレベルは民度に比例します。
みて下さい、
この国のテレビを・・・
音楽を・・・
流行っているものすべてを・・・

愚痴みたいになってしまいましたが、
少しは、理解してくださる女性もいるのだ・・・
という、安堵感にも似た感覚に包まれています。

ありがとうございました。

お礼日時:2003/03/26 02:19

>了解なしに何かを行うという行為は、


>人間の尊厳を無視した行為になるわけですよね。
>そこに問題がある・・・

最初からこういう考えをお持ちなら、質問の
「髪や、手ならばよくて、」 という言葉は出てこなかったはずですが…。
ちょっと疑問に思いました。

やりとりしていく中でそういう結論が出されたならば、
>これは、女性自らが性を商品化していることにはなりませんか?

この質問も、安易な考え、物言いだったことが理解していただけたかと思います。

そしてもう一度最初からやりとりを見ていくと…
最初は結構寛容?なんですよね。
性感帯である…という答えにも、それはそれでいい、と言ってるし。
後になってあれもだめーこれもだめーにだんだんなってきてるので
ちょっと意地になっておられるかな~と思いました。

でも
>もちろん、性的な部位だからこそ、
>社会的良識や倫理観などは、
>必ず付いて回るだろし、
>感情的なことが優先されることも
>よく分かります。
>さらに、本能としては、
>防御しようと反応したり、
>さらには、スイッチの問題にもなるだろうことも、
>よういに想像つきます。

やっとあたりが柔らかくなられたようで、安心しました。

>それでも、なぜなのか?
>と考えることが必要ですよ・・・
>と言ってるんです。(笑)
>答えなんかでなくてもいいです。
>考えることが重要なんです。

けれど、それでもなぜなのか考えるとは…
なんだか主旨が違ってきましたね(^^;)

これは、最初は
>女性自らが性を商品化していることにはなりませんか?
>また、モラルや社会的良識というのは、親や教師や地域や社会から
>刷り込まれた価値観であり、私たちは、それを何の疑いもなく
>信じている・・・

そう思っていたけれど、案外自分が思っていたよりみんな
そうじゃないと分かったので、
じゃあ分かった分かった。それでも
答えなんてないから、永遠に考える方向で。
…って感じなんでしょうか(笑)

これでは、どんなことを回答しても、
「それはそうかもしれませんが、それでもそれはなぜなのか…考えて下さい」
ってことになるわけで、質問・回答として成り立つのか…

それでですね、
>文化や習慣に従わなければならない、
>と理解することが、刷り込みだ、といっているのですよ。

やっぱりこれは違うな~としか思えないです。ごめんなさい。
理解とかそういう浅いところじゃないと思うから。

犬や猫。食べる文化を持つ国があります。
それは知っています。
けれど「食べるものじゃないだろ~」 と私は思いますし
日本で犬や猫を見ても、それが食べ物だという意識は全くありません。
その国に行って、食べ物として扱われているのを見た時
「そういう文化だもんね…」
と思うくらいです。だからただの認識程度だと考えます。

刷り込まれる、洗脳される…という状態は、
そこを離れても犬や猫を食べ物として見るようになった…
ということだと考えます。

それとも、「その国では犬や猫を食べる」という刷り込みをされている…と?
それは…そんなことを刷り込みにしてしまったら、
入って来る知識、情報全てが刷り込みになってしまいます。

そんな浅いものではないのでは…?
>〔生まれた動物の仔(コ)が〕自分と接した最初の動物を親と見なし

これほどとはいかなくても、
ある段階まで自分の中に組み込まれるものが刷り込みで、
知っている、というだけのものとは全然違うと思うのですよ。

意見の相違で片付けるしかないのでしょうか…


>ということで、おっぱいを見せてもいい文化の女性たちが
>触られてもいいのかどうかは、まったく関係ないことのように思いますが

そう思われるならば仕方ないです。
なんだか“文化の違い”にこだわっておられたようなので…。

女性が胸を見せる文化=胸を触られてもなんとも思わない文化
女性が胸を見せない文化=胸を触られては嫌な文化

って感じで言っておられたので…
もし女性が胸を見せる文化を持つところでも触られることはまた別問題、だとしたら
最初の方で言っておられた“文化の違い”説も
怪しくなってくるのでは、と思ったもので。

文化の違いにはもうこだわってない、というのなら
もう関係ないですね。

この回答への補足

締め切ってもいいですか?
それとも、まだ反論がありますか?

このずれた感じでこれ以上進んでも意味がないと思うのですが?

補足日時:2003/03/24 17:42
    • good
    • 0
この回答へのお礼

僕のため息が聞こえますか?(笑)

いいですか、
まず刷り込みの問題ですが、
あなたが無意識にモラルや社会的良識を受け入れてしまう、
というのなら、あなた自身が刷り込まれていることになります。
もし、そうではなくて意識的に迎合する、
というのであれば、そもそもモラルや社会的良識というものは、
刷り込みである、と認めて自ら寄り添うという行為です。
わかりますか?
定義の問題で論争するのは辟易します。

それから、
手や髪なら良くてというのは、
対象の意識の問題として例に出しているのと、
おっぱいという部分を浮き彫りにするために、
そういう使い方をしたまでです。
そして始めからわかっているのなら、
そういう・・・
云々とありますが、
”僕の中の答えとして”と限定しています。
絶対的な答えもないでしょう、ともいっています。
この意味がわかりますか?

そして、
性の商品化ではないですか?
というのは、
胸をことさら特別な部位として必要以上に
意味を持たせることは商品化に繋がりませんか・・・
ということですから、
それは、そういう意識があるかないかの差が
でる、ただそれだけのことだと感じています。

お礼日時:2003/03/24 17:42

>相手が誰であれ、


>どういう状況、関係性であっても、
>僕の答えは、
>人間の尊厳の問題でしょう・・・
>と、気分としては2万回ぐらい(笑)答えてますよ。

そういうのが「本能的反応」そして「人間の尊厳」が関わっていると、
すでに理解されてる訳ですね。

>そういう言葉は持ち合わせていない・・・
>というのなら、それはそれで結構です。

「本能」、「本能的意識」、「文化からくる一種のすりこみ」、
そういったものをすべて排除して、言葉で説明するのが不可能な事柄もあると
私は考えます。

>男性が、母親や同性愛者に性的箇所を触れるのを嫌がるときにも、
>「私はこうだから」という言葉は持ち合わせていませんよね?
>この場合も、「何も考えてないから」ということになるのですか?

この質問に答えていただけなくて、残念です。
「私はこうだから」というような理屈で説明できない瞬間もあると、
そしてそれは「何も考えてない」とは言えないと、お考えであると理解してよろしいでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>>男性が、母親や同性愛者に性的箇所を触れるのを嫌がるときにも、
>>「私はこうだから」という言葉は持ち合わせていませんよね?
>>この場合も、「何も考えてないから」ということになるのですか?

>この質問に答えていただけなくて、残念です。
>「私はこうだから」というような理屈で説明できない瞬間もあると、
>そしてそれは「何も考えてない」とは言えないと、お考えであると理解してよろ>しいでしょうか

ですから、
この質問に答えたつもりですよ。
相手が誰であろうと、そしてどういう関係性であろうと、
そこに”触れられてもいい”という意思が存在しなければ、
了解なしに何かを行うという行為は、
人間の尊厳を無視した行為になるわけですよね。
そこに問題がある・・・
と、僕は考えます、と。
もし、この質問が男性一般という定義の仕方だとしたら、
あなたの言う通りなのかもしれません。
しかし、僕には言葉としての答えがあります。

もっと具体的にと、おしゃるのなら、
嫌なときもあれば、嫌だと感じないときもある・・・
そう想像します。
もちろん僕はヘテロですよ。(笑)
ゲイでもバイでもありません。
昔、バイだと公言する、とても仲の良い友人がいました。
彼と二人である部屋にいたときに、
こいつに今求められたたら僕はどうするだろうか?
そんなことを考えた様な状況もありました。
そのときに僕はどう考えたかというと、
「彼を傷つけるような形では拒めないな・・・」
そういう感覚でしたね。
もっとも何もありませんでしたが。

そして、
また話を戻せば、
もちろん、性的な部位だからこそ、
社会的良識や倫理観などは、
必ず付いて回るだろし、
感情的なことが優先されることも
よく分かります。
さらに、本能としては、
防御しようと反応したり、
さらには、スイッチの問題にもなるだろうことも、
よういに想像つきます。

それでも、なぜなのか?
と考えることが必要ですよ・・・
と言ってるんです。(笑)
答えなんかでなくてもいいです。
考えることが重要なんです。

「最後の家族」本当に読んでみてください。
僕の言いたいことが明確な言葉で
引きこもりとDVの物語に転換されていました。

たしかテレビドラマにもなったはずですよね?
僕はドラマを観る習慣がないので観ませんでしたが・・・

何度もありがとうございました。

お礼日時:2003/03/24 00:18

回答履歴がおっぱいでいっぱいになってきました…



>刷り込みというのは、
〔imprinting の訳語〕〔生まれた動物の仔(コ)が〕自分と接した最初の動物を親と見なし、それに甘え、依存した行動をとること と、定義されます。

これはもちろん知ってます(^.^)

> 変わらない主義主張という概念ではなく

これはそんなこと言ってません。

>教えられたものを信じてしまい、それに適応する概念に
適用されているんですよ。
>ですから、それぞれの文化にしたがってしまう・・・
>ということは、刷り込みですよ、

う~ん、これは違うと思うんです…。
これって刷り込みではなく単なる“認識”だと私は捉えます。
その文化に触れていけば、“刷り込み” になっていく事もあると思いますが、私の言う

>・手の平は私にとって恥ずかしくない部分ですが、手の平が性的な目で見られる国へ行ったら必死に隠します。

これって、その国に行ってその考え方・文化を知れば即、湧き起こる感情です。
それは、そういう文化を持っているのだから、相手がどういう感情で私の手の平を見るのか…
“認識”するからです。

“認識”なのだから、忘れることもあります。
“刷り込み”はそんな簡単に忘れることのない、もっと深い部分にあるような気がします。(何度も言うようですが変化はすると思っています。)
その国さえ出てしまったら「どうでもよく」なるようなことではないのでは?
刷り込みは…どちらかといえば反射に近い、他者の感情に左右されることのないもの、と私は考えます。

たとえば、牛乳を温めてしか飲めない外国の地域があります。
それを“認識”していても、すごくのどが渇いている時に冷蔵庫によく冷えた牛乳のパックがあると、
コップになみなみと注いで、飲んでしまう(しまいそうになる)と思うのです。
こういう感じでしょうか。

“認識する”ということと“刷り込み”は明らかに違うでしょう。
>言葉の捉え方をテーマにしているわけではないので、
>ここでの共通理解がない、というのは 意思の疎通もへったくれもない、

こう考えるからこそ、共通理解をする為にそれぞれの捉え方を述べ合わなければいけないのでは?

っと、そんなわけで…“胸”についても、全部が刷り込みではないと考えます。
“相手の感情を認識”(思い込みとも言えますが)することによって湧き起こる感情…というか、反応というか…。
そういうものも“胸”に対する意識の『ひとつ』にあると思います。
それが、無意識に近い意識的な部分。

それらのことをなんらかの状況で忘れた時、とっさに出る無意識の部分では、刷り込みと本能があると思います。

本能はおいといて…と言いますが、ならば“胸”をテーマにするのは無理があるかも…
性的な部分である限り、そことは切っても切れないのです。って、余計なお世話ですか``r(^^;)?


そして何度も言いますが、
>それから、 胸を出している文化の女性は、触られてもいいのかどうか、
>なんて僕は知りませんから、答えられません。

これはこのテーマにすごく重要だと思いますよ。
このテーマについて考えたいなら、調べるべきでは?
…って、これも余計なお世話ですか?
より深くテーマを掘り下げる為のアドバイスなんですが…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

主語が違う・・・
というかポイントが違うんですよ。

文化や習慣に従わなければならない、
と理解することが、刷り込みだ、といっているのですよ。
僕は、そういった概念をポイントにしてきたはずです。
つまり、文化や習慣や規則や規制や道徳や倫理・・・
そういったものに操られていませんか?
と聞いてるはずです。
もし、それでも刷り込みという言葉が釈然としない、
というのであれば、もっと過激な言葉を選択しなければならなくなります。
洗脳・・・
という言葉を使うと、もっと顰蹙を買うでしょう?(笑)
それに認識というという概念は、
言葉としては非常に曖昧ですね。

そこに”ある”とされているものは、
認識するから”ある”わけで、
認識しない、となると、
存在しなくなるのです。
それは、もちろん物理的なことを取り上げていってるわけではなく、
もちろん物理的なことでさえも物を見てはいるが意識は見ない、
もしくは認識しない、
ということを意識のレベレルで行えば、
それは存在しないのも同然になります。

そうすると、そこにある原理や主義や思想や価値観も
個人の都合であったりなかったりしてしまうもの・・・
というふうになります。
それでは、ある種の絶対性は確実に見えてこない、というか、
曖昧なものになってしまうでしょう。

僕がが聞いている、
「あなたは、なぜおっぱいは触ってはいけないものだと考えますか?」
という問いに近づけなくなる・・・
僕にはそう感じさせます。
もちろん、そこに絶対性を持った答えなどなくてもいいし、
個人の言葉でいいのだけれど、
考えて出てきた言葉ですか?
と、聞いている問い自体が曖昧なものになっててしまうような気がします。

たとえば、
楽しいという概念は、
単に仲良しグループで、たわいのない話で笑いあうことの外にある・・・
と、「最後の家族」のなかで龍が言うように、
そういうふうに考えられる人、そうでない人がいる・・・
という厳然とした事実を理解してみて下さい。
人間は、教えられたことを何の疑いもなく信じて行動する方が
楽ですよね。
でも、そこにある結末は歴史が様々な形で現してします。
考えない、ということは楽なんですよ。
一方、そこから発展した考えを持てるかどうかは、
既成概念の否定から始まることではないかと、
僕は考えます。

本当はね、おっぱいでなくともいいんですよ。

女性が信じているであろう、
一般的な了解なら・・・
しかし、なぜ女性・・・
というふうに一般化して限定しているかというと、
もちろんそこには子供を産む性である、
ということから生まれているであろう
現実主義的なものの見方や、価値観、
そういったものを否定したかったからだと、思います。

しかし、これは性差の問題ですから
致し方ない・・・
といわれれば、そうなのかもしれませんが、
その傾向と時代みたいなものが、
ある一部の女性たちを増長させ、
あまりにも自分勝手で自分本位なものの考え方を、
”オンナナンダカラ・・・”
という呪文のような言葉に力を持たせ、
平然としている・・・
というよな結果になっている、
と感じているからです。

「下着は、なぜ見えたら恥ずかしいと感じるのですか?」
でもいいんです。
もちろん、性的な部分を覆い隠すものだから・・・
という答えが一般的でしょう。
でもね、僕はこう考えます。
「下着自体が見えることが恥ずかしいのではなく、
下着が見えてしまうようなだらしない格好をすることが恥ずかしいんだ」
と。

そこにどんな答えがあるのかは、人それぞれでいいと思います。
ただ、生活全般の価値観など、
個人的な哲学が最も見えやすいだろう・・・と、
いうのが、性的な問題でもあるです。

ということで、おっぱいを見せてもいい文化の女性たちが
触られてもいいのかどうかは、まったく関係ないことのように思いますが
いかがでしょう。

まだ、続きますよね?(笑)

お礼日時:2003/03/23 04:00

何度もごめんなさい…忘れてました(;>_<;)



>・だって、「触りたい」という男の欲求は理解していらっしゃるんでしょう?
>結局それですよ。そういう意識から身を守りたいんです。

これ、私的には大事です。
本能でなく、男性の刷り込み性意識を拒否する防御反応。
これも私なりの答えのひとつです。
これについては…結局、どうなんでしょう。

それと、
>・ところでちょっと疑問に思ったんですが、女性が胸を出す文化を持つところでは、女性の胸を触ることもなんでもないことなのでしょうか?

これも重要だと思うんです。
これがどうであるかで私の意見も違ってきますから…。
これについても意見を聞けてないので…

私の長ったらしい文のせいだと思いますが…
ごめんなさい(^^;)
ついついエキサイトしちゃって…って、普段も長文なんですが(-_-;)ゝ
でもきちんとお返事下さるし、結構楽しんでるんですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

防御反応でもいいです。
でもね、
反応や本能の問題にすると、
僕の質問した意味がなくなる・・・
と言いたいだけなのです。
なぜなら、本能は分かりやすいですからね、
そんなこと聞いてもしょうがないですから。(笑)

それから、
胸を出している文化の女性は、触られてもいいのかどうか、なんて
僕は知りませんから、答えられません。

No33の方にも言いましたが、
村上龍の「最後の家族」を読んでみて下さい。
僕の言う、”考える”や”言葉”の概念が
物語のなかで説明されています。
読みながら、こういうことをあなた言いたいんだな、僕は・・・
と感じました。

感情というのは、伝えにくいものですよね。
言葉では説明しにくいものですから。
だから音楽や文学や映画や絵画や写真という表現があって、
そこから匂い立つように何かを伝えようとする手段なんだけど、
コミュニケーションも難しいですね。

コミュニケーションついても龍は、
伝わらないんじゃないか・・・
という前提が必要だと・・・
それが伝えようとする意思になる・・・と。
これは、その通りだと感じました。
僕は伝わるはずだ、
なぜ伝わらないんだろう・・・
という気持ちでしたから。

ありがとうございました。

お礼日時:2003/03/22 14:54

本当に無力です…


なんで噛み合わないんでしょ。

>・胸を出すことが当たり前の国に行っても絶対出したくありませんが、長く住み続けていたらどうなるか分かりません。

これはですね、刷り込みっぽいねって感じであえて出しました。刷り込み自体は“それもあり”だと思ってますから。
問題はこの後です。

>・たとえば胸を触るのが挨拶、という国に生まれ育った男性(胸を触ることをいやらしく思わないと想像できる)でも嫌。理由は本当にいやらしく思わないなんて信じられないから。
> けれどその男性を見ていて、本当に胸をいやらしい目で見ていないんだなと自分で確信が持てたら、その人だけ例外的に抵抗が少なくなる気がします。

>・手の平は私にとって恥ずかしくない部分ですが、手の平が性的な目で見られる国へ行ったら必死に隠します。

これは…刷り込み…ですか???
刷り込みの捉え方の違いでしょうか。
私にとっての“刷り込み”って、ひとつの事柄に対してある程度普遍的な…状況によってコロコロ変わったりしない感覚、って感じなのですが…。

だから、たとえば手の平は恥ずかしくない。でも違う国に行ったら恥ずかしい。んで、戻ってきたら恥ずかしくない…

…これって刷り込み?こうもコロコロかわるものが???…って思っちゃいます。
恥ずかしくないなら恥ずかしくない、恥ずかしいなら恥ずかしい…相手がどう思っていようと関係ないのが刷り込み、っていうのが私の認識です。

だって、“なぜ人を殺してはいけないのか”ということを「考えてない」…
“刷り込みで殺人を悪”とする人が
殺人OK!の世界に行ったって、そうそうすぐには「じゃあ取りあえず殺してみっか♪」とは思わないと思うから。
変わらないとは思ってませんよ。変化もするものだと思います。でもこうもコロコロ変わるとは…思えません。

日本にいる時は手の平が恥ずかしくないのが刷り込み。
ある国に行った時はその国では手の平が恥ずかしいっていう刷り込みをされる。
んで、日本に帰ってきたら日本の刷り込み意識。
…ってこと?
そうだとしたらなにもかも刷り込みで片付けてしまっちゃうかも。

>それから本能の問題にしてしまうと、
>すべてはそこに帰結してしまいますよね。

ここの“本能”というところ、“刷り込み”にしても通じるのでは?(^_^;)
私は本能の問題にすると全てそこに帰結するとは思いません。
そうじゃないこともいっぱいあるでしょー。
私はゴミのポイ捨てしたくないです。これは本能?
不倫もしたくないです。 これは…?
刷り込みの方が近いですよね。

だから何が言いたいかっていうと、“本能”という答えが“全てそこに帰結してしまう”理由でだめならば、“刷り込み”も似たようなものじゃないかな?ってことです。

でも、私はそう考えないからどっちもありじゃないの?
色んなことが複合してるんじゃないの?
っていうのが、答えですっ。

>なぜなのか?という個人の答えをお持ちですか?
>と聞いているのです。

だから、これです。

>”あなたのなかにある答え”はなんですか?と聞きたいだけなのです。

だから、これですよ~ぅ(;>_<;)

>そこには、本能の問題と感情論ではない、
>答えが聞きたいのです・・・

あらら。何が聞きたいんでしょう…。じゃあご期待には添えません…


それでですね、ポイ捨てなどについて。
>ここでいう”知ってる”というのは、
>道徳観のことですよね。
>それも刷り込みです。

だから、その刷り込みにみんな右向け右で従ってるわけじゃないでしょう?って感じなんです。
やっちゃだめ、ってことが刷り込み。
なら、何も考えてないのであれば刷り込みに素直に従うのでは??って思うんです…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

かなり徒労感があります。

刷り込みというのは、
〔imprinting の訳語〕〔生まれた動物の仔(コ)が〕自分と接した最初の動物を親と見なし、それに甘え、依存した行動をとること
と、定義されます。
つまりですね、
変わらない主義主張という概念ではなく、
教えられたものを信じてしまい、それに適応する概念に
適用されているんですよ。
ですから、それぞれの文化にしたがってしまう・・・
ということは、刷り込みですよ、
と言っているのです、
わかりますか?

言葉の捉え方をテーマにしているわけではないので、
ここでの共通理解がない、というのは
意思の疎通もへったくれもない、
という不毛を感じさせます。

ありがとうございます。

お礼日時:2003/03/22 14:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

1  2  3  4  5 次の回答→

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q夫が母乳を・・・

夫が母乳を飲みたがります。男の人って興味があるのでしょうか?

育児中の赤ちゃんのことではありません。実は、夫のことで相談です。
産後3か月になります。おっぱいがたくさん出ています。
あんまりたくさん出るので悪ふざけのつもりで一度飲ませたんです。
そうしたら、本当においしかったらしく今でも飲みたがります。
本人は今しかできない経験だからと本当にうれしそうです。
意外にも上手にすごい勢いで飲んでくれるので張った時などとても楽になります。
ついでに味の変化も解説?してくれるので食事にあまり神経質にならなくて済みます。
でも、最近ちょっと心配になってきました。本当にこのままでいいのかなと・・・
このまま今だけのスキンシップのつもりで飲ませていていいのでしょうか。
ちなみに夫婦関係は良好です。育児にとても協力的な良き夫です。
赤ちゃん以外に夫にも飲ませているのはやはり変でしょうか。
みなさんの場合はどうでしたか。おっぱいを飲ませてあげましたか。
こんなこと恥ずかしくてお友達にも聞けなくて。
男の人って実は母乳に興味があるのでしょうか?

夫が母乳を飲みたがります。男の人って興味があるのでしょうか?

育児中の赤ちゃんのことではありません。実は、夫のことで相談です。
産後3か月になります。おっぱいがたくさん出ています。
あんまりたくさん出るので悪ふざけのつもりで一度飲ませたんです。
そうしたら、本当においしかったらしく今でも飲みたがります。
本人は今しかできない経験だからと本当にうれしそうです。
意外にも上手にすごい勢いで飲んでくれるので張った時などとても楽になります。
ついでに味の変化も解説?してくれるの...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

育児経験のある女性の一人として、私の考えは“旦那が育児に協力的で夫婦の関係が良ければ大いにけっこう”です。ウチのところもそうでしたよ。私のほうから頼みました。張ってとても辛かった時に。初めは照れくさそうでしたがまんざらでもなかったようです。まさに辛い時のお助け搾乳マシーンといった感じでしたね。うまく飲めない時は搾ってくれましたよ。一緒にパック詰めもしました。たしかに人に話せるようなことではないけれど、今振り返れば結構楽しかったですよ。ウチの旦那の場合はたまに飲ませてたおかげか育児に目覚めてしまいました。赤ちゃんが飲んでるところを一緒に見ながら母乳や育児について二人で話したり。旦那の母乳好きのおかげ?で育児が精神的にとても楽でした。一人じゃないんだって。何でも話せるようになったし、率先してやってくれましたよ。母乳が出てくるのを見ながら「女性の体ってとても不思議だね。」と言っていた旦那の童心に戻ったような顔が今でも忘れられません。二人目の時は「また飲む?」とわざと聞いてやったら「もういいや」と照れくさそうに答えてました。たぶん一人目で満足したんでしょう。こういう質問はどちらかというと「夫婦・家族」のカテゴリーに入るかもしれませんね。でも本当は「育児」の問題とくに旦那の育児への理解をどう深めていくかの一つのアプローチかもしれませんね。やっぱり夫婦なんだから産後のスキンシップのためには手段は選ばずくらいの考えでいいのでは。「普通は・・・」と考えてせっかくの自分たち流を否定しないこと。とくに今の時期は。たいていは「普通は・・・」と考えすぎてお勉強しすぎて育児ストレスに陥っていくのではないでしょうか。赤ちゃん赤ちゃんと言い過ぎて、大切な二人の時間を一方が拒否してしまう。こんな状態が本当の育児かな。子供の精神形成のためにもよくないことと思います。夫婦なんだから、いろんなスキンシップの方法があっていいと思いますよ。母乳をきっかけに育児の話題がどんどん弾んでいけばいいですね。昔を思い出して思わず書き込みしてしまいました。ご参考になれば。

はじめまして。

育児経験のある女性の一人として、私の考えは“旦那が育児に協力的で夫婦の関係が良ければ大いにけっこう”です。ウチのところもそうでしたよ。私のほうから頼みました。張ってとても辛かった時に。初めは照れくさそうでしたがまんざらでもなかったようです。まさに辛い時のお助け搾乳マシーンといった感じでしたね。うまく飲めない時は搾ってくれましたよ。一緒にパック詰めもしました。たしかに人に話せるようなことではないけれど、今振り返れば結構楽しかったですよ。ウチの旦那の場合はたま...続きを読む

Q何故、女性の体をいきなり触ると、犯罪になるのですか

それぐらい、別に良いと思うのですが。

女性の体は、その女性のもの? 所有権は女性にある?

しかし、所有権は宇宙や、神が持つものなのでは?

Aベストアンサー

”何故、女性の体をいきなり触ると、犯罪になるのですか ”
     ↑
誤解していますね。
女性の体を触る行為が総て犯罪になる訳では
ありません。
触る場所や触る態様によって、強制わいせつや
暴行になる、ということです。
だから、これは男が被害者の場合も同じです。
ただ、男を触るヤツは少ないし、触られても
そんなに騒がない、というだけです。
私などは、女性に触られれば喜び・・以下略。

暴行が成立する場合は身体が、強制わいせつが
成立する場合は、性的自由を侵害するから犯罪に
なるのです。

”それぐらい、別に良いと思うのですが”
    ↑
男から見れば、それぐらい、と思わないでもない・・かな。
しかし、女性から見ればイヤでしょうし、男だって
自分の彼女が触られたらイヤでしょう。

”女性の体は、その女性のもの? 所有権は女性にある?”
    ↑
法的には生きている人体は所有権の対象になりません。
自分の所有というのは、主体と客体が同じになって
しまいます。
つまり、誰の所有物でもありません。
自分の所有物なら、自殺も肯定されますが、現代法では
自殺は犯罪ではありませんが、違法ということに
なっています。
また、本人が同意しても人体の売買は法的には
認められていません。

”所有権は宇宙や、神が持つものなのでは?”
    ↑
日本の法律では、宇宙や神に所有権の主体性は
認められていません。
主体となり得るのは自然人と法人だけです。
それに、既に説明したように、人体は所有権の
対象にはなりません。

”何故、女性の体をいきなり触ると、犯罪になるのですか ”
     ↑
誤解していますね。
女性の体を触る行為が総て犯罪になる訳では
ありません。
触る場所や触る態様によって、強制わいせつや
暴行になる、ということです。
だから、これは男が被害者の場合も同じです。
ただ、男を触るヤツは少ないし、触られても
そんなに騒がない、というだけです。
私などは、女性に触られれば喜び・・以下略。

暴行が成立する場合は身体が、強制わいせつが
成立する場合は、性的自由を侵害するから犯罪に
なるのです。

”...続きを読む

Q抱きしめたときに勃起したあそこが当たったら

自分には、今、付き合って3ヶ月になる彼女がいます。
まだ、肉体関係はありません。
よく、キスはよくするのですが、そのとき
あそこは思いっきり勃起しています。
キスしているとき、彼女がかわいくてかわいくて、
ぎゅっと抱きしめたくなるのですが、
もしそうすると、勃起したあそこが彼女のおなかに
あたりそうなので、抱きしめられずにいます。
女の子は、まだえっちしていない彼氏に
抱きしめられたときに、勃起したあそこがあたるのは
嫌ですか?
抱きしめるときは、勃起していることがバレないように、
ちょっと腰をひいてだきしめるべきなのでしょうか?

Aベストアンサー

gaugau-hoさんの彼女の立場と全く同じ経験を過去にしましたよ~。
まだエッチしてない時で、キスのときに・・・という。
その時の気持ちは、なんかうれしくて、なんかちょっとはずかしいって感じでした。
(へんな話ですが)あとでその感覚を思い出しちゃったりしましたけど・・・
でも決してイヤな気分はしなかったですよ★
むしろ嬉しい、そして、そんな彼がなんかかわいいって感じです。
安心して、ぎゅーーって抱きしめてあげてください!
ちなみに私はそのことについて、口に出して触れてほしくはないです。なんか私もはずかしいから。

Q男性に質問です。40過ぎた女性に女を感じますか?

表題のとおりです。
どんな年代の男性でもいいのですが
できれば40過ぎの男性だとわかりやすいです。
もちろん10代でも20代でも大歓迎です。

40過ぎた女性を「抱きたい」と思ったりしますか?

と、言うのも私は20代半ばなのですが、
夫は30代後半です。
もちろん夫の友達も同じ年代なのですが、
この間ちょっとしたシモネタ話で盛り上がったとき
「タメの女は抱けない」
「年上は絶対無理、お金払っても無理」
「しわとか見たら萎える」
「触った時点で萎え萎え」
「むしろたたない」
など、それはもうひどいことを言っているんです。
私は女ですから、かなりむかついてしまい
「あんたらだっておじんじゃん。」と
言い返したのですが「男と女は違う」といい
げらげら笑っていました。サイテーです。

でも、これが男の本音なのでしょうか。
自分が40になったとき、夫からは女として
見られないのかと思うと悲しいしむかつきます。
それとも、単に夫や友人が男として低い?のか??

皆さんはどう思いますか?
男性は自分が40過ぎ~50過ぎでも、
女は若いほどいいのですか?

表題のとおりです。
どんな年代の男性でもいいのですが
できれば40過ぎの男性だとわかりやすいです。
もちろん10代でも20代でも大歓迎です。

40過ぎた女性を「抱きたい」と思ったりしますか?

と、言うのも私は20代半ばなのですが、
夫は30代後半です。
もちろん夫の友達も同じ年代なのですが、
この間ちょっとしたシモネタ話で盛り上がったとき
「タメの女は抱けない」
「年上は絶対無理、お金払っても無理」
「しわとか見たら萎える」
「触った時点で萎え萎え」
「むしろたたない」
など、そ...続きを読む

Aベストアンサー

女性ですが、すみません。
私の周りが一般とは違いすぎるのか
40代、50代の女性が若く見えて美形で
ふってもふっても男が寄ってくるという
人多いです。会話も知的でこの女と話したい
という魅力があるので。みんな恋や不倫の
話に花が咲いています。
逆に20代、30代の身近にいる女性で
これといった魅力のある人がいなかったし
実際、彼氏いない人がすごく多いです。
20代女性はとにかく我儘で、男性から
嫌われている子が多く、30代は、子育て
髪振り乱しているような人が多く子供を
産んで間がないので体型も元に戻って
いないし、顔がやっぱり「お母さん」
やってます。でもそれはその時期はそれが
必要だから、いいけど又40代に入って
子育てが落ち着いてから
お洒落して恋心を忘れなければ、女性って
いくらでも輝きますよ。私も男性に40代の
女性をどう思うか、男性に聞いた事がありますが
ほとんどの人が若い女より魅力を感じると
言っていました。
芸能人では、やっぱり黒木瞳、由美かおる
秋吉久美子、吉永小百合、五十嵐淳子等って
すごい魅力的じゃないですか。同じ芸能人でも
若い頃綺麗でも40歳すぎてすごいオバサンに
なった人いっぱいいるので、その違いは
何かというと、「綺麗でいたい」という意識の
高さですよ。その意識があるかないかで
オバサンか、美女かって分かれてきます。
40歳になったら全員オバサンでは
ありません。黒木瞳なんかは、写真でも
綺麗に撮られる方法を知っているというから
美に対して敏感ですよね。

女性ですが、すみません。
私の周りが一般とは違いすぎるのか
40代、50代の女性が若く見えて美形で
ふってもふっても男が寄ってくるという
人多いです。会話も知的でこの女と話したい
という魅力があるので。みんな恋や不倫の
話に花が咲いています。
逆に20代、30代の身近にいる女性で
これといった魅力のある人がいなかったし
実際、彼氏いない人がすごく多いです。
20代女性はとにかく我儘で、男性から
嫌われている子が多く、30代は、子育て
髪振り乱しているような人が多く子供を
...続きを読む

Q女性は胸を隠すようになったのはいつからでしょうか?

歴史に関するのかは良く分かりませんが
人間も大昔は裸又はそれに近い姿で生活をしていたと聞きました
今でも原住民族等はほぼ裸で生活しています
服を着だしたのは寒さなどを軽減するためだと思いますが
では水着・下着等を見ても分かりますが女性だけ特に胸を隠していますよね?
まあ水着が開発されたのはそう古くはないと思いますが
それ以前にも胸を隠す着衣はあったようですし
あれはなんでかな?とちょっと気になりました
女性はいつからそのようになったのでしょうか?
またなぜ着る様になったのでしょうか?
性器に関してはいろいろと宗教的な事もあった見たいですね昔は
体の中でも大事な部分ですからそこは本能的に?w

回答お願いします

Aベストアンサー

羞恥心で隠すと言うよりも、ぶらぶらして動き難いとかもろだしでは美しくないので服で飾ると言う意味が強いのではないでしょうか。

例えば朝鮮では戦前まで

http://homepage3.nifty.com/rx178/img-box/img20041129140129.jpg

http://homepage3.nifty.com/rx178/img-box/img20041129140200.jpg

こんな感じで、(男児に)授乳中の女性は人前でも平気で乳だししていました。

欧米でも海岸やリゾート地ではトップレスの女性は普通にいます。

http://www.jiten.com/media/1/20060801-topless03.jpg

文明国でもこんな調子ですから、ファッションと身体の保護という面が高いと思いますよ。
男性でもオフィスで上半身裸の人はいませんから、女性は胸を隠すと言うより、美しく見せるためにブラジャーや服を着るのだと思います。

Q男性の方へ。Hするとその子を好きになりますか?

男性の方って、付き合うか付き合わないか微妙な関係の女性とHした場合、
その子を好きになることや、愛しくおもったりと、感情移入することって往々にありますか?

大事にされたいと思うので、見極めのため教えて下さい。
最近、わからなくなってしまいました・・・。

Aベストアンサー

失礼しました。まだやっていないと言うことですね。

男側も大事にしたいと思う女性なら付き合う前にやりません。しかし、よほど女性側が誘ったり挑発的な服を着なければ付き合う前にしないとおもいます。彼の目的はなんなのかを時間をかけて自分で確かめてみるしかないでしょう。引っ張りすぎても男がかわいそうですし早すぎても軽い女だと思われます。

お互いに好きという気持ちがあれば何も考えなくても自然と方向定まると思います。がんばってくださいね。

Q女を抱きまくってきたおじさんに質問です

たくさんの女を抱きまくってきて後悔とかありますか?

死ぬまで色んな女を抱きまくるのと、結婚して一人の女と温かい家庭を築くのとどちらの生き方をしようか迷っているのですが
人生の経験上どちらがオススメだと思います?
やはりいくつになっても女を抱くのは飽きませんか?

色々アドバイス頂けたらと思います。
ついでに出逢ってエッチさせてもらうまでの口説き術をご教授願います。

Aベストアンサー

>Hしただけの女性の数です。
僕の考えでは、ここでの書き込みをする人には、凄いスケベは居ないと思います。
此処の存在自体知らないのと、書き込む事より実践が忙しいから
だから、僕の数はきっと凄い人の何十分の一だと思います。
のべ250人?
正確には、解りません
学生時代、1週間でどれだけ知らない女性を抱けるかを競いました。
声を掛けて、抱く人数です。
8人でした。
もしも一週間に、一人づつ抱いたとしたら年間で52人
二十歳で始めても、40歳で、1000人
けして、無謀な数字では有りません。

>愛は無く数だけ抱いても結果空しくなりますかね?
抱く事の意味が、本能だけ
相手の名前も、顔も覚えていません。
一体何の為に
女性の立場で考えると、とても酷い男に成ります。
そして、恨みや、辛みを、沢山背負います。
これって、空しくなると思います。

>色んな体を経験できて面白そうなのですが。
僕は、宝くじよりも確率の低い女性に遭遇しました。
それも、2人
人生を、変えてしまうぐらいの衝撃
実際に、人生が変わってしまいました。(大分、奈落に落とされました。)
色々な女性と関係を持つと、結局破滅に近い所まで、自分を追い詰めます。
どのような事で、起きるのかは、その人によって違います。
だから、出来る人、出来ない人が居るのです。

僕の大嫌いな男が、自慢げに言いました。
「俺は、6人殺している」
女性を、自殺に追い込んだ男です。
遊びが、相手には本気
そして、気を引くための自殺未遂
そんな辛い事が、絶対に貴方の前に出て来ます。
シャレや、遊びでは許されない事です。
その覚悟
チャンと、持っていて下さい。

>Hしただけの女性の数です。
僕の考えでは、ここでの書き込みをする人には、凄いスケベは居ないと思います。
此処の存在自体知らないのと、書き込む事より実践が忙しいから
だから、僕の数はきっと凄い人の何十分の一だと思います。
のべ250人?
正確には、解りません
学生時代、1週間でどれだけ知らない女性を抱けるかを競いました。
声を掛けて、抱く人数です。
8人でした。
もしも一週間に、一人づつ抱いたとしたら年間で52人
二十歳で始めても、40歳で、1000人
けして、無謀な数字では有りません。
...続きを読む

Q男性は誰とでもsexできるって本当ですか?

基本男は誰とでもヤレる生き物と回答でよく見かけます。
誰とでも出来るんですか?
好きでもない女とやりたいですか?

私の裸体を見た男性が起っても私を好きだということではないんですね?
私は女性ですが魅力的な男性に出会うと、好きだとか思う前にsexしたいって思うから、人間でも動物としてそれが自然なのかもしれないですね。
もしかすると男女問わず、相手を好きかどうかの判断・相手とこれから付き合って行けるかどうか判断する前に「相手とsexしたい」と感じるのが至極自然なのではないのかな?

教えてください

Aベストアンサー

まず男と女の生理的な違いを理解してください。
その前にセックスというのは子孫を残すという本能的な行動であるということも理解してください。
女が妊娠できるのは排卵日の数日間だけですよね。また一度妊娠すると、妊娠、出産、授乳期間などがありますから2年くらいはかかりますね。さらに一生のうちで妊娠可能な期間は、10代半ばから40代後半くらいまででしょうか、せいぜい30年~35年くらいの間ですよね。これらの事から、女が一生のうちで子供を産める数は最大でも20人くらいということになります。
それに対して男は、理論的には相手さえ変われば毎日でも子供を作れるし、一生のうちで子供を作れる期間は女よりずっと長いですよね。つまり男が一生のうちで作れる子供の数は、理論的には何千、何万という数になります。
このような生理的な違いから、男は本能的により多くの子孫を残したいと思っていて、女は本能的により良い子孫を残したい思っています。
ただし人間には感情や理性がありますから、男であってもどんな女でもセックスできるわけではありません。
しかし上記の本能的な部分もやはり大きいですから、女よりも男のほうが、セックスの相手となる許容範囲はずっと大きいです。好きではない女でもできる相手はいます。だから性犯罪を犯すのはほとんど男だし、風俗産業も成り立つのだと思います。

>相手を好きかどうかの判断・相手とこれから付き合って行けるかどうか判断する前に「相手とsexしたい」と感じるのが至極自然なのではないのかな?

これはたしかにそうだと思います。無意識のうちにでもそういう判断で相手を選ぶのだと思います。

まず男と女の生理的な違いを理解してください。
その前にセックスというのは子孫を残すという本能的な行動であるということも理解してください。
女が妊娠できるのは排卵日の数日間だけですよね。また一度妊娠すると、妊娠、出産、授乳期間などがありますから2年くらいはかかりますね。さらに一生のうちで妊娠可能な期間は、10代半ばから40代後半くらいまででしょうか、せいぜい30年~35年くらいの間ですよね。これらの事から、女が一生のうちで子供を産める数は最大でも20人くらいということになり...続きを読む

Q男性にとって、(好きな女性)を抱くことってどんな意味があるのですか?

男性にとって、(好きな女性)を抱くことってどんな意味があるのですか?

特にまだ関係を持っていない恋人が、自分に『体を許す』と言うのは、どんな意味に写るのですか?

私は女性ですが、やはり体を許すのは『この人なら』と思える男性のみなので、かなりの勇気は要ります。私の彼氏は、口では紳士なことを言いますが、やはり普通に私に対して性的欲望はあるようで(私も彼に対して性的欲望があります)、彼を受け入れるか悩んでいます。(彼は私が躊躇すると不機嫌になります。説明すると諦めて待ってくれますが、そろそろ待てないタイミングのようです)

いい歳をして幼い質問ですが、私は頭でっかちなので、男性のごく一般的な意見を聞いたら少しでも、彼の気持ちが理解できるかな、と考え、質問させて頂きました。彼の立場から、彼の気持ちの代弁など、ご意見頂ければ幸甚です。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

恋愛の恋とは性的欲望に基づいて異性を好きになる事。異性と交わって子孫を残す事が人間の生物としての宿命である訳で、結婚はそのための制度です。
恋愛は自分の生涯の伴侶であり性的パートナー選びのプロセスであるので、大人の恋愛関係において性的に求め合う気持ちを持つ事は当然の事であり、またそれがなければ本当の意味での恋愛と這い得ないでしょう。

>口では紳士なことを言いますが
当然の事です。いくら着飾らないといっても、人前に裸同然の姿ででるのは常識はずれであり、紳士面とはいいませんが、だれも裸の体に着物を着ているのと同じ事です。

お互いに良い歳の大人なら、性的欲望をお互いに押えつける方が却って変だと思います。紳士でいようとして欲望を押えた余り、恋愛そのものに破綻をきたしたことさえあります。
プラトニックラブはあり得ないのだと思います。本当にこの人と思うなら、性的な欲望があって当然であり、なければ結婚しても破綻するだけだと思います。

質問の主旨である
>恋人が、自分に『体を許す』と言うのは、どんな意味に写るのですか?
体を許し合って初めて身も心も一つになって愛し合えたと思えるでしょう。
性行為は本来生殖が主たる目的です。性行為に伴う快感は、おそらく神様が下さったものなのでしょう。もしあれが苦痛であったとしたら、子孫が残らず死に絶えた事でしょう。あの快感があるから、生殖活動の意欲が起きるのだと思います。はっきり言ってセックスは面倒でつかれる手順ですからね。本当の所。
生物学的にはあの快感は、男性は生殖行為に向けて、また女性はそれを受け止める準備開始の信号伝達なのですけどね。
性行為は本来は生殖が目的でしたが、人間はそれを夫婦あるいは恋人どうしなど愛し合う男女の愛の手段として使っています。それが性愛です。
他人どうしが知り合って友達となり、友達どうしが一歩踏み越えて恋人となる。そして最後の一歩は体の関係に入って漸く夫婦と同じレベルで究極的に愛し合える関係になるのだと思っています。

ですから、性愛は本当に信じ合える間柄でのみ許される特別な愛なのだと思います。決して遊びにするものではありません。

恋愛の恋とは性的欲望に基づいて異性を好きになる事。異性と交わって子孫を残す事が人間の生物としての宿命である訳で、結婚はそのための制度です。
恋愛は自分の生涯の伴侶であり性的パートナー選びのプロセスであるので、大人の恋愛関係において性的に求め合う気持ちを持つ事は当然の事であり、またそれがなければ本当の意味での恋愛と這い得ないでしょう。

>口では紳士なことを言いますが
当然の事です。いくら着飾らないといっても、人前に裸同然の姿ででるのは常識はずれであり、紳士面とはいいませんが、だ...続きを読む

Q既婚者とディープキスをしたら不倫になるのでしょう?

3年前に知り合ったある既婚男性とディープキスをしてしまいました。
彼とは年に3,4回二人で夜ご飯に行きました。
食後はランドタワーで夜景をみたり、海辺の公園を散歩したりしました。
お互い指一本触れない、仲の良い友達の関係でした。
私も彼氏に彼の存在を伝えた。

しかし、いつの間にか、彼を好きになってしまい、彼氏にも会っていることを打ち明けなくなりました。
やがて、既婚の彼も私の気持ちに気付き、手をつないで、キスをしてくれた。
彼いわく、2年前から私に会うとドキドキになり、理性で抑えるのがいっぱいで、
会っていることは最初から奥さんに黙っていた。

ついにホテルで抱きしめあい、何十回もディープキスを繰り返し、
お互い相手が欲しかったが、一線を越える直前でブレーキをかけた。
初めてのスキンシップでした。もう会うことがないと思います。

体の関係はなかったが、これまでしてきたことは不倫になるのでしょうか。
あなたの見解を教えてください。

Aベストアンサー

結論から言えば、彼に奥さんがいるのならば、あなたの心が彼に向いた
瞬間に”不倫”と言われるのでしょうね・・・ディープキスをしたからとか
SEXをしてしまったからとか、物的なことではないような気がします。

男性が風俗に行って”ディープキス”や”SEX”をすることを不倫とは
言わないように、やはり不倫の定義は”心”ではないでしょうか。手さえ
握らなかったお二人でも、きっと出会った時からお互いの”心”は繋がって
いたのかもしれません。

私は”不倫”に否定的ではありません。男女が愛し合うことに”垣根”は
作れないと思っています。世間的には認められないことかもしれませんが
人間としての本質がそこにはあるような気がします。妻、夫以上に好きに
なる相手ってどんな人間(ひと)?きっと、あなたの心の隙間を埋めてく
れていた相手であることは間違いないのです。

あなたの彼氏の場合、あなたを抱かなかったことは、彼の優しさでしょう
男性として、誰にでも真似できることではありません。いい思い出でしたね。
次の恋愛は・・・未婚の男性を見つけて下さいね(笑)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報