「責任」について主題的に論じている哲学者にはどのような人がいるでしょうか?

A 回答 (4件)

ひとつの御参考として


レヴィナス『全体性と無限』
http://arekore.nobody.jp/Levinasrejume.html

ハイデッガー
西田幾多郎
『「行為の哲学」の可能性―1930年代のハイデガーと西田幾多郎の思索を手がかりに―』
http://www.shujitsu.ac.jp/shigaku/hf/data08/sara …
「哲学としての「知の批判吟味」は、決して無記名の立場から行われない。あるいは全く中立的立場からの発言であるとしても、その背景にはその立場の選択というある種の「決断」があるはずで、「哲学」にとっては、この「決断」を問うことなしにその「知」を評価できない。「知を批判する」ことには それなりの責任があるからである。「決断」を問うことは、その「責任」を問うことでもある。ハイデガーも先の講義の中で、問いに答えることは、「責任を負うこと(Verantworten)」 だと言っている。ところが、他ならぬハイデガーに関する糾弾のほとんどは、彼のナチ関与よりもそれに関する戦後の沈黙を「無責任」とするものである。「公共的」には全く正しい評価かもしれない。だが、この「沈黙」はハイデガーの「行為」ではないのかと問う余地も依然としてあるし、一度は そのように問わない限り、やはりハイデガーの「決断」に迫ったことにはならないだろう。西田に関しても同じことが言える。そしてまた、そのように誰かの「決断」と「責任」を問うこと自体にも大きな責任があることが「行為の哲学」の本質だろう。「哲学の有効性」とは、この「責任」の所在をはっきりさせるということにある。」
    • good
    • 0

パーリ語に記された「ゴータマ・お釈迦様・ブッダ」ですかね。



業によって語っていますね。

業も結構誤解されているものではありますが。

サンガ新書「パワーアップユアライフ」をオススメします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2009/05/17 23:37

哲学的には「責任」ではなく「義務」という意味でしょうかね。


権利・義務・罰などの中の「義務」が「責任」の意味ですね。
近代法の「義務」についてはさまざまな「法哲学」の中で論じられています。
日本的な罰を含む多少あいまいな責任論であれば、古くは「孫子の兵法」や諸葛孔明の「信賞必罰」に関するものでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2009/05/17 23:36

司馬遷 「報任少卿書」


アリストテレス「ニコマコス倫理学」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2009/05/17 23:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q哲学の実効性について

このカテで初めて質問します。私も読書の一環として哲学書を手にし、その面白さがわかるような気がしてきました。
 しかしある日、ふと疑問が湧いてきました。パスカル、デカルト、ライプニッツらの偉大な科学の功績が人類の生活向上に大きく寄与したことは論を侯たない。しかし彼らの哲学がいかに世界に貢献したかどうして量れるのか?
 哲学全般は考察を検証するに熱心でも、効果を測定するに無関心ではないか、あるいは回避に努めているのではないか。とどのつまり哲学とは堂々めぐりなのではとの考えが頭を離れません。
 今まで読んだ文献を理解できていないことは自覚しております。どなたか浅学な中卒の私に、現代社会における哲学の実効性を具体的にご説明いただけますか?また仮に哲学が存在しなければこの世はどうなるのか、ご教授ください。理解に必要な文献を示していただけたら幸いです。

Aベストアンサー

他の回答者さんは皆、哲学の素晴らしさを語っておりますので、その反対に、哲学に魅了されてしまった連中の悲劇(喜劇?)について触れてみましょう。所謂反面教師と言う奴です。それが何であるのかを探るのに、その反対を考えると、前には見えなかったものも見えて来ると言うのは、我々の経験則のようです。

哲学で飯を食べている方を哲学者と呼びますが、日本では哲学者ではなく、哲学学者とか、哲学輸入業者と呼ばれる先生方も多くいると聞きました。ただし、これは日本にだけある特異な現象ではないようです。質問者さんは、もうすでに知っているかもしれませんが、ソーカル事件と言うのがありますね。もしまだご存じなかったら、ウェブサイトのウィキペディアなどで調べてみて下さい。人間て何だろう、学問をするって何だろう、哲学って何だろう、哲学者って何だろう、哲学学者って何だろうと言うことを、良く分かるように抉り出してくれる大変良い反面教師です。また、哲学を一生懸命考えている質問者さんのような方に、頭休めの大変良いエンターテイメントでもあります。

Q哲学・哲学者は社会でどのような位置にいるのか、また、どのような位置にいるべきか?

哲学・哲学者は社会でどのような位置にいるのでしょうか、また、どのような位置にいるべきなのでしょうか?

Aベストアンサー

哲学・哲学者は昔からミネルバの森に住む梟の存在ですからね。
それは昔も今も変わらないんじゃないかな。
客観的に時代を見つめ、時代の行き先が見えなくなったときに森から出て来てほーほーと啼くんですね。
現代のような迷妄の時代には多くの梟がでて啼いているのでしょう。

Q実存主義・イギリス経験論・大陸合理論・批判哲学・ドイツ観念論

哲学のテストが今月にありまして、誰にしようかなと思いながら何冊か著作を読みましたがいざ書くとなると何と絡めて書けばいいのかわからず・・・(つまり理解できてない・・・)別のにしようかと思ったのですが、正直時間がありません。

実存主義・イギリス経験論・大陸合理論・批判哲学・ドイツ観念論(マルクス・キルケゴール・マルティン・サルトル・ニーチェ・ヘーゲル・ルソー・ロック・ヒューム・スピノザ・ライプニッツ・カント・パスカルなど等)
の中の哲学者から選ぶのですが、レポートの書きやすい人はいませんか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ヒューム

Q「哲学は人を救わない。」ではなく、 「二流の哲学は役に立たない。」と言う事ではないかと思うのですが、

「哲学は人を救わない。」ではなく、
「二流の哲学は役に立たない。」と言う事ではないかと思うのですが、如何でしょうか?

Aベストアンサー

二流というか、自分なりのポリシーに類する哲学は
多様でいい範囲内の他の人の生きざまにとっては
役に立たないということは言えると思います。

広く人を救うことにつながる普遍性を持った哲学
世の中の構成員である自分を救うことになるポリシー的な哲学
両方あっていいのではないでしょうか。

Qパスカルのデカルト批判について質問です。

パスカルのデカルト批判について質問です。
センター試験のために倫理を勉強しているものですが、パスカルについて、参考書に以下のような解説がありました。

このように、無限と虚無の双方に広がる宇宙の中で、人間は最も弱い悲惨な存在ですが、同時に思考の力により宇宙全体をも包み込むことが出来る偉大な存在でもあります。
(中略)
パスカルは「私はデカルトを許せない」などと激しくデカルトを批判します。
パスカルは、無限の宇宙に対して人間の理性が無力なことを認識しています。
このため、人間の理性の力だけで絶対確実な第一原理に到達できるとするデカルトの考えを徹底的に攻撃したのです。


「宇宙全体をも包み込むことが出来る偉大な存在でもあります」
という記述と、
「パスカルは、無限の宇宙に対して人間の理性が無力なことを認識しています」
という記述が矛盾するような気がします。

どういうことなのでしょうか?

Aベストアンサー

ご質問は、要するに、その参考書の記述は合っているのか、あるいは、ということですよね。
矛盾しているように読めるので、
1)読者の自分の読み方に問題がある。
2)参考書に問題がある。
3)パスカル本人が問題を持っている。

その部分の解釈ですが、??哲学史上の専門の意見は他の方に任せます??
1)矛盾をお感じになることについては、全く同感です。矛盾に感じるということは、正当なことのように思います。「宇宙全体をも包み込むことが出来る」と「無限の宇宙に対して人間の理性が無力」は相矛盾しています。「偉大な存在」と「最も弱い悲惨な存在」は矛盾していますが、見方に依ればという感じですね。
2)受験参考書というものは、微妙な問題でも、「正答」を決めているものです。即ち、出題するからには「あれかこれか」を確定しなければならないので、誰それの考えはこういうものだと、特徴を際立たせています。そこの記述は、間違いではないにしろ、??他の部分でフォローしているかも知れませんが??強調過多で、両者が立つ同一点を見難くしているように思います。したがって、参考書の記述は、受験用に記憶するに留めるべきでしょう。これはいいこととは思いません。本来なら云々、と言うのはやめておきましょう。
3)これは試験には出ないと思いますが、『パンセ』はキリスト教護教論として構想された断片の集成を柱としていますが、体系的著述にまだなっていない。加えて別のノートも含んでいる、したがって、内部に矛盾的な部分を持っていて当然でしょう。

で、「どういうことなの」?と突っ込まれそうなので、追加します。

デカルトとパスカルは、実年齢でも親子ほどの関係で、一度会って、パスカルはいい印象を持たなかったようですが、
デカルト??世知に長けている、宗教論争に巻きこまれるのを避けようと苦労した。
パスカル??繊細な感受性の持ち主だけど英才教育を受け理屈では誰にも負けないと自負している、特定の宗派に肩入れする。
二人とも数学・自然科学に関して大きな足跡を残しています。
と見ますと、パスカルの激しい言葉は、近い関係にあるからこそ出た言葉と読めますね。デカルトの開いた地平の先に出ようと、もがいている面がある、のではないでしょうか。

で、他の方の御意見も参考に、その矛盾に見える記述の解釈を??受験対策とは別に??、考えられたら如何と思います。

ご質問は、要するに、その参考書の記述は合っているのか、あるいは、ということですよね。
矛盾しているように読めるので、
1)読者の自分の読み方に問題がある。
2)参考書に問題がある。
3)パスカル本人が問題を持っている。

その部分の解釈ですが、??哲学史上の専門の意見は他の方に任せます??
1)矛盾をお感じになることについては、全く同感です。矛盾に感じるということは、正当なことのように思います。「宇宙全体をも包み込むことが出来る」と「無限の宇宙に対して人間の理性が無力」は相矛盾してい...続きを読む

Q「思慮深くて勤勉で哲学的で聡明な人程、視野が狭い。」と言うジレンマはあるのですか?

視野が広い=単純、能天気、浅薄、軟派、嫌な目に遭っても騙されても「こんな事ばかりじゃないさ。こんな悪い奴ばかりじゃないさ。」
とチャランポランするから、純粋で無邪気

視野が狭い=猜疑心が強く人を信じない、思慮深いから誰からも利用されたりしない、一度嫌な目に遭うと、警戒して塞ぎ込むから二度と同じ
失敗をしない故、賢い、

とこれは正しいですか?

まあ結局、完璧賢い人間なんて存在しないんですよね?

視野ばかり広くて、思慮が浅いから、「単純」とか「浅はか」って言われるのではないですか?

今世代、視野の狭さこそが正義ではないですか?

形の無いものを信じるから、ロクな事が無いのでしょう?

視野だけ広くて浅薄なのは、所詮は都合の良い人間でしょう。

だから「良い人間」と言う事にはなりませんよね??

Aベストアンサー

貴方の言っていることが見事に間違っている事例は、古今東西を問わず数限りなく在るのですが、折角貴方が日本人に生まれて来たのですから、日本人の中で貴方の言っていることが間違いであることを示す典型的な例をたった一人だけ挙げておきましょう。明治から昭和に架けて生きた、南方熊楠の書いた「履歴書」(『南方熊楠文集』、東洋文庫(平凡社)の一節)を読んで下さい。細字の筆てびっしりと8mの巻物に書いた本物の履歴書の活字版です。日本人の書いた履歴書で最も長いとされています。熊楠翁は15歳のときにあの膨大な日本説話の宝庫である今昔物語を全巻筆写し終えております。その後、アメリカ、イギリスに渡って頭角を現し、西洋でもこれだけの教養人はいないのではないかと考えさせる人物です。

彼は、世界中に数限りなくいる、貴方の主張の反例の一人です。

Qパスカルの三角形と未使用での展開

前にも質問したのですが本格的に入りすぎた感じもあり、
今回もう一度お尋ねします。

前回このような質問をしました。
「たくさんの次数がついた展開はどうすればよいのか?」
そして、最初に帰ってきた答えが「パスカルの三角形」を使用すれば簡単にできるということ。
さっそく調べて見ました。

・ちょっと書く形がちがいますが一応パスカルの三角形です。
1111
1|1111
1|1234
1|1369
1|149

これを応用して(a+b)~3 を展開したとしたら…

(a+b)^3 = a^3 + 3a^2b + 3ab^b + b^3

これは公式でもあるのでパスカルの三角形を使用しなくてもスラスラ書けます。
問題はここから。
途中 3 という係数ありますよね。この係数はパスカルの三角形からどのように求めているか?です。

実際は(a+b)^7 になるとパスカルの三角形はドンドン高くなる一方ですね。
果てしなく東京のビルディングみたいに。

・最終的な問題は
最初はパスカルの三角形の応用からで、こんどパスカルの三角形を使わずどう展開するかです。




☆今週は事情があってよく質問すると思いますのでよろしくお願いします。

前にも質問したのですが本格的に入りすぎた感じもあり、
今回もう一度お尋ねします。

前回このような質問をしました。
「たくさんの次数がついた展開はどうすればよいのか?」
そして、最初に帰ってきた答えが「パスカルの三角形」を使用すれば簡単にできるということ。
さっそく調べて見ました。

・ちょっと書く形がちがいますが一応パスカルの三角形です。
1111
1|1111
1|1234
1|1369
1|149

これを応用して(a+b)~3 を展開したとしたら…

(a+b)^3 = a^3 + 3a^2b + 3ab^b + b^3

これは...続きを読む

Aベストアンサー

>それで…「!」ってどのような意味でしたっけ?

x!は、「xの階乗」と読んで、
x!=1*2*3*・・・・*x
と順番にかけ算する計算をひとまとめに表す記号です。

>xCy=x!/y!(x-y)!

は、ぱっとみややこしそうな式ですが、具体的に、x、yに数値を入れて考えてみるとわかりやすいと思います。結構、約分できて、実際の計算上は、違ったイメージで頭の中に残ると思いますよ。

Q米国の政治学者ジョン・ロールズが「普遍的リベラリズム」から「政治的リベ

米国の政治学者ジョン・ロールズが「普遍的リベラリズム」から「政治的リベラリズム」にシフトしたことが、

世界の政治思想のトレンドの大きな変更点だったようなことが本に書かれていたのですが、もう少し具体的に言うとどういう思想の変化だったのでしょうか?

「理念も大切だが、それ以上に事実性が大切だ」という思考に大きく傾斜していった・・・

とも書いてありました。どういう意味なんでしょう?詳しい方、教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

ロールズの正義論の骨格が、以下の正義の二原理に要約されます。

正義の二原理

【第1原理】各人は、基本的自由に対する平等の権利をもつべきである。その基本的自由は、他の人々の同様な自由と両立しうる限りにおいて、最大限広範囲にわたる自由でなければならない。
【第2原理】社会的・経済的不平等は、次の二条件を満たすものでなければならない。
(一)それらの不平等が最も不遇な立場にある人の期待便益を最大化すること
(二)公正な機会の均等という条件のもとで、すべての人に開かれている職務や地位に付随するものでしかないこと

一見して分かるように、普遍的な自由とか、普遍的な平等とかをもとめるのでなく、可能な限り、現実的に達成可能な正義を目標においていますね。そこら辺りを、

>ジョン・ロールズが「普遍的リベラリズム」から「政治的リベラリズム」にシフトした

と言った表現になったのではないでしょうか。

>世界の政治思想のトレンドの大きな変更点
但し、ロールズの主張が、世界の政治思想に、どれだけ影響を与えたか、与えなかったに関しては、私にはお答えする能力も時間もありません。

ちなみに、読み方によっては、自分の能力すら、自分のものではない、とも。
「人間が様々の自然的差異をもって生まれついてくることが偶然(contingent)であるという認識は、少なくともロールズの言う意味においては、事実認識であるかに見えて実は倫理的決断である…。すなわち、天与の才能に居直って、それを当然の事実とうけとめるか、それともそれは当然ではない(換言すれば、自分には本来それが与えられる理由がないから自分はそれに居直れない)とうけとめるかは、単なる所与から出てくることではなく、その人の人生観に由来することがらである…」。「全くの偶然事(contingency)」を「まったく理由のない出来事…、したがって自分がそれを受けるに値しない(undeserved)出来事」とするところに「ロールズの全思想の核心」がある。
(『倫理の復権──ロールズ・ソクラテス・レヴィナス』岩田靖夫)

蛇足ですが、
現実の社会は、学問から、都合の良い所だけを、さらっと抜き取るんですね、掏りみたいに。

ロールズの正義論の骨格が、以下の正義の二原理に要約されます。

正義の二原理

【第1原理】各人は、基本的自由に対する平等の権利をもつべきである。その基本的自由は、他の人々の同様な自由と両立しうる限りにおいて、最大限広範囲にわたる自由でなければならない。
【第2原理】社会的・経済的不平等は、次の二条件を満たすものでなければならない。
(一)それらの不平等が最も不遇な立場にある人の期待便益を最大化すること
(二)公正な機会の均等という条件のもとで、すべての人に開かれている職務や地位...続きを読む

Q音圧のパスカルと騒音のデシベルとの関係

音圧のの単位の「パスカル」と騒音の単位の「デシベル」との関係について質問します。
(1)まず第1段階で、実際の音圧(音のエネルギー)を測定して得られた実測値(パスカル)を先に取得して、
(2)その次の第2段階で、上記の第1段階で取得した実測値(パスカル)を対数に変換することにより、騒音レベルの値(デシベル)を算出する、
と考えてよいのでしょうか?

Aベストアンサー

デシベルというのは「AはBの100倍」といった場合の100に相当する数字です。

騒音がCデシベルというとき騒音がAパスカルとするとBは何かということが気になります。

これは国際的なルールがあって基準音圧p0(20μPa=20*10^(-6)Pa)の何倍かという

ことになっています。そしてデシベルはこの何倍という数字を対数に変換しています。

整理すると

(1)まず第1段階で、実際の音圧(音のエネルギー)を測定して得られた実測値(Pパスカル)を先に取得して、

(2)その次の第2段階で、実測値(Pパスカル)と基準音圧p0(=20μPa=20*10^(-6)Pa)の比を

  対数に変換することにより、騒音レベルの値(デシベル)DBを算出する。式で書けば


  騒音の大きさ=20×log(P/P0)DB


この式の意味するところは、騒音が大きくなって基準音圧の10倍になると騒音は20DB、

基準音圧の100倍になると騒音は40DB、、、、と言うということです。

現在、騒音が50DBで、ジェット機が通過して70DBになったとすると騒音の音圧の大きさは

10倍になったことになります。

デシベルというのは「AはBの100倍」といった場合の100に相当する数字です。

騒音がCデシベルというとき騒音がAパスカルとするとBは何かということが気になります。

これは国際的なルールがあって基準音圧p0(20μPa=20*10^(-6)Pa)の何倍かという

ことになっています。そしてデシベルはこの何倍という数字を対数に変換しています。

整理すると

(1)まず第1段階で、実際の音圧(音のエネルギー)を測定して得られた実測値(Pパスカル)を先に取得して、

(2)その次の第2段階で、実測値(Pパスカル)と基準音圧p...続きを読む

Qanti-clericalism (反聖職者主義)の代表的な論者・哲学者

anti-clericalism (反聖職者主義)の代表的な論者・哲学者を紹介してください。

Aベストアンサー

ジッドゥ・クリシュナムルティ

はどうでしょう。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%A5%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%8A%E3%83%A0%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング