北斗の拳のケンシロウが叫ぶと上半身の服が破けて吹っ飛ぶのに、どうしてパンツは破けないの?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ソコだけは鍛え方が足りなかったのでは。


少年誌ですし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2009/05/22 22:09

パンツを屋外で破くと軽犯罪法違反になることを知っているから


ケンシロウなりに手加減しているのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

無法地帯の話なのに彼は真面目なのですねー(^'^)

お礼日時:2009/05/22 22:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qズボンの裾上げの縫い方を図解で見たい男です

会社(工場)の作業服ズボンは自分で裾上げして使うタイプですが、妻はすごく不器用で、裾上げの正しい縫い方を知らないようで、内側へ折り曲げて縫ったところの表に点々と短い糸目が出ています。
文句をいうと「自分でやれ」と怒り狂うので、見苦しくても我慢してはいています。
広範囲にDIYをこなす私は妻よりはるかに手先が器用で、ボタンの付け方は知っているので自分でやりますが、裾上げの正しい縫い方を知りません。
まだ裾上げがしてない新品がたくさんありますし、通販で買った安いズボンやチノパンの裾開放品も何本かあります。
今、病気で長期休業中なので、妻が仕事に行っている間に自分で縫ってみたいのですが、スーツの裾を見てもどうして縫ってあるのかわかりません。ズボン裾上げの縫い方を図解しているサイトをご存知の方教えて頂けませんでしょうか。あれはなんという縫い方なんでしょうか。
裾上げテープをアイロンでくっつけるような簡便法は嫌いな性格なんです。どなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

えらいですね!
こちらで参考になるでしょうか。
http://www2.edu.ipa.go.jp/gz/d1home/d1sew/d1stit/IPA-hom180.htm
まつり縫い、または千鳥がけが向いています。

Q北斗物語ってご存知ありませんか?                   

北斗物語ってご存知ありませんか?                                   昭和24年頃発行の 宮沢賢治の 代表作集の 一冊です。    

Aベストアンサー

作品名ではなく、作品集につけたタイトルかも。

「スーパー源氏」という古書店サイトに1冊ありました。
http://search.newgenji.co.jp/sgenji/D1/?000107698411/

Qジヤージーのズボンの裾上げは、ミシンでは何と言う縫い方なんですか

ジヤージーのズボンの裾上げは、ミシンでは何と言う縫い方なんですか
いつも思うのですが、長ズボンを半ズボンの変えたいのですが、普通のミシンで、裾上げできるのでしょうか、教えて下さい。

Aベストアンサー

二本針、裏振りです。
若しくは裾引きと言います。
環縫い状態でループ状になり伸縮にあわせ、伸び縮みます。
ジャージーの場合、伸縮性がありますので、スパン糸では切れてしまうのでレジロンなどの糸自体に伸縮性のあるものを使用します。
私は、その糸で手縫いで千鳥縫いにしています。
動きについてくる千鳥縫いなら切れることは無いですよ。
ジャージーはほつれない生地組織のものもありますからね。

Q鏡の法則って泣ける?

 鏡の法則という本が呼んだ9割の人が泣けると宣伝されていました。
 本当に泣けますか?

Aベストアンサー

私は、この本を12回読みました。そして、読み返すたびに、色々と考えさせられ、泣きました。
人間は大なり小なり悩みを抱えて生きています。この本を読んでその悩みを解決するひとつの方法を与えてくれた「鏡の法則」は、すばらしい本であると絶賛しております。
久々に、すばらしい本に出会った事に感謝します。

Qトレーニングウエアのズボンの裾上げ

子供用のトレーニングウエア(ジャージ)のズボンを裾上げしたいのです。
長さを5cm程度短くしたいのですが、成長に合わせて裾上げしたのをほどく予定です。
手縫いはとても苦手なので他の方法で!
ミシンは有りますので、縫い方は何を選べば良いのか分からない。
裾上げテープは楽そうですが、使用した事がないので裾上げをほどく事が出来るか心配。
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

ミシンの糸は「レジロン」というニット(伸びる素材)用糸を使うといいと思います。ミシン針もニット用にすればさらに良。すそあげ程度なら、針まで変えなくてもイケるかも、です。
あとは普通に縫うだけです。
ジャージは熱に弱い素材のものがあるので、アイロン時は温度にご注意。ご存知だったら失礼しました。

Qこれは読んどけ!な古典。

古典というか、クラシックな、というか。

例えば「西遊記」とか「シェークスピア全集」とか「オー・ヘンリー」とか「夏目漱石・こころ」とか。
・古いけど面白いんだよ!
・一般教養として読んでおいた方がいいよ。
といった古典的な作品があれば教えて下さい。
神話でも短編集でも、分類は何でも構いません。

僕はちょうど高校ですが、あまり難しいのは挫折してしまいがちなので、どんな本がいいのか分かりません。
あ、でも、古典調な文章でも大抵は大丈夫です。

読みきれなかったのは「車輪の下」「若きウェルテルの悩み」
苦手なのは「嵐が丘」「ロミオとジュリエット」
好きだったのは「史記」「オー・ヘンリーの短編集」です。

Aベストアンサー

西遊記がお好きということですので、「水滸伝」はいかがでしょうか?岩波文庫で「全10巻」で出ています。「108人の豪傑」が「梁山泊」に「義」の旗(正確には替天行道)のもとに集まり、悪政に戦いを挑み・・・・というストーリー。読むキッカケは「横山光輝」のコミック版を読み興味を持ち始め、「70回」、「120回」版、全部揃えました。もちろん古本屋でも購入可能です。
昭和20年代にも岩波文庫から出版されているので、こちらも古本屋で探してみては?
今と昔の「漢字」の違いを楽しむのもいいですね。
現在、「北方謙三」さんが全く違う展開の「水滸伝」を書いていますが、これもまた何とも言えずの面白い!!

Q作業服のズボンの裾上げをしてくれるお店を教えて下さい。

作業服のズボンをもらいましたが、裾が長く、裾上げをしたいと思っています。ユニクロ、カインズホーム、アオキ、コナカなどは自店ではない商品の裾上げをしてくれますか?
大型チェーン店で数百円でしてくれるところをご存知でしたら教えて下さい。

Aベストアンサー

作業着ならワークマンで裾上げ可能です。
持ち込みは店舗によって多少は異なるようですが、300~500円程度でできたと思います。

100均で裾上げテープを買ってくれば、アイロン掛けだけで裾上げはできますけどね。

Q灰色の世界に色づけする絵本のタイトル

昔、20年くらい前に読んだ絵本を探しています。

内容は
世界にはまだ色が無く灰色で

あるおじいさんが黄色をつくって世界中を黄色にしたら
みんなイライラちかちかしてしまった。

次に赤を作って世界中を真っ赤にしたら
みんな怒りっぽくなってしまった。

次に青を作って世界中を青にしたら
みんな落ち込んで暗い世界になってしまった。

最後に赤・青・黄の三色が混ざっていろんないろが出来て今の世界がある。

というストーリーだったんですがタイトルがどうしても思い出せないんです。

どなたかもしご存知なら教えていただけませんでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ア-ノルド・ロ-ベルの絵本「いろいろへんないろのはじまり」(富山房 1975)
ではないでしょうか。

Qズボンの裾上げ、なぜ紳士物は無料なのに婦人物は有料?

ズボンの裾上げにかかる料金のことで質問です。

店によっても違うとは想いますが、紳士物は、裾上げを無料でやってくれることが多いのに、婦人物はほぼ必ず有料なのはなにか理由があるのでしょうか?紳士者は未完成品という扱いなのでしょうか?

Aベストアンサー

そうなのですか?私の印象では、男女共、概ね商品代金によって、もしくは商品のタイプ、店のタイプによって有料無料が分かれているように感じていましたが。
例えば男女共、次のような印象。
・安い店は裾上げなどは別料金のところが多い
・もしくは、一定金額以下の値段の商品の場合は有料、一定金額以上の値段の商品の場合は無料になっている
・既製品の「お直し」は原則有料の店
・高級店は裾上げだけでなく袖丈の詰めなども全て無料。購入後何年か経っていてもすべて無料で直してくれる(その代わりにもともとの商品代金が高い!笑)
こんな感じです。

ただ、「もし寸法が合ったら買ったらすぐはける状態=裾が既にまつってある」商品ではなく、「裾がまつってない状態」で店に置いてある商品なら、そのままでははけずに「客に合わせて裾を調整してから渡す」ことが前提になっている。こういう商品の場合は裾上げ料金を含めた値段がつけられている(つまり裾上げは無料)ということになるのではと思います。

Q「いじわるごりすけ・・・」という絵本を知りませんか

「いじわるごりすけ・・・」という絵本を知らないでしょうか。
正確にタイトルを覚えているわけではなくて「いじわるごりすけと僕」だったような気もします。
今から25年くらい前に見た絵本で、表紙は緑だったように記憶しています。
話の内容は、意地悪なゴリスケが「僕」の帽子を高い木の枝に投げて意地悪をする・・・
結末は忘れてしまいましたが、妙に印象に残り、今でも完全には忘れない絵本です。
ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ご記憶のタイトルから、これではないかと思います。
「ぼくがいじわるゴリスケとなかよしになったおはなし」なかえよしを(中江嘉男)作 偕成社 1977年


人気Q&Aランキング

おすすめ情報