ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

出窓の屋根(ステンレス製)に落ちる雨音(2階の屋根からの雨のしずくが、出窓屋根にポタポタ落ちて、うるさく感じます。
DIYでできる、対策方法はないでしょうか?
出窓の屋根の上に、フックを4~5か所取り付け(強力両面テープで)
ゴムシートか何かを敷こうかなとも考えましたが、他に良案ありましたらお教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

我が家もそれで悩まされました。

自分で施工出来、安くてかつ効果的な対策を考え、結局人工芝を屋根の形に切って貼り付けました。貼り付けは人工芝用の両面テープを使いました。劇的に音は無くなりましたが、欠点もあります。それは3~4年程度で人工芝がボロボロになってしまうため、貼り替えが必要なことです。そのため両面テープは所々貼るだけで、ベタツと貼ると貼り替えの時に苦労しますし、排水にもよくありません。私はそれで失敗しましたので、貼り替え時に風で飛ばない程度にしました。見栄えは悪くありませんよ。ご参考になれば・・・・・
    • good
    • 18

ホームセンターなどで防音シートが売ってます。

それをカットしてはりつける。ただし水はけが悪くなるのでコケが生えます。

一度やってるのをみたが、出窓の上に細かい石(2~3ミリ)を敷き詰めてる家がありました。もしかしたらタイルカーペットか、シングルという屋根材(オークリッジ)かも。
やるまえにほかでためしたほうがいいです。
    • good
    • 9

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qひさし(屋根)の雨音対策

家のひさし部分の雨音(雨だれ音)で困ってます。
夜中雨が降ると、雨だれの音が柱を伝ってかなり大きく響き、目が覚めてしまうこともあります。
ひさしの屋根部はトタンでできていて、直射日光などがあたる部分もあります。
一応、トタン部に制振材(レジェトレックス等)を貼りつけたり、人工芝などのクッションになるものを置いたりしようと考えているのですが、効果がわからなかったり、見栄えが悪くなったりしそうなので、何か良い対策方法をご存知の方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

わかります!経験者ですから!
反響音は素材と勾配で決まるそうです。
その観点から、トタンは、とたんに?(何のこっちゃ?)
致命的です。
反響音が直線的なトタンは制振材の効果も
期待出来ません。
かく云う私は、DIYで木製のひさしを手造りしました。
勾配と素材の保護(木製ですから)も万全にして
「ペンペン」という雨音を楽しんでいます。
キッチンのひさしですから、雨を察知して洗濯物も濡れずに済むと
カミサンもよろこんでますが・・・。

Q出窓の雨音について

戸建を新築しましたが、出窓の上に当たる雨音が室内にかなり響きます。
ひさし(けらば)が20センチほどしかなく、出窓はそれよりも出っ張っているので、雨だれがあたり響いているのです。
工務店の人は、ひさしがほとんどないのがこの南欧風のデザインなので仕方がないといいます。
そこで質問なのですが、

1:この場合、設計ミスには当たらないのでしょうか?ひさしを出窓より長くするというのは設計の基本だという話もほかで聞いたのですが。
2;雨音を防ぐにはどうしたら良いでしょうか?
防音シートを貼るとしたら、どの製品が良いでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私も住宅設計業務で収入を頂いていますが・・・
設計ミスとまでは言えないでしょうが
配慮不足と言ってもいいんでしょうねぇ
「1:この場合、設計ミスには当たらないのでしょうか?ひさしを出窓より長くするというのは設計の基本だという話もほかで聞いたのですが。」
そんな基本は無いと思いますよ
設計を承認した発注者としての責任もありますし・・・
それより、
日本人の多くは、
床面積にカウントされない出窓を
好き好んで設計に取り入れる傾向に有りますが
住宅の凸凹は、長期的に見れば、
維持管理面でマイナス要因が多いので
私は積極的にオススメはしていません

でも、雨音を防ぐのは簡単ですよ
出窓の天井を解体開口して
中にグラスウールをギューギューに入れてから
天井を復旧すれば問題解決するはずです
グラスウール厚さで言うと200mmー300mmですね
天井の仕上によって差がありますが
4ー5万円程度でしょう
防音シートよりずっと安くて効果大です

Qトタン屋根の雨音対策

先々月、会社が倒産し幸いなことにすぐに新しい職を見つけることが出来たのですが今までの収入の3分の2弱程度になったため今まで住んでいた家では家賃を払うのも困難なため今月築50年過ぎの文化住宅へ引越しをいたしました。
台所4畳半・和室6畳・庭8畳程の小さな家です。我が家には小学4年生・小学2年生の娘がおりせめて勉強机を置いてやる場所を作ってやりたいと思い、また以前住んでいた家での荷物が入りきらないため、
和室から4畳半程の部屋を庭のスペースを切り崩し増築いたしました。
家計のこともあり、屋根も壁もトタンで工事していただき、部屋というよりも小屋に近いですが幸い娘も喜んでくれておりホッとしていたのもつかの間…
おととい夜中に激しい雨が降りました。初めは「トン、トン、ポチョン、」だった雨音も雨が激しくなるにつれ、「ボトボトボトボト!バリバリバリッ!」というような凄ざまじい音に和室で寝ていた妻も子も飛び起きました。トタン屋根だからある程度は覚悟していたのですが、まさかこんなにうるさいとは…。
文化住宅ですのでもちろん2階部分には住人がおり、どれほどうるさいか、迷惑かを考えると心苦しく申し訳ない気持でいっぱいでした。
今、台風が接近しているということもあり何とかあの凄ざまじい雨音をなんとか少しでも軽減出来ないものかと色々調べてみましたが、瓦に変えれる資金も工事を依頼する資金もなく、自分で出来る良い対策法を探しております。人工芝のカーペットを屋根部分に敷いてみるのはどうか?と考えてみたり…
どうか皆様の知恵をお借りできないでしょうか?お恥ずかしいことにお金がありませんので何か自分で出来る方法で少しでも雨音の軽減を考えております。よろしくお願いいたします

先々月、会社が倒産し幸いなことにすぐに新しい職を見つけることが出来たのですが今までの収入の3分の2弱程度になったため今まで住んでいた家では家賃を払うのも困難なため今月築50年過ぎの文化住宅へ引越しをいたしました。
台所4畳半・和室6畳・庭8畳程の小さな家です。我が家には小学4年生・小学2年生の娘がおりせめて勉強机を置いてやる場所を作ってやりたいと思い、また以前住んでいた家での荷物が入りきらないため、
和室から4畳半程の部屋を庭のスペースを切り崩し増築いたしました。
家計の...続きを読む

Aベストアンサー

台風接近でお察し申しあげます。
どちらの地方にお住まいですか?
風当たりが強い場所の住宅でしょうか?
2階に住人ということは、1階下屋部分に増築(テラス状)されたのでしょうか?
多分、天井と屋根の空間はないのでものすごく音がするのではないでしょうか。
音を軽減する安価な方法として、
1.屋根の内側にロックウールを敷き詰める(トタン下地の合板の所へ逆打ちで止めていく)できるだけ密着させて、そして、石膏ボードを2重に貼る。等考えられます。(カラオケの防音を想像して下さい)
2.屋根内側より、発砲ウレタンを吹き付ける。
やはり専門職人さんに頼んだ方が良いと思います。
音をもっと減らすには、天井をはれる高さがないと無理かも知れません。

もっと安価な方法
いらなくなった毛布を何枚か重ねて屋根内側から逆打ちで止めていく(1枚貼れたら、2枚めは少しずらして、密着させて音が漏れない様)
屋根の上に何かを張るのは、固定方法に無理があると、雨漏りの原因になりかねません。くれぐれもご注意してくださいね。

参考URL:http://www.nittobo.co.jp/kw/info.html

台風接近でお察し申しあげます。
どちらの地方にお住まいですか?
風当たりが強い場所の住宅でしょうか?
2階に住人ということは、1階下屋部分に増築(テラス状)されたのでしょうか?
多分、天井と屋根の空間はないのでものすごく音がするのではないでしょうか。
音を軽減する安価な方法として、
1.屋根の内側にロックウールを敷き詰める(トタン下地の合板の所へ逆打ちで止めていく)できるだけ密着させて、そして、石膏ボードを2重に貼る。等考えられます。(カラオケの防音を想像して下さい)
2.屋根内...続きを読む

Q一戸建てのベランダ床の雨音対策はありませんか?

一戸建てに住んでいます。
最近寝室を変えたところ、雨が降った夜うるさくて一睡も出来ませんでした。
おそらくベランダの床面に叩きつける雨の音だと思いますが、かなりうるさいです。
あまり詳しくないですが、おそらくFRP仕様だと思います。
防音の窓に変えようか思案しておりましたが、音が床を伝わる事から
窓を変えても防音効果がないとも聞き、悩んでいます。
そもそも原因であるベランダ床面に何らかの対策を行いたいと思います。
詳しい方に教えていただきたいのですが、そもそも一戸建てのベランダは
通常の雨で眠れないほどの音をたてるのでしょうか(感じ方に個人差はあると思いますが)?
またこのような場合、費用対効果も含めどのような対策が有効なのでしょうか?

Aベストアンサー

床に人工芝を敷けば、音はしなくなります。

あと、屋根をつけるとか


窓(サッシ)の密閉度が高ければ雨音なんて、ほとんどしませんけどね。

Q軒下の雨音

こんにちは。
新築したガルバリウムの家に住んでいるのですが、軒下もガルバリウムにしたため、雨音(トントンという音)が大きくて眠れません。
建設会社になんとかならないか連絡しましたが、「軒下がある家はガルバリウム問わずこんなもんですよ」と言って解決策がみあたりません。
ネットで調べて見たら屋根の場合は「断熱材が入っていないのでは?」ということが書いてあったのですが、軒下にも断熱材をつかうものなのでしょうか?
雨音を軽減するガルバリウムがあるらしいのですが、実際本当に軽減されるのでしょうか(信用がありません)
どなたか解決策をご存知の方がいましたら、教えていただきたいのです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

うちの場合ガルバリウムというわけではないのですが,同じように庇(たぶんトタン)の雨音で悩まされました。

その際いろいろやってみたのですが,最終的に使ったのが制振材である「オトナシート」という商品を直接庇に貼り付けました。(買ったお店は違いますが商品は参考URLのものです)
庇の全面に貼る必要はないと思いますが,ある程度の枚数が必要になると思いますので,費用が多少かかりますが・・・。

このシートを貼ったあと,我が家では雨音による騒音?!はまったくといっていいほど無くなりましたよ。
以上,参考になればいいですが・・・。

参考URL:http://www.infoseek.rakuten.co.jp/bits/461865/419551/

Q雨風が当たる部屋が寝室で…

家を新築し、快適に生活しています。しかし、一点、改善し難い問題があるので、解決の糸口を探しています。

普段は何の問題もないのですが、雨がひどい日、我が家で一番雨風が当たる位置が2階の寝室です。そこに掃き出し窓があって、シャッターを閉めているのですが、雨音があまりにうるさくて眠れないほどです。

掃き出し窓の外はアルミ製のベランダになっています。シャッターに直接雨が当たらないようにすだれを取り付けることも可能なのですが、そこが家の正面に位置するため、できれば見栄えの悪くなる方法はとりたくありません。

何かよい方法があれば、教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 ベランダにあたる雨音の方が大きくなるような気がするのですが、本当にシャッターでしょうか。

 シャッターであれば、窓の内側にインプラスという窓を取り付けてしまえば随分遮音してくれると思いますが。http://www.tostem.co.jp/lineup/sash/reform/inplus/

 うちは音楽室の窓を、シャッター+ペアガラスのサッシ+インプラスにしていますが、外の雨音が窓から聞こえることはありません。かすかに防音換気扇から聞こえることはありますが。

Qお隣の破損した雨どいからの雨音が気になります。

題名の通りなのですが、お隣の破損した雨どいからの雨の落下音が気になって仕方ありません。

通常、2階の屋根に落ちた雨は、パイプによって1階の屋根の雨どいに流れ、そして静かに地面や排水溝に流れると思います。
しかしお隣の場合、1階の屋根の雨どいへのパイプの先(エルボ)が取れてしまってないため、雨が降ると2階の屋根で集められた雨水が約3mほどの高さから直接コンクリートの上に勢いよく落ちています。

通常の雨音や排水溝に流れる音は全然気にならないのですが、その音は例えるならずっと止まらないトイレの音といいますでしょうか。やけに自分には耳障りなのです。
いつからそんな状態なのかは分からないのですが、自分は1ヶ月程前から長期の試験勉強の為に家にいることが多くなり、そして梅雨の時期ということで頻繁にその音を聞くことになり、イライラしてしまいます。
しかし、お隣は家にいる時間が少ないのと、多分主に生活している場所(リビングや寝室)がその落下地点の反対側のようで気にならないのかもしれません。自分の寝室は落下地点から1番近いのです...
これまでは、「これくらいの音は受け流せなくちゃダメだ」「こんな音が気になる自分が弱いんだ」と思い、耳栓を使ったりしてなんとかやってきたのですが、どうにも勉強のストレスと重なり限界のようです。

そして、お隣とはまったく交流がありません。
今のところ、今週か来週の土日に直接家に出向き、低姿勢で修理をお願いしようかと考えています。
手紙は、立地上自分の家からだとすぐに特定されるでしょうから止めようと思っています。
しかし、雨どいの部品や接着剤はホームセンターですぐに手に入れることができると思いますが、そんな高いハシゴは普通持ってないですよね。それが心配です。

自己完結しているようですが、自分では考えつかないことが沢山あると思い質問しました。
何かアドバイスを頂けると嬉しいです。
長くなってしまい申し訳ありませんが、どうかよろしくお願いします。

題名の通りなのですが、お隣の破損した雨どいからの雨の落下音が気になって仕方ありません。

通常、2階の屋根に落ちた雨は、パイプによって1階の屋根の雨どいに流れ、そして静かに地面や排水溝に流れると思います。
しかしお隣の場合、1階の屋根の雨どいへのパイプの先(エルボ)が取れてしまってないため、雨が降ると2階の屋根で集められた雨水が約3mほどの高さから直接コンクリートの上に勢いよく落ちています。

通常の雨音や排水溝に流れる音は全然気にならないのですが、その音は例えるならずっと止...続きを読む

Aベストアンサー

>低姿勢で修理をお願いしようかと考えています。
一番良い結論ですね。
私も、直接お会いして事情を話すのが一番だと思います!

注意点としては、「音がうるさい」「耳障り」は禁句です。
うるさいのも耳障りなのも事実ですが、結果として相手を責める言葉になってしまいます。
「雨の落下音がして、困っている」が良いと思います。
「私の都合で申し訳ございませんが、試験勉強で家に籠っているので、修理していただけるようご協力いただけますか。」などと付け足せば十分だと思いますよ。

人と言うのは不思議なもので、「うるさい」と言われると逆切れする人もいますが、
「困っているので協力してください」と言われたら、
「そうかぁ、困っているのか!助けてあげなければっ!」と思うものです。

あとは自分らしくアレンジしたらどうでしょう。
質問者さんは賢そうなので、誠心誠意話せば相手に伝わると思いますよ。
試験勉強もがんばってくださいね!

Qガルバリウム鋼板屋根の断熱と雨音対策

ガルバリウム鋼板で約30m2の家を増築検討中です。

防食性が良いのと、瓦より軽量で安価というのが魅力で、屋根材はもちろん
外壁材もガルバリウム鋼板を使用する事を考えてましたが、ネット検索で調べたら
屋根材の欠点で「雨音がうるさい」「夏場の暑さ」が非常に気になりました。
但し「シルバー色のガルバリウムにすれば、むしろ瓦屋根より屋根の温度は上がらない」
という情報もありますが、本当でしょうか?
他の塗装色でも?「硬質ウレタン5mm付ガルバ+グラスウール」で解消される情報もありす。

他に、雨があたらない庇下の「白サビ」や「もらいサビ」もあるそうですね。

屋根は「片流れ」もしくは「切妻」を考えてます。

断熱は「シルバー色」で問題なければ、後は「雨音対策」です。
「雨音対策」は具体的にはどうすればいいのでしょうか?

いっそ、窯業系サイディング+瓦屋根にしてしまおうか迷ってるのですが
かなり割高になってしまいますか?

なお、関東地区在住で夏は暑く、冬もそこそこ寒くなります。雪は滅多に積もりませんが。

Aベストアンサー

No5のtoto です

棟換気はあくまで動力(換気扇等)を使用しないで、小屋裏の熱い空気を棟(屋根の頂点部分)から外に自然に排出する物です
暖かい空気は軽いため冷たい空気より上に上がるという特性を活かした方法で、簡単に言えば煙突のような考え方です
煙突があるのと無いのとでは物の燃え方はまったく違いますよね
煙突から熱い炎症ガスが上に抜ける事によって、新鮮な空気が燃焼部分に継続的に供給されるからです

例えば棟から熱い空気が外に排出される事により小屋裏内部は負圧になり、軒裏通風口から外気が入ってくるという換気サイクルです
下手な動力換気扇をつけるより遙かに効果があるようです(私も実感済みです)

一点注意が必要なのは、屋根勾配の点と同じように激しい台風が頻繁に来るような地域だと、棟換気部分から雨のしぶきが小屋裏に入ってくる可能性が若干ある事でしょうか(施工業者は大丈夫だと言っていましたし、我が家でも今までのところその心配はいらないようです)

片流れか切り妻かについてですが、建物の最大高さが制限されているなら断然切り妻ですし、小屋裏空間の確保の面から寄せ棟よりも切り妻です(残念ながら我が家は寄せ棟ですが)
同じ棟の高さで同じ室内高を確保するためには、切り妻に対し片流れは屋根勾配が無くなってしまいます(小屋裏容積は同じですが)
ガルバ屋根の場合でも屋根勾配が大きい方が雨水の進入に対する心配が少ないです
また小屋裏の空気の流れを考えても両脇の軒裏換気口から中央上の棟換気口へ自然に流れやすいので尚更ですね(片流れは屋根材の使用量(面積)を少なくできるメリットかデザイン的な好みの問題かと)

瓦風ガルバ材はコスト的には高く付きますが、野地板との空間を確保(遮音・断熱)でき何より外観が豊かになるの点で選択しました
洋瓦風ガルバ屋根材で良く知られているのは積水が出していますが結構高いですね
私は同等他社製品(製造元は同じだと業者は言っていました)で3割程度安い材料費でした

下記の棟換気のカタログページのURLを参考にしてみてください

参考URL:http://www.tanita-hw.co.jp/product/md1-nm1%8A%B7%8BC%93%8F.html

No5のtoto です

棟換気はあくまで動力(換気扇等)を使用しないで、小屋裏の熱い空気を棟(屋根の頂点部分)から外に自然に排出する物です
暖かい空気は軽いため冷たい空気より上に上がるという特性を活かした方法で、簡単に言えば煙突のような考え方です
煙突があるのと無いのとでは物の燃え方はまったく違いますよね
煙突から熱い炎症ガスが上に抜ける事によって、新鮮な空気が燃焼部分に継続的に供給されるからです

例えば棟から熱い空気が外に排出される事により小屋裏内部は負圧になり、軒裏通風...続きを読む

Q”24時間換気”ってどうしてますか?

家を建てました。24時間換気がついているのですが皆さんはどうされていますか?ずっとつけっぱなしにしてますか?
24時間換気のスイッチには「メンテナンス以外は止めないで下さい」となっていますが、つけていると暖房をしていても空気が入替えされて寒くなっているような気もします。たまに通気構を閉めて24時間換気も止めています。換気したいときだけつけようかな・・と思っていますが、これって駄目なのでしょうか?

Aベストアンサー

24時間換気は常時換気を前提としています。
ただ本当の事を言うと難しい側面も色々抱えています。

まずなぜ必要なのかについて。

 気密性の高いサッシの使用や断熱気密をとるようになってから、住宅の気密性は格段に向上しています。
このため、部屋全体を暖房機で暖めるようになりました。(昔は違っていたから冬はコタツが当たりまえでしたね)これはこれで快適なのは良いのですが、今度は建材に大量の化学物質が使われるようになりました。
有名なのはホルムアルデヒドですが、実はそれ以外にも多数危険なものが存在しています。
これが化学物質過敏症という病気を引き起こすことに気がついたのは実は割と最近です。昔は原因がわからず、でも多数の患者が苦しんでいましたが、北里大学を初めとしてようやく病気であると医学的にも認知され、大問題になりました。
そこで国土交通省と厚生労働省においてこの科学物質過敏症に対する対策を考える審議会が作られ議論されました。
そこで出た結論では、

明確に危険性の判明している化学物質については建材での発散量を規制する
(F****のように表示し、使用量を規制する)

これは割と簡単で、実施が決まりました。ただ長期間換気されない状況が続くとたとえ非常に微量な発散量でも室内の濃度が高くなるため、換気量の問題が残されました。

またシックハウスを防止するという意味では難しい課題も多数残されました。

A.危険性が指摘されているがまだ危険量が不明のものについては引き続き研究を進める
(結局議題に上った複数の問題物質はまだ規制されていません)

B.建材は規制できるが、家の中に入るもの、特に「家具」などは規制の対象外となった。
(国内産は業界自主規制か進んでいますが、海外輸入品まで規制できないため、通商産業省は規制は無理として対象外としました)

C.家の換気量により、また測定位置・高さにより濃度が異なるという問題。
 (たとえば床材からの発散であれば床面は発散量が高くなります。これは赤ちゃんや寝たきり老人には影響が大きいなど)

これらのことから、どうしても24時間常時の換気を取り入れないと、規制値の意味もなくなるし、Bのような問題を解決できないという結論に達しました。

以上が24時間換気を義務とした背景になります。
これをもってではユーザーはどうしたら良いのか。これはもはや各自が判断するないようでしょう。
たとえば24時間換気をとめていて、換気もせずにいたところシックハウスとなった。そういう場合でもそれは自己責任になり誰も責任はとってくれないというだけのことです。

ただ家族に誰もアレルギーが出ていなければ極端に恐れる必要はないとは思います。
たとえば1時間に一回、風が通るように窓を対角2箇所開けてあげるだけで換気は十分とれます。
そのようにして生活している中ではわざわざ24時間換気をつける必要性は実はありません。

ただこれだけは守ってください。
「長時間留守にするときには必ず24時間換気をつけておくこと」

一番危険なのは長時間換気されないために濃度が高くなっていて、帰宅時にまともに濃度の高い空気をすってしまうことなのです。
長時間家を開けるから省エネでとめておこうと考えるのは間違いで、もしとめるのであれば、帰宅したら息を止めて家の窓を全部オープンにして家の空気を一度完全に換気するようにして下さい。

では。

24時間換気は常時換気を前提としています。
ただ本当の事を言うと難しい側面も色々抱えています。

まずなぜ必要なのかについて。

 気密性の高いサッシの使用や断熱気密をとるようになってから、住宅の気密性は格段に向上しています。
このため、部屋全体を暖房機で暖めるようになりました。(昔は違っていたから冬はコタツが当たりまえでしたね)これはこれで快適なのは良いのですが、今度は建材に大量の化学物質が使われるようになりました。
有名なのはホルムアルデヒドですが、実はそれ以外にも多...続きを読む

Q鳥のフンに困っており、鳥避けをしたいのですが

二週間程前から、ベランダ・壁に白黒の鳥フンが落とされて困っております。

その上を見ると、屋根しか無く(樋も軒もありません)、近い場所にはアンテナと線がありますが、鳥は屋根の傾斜があっても立つ事はできるのでしょうか。
掃除しても、毎朝同じ場所にフンをされてます。量からも、小鳥とは考えにくいです。(鳥の姿をまだ見ておりません)

ちょうどその落とされる場所が、作り付けの物干しがあるので洗濯物も干せない状態です。物干しの上の壁にもフンが付着しているので、屋根付近から落とされているのだろうと思います。

鳥にはCDを吊るしておくと良いと聞きますが、屋根に止まるのでしたらCDも吊るせないですし、夜のうちに落とされるのであればCDに光も当たらないので意味が無いかなぁ、と思ってます。

このままでは鳥フン被害が続くと考えられるので、何とか鳥が来ないように対策したいのですが、何か良い方法をご存知ないでしょうか?

Aベストアンサー

何年か前に同じような糞害で悩んでおりました。
当時たまたま100均で、(空気を入れて膨らますとビニールのカラスになる)糞害の対策物を発見しました。
パンパンに膨らまさず少し元気無い感じにして(カラスの死骸に見える)ベランダの2カ所に吊るした所、なぜか一週間程で糞害がなくなりました。
カラスにビビったのか、鳥が殺されているから危険!と認識したのかはわかりませんが.....
その後はたまに落とし物が有るくらいで、悩む程ではありません。
同じような物を探してみたり、黒いビニール等でにたような物を作って吊るしたり、屋根にくっつけてみてはいかがですか?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報