会議や会合などで突然発表することがあるのですが
私はあがり症で緊張のあまり腰に激しい痛みが発生することがあります。痛みの原因はわかりませんが、まずはあがらない方法などありましたら教えて下さい。会議などで質問されて答えることに対しては、あまりあがらないのですが、何か発表する場面では、必ずと言っていいほどあがってしまい声も震えて頭の中が真っ白になり、メモを見ながらでも自分でも何を喋っているのか解らなくなってしまいます。
ほんとうにちゃんと喋れる人が羨ましいです。     

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちは、私も極度の上がり症で悩んでいました。

冷や汗、震え、息苦しい、言葉にならない、対策をいろいろ試しましたが、何をやってもすべてダメでした、結局自分は対人恐怖症という病的症状でした。人それぞれですが、上がり症は場数で慣れます。対人恐怖症は何度やっても慣れることはありません。何度やっても慣れなければ、それはただの上がり症ではありません。私の場合心療内科に通って自分に合った薬を服用して、ほぼ100%改善しました。薬にはいろいろあります。テノーミン、ミケラン、インデラル、リボトリール、レキソタン、等々、検索する場合、社会不安障害、SAD、対人恐怖症・・・でよいと思います。一度医師に相談してみてください。人生が変わります。
    • good
    • 0

会議などで質問されて答えれると言うのは私と一緒です。


たぶん、準備する暇が無いので、あがりのステップが進まないからだと
思います。事前に発表が決まっている時は時間がある為、逆に色々考えて徐々にあがりのステップが進んでしまうのではないでしょうか?
聞いている人がどんな反応を示すのだろう、とか うまくいくのか等と
余計な事を考えてしまいます。
メモを読むと言うのは厳しいですね。皆が注目していると過剰に意識して
しまいますから。
有効だったのはプレゼンなんかでプロジェクターを使い発表する
やり方ですね。聞いている人はこちらを見なくなりますから視線の
プレッシャーからは解放されます。
    • good
    • 0

私は飛び込みの営業をしています。


会社に入社して1年はあなたと同じように頭の中が真っ白になりなかなかうまく話せませんでした。
あるとき先輩から気持ちを楽に自分を出せばいいと言われてから話せるようになりました。
自分を出すというのは大切です。うまく話そうと無理に思っても今自分についているスキルしかないのですからいいように見られたいなどの感情は捨てていきましょう。
初めからうまく話せる人なんていないと思います。
場数を踏めばどんなこともできると思います。
時間をかけて自分を出してスキルを上げて行きましょう。
    • good
    • 0

SAD(社会不安障害)ではないでしょうか。


あがりも立派な病気です。
今は良い薬も出ているようですね。

参考URL:http://www.sad-net.jp/#
    • good
    • 0

こんにちは。


私も緊張しまくる人間です。
なのですが、少し考え方を変えまして後ろに引っ込んでいるんじゃなく、少し前に出て見ようと思うようになり、気持ちだけはいける感じになってきました。
ただ、しゃべっていても、詰まるわ,かむわ,どもるわ、であまり格好良くは無いですけど、頑張っている気持ちはなんか伝わっているみたいです。

まず、周りの人はそれほどこちらのことを気にしていない…。そう思うことから始めましょうか。で、場数を踏むようになってくると、力の抜き加減がわかってくるようになりますよ。うまく話せないことを、恥ずかしいとか思わないこと。これも、みんな個性です。

私少し前に、地区のスポーツ大会開会式の司会を当日突然お願いされ、大変でした。どんどんしゃべるペースが早くなってしまい、あわあわ…。
でも、次ぎやる機会があったら、もう少し上手に出来るような気がしています。結局、自分でどう思うかです。
ふぁいと。
では。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q助けてください!あがり症!

(タグがちょっとわからなかったので、とりあえず学校での緊張の話なのでこうしておきました。)

真剣に悩んでいます。
解決方法や具体的な心構え、考え方、落ち着き方など何でもいいので、どなたかお答え願います。

この春、大学1年生になりました。
上がり症に苦しんでいます。

上がり症になったのは、昨年の春からです。
急に人前で発表したり、朗読したりすることができなくなりました。
高校の時も、教室の端から生徒が先生にあてられて、自分の番になると
緊張しすぎて声が震えてしまい、喘息のようになってしまいます。

普通に友人や先生と世間話などをするときは、何の緊張もなく
すらすらと会話できるのに、いざ人前で発表、朗読などするとき、頭が真っ白になって
呼吸が苦しくなり、上がってしまいます。

なんでこんなに緊張するのか考えると、いつも内心「うまくやらなきゃ」とひたすらそればかり考えてしまい、考えれば考えるほど失敗しています。

正直、自己紹介するだけでも極度に緊張します。
これではいけないと思いつつも、一年間頑張って家で声を出して話す練習をしてみたりしましたが、全くダメでした。

これからきっと、大学の授業などで、発表やプレゼンテーションする機会が増えてくると思います。
勉強に集中しなければ、緊張がどうのと言っている場合ではない、と思いますが、なかなか治らず真剣に悩んでいます。

どうか、あがり症を改善する方法や、気持ちの持ち方など、またこうした極度の緊張や上がり症が治った方などの話を聞きたいです。
克服した方法なども教えてほしいです。

一番は慣れかな、と思いますが、高校2年まではまったく緊張せずに人前で発表したりできたので、急におこったあがり症にどう対処したらいいかわからず、毎日泣きそうです。

文がめちゃくちゃですみません。
本当に悩んでいますので、よろしくお願いします。
助けてください。

(タグがちょっとわからなかったので、とりあえず学校での緊張の話なのでこうしておきました。)

真剣に悩んでいます。
解決方法や具体的な心構え、考え方、落ち着き方など何でもいいので、どなたかお答え願います。

この春、大学1年生になりました。
上がり症に苦しんでいます。

上がり症になったのは、昨年の春からです。
急に人前で発表したり、朗読したりすることができなくなりました。
高校の時も、教室の端から生徒が先生にあてられて、自分の番になると
緊張しすぎて声が震えてしまい、喘息のようにな...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。 あなたのご質問と同じ趣旨のものがアメリカのグーグル教えてのサイトにも出ていましたので、ベストアンサーをちゃっかり拝借して来ました。 何かの参考になれば幸いです。

Prepare well, rehearse well
(1) 話す内容を良く練ること。  そして何度も練習する。

and if the strength of audience make u frighten then look at the faces of distant seated audience,
(2) 聴衆の目が恐いと思ったら、会場の一番後ろの列の人の顔に焦点を当てる。

once the confidence start building up then slowly focus on the nearby people.
(3) 自信が出て来たら、視点を次第に前の方に移して来る。

By the time the confidence will be full so the stage fear means............it will be ur next question?
(4) それでもまだダメだったら、次の質問として

Improve ur self in presentation wise practicing body language which is most important, practice in front of mirror. Every next presentation should be improved one.
(5) 鏡を使ってボディラングエッジを練習して見ます。  からだを動かすとリラックス効果が得られます。 そして子供を聴衆に見立てて練習する。(子供って、結局かぼちゃってことですね。)

こんにちは。 あなたのご質問と同じ趣旨のものがアメリカのグーグル教えてのサイトにも出ていましたので、ベストアンサーをちゃっかり拝借して来ました。 何かの参考になれば幸いです。

Prepare well, rehearse well
(1) 話す内容を良く練ること。  そして何度も練習する。

and if the strength of audience make u frighten then look at the faces of distant seated audience,
(2) 聴衆の目が恐いと思ったら、会場の一番後ろの列の人の顔に焦点を当てる。

once the confidence start building up th...続きを読む

Q会議で1時間ぐらいの発表する機会がありますが、注意する点をご教授願います!

会議で1時間ぐらいの発表する機会がありますが、注意する点をご教授願います!あまり、人前で話す機会が無かったため、今から緊張しています。通る声、表情、時間割、練習方法、説明方法などどこに注意すれば良いか教えていただければ助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

■どんなテーマか分からないのですが、1時間は長いですね。
まず聞く側からすると、集中力がある最初の30分が肝心ではないでしょうか。
その30分間で全て説明し終わるくらいのボリュームが良いのではないでしょうか?
(残り時間は質疑応答や発表の内容に対するアドバイスを受けるようにして)

■「通る声」は資質の問題なので、それよりも「ゆっくり話す」ことが重要です。
早口で説明されても聞く側には内容が頭に入ってきません。

また、資料に多くの要素を載せすぎると、早口になってしまうので、その点も注意です
大体、1ページを1分間くらいで説明できれば良いと思います。
これ以上かかると、聞いている人の中には次のページをめくってしまう人も出てきてしまいます。

■「表情」は気にする必要あまりないのでは?

■「練習方法」は誰かに聞いてもらう形でリハーサルを行い、
気になる点を指摘してもらえばよいでしょう。

Q緊張・あがり症の患者の方限定で回答ください。

極度の上がり症のため7年前から心療内科でレキソタン2mgを処方されています。
症状としては緊張による手・頭の震え、声の震えです。
中学生の時に突如この症状になり、10年以上悩まされていますが、一向に回復しません。
レキソタンの使い方としては年に2~3回ほど事前に緊張しそうなイベントがあるとわかっている時に服用するのみで日常では使用していません。
レキソタンを飲んだからといって全く緊張しなくなるわけではなく、いくらかマシという程度です。
人前での発表はもちろんですが、普通の人にとっては何でもないこと(食事、パソコン、来客など)がいちいち障害になってしまい、震えて恥ずかしい思いをしています。

そこでレキソタンを服用している方か、同じ悩みで心療内科に通院している方にお聞きしたいのですが、
・レキソタンはどのような時に何錠服用されていますか?(毎日、週に○回、緊張しそうな時のみなど)
・レキソタンでない方は何の薬を何錠服用されていますか?
・他に治すための努力・治療などやっていますか?


今までは耐性がついてしまうのではないかと思い、年に2~3回ここぞという時しか服用していなかったのですが、(飲まなすぎかもしれませんが緊張する場面を極力避けているので)全く治らないので日常毎日服用したほうが良いのかと思ってきました。
ネットで何度かこの症状について検索したことはあっても出てくるサイトは催眠療法やテープ療法と高額な料金がかかるうえ、治る保障のないものばかり。
担当医とカウンセリングしてもいつも同じ薬をだされるばかり。
この症状で治った方いるのでしょうか??
日常生活にも支障が出て苦痛で仕方ないです。

患者の方の回答かもしくは専門医の方のご回答に限定させてください。
気持は嬉しいのですが励まし系のメッセージのみの回答も遠慮させて頂きます。

極度の上がり症のため7年前から心療内科でレキソタン2mgを処方されています。
症状としては緊張による手・頭の震え、声の震えです。
中学生の時に突如この症状になり、10年以上悩まされていますが、一向に回復しません。
レキソタンの使い方としては年に2~3回ほど事前に緊張しそうなイベントがあるとわかっている時に服用するのみで日常では使用していません。
レキソタンを飲んだからといって全く緊張しなくなるわけではなく、いくらかマシという程度です。
人前での発表はもちろんですが、普通の人に...続きを読む

Aベストアンサー

自分も同じ症状です。レキソタンでは克服できないでしょう。
ネットで徹底的に調べて出した結論はβブロッカー(ミケラン、インデラル)です。ただし、狭心症の薬なので医者から貰えるかどうか不明です。私は2件目でようやく貰えました。

Q会社での発表会議

会社の社内で発表会議をします。テーマは
・会社をどうしたいのか。
・自分は何をしたいのか。
・事業拡大においてどのような共通認識をとっていくのか。です。
私は一般事務で会社においてなんの意見も情熱ありません。上で決められたことにおとなしく流されて従って働きたいだけなのです。会社自体は立ち上がったばかりということもあり、中はぐだぐだのわりにこういったことはやりたがります。しかし、強制的に発表しなければなりません。本来なら自分で考えなければいけないのですが、どうしてもわかりません。何を言えばいいでしょうか、具体的なご意見をいただけますか。

Aベストアンサー

全てのテーマについて、適切なアドバイスすることは簡単ではないと思いますが、的外れだったらスイマセン。

1) 会社をどうしたいのか?
2) 自分は何をしたいのか?
上記の二つに関しては、ご質問者様の質問の文章の中からヒントが見出せる様に思います。それは、
>中はかがぐだぐだのわりに…

上記から、ご質問者様は、現状に何らかの問題があり、改善の必要性を感じておられる様に思います。
自分が感じる問題点と、本来あるべき姿を書き出し、そのギャップをどの様に穴埋めするか(改善するか)を考えます。そして、改善することによって会社がどうなるだろうか? その改善を遂行するためには、ご自身はどの様な役割をすれば良いのか? がヒントにならないでしょうか?

3) 事業拡大においてどのような共通認識をとって行くのか?
思い付くままに・・・
 ・ 会社の戦略・方向性の共有化
 ・ 事業拡大成功時の会社の姿のイメージの共通化
 ・ 事業拡大を成功させるためには、どの様な協力(例えば、サービス残業)が必要なのか?の共通認識
 ・ 成功時のインセンティブは? (例えば、ストックオプションや海外社員旅行)の開示(=共通認識)

少しでもお役に足れば幸いです。

全てのテーマについて、適切なアドバイスすることは簡単ではないと思いますが、的外れだったらスイマセン。

1) 会社をどうしたいのか?
2) 自分は何をしたいのか?
上記の二つに関しては、ご質問者様の質問の文章の中からヒントが見出せる様に思います。それは、
>中はかがぐだぐだのわりに…

上記から、ご質問者様は、現状に何らかの問題があり、改善の必要性を感じておられる様に思います。
自分が感じる問題点と、本来あるべき姿を書き出し、そのギャップをどの様に穴埋めするか(改善するか)を考え...続きを読む

Qあがり症の薬の依存性について

あがり症に悩んで20年くらい経ちます あがり症を克服するためにありとあらゆる方法を試してきました(話し方教室、本を読む、市販薬等)。そして克服のために膨大な時間をかけてきましたが、どれも効果は見られませんでしたし、今後も不安で仕方ありません。

そこで、心療内科等にいこうと思いまして薬を処方してもらおうと思っています。
しかし、ネックなのが、薬の依存性です。
ネット等で調べてみたところ、依存性のない薬もたくさんあるし、徐々に減らしていけば問題ないと聞いたことがあるのですが、実際に薬を減らしていって、薬なしでも人前でスピーチ等できるとか、体験談を聞きたいです

いろいろ調べましたが、そのような方の体験談はわからなくて、こちらに投稿しました

教えて頂ければ幸いです

Aベストアンサー

No1様の方法で良いと思いますが、もし、実行出来ないようでしたら、自分自身をもっと深く掘り下げる方法を試して下さい。

その方法とは、神経症全般を学ぶ方法です。貴方の上がり症も神経症に分類されているものですので、神経症のからくりを、貴方が見破った時、貴方の上がり症は治っている筈です。

神経症の症状は様々あります、そうして其々の症状には『関連性はありませんが』症状が発症するきっかけと、発症するメカニズムには、共通点があります。或いは発症する原因は同じと言う意味です。

神経症が発症する原因は簡単な原理からですので、自分自身で学ぶ事で解消します、或いは心療内科等での、『薬による治療では、治り難いと思います。』のでその理由から書いてみます。

神経症は、『意識する事が原因で発症しています。』その意識する内容は『予期不安』に該当します。そうしてその具体的な内容が『症状名』に当たります。従って神経症の症状は『多岐に渡っていますが、早い話が、意識した内容』と言う事になります。

神経症の場合では『身体の機能検査でも、脳の機能検査でも』健常者と違うところがありません、機能的には全て正常と言う意味です。只一つの違いは『意識する自分の執拗な訴えのみです。』

この異常ともいえる訴えが『症状』に当たりますが、その訴えを取り下げる事が出来難い事で、その症状は『本人の心にしっかりと固定されています。』

神経症の症状は『実際では誰でもが感じたり、味わっている内容です。』貴方は吃音や、書けいや、対人恐怖症を知っているでしょうか?

具体的に説明するなら、吃音と言う症状は、誰もが体験している事柄です。口に出して『考えている事を言葉にして』話をする場合、上手く話をしようとしたり、失敗しないように話をしようとする場合に、『失敗したらどうしよう?とか、上手く話せ無かったらどうしよう?』と言う予期不安の心が膨らんでいます。

この頭の中の『理想の自分』を望む心が強くなり過ぎてしまって、現実の自分が追い付かなくなる現象です。吃音が治る場合では、失敗したらどうしようとしなくなる場合です。『失敗してもしなくとも如何でもよくなった場合です。』

ところが『吃音の症状に悩んでいる人に』吃音が出ても出なくとも如何でも良い、と納得させる事が出来ませんが、吃音が治る時とは、吃音を受け入れた時だけ、吃音が治ります。吃音が出ても出なくとも良いと思える時には『吃音の自分を許してあげて、吃音を受け入れているからです。』

吃音を受け入れた時には、『吃音が意識に上がって来なくなっているからです。』

同じように『上がり症の場合でも』上がらない自分の理想を、頭の中で描く事によって、現実の自分を細かく観察しています。そうして上がらないためだけの工夫をする事によって、話の内容も、自分の態度も『真っ白になった頭が命令を出す事によって』全てがちぐはぐになっています。

そういった自分を『又、自分が見ているために』更なる上がらない工夫を探す事になっています。悪循環に落ちています。この繰り返しで10年や20年や30年は直ぐに経ってしまいます。

上がり症が治った姿を書いてみますので参考にして下さい。

上がる事は『誰でも経験している事を知って』『上がっても上がらなくとも、そういう事に関心が向かなくなった場合では』上がる事や上がらない事よりも、もっと大事な事に興味が移っています。

上がらなくなる工夫を放棄して、話の内容を良く吟味したり、話をする自分の態度に注意を払ったり、相手の顔色から、相手の関心事を探ったりして、相手との一体感を模索する事に注意するように機を使う事が出来るようになります。

従って、『自分が上がるのか?』という事を忘れてしまって、相手やその場の雰囲気や、その時々での『最重要課題』をしっかりと把握する事によって、その時々の一番大事な事を、『全身全霊で行うようになっています。』

今の反対の場合の『一生治らない場合を書いてみます。』

上がってはいけないと、いつも考えていて、一生掛かっても上がり症の症状を無くしたいとする場合です。上がる事はいけない事として、上がり所の症状の改善にだけ奔走する場合です。他の事を気遣う事無しで、上がり症の症状にだけ『自分自身の心を使う場合です。』

他人の顔色を伺う事もしないで、その場の雰囲気を読もうとしないで、自分の頭の中の心配事だけに興味を示した場合では、一生治る事はありません。

神経症の症状は普通の事で『誰の心の中にでもある普通の事が』本人の『好き嫌いする心が強く働くために』普通の感覚や普通の出来事を『自分にはあってはいけない事』と思い込む事が原因で、『自己否定する心が働いてしまって『普通の事さえも、受け入れられなくなってしまう現象です。』

こう云った自分の頭の中で作られてしまった事柄で、自分の生活が邪魔をされていると感じてしまって、尚更、『誰の心の中にでもある普通の事を心から追い出そうとする時』意識に上がってしまって『症状にまで拡大されています』

この症状にまで拡大された事によって、更なる生活の邪魔を受けたと思ってしまって『更なる追い出しが始まります。』此処に至って『症状の発症が症状の固定に変化しています。』

神経症とは『異常でもなんでもない事柄を、意識する力によって、異常感にまで高めてしまって、その高められた異常感に、又悩む現象』ということが云えます。

神経症は、症状の改善や、症状の除去を望む心が『引き起こしている現象です。』従って『症状の改善や除去を望む心が大きければ大きいほど、症状に悩まされる度合いが強くなります。』

その結果『症状の改善や除去を一生掛けて行おうと決心するなら、一生治らなくて、一生悩み続ける事が保障されてしまいます。』

この反対に『もう治らない事を受け入れてしまって、治す事をしなくなった時、治っています。』こういった事情を飲み込むために、貴方の場合では『上がり症を除く』神経症全般を学ぶ事で、貴方は神経症のからくりを見破る事が出来ます。

心療内科に行って『症状の除去の目的で薬を飲んだとしても』その『症状の除去を望む心』が在る間は貴方は症状に悩まされる事を意味します。

神経症の完治を望むなら『症状を相手にしない人間性の構築が』最大課題になります。症状の相手をしなくなった時、貴方は、神経症が完治したと表現出来るからです。

症状が在っても無くともどちらでも良い、と思えた時の事です。

No1様の方法で良いと思いますが、もし、実行出来ないようでしたら、自分自身をもっと深く掘り下げる方法を試して下さい。

その方法とは、神経症全般を学ぶ方法です。貴方の上がり症も神経症に分類されているものですので、神経症のからくりを、貴方が見破った時、貴方の上がり症は治っている筈です。

神経症の症状は様々あります、そうして其々の症状には『関連性はありませんが』症状が発症するきっかけと、発症するメカニズムには、共通点があります。或いは発症する原因は同じと言う意味です。

神経症が発症...続きを読む

Q会議での発表がうまくできません

35才サラリーマンです。以前にも同じような相談をさせていただきました。営業をしております。現在各取引先へ伺い、弊社商品に関するヒアリングをしています。聞いてきたことを会議で発表することが仕事です。至ってシンプルな仕事です。聞いたことを、簡潔明瞭に報告できず、緊張してしまい、薄っぺらい報告で終わってしまいます。同僚と比較しても格段にその差はわかるほどです。入社して1年ですが、このままの状態ですと先も見えているような気がします。向上心は人一倍あるので、何かしら対策があれば即実行したいと思います。的確なアドバイスをいただけると幸甚です。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

市場調査の一環ですかね!
報告の時に一問一答では時間的にきついですよ。
今までに顧客より聞いた情報を基にして簡単なアンケート用紙を作成して統計をまとめる方法が良いと思います。回答の多いメリット、デメリット、要望を上位5位でまとめて市場の状況報告とし、今後の商品開発や販売策に通じると思われる回答を中心に詳細報告をする。(市場分析能力が試されます。)

上記対策は如何でしょうか?

Qプレゼンテーションが特に苦手なあがり症を克服

会社でのプレゼンテーションをする機会がありますが、
もともとあがり症のため非常に苦痛に感じています。
プレゼンさえなければ、と思いつつ、プレゼンをしなくてはいけない
現実に打ちのめされています。
プレゼンのあがり症対策やあがり症そのものの克服方法を
教えて下さい。
実際、あがり症を克服できた人や、プレゼンが大の苦手から
得意になった人に聞いてみたいです。

Aベストアンサー

現在あがり症克服に向けて頑張っているものです。
8,9割あがり症は克服できたと思います。
あとは場慣れと実戦での経験を増していって、より得意になるだけです。
プレゼンテーションや人前での発表、自己紹介なんか苦手中の苦手で、お気持ちお察しします。
だけど、やればできるものですよ。
プレゼンテーションでも発表でも苦手意識はなくなるし、「伝えてやりたい!」という情熱みたいなものが生まれています。
だからあがり症もほとんど解決することが出来ました。
知恵での対策をとらないこと、自分の弱点を受け入れてしまうこと、よく思われる必要はないんだということ、これらの要素が必要でした。
http://sad.iaigiri.com/
http://shiun74.blog100.fc2.com/
これらのサイトは私がアガリ症克服にあたって参考になった体験記です。自分のことをいっていると思うくらい事細かなあがり症の心理状態が書かれていて、自分を客観的にみる上で大きな力となりました。
参考までに。

Q会議に使用する、会議で話し合いたい意見・内容を詳細に載せた用紙に、題名

会議に使用する、会議で話し合いたい意見・内容を詳細に載せた用紙に、題名を付けるとすれば、何となりますか。「~会議議事?」「~会議検討内容?」「~会議議案?」

Aベストアンサー

議案書
議題にかける順番に番号を振る。


第○回○○会議議案書

第一号議案 ○○について
第二号議案 ○○について

詳細資料は添付しておき、
右上のほうに、議案書に記載した議案番号を振る。

議案が一つしかない場合は、
「○○についての議案書」

Q私は人見知りで引っ込み思案ですごくあがり症です。あがり症をどうにかしたいのでお願いします。

私は人見知りで引っ込み思案ですごくあがり症です。あがり症をどうにかしたいのでお願いします。

Aベストアンサー

周りの人の事を気にしない方がいいですよ
よく見せようではなくて
自分の世界だけで高みを目指すのは?
その方がうまくいくと思います


私はピアノではなかったですが
他人になり切ることでうまくいっていました

Q商工会議所や青年会議所などは「御社」でいいの?

商工会議所や青年会議所に文書で伝えたいことがある時に会社なら「貴社」とか「御社」と書きますが会議所などはどう書けばいいのでしょうか?

Aベストアンサー

「貴所」で大丈夫ですよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報