どうでもいいような事で恐縮ですが、私にとりましては長いことナゾであり、未だ知り得ないテーマです。
どなたかご教授いただけましたら幸いに存じます。

インフルエンザにはいくつかのタイプがありますが、同時に複数のインフルエンザに感染する事はないのでしょうか?
またマラリアなども3日熱、4日熱、熱帯性など発熱サイクルの異なる種類が存在しますが、複数のマラリアに感染した例もなかなか聞いたことがありません。
どうしてなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

種類 熱」に関するQ&A: 反応熱の種類

A 回答 (2件)

>同時に複数のインフルエンザに感染する事はないのでしょうか?


同時にかかっても、普通は、最初の状態が重くなった、と感じるのではないでしょうか。よほどしっかりした医者か好奇心の強い抗体検査など、最近はPCRらしいのですが、で検査し、ウィルスを科学的に区別しないと。病名も、どうせインフルエンザですし。2回目のインフルエンザが弱ければ、症状は隠れてしまいます。

 マラリアも、熱を精密に測定しないと、区別がつかないかと。それに、サイクルというのは、誤差なく、精密なものですか。個人に差はないのですか。これも、病名は、マラリア。治療法も同じでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!
そういうことだったのですね。
あなたは「A型及びB型インフルエンザに感染しています。」などと
医者が診断を下す例をほとんど耳にしない理由がわかりました。
治療法が同様であればパターンはともかく、なにに感染したかがわかれば治療に支障がないので、それ以上の調査はいらないということだったのですね。
おかげさまで、今私の心の中に青空が広がりました。
貴重な知識を提供いただき、誠にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/28 09:18

インフルエンザウィルス、マラリア原虫共に重複感染の可能性はあります。

インフルエンザウィルスの重複感染は、ウィルスゲノムの組替えの機会になります。「分節ゲノム」の組合わせによって、新型インフルエンザウィルスに変異する可能性もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
やはり重複感染はあるのですね。
それにしても、重複感染が「変異」の原因となりえるとは・・・。
怖いですね。
いままで人に聞いたり、書籍で調べたりしましたが、いずれも納得のいく答えが見つかりませんでした。
これでこ今晩はよく眠れます。
このような抽象的な問い合わせにお答えいただき、本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/28 09:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング