教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

 サラリーマンです。
 通勤時にのコートを購入しようと思っています。
 真冬用ので、現在は厚手の結構重いコートで寒さを
 凌いでおります。
 若い頃からカシミアコートに憧れておりましたが、
 高くて手が出せませんでした。
 最近は安くなってきたようなので、ここは念願の購入!
 と思ったのですが、いざ買うとなるとやはり高価ですので
 やや慎重になっております。

 お聞きしたいのは、カシミア物はかなり薄くて軽いようですが
 あれで、本当に寒さを凌げるのでしょうか?
 寒い時期に外で試着とはいかないので、購入前に確実な
 情報を得たいです。

 カシミアを選んでいるのは軽いという点で、高級そうだから
 とかそういう理由ではありません。

 ダウンコートとかも考えましたが、電車内でかさばるので
 薄くて軽くて暖かいという印象のカシミアに的を絞りました。

 ですので、カシミア以外でも同条件の物があればそれも
 教えて頂けると助かります。

 宜しくお願いします。

gooドクター

A 回答 (2件)

筆者もチェスターフィールドのカシミアをもっていますが、最近の安価なカシミアには疑問を感じます。


毛の質があきらかによくありません。
ウール(羊毛)や獣毛は製品化するまでに天然ものであるがゆえに選別から始まって各工程で重要な作業がはいります。
化学繊維のように均質化した”作れる繊維”とは違うからです。
特に重要なのが産地、選別、コーミング(梳く作業)です。
これらを限定したものが良質なもの。この工程を省略したりした製品が安価な製品として流通しています。この違いは一見してもわかりづらいので値段やブランドを信用するしかありません。
獣毛ならラベルを確認するかですね。

いまでは「縄を綯う(なわをなう)」などということはやらなくなりましたが、強い強靭な縄を綯うにはコーミング(櫛ですいて毛足の短い繊維は取り除く)をしないと良い縄は綯えません。短い繊維が混ざっていたりすると縄がもろくほどけやすいため引っ張った瞬間にちぎれたりします。
これが衣料用の繊維であれば毛先が多いため毛玉の原因になります。
縮み防止加工である程度毛玉の発生が抑えられているということもありますが、ウール(羊毛)獣毛問わず安価な繊維はコットンなどにも同じように毛玉が発生します。ユ◯◯ロの羊毛、獣毛などはこの類いだと思われます。
「コムド・コットン」というのを聞いたことがあるとおもいますが、これが「櫛ですいた毛足の長い良質なコットン」と言う意味です。

話が脱線しましたが、カシミアに話を戻しますと、獣毛はお手入れが結構大変です。ウール(羊毛)などとくらべ繊維が繊細なために外出後はブラッシングを必ずしないとカシミア特有のぬめったような陽光が射すと深みのある色彩を放つ質感はすぐに消えてしまい、ただのメリノ・ウール(羊毛)とかわらなくなってしまいます。これは悲しいです。
逆にカシミアはそのファッション性、質感に価値があるといっても過言ではありません。チクチク感もカシミアは少ないです。
質感は歴然ですが暖かさ比べだけならウールもそれほど差はないでしょう。

また単に暖かさだけで競うなら最近の高機能インナーに使われているような化学繊維には勝てません。
とくにミズノのブレスサーモの暖かさは特筆です。
ワイシャツの下にレイヤードすれば格段に暖かいです。ただ風が吹き込むと寒い思いをします。
コートの良さは風を防げることですが、こういう状況になるとコートにアドバンテージがあるでしょう。
ゴアテックスは防水と防風とある程度の防寒を兼ね備えた化学繊維です。
ただ、ゴアテックスの使途からするとビジネスシーンに似合うもがあまりないかもしれません。
またゴアもピンキリで廉価品は必ずどこか欠点があるものです。
ゴアの場合、筆者の経験では縫い目・縫製の問題などから防水性がすぐ落ちてきてしまったり縫製が良くない為に摩擦部分のほつれがすぐに始まったりなどがあります。

ゴアならその特性から多少の雨や雪でも安心でしょう。

単に値段だけで判断するなら、ゴアは岳人から聞いた話では上着だけなら2万円以下の製品は買ってはいけないそうです。

カシミアのコートならば質感次第ですが良質なもので20万前後くらいからでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いやあ、20万円ですか、、、、
こりゃあ考え直した方が良さそうですね。
教えて頂いた他製品も調べてみます。
有難う御座いました。

お礼日時:2009/10/29 12:58

カシミア製コートについてはお答えできませんが、


「軽くてかさばらず暖かい素材」ということでしたらゴアテックス(GORETEX)はいかがでしょうか。
ウィンタースポーツ用やレイン用ウェアに使われているナイロン系素材で、透湿撥水・防風などが特徴です。

いかにもナイロン外観のジャンパー系でもよろしければ、スポーツ用品・登山用品店系のサイトなどで見つけられます(特にこれからオンシーズンなので、スキー・スノボ向け等の品揃えが増えてます)。
あと、ミリタリー系ウェアのサイトでも見かけます。
あくまでもコートをご希望でしたら、表地はコットンで裏地がゴアテックスというのがメンズでは結構あるようです。

ゴアテックス(およびGORETEX)+コートで検索すればいろいろヒットするはずですのでこれぞという品を探してみてくださいね。
ただし、素材名だけで検索するとレインウェア・レインブーツ・手袋等々に山程あたりますのでご注意を。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速の回答、恐れ入ります。
ゴアテックスは気付きませんでした。
すぐに調べてみます。
有難う御座いました。

お礼日時:2009/10/29 10:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング