随分前になると思いますが、「夜明けの刑事」というTVドラマがありました。(鈴木ヒロミツ等が出演)その主題歌で、ポール・ロジャースが日本語で♪夜明けの~刑事~♪と歌っていた曲を探しています。入手方法、あるいは視聴サイトをご存知でしたら、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

毎日、CSのTBSチャンネルで「夜明けの刑事」が放送されているので、番組を録画して確認してみました。


(視聴対象:第40話「恐怖のピストル魔を追え!」昭和50年7月上旬放送)

内容は坂上二郎さん扮する刑事が電車内でスリに拳銃を盗まれる、といったものでした。
話は二郎さんの熱い!演技中心で進みます。

番組が始まって13分後、営団地下鉄で二郎刑事が犯人を探しているシーン、電車の音とシンクロしてギターの音色が・・・そしてStanding on the~♪という声、まさしくポール・ロジャースの歌でした。
サビは確かに、Yo~aake~~~no~~keeijii~
(音符にするとラ~ドレレ~~~レ~~ミララ~ ※ラは低音)と歌っています。

ポールは絶叫することなく淡々と歌い、2番の途中、約1分30秒で突然シーンが変わり曲は終了しました。

EDクレジットですが、【主題歌 夜明けの街 作詞 星野哲郎 作曲 叶 弦太 クラウンレコード 歌 石橋正次 】と出た後、【挿入歌 Yoake no Keiji 作詞・作曲・歌 ポール・ロジャース(バッド・カンパニー)】と出てきました。レコード会社(所属は東芝EMI)のクレジットが出てこないところから察するにレコード化していないのではないか、と思われますが・・・

>入手方法、あるいは視聴サイトをご存知でしたら、教えてください。
CSと契約して「夜明けの刑事」を見るか、契約している友人・知人から見せてもらう、といった方法しかないのでしょうか。いつまでこの曲が使用されているか判りませんが・・・

余談1:バッド・カンパニーの来日は昭和50年3月1日~4日、この間に録音したのでしょうか?
余談2:どうも「Yoake no Keiji」のサビの部分、[Yoakenokeiji Yoakenokeiji keiji~♪]のところはポールと鈴木ヒロミツ氏らしき声がハモっているように聞こえます。どうなんでしょう?
余談3:楽器編成はアコギ(弾いているのはポールでしょう)とハモニカ(吹いているのはポールでしょうか)、あとポワワワンと鳴る楽器(なんでしたっけ?)でした。
余談4:ヒロミツ氏の「でも、何かが違う」は昭和50年11月発売ですので、40話の時点ではまだ番組で流されていないようです。
余談5:無事に二郎刑事は拳銃を取り戻しましたw
    • good
    • 0
この回答へのお礼

mirrindaさま、本当に本当にありがとうございました!番組を現在放映していたことを知っただけでも感激なのに、それを録画して細かく分析までしていただけたなんて、本当に感謝以外の何物でもないです!もし、ポールが絶叫して歌ってたら、きっとレコード化されたかもしれませんね(笑)CS契約している友達に今度見せてもらおうと思います。Thank you so much!!!

お礼日時:2003/05/20 14:27

いや、ポールは歌っていたよ。

何回も聞いた事があります。

しわくちゃで、乾いた かすれた声、良かったね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私も記憶が定かでないのですが、確かにポールの声、歌は素敵ですね。もう少し探してみようと思います。ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2003/05/18 23:25

私の記憶では主題歌(エンディング・テーマ)は鈴木ヒロミツさんが歌っていました。


今一寸調べた所、『でも何かが違う』と言う曲名で、マチ・ロジャース(ポール・ロジャース夫人で日本人だとか)作詞・作曲だそうです。

>♪夜明けの~刑事~♪と歌っていた曲を
とは番組中に流れていたいわゆる挿入歌では無いですかね?聞き込みのシーンなどで(^_^)。
これも味のある曲で、これだったらガイジンさん(ポール・ロジャース)でも歌えそうですよね。
番組中に聴ける部分では確か「♪夜明けの~刑事~♪」の繰り返しで歌詞らしい歌詞は無かったですから。

どちらにしても音源は今は無い様ですね(T-T)
って言うか、在れば私も持っているハズですから・・・・CDショップに行った時には結構頻繁にチェックしますので(^^;)。

つまり私もお尋ねしたいです。
邪魔してすんません(^_^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事ありがとうございます。私もあちこち調べているのですが、確実な情報が得られないまま今に至っています。やはり時代の流れには、かなわないのでしょうか。

お礼日時:2003/05/18 23:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鈴木ヒロミツ氏の歌った夜明けの刑事のエンディングテーマ

かなり昔の歌です。
TV番組夜明けの刑事のエンディングテーマソング
題名も忘れてしまいましたが多分(愛があればだ)と思うのですが。ギターで弾きたいのでコード進行と歌詞を知ってらっしゃる方いましたら教えてください。

Aベストアンサー

昨日回答した者です。
同じような質問がありましたので 参考にしてください。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=393517

Q楽譜がほしい

昔の名曲、「あのすばらしい愛をもう一度」という曲の
楽譜がほしいんですが、どこかに載っていないでしょうか?
(歌詞はあります)

ピアノで伴奏する予定です。
下手なので簡単なものがいいんですが。
どなたかご存知ないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
著作権が切れるまで50年間は保護されますので、
webで公開している可能性は低いでしょう。
わざわざJASRACにお金を払って載せるとは思えないので。
(逆に違法なページはここでは教えられませんし)

ですから、どうしてもWEBで探すとなると、
有料DLというのが一般的です。

図書館で探してコピーするのが最も安上がりではないでしょうか?
もし、都内在住でしたら国会図書館もありますし。
(ほぼ全ての出版物がある)

そうでなかったら購入を考えるしか....

Q村地弘美は今どこに?

先日なつかしく『水漏れ甲介』(石立鉄男主演)のビデオを見ていたら、ふと村地弘美はその後どうしたんだろう?という疑問が浮かびました。
彼女は『水漏れ甲介』出演のあと、どのような道を歩んだのか、今どうしているのか、ご存知の方教えて下さい。

Aベストアンサー

ココのページに、
プロ棋士と“出来ちゃった結婚”をしたらしい・・・・・の記述が、

http://isweb14.infoseek.co.jp/cinema/miwako-f/actress/hiromi-muraji.htm

参考URL:http://isweb14.infoseek.co.jp/cinema/miwako-f/actress/hiromi-muraji.htm

Q書類送検と逮捕の違い?

書類送検と逮捕とはどう違うのでしょうか?
書類送検の方が、拘束されないだけ罪が軽いような気がします。
書類送検でも前科となるのですか。
どういう場合に書類送検となるのでしょうか?
どうも分かりません。

Aベストアンサー

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機関が知り、必要な証拠を集め、被疑者(=容疑者)の身柄の確保をしないとなりません。これを捜査と言います。
被疑者の身柄の確保というのは、「後で裁判になった時に被疑者の出廷が必要」なので逃げられては裁判ができなくて困るというのが第一点。それと「自由にさせておくと証拠を隠滅するかもしれない」というのが第二点。
ですから逆に言えば、「逃げも隠れもしない、証拠隠滅のおそれも無い」のであれば身柄を確保する必要はありません(一定の軽微な犯罪につき、更に例外あり)。入院しているような人間なら逮捕しないことはよくあります。この身柄の確保のための手続きが、「逮捕」であり「勾留(起訴前勾留)」です(起訴前と言っているのは起訴後というのがあるからですがここでは関係ないので説明しません)。
「逮捕」というのは、被疑者の身柄を確保する手続きの内、「短時間のもの」。具体的には、身柄を拘束し最大48時間拘束し続けることです。この制限時間が過ぎると釈放しなければなりません。
しかし、それでは困る場合には、引き続いて身柄を拘束することができます。これが「勾留」です。勾留は最大10日間身柄を拘束できます。なお、勾留は1回に限り最大10日間延長することができますから、都合20日間まで勾留できることになります(例外として25日可能な場合もあります)。

ところで勾留の申請ができるのは検察官だけです。ですから警察官が逮捕した場合には、検察官に勾留申請をしてもらうかどうか決めてもらう必要があります。そこで48時間の逮捕の制限時間内に検察官に証拠物、捜査書類と一緒に身柄を送致しなければなりません(刑事訴訟法203条1項)。これを「検察官送致、略して送検」と言います。無論、警察限りで釈放する場合は必要ありません。
検察官送致を受けると検察官は24時間以内に釈放するか勾留請求をするかしなければなりません。ですから、警察官が逮捕した場合の身柄拘束は48時間+24時間の最大72時間に及ぶ可能性があることになります。このような身体を拘束した被疑者を送検することを「身柄付送検」と言う場合があります。これはなぜかと言えば、質問にある「書類送検」と明確に区別するためです。ただ、一般には単に「送検」と言えば「身柄付送検」を意味します。

さて、では「書類送検」とはなんぞや?ということになりますが、まず前提として犯罪捜査は常に被疑者の身柄を拘束するわけではないということを知っておかなければなりません。全犯罪件数から見れば、身柄を拘束しない事件の方が多いです。身柄を拘束していない場合には、先に述べたように「(203条1項による)検察官送致」をする必要がありません。と言うか、身柄を拘束していないのでできません。たとえ逮捕した場合でも、警察限りで釈放すればやはり検察官送致の必要はありません。
しかし、それとは別に、警察は犯罪の捜査をしたら原則として必ず検察官にその捜査についての資料、証拠などを送らなければなりません(刑事訴訟法246条本文)。これを「書類送検」と呼んでいます。書類(証拠物、捜査資料、捜査報告書などなど)を検察官に送致するということです。正確には送致しているのは「事件」なのですが、実際に何を送るのかと言えば「書類」であるということです。
つまり、「(身柄付)送検」と「書類送検」は同じ送検でも別の条文に基づく別の手続きです。と言っても、(身柄付)送検をすればそのとき書類も一緒に送っているので、重ねて書類送検を行う必要はないので、(身柄付)送検は書類送検を実際には兼ねていますが(と言っても、身柄付送検をすれば書類送検をしなくていいのはあくまでも246条本文に「この法律に特別の定のある場合を除いては」と書いてあり、身柄付送検が「特別の定」だから)。

というわけで、「逮捕」と「送検」というのは次元の違う話であることがわかると思います。
まとめれば、
1.「逮捕」とは、捜査において被疑者の身柄を確保すること。
2.警察が「逮捕」した場合は、刑事訴訟法203条1項により、釈放しない限り48時間以内に被疑者の身柄を検察官に送致しなければならず、これを「(身柄付)送検」と呼ぶ。
3.「書類送検」とは、警察が捜査した事件について刑事訴訟法246条本文に基づきその証拠、捜査資料を検察官に送致すること。
4.「(身柄付)送検」は「書類送検」を兼ねている。
5.警察が「逮捕」した場合でも、釈放すれば「(身柄付)送検」はできないので、その場合は「書類送検」を行わねばならない。
ということです。

そして、「書類送検」するということは「身柄付送検」をしていないということですからつまりは「身柄を拘束していない」ということになります。身柄を拘束していない場合というのは大概は相対的に軽微な犯罪であることが多いのでその意味では、逮捕した事件(これを身柄事件と言う場合があります)に比べれば罪が軽いことが多いのは確かです。しかし、それはあくまで結果論であって、書類送検だから、逮捕したから、と言うわけではありません。既に述べたように逮捕しても身柄付送検せずに釈放すれば書類送検ということになりますし。

なお、先に述べたとおり、「捜査した事件はすべて検察官に送致する」のが原則(全件送致の原則)ですが、例外として検察官送致にしないものが幾つかあります。例えば、検察官が指定した事件について、月報でまとめて報告するだけの微罪処分ですとか、あるいは報告すらしない始末書処分などがあります。ちなみに、交通反則通告制度については、微罪処分の一種とする文献もあるにはありますが、多少なり疑問のあるところではあります。
そういうわけで、どういう場合に書類送検となるかと言えば、「刑事訴訟法246条前段に当たる場合」ということになります。もう少し具体的に言えば、「微罪処分等で済ませることのできない事件で、かつ、身柄付送検等もしなかった事件」ということになります。

ところで、前科というのが何かと言えば、これは法律用語ではないということになっているのですが、法律的に見れば「有罪の判決を受けたこと」を言うと思ってください。ですから、前科が付くためには、「裁判を経て有罪判決が出なければならない」ことになります。しかし、最初に述べたとおり「検察官送致」というのは単なる捜査手続きの一部でしかなく、この後で検察官が起訴するかどうかを決め、起訴して初めて裁判になるのですから、検察官送致だけではまだ前科は付きません。その後どうなるかはその後の話です。無論、逮捕だけでも前科は付きません。逮捕=有罪ではありません(そう勘違いしているとしか思えない報道が多いのは事実ですが、有罪判決が出ない限りは被疑者、被告人はあくまでも「無罪」です)。
ちなみに、捜査したが起訴しなかった犯罪事実について「前歴」と呼ぶことがあります。

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報