「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

「シューマンファンにお聞きします その魅力とは? ベスト5は?」

こんばんは
かつてブラームスで同じような質問をしたanchan1です。
今回はブラームスの恩師でもある シューマンについて質問させていただきました。

先日、ブラームスヴァイオリン協奏曲目的で聴いたCDに
「シューマン ヴァイオリン協奏曲」がカップリングされておりました

シューマンは全く意識せず(ファンの方、ごめんなさい!)
聴いたところ
なんと1楽章の冒頭部分で ノックアウト状態。。。
あまりに はまってしまい 何度も何度も聴いている次第です。

今迄 私にとってシューマンは
不可解で どうにも掴みづらく入りきれなかった作曲家です
(嫌いではなく つかみ所無く不思議 テンポや音のあり方 テンポは独特の焦燥感もあって)
数年前に交響曲も聴いてみましたが当時は良さがわからなかったです


さて、今回のヴァイオリン協奏曲のハマリっぷりが何かの縁と思い
質問をたててみました

★そこでシューマン大好きな方にお聞きしたいのですが その魅力とは?
 お薦めベスト5がございましたら 是非とも教えていただきたく思います!!

※補足
 先日聴いた ヴァイオリンソナタは はまらなかったです
 かつてイイなと思ったものもあります 
 しかもそれら3曲は30年変わりません
 有名な「ピアノ協奏曲」、「幻想小曲集より 飛翔」、「森の情景 不気味な場所」3曲

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

そうねえ、シュ-マンのよさ。


一定の考えに固執するとそれにのめりこんでしまうという性格がよく出ている曲がシューマンらしくてよいと思います。
その生涯においては「歌の年」「交響曲の年」とかいう作曲態度の没頭もありますが、同じフレーズを反復するような曲も多いです。わかりやすいので言えば「トロイメライ」とか。
でもそれがただの反復というよりそこから紡ぎ出されてきたものが全体的によい構造を得て出来上がった感じになったものこそよくできた作品だと思いますが、ヴァイオリン協奏曲のように当初から特に第3楽章があまりよく書かれていないとか言われたり、ピアノ協奏曲のように建て増しで作曲したりしたものを好まれる方もいるようです。

個人的な好みでは交響曲第2番、ピアノ五重奏曲が大好物です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

投稿ありがとうございます

「一定の考えに固執するとそれにのめりこんでしまうという性格」

なるほど 確かに聴いてみるとその通りです

そのせいか?シューマンの良さがわからない年齢の時は
飽きていました(特に子供時代)


>ヴァイオリン協奏曲のように当初から特に第3楽章

確かに そうですねー この楽章は。

唐突であり おさまりがついてない感じがします
ポロネーズ風ですが
なんというか 相変わらず不思議です(笑)

ピアノ五重奏曲は未聴ですので 是非とも聴くリストに入れようと思います

お礼日時:2009/12/29 19:49

NO3です。



「もしやこれなんでしょうか
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2546419

あたりです。

私はあるときチェルビダッケという指揮者の存在を知り、とにかく手当たり次第ダッケのCDを買い求めて聞くということをしました。
その中に上記のCDがありました。

以前からシューマンの曲は好きでしたが、チェルビダッケによってシューマンの4番が大好きになりました。
1番2番3番もすべて好きですが、どれか一つをと言われると4番になります。

クラシック音楽への「はまりかた」は色々あるようですね。

私は指揮者によって音楽がこんなにも変わるものかという実体験から、指揮者を追いかける傾向があります。
蛇足ですがフルトベングラーを追いかけてました。
100円均一で売ってるCDにフルトベングラーのものがあり、捜しに捜して高価で買った記録が105円で売られてることにショックを感じるとともに、安い値段でフルベンの演奏を聴ける現在の状況が嬉しく思います。
フルトベングラーの記録の中にはシューマンは少ないです。残念です。
彼がシューマンの4番を振ったらどういう演奏になったのかと思います。

この回答への補足

皆様、ありがとうございます

総合御礼を31日に入れます

※「交響的練習曲」が昔から大好き(特に第2変奏)ですが 書き忘れてしました・・・

 シューマン、
 あくまでも私の所感ですが
 「テーマの変奏」がとても緻密で ピアノの場合はペダリングが絶妙で
 良いピアニストが弾いたらとてもひき込まれるものに思えます

 嫌いな人からしたら 偏執的、しつこいっ!!てなるんでしょうね

 ワタシにとっては不思議?でしたが

補足日時:2009/12/30 11:58
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度の投稿 ありがとうございます!!

「クラシック音楽への「はまりかた」は色々あるようですね」
 ↑
ずばりそう思います。
人それぞれ 個人差があるので 各々の角度から好きになったりはまったり

それを知るのも楽しいのもあり 新たな発見もあります♪

だからこそ この手の質問を立ててみました

「私は指揮者によって音楽がこんなにも変わるものかという実体験から、
 指揮者を追いかける傾向があります。」
 ↑
私もそうなんです 
奏者、指揮者で随分ーーーーと違うような気がします。

幼少の頃、”大人のウンチク”と 思ってましたが
年取ったのか少し知恵ついて? 差を体感し、
今迄興味のなかった作曲家や曲に引き込まれたこともかなりあります

その結果 はまって聴き比べ・・・資金が。。。

実はフルベン聴いたこと無いのです。(資金が!!(笑))
フルベン人気は 根強いですよね

また指揮者やこだわり等の質問立てるかもしれません
その時に どうぞよろしくおねがいします♪(図々しい?)

※訂正:チェリのブラームスで良い!!と記憶にあったのは1番ではなく4番でした
    大変失礼しました

お礼日時:2009/12/30 11:53

私は交響曲4番が好きです。


特にチェルビダッケの指揮のもの。

チェルビダッケは録音が嫌いで、死後未亡人が持ってた録音がCDで公開されたものが主ですが、実況録音なので、雰囲気が伝わるのが特徴です。
この4番でも、クライマックスでチェルビダッケが「YHAA--!」と発声してるのがわかります。
シューマンがここで人声で「yhaaーー!」と入れたかったかどうかは不明ですが、指揮者の発声が作品をその場で創造する音楽になってると思われる演奏です。

シューマンの魅力というよりチェルビダッケの魅力になるのかもしれません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

交響曲は”3番「ライン」の出だし”は かなり鮮やかな記憶があります。
というか 出だし好きです。
(まともに通して聴いてないので 好きに挙げませんでした)


「4番かつ特にチェルビダッケの指揮のもの」
直球の投稿、まことにありがとうございます♪

もしやこれなんでしょうか
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2546419

かなり前にバーンスタイン シューマンの交響曲全集 通して聴いたんですが
4番ニ短調の出だしが激的という記憶が。

特に2楽章がいいなぁと思いました。

交響曲、既に他の回答者さまのオススメもありますが
これも魅力的ですね

参考になります! 投稿どうもありがとうございます

※チェリビダッケはブラームス1番でいいわぁ~と思いました

 
 

お礼日時:2009/12/29 00:10

シューマンにはまっている人を「シューマニア」というそうです.


私は,作品16の「クライスレリアーナ」にはまっています.
CDは50枚を超えてしまいました.
ショパンも好きで,ピアノ協奏曲のCDも増え続けていますが,シューマンのピアノ協奏曲もいいですね.ということで第2位.
3位は作品9のCarnaval,4位はピアノソナタ第2番,5位は迷った末,「子供の情景」.ピアノ曲ばかりでスミマセン.

シューマンの魅力.ショパンが旋律だとしたら,シューマンはシンフォニックですね.

はまると,散財しますね.お互い気をつけましょう.

この回答への補足

「この質問に既に投稿された方、これから投稿しようかと思う方へ」

12/26より2日間 外出でPCに接しません。

今回の質問は31日まで締め切らないでおきます、そしてポイントも31日 おおみそかとなります

♪シューマンの作品であればジャンル問いませんので よろしくおねがいします♪

補足日時:2009/12/26 09:11
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくの回答 ありがとうございます

kamiyasiro様はピアノ曲がお好きなんですね
私も大好きです
ショパンも一時 はまりました~(1838年~晩年の作品が特に好き)

「謝肉祭、クライスレリアーナ、子供の情景 ピアノソナタ」

上記の一部は自分が演奏したり
リサイタルで聴く機会があったり、CDに入っていたり等があり
聴く機会はありました。

そのときは いまいちよくわからなかったのです
自分で弾いても 何だか達成感?がなくて シューマンに突き放されているようでしたし(笑)

今ならハマリそうなので 
kamiyasiro様の推薦ですと先ずは「クライスレリアーナ」を聴いてみます

>はまると,散財しますね.お互い気をつけましょう
 ・・・ 今年は買っては売ってでした
 
 音楽は心を豊かにする一生ものの宝になりますが 
 散在してお金は豊かになりませーん!! 気をつけます


今回の質問はシューマンの曲であれば何でもござれです♪(歌曲も)

それにしてもシューマニアとは語呂?がいいですね(笑)

お礼日時:2009/12/26 09:08

シューマンとブラームスは,こってり濃厚なドイツ・ロマン派のイメージです。


曲によりますが,深く渋いもの,優しさがあるもの,可愛さがあるもの,
いろんな性格があると思います。
好きな曲トップ5は,まず,迷わず出るのがチェロ協奏曲とピアノ協奏曲です。
とても渋い味わいです。チェロ協奏曲の中ではシューマンのものが最も好きです。
交響曲では第3番の方がドイツ・ロマン派という色が濃いですが,
好みでは第1番です。「春」の表題通り,生き生きとした活力を感じます。
ヴァイオリン協奏曲は他の作曲家の作品と比べて少し劣ると見ていますが,
>今回のヴァイオリン協奏曲のハマリっぷり…
私が気付いていない魅力がありそうですね。また聴いてみます。

ピアノ曲も好きです。特に「謝肉祭」は好きで,いくつか聴き比べをしています。
ピアノ曲を聴いて思うことですが,童心のようなものがある人だと思ったり,
精神的に不安定なことはいろいろと伝えられていますが,
光と影のようなものを感じることもあります。
別の方の質問に以前にも書いたことがありますが,
窓の外を眺めているシューマン,外の景色は明るく,部屋の中は暗くて孤独…
なぜか,このような光景を思い浮かべてしまいます。
クララのような行動的な女性と出会わなかったら,もっと「暗」の部分が
強く出ていたかもしれないと想像します。

それで,好きなトップ5ですが,
チェロ協奏曲,ピアノ協奏曲,交響曲第1番,交響曲第3番,謝肉祭
ということにしておきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご投稿、ありがとうございます!

■ベスト5:「チェロ協奏曲,ピアノ協奏曲,交響曲第1番,交響曲第3番,謝肉祭」

 先ずはチェロ協奏曲 これを聴いてみようと思います
 
 交響曲、かつてCDも買ってみたり演奏会でも聴いていたのです
 今ならはまるかもしれません!
 素敵なオススメ文ですので自分なりにCD選んで聴いてみます

 謝肉祭も同様です。ピアノリサイタル等で聴いていたのですが
 やはり改めて聴いてみます


>窓の外を眺めているシューマン,外の景色は明るく,部屋の中は暗くて孤独…

この表現 とてもわかりやすいです♪

彼の曲はいろんな性格が入り込んでいて とても不思議でつかみ所が無いといおうか・・・
私自身、かつてピアノを少し弾き シューマンも数曲やりましたが
どうにも捉えどころ無かったので 
とりあえず弾き終えて終了 ⇒最後までおぼつかなかったです

確かに女性もクララのようなタイプではなく アルマ・マーラータイプだったり 
極近い同性がメンデルスゾーンのようなタイプではなく
不親切でエグイ人だらけだったら彼の暗い部分が かなり出ていたかもしれません
そうだったら 早くもまずかったのかも・・・

■ヴァイオリン協奏曲
 確かに劣るとされています
 1楽章⇒3楽章の流れは どうにも一貫性が無い感じがして不思議な構成に思えます。
 奏者によると難しい技術の割りに聞かせどころがイマイチで人気もないとか(笑)

 ワタシ自身、ヴァイオリン協奏曲は「ブラームス」と「シベリウス」が大好きです
 シューマンはどうやら 別腹で好きと言う感じです

 シューマンの場合、同じ曲でも惹き付けられるか否かは
 圧倒的にオケ&ヴァイオリニストによるみたいです
 
 インキネン/カーラーで入ってはまり
 次にエッシェンバッハ/ツェートマイアーは 更にはまりました
 とっかかりが 上記の演奏じゃなかったらスルーだったかもしれません・・

 ※名盤と言われるアーノンクール/クレーメルは はまりませんでした

お礼日時:2009/12/26 08:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシューマンについて

シューマンは好き嫌いがかなり分かれる作曲家ですが、シューマンの一般的な評価はどうなのでしょう。年代によって評価が変わったり、以前は評価されなかった曲が見直されるようになった、というようなことはあるのでしょうか。

シューマンの音楽についてどのようにお考えかも教えていただければ幸いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1の回答者です。
最初の回答、簡単に書いてしましましたが、流石にシ
ューマンを見つめ直しました。彼はピアニストになり
たかった。ひとつのことに集中する性格のため、天井
から糸を吊るし、薬指を上げる練習をして指を壊して
しまったと聞いています。ですから必然的にピアノに
名曲を残しています。又文才があり、「音楽時報」を
出版して、多くの天才を紹介したことも有名です。
又、クララとの結婚で素晴らしい歌曲も作りました。

しかし1840年の有名な結婚がやってきて、以後
スランプになってしまったのです。
交響曲1番は作品38。41年です。ということは
交響曲はスランプに突入後に書き上げているので、
あくまでシューマンはピアノと歌曲と筆が彼の真骨
頂ということでしょう。

ピアノに関しては作品の若いのが彼の傑作です。
いちいち全部は書きれませんが、代表作は、謝肉祭
作品9、交響的練習曲作品13、幻想小曲集作品1
2、幻想曲作品17、子供の情景作品15、クライス
レリアーナ作品16、まだまだ沢山ありますが、すべ
て作品20台が傑作なのです。

その作品をいちいち説明は出来ませんが、シューマン
の独特の書き方はアウフタクトから強迫部から入って
ただそれを聞く人にはそれがわからないような書き方
をするのです。
例えば、有名なシューマンのコンチェルトの終楽章
もそういうところがあり、オーケストラと合わせる
には神経使います。お互いがそうなのでやたら複雑
に絡むのです。

それは別として、こういう曲を弾いていると、他の
作曲者より起伏が激しいところがあります。
どうしようもない高揚感の後、スッと夢の世界に入っ
ていくような。
最もどの勝れた作曲家のもそうですが、言葉では言え
ない異常さを感じるのです。
大体謝肉祭終曲「フロレスティンたちを討つダヴィッ
ド同盟の行進」として、行進曲が3拍子というのも
彼ならではの異常さと思いますが。
そういう例はいくつもありますが、もうここまでにしておきます。

#1の回答者です。
最初の回答、簡単に書いてしましましたが、流石にシ
ューマンを見つめ直しました。彼はピアニストになり
たかった。ひとつのことに集中する性格のため、天井
から糸を吊るし、薬指を上げる練習をして指を壊して
しまったと聞いています。ですから必然的にピアノに
名曲を残しています。又文才があり、「音楽時報」を
出版して、多くの天才を紹介したことも有名です。
又、クララとの結婚で素晴らしい歌曲も作りました。

しかし1840年の有名な結婚がやってきて、以後
スランプ...続きを読む

Qお薦めのシューマン交響曲全集は?

クラシック初心者ですが、
シューマンの交響曲全集を買おうと思っています。
お薦めのCDを教えてください。

初めてなので、まずはスタンダードなものが
良いと思っています。また、録音状態がいいのが
いいです。

お薦めのCDとお薦め理由を教えてください。

ブラームスの交響曲全集についても教えて
いただけるとうれしいです。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

とてもたくさんの演奏があって,それぞれに個性があるので,どれがスタンダードとは申し上げにくいものがあるのですが,ざっと調べて全集で見つかるものの中で,とんでもなく個性的ではないと思うのは,以下のようなものでしょうか。
これが一番!,とはっきりとは書けませんが(どれもいい演奏と思うので,笑),私なりの感想を書いておきますので,選ぶ際の参考にしていただければと思います。


1)シューマン
☆サヴァリッシュ指揮/ドレスデン国立歌劇場管弦楽団
http://www.amazon.co.jp/dp/B0007INZH0

#1さまがご紹介のバーンスタインは,とても熱くロマンティックで,個人的にはとても好きな演奏です。当時の人々がこんな演奏をしたかどうかは別として,作曲当時の想いの濃さを現代人(といっても録音はかなり前ですが)の感覚で演奏すれば,こんな感じになるのかもしれません。
一方のサヴァリッシュは,一聴しておっ!と感じるようなインパクトはありませんが,大変に安心して聴ける演奏と思います。


2)ブラームス
こちらはシューマン以上に録音がたくさんあるので,なかなかに絞りがたいものがありますね。

☆ベーム指揮/ウィーンフィルハーモニー管弦楽団
http://www.amazon.co.jp/dp/B00005FI5F/
クラシック音楽ってなに?オーケストラってどんな音?交響曲ってどんな曲?ブラームスってどんな音楽?
という問いに対して,実例によって端的に答えるのに最適ではないかと勝手に思っている演奏です。
(もちろん,感じ方は人それぞれですが・・・)

☆ザンデルリンク指揮/ベルリン交響楽団
http://www.hmv.co.jp/product/detail/51031
「ブラームスは渋い」というイメージをお持ちの方にはぴったりと当てはまる演奏と思います。
ゆったりと一歩一歩踏みしめるように進んでいきます。

☆ヴァント指揮/北ドイツ放送交響楽団
http://www.amazon.co.jp/dp/B00005EGUK/
交響曲第1番の冒頭をザンデルリンクと比べると,「ええっ,同じ楽譜をこんなに違えて演奏していいの!?」というくらいにサクサクッといきます。
ブラームスにしてはそっけないと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが,実際には細部まで緻密に仕上げられており,音楽とは,個人の思い入れや過剰な表現によってではなく,あくまでも楽譜に書かれた音によって表現されるべし,と言っているような毅然とした演奏です。

また,シューマンと同じ演奏傾向のバーンスタイン/ウィーンフィルハーモニー管弦楽団や,重厚で華麗な音を聴かせるカラヤン指揮/ベルリンフィルハーモニー管弦楽団のものも,ブラームスの交響曲としてはポピュラーかと思います。

こんにちは。

とてもたくさんの演奏があって,それぞれに個性があるので,どれがスタンダードとは申し上げにくいものがあるのですが,ざっと調べて全集で見つかるものの中で,とんでもなく個性的ではないと思うのは,以下のようなものでしょうか。
これが一番!,とはっきりとは書けませんが(どれもいい演奏と思うので,笑),私なりの感想を書いておきますので,選ぶ際の参考にしていただければと思います。


1)シューマン
☆サヴァリッシュ指揮/ドレスデン国立歌劇場管弦楽団
http://www.amazon.co.jp...続きを読む

Qピアノ曲でショパンが人気なのは日本特有でしょうか?

たぶんに偏見が入っているかとは思います。

何年かピアノを習っていました。
どうも、ショパンが偏重されすぎているような気がしました。これは日本固有のことなんでしょうか。

私見としては、ピアノといえばショパンだ見たいな考えが、古今のピアノ曲に触れる機会を奪っているような気がしてしまいます。

これは日本固有の状況で、他国ではそうでもないのでしょうか。国際的にも似た状況ならば、おそらく、ショパンは本当に優れたピアノ作曲家だという認識でよいと思いますが、どうなんでしょう。

Aベストアンサー

確かに日本人のショパン偏重はあると思います。

以下、非常に個人的な感覚での話です。

どなたかがコンクールについて書かれていますが、ショパンコンクールの場合は、コンクールを見るためのツアーがあったり、マスコミでも大騒ぎしますが、世界三大ピアノコンクールの他の二つ(チャイコフスキー、エリザベト王妃)の場合は、そんな騒ぎは起きません(--;;
コンクールで騒ぐなら、自国開催の浜松国際でもうちょっと騒いでもいいような気がするんですけどね……(浜松で優秀な成績の人たちが、その次に三大コンクールに出て入賞していますんで)。

クラシック好きな人なら、ある程度偏りは薄いように思いますが、クラシックに興味はあるけど好きでもない人に話を振ってみれば、右も左も「ショパン」。
その答えを聞くたびに、内心「おまえもか!」と叫んでいる私がいます(^^;;

聴きやすいんでしょうね。そしてどこかのBGMで、テレビで、耳にする機会も多く、印象が残りやすいのかなと。
#日本人が好きだからショパンを使う、それを聴いてショパン好きが増える、ショパン好きが多いからもっと使う……?

私は子供の頃と今とピアノを習っています。
ショパンは優れた作曲家だと私も思います。好きな曲もあります。でももっと好きな作曲家がいます。弾きたい曲もショパンに限らず(というかショパンで弾きたい曲はあまりない……)。

ベートーヴェン、シューマン、シューベルト、メンデルスゾーン、ブラームス、リスト、ラフマニノフ、スクリャービン、グラナドス、フォーレ、現在弾きたい曲がある作曲家です。
今のところ頂点付近にある目的の曲はフォーレのノクターン4番です。

そんな私は今、何故か↑リストにないモーツァルトを練習中です(笑)

確かに日本人のショパン偏重はあると思います。

以下、非常に個人的な感覚での話です。

どなたかがコンクールについて書かれていますが、ショパンコンクールの場合は、コンクールを見るためのツアーがあったり、マスコミでも大騒ぎしますが、世界三大ピアノコンクールの他の二つ(チャイコフスキー、エリザベト王妃)の場合は、そんな騒ぎは起きません(--;;
コンクールで騒ぐなら、自国開催の浜松国際でもうちょっと騒いでもいいような気がするんですけどね……(浜松で優秀な成績の人たちが、その次に三大コ...続きを読む

Qシューマン、シューベルトのピアノソナタ等の難易度

のだめカンタービレで出てきたシューマンのピアノソナタ2番と、シューベルトのピアノソナタ16番を来年の発表会(1年後なんですが…。例年5ヶ月くらい前から練習開始します)で弾いてみたいと思うのですが難しいでしょうか。ちなみに、今年はショパンの即興曲1番を、去年はベートーベンのソナタテンペスト第3楽章を弾きました。普段はチェルニー30番(もうすぐ40番)、モーツァルトのソナタ、バッハインベンションをやってます。
他にも、ショパンのバラード1番、別れの曲、ノクターンの8番、ベートーベンのソナタ熱情なども弾いてみたいのですが…。
その他お勧めとかあったら教えてください。

Aベストアンサー

シューマンのピアノ・ソナタ2番は1楽章なら弾いたことがありますが、他の楽章はかじった程度です。
難しいといえば、難しいかもしれませんが、弾こうと努力すれば結構弾けるものですよ。あきらめないことが大事です。
シューベルトはきっと暗譜しやすいですよ…。
ショパンのバラードは大変難しいと思うのでそんなにお勧めしません。
シューベルトの即興曲とか、メンデルスゾーンのアンダンテ・カンタービレとプレスト・アジタートロ長調は素敵ですよ。無理してでも弾きたい曲があったら、とりあえず挑戦してみてください。弾かなければよかったとか思うときもありますが、後になればいい思い出です。
がんばってくださいね。

Qヴァイオリン協奏曲の名曲を教えてください

クラシック初心者です
ヴァイオリン協奏曲で、これだけは聞いておくべきだという有名な曲を教えてください。
ちなみに私はヴィバルディの四季しか知りません。

また世界的に有名なヴァイオリニストも教えてください。
昔の人でも構いません。
ちなみに私は五嶋みどりと千住真理子しか知りません。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ヴァイオリン協奏曲を楽しみたいのであれば、前述のチャイコフスキー、メンデルスゾーンに限ると言えるかもしれません。ペートーヴェンやブラームスは初心者にはとっつきにくい部分もあるので。

初心者にとっつきやすく、慣れた方をもうならせるのが、パガニーニのヴァイオリン協奏曲。1番から6番までありますが、中でも1番は必聴。2番はリストのラ・カンパネラという有名な曲の元になった旋律を3楽章に含んでいます。

今までに出てきていないので言えば、ドヴォルザークのヴァイオリン協奏曲というのも耳に親しみやすいと思います。ラロのスペイン交響曲という名前のヴァイオリン協奏曲もありますが、これはチャイコフスキーがヴァイオリン協奏曲を作るにあたって霊感を受けたものです。しかし、私の意見ではチャイコフスキーの方が抜群に聴きやすいと思います。

近現代物は初心者にはとっつきにくいでしょうが、一応、ベルク、ヒンデミット、ストラヴィンスキー、ショスタコーヴィチなどの作曲したヴァイオリン協奏曲というのもあります。歌いにくいメロディーですが、楽器の特性を極めたという意味で聴くと面白い部分が多いです。

ヴァイオリン協奏曲を楽しみたいのであれば、前述のチャイコフスキー、メンデルスゾーンに限ると言えるかもしれません。ペートーヴェンやブラームスは初心者にはとっつきにくい部分もあるので。

初心者にとっつきやすく、慣れた方をもうならせるのが、パガニーニのヴァイオリン協奏曲。1番から6番までありますが、中でも1番は必聴。2番はリストのラ・カンパネラという有名な曲の元になった旋律を3楽章に含んでいます。

今までに出てきていないので言えば、ドヴォルザークのヴァイオリン協奏曲というの...続きを読む

Qそれぞれの「調?」が象徴する意味

何かの本で、ハ短調の曲は、~の気分(意味)を表現し、イ長調は、~を表現していると読んだことがあります。各調とそれの持つ象徴についての表のような形で表現したものがあるのでしょうか。お教えください。

Aベストアンサー

こんにちわ、lutowinnです。さっきの続きですが、1.フォーグラー(1779),2.シューバルト(1787),3.クネヒト(1792),4.ガレアッツィ(1796)
という作曲家の人の感じ方です。下の人たちの世代より約1世紀上の時代に生きた人々です。

ハ長調・・1.壮麗な,2.純粋無垢,単純,素朴,3.明晰,純粋,4.壮大,軍事的,厳粛,壮麗

ト長調・・1.素朴,単純,牧歌的,2.田園的,牧歌的,静寂,柔和,愛情,3.陽気,田園的,4.無邪気,単純,無関心

ニ長調・・1.活気を与える,英雄的,2.勝利,歓喜,雄叫び,行進曲,3.華麗,騒々しい,4.陽気,騒々しい,祝祭

イ長調・・1.鋭い,明るい,輝くような,火のような,刺すような,2.愛情,満足,希望,陽気さ,笑う喜び,3.陽気,明るい,火のような,野性的,4.調和的,陽気,愛情的,刺すような,甲高い,若々しい

ロ長調・・2.強い,野性的情熱,けばけばしい色彩,絶望,4.荒々しい,刺すような,絶望の叫び

ヘ長調・・1.死んだ,静かな,2.不満,静かな,3.優しい,静かな,4.壮麗な,甲高い

変ロ長調・・1.薄明,2.陽気な愛,よりよき世界への希望,3.愛らしい,優しい,4.優しい,柔和,甘美,愛情,魅力,高貴

変ホ長調・・1.夜,夢,2.愛情,帰依,聖三位一体,3.壮麗,厳粛,4.英雄的,壮麗な,荘重な,厳粛な

変イ長調・・1.冥界の王国,2.荘重なもの,死,判断,永遠,3.黒い,夜,暗い,薄暗い,4.深い,恐怖,夜,恐れ

変ニ長調・・2.堕落した,一般的ではない感情

変ト長調・・2.荒々しい闘争の後の勝利の心

という風になっていました。
大切なことは、何調をどういう風に感じるかは、時代によって、またその人の感じ方によって人さまざまである、ということだと思います。
何をどう感じるかは、その人のそれまでの生きた「経験」によって、どういう場でどんなことを経験してきたかによって、響きをどう感じるのかは違ってきます。
ハ長調はベートーヴェンのピアノ協奏曲「皇帝」みたいに、明るい曲、威厳のある曲に多いですよね。
また、逆にハ短調は、悲愴とか,悲しみを表現したいときに使用するのが一般的かもしれませんが、多くの作品を作曲する作曲家にとっては、ハ長調で明るい雰囲気の曲を書いたり、逆にものすごーく音を少なくして、ものすごーくゆっくりで、消えるような音色で演奏するハ長調の曲を書いた場合には、寂しさ、孤独感をも表現することができます。
だから、ある一つの調二対して同時に、悲しい、楽しいと相対する感情をもつ人がいるわけです。
それだけ音楽というのは、幅広い世界を表現できるということですよね。
私は、ハ長調は優しさ、ニ長調は蝶々が飛んでいる雰囲気,ホ長調は前向き、行進,ヘ短調は冷たさ,悲痛,ハ短調は葬式,教会、変ニ長調はあの世,変イ長調はお城・・などのイメージを持ちます。

こんにちわ、lutowinnです。さっきの続きですが、1.フォーグラー(1779),2.シューバルト(1787),3.クネヒト(1792),4.ガレアッツィ(1796)
という作曲家の人の感じ方です。下の人たちの世代より約1世紀上の時代に生きた人々です。

ハ長調・・1.壮麗な,2.純粋無垢,単純,素朴,3.明晰,純粋,4.壮大,軍事的,厳粛,壮麗

ト長調・・1.素朴,単純,牧歌的,2.田園的,牧歌的,静寂,柔和,愛情,3.陽気,田園的,4.無邪気,単純,無関心

ニ長調・・1.活気を与える,英雄的,2.勝利,歓喜,雄叫び,行進曲,3.華麗,騒々しい,4.陽気,騒々...続きを読む

Qワーグナーの作品で最高傑作はなんでしょうか?

最近になってワーグナーを聞き始めました。
どの作品も力強く、男性的で、とても個性の強いものと思いました。
ところで、ワーグナーの作品の中で最高傑作といわれているものがありますか?
どの作品が人気が高いのでしょうか?

また「トリスタンとイゾルデ」(バレンボイム指揮)のCDのライナーで、しきりにこの作品が新しい、画期的だ、及ぼした影響が大きいなどと書かれています。
具体的には、従来の音楽に比べてどこが新しいのでしょうか?

ワグナーの作品は楽劇しか知りませんが、そのほかの作品もありますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ワーグナーの曲の中で「最高傑作は」と言われると、なかなか難しいところですが、「最大の作品」は「ニーベルンゲンの指輪」です。CD10枚ぐらいかかります。「ラインの黄金」「ワルキューレ」「ジークフリート」「神々黄昏」の四部作からなりますが、それぞれ個性が違い、ワーグナーのすべてが出ていると言っていいでしょう。「ラインの黄金」は明るくわかりやすいですし、「ワルキューレ」は劇的でロマンチックでもあり傑作と言われます。「ジークフリート」は総じて退屈と評されがちです。「神々の黄昏」は、深く暗く、内容的に大きく広くなっており、難解な部類に属します。


他に、最晩年の作品である「パルジファル」は、(特にクナッパーツブッシュなどの雄大な指揮で聴くと)あまりに巨大、深淵で、永遠の時の流れという感じがする非常に神秘的な曲であり、ある意味、ワーグナーが到達した最終点であり、最高傑作ということもできるでしょう。

その他、初期のワーグナーの楽劇(歌劇)は、比較的わかりやすく、ローエングリンなどお薦めですが、ワーグナーとして最高傑作とは言えないでしょう。また「ニュルンベルクのマイスタージンガー」は、ワーグナーとしては明るくわかりやすい雰囲気で、これもまたちょっと特殊な部類に入ります。
この二つは初心者向きとも言え、また人気が高いと思います。


「トリスタンとイゾルデ」は、冒頭の和音が「トリスタン和音」などと言われ、それが今までにない和音で、現代音楽への道を開いたとされています。当時の演奏家(オケ)が「こんな音楽はわからない、演奏できない」と練習を放棄し、初演が延び延びになってしまったという曰く付きのものです。
今では、実にいい響きと思えるのですが。
この曲は、CD4枚ぐらいでしょうか、ワーグナーの楽劇では標準的な長さですが、そうした意味でも、ワーグナーにおける画期的な作品です。ワーグナー自身、これを書いている最中、「お前は神の化身だ」と叫んだそうな。

音楽界では、トリスタンの後、ワーグナーの影響から逃れられた音楽家はいないと言われるほどの「トリスタンショック」を生みました。シェーンベルク、プッチーニ、ドビュッシーなどは、トリスタンを偏愛した典型的作曲家です。後者二者は、トリスタンとイゾルデ全曲を暗記したとか。

逆に、ワーグナー的な壮大複雑な音楽に反発して、簡素な音楽に向かった人もいます(サティが典型)が、それもワーグナーの影響といえるでしょう。

といったことで、「トリスタンとイゾルデ」は、クラシック音楽では特に、画期的な音楽だったわけです。


なみに、バッハはバロックから古典派へ、ベートーヴェンは古典派からロマン派へ、そしてワーグナーはロマン派から現代音楽へ……という風に、時代を画した大きな影響を与えた三人とされます。なのでこの三人が、クラシック音楽における三大楽聖と言われる次第です。

「トリスタンとイゾルデ」は、こうした意味でのベルエポック的な作品と言えるでしょう。


ということで、「ワルキューレの騎行」(これは楽劇「ワルキューレ」の中の一部ですが)などしか知らない場合、「トリスタンとイゾルデ」はあまりに甘美で内向的で精神的すぎ、ついて行けない人も多いかと思いますが、このトリスタンを最高傑作とする人は多いと思いでしょう。
最も(いわゆる)男性的でない曲、と言えるかもしれませんが、ここにあるロマンティシズムやヒロイズムは、明らかに男性的です。が、曲の傾向として、内向的なのですね。
でも「トリスタンを知らない人は、人生を損してる」という人すらいるほど。それだけ、特殊な感銘をもたらしうる作品です。


ということで、私的には、作品の凝縮性からしても、「トリスタンとイゾルデ」を最高傑作にあげたいです。「指輪」は、あまりにも長すぎるので。「ワルキューレ」だけひとまず聴いてみるとか、「リング抜粋もの」を聴いてみるとか、いかがでしょう。



ちなみにワーグナーの「楽劇」以外の作品というと、若い頃に作曲したピアノ曲のレコードが出ていました。駄作とされてますが、私はけっこうまあまあ好きでした。
他に、あるんでしょうか。
あ、管弦楽曲で「ジークフリート牧歌」というのがありました。奥さんの誕生日のために作曲して、まだ寝ている時にオケを家に呼んで、静かに演奏させ喜ばせたそうな。

借金の天才のくせに、しゃれたことをやっております。

ワーグナーの曲の中で「最高傑作は」と言われると、なかなか難しいところですが、「最大の作品」は「ニーベルンゲンの指輪」です。CD10枚ぐらいかかります。「ラインの黄金」「ワルキューレ」「ジークフリート」「神々黄昏」の四部作からなりますが、それぞれ個性が違い、ワーグナーのすべてが出ていると言っていいでしょう。「ラインの黄金」は明るくわかりやすいですし、「ワルキューレ」は劇的でロマンチックでもあり傑作と言われます。「ジークフリート」は総じて退屈と評されがちです。「神々の黄昏」は、...続きを読む

Qベートーヴェンのピアノソナタを弾かれたことのある方、難易度を教えてください

こんにちは、お世話になっております。

ベートーヴェンのピアノソナタが好き(但し殆んど聴く方専門^^;)なのですが、有名どころのうち以下の作品は全音ピアノピースの難易度表に載っていません。

・第24番『テレーゼ』
・第25番『かっこう』
・第26番『告別』
・第29番『ハンマークラヴィーア』

これらをお弾きになったことのある方、実際のところどのくらい難しかったですか?
全音ピアノピースの難易度に当てはめるとすると、どのくらいなのでしょうか。
(楽章別のご意見も歓迎です。)

因みに私はこの中では『テレーゼ』の第一楽章は何とか弾けました(自己満足のレベルです)が、第二楽章は難しくて挫折しました…
また、『ハンマークラヴィーア』はピアノ曲の中で最も難しいと聞いたことがありますが、聴く感じだと、技巧的にというよりも寧ろ表現的な理由からそう言われるのかな、と感じます。
このように、「この曲は技巧的には中くらいだけど表現的に難しい」などの感想等々もありましたら是非語っていただければ幸いです。

自分で弾くことは夢のまた夢ですが、ずっと知りたかったので…
どうぞよろしくお願いいたします。

こんにちは、お世話になっております。

ベートーヴェンのピアノソナタが好き(但し殆んど聴く方専門^^;)なのですが、有名どころのうち以下の作品は全音ピアノピースの難易度表に載っていません。

・第24番『テレーゼ』
・第25番『かっこう』
・第26番『告別』
・第29番『ハンマークラヴィーア』

これらをお弾きになったことのある方、実際のところどのくらい難しかったですか?
全音ピアノピースの難易度に当てはめるとすると、どのくらいなのでしょうか。
(楽章別のご意見も歓迎です。)

因み...続きを読む

Aベストアンサー

私は全音ピースの難易度は知りません。
ただ全部曲を知っているのでその範囲でお答えしま
す。
第24番「テレーゼ」。これはベートーヴェン中くら
いで、音大の入試とか試験(または音校)でよく弾き
ます。難易度は「月光」くらいと思ってください。
第25番「かっこう」。これはソナチネが終わって
やっとソナタに入ろうとするくらいの難易度です。
第26番「告別」。これはテレーゼより難しくしかし
又音大で試験によく弾きます。難易度としては「アパ
ショナタ」くらいでしょうか。
第29番「ハンマークラヴィ^ア」。これはベートー
ヴェンが年月をかけて彼の最も偉大なソナタにしよう
と、第9交響曲、荘厳ミサと一緒に心血を注いだ曲
です。ベートーヴェンが「この曲は今は誰も弾けない
が、後世の人がいつか弾けるだろう」と言ったそうな。
それが証拠に第4楽章をメトロノーム通りに弾くには
大変なテクニシャンしか弾けません。
それでも弾けなく、何時だか新聞に「コンピューター
でテンポどおりに弾かせた」という新聞記事読みまし
た。
大変な頭脳的な曲で4楽章のフーガはテープを逆回し
にしたところもある大変複雑怪奇な超難曲です。

今の若いピアニスト、メトロノーム通りに弾いている
かも知れませんね。
でもテンポだけで内容も深いので、巨匠の弾くのしか
聴いてもつまらないのではないでしょうか。

私は全音ピースの難易度は知りません。
ただ全部曲を知っているのでその範囲でお答えしま
す。
第24番「テレーゼ」。これはベートーヴェン中くら
いで、音大の入試とか試験(または音校)でよく弾き
ます。難易度は「月光」くらいと思ってください。
第25番「かっこう」。これはソナチネが終わって
やっとソナタに入ろうとするくらいの難易度です。
第26番「告別」。これはテレーゼより難しくしかし
又音大で試験によく弾きます。難易度としては「アパ
ショナタ」くらいでしょうか。
第29番「...続きを読む

Q世界10大オペラって?

クラシックファンの皆様、お世話様です。

「死ぬまでに聴いておきたい世界10大オペラ」を選べと言われたら、どのようなオペラを選ばれますか?

実はオペラに無知でして、フィガロの結婚のDVDを始めて買ったのですが、以後どのようなタイトルのDVDを検索していくべきか迷ってます。

ご意見をいただければ幸いです。

Aベストアンサー

長くなりますので、鬱陶しいければ無視して下さい(苦笑)!

>「死ぬまでに聴いておきたい世界10大オペラ」!!??
そんな、ご無体な!!
10しか挙げてはいけない!私には無理!と、一旦は書くのを諦めました。
が、どうにも、ダンマリが続けられそうに無いので、私の気持ちを治める為に書かせて頂く事にしました。削りに削って20位に成るかも知れません。
思い出したり、調べたりを繰り返して、ゆっくり書きますので、書き終わる前に〆切られるかもしれませんね!

私の所持するレコードとCDからの個人的な印象ですので、世間的評価とは違っていると思います。が、的外れでもないと自己評価しております。(こう言うのが一番怪しいのかも知れませんが・・・)
曲の多くが、先輩回答者と重なると思いますがご容赦願います。

●モーツァルト:「フィガロの結婚」K.492 <30歳 1785~86年作曲>
原作=ピエール・オーギュスタン・カロン・ド・ポーマルシェ
貴族と従僕や農民と言った階級社会をテーマにしていますが、それよりは、美しい音色と旋律で綴る、登場人物たちの「心の移ろい、襞」の表現で、今更ながらモーツァルトに唸ります。
参考《所持ソース》
CDショルティー指揮:ロンドン・フィル/ロンドン・オペラ・コーラス(ロンドン)
DVDカール・ベーム:ウィーン・フィル/ウィーン国立歌劇場合唱団(グラモフォン)

●モーツァルト:「ドン・ジョヴァンニ」<1787年作曲>
社会的堕落者、規範意識皆無、そんな主人公を同描くか、オペラ毎、演出家毎で、人間設定が違う!
どう捉えるかで、このオペラから得られる事が違ってくる気がする・・・受け手の感性が試される様・・・
参考《所持ソース》
CDカラヤン指揮:ベルリン・フィル/ベルリン・ドイツ・オペラ合唱団(グラモフォン)

●ベートーヴェン:「フィデリオ」<1804~05年 初作曲/1814年 第3版>
男装のフィデリオ!実は健気な愛妻レオノーレ!生涯独身だったベートーヴェンにとって理想の女性!?
私もそんな妻を今からでも欲しいなァ~!ナァ~ンちゃって!今時、そんなの居る分けが無いって言うか、私には縁が無い世界の人!?
参考《所持ソース》
CDフェレンツ・フリッチャイ指揮:バイエルン国立歌劇場管弦楽団/合唱団(グラモフォン)

●モーツァルト:「魔笛」K.620 <35才没(1791年9月28日完成→30日初演)の作品>
恋する男の子の試練の旅!試練の旅に出た恋人と結ばれる為に耐える試練!そしてもう一つの恋P&Pは??
庶民レベルに一段と近付いたオペラの様に感じます。現代でも何処かにそんな恋をしてる若者もいるのかな?
参考《所持ソース》
CDカラヤン指揮:ベルリン・フィル/ベルリン・ドイツ・オペラ合唱団(グラモフォン)
DVDサバリッシュ指揮:バイエルン国立歌劇場管弦楽団/合唱団(フィリップス)

●ロッシーニ:「セビリアの理髪師」<1816年作曲>
原作=ピエール・オーギュスタン・カロン・ド・ポーマルシェ←気付きましたか?フィガロの結婚!
そうなんです、セビリアの理髪師とフィガロの結婚は、同じ原作者。登場人物のフィガロはどこか似たキャラの様にも・・・・・
参考《所持ソース》
CDクラウディオ・アバド指揮:ロンドン交響楽団/アンブロジアン・オペラ合唱団(グラモフォン)
DVDクラウディオ・アバド指揮:ミラノ・スカラ座管弦楽団/合唱団(グラモフォン)

●ドニゼッティ:「ランメルモールのルチア」<1835年作曲>
人間性のかけらも認められない人間関係と環境に繊細な心は!人は狂乱しただけでは死なないが・・・ルチアは・・・?
参考《所持ソース》
CDリチャード・ボニング指揮:ロンドン交響楽団/アンブロジアン・シンガーズ(テルデック)
DVDリチャード・ボニング指揮:メトロポリタン歌劇場管弦楽団/合唱団(ジェネオン)

●ベッリーニ:「ノルマ」<1831年作曲>
人間の器が釣り合っていない男女の三角関係の成り行きは?小粒な男像は現代に通じていたりして・・・
参考《所持ソース》
CDリチャード・ボニング指揮:ナショナル・オペラハウス管弦楽団/合唱団(ロンドン)
DVDジュゼッペ・パターネ指揮:トリノレッジョ歌劇場管弦楽団/合唱団(ドリームライフ)

●ヴェルディー:「リゴレット」<1850~51年作曲>
人間とは何か・・あまりにも惨い!・・身障者ゆえに差別され憎まれ役を演じなければならない主人公も愛娘に対する父の時に見せる人間らしさ・・・
参考《所持ソース》
CDリッカルド・シャイー指揮:ボローニャ歌劇場管弦楽団/合唱団(ロンドン)
DVDリッカルド・シャイー指揮:ウィーン・フィル/ウィーン国立歌劇場合唱団(デッカ)

●ヴェルディー:「トロヴァトーレ」<1852年作曲>
筋書きだけを読めば、矢継ぎ早の血生臭く解り辛い事件に腰が引けそう・・・
でも、聴き始めると歌と場面を楽しませるイタリア・オペラの真髄、歌声のバトルに時を忘れそう・・・
参考《所持ソース》
CDカルロ・マリア・ジュリーニ指揮:ローマ聖チェチリア音楽院管弦楽団/合唱団(グラモフォン)
DVDジェームズ・レヴァイン指揮:メトロポリタン歌劇場管弦楽団/合唱団(グラモフォン)

●ヴェルディー:「椿姫」<1853年作曲>
原作=アレクサンドル・デュマ・フィス
女心と男の言い分!デュマの原作とヴェルディーのオペラは合せ鏡!セットで一段と面白く・・・
参考《所持ソース》
CDジェームズ・レヴァイン指揮:メトロポリタン歌劇場管弦楽団/合唱団(グラモフォン)録音1991年
DVDジェームズ・レヴァイン指揮:メトロポリタン歌劇場管弦楽団/合唱団(グラモフォン)録音・録画1982年

●ヴェルディー:「アイーダ」<1870年作曲>
古代エジプト!大スペクタクル!三角関係!オペラ界の娯楽超大作!理屈抜きにリッチな気分で浴びましょう!
でも、内容に踏み込むと結構深いかも・・・
参考《所持ソース》
CDクラウディオ・アバド指揮:ミラノ・スカラ座管弦楽団/合唱団(グラモフォン)
DVDフランコ・カプアーナ指揮:NHK交響楽団/藤原歌劇団合唱団(キングレコード)録音・録画1961年
私が小6だった時に連れて行かれたNHK招聘のイタリア歌劇団のライブ!・・・マリオ・デル・モナコとシミオナートが忘れられず購入!

●ワーグナー:「タンホイザー」<1843~45年作曲>
男の女に対する矛盾する本音!そんなタンホイザーの無軌道が故の魅力?聖処女のエリザベートと娼婦の様なヴェーヌスを同じ一人の歌手に歌わせる舞台も存在する。その演出には深い意味を感じます。内容重視か音楽重視かに因るのだろうと思っています。
参考《所持ソース》CDジョゼッペ・シノーポリ指揮:フィルハーモニア管弦楽団/コヴェント・ガーデン王立歌劇場合唱団(グラモフォン)

●ワーグナー:「ローエングリーン」<1845~48年作曲>
宇宙人?異界からの救済者を夫に持った人間の妻!不安感から夫を地上のしがらみに取り込みたい妻!しかし夕鶴にも似て夫は・・・
参考《所持ソース》CDショルティ指揮:ウィーン・フィル/ウィーン国立歌劇場合唱団(ロンドン)

●ワーグナー:舞台神聖祭典劇「パルジファル」
作曲者没1年前の作曲!最後のオペラ!宗教劇とみなすより、それまでにワーグナーが問い掛けて来た問題の解決とみるべき作品と思っています。しかし、そうは言ってもキリスト教の思想を基礎にして、究極のテーマの救済を主題にしている。
参考《所持ソース》CDカラヤン指揮:ベルリン・フィル/ベルリン・ドイツ・オペラ合唱眼(グラモフォン)

●ワーグナー:ニーベルングの指輪(全曲所要演奏時間 約15時間)四日に分けて演じられる。
 ○序夜「ラインの黄金」
 ○一夜「ワルキューレ」
 ○二夜「ジークフリート」
 ○三夜「神々の黄昏」
これを抜く訳にはいかないのでしょうが、私は、未だ、まともに聴いた事が有りません。ハイライトばかりです。
興味がお有りでしたら、詳細は下記URLを覗いて下さい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%AE%E6%8C%87%E7%92%B0

●ビゼー:「カルメン」<1874年作曲>
人は何故、想ってくれる人を邪険にし、無いものネダリで身を滅ぼすのか?想い想われのスパイラル!馬鹿は死ななきゃ直らない!?
参考《所持ソース》
CDカラヤン指揮:ベルリン・フィル/パリ・オペラ座合唱団(グラモフォン)
DVDジェームズ・レヴァイン指揮:メトロポリタン歌劇場管弦楽団/合唱団(グラモフォン)

●プッチーニ:「ラ・ボエーム」<1893~95年作曲>
か弱きミミ!男はそのか弱き女を守れず不甲斐無さを嘆く!が、一番強かな生活力の持ち主は・・・??
男は何時も騙される!騙される事に心地良さを感じるのだから仕方が無い生き物?だから可愛いのかも!
参考《所持ソース》
CDバーンスタイン指揮:ローマ聖チェチリア音楽院管弦楽団/合唱団/少年合唱団(グラモフォン)
DVDカラヤン指揮:ミラノ・スカラ座管弦楽団/合唱団(グラモフォン)

●プッチーニ:「トスカ」<1900年作曲>
女は何時の世も、意識・無意識のどちらにせよ悪に惹かれる!(カヴァラドッジ⇔トスカ⇔スカルビア)官能的関係はどちら?・・・・悪役振りが良くなければドラマは盛り上がらない・・・・
参考《所持ソース》CDショルティ指揮:ナショナル・フィル/ウェールズ・ナショナル・オペラ合唱団(グラモフォン)

●プッチーニ:「蝶々夫人」<1901~03年作曲>
日本女性の男性に対する自己犠牲の賛美?それとも、人種差別?どちらの立場で鑑賞しますか?
それより、非日常的な好奇心と憧れから盲目的に育った相手に対する身勝手な理想と妄想の果ての死!男の都合と女の都合!
参考《所持ソース》CDジョゼッペ・シノーポリ指揮:フィルハーモニア管弦楽団/アンブロジアン・オペラ・コーラス(グラモフォン)

●R・シュトラウス:「ばらの騎士」<1909~10年作曲>
何時の時代も女は歳と戦っている。他の価値観を見つけては重ねる歳を納得しようとするが本音は・・・身を引く大人の女!
オペラの中では女の格闘相手だった筈の年齢が、現代では、男にとっての加齢の方がよりシリアスな問題かも・・!?
楽しめなくなってしまったかな(苦笑)?
参考《所持ソース》
CDカラヤン指揮:ウィーン・フィル/ウィーン国立歌劇場管弦楽団(グラモフォン)
DVDカルロス・クライバー指揮:バイエルン国立歌劇場管弦楽団/合唱団(グラモフォン)

以上、これが私の「死ぬまでに聴いておきたいオペラ」の一部です。
マニアックには、成らない様には気を付けた積りです。つまり、有名どころ限定です。

長くなりますので、鬱陶しいければ無視して下さい(苦笑)!

>「死ぬまでに聴いておきたい世界10大オペラ」!!??
そんな、ご無体な!!
10しか挙げてはいけない!私には無理!と、一旦は書くのを諦めました。
が、どうにも、ダンマリが続けられそうに無いので、私の気持ちを治める為に書かせて頂く事にしました。削りに削って20位に成るかも知れません。
思い出したり、調べたりを繰り返して、ゆっくり書きますので、書き終わる前に〆切られるかもしれませんね!

私の所持するレコードとCDからの...続きを読む

Qシューベルト,シューマン,ブラームスのピアノ曲オススメ

こんにちは。
以前,「ショパン,リスト,ラフマニノフのピアノ曲オススメ」でお世話になったものです。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4617173.html

前回いろいろなオススメをいただきまして,ピアノ曲にも多少なじみが出てきたところで,そろそろ次のオススメも訊いてみようかと思い立った次第です。
さて,次は誰のことを訊こうかな~,と,いろいろ考えてみたのですが,今回はちょっと渋めに,

 『シューベルト,シューマン,ブラームス』

でいこうかと思います。
#なぜまた三名様セット? といわれると,大した意味はないのですが(爆),なんとなくリズムがいいので(笑)

前回と同じで,私からのお願い事項は,
 ・三名様のうち一名様のオススメでもOK
 ・曲の長短,有名/無名,親しみやすい曲かどうかは不問
 ・世評の高い曲のご紹介でもみなさまの嗜好によるオススメでOK
 ・曲でのオススメ,アルバムでのオススメ,ピアニストでのオススメ,どれでもOK
 ・前回ご回答いただいた方も,今回が初の方も大歓迎♪
 ・私のお願いを守らなくてもOK
  (でも,せめて作曲家と楽器は守ってください,笑)
です。

ついでに今回は,
 ・ピアノつき室内楽曲のオススメ
 ・ピアノ協奏曲のオススメ演奏(ブラームス&シューマン)
も,もしもあればお願いいたします。

こんにちは。
以前,「ショパン,リスト,ラフマニノフのピアノ曲オススメ」でお世話になったものです。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4617173.html

前回いろいろなオススメをいただきまして,ピアノ曲にも多少なじみが出てきたところで,そろそろ次のオススメも訊いてみようかと思い立った次第です。
さて,次は誰のことを訊こうかな~,と,いろいろ考えてみたのですが,今回はちょっと渋めに,

 『シューベルト,シューマン,ブラームス』

でいこうかと思います。
#なぜまた三名様セット? と...続きを読む

Aベストアンサー

またお邪魔します☆
お次はシューマンでいきます。
リストアップしますね♪
☆アレグロOp.8
この曲はかなりマニアックです。ピアノの先生から教えて頂いて初めて知りました。 アレグロの流麗なメロディーとその中にあるシューマンらしい可愛らしさや煌びやかさが特徴的です。何度でも繰返して聴きたくなる1曲です(^_^) これを聴かなきゃマニアじゃないというくらい重要な曲だと勝手に思ってます!
オススメCDはイェルク・デームスピアノのシューマンピアノ全集です。HMVでお手頃価格で販売してます。

☆交響的練習曲Op.13 終曲 アレグロ・ブリランテ
とても活気があり躍動感とエネルギーが漲る輝かしい曲です。
この曲を知ったのはyoutubeで若かりし頃のアシュケナージがこれを弾いていたのを見たからです。 1回聴いただけで惚れました♪
オススメCDはアシュケナージが奏するシューマンピアノ曲集です。

☆ピアノ・ソナタ第2番
のだめで出てきた曲ですね☆彡
とにかく速い曲です!指がもつれそうです。けれどシューマンは初演するクララにこの曲を余り激しく弾かないようにと注意したそうです。 個人的には速い曲は大好きですしシューマンの素晴らしいヴィルトゥオーソ性が見られる作品なので愛聴してます。
CDは上に同じです。

☆森の情景 第8曲 狩りの歌
上で紹介した交響的練習曲と同じような曲なのです。元気良く勇ましい狩人が森で今日も狩をしているよ。というような茶目っ気ある楽しい曲です。CDは又もや上に同じです。

☆子供の情景 謝肉祭 幻想小曲集
この3曲はシューマンの中では絶対に外せない曲です。全て素晴らしく誰もが親しみやすいシューマンシューマンシューマンな作品です\(^o^)/ とにかく聴いてみんしゃいと言いたいです。

☆ピアノソナタ第3番
こちらは結構大人なシューマンが楽しめる曲ですね_φ(・_・ そしてマニアック。
聴きどころは何か不安に迫られていたかのような激しく怪しげで憂鬱な旋律が一気に駆け抜けて行きます。この作品を作曲中の彼は愛妻のクララとのことでクララの両親ともめていた時期だったようですね。
その時の様子がよく反映されています。是非聴いて頂きたい作品です。
オススメCDは上原彩子 ピアノのチャイコフスキー・コンクールライヴ

☆ピアノ協奏曲
良い曲ですよね♪中学生の頃ハマってたなぁ。
今もたまに聴いてはテンションあがってノリノリになります(笑)
愛聴盤は(p)アシュケナージ (Con)ウリ・セガル (S.O.)ロンドン交響楽団

私のオススメcdはほとんどがアシュケナージになってしまいます(^_^;)
本当に尊敬していて彼のピアノが好きだからこそ彼の演奏を選びます。あ語ってしまってすみません。

シューマンは実に愉快で想像力豊かな作曲家です。
これからシューマンを深めてみたいです☆

またお邪魔します☆
お次はシューマンでいきます。
リストアップしますね♪
☆アレグロOp.8
この曲はかなりマニアックです。ピアノの先生から教えて頂いて初めて知りました。 アレグロの流麗なメロディーとその中にあるシューマンらしい可愛らしさや煌びやかさが特徴的です。何度でも繰返して聴きたくなる1曲です(^_^) これを聴かなきゃマニアじゃないというくらい重要な曲だと勝手に思ってます!
オススメCDはイェルク・デームスピアノのシューマンピアノ全集です。HMVでお手頃価格で販売してます。

☆交響的...続きを読む


人気Q&Aランキング