最近読むものが無くて困っています。今度のお年玉で本を買おうと思っています。「とある魔術の禁書目録」と「半分の月がのぼる空」と「戯言シリーズ」は購入が決定しています。

今まで読んだもの
・涼宮ハルヒシリーズ
・時雨沢恵一著の本
・化物語シリーズ
・ムシウタ・ムシウタbugシリーズ です。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

アニメ化した作品ばっかりですね~。


質問見る限りでは、何となくどんなのでも読めそうな感じはするけど、私のオススメでも大丈夫…かな?w
では、早速。

【藤原祐】
●ルナティックムーン
●レジンキャストミルク
●アカイロ/ロマンス
どれも、かなり血生臭くて暗くて重くて…決してハッピーエンドとは言えません。
全部オススメですが、特にレジンキャストミルクは読んで欲しいですね。

【渡瀬草一郎】
●陰陽ノ都
●パラサイトムーン
●空の鐘の響く惑星で
この人は、文章力が特に素晴らしい!
本嫌いの私が、本を読めるようになったキッカケを作ってくれました。
ただ、現在一番新しいシリーズの 輪環の魔導師 は、ヤンデレが気持ち悪くて残念ながら一巻で断念しています…。orz

怖いの大丈夫でしたら…
●断章のグリム【甲田学人】
甲田学人作品は、Missingが有名ですが、私は断章のグリムをオススメします。
童話をモチーフにしているところが面白いです。
●ダーク・バイオレッツ【三上延】
私は、この人の作品はどれも好きです。

【壁井ユカコ】作品でしたら、こちらもオススメ。
●クロノ×セクス×コンプレックス
時間魔法の話。
まだ一巻なので、これからの展開に期待しています。
デビュー作(キーリ)から比べると、大分読みやすかったです。

【紅玉いづき】
●ミミズクと夜の王
●MAMA
●雪蟷螂
人食い物語三部作。
グロかったり怖かったりする話ではありません。

●付喪堂骨董店【御堂彰彦】
●七姫物語【高野和】
●扉の外【土橋真二郎】
●DADDYFACE【伊達将範】
…etc

個人的に一番読んで欲しい作品。
●タイム・リープ【高畑京一郎】
読み始めが意味不明ですし、最初のうちは???という感じですが、話が進むにつれてバラバラだったパズルのピースがハマっていく感覚が…。
一度読み終えて、もう一度読んでみると更に面白いです。


以下作品は、私には全く合いませんでしたが、周りの評判は良さげだったので一応。
●狼と香辛料【支倉凍砂】
●イリヤの空、UFOの夏【秋山瑞人】
●死神のバラッド。【ハセガワケイスケ】
●とらドラ!【竹宮ゆゆこ】
●わたしたちの田村くん【竹宮ゆゆこ】
●LAST KISS【佐藤ケイ】
●クリスタル・コミュニケーション【あかつきゆきや】
●月の盾【岩田洋季】
●リバーズ・エンド【橋本紡】

http://asciimw.jp/search/
上記作品は、ここで著者名を入れて検索してみれば、作品が全て列挙されます。

とりあえずは、こんなところで止めておきます…あんまりあっても買えないですよねw
多すぎたらスミマセン。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

【藤原祐】
●ルナティックムーン
●レジンキャストミルク
●アカイロ/ロマンス
は読んでみようと思いました。
個人的にハッピーエンドはあまり好きではないので。 回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/12/30 19:40

伏見つかささんの「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」がおすすめですよ!ただの妹萌え本ではないので、ぜひご一読を!

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
これは結構目にするタイトルですね。
調べてみたら兄妹物なんですね。
まず一巻を買って検討したいと思います。 回答ありがとうございます。

お礼日時:2010/01/01 23:53

キノとか半月がいけるのなら


「旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。」(萬屋直人/電撃文庫)
とかどうでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

調べてみたら結構切なそうな内容ですね。
とっても自分好みです。 回答ありがとうございます。

お礼日時:2010/01/01 23:50

あまりメジャーではないかもしれませんがシリーズものとして電撃文庫の壁井ユカコ先生著「キーリ」シリーズは良作だと思います。

話自体は男女の恋愛(?)が基本とはなっているのですが章ひとつひとつが非常に印象的なエピソードとなっており、さらにちょっとした脇役のキャラの心情もしっかりと描かれていてキャラに重みがあります。マンガが少女コミックのシリーズからでていたりとひょっとしたら女性読者が多いのかもしれませんが、男性の自分でも楽しく読めたシリーズです。全9巻です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

「キーリ」は聞いたことは無いです調べてみたら面白そうでした。
絵も結構好みです。「不死身兵」とか設定も好みです。
回答を見ていると結構思い重い?感じのストーリーと見て取れるのでまずはい一巻を買って判断したいと思います。

回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/12/29 20:24

・星虫年代記:岩本隆雄の星虫シリーズを再編集したもの


http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_i …
・刀語:西尾維新の時代小説
http://www.katanagatari.com/
・植物図鑑:有川浩のラブコメディ
http://www.kadokawa.co.jp/book/bk_detail.php?pcd …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
「昆虫年代記」は初めて聞きました。見たところ既刊は2巻しか出ていないんですけど、これは続き物なんですか?質問すいません。
 すみません。刀語も買う予定です。西尾維新さんの本はどれも面白いですよね。
「植物図鑑」は「図書館戦争」と書いてらっしゃる人ですよね。イラスト描いている中村さんの絵も好きです。 回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/12/29 20:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qとある科学の超電磁砲 とある魔術の禁書目録について

とある魔術の禁書目録が、とある科学の超電磁砲のスピンオフ作品だと知っていたので
とある魔術の禁書目録を先に2話までアニメを見ましたが、正直世界観、設定についていけず現在保留中。・・・原作未読には辛い仕様っぽい感じがしましたがどうなんでしょうかね?

その後、とある科学の超電磁砲のアニメが面白いと聞き、1~24話+OVAを見ました。
それなりに面白かったので、このあとどうしようかと考えています。
(一応時系列はとある魔術の禁書目録と同期しているみたいですが、アニメのとある科学の超電磁砲の話自体は結構独立してるみたいですね。先にとある科学の超電磁砲見ましたが問題なかったかな?)


とりあえず、出元のとある魔術の禁書目録の原作小説を読んで、とある科学の超電磁砲の原作漫画を読むかたちでいいのかなぁと思っていますが、

どのタイミングで、スピンオフのとある科学の超電磁砲を読んだらいいですかね?
現在出ている、とある魔術の禁書目録の小説を全部読まなくてもいいですよね?

原作小説のとある魔術の禁書目録の面白さにもよりますが、スピンオフのとある科学の超電磁砲の漫画が気になるんですよね。

とある魔術の禁書目録が、とある科学の超電磁砲のスピンオフ作品だと知っていたので
とある魔術の禁書目録を先に2話までアニメを見ましたが、正直世界観、設定についていけず現在保留中。・・・原作未読には辛い仕様っぽい感じがしましたがどうなんでしょうかね?

その後、とある科学の超電磁砲のアニメが面白いと聞き、1~24話+OVAを見ました。
それなりに面白かったので、このあとどうしようかと考えています。
(一応時系列はとある魔術の禁書目録と同期しているみたいですが、アニメのとある科学の超電磁砲の...続きを読む

Aベストアンサー

まずはせっかくですので、気になっている超電磁砲から読んでみたら良いのではないかと思います。内容は禁書目録を読んでいなくても、十分楽しめるようになっていますので。

そこで気に入ったら原作の禁書目録やアニメ版禁書を見てはどうでしょうか。
時折、超電磁砲と話が絡む部分があるので、より世界観を楽しめると思います。
まずは最初の方の巻だけ読むなり、最近では図書館によっては全館揃っているところもあるので、そこで借りてくるでも良いかと。

Q化物語シリーズ

化物語シリーズのラノベを読もうと思うんですが、どんな順番で読めばいいんでしょうか?

Aベストアンサー

刊行順でいいと思いますよ。

ちなみに刊行順だと以下の順番になります。
化物語 上・下
傷物語
偽物語 上・下
猫物語 黒・白
傾物語
花物語(3月31日発売予定)

時系列だと以下の順かな
傷物語
猫物語 黒
化物語 上・下
傷物語 上・下
傾物語
猫物語 白
花物語

ただ、講談社BOXなので、サイズが大きいですし、値段も1冊1500円前後するので御注意を。
自分は値段以上の価値があると思っていますが。

以上です。

Qアンゲラ・ゾンマー・ボーデンブルクの「ちびっこ吸血鬼」シリーズについて

アンゲラ・ゾンマー・ボーデンブルク(原作)『ちびっこ吸血鬼』シリーズ
川西 芙沙(翻訳)、ひらい たかこ(挿絵) くもん出版

私は、ドイツ児童文学作品の「ちびっこ吸血鬼」シリーズが好きです。
1999年に最終巻・16巻が出版されていますが、感慨深いラストでした。
驚くような結末ではないものの、個人的には、とても好きな終わり方です。

この「ちびっこ吸血鬼」シリーズは、ハリー・ポッター等と比べると
全然有名ではないと思うのですが、どなたか読まれた方で、
この作品が好きな人がいたら、感想を聞かせてください。

また、日本語のホームページで「ちびっこ吸血鬼」のファンページがあれば、
紹介して欲しいのです。
以前、検索サイトで検索したら、ちょっとした感想を掲載しているHPは
見つかりましたが、詳しい登場人物紹介や、各巻のあらすじ・感想を
掲載しているHPは見つかりませんでした。
どなたかご存知の方がいれば是非、教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

確かに検索しても日本語で充実したページはありませんね。

googleさん(参考URL)で検索したら900件近くヒットします。
検索語:Sommer Bodenburg Angela Little Vampire

アンゲラ・ゾンマー・ボーデンブルクさんのページ?またはリトル・バンパイア(映画)のページが見つかります。
(多分、オフィシャル、ないしは問題ないページ(ボーデンブルクさんの著作権表示がありますが・・・)だと思いますがURLの紹介は控えます。)

そこで日本語化して見られてはどうでしょうか?
(私はエキサイトさんのウェブページ翻訳を活用しています。(参考URL→翻訳→ウェブページ翻訳))

参考になるでしょうか?

参考URL:http://www.google.co.jp,http://www.excite.co.jp

Q富士見二丁目交響楽団シリーズについて&なぜシリーズ小説の挿絵が途中で変わるのか?

だいぶ前に買った小説です。
著者秋月こお、ルビー文庫、富士見二丁目交響楽団シリーズなのですが、第4部から挿絵が変わってますよね?私は第1部しか持ってないのでわからないのですが、なぜイラストレーターをかえたのでしょうか?このイラストレーターの大ファンなのでがっかりです。

この小説にかぎらず、シリーズもので途中で絵が変わってしまうものってありますよね。ああいうのは何ででしょう?読者としてはイメージが崩されとてもいやなのですが・・・。私の場合、絵を書いてる人のファンでその人のものはつい買ってしまって、小説にもはまるってことがあるのでショック倍増です。
理由ご存知の方、同じように不満を持っている方ご意見ください!
ちなみに絵が変わってがっかりって小説自体も良かったら教えてください。
ちなみに私は「富士見シリーズ」と、「炎のミラージュ?シリーズ(もうなれましたが、最初は嫌でした)」
でした。両方ともだいぶ前に挫折しましたが・・・(絵のせいもあるけど、長すぎて・・)。

Aベストアンサー

 変わる場合について、作者の方のあとがきなどによると・・・・

 1,留学その他で、仕事を引き受けられない事情がある場合
 2,イラストレーターが挿し絵を引き受けたがらなくなる
 3,出版社やレーベルの変更に伴って交代する
 4,特別事情説明なしで不意に変わる

 が、思い当たります。

 1の場合は、引き受けられるようになると、また引き受けられることがあります。(再び、書かれることはごくまれですが・・)藤本ひとみさんの「花織」シリーズが、これに当たります。もっとも、藤本さんも思い入れがあったらしく新作は出ず、「新花織」として、舞台以外を一新して再開されました。

 2の場合で、有名なのは天野喜孝さんでしょうか?アメリカ移住後は、挿し絵や表紙はほとんどされていません。以前からのシリーズもよほど懇意な作家でない限り、新しい方になっています。
 「グイン・サーガ」シリーズは、最初の方が亡くなり(違ったかな?)、2番目の天野さんから現在は3人目か4人目の方が書かれています。(少なくとも二回代わっています。)

 3の場合、田中芳樹さんの「アルスラーン戦記」が、挙げられると思います。以前は角川書店から天野さんのイラストで出ていましたが、今は新しい出版社とイラストレーターで出版されています。

 4は、今月新作がでた、風見潤さんの「幽霊事件」シリーズですね。全く説明がないのでびっくりしました。
 藤本桂介さんの「宇宙皇子」も最初は全ていのまたむつみさんのイラストでしたが、いつの間にか表紙だけになり、最終的には表紙も違う人になっていました。

 例外として、菊池秀行さんの「魔界都市・新宿」を舞台にした小説があります。舞台や登場人物は基本的に大きく変わらないのですが、シリーズがいくつかあり、また同じシリーズでも出版社が違ったりするため、イラストレーターが複数になります。一番有名な登場人物の一人、「メフィスト」を、5人か6人ぐらいの方がイラストとしてかかれています。ですが、似た雰囲気の方で、なおかつそれぞれに個性的なイラストを描かれているので、どれを読んでも違和感を感じることはありません。

 以上、取り急ぎ知っている理由について書き込みました。参考にしてくださいね、これで失礼します。

 変わる場合について、作者の方のあとがきなどによると・・・・

 1,留学その他で、仕事を引き受けられない事情がある場合
 2,イラストレーターが挿し絵を引き受けたがらなくなる
 3,出版社やレーベルの変更に伴って交代する
 4,特別事情説明なしで不意に変わる

 が、思い当たります。

 1の場合は、引き受けられるようになると、また引き受けられることがあります。(再び、書かれることはごくまれですが・・)藤本ひとみさんの「花織」シリーズが、これに当たります。もっとも、藤本...続きを読む

Q「信頼」著:福山 という本知ってる方教えてください

「信頼」という本を探しているのですが、著者が福山だという情報しかありません。出版社がわかれば一番なのですが、ご存じの方いらっしゃいませんか。

Aベストアンサー

【信頼の法則】福田 壱卍【著】という本が検索でヒットしました。
この本でしょうか。著者が違っていますので、
お探しの本とは違うかもしれませんが。

信頼の法則
ISBN:4871790134
204p 19cm
オレンジ出版 (1991-10-30出版)
福田 壱卍【著】

[B6 判] NDC分類:188.9 販売価:\1,165(税別)

ここまでは信頼できる。
それ以上は信頼できない。
揺るがない信頼なんてあるのか?その扉をひらくカギがここにある。
1 「確かな信頼」を求む
2 「仏法の信頼」を開く
3 「信頼の法則」を掴む

ただし絶版のため入手不能となっています。

参考URL:http://bookweb.kinokuniya.co.jp/


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報