中古で磯竿を買いました。
それが、ダイワの紫電シリーズなのですが、ボディーに
「SHIDEN METAL SNIPER」と書いています。

今出ているのは紫電メガティスですが、この紫電メタルスナイパーとは
どういった位置づけでいつごろ発売されたモデルなのでしょうか?
詳しいことが知りたいです。お願いします。

A 回答 (1件)

ダイワの「紫電」シリーズは2003年に発売され


2006年まで販売されていたロッドです。
(2007年には後継モデルの「紫電メガディス」シリーズが発売)

このロッドのボディ「SHIDEN」の文字の下部には
確かに小さな文字で「METAL SNIPER」と書かれていますが、
ダイワはこのロッドを、あくまで「紫電」という名で呼んでおり
それが正式名称となっています。
(したがってメタルスナイパーという名のモデルは正式には存在しません)


「紫電」シリーズには三種類のタイプがあり、それぞれの特徴を記します。

・スタンダードタイプ
食い込みに優れ、軽い仕掛けのコントロールに優れているソリッド穂先仕様

・Pタイプ
感度の良さと太仕掛けも楽に操作できるチューブラー穂先仕様

・遠投タイプ
遠投性能とシャープな振り切り感を併せ持つ先調子


さらに号数や長さの違い等、全部合わせると21種類ものバリエーションがあり、
価格帯は40.600円~55.700円(発売当時のメーカー希望小売価格)でした。


以下、カタログ(2003年度 ダイワ釣用品総合カタログ)に書かれている紹介文と特長です。
-----------------------------------------------------------------------------------
G-レボリューションをより身近にし、
こだわりを持つ方にもきっと満足して頂ける紫電シリーズ。
V-ジョイント、スーパーフレックスタフネストップ等の新機構に加え、
その独特の低重心設計により実際の自重の軽さ以上に持ち重り感を大幅改善しました。

●軽さと強さを両立する高密度HVFカーボン
●1ピース感覚の曲がりと節部でのパワーロスを極限まで抑えたV-ジョイント構造
●シャープな振り調子・超高感度でありながら
 自然に食わせるしなやかさを持つスーパーフレックスタフネス穂先
●雨・潮による糸のロッドへのベタツキを激減、撥水効果を高めた高耐久スーパーコート
●濡れたロッドと糸のべたつきを抑えるゼロベタリング
●シート中央部のラバー装着によるリールの横ブレも抑える
 前進構造フード付きスーパーセンサーハンプ板シート(スタンダードタイプ)
●リールをガッチリ固定するセンサーハンプスクリューシート(P、遠投タイプ)
●サビに強く軽量、チタンフレームガイド(スタンダードタイプ#1#2番節)
●糸の出の良いSiCガイドリング
●固着しずらく、スムーズな合わせを実現する節落ち、食いつき防止合わせ
----------------------------------------------------------------------------------

参考資料:ダイワ釣用品総合カタログ2002~2007
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
素晴らしいご回答を頂くことができ、とても嬉しいです。

お礼日時:2010/01/11 22:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qダイワの磯竿エクセルフォース御存知の方いませんか

中古でメジナ向きの先調子の手頃な竿を探していて、だいぶ昔の磯竿でダイワのCWPMエクセルフォース磯1.5-53を見つけたのですが、この竿は当時ダイワが黒鯛向きか、メジナ向きのどちら向きで売り出していたのか御存知の方いたら教えて下さい。

Aベストアンサー

相当昔の竿ですね。

このエクセルフォースは本来はメーカーとしてグレ竿の位置づけで発売されていましたが
チヌ竿に近い全体に綺麗な弧を描く竿で、グレ竿とチヌ竿の中間ぐらいの調子です。

この当時のダイワの竿は穂先が非常に太く、この1.5号ぐらいだと1.1mmから1.2mmぐらいあります。
ですから穂先でアタリを取ったり、喰い渋り時の繊細な仕掛けには不向きで
近年のグレ釣りには向いていない過去の竿と言えますね。

先調子が良ければシマノやNFTの竿の方が先調子が多いですね。
中古の竿は前使用者の扱い具合によって、折れの可能性もグッと高くなりますが
どうしても中古というなら、2010年まで現行モデルだったシマノのエアノスラディックスなどが
タフテック穂先も装備で、軽く先調子で使いやすいですよ。
http://b-net.tackleberry.co.jp/ec/stk/stk_detail.cfm?stkNo=7705123SI4567486890123OQ&shopID=28076M3982360000RS9Q&keyS=400613162Y41086815XUJW&key1=7470235QG10155130096244F

CWPMエクセルフォース磯1.5-53が3000円以下でも買う価値はないと思いますよ。

相当昔の竿ですね。

このエクセルフォースは本来はメーカーとしてグレ竿の位置づけで発売されていましたが
チヌ竿に近い全体に綺麗な弧を描く竿で、グレ竿とチヌ竿の中間ぐらいの調子です。

この当時のダイワの竿は穂先が非常に太く、この1.5号ぐらいだと1.1mmから1.2mmぐらいあります。
ですから穂先でアタリを取ったり、喰い渋り時の繊細な仕掛けには不向きで
近年のグレ釣りには向いていない過去の竿と言えますね。

先調子が良ければシマノやNFTの竿の方が先調子が多いですね。
中古の竿は前使用者の扱い具...続きを読む

Q磯釣りでの質問です。PEラインで磯竿のガイドは痛まないのでしょうか? また、PEラインの号数で道糸6

磯釣りでの質問です。PEラインで磯竿のガイドは痛まないのでしょうか?
また、PEラインの号数で道糸6号~8号あたりは、何号になりますか?

Aベストアンサー

ナイロンラインとPEの両方を使ってカゴ釣りをやっています。

号数合わせですが、”ナイロンラインの号数×4=lbs” というように計算します。
6号は24lbs 8号は32lb となりますので、PEラインの同様のlbsのもので代用ができます。ただし、直径がかなりかわりますのでリールに巻く場合はスプール対してうまく高さをあわせる工夫が必要なこととなります。(下まきのこと)リールの仕様で決まるのですが。

ナイロン6号ですとPE1.5号で十分となります。
http://www.duel.co.jp/products/hardcore-x8-150m200m300m

竿がSICリングのガイドであれば大丈夫ですが、ハードガイドの竿の場合は負荷のかかりやすい部分は交換したほうが安全かとおもわれます。負荷がかかるところとはラインが強く当たるガイドですからラインが曲がるところですかね? ハードガイドでも負荷の小さい釣りでは大丈夫です。例えばエギングなど。。反対に大物を上げるならSICの竿が必要です。

なお、数回のちょっとした釣りで(50cmのチヌなどで)ハードガイドがPEで削れたことはないです。70cmの大物だとどうかわかりません。なぜハードガイドがPEラインで削れるのかというと、海水中の成分が原因とのことですからPEラインを塩抜きする理由もあります。

なお、PEでカゴ釣りなどするならウキ止め以下はナイロンラインを使ってください。
そうしないとトラブル続出して困ることになりますがこれがPEラインを使う一番のコツです。

ナイロンラインとPEの両方を使ってカゴ釣りをやっています。

号数合わせですが、”ナイロンラインの号数×4=lbs” というように計算します。
6号は24lbs 8号は32lb となりますので、PEラインの同様のlbsのもので代用ができます。ただし、直径がかなりかわりますのでリールに巻く場合はスプール対してうまく高さをあわせる工夫が必要なこととなります。(下まきのこと)リールの仕様で決まるのですが。

ナイロン6号ですとPE1.5号で十分となります。
http://www.duel.co.jp/products/hardcore-x8-15...続きを読む

Qチヌ竿と磯竿の違い

磯釣りを始めてすでに20年以上経ちます。

竿は磯竿を使っています。
チヌ竿は使ったこと無いです。

今は、ダイワのメガディス競技1.5-520・DXRメタルトップ1.5-530で
ほぼ全ての磯釣りテトラなどふかせ釣りを行っています。
渚釣りと夜釣りにはNFTのIG-ハイスピード極翔1.5-530を使っています。(かなり古いです)

そこで質問ですが、
チヌ竿と磯竿はどう言った違いが有りますか?
使ったことが無い(チヌ竿の必要性を感じない)ので、違いを教えて下さい。

Aベストアンサー

私の回答はウザイかもしれませんが、質問者さんの質問内容とかけ離れた回答が多いので
私の知っている範囲でちょっと説明させていただきます。

一般的にメーカーの言う磯竿と言うのは基本的にグレ釣りに適した竿を言い(上級機種と
万能竿に近いような1万円以下では違いますので、あくまで中級クラス以上)
#2から#3竿を支点として曲がるいわゆる7:3調子ぐらいが大半だと思います。

それにもうちょっと#3、#4に張りを持たせて積極的にロッドワークで短時間にグレを浮かせる
競技会向けの8:2調子の竿など(がまかつグレ競技SPECIALなど)の先調子の竿も少数ながらあります。

同じグレ竿でも尾長専用になると、積極的に竿尻を肘に当てて軽やかにロッドワークでなど
無理なので6:4調子の胴調子ながら非常に反発力があり、尾長の突進に両手でタメていると
徐々に魚が浮いてくる調子もありますが、大半は7:3調子がメインになっています。

対象魚のグレとチヌは今さら説明するまでもないと思いますが、グレは岩礁やテトラなどの
くぼみや穴に基本的な住み家をを持っているいわゆる根に着く魚ですが、チヌは海底付近にはいますが
決まった住み家は余り持たず、回遊しながらいろんなエサをあさっている魚なので深い岩礁にもいますが
海岸や河口の極浅い1m以内のシャローにもごく普通にたくさんいます。

グレはこうした住み家からマキエで浮上させて釣るので、針に掛かった魚は一気に自分の住み家に
戻ろうとして下に突っ込みますから、柔らかい竿では瀬切れしたり根に張り付かれたりしますから
ある程度ロッドワークで主導権を取って浮かせないと切られてばかりになりますから上記のような
先調子の竿が多くなっています。

対してチヌはハリ掛かりするとゴンゴンと首を振ってハリを外そうとするような行動を取り
竿が強く硬いとよりゴンゴンと激しく抵抗しますから、先調子の張りのあるグレ竿ですと
手元への負担も大きくなり、魚が暴れるので海藻に巻かれたり、カキに触れてハリス切れなどを
起こしやすくなります。

ですからチヌ竿はこのゴンゴンと言う衝撃を吸収して魚にも優しく暴れさせないように竿全体を
曲げて柔らかいやり取りをして魚を浮かすように6:4調子や5:5調子のように胴調子の竿が多く
チヌは大型でもグレのように根に張り付いたりせずに、根に沿って走ったりしますから、柔らかい
竿を思い切り曲げてゆっくりと泳がせながら徐々に浮かすというやり取りに向くように設計されています。

そのように、対象魚の性質に合ったように専用設計されていますから、#2さんが言われるように
メーカーが勝手に言っている訳ではなく、落とし込みや前打ちロッドは(落とし込みは随分夢中になって
竿も当時のリョービの上級ロッド3本を使い分けていました)目印やラインのほんのちょっとの
変化を鋭く掛け合わせて瞬間的にヘリやテトラから引き離すように9:1調子に近いような
非常に先調子の掛け調子で、魚が突っ込むとそこから徐々に曲がっていくような、やはり
専用設計された竿で、ガイドだけが違って元竿は同じなんてことはありませんね。

私の回答はウザイかもしれませんが、質問者さんの質問内容とかけ離れた回答が多いので
私の知っている範囲でちょっと説明させていただきます。

一般的にメーカーの言う磯竿と言うのは基本的にグレ釣りに適した竿を言い(上級機種と
万能竿に近いような1万円以下では違いますので、あくまで中級クラス以上)
#2から#3竿を支点として曲がるいわゆる7:3調子ぐらいが大半だと思います。

それにもうちょっと#3、#4に張りを持たせて積極的にロッドワークで短時間にグレを浮かせる
競技会向けの8:2調子の...続きを読む

Q防波堤で磯竿2号で太刀魚 おススメの竿を教えてください!

題名の通りで磯竿2号あたりで太刀魚を釣ろうと思います。
メバルの代用品とも考えていますが、太刀魚がメインなのであまり関係ありません。
できるだけ条件としては安価でも物がそこそこ良いもの。
人気・有名なものは高いと思うのであまり知られていないあなたのおすすめの竿があればどうか教えてください!他には太刀魚や磯竿でなくてもあればお聞きしたいです。
よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

>磯竿2号あたりで太刀魚を釣ろうと思います。

ということは、ウキ釣りでしょうか?

ウキ釣りの場合は、使用する電気ウキの種類により、号数が変わってきます。

「リチウム電池使用のウキ」の場合は、1号程度でも大丈夫ですが、「単三電池使用のウキ」の場合は1号程度ではロッドが負けてしまい、キャストもリトリーブもしづらいです。
ですので、使用するウキに合った号数を選んでください。

あと、夜釣りになると思いますので、インターラインのロッドはガイドへの糸絡みがないので釣りはしやすいです。
しかし、ロッドにラインを通すのが面倒、飛距離が落ちるといったデメリットもあります。

自分はタチウオ釣りの場合、磯竿はほとんど使いません。
以前はウキ釣り時に使用していましたが、今はすべて、エギングロッドを使用します。
エギングロッドを使う理由は、1番はルアーを多用するからですが、ウキ釣りの場合でも、磯竿に比べても、飛距離も変わらないですし、使い勝手のいい長さなので、ライントラブルも少なく、キャスティングもしやすいです。
今のところ、磯竿に比べ、メリットはあってもデメリットはありません。

ですので、タチウオメインなら、あえて自分は「エギングロッド」 or 「シーバスロッド」をオススメします。
メバルは厳しいですが・・・。

7.6フィートから9フィートぐらいのエギングロッド・シーバスロッドで価格は3000円前後のもので十分です。
ただし、酷使すると1年でダメになりますが。(笑)


タチウオ釣りの場合はっきり言って、ライントラブルが起きなければロッドは何でもいいです。(笑)
実際、釣り場にいくと、ウキ釣り師でも、磯竿・投げ竿・ルアーロッドなど色々な竿で釣りをしていますが、釣果差なんてないですし。


とまあ、質問の答えにあまりなっていませんが、参考までに。

>磯竿2号あたりで太刀魚を釣ろうと思います。

ということは、ウキ釣りでしょうか?

ウキ釣りの場合は、使用する電気ウキの種類により、号数が変わってきます。

「リチウム電池使用のウキ」の場合は、1号程度でも大丈夫ですが、「単三電池使用のウキ」の場合は1号程度ではロッドが負けてしまい、キャストもリトリーブもしづらいです。
ですので、使用するウキに合った号数を選んでください。

あと、夜釣りになると思いますので、インターラインのロッドはガイドへの糸絡みがないので釣りはしやすい...続きを読む

Q振り出し竿(磯竿)のガイドの交換方法

振り出し竿(磯竿)のガイドの交換をしたいと思っています。
3本目までは、ガイドをずらすガイドがついていて、残りは固定のガイドです。釣具店で聞いたところ、トップガイドをライターであぶってはずして交換すればいいと聞いたのですが、残りの固定のガイドは、どうやってはずすのでしょうか。教えてください。なお、ロッドメイキングは、ブランクを購入してつくることは、10本くらいしましたので、
ツールは、整っています。また、ホットヒーターもあります。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

トップはライターでいいと思います。
少しあぶって、軍手やタオルで引っ張ります。
気をつけないと、パンクして、焼けたトップが飛んでいく場合もあります。

これでトップは抜けますので、尻栓から抜いてしまいます。2番以降は皆さんがあぶってと書いていますが、私はたたきつける以外にはやったことがありません。つまり、はずしたいガイドを持って、勢いよく仕舞う。これで、下のガイドとぶつけて、はずします。ガイドには縦溝が切ってあるので、普通は数回やれば、これで外れます。交換が目的ですので、竿へのストレスは少ないのでは?ガイドは壊れなければ、再利用可能です。

何より、問題はガイドです。基本的に1社の寡占ですので、同じガイドは同じ形をしています。ただ、ガイドの形状が変わると、足の部分(竿と接触する部分)の長さが個々に違う傾向がありますので、合わない可能性があります。ガイドが揃っているお店があれば大丈夫なのですが、そうでない場合は厳しいです。

合わないときの技は、他には糸巻きをしたり、塗料もいい方法です。
留めは瞬間接着剤で問題ないと思います。今はゼリー状もありますので。ただ、急いで次々すると竿がくっついってしまいますので、注意が必要です。

トップはライターでいいと思います。
少しあぶって、軍手やタオルで引っ張ります。
気をつけないと、パンクして、焼けたトップが飛んでいく場合もあります。

これでトップは抜けますので、尻栓から抜いてしまいます。2番以降は皆さんがあぶってと書いていますが、私はたたきつける以外にはやったことがありません。つまり、はずしたいガイドを持って、勢いよく仕舞う。これで、下のガイドとぶつけて、はずします。ガイドには縦溝が切ってあるので、普通は数回やれば、これで外れます。交換が目的ですので、...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報