その昔、「ミクロの決死圏」と言う映画が有りました。

その「アニメ版」みたいな作品がテレビ放映されていたそうです。

私、全く判りません・・・(^^;

また、友人とモメましたが、その友人も「タイトル」が思い出せないとか・・・。
(+.+):
しかし、
●『【ミスター・念力】とか言う、インド人みたいなのがチームにいて、念力を使って、チームの危機を救っていたぞ』
と言うのです。
へえ~~~・・・。
(・o・) !
そんな作品、本当に有りますでしょうか?。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>そんな作品、本当に有りますでしょうか?。


「夢でも見てたんじゃないか」とお考えでしょうが、本当にありましたし、ワタシもリアルタイムで見た1人です(「ミスター・ネンリキ」でググったら0.33秒で2000件がヒットしましたよ)。

'72年ころにNHKが海外TVマンガ(当時、アニメなんてハイカラな言葉は使わなかった)として放送した「ミクロ決死隊」です。NHKですから全国で放送されていたと思われます。

NHKが放送して、ミスター・ネンリキの声が大塚周夫氏など、結構、豪勢な番組でしたが、ミクロ決死圏のオマージュというよりもパロディに近いモノが(「”決死圏”の関係者がよく認めたな」の声も少なくない)・・・当時の視聴者でも「記憶に残っているのはミスター・ネンリキだけ」と言う人も多いでしょうね。

メジャーな番組ではありませんでしたが、手をかざして「ネンリキ~」とやった記憶のある、放送当時に小学生だった人も少なくないんじゃないかな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとう御座います。

驚きで御座います。
「ミスター・ネンリキ」で検索出来るのですのですねェ・・・。
それにしても・・・、タイトルが・・・、
●「ミクロ決死隊」
とは・・・、知ってビックリ・・・。
(^^;
映画版を、まんまパクッてますね・・・。

放送局がNHKと知って、二度ビックリ。

ミスター・ネンリキの声が大塚周夫さんと知って、三度ビックリで御座います・・・。

DVDとか、出てないのかなァ・・・。
見たくなって来ました。

重ねて、ありがとう御座いました。

お礼日時:2010/01/24 09:01

ミクロイドSというアニメを聞いたことがありますが、インド人の念力はわかりません。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々の回答、ありがとう御座います。

「ミクロイドS」、You Tubeで見てみましたが違う作品のようです。

友人の話では、映画「ミクロの決死圏」に出て来るような乗り物とソックリな「潜水艇?」らしきモノに、チームが乗ってたと言うのですが・・・。

お礼日時:2010/01/24 08:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qあしゅら男爵誕生!の話(^^;

笑っていいとものスペシャルで マジンガーZを見て
ふと思い出したことがあります。
それは かなり前の少年誌(名前は忘れました)の特集記事で
あしゅら男爵の誕生秘話なんですが 記憶では2色刷りで 男と女のミイラの半分半分を ドクターヘルが手術して合体させ 蘇らせたという話しでした。
この記憶には自信あるのですが これは公式設定だったのでしょうか?
それともウルトラマンシリーズでよくあった 出版社の作り話しだったのでしょうか?

Aベストアンサー

■あしゅら男爵■
1.ベースはミケーネ帝国貴族夫婦のミイラ。
2.兜十蔵博士らの行ったバードス島発掘調査中にDr.ヘルが発見した。
3.発見時の落石でそれぞれ半分が損傷した。
4.ヘルが手下にするため無傷だった男の左半身と女の右半身を繋ぎ合わせてサイボーグにした。
5.決めせりふは「お許し下さい。Dr.ヘル」
というものですね。

えっ、5は余計?・・・・・・・・お許し下さい!Dr.ヘル。

これはダイナミックプロによる公式設定ですよ。

マジンガーはまずTV放送の企画があって、ダイナミックプロが設定を固め、講談社に持ち込んで少年マガジンで雑誌展開しました。
永井豪の漫画を「マガジン」に連載し、TVの情報も優先的に講談社で掲載する、というものです。

ウルトラマンの放送当時はこういった雑誌とTVのタイアップという考えが出る前で、講談社の編集者だった大伴昌司さんがオリジナルの「設定」(というか図解記事)を作っていたのです。
これは円谷プロが当時そこまで細かい「設定」を考えてなかった(フィルム製作に必要ない部分ですから)というだけで公式扱いになってるものも多く、あながち「雑誌の作り話」という訳じゃないですよ。

昭和30年代までの少年誌は映画やスポーツの解説、40年代になるとウルトラのヒットを受けてTVとのタイアップ記事が部数を伸ばす「目玉」になっていました。
ただ、マジンガーの頃になると漫画家が増えてきて、少年誌はオリジナルの漫画主体になり、こういったタイアップ記事は下火になっており、少年マガジンの連載も短期で終了しています。

この頃は#2さんの書かれたテレビマガジンなどでこの手の企画記事がよく載っていましたね。

■あしゅら男爵■
1.ベースはミケーネ帝国貴族夫婦のミイラ。
2.兜十蔵博士らの行ったバードス島発掘調査中にDr.ヘルが発見した。
3.発見時の落石でそれぞれ半分が損傷した。
4.ヘルが手下にするため無傷だった男の左半身と女の右半身を繋ぎ合わせてサイボーグにした。
5.決めせりふは「お許し下さい。Dr.ヘル」
というものですね。

えっ、5は余計?・・・・・・・・お許し下さい!Dr.ヘル。

これはダイナミックプロによる公式設定ですよ。

マジンガーはまずTV放送の企画があって、ダイナミ...続きを読む

Q春休みを利用してプリキュアを見よう!と意気込んでおります(^^; でもたくさんシリーズがあるのでどれ

春休みを利用してプリキュアを見よう!と意気込んでおります(^^;
でもたくさんシリーズがあるのでどれから見ようか決められません…!
個人的に気になっているのは、ハートキャッチプリキュア(絵がおジャ魔女どれみと似ていて懐かしかったので…)ですが、みなさまのおすすめのシリーズと魅力を教えていただけないでしょうか>_<
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

馬越嘉彦さんの絵だからね~気になっているんだったら
ハートキャッチから見れば?
ハートキャッチはプリキュアシリーズのターニングポイントになった作品じゃないかと
思っています、僕も好きな作品です

「ふたりは~」はやっぱり見ておきましょう
一番初めの作品なので外せないですね、原点ですからね!

僕は「ハピネスチャージ~」が好きです
主役のキュアラブリーのCVがマクFのランカちゃんと同じ方ですし~
ハートキャッチの時のキュアマリンとハピチャのキュアプリンセスが
似たようなおバカタイプでとても好きw
キュアマリンの劇場版での扱いは・・・笑っちゃいますよ!!


好きな声優さんとかって居る?
水樹奈々さんが好きだから、とか堀江由衣さんが好きなのでということで
作品を探すっていう手もあるよ!

QSTEINS GATEのミスターブラウンについて

STEINS GATEのミスターブラウンのお店はかなり暇そうなのですが、
どうしてアルバイトを雇おうと思ったのでしょうか?
教えて下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

ブラウン管テレビの販売と修理の店みたいなので
廃品回収で修理の材料となるテレビを集めているのでは?
その為に店番が必要なのではと思います。

Q違う作品のキャラクターが出てくる作品

昔のアニメって違う作品のキャラクター(ロボットも可)が、よくエキストラとかで登場してましたよね。
似ているだけでもいいので、知っているの教えてください。

Aベストアンサー

90年代に放送されていたサンライズの「勇者シリーズ」はスポンサーであるタカラの関係から、以前の「トランスフォーマー」路線のロボットキャラのリカラー版、マイナーチェンジ型が過半数は敵メカとして多数登場していました。

伝説の勇者ダ・ガーン~レッドガイスト(デスザラス)

勇者特急マイトガイン~轟龍(ダイアトラス)

黄金勇者ゴルドラン~ザゾリガン(メガザラック)

などの敵メカなどはトランスフォーマーの各シリーズのリーダー格のリカラーでかなり露骨なデザインでした(轟龍-ダイアトラスはサイバトロン6代目総司令官)。もっともアニメ劇中ではトランスフォーマーの時より、かなりディフォルメはされてはいましたが。



そのほかバンダイのスポンサーによる86年作品「マシンロボ クロノスの大逆襲」で登場した敵ギャンドラーの主力空母バリガールXは東映戦隊シリーズの「太陽戦隊サンバルカン」の巨大空母ジャガーバルカンにリカラーと大袈裟な装飾を加えたものの、シルエットは大して変わっていないというケースもありました。
ほかマシンロボ側の、タフトレーラー、プロトラックレーサーは「超新星フラッシュマン」の2号機メカ「フラッシュタイタン」のタイタンボーイ部分のマイナーチェンジ版です(この双方は兄弟ロボという設定でしたが)。
尚、この作品には色違いなZガンダムがヤラレ役で一瞬登場するシーンがありました。

これらはバンダイから発売されていた変形ロボット玩具だからなのでしょう。

参考URL:http://home3.highway.ne.jp/nenriki/labo/study4.html

90年代に放送されていたサンライズの「勇者シリーズ」はスポンサーであるタカラの関係から、以前の「トランスフォーマー」路線のロボットキャラのリカラー版、マイナーチェンジ型が過半数は敵メカとして多数登場していました。

伝説の勇者ダ・ガーン~レッドガイスト(デスザラス)

勇者特急マイトガイン~轟龍(ダイアトラス)

黄金勇者ゴルドラン~ザゾリガン(メガザラック)

などの敵メカなどはトランスフォーマーの各シリーズのリーダー格のリカラーでかなり露骨なデザインでした(轟龍-ダイ...続きを読む

Q作品のタイトルがわかりません(多分WOWOWの作品です)

 数ヶ月前、ふと思い出したアニメのワンシーンがあるのですが、ワンシーズン考えてもタイトルが出てきません。

 具体的な内容ですが、

・数年前の作品です。(最低でも3年は前です。ビッグオーと近い時期にやっていた気もしますが、これは自信ないです)

・恐らくWOWOWです。BSしか契約していないので、ノンスクランブル放送です。英語で『この番組は~でお送りします』みたいなのがありました。

・この番組の前の番組は、世界の天気予報でした


【ここから内容】

・ヒロインが戦艦みたいな乗り物の船長(?)で、『エンゼル・シュート』とかいう決めセリフと共にビームぶっ放します。

・↑の主人公の名前は、中国語でした。多分3文字です。(●●メイとか、●●リンとかいう名前だったと思います)

・ヒロインが怪物に変身します(で、相手役の男が抱きしめてなだめて人間に戻りました。男は傷だらけです)

・第一話(くらい)のラストで、ヒロインの墓(まだ生きてるのに)が出てきます。(↑の男が発見します)


・最終話で、ヒロインが白のワンピース(+白い帽子/だったはず)を着て、自転車で走ります。(セリフは、『やっと見つけたんだ!●●●を……!』だったと思います)


 作品名がわからなくても、WOWOWで放送されたアニメ一覧表のようなものがあれば、それでも構いません。そこから自力で調べるのでリンクの掲載などをお願いします。

 数ヶ月前、ふと思い出したアニメのワンシーンがあるのですが、ワンシーズン考えてもタイトルが出てきません。

 具体的な内容ですが、

・数年前の作品です。(最低でも3年は前です。ビッグオーと近い時期にやっていた気もしますが、これは自信ないです)

・恐らくWOWOWです。BSしか契約していないので、ノンスクランブル放送です。英語で『この番組は~でお送りします』みたいなのがありました。

・この番組の前の番組は、世界の天気予報でした


【ここから内容】

・ヒロインが戦艦...続きを読む

Aベストアンサー

たぶん「星方天使エンジェルリンクス」だとおもいます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/星方天使エンジェルリンクス

公式ページ
http://www.sunrise-inc.co.jp/seihou/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報