高杉良さんと真山仁さんは何かご関係があるのでしょうか?
真山さんが香住究というペンネームで執筆された連鎖破綻では高杉さんが帯に一言かかれていますし、
真山さんの「虚構の砦」というタイトルは、高杉さんの「虚構の城」のオマージュだと思われます。
他にも表現が似ているところが多くあるように思えます。

これは単純に影響を受けているというだけでしょうか?
それとも何か師弟関係、もしくは交友関係があるのでしょうか?

以上です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

経済小説」に関するQ&A: 経済小説

A 回答 (1件)

小説のタイトルは、作家の考えた題名とは限りません。


作家と編集者が話し合って、作者の考えた題名でなく、
編集が提案した題名になる事もあります。

帯も、高杉良さんは経済小説の第一人者なので、
作家本人が依頼したのかもしれませんが、
編集が依頼したのかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 _

お礼日時:2010/07/11 18:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q執筆者の著書名がわかりません: 教えて下さい

娘の学校のアメリカ文学の講義でレポートが出されました。遠竹護教授の著書を一冊選んで読み、内容を4000字にまとめるというものです。ただ、その遠竹先生の著書名がわからないので、本の発注ができず困っています。お分かりになる方、どうぞ教えて下さい。できれば大晦日頃までには読み終えたいのですが。どうもすみません。

Aベストアンサー

 ここに先生の著書のリストがあります。
 http://www.tohoku-gakuin.ac.jp/faculty/letters/english/staff/totake.html

Q童話で、鶏と馬と何かと何か

童話で鶏と馬とあと2匹くらいが出てきて、みんなで化け物の影を作る話があったんですが題名を忘れました。教えてください。

Aベストアンサー

 グリム童話「ブレーメンの音楽隊」では・・・?
 ロバ、イヌ、ネコ、ニワトリがでてきます。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%81%AE%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E9%9A%8A

Q絵本ハンカチさんベレーさんマントさんについて教えてください。

もう25年~30年程前の絵本になるのですが、内容は、3人の魔法使いがいて
ハンカチさんはハンカチを振るとお菓子が出せ、ベレーさんはベレーをかぶると動物の話している事がわかり
マントさんは空を飛べるといったお話だったと思います。
大切に置いていたのですが、数年前実家を離れてしまった間になくなってしまいました。
古本でなんとか探してみようと思いますがどなたの作品で出版社がどこかもわかりません。
絵本の在庫が豊富な古本屋やこの本が閲覧できる図書館等、何か情報があれば教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

参考URLの図書館蔵書検索で、『ハンカチさんベレーさんマントさん』のタイトルを検索してみました。

お住まいがどちらか分からないので、試しに「東京都立図書館」でやってみると、
「文:松岡節、絵:東君平、出版社:ひかりのくに」で出てきました。「ひかりのくに傑作シリーズ」として1970年に出たようです。所蔵館は日比谷図書館でした。参考URLでお近くの図書館があれば検索してみるか、またはこのデータを使って最寄の図書館で確認されるのがよいのでは?

参考URL:http://www.inh.co.jp/~yuichiro/opac.html

Qパン屋さんやお肉屋さん、その他いろんなお店屋さんが出てくるようなお話

20数年前に、私が幼稚園の発表会で演じたお話です。
パン屋さんがお肉屋さんに○○を借りに行って、(パン屋からお肉屋だったかはわかりませんが)
そのまたお肉屋さんが××屋さんに、△△を借りに行って・・・という風に借り物が続くようなお話だったと思います。
動物も登場したかもわかりません(当時の写真を見ると、私は牛のお面をつけています)
たぶん、絵本か何かのお話を劇として演じたのだと思います。
記憶があいまいで上手く説明できず、すみません。
ずっと気になっているのですが、こういうお話(またはこれに近いお話)をご存知の方、いらっしゃいませんか?
私の通った幼稚園はすでに廃校になってしまい、確認できません・・

Aベストアンサー

こんにちは!
完璧な回答ではなくて大変申し訳ないのですが参考までに。
このお話しは
ネコにしっぽをとられたねずみのお話しからスタートではないですか?
しっぽを返す代わりに「ミルクをちょうだい」とネコにいわれて
牝牛に頼みに行くけれど、「牝牛に干草をくれればね。」
といわれ、農家の人(干草を作っている人・・・うーん)に
たのむけれど、その人にはお肉をたのまれ、お肉屋さんにはパンを
頼まれて、パン屋さんに行くと「小麦をかじらなければね。」と
約束をして、またさかのぼって順にあげてネコにしっぽを返してもらう
・・・・という日本ではない(たぶん類似の昔ばなしは日本にもあると思いますが、ミルクや小麦は日本の昔ばなしのツールとしては出てこないと思うので)昔ばなしだとおもいます。途中違う動物が出てくるものもあるかも知れません。
だた題名が「ねずみのしっぽ」だったかもっと違う名前だったか
思い出せないのです。肝心なところなのにー。
オーソドックスな昔話なので、いろいろな題名であるかもしれません。
今の段階で分かることをとりあえずお知らせしました。

こんにちは!
完璧な回答ではなくて大変申し訳ないのですが参考までに。
このお話しは
ネコにしっぽをとられたねずみのお話しからスタートではないですか?
しっぽを返す代わりに「ミルクをちょうだい」とネコにいわれて
牝牛に頼みに行くけれど、「牝牛に干草をくれればね。」
といわれ、農家の人(干草を作っている人・・・うーん)に
たのむけれど、その人にはお肉をたのまれ、お肉屋さんにはパンを
頼まれて、パン屋さんに行くと「小麦をかじらなければね。」と
約束をして、またさかのぼって順にあ...続きを読む

Qノッポさんとデブさん

子供の頃夢中になって読んだ本です。
正確なタイトルをご存知の方教えてください。

デブはデブの国に住み、ノッポはノッポの国に住んでいると言う内容でした。ファンタジー色が強い本だったと記憶しています。凄く面白かったので、久々に読んでみたいと思いました。

Aベストアンサー

こんばんは。

タイトルはそのものズバリ、

『デブの国ノッポの国』 アンドレ・モロア/集英社、旺文社、学研、偕成社 

です。
------------------------------------
お読みになったものが、どの出版社のものかわかりませんが、
集英社版なら現在も入手可能です。

図書館にもあると思いますが…。

参考URL:http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/408274018X.html


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報