最新閲覧日:

高杉良さんと真山仁さんは何かご関係があるのでしょうか?
真山さんが香住究というペンネームで執筆された連鎖破綻では高杉さんが帯に一言かかれていますし、
真山さんの「虚構の砦」というタイトルは、高杉さんの「虚構の城」のオマージュだと思われます。
他にも表現が似ているところが多くあるように思えます。

これは単純に影響を受けているというだけでしょうか?
それとも何か師弟関係、もしくは交友関係があるのでしょうか?

以上です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

小説のタイトルは、作家の考えた題名とは限りません。


作家と編集者が話し合って、作者の考えた題名でなく、
編集が提案した題名になる事もあります。

帯も、高杉良さんは経済小説の第一人者なので、
作家本人が依頼したのかもしれませんが、
編集が依頼したのかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 _

お礼日時:2010/07/11 18:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ