プロが教えるわが家の防犯対策術!

スターレット 4EーFEのアイドリング調整について


スターレット 4EーFE ルフレ 平成10年式に乗っています。

調子よく乗りたいと思い、アイドリングしながらスロットルボディーに
つながるダクトを外してエンジンコンディショナーを吹きかけました。
すると、アイドリングが高くなったままになってしまいました。
タコメーターが無いため正確な回転数はわかりませんが、エンジン音などからすると
大体1000rpm~1200rpmくらいではないかと思います。


バッテリーの端子を外して、ECUをリセットしてみましたが変化はありませんでした。

アイドリング調整用のスクリューらしきものは見つからなかったため、どうやって
回転数を下げたら良いかわかりません。


どなたか調整方法をしっていましたら力を貸してください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

エンジンコンディショナー直後の場合は大体アイドリングが上昇します。

アイドリングで放置してみてください。ECUの学習により、正規のアイドリングに落ち着くと思います。
ほかに考えられるのは、1.ISCVの故障 2.スロットボディーからインマニ間でエアーを吸っている。
    • good
    • 0

いなかのくるまやです。



おそらくISCVのカーボン汚れが取れたことで本来の空気流量に
戻ったことでそれまでのアイドル回転より高くなったのではないか
と推測しています。

#1さん回答にもありますが、そのころのトヨタエンジンだと
スロットルボディとエアクリーナーをつなぐ配管上部あたりに
直径1cm程度の黒いゴムのキャップがついてるのが多かったです。

で、そのキャップを外したら中には+ネジがあるので、それを
締め込んでいくことで空気流量を絞ってアイドリングを低下させる
ことができるはずです。
4E-FEはかなりの台数を見てきてたはずなんですが、いかんせん
どれも「壊れないエンジン」だったんで、まったくもってアイドル
アジャストスクリューをいじる機会がありませんでした・・・。

もしその黒いゴムキャップの中の「アイドルアジャストスクリュー」
がないようだと、残念ながらISCVのASSY交換になります。
(まさかISCVがないエンジンってことはないと思います・・)
ISCVの中には液状クリーナーで清掃すると逆に不調になって
しまうものもあるようですので、通常EFI仕様エンジンの場合は
エンジンコンディショナー(トヨタ純正にもある)を燃料給油時に
「ガソリン給油口からタンク内に向かって噴霧する」という用法が
注意書きに書かれていたりします・・・。
(今回使われたコンディショナーにもそういう説明ないですか?)

そういった間接的清掃方法でもそこそこ効果はあるみたいです。
(というよりISCVが壊れるリスクを回避しているのかもしれない)

とにかく「直径1センチ級の黒いゴムキャップ」を探しましょう!
    • good
    • 0

ゴムのメクラブタのようなものはありませんか


その中にアジャストスクリューがあると思いますが
無ければ調整はできないと思います
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QEP82スターレットのエンジン不調

 今日スターレットのエンジンをかけたら、2000~3000回転以降でエンジンが急にふけなくなりました。エンジンはノーマルで、ターボ付きのエンジンです。前日までは何も問題なく回ったのに急に不調になりました。しかし、しばらく時間が経ってからエンジンをかけたら問題なく回りました。症状は以下の通りです。

(1)アイドリングでエンジンが息継ぎをして回転がばらつく
(2)2000~3000回転でエンジンが息継ぎをする(ハーレーみたいに回転が遅くなってふけなくなる)
(3)2000~3000回転のエンジンがふけなくなるエリアを超えて回すと、止まりそうになってアフターファイヤーをする
(4)空ぶかしのときは正常に回るのに、実際に走ると症状が出る(たぶん負荷がかかるため)
(5)時間が経過してから再度エンジンをかけたら、最初のほうだけ症状が出て、あとは何の問題もでていない

 現在は正常に走るのですが、あさって遠出をするのでまた症状がでないかと不安です。しかし、ディーラーに出していたら時間がかかるかもしれません。確かに走っている途中で壊れたらそれどころではないのですが、現在は症状がでないので一過性のものかもしれませんしね。原因は、おそらく吸気系か点火系、コンピューター(センサー)だと思うのですが、たぶんパイピング抜けやタービンブローではないと思います。なにかアドバイスできることがありましたら教えてください。もしかして前日の暴風雨で燃料系に水が混入していたなんてことも考えられるかもしれません。
 また、あとで一応ディーラーにもっていきたいのですが、マフラーや車高長をいじっていて、入りずらいのですがインナーサイレンサーをいれれば大丈夫なものなのでしょうか?チューニングカーという時点で入れないディーラーもあるようなので、ちょっと不安です。

 今日スターレットのエンジンをかけたら、2000~3000回転以降でエンジンが急にふけなくなりました。エンジンはノーマルで、ターボ付きのエンジンです。前日までは何も問題なく回ったのに急に不調になりました。しかし、しばらく時間が経ってからエンジンをかけたら問題なく回りました。症状は以下の通りです。

(1)アイドリングでエンジンが息継ぎをして回転がばらつく
(2)2000~3000回転でエンジンが息継ぎをする(ハーレーみたいに回転が遅くなってふけなくなる)
(3)2000~3000回転のエンジンがふけなくなる...続きを読む

Aベストアンサー

昔、別の車ですがエンジンルームを洗ったあとに質問者と同様の状況になったことがあります。
プラグが入る穴に水がたまってました。
参考URLのページ中ほどにEP82のプラグ失火の事がのっています。
状況的にはちかいのではないかと思います。
なお、T端子短絡でダイアグノーシスを見るのもいいと思います。
今週(2007.03)本屋でみたオートメカニック誌にダイアグノーシス特集が載ってました(EP82が載ってたかは?ですけど)。
(ただ、T端子短絡でみれるのは断線とか明らかにおかしい状況なので参考程度です。さらに、いつごろ発生したトラブルコードかわからないので、一度読み取って不良部分のあたりをつけたあと、一度コードをリセットしてもう一度現象が再現するのを待たなければいけないので、遠出前の確認としてはいまいちです。また、トラブル(失火)のためにセンサー異常を出す場合もありますし。)
ディーラーに持っていきたいとの事ですが、対応はディーラーによります。
「うちは一応ディーラーの看板をかかげている以上、申し訳ありませんが改造車をリフトに上げることはできないんですよ。」
と丁寧に断られたこともあります。
ただ、基本的に車検に通る車であれば見てくれます。
一度センサー関係の相談をしてみてはどうでしょうか?

参考URL:http://www.auto-craft.net/trouble.html

昔、別の車ですがエンジンルームを洗ったあとに質問者と同様の状況になったことがあります。
プラグが入る穴に水がたまってました。
参考URLのページ中ほどにEP82のプラグ失火の事がのっています。
状況的にはちかいのではないかと思います。
なお、T端子短絡でダイアグノーシスを見るのもいいと思います。
今週(2007.03)本屋でみたオートメカニック誌にダイアグノーシス特集が載ってました(EP82が載ってたかは?ですけど)。
(ただ、T端子短絡でみれるのは断線とか明らかにおかしい状況なので参考...続きを読む

Qエアコンを使うとエンストするけどなにが原因?(AT車)

 昨年の夏から日中の熱い車内でエアコンを使うと、たまにエンストすることがあります。
 詳しい症状は、
1、エアコンをつけてもあまり涼しくならない。
2、エアコンを使ってしばらくすると、助手席後ろあたりから変な音が繰り返  し鳴り、それと同時に回転数?が上がったり下がったりする。
3、2の状態でドライブで信号待ちしていると振動が起こり、それが強くなる  とエンストすることがある。
4、夜など涼しい時には2や3の症状がでにくい。逆に暑い日ほどでやすい。
5、エアコンを強くするほど症状がでる。
6、補足でバッテリーが古い、等。

 バッテリーが古いので交換すれば直りますか?
 早い話がディーラーとか行けばいいんですけど、考えられる原因を少しは知っといたほうがいいと思いまして。昨年ガソリンを入れるついでにスタンドで診てもらったのですけど、ガスとか入れただけで結局直りませんでした。
 車には素人に近いので抽象的な説明ですいません。逆にできるだけ、素人にもわかりやすい回答をしてもらえると嬉しいいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

エアコンを入れたときは、エンジンの回転が多少上昇するように出来ています。(高級車の場合自動補正する物もあるようですが) その理由として、エアコンのコンプレッサー(エアコンガスを圧縮するポンプ)によってエンジンの負荷が増え、アイドリングのような通常無負荷状態の回転数ではエンストしてしまうから。 それを補正するためにアイドリングの回転数を上昇させる部品があります。 この部品が故障すると回転数を上げることが出来ず、いつものアイドリングよりも回転数が下がってエンジンの振動が出やすくなります。

1についてはエアコンガスの圧力が低下していることが主な原因と思われます。 整備工場や、大手カー洋品店で充填することが出来ますが、できるだけ外気温が高い日に持込んだほうが作業がしやすくなり、エアコンの利きも良くなる可能性があります。 最近エアコンガスを入れたばかりという場合は、ガス漏れかガスの入れ過ぎの両面が考えられます。 また、最も基本的な確認場所としてはベルトの張りを見てください。 張りが弱い場合、エアコン、充電ともに能力が低下します。

2の助手席の後ろあたりから変な音がするというのは、エンジンの振動がマフラーに伝わって、極端に震えているのではないかと思います。 試しにエアコンをかけた状態で車の後ろに回ってマフラーを見てみましょう。 ブルンブルンと揺れているはずです。

3は、AT車特有の車は止まっているけどエンジンに負担がかかっている状態(ドライブレンジに入れっぱなし)で更にエアコンの影響から回転が下がってますからエンストしやすくなります。

4の場合、エアコンが適正な温度以下になると自動的に切れるように出来ているので、コンプレッサーによる負荷が減少することが要因と思われます。

5では、強くすればそれだけ送風ファンの消費電力が大きくなるので、その電力を補う為に、オルタネーター(発電機)の負荷が大きくなり、エンジンの回転数も下がりやすくなります。 また、回転が下がると充電効率も下がり、電圧が低下して、バッテリーに大きな負担をかけます。

6のバッテリーが古いの判断は、エンジンをかけようとしたときにスターターの回転が一息つくような症状が出たら即交換です。 場合によってはオルタネーターの劣化の可能性もありますが、バッテリーを2年以上使っている場合は交換したほうが無難です。 オルタネーターの充電能力は、ガソリンスタンドや、整備工場、ディーラーなどで簡単に確認できますし、車検時に確認している『はず』です。

自分で確認できる場所
1.ベルトの緩み(車の取扱説明書に規定の張り具合が指定されている)
2.常にエンジンが軽快に始動する場合、バッテリー、オルタネーターはOK。
3.エンジンをかけてエアコンを使わない状態で問題なく安定しているか?
4.エアコンを作動させてインテークパイプ周り(エアクリーナーからエンジンまで)で、エアコンを使わなかったときにはなかった『シュー』というスプレーを吹いているような音が連続的に出ていないか。 出ていればエンジン制御用の(ゴム)パイプに問題があるので即整備工場へ。(プラスチック製の配線が繋がった部品から音が出ている場合は正常)

エアコンを入れたときは、エンジンの回転が多少上昇するように出来ています。(高級車の場合自動補正する物もあるようですが) その理由として、エアコンのコンプレッサー(エアコンガスを圧縮するポンプ)によってエンジンの負荷が増え、アイドリングのような通常無負荷状態の回転数ではエンストしてしまうから。 それを補正するためにアイドリングの回転数を上昇させる部品があります。 この部品が故障すると回転数を上げることが出来ず、いつものアイドリングよりも回転数が下がってエンジンの振動が出やすくな...続きを読む

Qカーエアコンの適正ガス圧が知りたいです。

カーエアコンのガス圧を最適にしたいと思います。ネットで低圧のみのゲージを購入しました。説明書によると、エンジン回転1500回転で低圧のガス圧2.0から2.5キロとなっていたので、測定したら3.0キロありました。減らしたほうがいいのでしょう?車は、H6年型ハイエースでデュアルエアコンです。134Aです。

Aベストアンサー

エアコンの圧力測定は、高・低圧ゲージを繋ぐのが基本です。
以下、測定条件です
エンジン回転数(アイドルアップ作動後):1000±500rpm
ACスイッチ:ON
ファンスイッチ:最強
温度コントロール:最強冷
内外気切り替え:内気
ドア:全開
AC吸い込み口温度:30~35℃(理想値)

低圧側:1.5~2.5kg/cm²
高圧側:14~16kg/cm²

低圧側3kg/cm²ですと若干高めですが高圧側の圧力が不明なので、冷媒量が多過ぎなのかどうかわかりません。
ですが十分冷えるのであれば、このまま使用しても問題ない圧力ですよ。

QスターレットEP91のサベルト4点式シートベルトの取り付けand後部座席の取り外し方

サベルト4点式シートベルトの取り付けようと色々考えていますがなかなかうまく付けられません、アイボルトを購入して取り付けようかと思いましたがどうやらネジの大きさが合わない様子、自分で調べたところL字型のステーで固定してる方もいるようですがどうも運転席左側のネジが下の方にありすぎてうまく取り付けることが出来ない模様、自分はノーマルのシートに取り付けてるのですが社外品のシートandシートレールに交換すればアイボルト固定用の穴でも開いてるのでしょうか?またリヤの固定する場所はみなさんはどのように固定しているのでしょう?後部座席のシートベルトの所から固定しているのでしょうか?また、後部座席の外し方、後部座席の左側の小物入れのあるところのパネルの外し方も知りたいのでどなたか知っておられる方は知恵を貸して下さい宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

まづアイボルトはネジピッチの合うものを探して購入しましょう。
四点ですので右側のボルトは座って右側の標準シートベルトの付け根についているところに一個、左側は座って左側の標準シートベルトの受け側(カバーをはずして下さい)
に一個、後はリアシートをはずして標準リアシートベルトと同じ所に一個で良いはずです。
リアシートはEP91の場合、リアシート前部(お尻で座る部分)とフロア(車体の底面)の間に手を入れて、垂直に引っ張ります。金具ではまっているだけですので、ガコン!って取れます。
そうすればリアシートベルト取り付けネジがあるはずです。
左リア小物パネルは一体型だと思いますので、ちょっと面倒ですが、リアシート背もたれを取り外せば大丈夫です。
パネルはプラスチックの小さな部品ではめ込む形状になってますので、一個一個慎重に外した方がいいですよ。

Q油圧計を見て何を読み取ればいいのでしょうか?

まず、エンジンがどういった状態のときに油圧が高まり、低くなるかというメカニズムから教えていただけると 助かります(^^;)

Aベストアンサー

車種やエンジンによるオイル循環形式にもよりますが、
通常のオイルパンを持つ、ウェットサンプ式ならば
エンジン内部のクランクシャフトの回転から、
タイミングベルト(またはカムチェーン)を使い、
オイルポンプを駆動して、オイルパンにあるオイルを
エンジン内部に循環させています。

エンジン回転が上がれば、ポンプの回転も上がるため
油圧も上昇しますが、際限なく油圧が上がってしまうと
エンジンのシール部分に負担が掛かってしまうため、
一定の油圧以上は上がらないように、制御弁があります。
最大圧力は、車種・エンジンによっても異なり、大体
4.0kgm~6.0kgmの間で停止します。

従って通常走行で、オイルが劣化していなければ、
暖気後は常に一定の圧力が掛かっているはずです。
(暖気前はオイルが固いため、圧力は上がります)
走行中の圧力が、通常より低い指示を示すようなら、
オイルの劣化や、ポンプの異常が考えられます。

また、アイドル回転で最低の圧力となりますが、この時の
最低値が基準以下となると、警告灯が点灯します。
最低値はエンジンによっても異なりますが、大体
1.0kgm~1.5kgmぐらいが一般的です。

もちろん、完全に暖気が完了した油温での数値です。
これもオイルの劣化によって下がってくる場合があります。

正確には「油温計」を合わせて使用し、油温・油圧の
それぞれの数値による指示を見る必要があります。

車種やエンジンによるオイル循環形式にもよりますが、
通常のオイルパンを持つ、ウェットサンプ式ならば
エンジン内部のクランクシャフトの回転から、
タイミングベルト(またはカムチェーン)を使い、
オイルポンプを駆動して、オイルパンにあるオイルを
エンジン内部に循環させています。

エンジン回転が上がれば、ポンプの回転も上がるため
油圧も上昇しますが、際限なく油圧が上がってしまうと
エンジンのシール部分に負担が掛かってしまうため、
一定の油圧以上は上がらないように、制御弁があり...続きを読む

Qインナーサイレンサーってエンジンに負荷がかかってよろしくないと聞きますが、実際にブローした方いらっしゃいますか?

タイトルの通りなんですが、インナーサイレンサーをつけるとエンジンに負荷がかかって回転をあげるとよくないと聞きますが、実際にタービンまたはエンジンブローしたやそういった経験を周りがした方いらっしゃいましたら、教えていただけますでしょうか?乗っているのはNAなのでタービンブローの心配はないのですが・・・ もちろん、インナーサイレンサーの絞り具合や構造によっても負荷の具合は変わると思うので一概には言えませんが、その時の状況(ブローしたときの回転数など)も教えていただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

そもそも排気圧がインナーサイレンサーを付けた事により上がり、エンジンに負荷がかかるといった意味が不明です
インナーサイレンサーという限りは、後付のスポーツマフラーで口径が大きい物だと思いますが、たとえインナーサイレンサーを付けてもノーマルより音は大きいはずです
つまりノーマルマフラーより排気圧が高い事は無いと思います

さてもしも動いているエンジンの排気管、マフラーをふさいだらどうなるでしょう?排気ガスが抜けないので燃焼ガスがそのまま残るので自然にエンジンが止まります、その原理を利用したのがディーゼルの排気ブレーキです、もちろんエンジンに影響はありません

以上を考慮するとエンジンの負荷は全くありません、マフラーの抜けという排気干渉の度合いはあるかもしれませんが一般公道レベルでは問題無いでしょう

しかしながらマフラーに負荷はかかると思います
ノーマルと比べ軽く、素材も鉄やステン等の薄い素材を使っていますから、溶接部分やプレス部分には負荷はかかるでしょう
インナーサイレンサーも取り付け部分が緩んでいたり、腐食するとミサイルのごとく飛んで行きますから点検が必要ですね

そもそも排気圧がインナーサイレンサーを付けた事により上がり、エンジンに負荷がかかるといった意味が不明です
インナーサイレンサーという限りは、後付のスポーツマフラーで口径が大きい物だと思いますが、たとえインナーサイレンサーを付けてもノーマルより音は大きいはずです
つまりノーマルマフラーより排気圧が高い事は無いと思います

さてもしも動いているエンジンの排気管、マフラーをふさいだらどうなるでしょう?排気ガスが抜けないので燃焼ガスがそのまま残るので自然にエンジンが止まります、そ...続きを読む

Qメーカーの違うラジエーター液は混ぜてもいいのか?

事情があって、ラジエーター液を注ぎ足したいのですが、メーカーや濃度が違ってもいいのでしょうか? 現在はオートバックスで買った80のタイプが入ってるのですが、ホルツの95タイプが破格に安い店を見付けました。成分はエチレングリコール95%となっています。1リットルほど注入して混ぜてもいいものでしょうか?

別の質問ですが、容器に「オーバーヒートの防止」ということが大抵書かれています。これは冷却水の温度上昇を抑えるという効果があるということなんでしょうか? もし、濃度を濃くした場合、この防止効果は強くなるのでしょうか?つまり、例えば30%濃度より50%濃度の方が、オーバーヒートの防止効果は高いと考えていいのでしょうか?
理屈っぽい質問で申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>メーカーや濃度が違ってもいいのでしょうか?

国産品であれば混ぜても問題は無いですが、海外製の物だと中にはダメな物もありますね。
なので出来れば混ぜない方が、後々の事を考えると良いでしょうね。

>冷却水の温度上昇を抑えるという効果があるということなんでしょうか? 

賞味期間では無いですが、ラジエター液にも有効期間があります。この有効期間内であればラジエター液に入っている添加剤により温度上昇は抑えてくれています。
このラジエター液の有効期間は、エンジン内に入れてから2年程度で性能が落ちますので、2年毎の交換とメーカーで言われています。

ちなみに、現在では廃車するまで交換の必要の無いラジエター液が出て来たようです。

>例えば30%濃度より50%濃度の方が、オーバーヒートの防止効果は高いと考えていいのでしょうか?

何事にも適量と言うのがあり、ラジエター液もその適量の割合で割ってやらないと性能を発揮しません。
ラジエター液は60%以上濃くすると性能は極端に落ちますね。

オーバーヒートだけの効果で見ると、30%も50%も殆ど違いはありません。

ただし、寒冷地の方であれば、50%の濃度で使用する事をお勧めします。なぜならば薄い濃度(30%)ですと、冬季間に凍結する恐れがあるからです。

>メーカーや濃度が違ってもいいのでしょうか?

国産品であれば混ぜても問題は無いですが、海外製の物だと中にはダメな物もありますね。
なので出来れば混ぜない方が、後々の事を考えると良いでしょうね。

>冷却水の温度上昇を抑えるという効果があるということなんでしょうか? 

賞味期間では無いですが、ラジエター液にも有効期間があります。この有効期間内であればラジエター液に入っている添加剤により温度上昇は抑えてくれています。
このラジエター液の有効期間は、エンジン内に入れてから2年...続きを読む

QEP91のヘッドライトのバルブ交換について

ヘッドライトのバルブを交換しようとコネクターをいじっているのですがひねろうとしてもひねれなくて、かといってまっすぐに引き抜こうとしても外れません。
雨よけ?のゴムみたいなものを外さないとダメなのでしょうか?
クルマはEP91ルフレの最後の方の型です。(97年ぐらい?)
もしお分かりの方いらっしゃいましたらご教授願います。
ありがとうございます。

Aベストアンサー

まずバルブにくっついているカプラーを外します(経年によりかなり固いかも)
次にバルブにかぶっているゴムキャップの下の方に四角いペロンとした部分があります。
これを引っ張るとゴムキャップがライトユニットからはがれます。
バルブのところはすこしきつくなっていますが、そのまままっすぐ引き抜きます。

これでバルブの固定部が初めて見えます。
バルブはH4ですから太い針金のようなクリップで左右を押さえてロックしています。
通常はこのクリップの端の部分を押すと溝にはまり込んでいるクリップが
外れ三ツ股にはまり込んでいるバルブが簡単に抜けます。

EP91は持っていませんがネットでライトユニット後面を確認しました。
普通H4バルブはほぼ100%この装着方法で付けられていますから間違いないでしょう。
あとはこの逆の作業をするだけで、手が普通に入るのなら両方で5分ほどの作業です。

Q液体ガスケットの使い方について。

液体ガスケットを使用する時どれくらい塗っていいのかわかりません使い方を教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。

一般には直径2mm程度です。
チューブの先端にプラスチックノズルがついているものが多いですが、そのノズル先端径を2mm程度になるように切り取って使います。
使用後はその穴に、長めのネジを差し込んでおくと、中のガスケットが乾きません(乾いたガスケットはもう使えません、勿体無い)。
使用後は冷蔵庫で保管します。

貼り合わせ面が平面でない部分、局面の部分など隙間のでる部分には2重に塗ります。

液体ガスケットを塗る前は部品どおしをよく脱脂すること。
塗ったものを指で触ったりせず(油分つく)、そのまま貼り合せること。
塗った後は、2分以内(遅くとも5分)を目処に貼りあわせること(表面硬化が始り、接着力低下)。
エンジンなどの場合、貼りあわせ後、1時間以上時間を置いてからエンジンを始動すること(まだ乾いてません。ほんとは1日程度おきます)。

必要以上に多く塗ると、場所によっては(特にヘッド周り、チェーンケースカバー)はみ出したガスケットによって油路が閉塞されたり、チェーンなどの駆動部品に付着したりして不具合がでます(サービスマニュアルに塗布量の記載あり)。また内部にはみ出したガスケットは、脱落するとオイルストレーナ詰まりの原因にも。あくまで、適量を使用します。多めに塗っとけばいいなんてことはありません。

こんにちは。

一般には直径2mm程度です。
チューブの先端にプラスチックノズルがついているものが多いですが、そのノズル先端径を2mm程度になるように切り取って使います。
使用後はその穴に、長めのネジを差し込んでおくと、中のガスケットが乾きません(乾いたガスケットはもう使えません、勿体無い)。
使用後は冷蔵庫で保管します。

貼り合わせ面が平面でない部分、局面の部分など隙間のでる部分には2重に塗ります。

液体ガスケットを塗る前は部品どおしをよく脱脂すること。
塗ったもの...続きを読む

Q車の整備について。パワーステアリングフルードは基本的に全車種対応でしょ

車の整備について。パワーステアリングフルードは基本的に全車種対応でしょうか?
私は10年以上前のホンダ車に乗っています。パワステフルードが少なくなっており、MORI DRIVE社のフルードをホームセンターで購入したんですが、いざ入れようとしたところ『ホンダ純正以外不可』と書いてありました。出来ればJAFにお勤めか整備士免許を取得されてる方、教えてください。
ちなみに車はG25Aです。

Aベストアンサー

現役 自動車修理工です。

これはパワステフルードに限ったことではありませんね。

エンジンオイルだって、「純正 ○○オイルをご使用ください」と書かれてることが多いですし、ブレーキフルードでも、「必ず純正の○○フルードを」となってます。

でも、たいていの場合は、純正でなくても問題ありません。

メーカーは、その部品を開発するにあたって、自社の油脂を使うことを前提にしてます。
その油脂によって最高のパフォーマンスを得られる製品・部品を作ります。

しかし、ユーザーは必ずしも純正オイルを使うとは限らない・・・ってコトくらいは想定してます。
だからといって、他社の数限り無いオイルを使って、「このオイルなら同等の性能を引き出せる」、「これはダメ」・・・なんてテストできるワケもありません。

ですので、自社が開発した製品は、自社のオイルを使ってもらってこそ、想定してる性能を引き出す自信が持てるというものです。


・・・メーカーが指定してない油脂を使うことは、場合によってはホントにイケナイこともあります。

例えば、特殊な構造のオートマチックトランスミッションなど。
かつては、「オートフルード D2」などのオイルで対処したりすることも多かったものです。
ところが、ちょっと古い話しですが、日産の「エクストロイド CVT」などは本当に特殊なミッションで、これを開発するのに、石油大手の「出光」と共同で行なったのです。
オイルに求められる性能が特殊でシビアなため、まずオイルから開発しなくてはならなかったからです。
そのため、このATには決して「ATフルード D2」なんてのは使えません。フツーのCVTオイルでももちろん不可です。

・・・ほんの一例ですが、こういうコトもあるにはあります。
でも、こと パワステオイルならば、そこまでシビアなことではないと思います。
ホームセンターで「パワステフルード」として販売されてるならば、それを使ったところで大きな不具合は起きないでしょう。

ただ、今お乗りのクルマのパワステオイルが減る原因は突き止めておいたほうがイイでしょうね。

現役 自動車修理工です。

これはパワステフルードに限ったことではありませんね。

エンジンオイルだって、「純正 ○○オイルをご使用ください」と書かれてることが多いですし、ブレーキフルードでも、「必ず純正の○○フルードを」となってます。

でも、たいていの場合は、純正でなくても問題ありません。

メーカーは、その部品を開発するにあたって、自社の油脂を使うことを前提にしてます。
その油脂によって最高のパフォーマンスを得られる製品・部品を作ります。

しかし、ユーザーは必ずしも純正オイルを使う...続きを読む


人気Q&Aランキング