『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

大学生の娘が 宝塚の華やかなステージを観たいといいます。
しかし、平凡な我が家ですので、何回も行くという訳には行きません。
宝塚の醍醐味が一度で味わえるようなステージってあるのでしょうか?
又は、お奨めのステージ等ありましたら
教えて下さい。

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

これは、ある意味難しいご質問です。


と云うのは、お嬢様や皆様の御好みが全然わからないからです。
更には、お住まいがどちらかによっても異なって来ます。
ここでは、記者が東京宝塚劇場の全公演を昨年迄、2回宛て観劇していたので、東京を中心に説明させていただきます。

宝塚歌劇の醍醐味は初めて東京宝塚劇場で観劇なされれば、余程ひどい演目或いは全くあわない演目でもなければ感じる事はできると思います。
あわないと云うのは、例えば、源氏物語は大嫌いと云う方が、「夢の浮橋」や「あさきゆめみし」などの源氏物語を扱った作品を観劇される場合を指します。

西洋の、冒険小説+ロマンスがお好きな方ならば、バロネス・オルツイ原作「紅繁縷」シリーズを程よくつまんで脚色した「スカーレット・ピンパーネル」あたりがよいでしょう。
http://kageki.hankyu.co.jp/revue/168/index.shtml
東洋史や「項羽と劉邦」等がお好きな方ならば、「虞美人草」でも(多分)良いでしょう。(記者未見)
http://kageki.hankyu.co.jp/revue/166/index.shtml

ただ、これらは「一本建て」と云って、途中休憩がはいって御芝居が第一部・第二部となります。
宝塚歌劇の華麗さを味わうには、第一部御芝居、第二部ショーと云う組み合わせの方が、良いかも知れません。イギリスのネルソン提督を扱ったものだそうですが、宙組公演があります。
http://kageki.hankyu.co.jp/revue/176/index.shtml

チケットについて、チケットはチケットぴあなどで扱っていますが、土曜、日曜や祝祭日、或いは学校の休暇の時期のチケットは大変入手し難いと思います。また、今回の雪組公演は、チケットが難しくなっています。

なお、チケットの販売状況とか、今後の公演予定は歌劇団のホームページをご覧になるのが良いでしょう。

初めての方は、出来れば、宝塚大劇場か東京宝塚劇場で御覧になった方が良いでしょう。少なくともこの二つの劇場にしかない「銀橋」を使った公演を是非経験されたらと思います。
御芝居の内容(脚本)が出版されています。「スカーレット・ピンパーネル」は版権の関係で脚本を載せられませんが、大劇場公演のものは、公演毎に大抵その公演の終わり頃に出版されます。「ルサンク」と云う雑誌です。これをご覧になるのも一つの方法でしょう。(新宿・紀伊国屋書店-本店1階の柳花堂や、劇場隣と向かい地下1階のキャトルレーブで扱っています。最近ではジュンク堂等でも扱いはじめました。)

他の方の回答に補足させていただきます。
「スカピン」⇒「スカーレット・ピンパーネル」の事。演目名が長いときにこのような略し方をする事があります。他の例、「ベルばら」⇒「ベルサイユのばら」、「風共(かぜとも)」⇒「風と共に去りぬ」、「ミー・マイ」⇒「ミー・アンド・マイ・ガール」

本公演。宝塚大劇場で行う公演。東京宝塚劇場でそのまま公演を行うので普通は東京宝塚劇場公演も含むが、東京宝塚劇場のみの公演については人によって含ませない人がいる。(含ませるのが一般的)

「ベル薔薇」。正しくは「ベルサイユのばら」或いは「ベルばら」と略す。最近は「外伝」などを公演しており当分上演の予定はないと見られる。

尚、お住まいが東京宝塚劇場や宝塚大劇場へのアクセスが不便な方でも、名古屋や博多の公演もあります。これは上記の本公演にくらべると小振りですが、宝塚の雰囲気は楽しめると思います。

御参考にならば幸甚です。

参考URL:http://kageki.hankyu.co.jp/
    • good
    • 0

各組1公演ずつ観劇している主婦です。


歌劇団の公式HPに演目が出ています。
全国ツアーやその他の劇場でも時々公演がありますが、
兵庫の宝塚大劇場か有楽町の東京宝塚劇場(この2箇所での公演を本公演と言います)が良いと思います。
これは、ステージの規模、舞台装置、大階段、組のフルメンバーで人数が揃などの理由ですが、本公演は華やかさが違いますので。
「虞美人」は中国ものです、名前がややこしいかな、中国の歴史物がすきな方にはオススメですが、落涙もので、脚本もしっかりしてます。
「スカーレット・ピンパーネル」は、私の大好きな演目の再演で、ドレスも綺麗ですし、どの曲も素晴らしくストーリーも簡単明瞭で、観劇の初心者の方でも十分楽しむことの出来る作品です。
観劇後、素敵だった、綺麗だった、良かった、との感想が出ること請け合いです!
人気演目なので東京公演はチケットの入手が厳しいかもしれませんが・・。
しかし両方ともお芝居1本立てです。
お芝居が1幕が1時間20分、休憩挟んで、2幕が1時間20分くらいです。
最近はお芝居1本立ても多いですが、ダンスメインのショーが観たいなら、お芝居とショーの2本立てが良いと思います。お芝居が1時間40分で休憩を挟んで、ショーが1時間あります。
もちろん、宝塚なので、お芝居1本立てでも最期にはラインダンス、男役の群舞、フィナーレダンス、大きな羽は付きます。
いろいろ観劇されて楽しんでいただけると、宝塚ファンとしては嬉しいです。
「おけぴ」で検索すると定価以下でのチケット譲渡サイトがあるので、良席ではないですが安く観れます。特に兵庫は。
良席希望ならヤフオクなど。
東京の虞美人はぴあなどで発売中、東京のスカピンは5月2日からぴあなどで発売予定です。

    • good
    • 0

私も一度しか見たことはありませんが、どの公演も十分すばらしいと思います。

ラインダンスやフィナーレもあるしね。

私が、公演を選ぶ決め手は、やっぱり演目かな。
先日広告を見たけど、演目は「虞美人」でした。
項羽と劉邦の物語だけど、私は中国史にはあまり詳しくないし、どちらかと言うと「ベル薔薇」などの方が内容を知っているだけに入り込める気はします。

後は、オペラなのか、ミュージカルなのかという選択肢もあるかな。
誰か特定の出演者のファンなら、もちろんその線で公演を選ぶという方法もあるよね。結局、好みの問題かも。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング