ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

親戚から古い切手帳をいただきました。これを機に
切手収集を始めようとしているのですが、基本的なことがわかりませんので、ご教授いただければ幸いです。
1.初日カバーと呼ばれる消印のある切手(専用の台紙に張っているもの)は額面より価値があがるものですか?
2.「せますかし」「横すかし」とは何でしょうか?
3.切手カタログの評価は実際よりも高すぎませんか?実際の取引額は、その4分の1程度のように思います。昔は一致していたのでしょうか。
3.消印のあるものとないもので価値が大きく変わるものものと、変わらないものがありますが、その違いは何に由来しますか?
 たとえば第二次新昭和の、
 清水寺     1700円→40円
 数字(3円80銭)1500円→1300円
4.ヤフオクの記載にみられる、「NH」は何のことでしょうか?未使用という意味でしょうか。

A 回答 (1件)

 今晩は。

もう収集から遠ざかって長い時間が経ちますが、ここには切手趣味の人はほとんどいないと感じています。ということで少々。

1.初日カバーは私も作りましたね。でも今ではその当時のものはほとんどが二束三文です。例え木版刷りの高級封筒を使っていても変わりがありません。価値が上がると考えない方が良いです。
 ただし例外もあります。長期に亘って販売、使用される普通切手の場合です。初期印刷の実例を証明するものとして相応の価値を持つことが多くあります。
2.これは透かし(お札の透かしと同じようなものです)の種類です。日本切手ではかつて3種類プラスαの透かしが使用されて来ました。
http://yushu.or.jp/museum/mame/2029.htm
そのプラスαというのが、確か昭和すかしに間隔が狭いものが存在しているものです。これを「狭透かし」と呼んでいます。見た目は全く同じ切手でも、透かしが違うために評価が全く違うものがあります。

3.あれに近かったとか、ものによっては超えていた時期もあったと思います。ですが、全般に組合発行のカタログは高過ぎです。日本郵趣協会版のカタログ値を基準に考えるのが良いでしょう。カタログ値には切手商の取り扱い手数料も上乗せされていると思ってください。
4.使用済みが非常に多いものは当然安い。未使用、使用済み共に多く残っていると、どちらにしても安い評価にしかならない。逆に、使用期間が限られて正規の使用例が極端に少ない場合などには、使用済みの方がはるかに高くなる。こんな具合です。
 図書館によっては『日本切手専門カタログ』(発行は郵趣協会)を所蔵しているところもあります。借りられるようならこれを見てみることを勧めます。

5.これは以前ここでも同じ質問が出て、その時とんでもない答が付いて締め切られてしまうという事件がありました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3008459.html
この回答はいずれもまるででたらめです。切手用語でヒンジといったら、切手をアルバムに貼り付けるための道具以外にありません。
http://yushu.or.jp/museum/mame/2031.htm
 戦前はもちろん、戦後も昭和30年代辺りまではアルバムの整理にはヒンジを使うのが当然でした。ですから上記の質問の本当の意味は
「ヒンジを貼った跡はありませんか?」という質問をオークションでされた、ということになります。私が気が付いた時には既に質問は締め切られていました。
 それでこちらの質問ですが、NHというのはノー・ヒンジ=ヒンジ貼り付け跡無しの意味です。完全美品の条件の一つと言えるでしょう。ただし戦前はヒンジを使ってアルバム整理をするのが普通だったため、軽いヒンジ跡程度なら美品扱いになる場合も多くあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳細な回答ありがとうございます。
1.初日カバーしても価値が上がらないというのはショックですね。
それをする人があまりにも多すぎるのが原因と思います。
戴いた切手帳の中にS50年代の初日カバーが5枚入っていたので、気になっていました。ヤフオクをみても確かに安い値で取引されているように感じました。
2.切手にもすかしがあるとは知りませんでした。
3.日本郵便切手商協同組合編の日本切手カタログを見ていました。
4.使用済み切手にも興味が出てきました。エンタイヤと呼ばれるものがあるそうですね。実は古文書の収集をしていた関係で、戦前の手紙、葉書は数百通あります。
 『日本切手専門カタログ(戦前編)』と『さくら切手カラログ』を発注しました。
 エンタイヤに関する専門書は出ておりますか?
5.ヒンジというものがあったのですね。参考になります。

お礼日時:2010/04/07 01:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q切手のヒンジとは?

お世話になります。
オークションで、未使用の記念切手などを出品しているのですが、質問欄から『ヒンジはどーですか?』とお問い合わせがありました。

“ヒンジ”でネット検索してみましたが、今ひとつわかりません。

どなたか、詳しい方がいらっしゃれば、わかりやすく教えていただきたいのですが・・。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

切り離すためにある、周りの丸い穴のあいたテープ状の
部分を「ひんじ」といいます。

Q使用済みの古切手にはどれくらいの価値があるのでしょうか?

オークションを見ていた時に、使用済みの古切手が売っていました。
切手の回りを5ミリ位残してありました。
確か、500gで700円位だったと思います。

使用済みの切手なんて誰が買うのだろうと思っていたのですが、入札件数が
沢山ありびっくりしました。
使用済みの古切手にはどれくらいの価値があるのでしょうか?
出来れば具体的に、○○gで○○円と教えていただけると助かります。
また、切手を水などに浸して、切手をはがしたもの(回りの幅がない)と価値はないのでしょうか?

それと、購入した方はどの様な用途でお使いになるのでしょうか?

度重なる質問で申し訳ありませんが、何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

元コレクターとしての意見です。僕は、ある支部にいたことがありました。そこには、ものすごい収集家がたくさん居りました。彼らは、未使用の収集だけでは飽きたらず、収集範囲は、使用済みへと移っていっていました。なぜ、価値のなさそうな使用済みか?と申しますと、その消印に関心があるのです。消印にもたくさん種類があり、価値も違います。(初日印と呼ばれる切手発行日の印は結構高いです。)そして、彼らの喜びは膨大な量の使用済み切手からエラー印や特殊な印を見つける事です。ですから、水に浸して剥いでしまうと価値はほぼなくなります。(収集対象としてであり、寄付は別。)出来れば、封書のままが一番いいです。また、使用済み切手から切手の印刷ずれや印刷の変化の歴史なんかも見ます。こういった時にも安く、いつ使われたかわかる消印付きの使用済み切手を用います。
次に値段ですが、10kg位の箱入りを希望者で割り勘して買っていましたが、かなり高額でした。値段ははっきりと覚えていませんが、7・8人でお札を出していました。
値段の方では、全く駄目ですが古切手の価値はわかってもらえたでしょうか?

元コレクターとしての意見です。僕は、ある支部にいたことがありました。そこには、ものすごい収集家がたくさん居りました。彼らは、未使用の収集だけでは飽きたらず、収集範囲は、使用済みへと移っていっていました。なぜ、価値のなさそうな使用済みか?と申しますと、その消印に関心があるのです。消印にもたくさん種類があり、価値も違います。(初日印と呼ばれる切手発行日の印は結構高いです。)そして、彼らの喜びは膨大な量の使用済み切手からエラー印や特殊な印を見つける事です。ですから、水に浸して剥...続きを読む

Q記念切手を売る場合の価値を教えて下さい。

我が家の古い家屋を解体するのに整理をしていたら古い記念切手がたくさん出てきました。年代にして1960年代から80年前後の頃の分です。
早速「さくら日本切手カタログ」を買って来て調べて見ました。
さて、ここで質問ですが実際に切手商の店に売る場合、このカタログに記載の価値の何割くらいで買ってもらえるのでしょうか?
いろいろ調べて見ましたがわかりにくくて・・・。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

切手買取で検索してみてください。正確な情報が得られます。

http://www.kitte.info/
http://www.yume-risaikuru.com/


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報