『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

浦安のディズニーシーの裏あたりや、東京湾に近い河口付近で
よくルアーで釣りをしますが
ちっとも釣れないです。(・・?

やっとルアーを遠くに飛ばせるようになってきましたが
肝心の魚が、かすりもしてくれません。

近くにいる人に尋ねてみると、結構大きいのが釣れてました。シーバスとか・・・

ただ闇雲にルアーを選んで試してみていますが・・・
軽すぎて風に返されてしまったり、重すぎて海の底に引っかかってしまったり・・・

ルアーってどんな動きをするのか、近くでピコピコ泳がして
試して見ています。それぞれに色んな動きをするんですね。

ルアーの種類の多さにビックリしています。
毎週ルアーを買っていますが、選び方がわかりません。

超ーーー初心者です。よろしくお願いします。<(_ _)>

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

ルアーを選ぶ前にまずその魚に習性を調べてから習性ににあったものを選ぶことから始めましょう



 シーバスがメインならそのシーバスの今の時期の補食(餌)が何かしらべましょう。

 今時期は水温が上がってきて魚が活発に泳ぎはしめるころです。

 さらに小魚を補食とするシーバスはとにかく小魚がおおくいるところにいますよね(当然ですね)

 しかしよく考えてみてください。
小魚もみすみす食われるために泳いでいるのでは有りませんよね。
 シーバスは頭のいい魚で海底や岩場に知らんぷりしてじーっと待って隠れて横を通った小魚を補食します

 頭の中でイメージしてみてください。
早い泳ぎの小魚とゆっくり泳いでいる小魚のどっちが食べやすいでしょうか? わかりますよね

 魚の気持ちになってみることです。
ルアーはなるべく初心者ならフローティングをつかいましょう。 フローティングは水面から約1.5mくらい
をおもに泳ぐように出来ていて巻くのを止めれば浮き始め巻けばまた潜る習性があります
 このことから巻く速度で深さが変わるので魚が隠れている深さに合えば一発ヒットでしょう。

 シーバスなんかは3回なげて同じところを通してもあたりがない場合そこにはいないか興味がないかのどちからかになりますので、ルアーチェンジより投げる場所を変えて方がいいでしょう。

 さらにシーバスは足下にいるときが多いので岸辺、テトラ周りの海水との境30cmいないがいちばんヒットをします。
 これは小魚がその境を泳ぐ習性があるからですので
そのようにリアーを泳がすことをしてみてください

 このとき決して海に自分の陰を入れないことです
魚がいなくなるか警戒してくわなくなりますからね。

ルアーには大まかに分けてフローティング、サスペンド、シンキングの3種類にわかれます
サスペンドは着水とともに時間差で沈んでいきますので
カウントダウンをして何m沈んだかをイメージして巻き取るとその深さをキープして泳がせます。

 シンキングはとにかく潜って泳ぐっておよぎます(重さがかなり重いために防波堤などではこういったものがいいようですね)ほとんどこれはホーリング中に(勝手に潜っていく様子)食うことがおおいいのでテトラの横に沈めながらあたりを待つことが主になります

 しかしこれは根がかりの原因になりますのよく注意が必要ですね。

 ですから初心者はフローティングがいいでしょうね。
大きさは今時期は鰯サイズ10cm以下がいいでしょうね弱った小魚をイメージして泳がしたり止めたりで食ってくると思います

 がんばて釣ってくださいね。
そうそう昼間干潮の時期をねらってポイントの下見をしてくださいもしその場所のどこかに周りとは違った怪しい場所が有ればよるこっそり行ってその場所をせめてください。 あなたの読みが当たれば必ず釣れますよ。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

詳しく説明頂いてありがとうございます。

やはり、テクニックが必要なんですね。
ただ、ボッチャン!ボッチャン!投げ込んでいるだけでは
釣れる訳ないですね。
そうですね。魚の気持ちを想像しながら引いていかないと
いけないですよね。

私は、根がかりが怖いので、つい早くまいてしまいます。
これでは、魚も追いつけないし、獲物が元気すぎるように
見えてはいけませんよね。

本当、奥が深いですね。
ここで、挫折したくないです。絶対釣れるまで頑張ります。

ありがとうございました。

お礼日時:2003/06/23 19:51

岸から釣ってみえますか?それでしたらルアーを遠くに飛ばさなければならないのでボイルがない限り小さくて軽いミノー系はやめてシンキングバイブレーションがお勧めです.またメタルジグも捨てがたいですね.ロッドを立ててリトリーブすれば表層も探る事が出来ます(若干速度が速くなってしまいますが).近くに人がいるということなので魚もスレ加減でしょうからサイレントタイプ(ガラガラいわないルアー)も用意していきましょう.カラーはナチュラル・アピール両方用意すべきですがこの潮の色のときはこれ、というのは経験しかありませんのでどんどん行って投げましょう.リトリーブ中のアクションは無い方(タダ引き)が釣れてるような感じです.


お勧めルアー:マリア社の「マールアミーゴ」シリーズ
    • good
    • 8
この回答へのお礼

近くで釣っていた人は、やはりシーバスを釣っていました。
ちなみに、格好も本格的でした・・・
その人は、ウエットスーツのようなのを着ていたので
「あれ?この人潜って釣ったのかな?」と一瞬思ってしまいました。(・・?
でもカッコよかったです・・・

ルアーは派手な色とナチュラルな物を両方揃えてみましたが
今度こそ、釣れるかな???

参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/06/23 20:28

 ルアーは場所によって使い分けが必要なのでアドバイスが難しいです。

シーバス雑誌の一読をお勧めします。(飛距離が出せるようになってきたならば、後は魚のいる所にルアーを通す練習が必要だからです。海に向かって遠投するのではなく、岸際スレスレをゆっくり巻いてくるとかのテクニックを学んでみてください。)

 風に負けにくく沈みが遅いルアーが良い場合は、スローシンキングのバイブレーション系ルアーをお勧めします。(7g~14g)ラトル音は、ゴトゴト低い音がするもの、シャラシャラと高い音がするもの、音がしないものの3種類あれば心強いです。振動は竿に伝わるほど強いものとプルプルと伝わってくる弱いものがあります。
 余談ですが。最近のマイブームは、エアマークエアスピン(音なし・ブレードの振動)とかローリングベイト(高音?・細かな振動)等の細かなアクションが気に入ってます。

 他には…気付かない内にルアーにアタックしている魚のアタリを確実に乗せるために、フックの先端を常に鋭くしておく必要があります。(岩やコンクリートに引っかかると針先の鋭さがなくなる場合が多いです。こまめに針を交換するか、フックを研ぐ練習をしてみてください。)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

遠くに飛ばすことばかり考えていました。(^^ゞ
岸際スレスレは、考えつきませんでした。

そうなんです・・・岩とか堤防にガンガンぶつけてしまって
ルアーが傷だらけになりました。
変な貝とかゴミとか引っ掛けてしまったり・・・
フックも多分傷んでいると思います。
お手入れも練習しないといけませんね。

がんばって勉強してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/06/23 20:13

初めまして。


そもそもルアーフィシングとは、とても釣れない魚釣りです、私はルアーフィシング歴約30年以上のおじんですが、ネイテブフィシュ(自然界の魚)はどれもそうですが、一筋縄ではかかってくれません、LUREの語源の一つに誘惑という意味があり、いかに釣ろうとしている魚を上手く引っ張り出すかが肝になりますので、LUREの動きを弱っている魚らしく見せられるかが関門になるので、棒引きではなかなか釣れない事が多いこのごろです、ここ数年ルアーフィシングが流行ってきているので、特にシーバスなどはたくさんの人達が入れ替わり立ち替わり色々なLUREを色々な攻め方で投げていますので、魚も色々なLUREを見せられている訳で以前ほど果敢にアタックしてくれなくなってます、頑張って同じ場所に通い詰めてみてください。何時の日にか日の目を見る事が出来るでしょう!
又LUREの選び方ですが、釣りに行く場所で対象魚がどんな物を補食してるのかがきもになります、
それが分かればサイズやカラーをそれに合わせるのが手っ取り早い選択でしょう、毎週LUREを購入されているようですが、購入先の釣具屋さんで聞いてみるのも手ではないかとおもいます、その際には釣行の時間帯もしっかりと伝えてください、よるに行く場合はカラーも若干変わりますので、
では頑張ってください!
    • good
    • 3
この回答へのお礼

えーーー?30年もやってるんですか?
すごいですね。
もう、魚の気持ちが手に取るように分かるんでしょうね?
私は、海の中でどんな風に魚が釣れるのかを、潜ってみて見たいなぁ・・・と思っています。(無理ですけど)

そうなんですよ。お店の人も言っていました。
派手なルアーばかりだと、魚があきてしまってる事がある為
ほんとの魚に近い、地味な色の物もいいですよと
教えてくれました。
自分の好みで、綺麗な色ばかり揃えていたので勉強になりました。
ルアー選びもそうですが、やはりテクニックを
磨かないといけないなぁ・・・と思いました。

ありがとうございました。

お礼日時:2003/06/23 20:06

こんばんは。



一番いいと思う方法は、上手な人と一緒に行くことで技を盗みましょう。
二番目にいいと思う方法は、釣りをする場所の近くの釣具店でどんなルアーが当たってるか、どの辺りがポイントなのか教えてもらう。

いずれもどんな釣り人でもやってることです。全然恥ずかしくないです。
私は、初めてヒットしたとき手が震えました。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

そうですよね。
初めてヒットした時を想像すると、ワクワクします。

いつも、一緒に行く人は餌で小さな魚を釣っています。
でも、私はどうしても、あのニョロニョロした虫が気持ち悪いです。
(釣り好きな方には怒られそうですが・・・)
なので、ルアーを使って楽しんでいます。

近所の釣具屋さんで、「シーバスのルアー下さーい!」と
いったら、「ハイ。こちら全部そうです。」と案内されたコーナーには
ズラリとならんだルアーたち・・・
すごい種類でした。\(◎o◎)/!
思わず「どれがいいんですか?」と質問したら、お店の人が
ちょっとキョトンとして、「こればっかりは・・・」との事・・・
恥ずかしかったけど、色々質問してみました。
そうしたら、幾つか選んでくれました。

それでも、釣れないという事は、やはり腕でしょうか?
がんばりまーす。ありがとうございました。

お礼日時:2003/06/23 19:43

どんな事でもそうですが、ただ闇雲にやっても無理と無駄が多いだけです。


やはり入門書を読んだり、わかる人に教えてもらうのが一番だと思います。
ルアーを購入する時も、お店の人に聞けば快く教えてくれると思いますよ。

がんばって大物を釣り上げてくださいね。
下記URLはご参考までに・・・

参考URL:http://www.japan-fishing.com/japanese/howto/inde …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

入門書とりあえず、買ってきました。
これで、少し勉強しようと思います。

お店の人に聞いてみたのですが・・・
なんか、あまりに初心者なので恥ずかしかったです。
(*^_^*)

アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2003/06/23 19:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海のルアー釣りでボウズは普通?

今日は防波堤で13時から18時までルアー(ミノーとバイブレーション)とワーム(メバル用)でずっとやっても1匹も釣れなかったんですが、ルアー釣りならこれが普通ですか?
周りの人はサビキや餌釣りで何匹か釣れてはいましたが少なかったと思います。

Aベストアンサー

どこなのか場所が分かりませんが、釣れないのは下手だからです、

これに尽きます。

魚(シーバス、メバル等のルアー対象魚)の全くいない場所なら釣れないかもしれませんが、
そういった場所でやってましたか?


よく、釣れない=魚が居ないと勘違いする人がいます。

周りも釣れてないと安心する人もいます。


上手な人は、

釣れる条件を知ってます、釣るための方法も知ってます。周りにそういった人は居なかったのでしょう?
釣れる条件ではないから上手い人が居なかったんです。
もちろん、釣れる時ばかり釣りが出来る人も居ないですから、暇つぶしにサビキをやってる人も多いです。

子供連れファミリーフィッシングや、老後の楽しみですね。


リールに付いていた糸・・・、

安いリールには最初から糸が巻いてあります。

ルアーで釣るための道具の見直しも必要です。本当に上手な人には道具は関係ないですが、
下手な人には道具のフォローと、上手な人にガイドをして貰う必要があります。

私もそのおかげでルアーで普通に釣れるようになりました。

みんな最初に一度は通る道です。

メバルをルアーで釣るなら、時間帯を選びます。

メバルの魚影が濃い地域なら昼間でも釣れますが、そうではない場所ならまず夜間がよいです。

常夜灯があるところがポイントになります。

時間帯は夜間であっても、潮の満ち引きでそれぞれ条件が異なります。

これは、その場所に通じた上手な人にガイドして貰う以外確実に釣る方法はありません。

ダメなら数回の失敗でめげずにひたすら通う、上手そうな釣れている人に声を掛けて仲良くなる・・・。

他にありません。

仲良くなればいろいろな情報、釣り方、ヒットワームや釣れたタナ・・・。等々教えてくれるはずです。


道具ですが、

ルアー釣りでは各種の専用タックルがあります。

シーバス、エギング、メバリング・・・最近流行のアジング・・・。等です。

それぞれ投げるルアーが違う、アクションが違う、釣れる魚の大きさが違う・・・等々で細分化されています。

それぞれの応用は最終的には投げるルアーが使えるかどうかになります。


私はメバリング・アジングがメインですのでこちらを詳しく説明します。

まずは竿、せめて1万円位のSiCガイドリング搭載の物がよいです、チューブラー・ソリッドと二種類ありますが、最初はソリッドがよいです。
アジング用のソリッドは張りが強いため、メバリング用のソリッドをオススメします。

ワームを投げて巻いていれば魚があたったときにそのまま巻いているだけでフッキングします。
もっと簡単に釣るにはリフト&フォールというテクニックが良いです。

ラインですが、メバリングで使うルアーはジグヘッド+ワームをメインと考えてください。

重さで0.5~3gです。

これを投げるためには細い糸が必要になります、ずばり銘柄まで言うと、クレハR18フロロリミテッド・・・。これの2.5lbを巻いてください。

ラインがしなやかなのでほとんどトラブルはありません。

リールは細いラインを使うのでせめてダイワならセルテートやルビアスやカルディア。シマノなら5月発売のレアニウムかツインパワー。

ラインまでの予算で4万円弱ほどだと思います。

ルアーはワームがメインなので、クリア系、クリアラメ入り系、オレンジ、グリーン、ピンクなどがあれば良いです。形状はストレートで。

ジグヘッドは0.5、1、1.5、2、3g迄は最低必要です。

0.5や1gはスプリットリグやキャロライナリグなどでも使います。


私は道具にはこだわっています、もちろんまだ下手だからです。

竿はブリーデン、リールはシマノもダイワも使います、最近は新しく出たイグジストを2台買いました。
シマノはステラをメインで新旧5台使ってます。ツインパワーも新旧3台使ってます。

このくらい本気でやれば人並みにはすぐ釣れるようになります。



最後に、

ブリーデンというメーカーにレオンさんというテスターが居ます。
この方はDVDで5本、本も数冊出してます。

それらをすべて見ればメバル・アジは確実に釣れるようになると思います。

どこなのか場所が分かりませんが、釣れないのは下手だからです、

これに尽きます。

魚(シーバス、メバル等のルアー対象魚)の全くいない場所なら釣れないかもしれませんが、
そういった場所でやってましたか?


よく、釣れない=魚が居ないと勘違いする人がいます。

周りも釣れてないと安心する人もいます。


上手な人は、

釣れる条件を知ってます、釣るための方法も知ってます。周りにそういった人は居なかったのでしょう?
釣れる条件ではないから上手い人が居なかったんです。
もちろん、釣れる時ばかり...続きを読む

Qルアーの飛距離、どれ位が一般的?

一般的な腕の人が投げた場合のルアーの飛距離はどれくらいでしょうか?もちろんたとえ同じ重さでもルアー形状によってかなり差はでそうですが、皆さんの感覚としてどれくらいのフィートの竿でどれ位のウェイトを何メートル程度飛ばせるのが一般的か教えていただけると幸いです。
加えて、よくルアーのパッケージに「実測○m、無風」とかいったように、そのルアーの飛距離を公言しているルアーがありますが、あれは一般人が投げてのモノなのか、いわゆるテスターが投げた(つまり上級者がマックスで出せる)飛距離なのか、どちらととるのがよいのでしょうか?

Aベストアンサー

どうも、#2です。たびたび失礼します。

やはり青物で悔しい思いをしていたのですね。お話を拝見して「もっと飛距離が出る」方法がありますので追記します。

まず飛距離を出すにはラインに手を加えます。ラインは投げ釣り用のランニングライン・PE1号を用意します。お金に余裕があれば投げ釣り用のテーパーライン1~5号を、余裕がなければフロロ30lbを12フィート+ひとヒロ程度を直結します。結び目をUVグルーで接着して段差をなくします。
キャストの際ラインにはべらぼうなテンションがかかりますのでいわゆる「力糸」を補っておかないと思い切り振り込んだら バチーン! と破裂するようにラインブレイクします。しかし飛んでしまえばライン抵抗はできるだけ細くしたい、というわけで1号が理想ですがナイロンやフロロだとヒットと同時にラインブレイクしてしまう細さなのでPEを使います。投げ釣り用のラインだと「飛ばす」ための専用コーティングがされているうえ20mごとに色が変わるので何m飛ばしたか一目瞭然です。

さらにキャスト方法を少し変えてみましょう。垂らしを長めにして、ロッドを頭の上で「の」の字を書くように大きく振ってスリークォーター気味に振り込みます。これはバスの村田基さんが得意げにやっていた「スパイラル・キャスト」の応用でやはりバスの田辺哲夫さんがよくやる「オーバーヘッド・ロールキャスト」と呼ばれるキャスト方法です。余談ですが、これをロッドを横にして同じ動作をすればやはりバスの並木敏成さんの「ロール・キャスト」と呼ばれます。
さらにルアーの弾道を水面から見て45度の角度に飛ばすと飛距離は確実に伸びます。これはサーフキャスト(投げ釣り)では基本の角度でこれができれば6色(20m×6=120m)出せると言われています。

話によると80m付近まで飛ばせるようなので、このラインシステムとキャスト方法を試してください。確実に100m飛ばせるようになります。ルアー・コントロールはキャストの際穂先をナブラに向ければ嫌でもナブラを直撃します。

なおUVグルーは力糸とランニングラインの結び目を補強するだけでなく段差をなくして飛距離を妨げることを防ぎます。下記URLは私の通いのフライフィッシング・ショップです(UVグルーは元々フライフィッシング用品として開発された)が、通販で扱っているので紹介しておきます。

参考URL:http://www.bluedun.net/Accessories-UVKnotSense.htm

どうも、#2です。たびたび失礼します。

やはり青物で悔しい思いをしていたのですね。お話を拝見して「もっと飛距離が出る」方法がありますので追記します。

まず飛距離を出すにはラインに手を加えます。ラインは投げ釣り用のランニングライン・PE1号を用意します。お金に余裕があれば投げ釣り用のテーパーライン1~5号を、余裕がなければフロロ30lbを12フィート+ひとヒロ程度を直結します。結び目をUVグルーで接着して段差をなくします。
キャストの際ラインにはべらぼうなテンションがか...続きを読む

Qワームの操作方法など指導をお願いします、切実です

最近、海でワーム釣りを始めた初心者です
ワームでヒラメからメバル、アジを狙っているのですが、週に4回のベースで1ヵ月半、腱鞘炎になるまで通い続けているのですがまったくアタリすらありません。
(リールのハンドルの向きを変え竿を持つ手を変えて騙し騙しやっています)
何がいけないのでしょうか?
ワームは
ヒラメ用はエコギア パワーシャド4インチ GLOWの白
メバル、アジにはOFT スクリューテールグラブ1.5インチ 夜光の白

ヒラメ用にと思っているワームはただ巻きでもアクションするのですがOFTのスクリューテールグラブはただ巻きではまったくアクションせずゴミが移動しているようにしか見えません
やはりこういったストレート系?のワームは必ずロッドでアクションを取ってあげないといけない物なのでしょうか?
ラインはヒラメ、メバル共に適正の号数を使用しています
ジグヘッドも色々な種類を購入し早巻き遅まきと色々試してはいるつもりです

寒い季節になり体にも厳しくなり、本当に気持ちが折れそうです
ルアー釣りをする友人、知人もいなく指導を仰ぐ事もできません
初心者なのでまさかと思うような事やどうでもいいような事、何でもいいので教えてください
どなたか助け舟、アドバイスをお願いします
よろしくお願いします

最近、海でワーム釣りを始めた初心者です
ワームでヒラメからメバル、アジを狙っているのですが、週に4回のベースで1ヵ月半、腱鞘炎になるまで通い続けているのですがまったくアタリすらありません。
(リールのハンドルの向きを変え竿を持つ手を変えて騙し騙しやっています)
何がいけないのでしょうか?
ワームは
ヒラメ用はエコギア パワーシャド4インチ GLOWの白
メバル、アジにはOFT スクリューテールグラブ1.5インチ 夜光の白

ヒラメ用にと思っているワームはただ巻きでもアクションするので...続きを読む

Aベストアンサー

どうも、釣りバカです。

何がいけないのでしょうかと聞かれたら、ワームを『操作する』という発想そのものがいけないのですと答えるしかありませんね。

第2次バスブームの頃猫も杓子もシェイクとかナントカ寝言を言って癲癇かよ!な光景がそこかしこにありましたが、そういう奴に限って釣れねえんでやんの。俺は上手いんだ的にハッタリかまして周りの人間にアピールしたかったみたいだけど、ソフトルアー(ワーム)そのもののアピールをまるで理解していないから釣れなくて当然なんっすわ。
スクリューテールのボディを見て御覧なされ。バネみたいな細かい溝が掘られているでしょ?これが実は地味にアクションしてくれているんっすわ。
アクションというとどうしてもウネウネしたりハードルアーだとお尻プリプリとかボディがグリグリっつーのを思い出すけど、それだけがルアーのアクションじゃないんです。引っ張ってくるとボディが細かく地味にブルブルブルっつーのもアクションなんです。
このブルブルブルっつーのも色々あって、大きくブルブルするのはソフトルアーのグラブやトラウトでよく使われるスピナーで、小さくブルブルするのがピンテールとかスクリューテールとか言うメバル用のチャイチーな(小さい)ストレート・ソフトルアーなんだよね。メバル自体がチャイチーなサカナだからバイブレーション自体が小さくても十分反応するっつーわけ。
この地味なブルブルのおかげで釣れるわけっすから、腱鞘炎になるほど余計なことしたら…その前にルアー変えれば?そっちのほうが身体的に楽だから、なんだよね。『操作する』と思ってやっている事が、実はルアー本来のアクションを殺しているんじゃ、釣れっこないっすわ。

だからメバルを狙いに行って他のサカナがウルセエ時にはメバルだけに気づいてもらうためにチャイチーなソフトルアーが有効になるっつーわけ。

それに、これはあくまで私感ですが、ヒラメ用のソフトルアーがバス狙っているみたいでチャイチーすぎるような気もしますね。私の場合ヒラメを狙うのは西湘のサーフなので条件が違うのかもしれませんが、9インチ以上のデカいソフトルアーでラン&ガンが基本っすわ。ベタな所ではグロー(夜光色)なんだろうけど、私の場合ヒラメの昼間はピンクと相場が決まっています。これが笑えるほど当たるんっすわ。
で、ヒラメにしろメバルにしろアジにしろ、ルアーではよほどの事がない限り(例えば追っかけてきたのに直前で反転しちゃった、とか潮目で必ず動物的なアタリが来るのに食いついてくれない、とか)アクションは入れずタダ巻きっす。何しろルアーって奴は基本ただ巻いてくれば勝手にアクションしてくれるようにできているわけだから。メバルのフォーリング&リフトアップでもできるだけ素直に落としてリズミカルにトン・トン・トーン…って巻き上げるんっすわ。

最後に、マジでの腱鞘炎(筋肉痛的なただ痛いというのは腱鞘炎ではなく、本物の腱鞘炎は筋が裂かれるような激痛で箸も持てない)は完治しないそうっすわ。ギターに夢中になりすぎて私も左手の手首に腱鞘炎を患って、今でも低気圧が近づくと疼いちゃう。マジ腱鞘炎なら医者に見てもらって治療してもらわないとそれこそ釣りどころじゃない騒ぎになりますわ。それこそ重症なら切開手術らしいっす。冷やすのが一番致命的なのでワンシーズンくらい棒に振る覚悟がいりますわ。
いずれにせよ本物の腱鞘炎ならバンテリンが親友になっちゃいます。事実私の薬箱にはジェルと湿布のバンテリンが欠かせない。

どうも、釣りバカです。

何がいけないのでしょうかと聞かれたら、ワームを『操作する』という発想そのものがいけないのですと答えるしかありませんね。

第2次バスブームの頃猫も杓子もシェイクとかナントカ寝言を言って癲癇かよ!な光景がそこかしこにありましたが、そういう奴に限って釣れねえんでやんの。俺は上手いんだ的にハッタリかまして周りの人間にアピールしたかったみたいだけど、ソフトルアー(ワーム)そのもののアピールをまるで理解していないから釣れなくて当然なんっすわ。
スクリューテー...続きを読む

Q満潮or干潮の時間帯で一番良いのは前後どの辺りの時間なのでしょうか?

最近、海釣りを始めた者です。海釣りでは満潮や干潮等の潮の動く時が魚の活性が上がり釣り易くなると聞きました。
よく潮見表に記載されている時間の前後どの辺りが一番食いが良いのでしょうか?
当然、潮の良く動く大潮が一番良いのだと思うのですが、その辺もご存知でしたら教えて下さい。
よろしくお願いしますm(_ _)m

例:満潮時間(8:17/18:58)、干潮時間(1:29/13:32) 中潮

Aベストアンサー

今晩は。
対象魚にもより(釣り師の感にも?)意見が色々あると思いますが、、。私の周りでは新月の大潮の期待値が最も高いです。また、潮の動きでは、干潮前後の1~2時間程度・満潮前後の1~2時間程度が狙いめかと思います。
そして、これはあくまで私の経験則ですが、月の潮位よりも日の満・干の動きを参考にしたほうが良いと思います。また、釣り場の地形によっても大きく左右されます。(地形によっては日の潮位とは別に潮の動く場合があります)その他、2枚潮・3枚潮等厄介な潮もありますが。(これは流れてる潮で潮位とは少し違います)いずれにせよ潮の動きが悪いと魚の食いは悪いです。(特に磯では) 後は幾つかの意見を参考に、ご自分の釣り感覚を磨かれるとよろしいのではないのでしょうか。

参考URL:http://www.mamboo.noi.co.jp/

QPEライン1.0号と1.5号で飛距離のちがいは?

買おうと思っているPEラインが、1.0号でも20lbあるようで、最初は1.5号を買おうと思っていたのですが迷っています。1.5号だと30lbあって十分すぎます。
そこでお聞きしたいのですが、号数を低くするメリットは飛距離を稼げるのと風や潮の抵抗を受けないくらいしか思いつきません。飛距離は1.0号と1.5号だとたとえば110cm、20gのミノーを投げたとして、着水地点にどの程度の差が生まれるでしょうか?

Aベストアンサー

まずどんなゲームに使用するかですが、ルアーサイズからしてサーフゲームや通常のシーバスゲームでしょうか。

1号で20lb、1.5号で30lbとなるとDUELのハードコアX8などでしょうか。
このラインは0.8号と1.2号をチヌのトップゲームとサーフのヒラメゲームに使用しています。

まずラインの太さというはおっしゃるように飛距離や潮の抵抗などの軽滅などのメリットがありますが
例えば1.5号などの非常に強いPEライン(通常は青物や大型のヒラスズキ狙いの太さです)で
キャスト時にライントラブルでバックラッシュなどすると、ラインが強すぎるのでキャスト切れせずに
ロッドを破損する可能性があります。

単に飛距離などだけではなくロッドの強さや対象魚と照らし合わせて最適なラインを選ばないといけませんよ。

通常のシーバスやサーフゲームなら8本縒りのPEなら1号で十分な強度があります。
私がサーフで1.2号を使用しているのはヒラメにしたら太すぎですが、その周辺のポイントは
冬場は間違うと20kgオーバーのオオニベが掛かることが良くあるので保険のためです(一度も保険は使ってませんが)

完璧なキャストが出来て20gのミノーを1号と1.5号で飛距離を比べれば実際には10mも違わないでしょうが
1号の方がライン放出の抵抗が少ないのでルアーの姿勢が安定し、平均して安定した距離を出せると思いますが
1.5号だと僅かな風も影響してルアーの姿勢が乱れたりして失速することも多くなるでしょうね。

飛距離はラインも大事ですが、ルアーによるところの方がずっと多くシマノのAR-Cシステムの
ルアーは平均して非常に良く飛びますし、特に熱砂 スピンドリフト AR-C 80HSはジグ並みにかっ飛んで
常時60m以上、フォローなら70m以上飛びます。

私は良く飛ぶミノーも更なる飛距離アップの為にボディ下部の後ろ半分ぐらいに4mm幅ぐらいで
3mm厚の鉛シールでウエイトチューンして、鉛の変色防止にその上からアクセルのホロシールを貼っています。
これで裂波やショアラインシャイナーLD50などは確実に2割近く飛距離が伸びています。
これぐらいのウエイトチューンだとアクションにも影響なく、風でもルアーの姿勢が乱れません。

まずどんなゲームに使用するかですが、ルアーサイズからしてサーフゲームや通常のシーバスゲームでしょうか。

1号で20lb、1.5号で30lbとなるとDUELのハードコアX8などでしょうか。
このラインは0.8号と1.2号をチヌのトップゲームとサーフのヒラメゲームに使用しています。

まずラインの太さというはおっしゃるように飛距離や潮の抵抗などの軽滅などのメリットがありますが
例えば1.5号などの非常に強いPEライン(通常は青物や大型のヒラスズキ狙いの太さです)で
キャスト時にライントラブルでバックラッシュな...続きを読む

Qショックリーダーの長さはいくらが適正ですか

陸からの投げでメタルジグ(50g~120g)を遠投する時、
ショックリーダの「長さ」はどのくらいが適正ですか?
適正が無ければ、どのくらいが多いですか?

因みに、掛ける魚は青物50センチクラス~1メートルクラスがメイン。
PEは1.5~3号、リーダーは20ポンド~40ポンドまで使い分けており
ロッドの長さ、可能ルアー重量もまちまちで複数保有しています。

自分は現在、投げる時に指の所にはPEが来て、
ショックリーダーはトップガイドから50センチくらい入る程度で
使う事が多いです。

目的としてPEの弱点を養う為等の一般的な目的の他
遠投時に思い切り振る時に、トップガイドの部分だけは
太いリーダーのほうが、投げる時に切れたりのトラブルが無い気がするからです。

もしこれが遠投時の指の所まで太いリーダーが来ているほうが良いですか?
それとも、トップガイドより外までPEでも遠投時その瞬間切れたりしないものでしょうか
どちらのほうが良いのでしょう?

過去に一度だけ、青物を掛けた後、遠投したら
リーダーが擦れて切れてジグが飛んで行った事がありましたが
遠投時、リーダーはロッドより外にあったほうがいいのでしょうか
自分は、トップガイドの部分に負荷がかかる気がするので
リーダーがトップガイドに必ずあるようにはしています

アドバイスお願いします
個人的な考えでも何でも結構です
日々の釣りの参考にさせて頂きたいので

陸からの投げでメタルジグ(50g~120g)を遠投する時、
ショックリーダの「長さ」はどのくらいが適正ですか?
適正が無ければ、どのくらいが多いですか?

因みに、掛ける魚は青物50センチクラス~1メートルクラスがメイン。
PEは1.5~3号、リーダーは20ポンド~40ポンドまで使い分けており
ロッドの長さ、可能ルアー重量もまちまちで複数保有しています。

自分は現在、投げる時に指の所にはPEが来て、
ショックリーダーはトップガイドから50センチくらい入る程度で
使う事が多いです。

目的としてPEの弱点...続きを読む

Aベストアンサー

根ズレが多いとか取り込みの仕方とか色々条件もありますし、
人それぞれポリシーもあるので適正値は難しいところですね。

自分は30~60lbのフロロカーボンをリーダーにして主にFGノットで結束。
長さは1ヒロ程度で結束部はガイドの外に出してます。
ジグの位置はバットガイドからリール付近が多く、
リーダーが固く太いほどそう言う感じにしてます。
シーバス釣りはMAX30lbくらいなのでノットの音や擦れは気にしませんが、
ノットがガイドに当って失速しそれが原因で後追いするPEラインが追い越して
ガイド絡みを起こすと言うのを嫌ってると言うのが一番の理由です。
以前友人が投げ竿でPE3号でキャストしていた際にガイド絡みを起こし、
キャスト切れせずガツンと凄い衝撃が来たと言ってました。
PE3号は即切れし難いので横で見ててよくロッドが破損しなかったなと言うぐらいでした。
リールの番手やガイドの大きさにもよるでしょうけど、
リーダーをリールに巻き込むほどの長さは自分的には無いですね。
投げ釣りの様なテーパーラインなら話は別ですけど。
ゆったりキャストするならまだ良いですけど、
大遠投しようとして絡まると・・・自分にはちょっと出来ないかも~

最近リーダーはフロロ一辺倒になってきてショックを吸収するリーダーでは無く、
根や歯に対する防御と言う意味のどちらかと言うとファイティングリーダー
そんな思考に自分はなってます。
ショアジギは掛かったら安全圏まで一気のパワーファイトですからね。

根ズレが多いとか取り込みの仕方とか色々条件もありますし、
人それぞれポリシーもあるので適正値は難しいところですね。

自分は30~60lbのフロロカーボンをリーダーにして主にFGノットで結束。
長さは1ヒロ程度で結束部はガイドの外に出してます。
ジグの位置はバットガイドからリール付近が多く、
リーダーが固く太いほどそう言う感じにしてます。
シーバス釣りはMAX30lbくらいなのでノットの音や擦れは気にしませんが、
ノットがガイドに当って失速しそれが原因で後追いするPEラインが追い...続きを読む

Qカサゴをつりたいのですがカサゴの釣れる時期はいつですか?あと昼と夜どっ

カサゴをつりたいのですがカサゴの釣れる時期はいつですか?あと昼と夜どっちがいいですか?夜ルアーでもつれますか?

Aベストアンサー

カサゴは関西ではガシラと言います。その名のとおり頭が非常に大きくて不細工な顔を
していますが、食味は最高です。釣りたてならば刺身もOK。から揚げにして食べてもOK
見た目よりも食味で釣られるかたが多いみたいですね。

前置きはこれまでにして、カサゴは根魚の部類に入ります。日中は物陰や岩の間に身を潜め
餌が落ちてくるのを待っています。根魚というぐらいですので、テトラポットの隙間や岩礁帯に
多く生息しており、おかっぱりで十分に狙える魚です。
最近は、メバルやカサゴの専用ロッドも販売していますのでそちらを使ってみるのもよろしいかと
思います。
釣りに出かけるのであれば、夜がお勧めです。昼でも釣れますが夕方から夜にかけてか深夜から早朝が
魚のお食事タイムですのでそのぐらいの時間帯に釣り場に着いているのが理想です。
しかしながら潮の加減もありますので、その日の満潮干潮ぐらいは調べてから釣り場に向かったほうが
良いでしょう。
あとルアーでも十分に狙えます。カサゴ用のワームも販売しています。夜に行くのならばグロー系(蓄光タイプ)のもの、日中であれば赤系のものがお勧めです。根魚は甲殻類(魚全般に言えることなんですが)を好んで食しますのでエビまたはカニをモチーフにしたワームを選ぶと良いでしょう。
ただしルアーで狙うときに辛抱強く釣ってくださいね。そう簡単に食いついてはきてくれません。
根魚は足で釣果を稼ぐものだと僕は考えています。テトラ帯や岩礁帯の隙間にルアーを落としこんで
2.3回ふわふわと餌を見せつけて反応がなければ次の穴へという具合に足で距離を稼いで釣りましょう。
おっとつり方を書いてなかったですね。カサゴのつり方にはいろいろ種類があるのですが、2.3ご紹介
しましょう。ルアー釣り:6ft~7.5ft前後の先調子の専用ロッドに1000番~1500番クラスのリール
ラインは2~6ポンドぐらいを100M前後巻いておけばよいでしょう。針はジグヘッドの1~2.5g前後
ルアーは好みもありますが、エビ系の一袋300~500円前後のものを購入していざ釣り場へ、
釣り場に着いたら、釣り場の地形を確認していそうだなというところのめぼしをつけてタックルを準備し
私はテトラ帯であればほぼ真横に投げてテトラの沈んでいるところを沿わすようにリールを巻いてきます
そのとき底のずるずるという感触で地形の形状を把握して何度か投げてあたりがなければ次の場所に移動します。いれば必ず食いついてきます。引きが強く餌を加えたら自分の住処に戻ろうとするので多少強引でも当たりがあったら引っこ抜くというイメージでフッキングするようにします。ラインには常にテンションをかけておくほうが良いでしょう。
餌釣り:カサゴは雑食系なのでゴカイ等も食べます。私は漁港の船着場で竿を出すときには、好んで同付き仕掛けを多様します。同付き仕掛けは釣具やで確認してください。市販で作ってくれてあるものもあります。竿はぶっちゃけなんでもOK。昔はバス竿で釣ってました。餌は青イソメやカニ、湖産エビ等なんでもいいです。ポチャンと落として数回上下してしばらく待つを繰り返しているとカサゴ以外にもいろいろ
釣れますよ。出来れば漁港であれば、ふちギリギリに落とすほうが良いと思います。これも足で稼ぎましょう。あと穴釣りというのがありますが、1M前後の竿にリールをつけてテトラや岩の穴に落としこんで
釣るつり方ですが、市販にブラクリし掛け(オモリに直接針が結んである仕掛け)というのがありまして
ラインに結んだ針に餌をつけて落としこんであとは同じです。冬場は余り穴から出ないので有効なつり方ですね。
そうそう季節を聞かれてましたね。カサゴは年中つれます。水温が低くなった冬場でも関係なく釣れるので、冬場に釣りものがなくなった釣り人はよくカサゴを狙います。私もその一人・・・
長々とすみませんでしたがぜひ参考にしてみてください。
あとどこがよく釣れるかは、近くの釣具屋できくと大体の居場所は教えてくれますよ。
ほいじゃがんばってくださいね。

カサゴは関西ではガシラと言います。その名のとおり頭が非常に大きくて不細工な顔を
していますが、食味は最高です。釣りたてならば刺身もOK。から揚げにして食べてもOK
見た目よりも食味で釣られるかたが多いみたいですね。

前置きはこれまでにして、カサゴは根魚の部類に入ります。日中は物陰や岩の間に身を潜め
餌が落ちてくるのを待っています。根魚というぐらいですので、テトラポットの隙間や岩礁帯に
多く生息しており、おかっぱりで十分に狙える魚です。
最近は、メバルやカサゴの専用ロッドも販売してい...続きを読む

Q堤防での釣り。風速何mまでなら問題なくできますか?

こんにちは。
女だけのグループで釣りに行き、その楽しさにはまってしまった者です。
今年もグループで釣り(堤防で投げサビキ)に行くことになりました。
候補のひとつの釣り場の風速予想は5~7mとのこと。
しかし5~7mと言ってもどの程度の風なのかわかりません。

と、言うのもl昨年、風のとても強いときがありました。
風で仕掛けが作りにくかったり、軽いものが飛んでいってしまったり結構たいへんでした。
そのときの風速値を帰ってから見ておけば良かったのですが…
あの風は何mだったのか数字でわかりません。
気象について詳しい人もひとりもおらず…(^^ゞ

あのときのような風ならば、またたいへんな思いをするだけなので今回は行くのは止めようということになっています。

風の感じ方は人それぞれと思いますので一般的なご意見で構いません。
5~7mの風とは支障なく釣りができる風速でしょうか?
何mを超すと釣りに支障があるのでしょうか。
ちなみに陸から海への追い風です。

やさしく教えていただければうれしいです(*^_^*)
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

植木の葉っぱがずーとバタバタと揺れている、旗がずーとバタバタと揺れている
台風来たの?と思うようなのが風速5mです。

防波堤に置いた物が風で飛んでいくのが5m

海に落ちそうになるのが7m

普通は、釣りに行ってはいけない風速です。

風速1.5mの天気予報まで待ちましょう

Qルアー釣りは夜なの?昼間なの?

ルアー釣りに興味があります。あの派手な色使いのルアーが夜に有効というのはどういうことなのでしょう。昼間は使えないのでしょうか。

Aベストアンサー

どうも、釣りバカです

<派手な色使いのルアーが夜に有効>とは説明している人は言葉足らずだったようですね。実は昼間でも釣れます…ただし「ある条件下」でですが。

ルアーになぜ喰らいついてくるかといえば

1)食性に訴える … サカナに「うまそうだ」と思わせる
2)好奇心を煽る … サカナに「おちょくったろ」と思わせる
3)自己防衛本能による攻撃 … サカナが「おんどれ何さらしてけつかんねん」と思わせる

のいずれかが理由と言われています。さらに個人的には

α)近眼なので生きていくためには動くものにとりあえず食いついてみる習性がある

という要素も関係していると思っています。

従ってルアー(和訳すると「惑わす;誘惑する」)は「サカナにしっかり見えなければ意味がない」というわけで夜使用するルアーは派手な色が多いというわけ。派手な色であればあるほどサカナに見つかりやすく誘惑できるという理屈です。

ならば昼間だとどうなるか…透明度の高い水質だと刺激が強すぎてサカナはびっくりして逃げてしまうことがよくあります。
ただしこれは水深2mほどまでの話で、どんなきれいな水質のフィールドでも3mより深い所になると光が弱く暗くなっていきます(映画グラン・ブルーを見ているとそれがよく分かります)。光がない=暗い=夜と同じ、なので派手な色が有効になります。
また雨が降ったあと1週間くらいは水が濁り 茶色→笹緑→透明 になっていきます。濁っている=光が届かない=暗い=夜と同じ、なのでこれまた派手な色が有効になってきます。

元々水の濁っている霞ヶ浦や里の野池などでは年がら年中夜中、ということになります(実際には夕方か朝方)のでやはり派手な色がモノを言うのです。

「ここは水が濁っているから…」「今日は水深3mラインを攻めるぞ…」と自然観察や攻略法を考えながら色をセレクトしていくことは難しい反面ルアーフィッシングの面白さです。さらに「こんな派手な色に食いついてくるんだ♪」という感動もアトラクター(どう見ても本物とは思えない色や形)ルアーの魅力なので、とりあえずラインを結んで投げてみましょう。

どうも、釣りバカです

<派手な色使いのルアーが夜に有効>とは説明している人は言葉足らずだったようですね。実は昼間でも釣れます…ただし「ある条件下」でですが。

ルアーになぜ喰らいついてくるかといえば

1)食性に訴える … サカナに「うまそうだ」と思わせる
2)好奇心を煽る … サカナに「おちょくったろ」と思わせる
3)自己防衛本能による攻撃 … サカナが「おんどれ何さらしてけつかんねん」と思わせる

のいずれかが理由と言われています。さらに個人的には

α)近眼なので生きて...続きを読む

Qルアー用のロッドとそうでない竿の違いは何ですか?

釣具屋にてルアーフィッシングコーナーを見てきましたがやっぱり専用のロッドはそれなりの意味があるんですよね?すいません初歩的な質問で。

Aベストアンサー

意味はありますが竿と糸とルアーがあれば魚は釣れるので深く考えない方がよいです。
おなじルアーロッドでも数千円~5万円以上するものまであります。
高価なルアーロッドの良い点は軽い、感度が良い、ガイドが良い、魚をかけてからの安心感がある。
悪い点は高いし慣れるまで扱いに気を使います。

私の場合はルアーはルアーロッドを使い、竿の種別はその対象魚種用を選んでいます。最近はルアーロッドの所有数が20本くらいあるのでいろいろ使い回しも考えています。
(シーバスロッドやエギングロッドでブラックバス(30cm台)も釣ってます)
ブラックバスの場合は主に投げたいリグ(ルアー)が投げられるか、そのリグをきちんとアクションさせたうえでバイトを誘って取れるか。といった感じで竿の種類がたくさんあります。
(すいません私も釣り歴1年半の素人です)
そういった考えはソルトでも同じなのですが掛けるまでの経緯を楽しむか、魚とのやりとりを楽しむかで竿の方向性も変わってきます。
シーバスロッドと一言にいっても20cmくらいのセイゴから70cmオーバーのスズキまでいます。セイゴが釣りやすい時期でよく釣れるのならメバル用の竿でも楽しめます。
餌釣りもちょい投げならルアーロッドが活躍します。
長すぎず、重すぎずなのでメバルロッドならハゼやチビキスやセイゴ、シーバスロッドやエギングロッドなら20cm以上のキスやイイダコてんやでのイイダコ釣りも楽しいです。

よく分からなければ同じメーカー(ダイワ・シマノ・メジャークラフト等対象魚種別の竿の種類がやたらと多いメーカー)に絞って持ち比べたり振り比べたりすると良いです。と思いますが、経験がないのであればちょっと持って振った程度ではまったく分からないと思います。

まずは目的の魚種を何にするかです。それから考えた方が良いです。
最初の一本におすすめなのはALL SiCガイドで1万円程度で買えるもの。
リール(スピニング)はシマノ・ダイワのベアリング4~5個程度入っている1万円前後のものが良いです。
目的の魚種が分かればどんな竿やリール、ライン、ルアーが良いかアドバイスももらえるし、店頭でも店員さんに聞くことができます。
その後で、○○に使い回しができるか?といった新たな質問ができると思います。

先日太刀魚を釣りに行きました。
エコギアのワームを使いましたが何とか2匹釣れました。今の時期なら地合が良ければ20~30本は釣れるようです。
バイトは数十回とありましたので楽しめました。
使った竿はシーバスロッドでメジャークラフト ハンタウェイ862ML、リールはシマノ 07ステラC3000、ラインはファイヤーライン1.5号、リーダーはナイロン25lbです。

これからの時期はメバルやカサゴのロックフィッシュがメインになります。釣りやすく簡単に数が出るので専用のタックルがおすすめです。
プラグのように1個1000円以上するものではなくジグヘッド(5個400円程度)とワーム(8本500円程度)を使用すればあまりコストをかけなくても楽しめます。

意味はありますが竿と糸とルアーがあれば魚は釣れるので深く考えない方がよいです。
おなじルアーロッドでも数千円~5万円以上するものまであります。
高価なルアーロッドの良い点は軽い、感度が良い、ガイドが良い、魚をかけてからの安心感がある。
悪い点は高いし慣れるまで扱いに気を使います。

私の場合はルアーはルアーロッドを使い、竿の種別はその対象魚種用を選んでいます。最近はルアーロッドの所有数が20本くらいあるのでいろいろ使い回しも考えています。
(シーバスロッドやエギングロッドでブ...続きを読む


人気Q&Aランキング