やたら人を比較する女性が出てくる短編小説を探しています。
日本人の女性(多分)作家が書いた、ちょっと昔の短編でした。

主人公(女性)の知人に、比較癖のある女性がいる、たとえば友人達が集まって手料理を披露してくれたような時、「このサラダ美味しいね」という話をすると「サラダといえばこの間●●で食べたサラダはもっと美味しかった、あれこそサラダの最高峰というものだと思うわ」というように話を持っていく人間である、いい加減ウンザリする。
ところでこの女性、学生時分からそういう癖があったらしい、同級であった人が
「それが、自分とどっこいそっこいとか、自分よりうんと上の人と比べるというのならまだしも、そんな人と比べてどうするのというレベルと比べるのよ、その人より自分は上だ、だから自分は優れているんだと主張するの」。
どうもその人の親に比較癖があったらしい、たしかに比べるということ自体は悪ではない、だが人と己を比べて常に奮起し、琢磨できる人間がどれほどいるだろうか、よほどできた、自分に恐ろしく厳しい人間でなければ劣位の者を比較対象に選んで慢心や優越に浸ってしまうのではないだろうか…
と思った。

というような内容なのですが、ここまであらすじをはっきり覚えているというのに作者名・題名などはさっぱり…。
最初は山崎豊子作品かと思い、次に幸田文かと思い、いいや有吉佐和子だったかもしれぬ…と図書館へ行って心当たりを片っ端から当たってみましたが、自力では見つけられず…。
じゃあ林真理子?宮尾登美子?いっそ田辺聖子??←もう知っている女性作家の名前を羅列しているだけ状態に…
樋口一葉ほど古い人ではない。
けど、恩田陸や有川浩ほど新しくもない。
文庫本に収蔵されていたような気がする。

…とまあ、これくらいしか思い出せないのです。
お心当たりの方、いらっしゃいましたらー…

A 回答 (2件)

円地文子、野上弥生子、瀬戸内晴美(寂聴)、お年を召してますますお元気な佐藤さん、曾野綾子、三浦綾子さんあたりでしょうか!?気になりますね…。

あまり参考にならなくてすみません。

この回答への補足

幸田文『駅・栗いくつ 』(講談社文芸文庫)だったことが判明しました、ありがとうございました。

補足日時:2010/05/10 22:31
    • good
    • 0
この回答へのお礼

佐藤…!?
佐藤なになさんでしょうか?気になります^-^

お礼日時:2010/05/10 22:29

唯川 恵ぽいなーと思ってしまいました。


回答になってなくてすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

幸田文『駅・栗いくつ 』(講談社文芸文庫)だったことが判明しました、ありがとうございました。

お礼日時:2010/05/10 22:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q有吉佐和子の小説

毎日新聞に連載していた「油屋お紺」。途中で終わってしまったけど、あの作品を本にしたものはあるのでしょうか。教えてください

Aベストアンサー

ごぞんじかもしれませんが…
わいせつか文学上の表現かをめぐって争われた野坂昭如の「四畳半襖の下張」裁判を支援していた有吉佐和子が、裁判が野坂の負けになったら、自分もポルノを書くと宣言。結局、裁判は予想外の野坂の負けとなり、有吉は本意ではないポルノを、負けん気の強さから書く羽目になった、それが「油屋おこん」と聞いております。
もともと、執筆の動機が動機で、乗り気で書いたものではなく、主人公と自分の娘が年恰好が近くて精神的にまいってしまい、有吉は筆を折った、新聞連載を作者の都合で中止という事で有吉本人は大変に屈辱を味わったとの事。
連載中止からまもなく、有吉は体調を崩して、文学上では華々しい活躍もないままにみまかっています。自殺説も出ましたね。
出版されてないのは作者本人の意向や著作権継承者の意向もあるかもしれません。その辺は全集などの話が出たときに、収録されるかどうかでわかると思います。
どうしても読みたい場合、図書館などで当時の新聞の縮刷版にあたるといいと思います。

Q宮尾登美子さんの・・・

宮尾登美子さんの「櫂」「春燈」「朱夏」を読みました。
「朱夏」の続編または満州から帰国後の主人公の小説はあるのでしょうか?その後がとても気になっています・・・。

Aベストアンサー

朱夏(上下)の後は「仁淀川」に続いています。
満州から高知へ引き上げてからのお話です。

参考URL:http://www.page.sannet.ne.jp/mori-y/miyao2.html

Q有吉佐和子の「紀ノ川」について、質問できるサイトを教えてください。

紀ノ川の自転車事件について、読み取りに不可解なところがあります。3日ほど前ここで質問しましたが、だれも答えてくれませんでした。

Aベストアンサー

こんばんは。
こんなサイトがありましたが、いかがですか?

参考URL:http://www3.ocn.ne.jp/~ariyoshi/

Q宮尾登美子の長兄が出てくる本の題名

作家の宮尾登美子さんのエッセーを書いた本によると、宮尾登美子さんは、長兄を亡くしています。
長兄は、闘病中の部屋の窓から見える、ある花が気に入り、よく見ていたそうです。ところが、次兄のガールフレンドが妊娠して、ガールフレンドの親から結婚をせかされ、婚儀を挙げます。その後、長兄は亡くなってしまいます。
そして兄嫁となったその人が、長兄が気に入っていた花の柄の浴衣を着て、両親の前に現われた時、母は「よくもそのような浴衣をきれるものだ」と兄嫁を泣きながら批難したそうです。
宮尾登美子さんの何の本に、その文が書いてあったか忘れてしまいました。できましたら、本の題名とページをお教えくださいましたら、助かります。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは

そのことがかいてあったかどうか
記憶にないのですが
花のきもの とかではないでしょうか?
http://www.amazon.co.jp/%E8%8A%B1%E3%81%AE%E3%81%8D%E3%82%82%E3%81%AE-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%AE%AE%E5%B0%BE-%E7%99%BB%E7%BE%8E%E5%AD%90/dp/4061838563

Q電子書籍端末の仕組み

いま流行りの電子書籍に非常に興味がありますが
わからないことがたくさんあります。


1、端末がいろいろありますが、端末メーカーに対して書籍メーカーが専用に決められており
その中からしか書籍ラインナップが選べないのでしょうか?
それとも端末と書籍メーカーは別々でいくつもの書籍メーカーの中から本を探し歩くことが
できるのでしょうか?

2、書籍は書籍メーカーのサーバーにオンライン上で閲覧しにいくタイプなのでしょうか?
それとも書籍をダウンロードしてオフラインでも楽しむことができるのでしょうか?

3、購入した書籍はメーカーのサポートや販売が中止した後でも読むことができますか?
(つまり購入した書籍を永久的に自分のものにすることができるのでしょうか)

4、端末が故障した際、一度購入した書籍は別端末に無料で再ダウンロード等できるのでしょうか?


電子書籍に詳しい方、ご存知の項目で結構ですので教えてください。
またおすすめの端末等もあれば教えていただければと思います。。

Aベストアンサー

私はソニーReaderを利用していますので、ソニーReaderについてだけ説明します。

1)ソニーの場合は専用サイトとして「Reader Store」がありますが、他の電子書籍サイトの書籍も購入し、Readerで閲覧が可能です。
 私の場合Reader Storeの他、「パピレス」「ビットウェイブックス」「PDAbook」を利用しています。以前は他のサイトも利用していましたが、専用ビューワでないと閲覧できなくなったため、利用を止めています。

2)ソニーReaderは書籍をダウンロードする方式のため、購入の時以外はオンラインにする必要がありません。

3)永久的に自分のモノになります。ソニーReaderはダウンロード方式ですので、販売サイトの閉鎖とは無関係です。

4)ソニーReaderの場合は機種により扱いが変わります。Readerには下記のような種類があります。

  a.端末そのものに無線通信機能がないモノ(PCとUSB接続して書籍を送信)
  b.端末にPCとの無線通信機能があるモノ(書籍の購入はPC経由になる)
  c.端末に「3G」通信機能があり、PCを経由する必要が無いモノ

このうち「a」「b」の機種については、書籍の購入の際にPCへもダウンロードしますので、端末本体が壊れても、同じシリーズの機器を使うことで、端末へ再送信は可能と思います。
「c」の機種については、PCへのバックアップを怠ると再購入ということになります。
販売サイトの中には再ダウンロードが可能になっている場合がありますが、大抵は期限付きですのであまりアテにしない方がいいと思います。

私はソニーReaderを利用していますので、ソニーReaderについてだけ説明します。

1)ソニーの場合は専用サイトとして「Reader Store」がありますが、他の電子書籍サイトの書籍も購入し、Readerで閲覧が可能です。
 私の場合Reader Storeの他、「パピレス」「ビットウェイブックス」「PDAbook」を利用しています。以前は他のサイトも利用していましたが、専用ビューワでないと閲覧できなくなったため、利用を止めています。

2)ソニーReaderは書籍をダウンロードする方式のため、購入の時以外はオンラインにす...続きを読む

Q短編のみの作家

専業作家で、
現在それなりに活躍されている方で、
作品のほとんどが短編という方はいますでしょうか?
ご存知の方がいましたら教えて下さい。
(滅多に作品を発表しない方や、一昔前に活躍されていた方は除外して下さい)

Aベストアンサー

最近だと、いないんじゃないですかね。
短編を発表する場であった、文芸雑誌とかが壊滅状態ですから。
と言っても、SFMとコバルトマガジンぐらいしか目を通してませんが。

アンソロジー等で、短編を書かれる事もあるでしょうけど、
市場的にも、読者は、人気のあるシリーズものを読みたがるようですし。

# 「短編の方が面白い」って作家さんなら、たくさんいそう。

Q電子書籍ってどういうモチベーションで使うのですか?

読書される方に質問です。
僕は、新しい本だけでなく、古本などもたくさん購入し読んでいます。
もちろん、紙の書籍は電子書籍にはかないませんし、本の装丁など文字以外でも楽しめるところがたくさんあります。
しかし、最近では楽天やAmazonなどが電子ブックリーダーを発売するようになり、電子書籍もかなり充実しています。
たしかに書籍は部屋に溜まる一方で、置き場にもこまります。中には「ちょっと読んでみたい」程度の本もあり、そういう思い入れの少ない書籍は、ブックリーダーでも十分だなと感じています。

しかし、、、、電子書籍ってたしかに新品の紙の書籍よりも安いけど、半額になるくらい安いわけではありません。たとえば三谷幸喜の「清須会議」は紙の書籍で1,420円ですが電子書籍だと1,120円です。 それほど安くはありません。
値段を安くしたいとなると、少し待って古本屋にいけば800円くらいで買えると思います。

つまり、、エコのためには電子書籍。値段を安くしたいなら古本屋。となります。
僕は両方の気持ちがあり、こまっています。
電子書籍を利用したいのですが、数百円安いくらいなら、紙の書籍がいいかなとも思いますし、
でもあまり安いと、本の出版社や本屋さんがつぶれてしまうとか、いろいろと考えてしまいます。

電子書籍ってどういうモチベーションで使えばいいのでしょうか?
「紙の書籍みたいに邪魔にならない。新品の紙の書籍より安いから問題なし!」
という感じなのでしょうか?

貧乏人の僕は、少しでも「古本屋の方がもっと安いから。・。」などと考えてしまい、煮えきれません。
こういう考えの人は電子書籍は向かないのでしょうか?

読書される方に質問です。
僕は、新しい本だけでなく、古本などもたくさん購入し読んでいます。
もちろん、紙の書籍は電子書籍にはかないませんし、本の装丁など文字以外でも楽しめるところがたくさんあります。
しかし、最近では楽天やAmazonなどが電子ブックリーダーを発売するようになり、電子書籍もかなり充実しています。
たしかに書籍は部屋に溜まる一方で、置き場にもこまります。中には「ちょっと読んでみたい」程度の本もあり、そういう思い入れの少ない書籍は、ブックリーダーでも十分だなと感じていま...続きを読む

Aベストアンサー

失礼します。無理やりモチベーションを高めて電子書籍を使う必要はありませんので、ご心配なく(笑。

私の場合は、以下の理由で電子書籍に魅力を感じています。
1. 英語の本がすぐに(安く)買えること
2. 電子書籍の方がエコであること
3. 本棚が必要なくなること

英語の本に限らず、すぐに本を購入して読めるということは、非常に魅力的です。紙の本であれば、Amazonで申し込んでから1日~数週間待つ必要があります。特に英語の本の場合は長くかかることが多いです。しかし、AmazonでKindle用の本を探し出し、購入し、ダウンロード完了するまで数分でできて、すぐに読み始めることができます。実際に体験してみると、紙の本がやって来る待つという状態に戻る気にはなりません。とは言いつつ、英語の本以外は図書館で借りて読むので、待つこともありますが(笑。

本を読む値段を考えると、図書館が最もお勧めです。そして図書館の多くは利用者増加に注力しているので、利用者になることは歓迎されることです。
またアメリカにおいては、多くのKindleの本が紙の本の半額や90%OFFで売られています。Amazon Prime会員になれば、多くの本が無料で読めます。いづれ日本においてもそのようになる可能性があります。

電子書籍やPCが電気を使うので、エコとは考えにくいという話がありますが、紙の本を読むためには、木を切り倒し、印刷機を回して印刷し、木や本を車で運び続け、本屋等で販売する必要があります。一連の作業を考えると、電子書籍の方がはるかに環境負荷は低く、エコでしょう。もちろんより正しい議論のためには、実際上の数字が必要ですが。

著者や出版社から考えると、電子書籍の方がはるかに利率が良いので、電子書籍をメインにする方が好ましいです。ただ、大きな出版社であるほど、印刷会社や本屋との関係等、様々なしがらみがあり、電子書籍に移行しにくい事情があるのでしょう。

本屋から考えると、現状としては電子書籍と共存することは難しいため、潰れる可能性は高まっています。しかし、新たな本屋として進化して、人々に新しい便利さを提供すれば、電子書籍によって売上があがるようになることでしょう。逆に、現状のまま本屋が維持されて、不便な場所として存続すると、多くの無駄を生むことになり、社会的に好ましくないでしょう。

最後に、まだそれほど大きな魅力にはなっていませんが、電子書籍の大きなメリットは、出版する敷居が非常に低くなることです。そのため、今は有名ではないが、非常に素晴らしい作家に出会える可能性が高まりつつあります。ソーシャルメディアでも同様のことが言えますが、素晴らしい作家との出会いや交流の可能性が高まるのは、非常に魅力的なことです。

お気軽にご検討下さい。

失礼します。無理やりモチベーションを高めて電子書籍を使う必要はありませんので、ご心配なく(笑。

私の場合は、以下の理由で電子書籍に魅力を感じています。
1. 英語の本がすぐに(安く)買えること
2. 電子書籍の方がエコであること
3. 本棚が必要なくなること

英語の本に限らず、すぐに本を購入して読めるということは、非常に魅力的です。紙の本であれば、Amazonで申し込んでから1日~数週間待つ必要があります。特に英語の本の場合は長くかかることが多いです。しかし、AmazonでKindle用の本を探し出し、...続きを読む

Q三島由紀夫(?)の短編について。。。

随分前に友達の家で読んだ記憶があるのですが、三島由紀夫の短編で以下のようなストーリーの物があれば、題名と出来れば収録されている本のタイトルを教えてください。確か新潮文庫だったと思うのですが、実は三島だったかも不安な状態です。
「一人の少年の前に神の使いが現れて人々を連れて海を渡るように伝える。少年には奇跡を起こす力が現れ多くの人が彼について旅に出るが、苦難の末に約束された地に着いた時にいくら祈っても海は割れない。人々は病気や飢えで次々と死んで行く。。。」と言った内容だったと思うのですが。。。実はキリスト教系の題材からしても遠藤周作だったのかも?と不安にもなっているのですが。。。いずれにしても教えて頂けると嬉しいです。気になって気になって。。。

Aベストアンサー

こんにちは。

三島由紀夫の「海と夕焼」だと思います。

『花ざかりの森・憂国』(新潮文庫)に収録されていますよ。

Q書籍の見極め方について質問です。

書籍は良いですね。

私は専門職ですので、勉学のためよく書籍を購入します。

最近は電子書籍などがもてはやされていますが、やはり書籍は紙が良いと思います。

しかし残念なことに、間違いが多く書かれてる書籍が大半です。

私は書籍を購入する際は、まず疑ってかかります。

本当の事が書かれてるか、お金を出して購入する価値があるか、、、

著者や編集者などの学歴や実績を調べ、十分に考慮した上で購入していますが、それでもはずれを引くことがあります。

良い書籍の見極め方をご教授いただけたらと思います。

ご回答お待ちしてます。

Aベストアンサー

私も本好きで、家にはうん千冊の本があふれかえっています。
DPRpig2のように専門的な本かどうかはわかりかねますが・・・。

確かに、本のタイトルと内容がてんでばらばらな本。
有名な大学の教授が記した文献にも多くの誤りを発見します。
また、客観的なデータを提示せずに、
平気で根拠のない結論を出している本。
何年も前の資料や文献に基づいて論述している本。
細かい話では、抜けや漢字の誤りなどの誤植や文法上の誤りのある本。

様々ではありますが、本屋にある本には数に制限があり、
ネットで買える本はロングテールで数はあるもの内容がわからない。

私も、ある意味、そういう、買って「得をした」本、買って「損をした」本の
情報を集めるサイトがほしいと思います。
但し、これも投稿者の主観的な判断に委ねられることになり
そのサイトを見ている人にとって得をするのか、損をするのかは
定かではないでしょうし、難しい問題ですね。

答えになっていないので、申し訳ありませんが、
No1の方の投稿が少し冷たい感じがしたので
賛同者の一人として投稿しました。

Q虹の話に心当たりのある方は?

もう20年も昔、小学生だった頃に通っていた塾の国語のテキストに載っていました。
話の内容は以下の通りです。

主人公は電車に乗っていて、ふと外を見ると虹が地面にまで延びていて、そこに小さな家が何軒かすっぽりと入っている。
主人公と、電車の旅客たちは驚きと興奮で窓から「おーい、おーい」と声をかけるけれど、虹の中にいる人たちは自分達が虹に包まれていることに気づかないままこちらに手を振り返してくる。
それを見た主人公が、不意に、幸せとはこういうものではないか、端からみれば明らかであるのに本人だけが気づかぬまま恩恵を受けているそれこそが幸福の在りようだ、と考える。

主人公、と書きましたがエッセイであれば「=筆者」という事になるかと思います。
小学生だった私の中にじわりと染み入ってきた話でした。
もう一度読んでみたいのですが、タイトルも作者も全く思い出せません。
もしかしたら新聞のエッセイとかからの出題だったかもしれないとのですが…。

ここで見つけられなかったら諦めようと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

調べてみました。

吉野 弘:作「虹の足」

ではないかなと思います。エッセイではなく詩でした。
著作権の問題で文章は載せられませんが、
全文掲載しているサイト様もありますので検索してみて下さい。(本当は掲載自体だめなんだろうけれど)

以下は教科書作ってる三省堂サイト内紹介文です。
http://tb.sanseido.co.jp/kokugo/kokugo/j-kokugo/baseinfo/3rd-honpen/01nijino.html


人気Q&Aランキング