やたら人を比較する女性が出てくる短編小説を探しています。
日本人の女性(多分)作家が書いた、ちょっと昔の短編でした。

主人公(女性)の知人に、比較癖のある女性がいる、たとえば友人達が集まって手料理を披露してくれたような時、「このサラダ美味しいね」という話をすると「サラダといえばこの間●●で食べたサラダはもっと美味しかった、あれこそサラダの最高峰というものだと思うわ」というように話を持っていく人間である、いい加減ウンザリする。
ところでこの女性、学生時分からそういう癖があったらしい、同級であった人が
「それが、自分とどっこいそっこいとか、自分よりうんと上の人と比べるというのならまだしも、そんな人と比べてどうするのというレベルと比べるのよ、その人より自分は上だ、だから自分は優れているんだと主張するの」。
どうもその人の親に比較癖があったらしい、たしかに比べるということ自体は悪ではない、だが人と己を比べて常に奮起し、琢磨できる人間がどれほどいるだろうか、よほどできた、自分に恐ろしく厳しい人間でなければ劣位の者を比較対象に選んで慢心や優越に浸ってしまうのではないだろうか…
と思った。

というような内容なのですが、ここまであらすじをはっきり覚えているというのに作者名・題名などはさっぱり…。
最初は山崎豊子作品かと思い、次に幸田文かと思い、いいや有吉佐和子だったかもしれぬ…と図書館へ行って心当たりを片っ端から当たってみましたが、自力では見つけられず…。
じゃあ林真理子?宮尾登美子?いっそ田辺聖子??←もう知っている女性作家の名前を羅列しているだけ状態に…
樋口一葉ほど古い人ではない。
けど、恩田陸や有川浩ほど新しくもない。
文庫本に収蔵されていたような気がする。

…とまあ、これくらいしか思い出せないのです。
お心当たりの方、いらっしゃいましたらー…

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

円地文子、野上弥生子、瀬戸内晴美(寂聴)、お年を召してますますお元気な佐藤さん、曾野綾子、三浦綾子さんあたりでしょうか!?気になりますね…。

あまり参考にならなくてすみません。

この回答への補足

幸田文『駅・栗いくつ 』(講談社文芸文庫)だったことが判明しました、ありがとうございました。

補足日時:2010/05/10 22:31
    • good
    • 0
この回答へのお礼

佐藤…!?
佐藤なになさんでしょうか?気になります^-^

お礼日時:2010/05/10 22:29

唯川 恵ぽいなーと思ってしまいました。


回答になってなくてすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

幸田文『駅・栗いくつ 』(講談社文芸文庫)だったことが判明しました、ありがとうございました。

お礼日時:2010/05/10 22:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宮尾登美子さんの・・・

宮尾登美子さんの「櫂」「春燈」「朱夏」を読みました。
「朱夏」の続編または満州から帰国後の主人公の小説はあるのでしょうか?その後がとても気になっています・・・。

Aベストアンサー

朱夏(上下)の後は「仁淀川」に続いています。
満州から高知へ引き上げてからのお話です。

参考URL:http://www.page.sannet.ne.jp/mori-y/miyao2.html

Q宮尾登美子の長兄が出てくる本の題名

作家の宮尾登美子さんのエッセーを書いた本によると、宮尾登美子さんは、長兄を亡くしています。
長兄は、闘病中の部屋の窓から見える、ある花が気に入り、よく見ていたそうです。ところが、次兄のガールフレンドが妊娠して、ガールフレンドの親から結婚をせかされ、婚儀を挙げます。その後、長兄は亡くなってしまいます。
そして兄嫁となったその人が、長兄が気に入っていた花の柄の浴衣を着て、両親の前に現われた時、母は「よくもそのような浴衣をきれるものだ」と兄嫁を泣きながら批難したそうです。
宮尾登美子さんの何の本に、その文が書いてあったか忘れてしまいました。できましたら、本の題名とページをお教えくださいましたら、助かります。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは

そのことがかいてあったかどうか
記憶にないのですが
花のきもの とかではないでしょうか?
http://www.amazon.co.jp/%E8%8A%B1%E3%81%AE%E3%81%8D%E3%82%82%E3%81%AE-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%AE%AE%E5%B0%BE-%E7%99%BB%E7%BE%8E%E5%AD%90/dp/4061838563

Q短編のみの作家

専業作家で、
現在それなりに活躍されている方で、
作品のほとんどが短編という方はいますでしょうか?
ご存知の方がいましたら教えて下さい。
(滅多に作品を発表しない方や、一昔前に活躍されていた方は除外して下さい)

Aベストアンサー

最近だと、いないんじゃないですかね。
短編を発表する場であった、文芸雑誌とかが壊滅状態ですから。
と言っても、SFMとコバルトマガジンぐらいしか目を通してませんが。

アンソロジー等で、短編を書かれる事もあるでしょうけど、
市場的にも、読者は、人気のあるシリーズものを読みたがるようですし。

# 「短編の方が面白い」って作家さんなら、たくさんいそう。

Q三島由紀夫(?)の短編について。。。

随分前に友達の家で読んだ記憶があるのですが、三島由紀夫の短編で以下のようなストーリーの物があれば、題名と出来れば収録されている本のタイトルを教えてください。確か新潮文庫だったと思うのですが、実は三島だったかも不安な状態です。
「一人の少年の前に神の使いが現れて人々を連れて海を渡るように伝える。少年には奇跡を起こす力が現れ多くの人が彼について旅に出るが、苦難の末に約束された地に着いた時にいくら祈っても海は割れない。人々は病気や飢えで次々と死んで行く。。。」と言った内容だったと思うのですが。。。実はキリスト教系の題材からしても遠藤周作だったのかも?と不安にもなっているのですが。。。いずれにしても教えて頂けると嬉しいです。気になって気になって。。。

Aベストアンサー

こんにちは。

三島由紀夫の「海と夕焼」だと思います。

『花ざかりの森・憂国』(新潮文庫)に収録されていますよ。

Q虹の話に心当たりのある方は?

もう20年も昔、小学生だった頃に通っていた塾の国語のテキストに載っていました。
話の内容は以下の通りです。

主人公は電車に乗っていて、ふと外を見ると虹が地面にまで延びていて、そこに小さな家が何軒かすっぽりと入っている。
主人公と、電車の旅客たちは驚きと興奮で窓から「おーい、おーい」と声をかけるけれど、虹の中にいる人たちは自分達が虹に包まれていることに気づかないままこちらに手を振り返してくる。
それを見た主人公が、不意に、幸せとはこういうものではないか、端からみれば明らかであるのに本人だけが気づかぬまま恩恵を受けているそれこそが幸福の在りようだ、と考える。

主人公、と書きましたがエッセイであれば「=筆者」という事になるかと思います。
小学生だった私の中にじわりと染み入ってきた話でした。
もう一度読んでみたいのですが、タイトルも作者も全く思い出せません。
もしかしたら新聞のエッセイとかからの出題だったかもしれないとのですが…。

ここで見つけられなかったら諦めようと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

調べてみました。

吉野 弘:作「虹の足」

ではないかなと思います。エッセイではなく詩でした。
著作権の問題で文章は載せられませんが、
全文掲載しているサイト様もありますので検索してみて下さい。(本当は掲載自体だめなんだろうけれど)

以下は教科書作ってる三省堂サイト内紹介文です。
http://tb.sanseido.co.jp/kokugo/kokugo/j-kokugo/baseinfo/3rd-honpen/01nijino.html


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報