パスネットなんですが,ごくごく普通に使っている(悪意はない世界で…)だけでも,もう2種類もバグ(らしきもの?)を感じています.

これって,どこかに言ったら直るものなんでしょうか?
むしろ,どこに言うべき何でしょうか?

有名なバグだったりすると,こっぱずかしいですが…
片方は,かなり悪用可能なものだと思います.(あえて公表しません)

A 回答 (3件)

 バグとはどのようなものなのでしょうか。

それによって異なると思います。
 例えばカードの交換がなされている例としては、東武の『北千住~北越谷間複々線完成記念パスネット』の一部カードでバグ(というか度数が入っていないというミス)が発生しました。またパスネットは普通の人から見るとバグめいた現象(例えば自動改札の出場記録がないと次回自動改札の扉が閉まり入場できない、など)もあります。都営・営団地下鉄の乗り継ぎでの割引、あるいは各私鉄の相互乗り入れ区間内では最短経路で計算する(例えば実際は日比谷線・東横線・目黒線経由で乗車しても南北線・目黒線経由で運賃計算される場合などがある)といったことも、知らない人なら『おや?』と思うはずですし。
 バグを届ける法的義務はないと思われますが、やっぱり届けたほうがいいでしょうね。とりあえず、各私鉄のお客様センターのようなものや駅員さんに直接聞いてみましょう。パスネットの約款も希望すれば恐らく見せてもらえますよ。
    • good
    • 0

直接関係ないかもしれませんが,バスで終点まで行くとき,たまに運転手がデータをお客さんを降ろす前にリセットしてしまうことがあり,その

場合はどこから乗った場合でも初乗り運賃が引かれ大変お得です!
    • good
    • 0

 鉄道会社の相談窓口に報告してみてはどうでしょうか。



「パスネットに関して、このような現象に気がつきましたが、これは仕様外のバグだと考えてよろしいでしょうか」

のように。無視されるといけませんから

「もしバグでしたら、対策を講じるお約束をいただきたいと思います。もしお約束いただけなかった場合、やむをえずネットなどに公表する用意があります」

と加えても許されるでしょう。

参考URL:http://www.tokyu.co.jp/guide/g01a.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイオカード,パスネットの割引がないのはなぜか

JRのオレンジカードとか小田急のロマンスカードは例えば5300円分を5000円で買えるという割引がありますね。
テレホンカードも105度数1000円で買えますね。
イオカード,パスネットは直接改札が通れて便利なのですが,プリペイドカードなのにどうして割引がないんでしょうか。
私のまわりでは,割引がないから買わないという人が結構いるみたいです。割引があればもっと普及するかもしれないと思います。
この辺の事情を御存知の方がいらっしゃいましたらお答えください。もちろん,暇なときで結構です。

Aベストアンサー

もともとオレンジカードの1000円券と3000円券には割引の設定はありません(ただし、50枚まとめて買えば1枚おまけがつく)。5000円券はいま売っていませんし…。

対外的には「自動改札の設備投資とイオカードそのものの利便性が大きいから」という説明がされていましたが…。

オレンジカードは国鉄時代の高い運賃で利用者離れが起きたことから、高付加価値にして利用者をつなぎとめるという意味があったと思います。

イオカードは、その利便性そのものが「売り」であって利用者をつなぎとめられるので、あえて割引を設けなかったと思います。
JR東日本・東海・西日本はこの間運賃を値上げしなかったこともあり、相対的に私鉄との運賃格差がなくなっているので、国鉄時代の割引制度の見直しを行っており、この低金利の時代10000円券に700円も割引をつけていたらやってられん、ということで、偽造オレンジカード発見をいい機会に?10000円券と5000円券の発売を止めてしまいました。

イオカードよりもむしろオレンジカードのほうが特殊な考えで、国鉄時代の高運賃に対する還元という意味が大きいと思います。
では私鉄はというと、単に将来の統一を見越して、JRに倣ったと考えられます。パスネットシステムは、イオカードシステムとソフト・ハードともほぼ同じです。

もともとオレンジカードの1000円券と3000円券には割引の設定はありません(ただし、50枚まとめて買えば1枚おまけがつく)。5000円券はいま売っていませんし…。

対外的には「自動改札の設備投資とイオカードそのものの利便性が大きいから」という説明がされていましたが…。

オレンジカードは国鉄時代の高い運賃で利用者離れが起きたことから、高付加価値にして利用者をつなぎとめるという意味があったと思います。

イオカードは、その利便性そのものが「売り」であって利用者をつなぎとめ...続きを読む

Qパスネット

JRに乗り入れている営団地下鉄やりんかい線の駅からパスネットで入場した場合、JRの駅で出ることは出来ますか。
逆に、スイカで入場して、営団の駅で出ることは?

Aベストアンサー

 整理しておきますが
*Suica利用可能エリア JR東日本線(東京近郊区間・仙台圏の一部) 東京モノレール 東京高速臨海鉄道(りんかい線)
*パスネット利用可能エリア パスネット協議会加盟社局
 Suicaとパスネットの相互利用は不可ですし、取り扱える窓口もそれぞれことなります。
 よって
>JRに乗り入れている営団地下鉄やりんかい線の駅からパスネットで入場した場合、JRの駅で出ることは出来ますか。
 自動改札では不可能です。パスネットに印字されている駅から下車するJRの駅までの運賃(前引き運賃分は控除する)を、JRの有人改札で精算(現金またはイオカード)することになります。
 なおこの際にパスネット処理連絡票をくれます。次にパスネットを使う際には、予めパスネット協議会加盟社局の有人改札でこの連絡票を見せた上で処理してもらわないと使えません。
>スイカで入場して、営団の駅で出ることは?
 自動改札では不可能です。この場合JRとの接続駅(北千住・西船橋・中野)からの営団線運賃を営団の有人改札で精算します。JR分の運賃はJRの有人改札で後日精算します。
 なおこの際にSuica処理連絡票をくれます。次にパスネットを使う際には、JRのSuica取扱可能(有人)駅の有人改札でこの連絡票を見せた上で処理・精算(JR利用分)してもらわないと使えません。
 
 なお例外は千代田線綾瀬~北千住間で、同区間は営団線であるにもかかわらずSuicaが使えます。

 整理しておきますが
*Suica利用可能エリア JR東日本線(東京近郊区間・仙台圏の一部) 東京モノレール 東京高速臨海鉄道(りんかい線)
*パスネット利用可能エリア パスネット協議会加盟社局
 Suicaとパスネットの相互利用は不可ですし、取り扱える窓口もそれぞれことなります。
 よって
>JRに乗り入れている営団地下鉄やりんかい線の駅からパスネットで入場した場合、JRの駅で出ることは出来ますか。
 自動改札では不可能です。パスネットに印字されている駅から下車するJRの駅までの運賃(前引...続きを読む

QメトロカードとSF、パスネットについて

昔メトロカードだったものが、SFカードになって、
今はパスネットになりましたが、
メトロカードとSFカードの違いは何ですか?

JRのオレンジカードとIOカードの違いのように、
カードで自動改札を通れるかどうかの違いでしょうか?

それと、パスネットはいつから始まったのですか?
2000年でしょうか、それとも2001年だったでしょうか?

おしえてください。

Aベストアンサー

SFメトロカードの、「SF」とは、ストアードフェア(Stored Fare)の略です。
ストアードフェアというのがどういう方式かということは、参考URLに詳しく説明されています。
要するに、自動改札機を通ったときに、乗車駅の情報を読みとって運賃を自動的に引いてくれるシステムのことです。

メトロカードは、単なるプリペイドカードでしたから、カードに残された残額の情報があるだけなのに対して、SFメトロカードでは、どの駅から乗車したか、という情報も読み書きできるようになっています。
オレンジカードとIOカードの違いと同じですが、IOカードとSFメトロとでは方式が違うようで、共通に使うことはできません。

パスネットというのは、首都圏の私鉄各社局が同じ方式のストアードフェアを導入したことに対して付けられた愛称です。
このことにより、SFメトロカードで西武に乗ったり、SFとーぶカードで営団に乗ったり、西武線内の駅から営団線内の駅まで一つのSFカードで行けたりすることができるようになりました。
2000年10月14日に導入されたものです。

参考URL:http://www.mintetsu.or.jp/dictionary/sa/082.html

SFメトロカードの、「SF」とは、ストアードフェア(Stored Fare)の略です。
ストアードフェアというのがどういう方式かということは、参考URLに詳しく説明されています。
要するに、自動改札機を通ったときに、乗車駅の情報を読みとって運賃を自動的に引いてくれるシステムのことです。

メトロカードは、単なるプリペイドカードでしたから、カードに残された残額の情報があるだけなのに対して、SFメトロカードでは、どの駅から乗車したか、という情報も読み書きできるようになっています。
オレンジカード...続きを読む

Qパスネットの精算について

パスネット導入以来¥1000券ばかりで、すでに20枚ほど消費しましたが、
仕事であちこち出掛けその出先で、買うことが多いのですが、その路線には全く
乗らず、他の路線でばかりで乗車していることが多いのですが、その精算って会社間でどうしてるのでしょうか?

Aベストアンサー

 各会社でデータ処理され、相殺等を経て、各会社間で月1回決済を行うようですね(通常の手続と一緒)。ちなみにカード発行費用は発行鉄道会社が持つようで、自社線で使われないと発行費用損ということになるようです(売り損)。パスネットの場合、『スルッとKANSAI』の親会社のようなものがないからこうなるわけですが・・・。
 

Q中野駅 パスネットからスイカへの乗り換え

東西線の竹橋駅~JRの国分寺へ行くことになりました。
当方はパスネットとスイカを使っています。
中野駅からJRに乗り換えることにしたのですが、
パスネットで竹橋駅(東西線)の改札をはいり、中野の改札内でそのままJRの中央線に乗り換えました。
国分寺に着きましたが、やはりスイカでは改札をぬけれず(JRの改札をとおっていないため)、駅員さんにお世話になりました。
東西線からJR中央線への乗り換えってみなさんどうなさっているのか知りたいです。
パスネットとスイカの両方を使って通る乗り換え用の改札
は使ったことがありますが、中野駅ではみあたらなかったもので・・・。
わざわざ、改札をでないといけないのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

中野駅はJR東日本がすべて管理している為、改札口もJR・営団一緒になっています。きっぷを買わずに営団はパスネット、JRはスイカを使いたいのであれば一旦中野駅で入りなおすしかありません。きっぷを買うのが面倒でなければ竹橋駅でJR線の国分寺までのきっぷをパスネットを使って買うか(行ったことがないのでJR線は売っているかわかりませんが)、中野までのきっぷをパスネットを使って買って、国分寺駅で自動精算機にそのきっぷを挿入しJR線代をスイカを使って精算するしかありません。

逆に国分寺から竹橋まで行く時は、国分寺駅で竹橋までのきっぷをスイカを使って買うか、中野までのきっぷをスイカを使って買い、竹橋駅でそのきっぷとパスネットを2枚重ねて自動改札機に投入(たぶん出来たとおもったのですが)します。

ちなみに2006年ごろにはICカードが共通化されるそうですのでこの区間できっぷを買わずに乗れるようになるのはその頃にならないと出来ません。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報