こんにちは。
WIN2K PRO、WSH2.0を使用しております。
いつも思うのですが、msgbox内の文字が
赤色、青色だったらいいのにと感じること
があります。
文字の色を変えることはできるのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

A 回答 (2件)

VBSだけではどうやってもできません。



画面のプロパティで設定された色になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

taka tetsuさん、こんにちは。
どうしようもないなら、いたしかたありませんね。
作るほうとしては、視覚効果も演出したくそう思った
のですが残念です。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2003/07/11 15:20

enakoさん、こんにちは。



msgboxでは無理かと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

happypointさん、こんにちは。

・・・そうですか。無理ですか。
可能ならよりいっそうWSHも使い
たくなったんですがねー。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2003/07/11 15:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMsgBoxについて

MsgBoxに表示させる文字の大きさや文字の色(赤)を指定する方法を教えて下さい、

Aベストアンサー

色を変えるまではやってませんが、、、
※太字
※斜体
※アンダーライン
※取り消し線
※フォントサイズ
の設定を可能としたメッセージボックスのサンプルを載せました。
VBの標準機能のみでは無理で、APIでMSGBOXを作り直すようなものなので、極めて面倒です。

フォームで作ることをお勧めします。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=384428

QVBSの「MsgBox」について

こんにちは。
VBSをかじり始めなので、的外れだったらご容赦を。

例えば、

MsgBox"こんにちは"

を実行したとき、
「こんにちは」の部分を
太字にしたり、色をつけたり、等、目立つような表示に
することは可能なのでしょうか?
(また、画像を挿入したりとか)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以前に似たような質問があり、答えております。
参考URLを見てください。

※MsgBoxについて
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=405473

※ダイアログにプレビュー表示
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=157966


画像を差し込むことも可能ですが、メッセージボックスを加工するより、フォームを利用したほうが、ずーっと楽です。

Qフォントの大きさ

Msg_box 関数 でメッセージを出力しているのですが
マーク(注意、警告 etc)を用いての表現の方法しかないのでしょうか?
 例えば メッセージのフォントのサイズを各々メッセージによって
     変えれないのでしょうか?
初歩的なご質問で申し訳御座いません
宜しくお願いします

Aベストアンサー

一応サンプルを作りました。
やってみて面白かったけど、やはりオリジナルを作ったほうがかなり楽だということを実感しました。

注意:
ここの掲示板は文字がずれるので、図形が壊れます。以下の文章をメモ帳などのテキストエディタにコピって読んでください。

・・・さて本題・・・


※メッセージボックスの構造
┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┣━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃                ┃
┃ ┏━┓ ┏━━━━━━━━┓ ┃
┃ ┃I┃ ┃MSG_AREA┃ ┃
┃ ┗━┛ ┗━━━━━━━━┛ ┃
┃                ┃
┃   ┏━━┓  ┏━━┓   ┃
┃   ┃B1┃  ┃B2┃   ┃
┃   ┗━━┛  ┗━━┛   ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛
[I]・・・アイコン(クラス名:Static)
[MSG_AREA]・・・メッセージ表示領域(クラス名:Static)
[B1/B2]・・・ボタン(クラス名:Button)
という構造になっています

メッセージボックスは指定のスタイルによりアイコンの有無・ボタンの数が変化します。
また、メッセージ文字数により、メッセージの表示領域が変更され、ダイアログのサイズも算出されます。
しかもこの大きさの計算は、ダイアログオブジェクトが創生される前に行われるため、フォントを指定したあと、独自で再配置をしなければなりません。この計算ロジックは非常にややこしいものです。


※VBのMsgBox関数(またはAPIMassegeBox関数)内部で行われていると思われる手順(フックしてSpyで調べました)
1.MSGの文字数/ボタンの数/アイコンの有無により、ダイアログの大きさの算出・各オブジェクトの配置位置の算出
2.ダイアログ本体を創生
3.ボタンをダイアログ内部に創生(複数のボタンが存在するとき、左側のボタンから創生)
4.アイコンがあるならアイコンを創生
5.メッセージを創生
6.ボタンにフォーカスをセット
7.画面に表示する(サンプルではここで操作しています)
という順序のようです。


サンプルは、画面に表示する直前にフォントを指定しています。上記で述べたとおり、各オブジェクトはすでにできあがってしまっているので、再配置が必要になります。(サンプル内のsetResize関数を作りこんでください)


以下を標準モジュールに貼り付けて、Sub Mainから実行するようにしてください。
[myMsgBox関数]がオリジナルMsgBoxを呼ぶための関数です。



Option Explicit

Public Const WH_CBT = 5

'太文字([400/700]にしているけど、フォントによって違うかも?)
Public Enum MY_BOLD
  MYB_FLASE = 400
  MYB_TRUE = 700
End Enum
'斜体
Public Enum MY_ITALIC
  MYI_FLASE = 0
  MYI_TRUE = 1
End Enum
'下線
Public Enum MY_UNDERLINE
  MYU_FLASE = 0
  MYU_TRUE = 1
End Enum
'取消し線
Public Enum MY_STRINKEOUT
  MYS_FLASE = 0
  MYS_TRUE = 1
End Enum


Public Const HCBT_ACTIVATE = 5 ' ウィンドウがこれからアクティブになる通知メッセージ

Public Const WM_SETFONT = &H30 'フォントを指定
Public Const WM_GETFONT = &H31 'テキストボックス、ラベル等が現在使っているフォントのハンドル

Public Const LF_FACESIZE = &H20
Public Const POINT_PER_INCH = 72
Public Const LOGPIXELSY = 90 '縦方向の1論理インチあたりのピクセル数

Public Const HWND_TOP = 0
Public Const HWND_BOTTOM = 1
Public Const HWND_TOPMOST = (-1)
Public Const HWND_NOTOPMOST = (-2)
Public Const SWP_NOSIZE = &H1&
Public Const SWP_NOMOVE = &H2&
Public Const SWP_NOZORDER = &H4&
Public Const SWP_NOREDRAW = &H8&
Public Const SWP_NOACTIVATE = &H10&
Public Const SWP_FRAMECHANGED = &H20&
Public Const SWP_SHOWWINDOW = &H40&
Public Const SWP_HIDEWINDOW = &H80&
Public Const SWP_NOCOPYBITS = &H100&
Public Const SWP_NOOWNERZORDER = &H200&
Public Const SWP_DRAWFRAME = SWP_FRAMECHANGED
Public Const SWP_NOREPOSITION = SWP_NOOWNERZORDER


Public Type LOGFONT
 lfHeight     As Long 'キャラクタの高さ
 lfWidth      As Long 'キャラクタの幅(0 で標準的プロポーション)
 lfEscapement   As Long '相対的出力角度(単位:1/10度)
 lfOrientation   As Long '回転角度(単位:1/10度)
 lfWeight     As Long 'キャラクタの線幅(FW_BOLD, FW_NORMAL)
 lfItalic     As Byte 'イタリックの時 Chr$(1)、通常 Chr$(0)
 lfUnderline    As Byte 'アンダーライン付きの時 1
 lfStrikeOut    As Byte '横線付きの時 1
 lfCharSet     As Byte 'キャラクタセットの指定
 lfOutPrecision  As Byte '常に OUT_DEFAULT_PRECIS = 0
 lfClipPrecision  As Byte ' 同上
 lfQuality     As Byte 'DEFAULT_QUALITY, DRAFT_QUALITY, PROOF_QUALITY
 lfPitchAndFamily As Byte 'DEFAULT_PITCH,FIXED_PITCH, VAIABLE_PITCH
 lfFaceName    As String * LF_FACESIZE 'タイプフェース名
End Type

Public Declare Function GetDC Lib "user32" (ByVal hWnd As Long) As Long
Public Declare Function SendMessage Lib "user32" Alias "SendMessageA" (ByVal hWnd As Long, ByVal Msg As Long, ByRef wParam As Long, ByRef lParam As Any) As Long
Public Declare Function GetObject Lib "gdi32" Alias "GetObjectA" (ByVal hObject As Long, ByVal nCount As Long, lpObject As Any) As Long
Public Declare Function GetDeviceCaps Lib "gdi32" (ByVal hdc As Long, ByVal nIndex As Long) As Long

Public Declare Function CreateFontIndirect Lib "gdi32" Alias "CreateFontIndirectA" (lpLogFont As LOGFONT) As Long
Public Declare Function SelectObject Lib "gdi32" (ByVal hdc As Long, ByVal hObject As Long) As Long
Public Declare Function DeleteObject Lib "gdi32" (ByVal hObject As Long) As Long
Public Declare Function SetWindowsHookEx Lib "user32.dll" Alias "SetWindowsHookExA" (ByVal idHook As Long, ByVal lpfn As Long, ByVal hMod As Long, ByVal dwThreadId As Long) As Long
Public Declare Function UnhookWindowsHookEx Lib "user32.dll" (ByVal hHook As Long) As Long
Public Declare Function SetWindowPos Lib "user32" (ByVal hWnd As Long, ByVal hWndInsertAfter As Long, ByVal x As Long, ByVal y As Long, ByVal cx As Long, ByVal cy As Long, ByVal uFlags As Long) As Long
Public Declare Function GetClassName Lib "user32" Alias "GetClassNameA" (ByVal hWnd As Long, ByVal lpClassName As String, ByVal nMaxCount As Long) As Long
Public Declare Function FindWindowEx Lib "user32" Alias "FindWindowExA" (ByVal hWnd1 As Long, ByVal hWnd2 As Long, ByVal lpsz1 As String, ByVal lpsz2 As String) As Long


Private mHookProcWnd  As Long 'フックプロセスハンドル
Private mFontHandle   As Long '作成したフォントハンドル

Public Sub Main()
  Call myMsgBox("鈴木 宗○", vbOKCancel Or vbQuestion)
End Sub

'メッセージボックスの初期設定
Public Function myMsgBox( _
        inPrompt As String _
        , Optional inButtons As VbMsgBoxStyle = vbOKOnly _
        , Optional inTitle As String = "vs 辻本 清○" _
        , Optional inHelpFile _
        , Optional inContext _
        ) As VbMsgBoxResult
  'フック
  mHookProcWnd = SetWindowsHookEx(WH_CBT, AddressOf MsgBoxHookProc, App.hInstance, App.ThreadID)
  
  'メッセージボックスを呼ぶ
  myMsgBox = MsgBox(inPrompt, inButtons, inTitle, inHelpFile, inContext)
  
  'メッセージボックスで作成されたフォントを削除する
  Call delFont
End Function

'フック関数
Private Function MsgBoxHookProc _
    (ByVal nCode As Long, _
    ByVal wParam As Long, _
    ByVal lParam As Long) As Long
  
  Static staFlg  As Boolean 'ワーキングフラグ
  
  'システムがウィンドウをアクティブ化しようとしている
  If nCode = HCBT_ACTIVATE Then
    If staFlg Then
      Exit Function
    End If
    staFlg = True
    
    'フォントを設定する
    Call setFont(wParam, 30, MYB_TRUE, MYI_TRUE, MYU_TRUE, MYS_TRUE)
    
    'オブジェクトのリサイズ
    Call setResize(wParam)
    
    Call UnhookWindowsHookEx(mHookProcWnd)
    staFlg = False
  End If
  ' フック関数の継続を中止
  MsgBoxHookProc = False
End Function

Private Sub setFont( _
    inOwnerWnd As Long, _
    Optional ByVal inFontSize As Single = -1, _
    Optional ByVal inBold As MY_BOLD = MYB_FLASE, _
    Optional ByVal inItalic As MY_ITALIC = MYI_FLASE, _
    Optional ByVal inUnderLine As MY_UNDERLINE = MYU_FLASE, _
    Optional ByVal inStrikeOut As MY_STRINKEOUT = MYS_FLASE _
    )

  Dim udtLOGFONT As LOGFONT
  Dim lngDC    As Long
  Dim lngWk    As Long
  Dim lngMsgWnd  As Long 'メッセージボックスのメッセージ部分のハンドル
  
  
  'すでに作成済みのフォントを削除
  Call delFont
  
  'メッセージボックスの中の、メッセージ部分のハンドルを得る
  lngMsgWnd = getWndMsg(inOwnerWnd)
  
  'デバイスコンテキストを得る
  lngDC = GetDC(lngMsgWnd)
  
  '現在のフォントのハンドルを取得
  lngWk = SendMessage(lngMsgWnd, WM_GETFONT, 0, 0&) And &HFFFF&
  
  ' フォント属性を取得
  Call GetObject(lngWk, Len(udtLOGFONT), udtLOGFONT)
  
  '新しい設定を行う
  With udtLOGFONT
    'フォントサイズ/太字/斜体/下線/取消し線
    If inFontSize > 0 Then
      .lfHeight = inFontSize * (GetDeviceCaps(GetDC(inOwnerWnd), LOGPIXELSY) / POINT_PER_INCH) * (udtLOGFONT.lfHeight / Abs(udtLOGFONT.lfHeight))
    End If
    .lfWeight = inBold
    .lfItalic = inItalic
    .lfUnderline = inUnderLine
    .lfStrikeOut = inStrikeOut
  End With
  
  '論理フォントの作成
  mFontHandle = CreateFontIndirect(udtLOGFONT)
  'DCへの関連付け
  Call SelectObject(lngDC, mFontHandle)
  'フォントを指定
  Call SendMessage(ByVal lngMsgWnd, ByVal WM_SETFONT, ByVal mFontHandle, 0&)

End Sub

'フォントオブジェクトの削除
Private Sub delFont()
  If mFontHandle <> 0& Then
    Call DeleteObject(mFontHandle)
    mFontHandle = 0
  End If
End Sub

'メッセージボックスの中の、メッセージ部分のハンドルを得る
Private Function getWndMsg(inWnd As Long) As Long
  Dim lngWnd1 As Long
  Dim lngWnd2 As Long
  
  'メッセージボックスには「Static」クラスを持つオブジェクトが1個か2個ある
  '1個の時は メッセージ
  '2個の時は 最初のStaticはアイコン/次にメッセージ
  
  lngWnd1 = FindWindowEx(inWnd, 0&, "Static" & vbNullChar, vbNullString)
  lngWnd2 = FindWindowEx(inWnd, lngWnd1, "Static" & vbNullChar, vbNullString)
  
  '2個目が存在していたら2個目、そうじゃなけりゃ1個目のハンドルを返す
  getWndMsg = IIf(lngWnd2 <> 0&, lngWnd2, lngWnd1)
End Function

'オブジェクトのリサイズ
'(ここは作りこまないといけない。計算ロジック大変そう・・・・)
Private Function setResize(inWnd As Long)
  Dim lngWidth  As Long
  Dim lngHeight  As Long
  Dim lngWnd1   As Long
  Dim lngWnd2   As Long
  
  '本当はここで再配置ロジックを行う(ボタン/アイコン/メッセージ)の各ハンドルを得て、サイズを変更
  'ここに載っているのは、あくまでサンプルです
  'ボタン数が2個限定ですのでお間違いないように!!!!!!!!!!!!!!
  
  '画面サイズを取得
  lngWidth = (Screen.Width \ Screen.TwipsPerPixelX)
  lngHeight = (Screen.Height \ Screen.TwipsPerPixelY)
  
  'メッセージボックスを座標(0,0)へ表示/メッセージボックスを画面サイズに表示
  Call SetWindowPos(inWnd, 0, 0, 0, lngWidth, lngHeight, _
           SWP_NOZORDER Or SWP_NOACTIVATE)
  
  'メッセージ
  Call SetWindowPos(getWndMsg(inWnd), 0, 0, 0, lngWidth \ 2, lngHeight \ 2, _
           SWP_NOZORDER Or SWP_NOACTIVATE Or SWP_NOMOVE)
          
  'ボタン1(大きさそのまま/配置変更)
  lngWnd1 = FindWindowEx(inWnd, 0&, "Button" & vbNullChar, vbNullString)
  Call SetWindowPos(lngWnd1, 0, 0, lngHeight - 50, 0, 0, _
           SWP_NOZORDER Or SWP_NOACTIVATE Or SWP_NOSIZE)
  
  'ボタン2(大きさ変更/配置変更)
  lngWnd2 = FindWindowEx(inWnd, lngWnd1, "Button" & vbNullChar, vbNullString)
  Call SetWindowPos(lngWnd2, 0, lngWidth - 400, lngHeight - 500, 300, 300, _
           SWP_NOZORDER Or SWP_NOACTIVATE)
End Function

一応サンプルを作りました。
やってみて面白かったけど、やはりオリジナルを作ったほうがかなり楽だということを実感しました。

注意:
ここの掲示板は文字がずれるので、図形が壊れます。以下の文章をメモ帳などのテキストエディタにコピって読んでください。

・・・さて本題・・・


※メッセージボックスの構造
┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┣━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃                ┃
┃ ┏━┓ ┏━━━━━━━━┓ ┃
┃ ┃I┃ ┃MSG_AREA┃ ┃
┃ ┗━┛ ┗━━━━━━━━┛ ┃
┃         ...続きを読む

Qメッセージボックスの背景色

いつもお世話になってます。
VB6.0でメッセージボックスの背景を任意の色に変更する事は可能ですか?
フォームの背景をデフォルトの色(&H8000000F&)と違う色(&H00FFC0C0&)にしているので、メッセージボックスも同じ色に合わせたいのです。

どうすればメッセージボックスの背景色を変更する事ができるのでしょう?
御存知の方、回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

メッセージボックスみたいなフォームを任意に作って、表示させたいイベントでSHOWさせてみたらいかがでしょう。

Qダイアログにプレビュー表示

ダイアログに画像ファイルのプレビューを表示したいのです。
標準のダイアログではできないのでしょうか?
プレビュー機能を持ったダイアログが市販されていますが・・・
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

訂正です。。。
※誤り
>        'ダミーに読み込む
>        On Error Resume Next
>        dmyPicture.Picture = LoadPicture(wkStr)
>        On Error GoTo 0
>        
>        '正常に読まれたか?
>        If dmyPicture.Picture = 0 Then
>          '異常読み込みなので、ファイルフルパス名記憶の破棄
>          dmyPicture.Tag = ""
>          GoTo PGMEND
>        Else
>          '正常に読み込まれたので、ファイルフルパス名を記憶しておく
>          dmyPicture.Tag = wkStr
>        End If


以上の部分を以下のように変更してください。
※正しい
        'ダミーに読み込む
        On Error Resume Next
        Err.Clear
        dmyPicture.Picture = LoadPicture(wkStr)
        
        '正常に読まれたか?
        If Err.Number = 0& Then
          '正常に読み込まれたので、ファイルフルパス名を記憶しておく
          dmyPicture.Tag = wkStr
        Else
          '異常読み込みなので、ファイルフルパス名記憶の破棄
          dmyPicture.Tag = ""
          GoTo PGMEND
        End If
        On Error GoTo 0

訂正です。。。
※誤り
>        'ダミーに読み込む
>        On Error Resume Next
>        dmyPicture.Picture = LoadPicture(wkStr)
>        On Error GoTo 0
>        
>        '正常に読まれたか?
>        If dmyPicture.Picture = 0 Then
>          '異常読み込みなので、ファイルフルパス名記憶の破棄
>          dmyPicture.Tag = ""
>          GoTo PGMEND
>        Else
>    ...続きを読む

QEXCEL VBAで計算値を四捨五入、切り上げ、切捨てする方法

ネットで探してみたのですが、計算結果を四捨五入して特定のセルを
返すにはどうしたらいいのでしょうか?

Sub hokangosa()

Dim ZPS As Double
Dim ZPOS As Double
Dim DMN As Double
MsgBox (" >>> 補間誤差自動計算 <<< ")
MsgBox (" >>> 初期値入力します <<< ")
ZPS = InputBox(">>> ステップを入力してください<<<")
ZPOS = Sheet1.Cells(22, 4).Value
DMN = ZPOS / ZPS
Sheet1.Cells(23, 6).Value = DMN
End Sub

ここでDMNの値を四捨五入したいです。

またこれとは別に切上げ、切捨ても教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

DMN = Application.WorksheetFunction.Round(ZPOS / ZPS, 0)
で、四捨五入
DMN = Application.RoundDown(ZPOS / ZPS, 0)
で切り捨て
DMN = Application.RoundUp(ZPOS / ZPS, 0)
で切り上げです。

引数で、対象桁を変更できます。

QVB上で実行中の無限ループの止め方

今まで、CUIベースのBASICでのプログラムの経験はあるのですが
Visual系のBASICは初心者です。
原因はわかっているのでプログラムの修正はできるのですが
VB上でコンパイルして実行したときに無限ループに陥ってしまって
どうにもプログラムをとめられなくなります。
そんなことがないように、実行前に全てのプロジェクトを保存して
いますので、そんなに実害はないのですが、どうすればとめられるのでしょう・・
今現在は、タスクマネージャーから強制終了させています。

Aベストアンサー

無限ループの一番内側に
DoEvents
を入れておくと、ウィンドウ切替え->デバッガ終了操作が出来ますよ

危なそうなとこにも入れておくと、何かと安心です。

Qwindows script encoder ダウンロードできない

script encoderのダウンロードページが
存在しないとのメッセージで
ダウンロードできません。

もうできなくなってしまったのでしょうか
またwindows script encoder に代わる
無料ソフトの代用品は何かないでしょうか

Aベストアンサー

調べてみた・・・。
https://social.technet.microsoft.com/Forums/scriptcenter/en-US/7711b75b-4793-43b0-a5e1-6efa8b7bd00e/where-can-i-download-microsoft-script-encoder?forum=ITCG
の最後のレス(Moscさん)に英語版ですがリンク先が紹介されています。

https://social.technet.microsoft.com/Forums/scriptcenter/en-US/1d132da1-2014-4f34-87f5-d787e764995f/save-encrypted-password-in-vbscript?forum=ITCG#ed557f4e-471e-456d-af81-43c77ef1c318
の、James Whitlowさんのレスです。
(ダウンロードの直リンクを避けるためにこのような回答に)

で、1番目のリンクの、jrv さんによれば
『 script encoder into scrrun.dll 』ということなので、さらにGoogleと
https://gallery.technet.microsoft.com/Encode-and-Decode-a-VB-a480d74c#content
スクリプトファイルを作ってドラッグ・ドロップすればできますよ。
{script encoder(sce10en や sce10jp は必要ない)}
ということです。

調べてみた・・・。
https://social.technet.microsoft.com/Forums/scriptcenter/en-US/7711b75b-4793-43b0-a5e1-6efa8b7bd00e/where-can-i-download-microsoft-script-encoder?forum=ITCG
の最後のレス(Moscさん)に英語版ですがリンク先が紹介されています。

https://social.technet.microsoft.com/Forums/scriptcenter/en-US/1d132da1-2014-4f34-87f5-d787e764995f/save-encrypted-password-in-vbscript?forum=ITCG#ed557f4e-471e-456d-af81-43c77ef1c318
の、James Whitlowさんのレスです。
(ダウンロード...続きを読む

QVBAで外部プログラムを非表示で実行するには

VBAとVBScriptを混同しているのかもしれませんがよく分からないので教えてください。

Excel2010のVBAから、外部プログラム(test.exe)をコマンドプロンプトを非表示の状態で実行して、外部プログラムの実行が終了するのを待ってから、次の処理をさせたいのですが、test1のプログラムでは(A)の部分でエラーになってしまいます。また、test2のプログラムでは正しく実行されるのですがコマンドプロンプトのウインドウを非表示にする方法がよく分かりません。

test1のプログラムでエラーをでなくする方法、または、test2のプログラムでコマンドプロンプトのウインドウを非表示にする方法がありましたら教えてください。

-------------------------------------------------------
Sub test1()
 Dim ws As Object
 Dim we As Object
 Dim command As String
 command = "C:\test.exe"
 Set ws = CreateObject("WScript.Shell")
 Set we = ws.Run("%ComSpec% /c " & command, 0, False) '<===(A)
 Set we = Nothing
 Set ws = Nothing
End Sub
-------------------------------------------------------
Sub test2()
 Dim ws As Object
 Dim we As Object
 Dim command As String
 command = "C:\test.exe"
 Set ws = CreateObject("WScript.Shell")
 Set we = ws.exec("%ComSpec% /c " & command)
 Do Until we.Status
  DoEvents
 Loop
 Set we = Nothing
 Set ws = Nothing
End Sub
-------------------------------------------------------

VBAとVBScriptを混同しているのかもしれませんがよく分からないので教えてください。

Excel2010のVBAから、外部プログラム(test.exe)をコマンドプロンプトを非表示の状態で実行して、外部プログラムの実行が終了するのを待ってから、次の処理をさせたいのですが、test1のプログラムでは(A)の部分でエラーになってしまいます。また、test2のプログラムでは正しく実行されるのですがコマンドプロンプトのウインドウを非表示にする方法がよく分かりません。

test1のプログラムでエラーをでなくする方法、または、te...続きを読む

Aベストアンサー

Runメソッドを何処で調べましたか?
詳しくはこちらを見てください。
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc364421.aspx

先ず、Aで失敗する理由ですが、Runメソッドの戻り値は何型ですか?
説明を見れば分かると思いますが、整数です。オブジェクトでは
ありません。従って、戻り値の型が違うし、Set文を使うのもオカシイ

次に、プログラムの終了を待つなら、Runメソッドの第3引数は
省略するか、Trueを指定すべきです。

test2のExecメソッドはオブジェクトを返しますが、この中には
標準入出力やエラー出力用の出し入れ口があり、人に代わって
データを送り込んだり、出力結果を見て、処理を変更するなどを
行う場合に使いますので、今回の仕様では使いません。
尚、DoEventsでグルグル回る処理は絶対にすべきではありません。
必ずSleepを入れるべきだし、DoEventsの使用そのものを避ける
べきだからです。この文がどのような効果をもたらすかを理解しており、
それを制御できるだけの技術があれば別ですが・・・

Runメソッドを何処で調べましたか?
詳しくはこちらを見てください。
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc364421.aspx

先ず、Aで失敗する理由ですが、Runメソッドの戻り値は何型ですか?
説明を見れば分かると思いますが、整数です。オブジェクトでは
ありません。従って、戻り値の型が違うし、Set文を使うのもオカシイ

次に、プログラムの終了を待つなら、Runメソッドの第3引数は
省略するか、Trueを指定すべきです。

test2のExecメソッドはオブジェクトを返しますが、この中には
標準入出力やエラー...続きを読む

Q背景色のついでに文字色もかえてみたい

できるかどうかを教えてください。
JavaScriptを使用して、背景色を変更することができるとおもいますが、
このとき、ついでに文字色なんかも変更することなんて、できちゃったりするのでしょうか?
いろいろなHPを見てみましたが、そのような解説にあたりませんでした。
もし、そういった解説の載っているHPをご存知でしたらお教えください。
教えてくだされば、がんばって自分で勉強してみますので、ごめんどうはおかけいたしません。
よろしくお願い申し上げます

Aベストアンサー

文字色は document.fgColor で変更可能です。

たとえば、
----------------------------------------------------------------------
onClick="document.bgColor='black'; document.fgColor='white'"
----------------------------------------------------------------------
のようにすれば、背景色が黒で文字色が白に同時に変更が可能です。
上の例のように1行で複数の命令を書く場合は
;(セミコロン)で区切って書いていけばOKです。

参考URL:http://tohoho.wakusei.ne.jp/js/document.htm#fgColor


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報