教えて!goo限定 1000名様に電子コミック1000円分が当たる!!

山手線などATC区間では、平常運転のとき、運転手は何をしているのですか?
ATC区間では、列車は自動で制御されるのですよね?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

こんばんは。


No.1です。
補足になります。

>>その区間内で、所定の速度に落ちるまで、自動で減速させます。

>120信号区間では、120以下の速度で走行するということですか?
つまり、120の速度で走っていて、90の区間に入ると、90区間を抜けるとき(45区間までに)までに90以下まで速度を落とすということでしょうか?

今の山手線のATCに付きましては、違います。
90区間を抜ける前に、次の低速の速度指示を出します。

昔のATCは、質問者様のイメージその通りのモノでしたが、
指示速度が粗く、制限70のカーブでも指示速度に70の信号が無かったゆえに65を指示するといった無駄や、
低速の速度を指示⇒常用で最大のブレーキがいきなり掛かる⇒その指示速度区間で落としきる考えだったので、速度がキッチリ落ちるとブレーキが緩解⇒次の閉塞で更に低速の速度を指示⇒再び常用で最大のブレーキがいきなり掛かる
その繰り返しで乗っている側からすれば、常用最大のブレーキ⇒ブレーキが全て緩む⇒再びブレーキと、衝動が激しかったので、非常に乗り心地の悪いものでした。

今のATCは、止める場所を指定しているので、
速度が落ちきる前に予め、次の低速の速度を指示、
ブレーキが緩むことなく速度が落ちます(「一段ブレーキ」と専門書では記されます)

そのため、
今の山手線などの新しいATCに付きましては、
先行の状況如何では、どんどん低速の速度を指示しています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大変分かりやすい説明ありがとうございます。
まだ、自分なりに整理できず、この程度のことしかお礼で言えません。
もう少し自分なりに勉強してみます。

理解するうえでかなりのヒントをいただけたと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2010/07/29 22:43

こんばんは。


No.1です。

>ご回答ありがとうございます。
>許容速度をoverした時に自動で電車がブレーキを掛ける仕組みです。
時速120KMで走行していて、急に、制限速度90という表示が出るのでしょうか?

会社によってATCも制御が異なり、一概にはこの通りとは断言できないモノなのですが、
運転台の指示表示には先行列車の位置によって下位速度の指示が表示され、常用最大のブレーキ(B7相当)の制動が掛かります。

昔の山手線でのATCは、質問者様の抱くイメージどおりのモノで、指示速度が細かく制御しておらず、いきなり下位速度の信号を受信してガクンとした制動が掛かる事もありましたが、
現在採用されているD-ATCでは、先行列車までの距離が表示され、地上装置から列車が止まるべき場所を列車に送信し、車上装置では列車の現在地を把握した上で最適な速度及び速度パターンを車上装置が持つデータベースの中から検索・表示する方式になりました。指示速度は5キロ刻みで制御(70キロ⇒65キロのように)され、ATCの制動するにあたっての減速パターンに列車速度が接近すると、「パターン接近」と表示され、これによって運転士は制動操作をしなければならない事も分かりますので、いきなり急激なATCによる制動がかかる事はありません。
    • good
    • 0

>120信号区間では、120以下の速度で走行するということですか?


つまり、120の速度で走っていて、90の区間に入ると、90区間を抜けるとき(45区間までに)までに90以下まで速度を落とすということでしょうか?

はい、そのとおりです。
そのようにして、段階的に減速し、先行列車の一つ手前の閉塞区間で列車を停止させ、追突事故を防ぎます。
    • good
    • 0

ATCの仕組みを模式的に書くとこんな感じ



|→後続列車120信号→|→90信号→|→45信号→|→停止信号→|→先行列車→|

|と|の間を閉塞区間と言い、原則その区間には1本の列車しか進入できません。
それぞれの区間の軌道に信号を流し、その信号を受信して、運転台に現示します。
運転士は、その信号の示す速度を見て、所定の速度まで減速します。
操作を怠った場合、その区間内で、所定の速度に落ちるまで、自動で減速させます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かりやすいご説明ありがとうございます。

>その区間内で、所定の速度に落ちるまで、自動で減速させます。

120信号区間では、120以下の速度で走行するということですか?
つまり、120の速度で走っていて、90の区間に入ると、90区間を抜けるとき(45区間までに)までに90以下まで速度を落とすということでしょうか?

お礼日時:2010/07/24 14:51

新幹線もATCですよ。


ちゃんとマニュアル運転ですよね。
じゃあ、ATSとどこが違うのでしょうか?

ATSは、信号機の現示を無視して冒進すると、非常制動が掛かります。
言わば、ヒューマンエラーのバックアップとしての防護設備です。

一方、ATCは、軌道上に流した信号を受信し、車内で、その閉塞区間で走れる速度の上限を現示し、運転士はそれを見てその速度以下で運転します。
勿論、運転士が現示を無視すれば、直ちに現示速度まで自動で減速されます。

要するに、ATSより保安度の高い防護設備なのです。
    • good
    • 0

運転士は車内信号を守って運転しています。


許容速度はATCで車内信号に表示され速度超過すれば自動的にブレーキが掛かるが、
発車や速度調整するのは運転士の仕事。
    • good
    • 1

はじめまして。


電車運転士をしております。

自動で運転するのは、ATCではなくATOです。
運転士は山手線では普通に運転操作(マニュアル運転)しています。
ただ、信号機は建植されず代わりに運転席に許容の速度を指示、許容速度をoverした時に自動で電車がブレーキを掛ける仕組みです。駅に停めたり、通常の速度調節につきましては、運転士が行っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>許容速度をoverした時に自動で電車がブレーキを掛ける仕組みです。

時速120KMで走行していて、急に、制限速度90という表示が出るのでしょうか?

お礼日時:2010/07/24 14:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QJR東日本の山手線などで使用されている定位置停止装置(TASC)と自動列車運転装置(ATO)は何が違

JR東日本の山手線などで使用されている定位置停止装置(TASC)と自動列車運転装置(ATO)は何が違うんですか?ATOは京都市営地下鉄東西線で運転室を見たことあるので運転士さんは運転をほとんどしないことは(ボタンを押したらスタート?)知っていますが山手線の運転士さんはマスコンとブレーキを操作しているけど他の路線の運転士さんほど操作している感じがないのでブレーキを入れたらATOのように自動で運転してくれるということですか?マスコンも入れたら電車が速度を保ってくれることですか?こういう専門的なことは全くわからないしwikiで調べても理解できなかったので詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

ATO(自動列車運転装置)は出発ボタンを押すことで、力行~惰性~制動~停止まで自動で行われます。
TASC(定位置停止装置)はあくまで駅停車時の制動が行われるだけで、力行・惰性・曲線等に対する速度調整等は行われず、これらの操作は全て運転士が手動で行うものです。

ATO運転の場合、出発ボタン(2つ同時押し)を押せば通常であれば次駅までの運転は自動で行われます。(駅間で停止し再出発する場合は再度操作が必要になる)
これはワンマン運転を行う路線で運転士の負担削減で導入されるケースが多いもので、東京ですと地下鉄南北線・有楽町線・副都心線・大江戸線・つくばエクスプレスで導入されています。
京都市営東西線でもATOを導入しているようなので、通常であれば出発ボタンを押した後は運転士はハンドル操作はしませんから、後ろから見ても運転しているようには見えないかもしれませんね(笑)
これらの路線では保安装置にCS-ATCを使用しており、例外はありますが多くでは次駅での停止位置までの距離など情報伝達を地上子ー車上子間で行っています。

TASCの場合、自動運転ではなくあくまで停止位置に停止させるものです。
力行・速度維持・惰性走行・曲線などでの減速といった操作は全て運転士が行い、駅への停止のみTASCが担当します。
主にホームドア設置路線で導入されており、正確な停止位置が求められる為に使用される事が多いです。
こちらも地上子ー車上子で情報伝達を行いますが、駅の一定距離手前にある地上子から次駅停止位置等情報を受けその情報を元にTASCで停止位置への停止を行います。
一般的には最高速度で運転していてもTASCで停止できるように制御されている為、駅停車時も運転士のハンドル操作無しでの停止が可能です。
しかし山手線の場合は例外的にTASC制御が駅構内から行われるようになっている為、最初の減速は運転士が行う必要があるんです。
TASCで減速する場合は手動操作と比べ若干早めの減速となってしまうのですが(=ブレーキ時分が伸び運転時分が長くなる)、高密度運転を行う山手線ではブレーキ時分を延ばす事は避けたいと考えているのかTASCでの制御はあくまで駅構内のみとしています。
なのでブレーキを操作するとTASC制御が開始されるのではなく、ある地点からはTASCでの減速・停止になる、と言った事です。
見たところ3両分進んだ辺りからTASC制御を開始しているようですが、そこまでの減速は運転士がおこないTASCブレーキ後はハンドルはB1に持っていき看視を行っています。
他の路線ではTASCのみで停止できる例が多く、その場合は減速時も全てハンドル切位置だったりします。

因みに、ATOでも実は手動介入は可能です。
ハンドル切位置で運転される場合であれば基本可能で、非常停止は当然の事としてATO力行中に手動で減速させる事とかも実はできます。
大江戸線のようにハンドル非常位置で自動モードの路線は不可能ですが、手動介入できるものも多くATOだからといって100%自動だけって訳でもありません。

ATO(自動列車運転装置)は出発ボタンを押すことで、力行~惰性~制動~停止まで自動で行われます。
TASC(定位置停止装置)はあくまで駅停車時の制動が行われるだけで、力行・惰性・曲線等に対する速度調整等は行われず、これらの操作は全て運転士が手動で行うものです。

ATO運転の場合、出発ボタン(2つ同時押し)を押せば通常であれば次駅までの運転は自動で行われます。(駅間で停止し再出発する場合は再度操作が必要になる)
これはワンマン運転を行う路線で運転士の負担削減で導入されるケースが多い...続きを読む

QTASCは自動運転?

山手線にTASCが導入されますすが、これは停車時にブレーキをサポートするとか、自動で合わせてくれるとか書かれています。

つまり、(もちろん停まるときだけですが)マスコンハンドルから手を話していても、勝手にブレーキが掛かってピタっと(35cm以内)停まってくれるのですが?

もしそうだとしたら、一段制動階段弛めもやって乗り心地や経済性も考えてくれるのですか?

まさか「はい、B6に入れて~、はいじゃあB4ね~、次にB2ね~、じゃあB1ね~」(←ちょっとこれは冗談ですが)みたいに画面に表示したりする方式ではありませんよね?

Aベストアンサー

> つまり、(もちろん停まるときだけですが)マスコンハンドルから手を話していても、
> 勝手にブレーキが掛かってピタっと(35cm以内)停まってくれるのですが?

TASCってそういうものです。
Train Automatic Stop-position Controller(列車の停止位置を自動で制御する装置)ですから。
ドアホームが設置されてる路線では一般的に使われています。
山手線ではドアホームが設置されるので、試験的に運用を始めています。

東急多摩川線みたいに運転士の操作が優先で、停止位置オーバしそうになると制動支援するのもあります。


> もしそうだとしたら、一段制動階段弛めもやって乗り心地や経済性も考えてくれるのですか?

それは設計次第です。
東京地下鉄のTASCは乗り心地を考慮して31段のステップ操作をするそうで(手動だと5~6段ですね)。

ところでATO(自動列車運転装置)が実用化されてるのはご存じですよね?

Q電車はどうやって正確に停止位置に停止しているのですか?

電車はどうやって正確に停止位置に停止しているのですか?。駅によってすべて停止位置が違うと思うのですがどうやって正確に停止しているのでしょうか?

Aベストアンサー

 
停止位置目標

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%81%9C%E6%AD%A2%E4%BD%8D%E7%BD%AE%E7%9B%AE%E6%A8%99
 


人気Q&Aランキング