かぐや姫の「かぐや」には漢字はあるのでしょうか?
また意味・由来のようなものもあるのでしょうか?

A 回答 (4件)

いろいろな説がありますね。


【迦具夜比売命】
「古事記上巻」によりますと
天皇の孫に「讃岐垂根王」という人がいます。
この讃岐垂根王の姪に「迦具夜比売命」なる名も見つける事が出来ます。
http://www.town.koryo.nara.jp/kaguya/kaguyaetc.h …

【富士山の御神体の浅間の大神】
白隠禅師の「無量寿禅寺草創記」にもかぐや姫についての記述があり、
かぐや姫こそが富士山の御神体の浅間の大神であるとの説が書かれています。
http://www.city.fuji.shizuoka.jp/k_hime/k_story. …

【西太平洋広域流布の説話】
西太平洋の海人族系に伝承されてきた竹取・羽衣説話などの潮流の上に、
稲作地帯でもある中国華南の説話などが伝来し、
これを一大素材として取り込み、
日本人が大きくは二度の手を加えて「説話」段階から「物語」段階へと整除・創作し定着させたものという説ですね。

【光り輝く火の神説】
「かぐやひめ」の「かぐ」は、「火の神」(火之迦具土神)で「光り輝く、火、燃える」の意味があります。
この関係は、京田辺市天王の延喜式内朱智神社の祭神が「火の神」であり、かぐや姫という説ですね。
http://koizumi-.hp.infoseek.co.jp/taketori-tanab …

【かぐや姫サミット】
竹取物語の研究者ばかり集まってサミットも開かれているくらいですから、
全国各地にかぐや姫の民話が残っています。
観光協会もかぐや姫で地元をアピールしようとしていますね。
余談ですが、
私は日本古来の民話で、だんだんと伝えられていくうちに、面白く作られていく一種の英雄伝説と思いますね。

参考URL:http://koizumi-.hp.infoseek.co.jp/take-shinpo1.h …
    • good
    • 1

こんにちは。



いくつかの説があるようですね。
もともとは竹籠のかご=籠姫、それが音韻変化して
香具となり、香具屋姫説。また富士山の別名をあてたとか。

川端康成は「輝夜姫」という当て字を使いました。
以下のサイトにそのへんの話が載っています。



参考URL:http://www.dodes.co.jp/2010.htm
    • good
    • 1

漢字の方は分からないのですが…



富士山を「香具山」と呼ぶ場合があります。
「なよ竹のかぐや姫」は「たおやかな竹のような美しい姫」くらいの意味ではないでしょうか。
ま、香具山の由来がかぐや姫伝説である可能性も否定できないのですが。

また、富士山は「不死山」でありそれ故「霊峰」と呼ばれます。
不死といえば、かぐや姫の最後に出てくる不老不死の妙薬。
やはり、富士山と関連するように感じます。
    • good
    • 1

かぐや姫=赫夜姫です。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなよ竹のかぐや姫

明日から高校の教育実習に行きます。
古典で「なよ竹のかぐや姫」を授業することに決まったのですが、授業を楽しくするためのアイディアは何かありませんか?
ちなみに高校一年生の担当です。

Aベストアンサー

こんにちは

例えばですが、
かぐや姫を得ようとしてエントリーする5人の求婚者を
スマップのメンバーあたりになぞらえて、話を展開する

な~んてのはどうでしょ?

あくまでも一例ですが………

Qフィリピン民話とかぐや姫の関係

フィリピン民話の中に、竹から生まれた人間二人が人類の始まりだった、というものがあるのですが、
これはかぐや姫と何か関係があったりするのでしょうか…?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 現在、昔話や童話として親しまれる「かぐや姫」は、『竹取物語』が起源ですが、それも、その当時の口碑伝承や仏教説話・支那の神仙思想などを取り入れて成立しているのは明らかです。つまり、もともとは異なる伝承・説話が一つにまとめられ、物語化したものが『竹取物語』です。
 竹に限らず瓢箪や瓜、豆類のように、中が空ろなものや殻に包まれたものは、そこに神霊が宿ると考えられていました。そのようなところから「竹の中から人が生まれる」というモチーフが生まれたものと思われます。ですから、直接的にフィリピンの伝承が『竹取物語』に関係があるかどうかは不明ですが、竹が生活にかかわる文化圏では似たような考えが生まれやすいのでしょうね。
 京田辺市郷土史会「かぐや姫の里を考える会」HPより
http://take-tanabe.hp.infoseek.co.jp/
『竹取物語』の出生をめぐる物語 (その4)
http://koizumi-.hp.infoseek.co.jp/taketori-mans.htm

以上のHPに『竹取物語』にかかわる文化史・民俗史が解説されているので、参照にされてはどうでしょうか。東南アジアでの竹から人が生まれるというモチーフも説明されています。

 現在、昔話や童話として親しまれる「かぐや姫」は、『竹取物語』が起源ですが、それも、その当時の口碑伝承や仏教説話・支那の神仙思想などを取り入れて成立しているのは明らかです。つまり、もともとは異なる伝承・説話が一つにまとめられ、物語化したものが『竹取物語』です。
 竹に限らず瓢箪や瓜、豆類のように、中が空ろなものや殻に包まれたものは、そこに神霊が宿ると考えられていました。そのようなところから「竹の中から人が生まれる」というモチーフが生まれたものと思われます。ですから、直接的...続きを読む

Qかぐや姫が婿候補に提示した条件とは

竹取物語にあるかぐや姫に5人の求婚者があって、困ったかぐや姫は、「○○をしてくれたらあなたのお嫁さんになります」と条件提示しました。さて、その難題とはそれぞれ何だったのでしようか。教えてください。
理由、女はしばしば男の愛を受け入れなくないときは、「○○をしてくれれば」とできそうにもない条件を出します。例えばお金を100万円積んでくれれば、・・などと。
かぐや姫は何を条件に持ち出したのでしようか。ほんねとたてまえの研究をしています。

Aベストアンサー

下記のようですね。
「求婚者の仕事と要求された物の謎解き」に詳しく載っています。
奈良時代、平安時代は物を要求する時は、回りくどい言い回しで、
謎をかけて要求するようですね。

石作皇子-仏の御石の鉢、 車持皇子-蓬莱の玉の枝、
右大臣阿倍御主人-火鼠の裘、 大納言大伴御行-龍の首の五色の珠、
中納言石上麻呂-南海の燕の子安貝

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E5%8F%96%E7%89%A9%E8%AA%9E

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E5%8F%96%E7%89%A9%E8%AA%9E

Qかぐや姫の罪って不倫?殺人?

今私は竹取物語を習っているのですが、かぐや姫の罪が分からず困っています。月へ帰ると物思いなくなるという記述があり、恋もできないのではないかと思い、だからといって帝には不老不死の薬を渡したことから月の人々は死なない、つまり殺すなんて不可能だと思うんです。国語の授業で図書館へ行く暇もなく、できるだけ詳しく書いてあったりするサイトがあれば教えてください。お願い致します。

Aベストアンサー

作者もわからず、書かれた目的もわからないのだから諸説でるのは当然です。
言い寄る男からの貢物で翁たちがリッチになる。あれが欲しいこれが欲しいといっていわれた男5人は家来やお金で手に入れようとする。自分で出かけた3人は死にそうな目にあってお気の毒。
(現代に通じるテーマだなぁ(^^))
いまならセレブ(帝)とはいいとこまで行く。蹴っ飛ばすのは当時の日本の事情では考えにくいので輸入された話ではないかという説があります(帝にため口はだめでしょう)。

かぐやが罪人らしいのは使者の言葉です。中身も罰のこともない。
月から追放(^^)されていたが、男断ったので(^^)お許しがでたって理解もできます。謹慎や島流しですね。

テレビ局の社員じゃないと思うが

帝は武装して迎撃しようとするが抵抗はできなかったというのが「平和的で」この話しが保存され続けた理由にも思えます。

Qかぐや姫が主人公のはずなのに『竹取物語』???

・・・竹取物語ってなんで竹取物語でしょう。この物語で「竹取」とよばれるのは例の翁です。主人公はかぐや姫のはずなのに、どうして「かぐや姫物語」ではないの?・・・

竹取物語に関するレポートが出されていて、色々調べ物をしたのですが、ネットでこんな質問を目にしました(どこかの大学のシラバスに書いてありました)。
レポートの内容には含めませんが個人的に気になったので質問させていただきます。
確かにこの質問のとおりですよね?わかる人いらっしゃいましたらご回答お願いいたします。

Aベストアンサー

 むかしの物語には題名がわからないものが多く(なかには失われてしまったものもあるし、もともとないものもある)、しかしそれでは不便なので、通称がつけられています。これが固定化すると現在のような題名になるわけです。
 王朝物語でいちばん多いのは主人公の名前をとったもので、伊勢物語の在五中将物語という古名や平仲物語、源氏物語、狭衣物語、浜松中納言物語などがあります。
 これに対して、物語冒頭の一文をそのまま使って通称をつける場合があります。「夜半の寝覚」などがその典型例ですが、竹取物語もこの一種で、冒頭におじいさんのことが書いてあるので竹取物語という通称が出たのではないかと思われます。
 冒頭の文章で題名を決めるのは漢文によくある方法で(論語の章の名前がこれ)、それが日本にも入ってきたものだと思います。ずっと下って漱石の『吾輩は猫である』もこの類で、漢文が得意で、題をつけるのが苦手だった漱石の苦心の名案のようです。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報