人気雑誌が読み放題♪

最近ドイツテクノ?をよく聴きます。こんな感じ(下)

こういった音楽は曲はどんなジャンルに入るのでしょうか?

もうひとつ・・ドイツテクノはどこでいつ始まったのでしょうか?

教えてください!!

http://www.youtube.com/watch?v=L_msSa9AFbc&f …

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

聴いてみましたが、ドイツテクノ(ジャーマンテクノ)というよりはHappy Hardcore辺りですね。


youtube辺りでHappy Hardcoreと検索すると近いのが引っかかると思います。

テクノ好きが言う代表的なジャーマンテクノというと、Mijk Van DijkやThomas Schumacherあたりの、カッチカチで無機質な感じのテクノです。
ポップな雰囲気のItalobrothers - Stamp on the groundとはちょっと違うと思います。

それとクラフトワークのジャンルを現代では『テクノ』とは呼びません。
世界的に言えばクラフトワークのジャンルはシンセポップかエレクトロポップで、日本ではテクノポップと呼びます。(エレクトロポップの日本独自の呼び方)
クラフトワークは確かにテクノを始めとする電子音楽に影響は与えていますが、あくまで(日本では)テクノポップであり、テクノはテクノポップの略では無く、別のジャンルです。(汗)
クラフトワークがテクノと言われるのは、90年代の日本でノリの良い電子音楽を何でもテクノ呼んだ風潮の名残りともでもあります。
現代はジャンルがかなり整理、細分化されているので、テクノでは通じない場合があります。

ドイツにおけるテクノの直接の元祖というと、ハードフロアや東ドイツでアメリカのラジオを聴いてテクノに目覚めたPaul van Dyk辺りじゃないでしょうか。
初期のドイツのテクノはトランスとクッキリ分けられていなくて、テクノともトランスとも言える、未分化でごった煮状態な感じでした。

ちなみに、No.1の方がおっしゃられてるOrbitalはドイツじゃなくてイギリスのミュージシャンです。(汗)

この回答への補足

えっじゃItaloBrothersやMaster Blasterのようなグループの曲はDance系になるんですかね?

補足日時:2010/08/10 01:36
    • good
    • 0

ジャーマンテクノと言ったらスクーターも非常に有名。

音楽性もあり、メロディアスな隠れた名曲も数々あります。彼らの「Fire」という曲は日本の番組でもタイトルコールに使われたりもしています。ジャーマンテクノを聞かれるのなら、抑えておいた方がいいアーティストです。

まぁデトロイトテクノ、ロッテルダムテクノ等など、それぞれの国や地域で発達してきたテクノはありますので、一概にどこで生まれたかは言えないとこもあるかと思います。ドイツで生まれたからジャーマンテクノ!それだけでいいんじゃないでしょうかw

ちなみに、同じ楽曲の「Moonlight Shadow」はGroove Coverageもオススメです。ジャンルはトランスになってしまいますけど、こちらのアレンジも素晴らしいので、ぜひ一度聞いてみて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました!
Groove CoverageのMoonlight Shadowも好きです!!

お礼日時:2010/11/08 21:36

ドイツのオススメ忘れてました、連投済みません。



ちょっとシモネタで古いですが、ハッピーなノリでE-Roticみたいなのは好きではないですか?


エレポップのベテランThe Human Leagueとか。
http://www.youtube.com/watch?v=Hdz_H7OcFig
    • good
    • 0

windows media guideで、検索して、ダンス・エレクトロニカの、1.FMを僕は、よく聞いています。


どうぞ、試してみてください。
    • good
    • 0

そうですね…。



「Stamp On The Ground」の方は、ハウスというよりはアシッド・テクノ(踊れるテクノ)に近いと思います。

次の「Moonlight Shadow」は、マイク・オールドフィールドの曲をハウス風にカバーしてますね!マイク・オールドフィールドは、「チューブラ・ベルズ」が映画「エクソシスト」に使われて、世界的に有名になったアーテイストです。ジャンルとしては、プログレですね…。

そして、質問にあったテクノの元祖ですが…。それは、Kraftwerk(クラフトワーク)ですね!1970年に結成されて、1974年発表の「アウトバーン」で世界的に有名になったバンドです。日本では、79年にYMOがブレークしてテクノ・ブームがおき、彼らは、元祖テクノと紹介されて日本でも認知されるようになりました。彼らの「ヨーロッパ特急」といアルバムに収録されている「ショールーム・ダミー」という曲が、三宅一生出演のサントリー角瓶のCMに使われて、このアルバムもヒットしました。

最近のジャーマン・テクノのシーンを牽引しているのは、Hardfloor(ハードフロア)とPete Namlook(ピート・ナムルック)あたりでしょうか。

彼らの曲を紹介しておきます。

◎Hardfloor:「The Trill Acid Theme」


◎Pete Namlook:「State Of Mind」


どちらも、トランスっぽい、のりですね…。参考になればいいのですが!YouTubeで視聴できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます〓
ドイツでのテクノの発祥はKraftwerkなんですね!!初めて知りました〓

ドイツテクノは聴き始めたばかりなので上に載せた”ITALOBROTHERS”や”cascada””Master Blaster”などしか聴いてなかったので有名な人を紹介してくれたのでとても助かります!!
本当にありがとうございました〓

お礼日時:2010/08/09 21:16

あんまり知りませんが、



これは、Euro, Tranceか Houseじゃないですかね。

ドイツのテクノがいつ、始まったかしりませんが、Enigma, Kraftwerk, Orbital,という名前は聴いたことがあります。

僕は、ヒップホップの方が、好きですけど。 クラブにいった時、アメリカのトランスはよく聞いてましたけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます〓

テクノは始めたばかりなのでジャンルとかよく分からないんですよ(笑)

でもこれはEuro,Trance or Houseなんですね!

ありがとうございました〓

お礼日時:2010/08/09 21:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qテクノ?好きにオススメのアーティストを教えて下さい

音楽のジャンルには詳しくないので、テクノと読んでいいのかわからないのですが、perfumeのようなポップで可愛い曲や、ダフトパンクやStyxのMr. Robotoのような曲が好きです。
似たような感じの曲のアーティストが居れば、新規開拓したいと思いますので、良ければオススメを是非教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

>perfumeのようなポップで可愛い曲や、ダフトパンクやStyxのMr. Robotoのような曲

そういうのはちょっとよく分からないのですがテクノという事でしたらクラフトワークというドイツのグループが好きです。
テクノの元祖と言われていて今でも根強い人気があります。

オススメアルバムは「マンマシーン」「トランスヨーロッパエクスプレス」などでしょうか。

あと坂本龍一率いる日本のYMO(イエローマジックオーケストラ)ですね。

Qテクノやトランスの音楽。どうやって作っているのですか?

自分の推測から言わせて頂きます。

1) レコードやCDから「良い!」と思った音(数秒単位)をシンセサイザーに録音。それらを組み合わせて作る。

2) パソコンを利用して、楽譜のように音を組み合わせる

ぐらいしか思いつきませんし、知りません。
実際のところどうなのでしょうか?

ヒップホップで使われるレコードのスクラッチングと、テクノ・トランスでのターンテーブルの利用方法は全然意図が違うようですし、何よりエレクトロニカ系は機材が多そうですよね。

どのような機材を使い、それぞれがどの役割を担うのか教えてください。

パソコンのみでできるのならどのような方法がありますでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

機材としては・・・
・シンセサイザー
音を作ります。減算方式、加算方式、FM音源、PCM音源などが有りそれぞれ得意分野があります。
テクノでは太い音が出るアナログ音源に人気があります。
・シーケンサー
MIDI信号(音符)を記録します。これが出来たお陰で人間には弾けないようなフレーズの演奏や、一人きりでも演奏が出来るようになりました。
・サンプラー
ご質問の1)にあたる機械です。好きな音をサンプリングしてループ(繰り返し)したり、ドラムフレーズからキックの音だけ抜き出したり出来ます。最近の機種は再生スピードを変えても音程は変わらない「タイムストレッチ機能」が付いています。

これらがテクノの三種の神器かな。

そのほかの機材としては、エフェクター、MTR(マルチトラックレコーダー)、などでしょうか。

上記の全ては単体機種としても売られていますし、最近のワークステーションシンセサイザーには全て搭載されている上にCD-Rに焼く機能までついているものもあります。

また、パソコンのほうでも、昔のシーケンサーソフトに変わりDAW(デジタルオーディオワークステーション)ソフトが主流です。
シーケンサーソフトが「MIDI(音符)の記録」だけをするのに対して、DAWは「MIDI+オーディオの記録+ソフトウェア音源+エフェクター」などが一括して使えます。
トラック1にベースを自分で入力(MIDI)、トラック2には他から入力したドラムループの音(オーディオファイル)、トラック3にはHit系の効果音(オーディオ)を音程などを変えたものを貼り付け・・・
などなど、自分で弾いたMIDI(音符)、オーディオファイルなどを「切り貼り」していく感じです。
MIDIも、以前は外部音源(単体シンセサイザーなど )をMIDIケーブルでつないで発音させていましたが、DAWではソフトシンセも良く使われます。ソフトシンセはその名の通りソフトウェアでパソコンにインストールして使います。中古では高価なアナログシンセなどが手軽に使えるので人気があります(といっても所詮エミュレートですから全く同じ音が出るかどうかは・・・)
このソフトシンセをMIDIで入力した音符で鳴らしていきます。
(しかし、パソコン(DAW)だけで完結させようとするとどうしてもソフト同士の相性やレイテンシー(発音の遅れ)等の問題が出てきて厄介でもあります)
また、DAWやPCM音源のワークステーションシンセサイザーだけで曲を作るとどうしても「綺麗(上品)な音」になりがちです。テクノやエレクトロニカでは「荒くて太い音」が好まれますから、そのへんは苦労します。

上記が取りあえずの「基本的なテクノの作り方」ですが、人によっては自分で作った音を取りあえず全部MTRに入れておいてリアルタイムで流しながらトラックをON、OFF(音の抜き差し)したものを録音したり、MIDIなど関係なくCD、レコードからの切り貼りだけで作ったり(これは著作権をクリアしなければならない)まぁ何でもアリです。

DTM(デスクトップミュージック)に関しては下記が詳しいので御覧になってみてください。
http://allabout.co.jp/computer/dtm/

参考URL:http://allabout.co.jp/computer/dtm/

機材としては・・・
・シンセサイザー
音を作ります。減算方式、加算方式、FM音源、PCM音源などが有りそれぞれ得意分野があります。
テクノでは太い音が出るアナログ音源に人気があります。
・シーケンサー
MIDI信号(音符)を記録します。これが出来たお陰で人間には弾けないようなフレーズの演奏や、一人きりでも演奏が出来るようになりました。
・サンプラー
ご質問の1)にあたる機械です。好きな音をサンプリングしてループ(繰り返し)したり、ドラムフレーズからキックの音だけ抜き出したり出来ます。最近...続きを読む

Q円⇒ユーロにしたいが、どこが一番お得でしょうか?

このお盆にフランスへ旅行予定です。

どこでユーロに換金するとお得なのでしょうか。
銀行、チケットショップ、現地の銀行…etc

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレートを比較すれば答えが出るわけですが、その前にレートに関する用語をいくつか整理させてください。
・銀行間取引レート 外国為替市場においてその名の通り、銀行間の取引きに用いられるレート。ニュースなどで報じられているレートは、特にことわりのない限りこの銀行間取引レート。顧客はこのレートでは取り引きできず、外貨を買う場合も売る場合も必ずいくらかのマージンを払うことになる。
・公示仲値(TTM) 上記の銀行間取引レートを睨みながら、銀行が一日一回(銀行によっては数回)、取引きの基準として定めるレート。銀行間取引レートは常に変動しており、窓口での取引に銀行間取引レートを使うと処理が煩雑になるため。公示仲値と銀行間取引レートの数字はほぼ同じとみなせる。
・対顧客電信売レート(TTS) 顧客が外貨預金をしたりTCを組んだりする際に適用されるレート。公示仲値に一定の幅を上乗せすることで機械的に計算される。上乗せの幅は銀行によって異なる。また当然、通貨によっても変わってくる。
・クレジットカード会社が定める通貨間換算レート クレジットカード会社も銀行と同様に、外国為替市場での取引きレートを見ながら各通貨間の換算レートを毎日決定する。銀行間取引レート/公示仲値/クレジットカード会社が定める通貨間換算レートの三つは、実質的に同じ数字になると考えてよい。

まず(1)の日本でユーロ現金に両替ですが、レートは1ユーロ当たりTTM+6~7円が標準です。例えばTTMが1ユーロ=146円00銭なら、銀行の窓口では1ユーロ当たり152~153円を払ってユーロ現金を入手することになります。
その中で三井住友銀行など一部の銀行は、ユーロの現金両替レートをTTM+4円に設定しています。他行に比べ1ユーロ当たり2円得です。また関西空港ですと、泉州銀行がこれより僅かですが良いレートを出しているようです。
チケットショップは「銀行よりお得なレート」を宣伝文句にしていますが、ユーロの場合は必ずしも得と言えません。私が今まで見つけた中ではTTM+5円が最安で[1]、確かに銀行の一般的なレート(TTM+6~7円)よりは有利なのですが三井住友銀行のTTM+4円には劣ります。
多少の手間や時間がかかっても良ければ、民間の両替商[2]を利用する手もあります。レートはTTM+3円で、日本でユーロ現金を入手する場合のレートとしては私の知る範囲で最安です。

次に(2)ですが、冒頭述べたようにこれは避けるべき方法です。まずレートの設定がよくありません。行き先の国や両替する銀行にもよりますが、円→ユーロのレートはだいたいTTM+7~10円に設定されています。しかもこれに加えて両替1回ごとに手数料を徴収するところが大半で踏んだり蹴ったりです。

(3)はヨーロッパの場合はあまりお勧めしません。アメリカと違ってそのまま支払いに使える場所が少なく銀行や両替商で一度換金して使うことになりますが、その換金手数料が小さくないためです(これを見落としている回答が少なくありません)。一応レートの数字を示しておきます。

日本の銀行でユーロ建てTCを組む場合に適用されるレートはTTSです。ユーロのTTSは1ユーロ当たりTTM+1円50銭というのが標準的な設定です。また発行手数料が1%(*1)かかります。これだけならさほど悪くないのですが、現地で換金手数料が2~3%程度かかるのが痛い点です。
例えばTTMが1ユーロ=146円00銭のときに1000ユーロのTCを組んで現地で換金したとします。まず日本でのTC発行時に
(146.00+1.50)×1.01×1000 = 148,975円
を払います。
現地での換金時に2%の手数料を差し引かれ、手取りは980ユーロ。実質的なレートは
148975÷980 = 152.02円/ユーロ
となり、レート的なメリットは小さいことになります((1)のように三井住友銀行などで両替した方が得)。なお換金手数料は「AMEXブランドのTCを、AMEXのトラベルサービスオフィス[3]に持ち込む」などとすれば回避可能で、レート的には多少よくなります。

ユーロ建てTCを使う方法はいくつかの前提条件を満たせるなら最も有利な両替法となり、その場合TTM+1円でユーロ現金を手にできます。ご興味があれば[4]をご覧ください。

(4)は(2)と同じ理由(レートが悪い、換金時に手数料を徴収される)からお勧めしません。

(5)のクレジットカードでのショッピングですがVISA、master、JCBの場合、引落し額はTTMに1.6%を加算したものが目安です。(TTMが1ユーロ=146円00銭なら、引落し額は利用額1ユーロ当たり148円33銭程度。なお「TTM+1円」というのは何かの間違いと思われる)
一般に両替よりレートが有利で使い残しの心配もありませんから、クレジットカードをメインに使うのはヨーロッパではうまい方法です。
なおIC付きクレジットカードの場合、フランスですとサインに代えて暗証番号の入力を要求されることがあります。日本出発前に暗証番号を確認しておくことをお勧めします。

(6)は意外に有利な方法です。適用レートは「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」(TTMとほとんど同じ)です。これに利息が加算されますが、年利が25~30%程度、利用日から引落し日までは25~55日くらいですので、利息の額としては2~4%です。「金利を含めても一番お得な方法」とは言えませんが、現地で現金が足りなくなった時などは利用価値があります。
ご興味があれば[5,6]などをご参考に、お持ちのクレジットカードの会社で利用法を確認ください。

(7)の国際キャッシュカードは新生銀行やシティバンク銀行のものが有名です。(6)と同様に現地ATMで現地通貨を引き出せて便利ですが、レートはそれほど良くはありません。レートの目安はTTMに4%加算です(カードによって多少異なります)。

【結論】
身の回り費用程度(200~300ユーロ)の現金なら、銀行をよく選んだ上で日本で両替するのが有利かつ手軽です。それ以外の出費は極力クレジットカード払いにするとよいでしょう。

参考ページ
[1] 金券ショップの一例 http://gaika.e-daikoku.com/
[2] http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm
[3] AMEX換金場所 http://www.americanexpress.com/japan/tcheques/tc/tcheques_exchange.shtml
[4] http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2317598
[5] http://www.nicos.co.jp/hp_trvl/overseas/os_cash.html
[6] http://www.dccard.co.jp/useful/money/o_atm.shtml
[7] 通信販売業者「セシール」 http://www.cecile.co.jp/travelers_cheque/

*1 銀行や業者によってはこれより安い手数料で発行してくれるところもある。多額の現金が必要でどうしてもTCにする場合は「通販業者セシール[7]でTCを購入+現地のAMEXオフィスや提携金融機関で換金」とすれば、目減りは最小限に抑えられる(セシールのTCのブランドはAMEX)。
*2 厳密には「クレジットカード会社が定める通貨間換算レートに海外利用手数料を加算した額」。海外利用手数料はVISA, masterが1.63%、JCBが1.60%。カードによっては若干異なる場合もある(例えばセゾンVISA/masterは1.60%)。
換算レートは「利用データがクレジットカードのデータ処理センターに到着した日(利用から2~3日程度)」のものが適用される。(利用日当日や、銀行引落し日のレートではない)

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレ...続きを読む

Q海外ホテルに荷物を置いておくときの盗難対策

海外のホテルで起こる荷物の盗難対策について2点お尋ねします。
泥棒だけでなくホテルの従業員が窃盗をする場合もあるそうで心配しております。

1)同じホテルに連泊するためや、ちょっとレストランに行ってくるときなどスーツケースを部屋に置いていくかと思います。
鍵をかけること以外に、どのような対策を取って出かけるべきでしょうか。

2)チェックイン前やチェックアウト後にフロント等でスーツケースを預かってもらう場合、どのような対策をするべきでしょうか?
手書きの控えをもらう、写真に撮っておく、そもそも預けない、、、
など基本的な対策や心構えについて教えてください。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>泥棒だけでなくホテルの従業員が窃盗をする場合もあるそうで心配しております。

無きにしも非ずですが、ホテルによるでしょうし、ある一定レベル以上のホテルであれば可能性は薄れます。私はまずホテル選びからと思っています。
話はそれますが、二昔になりますが、バンコクのスクムビットのAホテルに泊まったとき、鍵は掛けたはずですが泥棒が部屋に侵入したことがあります。ごそごそと荷物をあさっている雰囲気に気付いて揉み合いになり、手近にあった硝子の灰皿で頭部を二回殴り付け、何とか撃退したことがあります。あたりに血がたれて凄惨な状況でした。相手がナイフや拳銃を持っていたらこちらがやられていたと考えると急に怖くなり、立っていられない状態になってしまいました。その後もホテルの警備、警察、部屋の移動と大変でした。今考えれば命あってのものだねで、馬鹿なことをしたものです。安い料金に引かれて、1,2泊泊まろうと考えたのが浅はかでした。Aホテルには問題があるとの情報が当時の現地危険情報には出ていたのですが、1,2泊と考えて無視したのが間違いでした。それ以来ホテルは十分吟味して選ぶようにしています。現地危険情報だけでなく、ホテルの口コミ情報などできるだけ目を通すようにしています。インタ-ネットが発達してその面ではたやすく情報が得られて助かりますが。
さて、部屋にある開かないセ-フティ-ボックスを、従業員が開けるところを見たことが3度ありますが、基本的にノ-トパソコンとセ-フティ-ボックスをつないで、操作すると簡単に開いてしまいますので、従業員がその気になりさえすれば、盗難は簡単でしょう。その面からも、ホテルの選択が大事であると思います。

>同じホテルに連泊するためや、ちょっとレストランに行ってくるときなどスーツケースを部屋に置いていくかと思います。
鍵をかけること以外に、どのような対策を取って出かけるべきでしょうか。

基本的には鍵をかけるだけです。パスポ-ト・航空券(eチケットが増えて重要度が低下しましたが)・お金などは部屋のセ-フティ-ボックスかホテルに預けます。ノ-トパソコンやデジカメなども同じようにしておきます。ですからスーツケースには何も入れていませんが、鍵だけは掛けておきます。パスポ-ト・航空券・お金など以外のものが仮に盗難にあっても仕方がないとあきらめています(盗まれたことは無いのですが)。また、盗まれて困るようなものは持っていかないようにしています。

>チェックイン前やチェックアウト後にフロント等でスーツケースを預かってもらう場合、どのような対策をするべきでしょうか?

預けなければならない状況を作らないようにしています。費用がかかってもレイトチェックアウトにするか、ホテルを出る時間によってはもう一泊料金を払って部屋を確保するかしています。友人と行くときも最低1部屋はこのようにしており、貴重品は確保した部屋のセ-フティ-ボックスにまとめて入れます。これは盗難防止だけでなく、時間の節約などの理由もあります。(個人旅行の形式なのでできるのですが)

ではどうしても預けなければならないときは、貴重品はホテルのセ-フティ-ボックスに預かってもらい、それ以外はス-ツケ-スに入れ、ボ-イに頼みます。ホテルのセ-フティ-ボックスが利用できないときは腹巻形式の貴重品入れを利用します。

慎重すぎるようですが、基本的に盗難などは早々無いと思ってはいるのです。ただ、備えあれば憂いなしと思っていますし、気にしながら観光や仕事に行きたくないので。以上参考までに。

>泥棒だけでなくホテルの従業員が窃盗をする場合もあるそうで心配しております。

無きにしも非ずですが、ホテルによるでしょうし、ある一定レベル以上のホテルであれば可能性は薄れます。私はまずホテル選びからと思っています。
話はそれますが、二昔になりますが、バンコクのスクムビットのAホテルに泊まったとき、鍵は掛けたはずですが泥棒が部屋に侵入したことがあります。ごそごそと荷物をあさっている雰囲気に気付いて揉み合いになり、手近にあった硝子の灰皿で頭部を二回殴り付け、何とか撃退したこと...続きを読む

Qロック+テクノなバンドを教えてください

ロックより、テクノよりでもいいですので
この二つを融合したバンドが知りたいです。

プロディジー、ケミカルブラザーズ、オービタル、アンダーワールドをとりあえずおさえたくらいです。

Aベストアンサー

>プロディジー、ケミカルブラザーズ、オービタル、アンダーワールドをとりあえずおさえたくらいです。

10年くらい前にテクノ四天王と呼ばれたメンツですね!懐かしい!

ちょっとロックテイストの入ったテクノ(エレクトロ)だと無数にあるので、見た目がロックバンドなんだけどテクノっぽい、ジャンル分けが微妙なバンドを挙げてみました。

アメリカのハッピーな気分になれるダンスロックバンドです!
United State of Electronica - Open Your Eyes
http://www.youtube.com/watch?v=giei5uAoiMY

イギリスの複雑電子音と轟音のバンドです!
65daysofstatic - Await Rescue
http://www.youtube.com/watch?v=KCvdLLFYvSU

ファミコンを愛するあまり、改造したファミコンをメインの楽器にしてしまったアメリカのバンドです!
Anamanaguchi - Airbrushed
http://www.youtube.com/watch?v=i0EC4vV7PoE

>プロディジー、ケミカルブラザーズ、オービタル、アンダーワールドをとりあえずおさえたくらいです。

10年くらい前にテクノ四天王と呼ばれたメンツですね!懐かしい!

ちょっとロックテイストの入ったテクノ(エレクトロ)だと無数にあるので、見た目がロックバンドなんだけどテクノっぽい、ジャンル分けが微妙なバンドを挙げてみました。

アメリカのハッピーな気分になれるダンスロックバンドです!
United State of Electronica - Open Your Eyes
http://www.youtube.com/watch?v=giei5uAoiMY

イギリスの...続きを読む


人気Q&Aランキング