あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

iPhoneは何mAから充電できますか?

Apple純正の充電器だと5v/1000mA、バスパワー充電なら5V/500mAまでそれぞれ供給可能だと思います。例えば100円ショップの充電器で、5V/150mAなどがありますが、電流が少なすぎて充電できません。
iPhoneの場合、何mAから充電することが可能なのですか?
iPodの場合も教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

500mAみたいですね。

でも、電池残量が少ない場合は800mAって書いてあったはず。
ただ、5Vと電流満たしていても、D+/D-で加圧してないとだめぽい。

エネループモバイルバッテリとかフツーに使えますよ。
    • good
    • 3

>もちろん『対応している充電器の場合』でお願いします!


対応していると書いてあるなら使えるでしょう
使えない場合不良品か表示に偽りが有ります
>例えば100円ショップの充電器で、5V/150mAなどがありますが
iPhoneやiPod対応って書いてありましたか
    • good
    • 1
この回答へのお礼

最低500mAないと充電できないみたいですね。

100円ショップでiPhone対応と書いてあっても150mAしか出力できなくて使えないのは、別の問題ですね。よく分からない会社が作ってそうなので諦めますが。

お礼日時:2010/08/25 19:07

800~880mA必要と実験された方がいるみたいですね。


http://builder.japan.zdnet.com/member/u336458/bl …

私の経験からすると、iPhoneのバッテリー残量が0%近くなると、かなりの
瞬間的に大電流が必要な気がします。
20%ぐらいで充電すると、すんなり可能なバッテリーなどでも、0%近くまで
使用してしまうと、結局充電できず・・・というケースがよくありますね。

ですので、携帯電話用の100円ショップ充電器ではダメでしょうね。
    • good
    • 1

iPhoneの場合市販の充電器につないでも充電できませんよ


パソコンにつながっているか専用充電アダプターもしくはiPhoneで使用可能な物として販売している機器意外は使えません
不具合の頻発する粗悪な物を排除するためにパソコンにつながっていると認識するか同様の処理をしている物意外はつなげても使えません
何mAからとか言う以前の問題です

この回答への補足

もちろん『対応している充電器の場合』でお願いします!

補足日時:2010/08/24 11:18
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QiPhoneの500mAでの充電について

iPhoneは純正ACアダプタでは最大1Aで充電するようになっていますが、
パソコンのUSB2.0ポートの場合最大500mAですよね?
つまり500mAでも充電できるはずなのですが、
500mA出力のACアダプタでは充電出来ない例があるようです。

基本的にUSB2.0ポートだとどんなパソコンのポートでも
バッテリ残量が0からでも、iPhoneが使用中でも
時間はかかるものの安定して充電が出来るのですが(あくまで当方環境での調べ)
ACアダプタだと充電がうまくいかない事があるのは何故でしょうか?
具体的にUSBポートとACアダプタでは何が違うのですか?

アップルサポートに問い合わせた方が正確な回答がもらえるかとは思いましたが
適当な問い合わせページが見つからなかったのと
充電仕様に関しては回答してくれないとの情報もありましたので
こちらに質問させて頂きました。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 USB端子に500mAの出力があると言っても、それは最大出力に過ぎません。他の機器がハブのルートに入っていると、そちら電気を食われてiPhoneには十分な電気が流れてくれないのです。そうなると給電不足エラーが出て充電できません。

 それに急速充電に必要なのは700mAですので、通常のUSB端子では低速充電しかできません。

 純正のアダプタは最大出力1000mAですのでもちろん問題なしですが、他社のものでは500mAにすら達していないものも多くあります。アマゾンなどのレビューを見ると端子の給電出力を測ったりしてくれている人が散見されますが、ひどいものになると300mA以下しか給電してくれず、低速充電すら不可能というアダプタすら存在する有り様です。特に自動車用のシガレット端子変換USBアダプタにその例が多く、買う際にはちゃんと使えるのかどうかレビュー必読といったところでしょうね。

Qスマホ充電に2A出力のアダプタは使ってもいいのか

スマートフォンの電池容量が大きいので、充電に時間を要するのは分かります。
1A出力までのACーUSBアダプタが市販されており、これを現在使っています。

出力アンペアが大きいと、それだけ、電気量が増え、早く充電出来る?
と素人考えで思いまして・・・2A出力のアダプタを作ろうかな?と思いました。

これって、大丈夫なのでしょうか・・・よろしくお願いします。

携帯も出来たら充電したいです。

Aベストアンサー

容量大きくしても充電速度は速くなりません
電圧上げないと早くはなりません
急速充電器は電圧を少し高めにしています
ただし萬充電になったら充電をちゃんと止めないと電池が爆発します

QUSBのA(アンペア(電流))について。

コンセントからUSBに充電するタイプの機器がたくさん出ていますが。A(電流)が500mA、1A、2Aと多くの種類が有ります。本来USBは500mAの規格だと思います。
2A(急速充電対応)とかありますが、そういったもので、急速充電に対応していないスマートフォンや充電池に充電して壊れることは無いのでしょうか?電気店の店員に聞いても、大丈夫だと言っていましたが、根拠の説明はありませんでした。
そこで質問が3つあります。
1.2Aのものを500mAの規格の充電池等に使用して、充電池等は壊れないのか?
2.2Aのものはどういった原理で急速充電可能なのか?
3.PCについていいるポートは500mAだと思いますが、それをハブで2分割した場合、250mAになるのでしょうか?
ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

> コンセントからUSBに充電するタイプの機器が…
単に、USB端子から5Vを出力する回路です。その出力容量が「A(電流)が500mA、1A、2Aと多くの種類が有ります」と言うだけ。

> 本来USBは500mAの規格だと思います。
出力側に対して「最低は500mAが可能なこと」と、負荷側に対しては「最大500mA」を既定しているだけ。

1. は、利用する側で「充電池等」が壊れないように動作(電流制限)します。
2. このようなものは最大2Aを消費するので、「USB端子500mAまで」には接続しないことが懸命です。USB規格が「負荷は500mAまで」と規定しているのはそのためです。
3. 本来USBハブはバスパワー負荷を保証しておらず、メーカーの自己防衛です。
 その観点からは、「各々必要分が配分され、合計が500mAまで」と言う動作となります。
 しかし、変動する負荷であると、両者が不安定動作となるので注意が必要です。

ま、概ね(と言うか基本的には)No.1さんのご回答と同じですね。

QiPadのUSBコンセントは5V 2.1Aです。

iPadのUSBコンセントは5V 2.1Aです。
iPhone4のUSBコンセントは5V 1Aです。

例えば、iPhone4にiPadのUSBコンセントで充電した場合、
単純に言うと充電時間は半分になるという事でしょうか。

また、2.1Aもの電流をiPhone4に流しても問題ないでしょうか?

iPhone4のバッテリーは3.7V 1351mAh 5Whと聞きました。
これに5V 500mAで充電する場合、充電時間は約2時間であっていますでしょうか。

色々なサイトを見てもちゃんとした計算式が乗っていなかったので、
たぶんこうじゃないかという勘で計算してみました。

Aベストアンサー

No.2です。
hanmemomo様サンキューです。
> 「~まで」ということは、接続する機器側で取り出す電流の大きさを
制御しているという考えでよろしいでしょうか?
・iPhone4が充電に必要な電力は5V0.7A程(実測値)です。
従って、5V2.1Aまで供給できるiPad用のAC/DCアダプタでも充分に充電できます。
5V0.7A以上の5V1Aまで出力出来るiPhone4用のAC/DCアダプタでも、5V2.1Aまで出力出来るiPad用のAC/DCアダプタでも充電時間は変わりません。

急速充電は、バッテリーへの負荷を考慮し、バッテリーの温度管理を綿密に行う必要があります。
また、満充電時の電圧変動を確実に検知し、充電を停止する必要があります。
温度管理と満充電検知を怠ると、バッテリーに回復不可能のダメージを与える事になります。

このため、5V10A出力出来る電源を用意しても、iPhoneでは5V0.7A以上流れないように電源管理が行われています。
最大で流れる電流値が制限されているので、5V10Aの大出力出来る電源を用意しても、充電時間は5V1AのAC/DCアダプタと変わりません。

No.2です。
hanmemomo様サンキューです。
> 「~まで」ということは、接続する機器側で取り出す電流の大きさを
制御しているという考えでよろしいでしょうか?
・iPhone4が充電に必要な電力は5V0.7A程(実測値)です。
従って、5V2.1Aまで供給できるiPad用のAC/DCアダプタでも充分に充電できます。
5V0.7A以上の5V1Aまで出力出来るiPhone4用のAC/DCアダプタでも、5V2.1Aまで出力出来るiPad用のAC/DCアダプタでも充電時間は変わりません。

急速充電は、バッテリーへの負荷を考慮し、バッテリーの温度管理を綿密に...続きを読む

QiPhoneの内臓バッテリーの電圧IN/OUT

Apple純正のUSB電源アダプタは
100-240Vを5Vまで落とすようですが、
この5VはiPhoneに直接かかる電圧じゃなくて純正内臓バッテリーにかかるんですよね?
で、内臓バッテリーが5Vを受けてiPhoneに対しては3.7V?の出力を行う。
でもiPhone自体の入力は5Vみたいなんですが、
これって5Vなんだけどバッテリーからの3.7Vでも動きますよって事ですか?
つまり内臓バッテリーからの出力が5Vを越えなければ良いと言う意味ですか?

iPhone4/4sでの話しです

Aベストアンサー

リチウムバッテリの充電電圧については、公称電圧に対して+0.5Vになっている。このため充電回路の内部では充電電圧として外部から入ってくる電圧を一定の電圧に制御している。一定の電圧に維持するためには、更に高い電圧を必要とする。これにも+0.5V超が必要。
結局、バッテリの公称電圧3.7Vに対して、最低でも+1.0V以上の外部電圧が必要になる。電圧を一定に維持するためには、その差が熱になるのであまり高い電圧だと放熱能力をオーバーして機能不全に陥ることに。
そして、電子機器で「動作電圧:5V」と言った場合は、その上下10%が許容範囲になる、というのが相場。許容範囲が10%と言った場合、その倍の誤差にも耐えられるというのも事実。
そして、リチウムバッテリを使用中の電圧は、決して一定ではなく、下は2.7V位までは使えるようになっている筈。(それ以下になると、出力を遮断してしまいバッテリとして機能しなくなる)
電子機器が電圧をどこまで利用しているかは、その機器の設計次第。3.7Vよりも低いところでも動作していると思われる。

Q急速充電器を使うことで、リチウムイオン電池の劣化を実感された方はいます

急速充電器を使うことで、リチウムイオン電池の劣化を実感された方はいますか?

新しいデジカメを買ったのですが、付属の充電器だと、満充電するのに4時間近くかかるため、
急速充電器の購入を考えています。
ただ、ネットで調べると、急速充電は電池を劣化させやすいというデメリットが多く見られます。
理屈はわかるのですが、メーカーはそれなりのマージンを設定しているはずで、充電時間が1/10になるくらいなら劣化するのもまだわかりますが、充電時間が半分になったくらいで、実感できるほど電池が劣化するのか疑問です。
デジカメではありませんが、それほど劣化するなら、デジカメの電池よりはるかに高価な電気自動車の電池(これもリチウムイオン電池です)を
電気スタンドで急速充電するなんて考えられませんよね?

ということで、急速充電器をお使いの方で、電池の劣化を感じられた方、または特に感じられなかった方がいらっしゃいましたら、
それぞれのご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

はじめまして♪

リチュームイオン電池では、充電の方法を間違えますと生命に関わる事故の可能性があります。

さて、実際の問題点は、「満充電」なんですよね。

実はケーター機器の多くの充電器は、充電の管理を行っていません。 大抵は、電池パック内の回路や、機器の回路で、制御しています。
しかも、制御の為にチップコンピューターが組み込まれてプログラムで管理していたりする物が大半ですよ~。

大抵は充電開始から数十分ほどが急速充電と同じ要領で、おおむね80%充電します。 その後の20%分が数時間です


充電時間が半分と言う事は、危険な80%以上の高温時の充電をせかす事に成りますね。発火や爆発に至らないまでも、より高温になると言う事が電池の劣化を招いてしまう可能性が有ると言う事でしょう。

車の充電の場合は、規模が大きすぎるので、家庭用電源から大電流を流すと、コンセントやケーブルが発熱して電力のロスが発生します。さらに、家庭用コンセントでは15Aまでと言う法律上の制限が有るので、(100V×15Aで1500W)200V系からだと時間的に「急速充電」と言える物です。(200V×15Aで3000W)

さらに蛇足ですが、リチュームイオン電池の特徴は、小型で大容量、途中充電で劣化等の症状も少なく、充電放電の回数もわりと良い物です。すべての点で良いとは言えなくて、充電時の危険性が非常に高く、完全に電気を使い切ると言う状況に非常に弱い(過放電状態)、3ヶ月以上の保管には使い切った状態にしてしまうと、再充電が10%程度しか出来ない場合が有る(私のパソコンは、そんな状態に成っちゃいましたよ、涙)
また、フル充電状態での長期保管も性能劣化を招きます。

電池の表示が3段階とか5段階でしたら、一個分は消耗した状態で保管する、機械の電源が切れはしないが、最終段階と言う状態の方が、長期保管には向いているようです。

ニッカドバッテリーは完全に使い切ってから充電、車等の鉛バッテリーは常に充電しフル充電の状態を維持すると長持ちしますね。(このため、鉄腕ダッシュのソラーカーだんきちは、鉛バッテリーですから、日暮れまで走りバッテリー切れまで使うから、制作当初と最近では1日に走れる距離が極端に違って来ているよ~。)


バッテリー、充電式や乾電池のような使い捨ても、それぞれの特徴を知ると、より快適な使い方が出来ると思います。

はじめまして♪

リチュームイオン電池では、充電の方法を間違えますと生命に関わる事故の可能性があります。

さて、実際の問題点は、「満充電」なんですよね。

実はケーター機器の多くの充電器は、充電の管理を行っていません。 大抵は、電池パック内の回路や、機器の回路で、制御しています。
しかも、制御の為にチップコンピューターが組み込まれてプログラムで管理していたりする物が大半ですよ~。

大抵は充電開始から数十分ほどが急速充電と同じ要領で、おおむね80%充電します。 その後の20%分が...続きを読む

Q急速充電について

最近、iPhone用の2A急速充電器を買いました。
素朴な疑問ですが、通常1Aで充電するところ、2Aという倍速の電流を流して急速充電していると解釈していますが、これはバッテリーには負荷がかかっている状態なのでしょうか。
寿命が縮まるのであれば急速充電はしないように心がけたいと思ってます。


ご存じの方お教え下さい。

Aベストアンサー

出力電流に2Aと書かれていたとしても、それは、2Aまで流しても出力電圧が降下しないと言うことで、必ず2A出力されるというわけではありません。尤も、出力抵抗も小さくなっているわけですから、ある程度は電流量も大きくはなっているでしょうけどね。
電流量が大きくなれば、それだけ熱も発生します。熱が発生すれば、当然ながら、寿命にも影響するでしょう。ですから、全く影響しないとは言いませんが、それほど気にする必要はないでしょう。一応、充電回路によって制御されていますからね。むしろ、携帯の電源を入れた状態、特に、使用しながらの充電の方が、よっぽど悪影響を及ぼします。寿命への影響どころか、発火の虞すらありますしね。

Qヒューズから電源を取ってはいけない理由

ヒューズから電源を取ってはいけない理由
最近ETCを自分で取り付けたのですが、電源はヒューズ電源というもので取りました。
http://www.amon.co.jp/seihi/seihi_group.php?id=20
こんなのです。

私の車はACCが15Aでしたので15Aのヒューズ電源を買い、ETCに3Aの管ヒューズがついてましたのでそれを経由してETCに電源が行ってます。

上流側(バッテリー側)にコードが来るようにヒューズを差し込みましたのでこれも間違ってないと思うのですが。

ここの質問。回答で「ヒューズからは電源を取らないでください」という回答をよく見ます。
私がETCの電源の取り方で質問をした時もそういう回答がありましたし。
他の質問でも「プロは絶対にヒューズからは電源を取りませんよ」という回答もありました。

確かにディーラーに頼むとオーディオから分岐させるのが一般的なようです。(ETC程度の電源取り出しの場合)
しかしながら、3AのヒューズがついているようなETCなどの電源を取るのに15AのACCヒューズから分岐させていけない理由がわかりません。

もちろん理想を言えばということはあるのでしょうが、なぜヒューズからは取らないでというのかその回答が欲しいと思います。
大変失礼な質問とは思いますが、よろしくお願いします。

ヒューズから電源を取ってはいけない理由
最近ETCを自分で取り付けたのですが、電源はヒューズ電源というもので取りました。
http://www.amon.co.jp/seihi/seihi_group.php?id=20
こんなのです。

私の車はACCが15Aでしたので15Aのヒューズ電源を買い、ETCに3Aの管ヒューズがついてましたのでそれを経由してETCに電源が行ってます。

上流側(バッテリー側)にコードが来るようにヒューズを差し込みましたのでこれも間違ってないと思うのですが。

ここの質問。回答で「ヒューズからは電源を取らないでください」...続きを読む

Aベストアンサー

>他の質問でも「プロは絶対にヒューズからは電源を取りませんよ」という回答もありました。
私は元整備士ですが、そんなことはないですね。自分の車も家族の車も4台全てヒューズボックスから電源をとってETCを取り付けました。全く問題ありませんし、なんの故障もありません。ヒューズが飛んだという方もおられたようですが、それはそれなりの原因があったものと思います。しかしこれらの言われには一定の理解が出来ます。万人がヒューズボックスか電源を取る様になったら、万人なりのやり方が出てくるでしょうし、当然それによるトラブルも表面化してくる事でしょう。でもそれはその工事のやり方であったり、アンペアに対する使用電流の量であったり、さまざまなケースが出てくる事が考えられますので、当然メーカーとしては「やらないで下さい」と規制する事になるでしょう。十分理解している方が、それなりのきちんとした配線で工事するなら全く問題のない話だと思います。

Qiphone/ipadに流れる実際の充電電流の値?

iphone用の充電器を選んでいたところ、
iphoneとipadでは充電に必要な出力電流が異なる(ipadの方が大きい)
ということ知り、その関連でふと3点疑問が浮かびました。
(電化製品に関して全くの素人です)

*****

#1
出力2.0AのUSBポートに5,5c,5sなどのiphoneいずれか1台を繋いで充電する際、
デバイスに実際に入力される充電電流の値Aはいくつになるのでしょうか?
(参考になる規格値などを調べましたが探し当てることができませんでした)

#2
また、ipadシリーズの場合iphoneよりどれほど充電電流が大きいのでしょうか?

#3
加えて、充電電流の違いはそれぞれの機種の何のパラメーター(?)によって決まるのでしょうか?

*****

電気工学(?)にお詳しい方しらっしゃいましたら、ご教示いただくことはできませんでしょうか?
大変勉強になりますので、専門用語なども交えて教えてくださると助かります(わからない用語はこちらで調べます)。
何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#1
出力2.0AのUSBポートに5,5c,5sなどのiphoneいずれか1台を繋いで充電する際、
デバイスに実際に入力される充電電流の値Aはいくつになるのでしょうか?
(参考になる規格値などを調べましたが探し当てることができませんでした)
→わかりません。大体、USB2.0であれば、規格上は0.5Aしか出力できません。専用のACアダプタが2Aまで出力できたとしても、実際に流れる電流は計測しない限り、分かりません。

#2
また、ipadシリーズの場合iphoneよりどれほど充電電流が大きいのでしょうか?
→上記理由により、不明。


#3
加えて、充電電流の違いはそれぞれの機種の何のパラメーター(?)によって決まるのでしょうか?
→その端末の充電回路。電源の能力と、バッテリーの容量や残量でバッテリーに負荷がかからないように自動調整しているのでしょうが、その詳細は設計した人にしか、分かりません。

Q電源 200V単相と3相の違い

電源 200V単相と3相の違いについて教えてください。
どう違うのでしょうか?
電気のことはぜんぜん分からないので詳しくお願いします。

あと、200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V30A(3相)から電源をとるとどうなりますか?(家庭用電源ではなく、会社の電源です)

200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V50A(3相)から電源をとるとどうなりますか?

Aベストアンサー

> 電源200V単相と3相の違い…

すでに三人の方から回答があるとおりですが、まだ出ていないことを補足します。
(なお、既出の一部に明らかな誤解もあるようですが、それを指摘することは、規約違反となり、削除対象とされるので控えます。)
電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。大地に対する電圧です。単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。このため、住宅の屋内では原則として、三相200Vを使用することができません。ご質問は、会社ということですから、この点はクリヤされますが、そのサーバーが、対地電圧150V以上に耐える設計がなされているかどうかを、確認する必要があります。

> あと、200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V30A(3相)から電源をとると…

前項の問題がクリヤしたとして、次に、質問者さんの会社が、低圧受電か高圧受電かによって、この答えは変わってきます。
電力会社から200Vの低圧で受電し、単相と三相の二つのメーターが付いている場合、原則として単相負荷は単相契約で使用します。何らかの事情で単相負荷を三相契約で使用したい場合は、事前に電力会社と協議し、それなりに基本料金を支払うことが必要です。
6,000Vあるいはそれ以上の高圧で受電し、自社内で200Vに落として使っている場合のうち、電力会社との契約が「負荷契約」であったら、前述の低圧の場合と同じです。
高圧受電で、電力会社との契約が「変圧器契約」であれば、単相負荷を三相配線で使用しても、道義的には問題ありません、ただし、三相変圧器に単相負荷をかけると不平衡が生じ、電圧降下や変圧器の温度上昇を招く場合もあります。事前に十分な技術的検討が必要です。

> 200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V50A(3相)から電源をとると…

200Vで30Aということは、6kVAの容量といいます。200V50A(三相)は、17.3kVAですが、そこに6kVAの余裕があるかどうかを検討しなければなりません。単相の電源盤からとるとしても、同じです。余裕がなければ、電線を太くして、ブレーカも大きなものに取り替えることなどが必要になります。
どのような業種の会社か存じませんが、「エアコンのスイッチを入れたら、サーバーまで落ちてしまった」ではしゃれにもなりません。
経験的に、単相にしろ三相にしろ、6kVAもの余裕がある電源盤は、比較的少ないように思います。事前に電気工事業者と十分な打ち合わせをされることをお薦めします。

> 電源200V単相と3相の違い…

すでに三人の方から回答があるとおりですが、まだ出ていないことを補足します。
(なお、既出の一部に明らかな誤解もあるようですが、それを指摘することは、規約違反となり、削除対象とされるので控えます。)
電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。大地に対する電圧です。単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。このため、住...続きを読む


人気Q&Aランキング