スキー板(ビンディング)の調整について

スキー板を中古で、ブーツを新品(通販)で別々に入手しましたが、板の前オーナーのソール長318mm、新品ブーツのソール長が305mmと13mm違います。
1. 板にブーツは入りますが、少しゆるい感じもあります。このまま滑って問題ないでしょうか。
2. また、量販店などで、買ってもいないのに持ち込み調整はしてもらえるものですか?
3. してもらえるとしてその値段はいくらぐらいですか?
答えのわかる方、特に2と3は経験者の方がいらっしゃれば、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ビンディングのメーカー、種類によって違いますが


大概はテール(かかと側)でソール長を調整出来ると思います。

テール側のレールにギザギサの溝が切ってあったら ( 開放値を0にしてから )
マイナスドライバーでフックを持ち上げると、前後にスライド出来るはずです。

最近は、レンタルモードとか言ってワンタッチでソール長が調整出来るものがありますが、
その場合、土踏まずのあたりに調整用のビスが付いています。

また、中級モデル以上になるとフロントカフの挟み具合やソールの高さ位置調整も可能です。
ビンディングの型番をネットで検索し、調整方法を調べてみて下さい。

開放値は、「体重とスキー技術レベル」に則って、合わせて下さい。
最近は、コブに入ることが減りましたが、182cm 75kg レジャー、それでも開放値は7です。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。

私も数年前まではスキーもしていましたので、まったく素人ではないつもりですが、
家の工具では、簡単に動きそうにない感じでした。
子供のビンディングは簡単に動きました。

店に持って行こうと思いますが、その前にネットで型番調べてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/10/27 21:33

はい、一度お店で見てもらってください。



ビンディングの解放は、人体に危険な状態になる時に解放するようになっていますので正しくスキー操作を行なっていれば開放度が一番弱くても解放はしませんがどうしても無理にスキー操作を行なうので人体に影響のない強度で調整します。
ちなみに私の強度は4~6ですが普段急斜面を滑るときも強度は2です。(深雪、競技は別です)
冬は近いです、楽しいスキーを願ってます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。

店に持って行くことにしました。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/10/27 21:35

SAJ公認インストラクターです。


1についてはとっても危険です。
2・3については、簡単な作業なので良心的なお店であれば無料で調整してくれます。

ビンディングの調整は
 1 一度解放強度を一番弱くする(シーズン終了保管時も)
 2 左右又は上下に移動し、機能を確認する
 3 靴を前面に合して後部ビンディングをねじで前後に調整する
 4 強度調整は使用人の体格又は骨の強度に寄るので知識を持った人に聞いたほうが良い
 5 貴方の質問内容のレベルでは、とりあえず強度は2~4ぐらいに

分からなければ次回回答します
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
一度近くの量販店に聞いてみることにします。
開放値も見たところ「7」になっているようで、これはきついなあと思っていました。

お礼日時:2010/10/27 00:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qロシニョールスキービンディングについて

ビンディングが前後にスライドしそうなのですが、
方法がわからなく困っています。
知っている方お願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
このビンディングは、おそらく、下の黒いプレートに
ネジで固定されています。
ですから、
サイズの違うブーツに合わせたいのでしたら、ネジを外して
取り付けをやり直す必要があります。

運が良ければ、
黒いプレートに他のサイズのねじ穴(プレドリル、と言います)
が開いているかもしれません。

何にしても、この写真を見る限りでは、
前後に調整できるタイプではありません。

後部の写真を見せていただきたい所です。
後部にスライドのレバーがあれば、
この前部の金具も同時に動きますが、
おそらく違うと思います。

Qビンディングの適用ソール長の測り方

サロモンのビンディングをつけています。
友人に貸すのですが、ソール長を教えてくれと言うのですが、
どうやって測るか解りません。
教えてもらえませんか?

Aベストアンサー

ビンディングで見るのではなく
普段そのビンディングにつけているブーツを見てみてください。
ブーツのソール近くの横側に○○○mmとか表示があるはずです。
普通はそのブーツのソール長に合わせてビンディングを調整しますので
その長さを伝えてあげればわかると思いますよ。

Qビンディング ロシニョール Power140の調整方法

中古の板を買いました。
板:ROSSIGNOLの9x 、ビンディング:Power140
靴のサイズに合わせたいのですが、後ろの調整だけではまったく間に合いません。(もし合ってもセンターがずれますよね?)どのネジを外してどう調整したらいいでしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。たぶんプレートにいっぱい穴が空いていて、ブーツサイズに合わせた穴に取り付けるタイプだと思います。

まず、「ポジドライブ」「ポジドライバー」というドライバーを用意してください(普通のホームセンターでは売ってないです)。通常のドライバーではネジがなめやすく、手にマメができやすいです。

続いてビンディング取り付けネジで見えるものを全て外します。するとプレートの穴にブーツサイズのガイドが刻印されていると思うので、自分のサイズに合う穴に付け直してください。
それから微調整しますが、「前圧」はしっかり合わせてくださいね。

自信がなければショップにやってもらった方が安全です。

Qチロリア(フィッシャー)ビンディングについて教えて下さい

フィッシャーのスキーを中古で手に入れたのですが、ビンディングの調整方法がわかりません。どなたかお教え頂けないでしょうか。ビンディングには「Fisher」の字と、型番「sr13」(だったと思います)の字がありますが、見たところ、ものはチロリアのOEMのようです。また「free flex」の字もあり、そこそこのグレードのもののようです。わからないのは、1前圧調整法、すなわちヒールピースの位置決め方法 2トゥピースの、ブーツを押さえる部分の高さ調整方法の2点です。適当に設定したあげくケガをしてもいけませんので、切実です。皆様、どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

参考URLにUS チロリアのテクニカルマニュアル(ビンディングの取り付け説明書)のダウンロード先を書きました。ご参照ください(ただし英語です。日本語のは見当たりませんでした)。
これによると、SR13という機種は見当たりませんが、Webの写真やスペックなどから機種番号がわかるなら、調べる事ができそうです。
このマニュアルは、ビンディングの取り付けを完全に説明しています。穴あけ器具(テンプレート)毎の説明になっていますので、ビンティングの機種に対応したテンプレートの所を読み進めれば良いようになっています。
どのビンディングでもそれほど変わりませんが、ブーツを取り付けた状態でヒールの位置調整金具のギザギザか、前圧調整用のねじのフチが、特定の位置になっていれば良いようです。

私もちょうどフィッシャーの説明書を探していたところ、この質問を見つけ、フィッシャーがチロリアのOEMである事を知り、無事探す事が出来ました。ありがとうございました。

参考URL:http://www.tyrolia.com/certification/dls0708/Techn.Manual.english.pdf

参考URLにUS チロリアのテクニカルマニュアル(ビンディングの取り付け説明書)のダウンロード先を書きました。ご参照ください(ただし英語です。日本語のは見当たりませんでした)。
これによると、SR13という機種は見当たりませんが、Webの写真やスペックなどから機種番号がわかるなら、調べる事ができそうです。
このマニュアルは、ビンディングの取り付けを完全に説明しています。穴あけ器具(テンプレート)毎の説明になっていますので、ビンティングの機種に対応したテンプレートの所を読み進めれば良いよ...続きを読む

Qマーカー ビンディング調整方法

スキーを楽しんでいるおじさんですが、昨日、スキーに行った時に
スキー靴が壊れてしまい、新しい靴を買いました。いざ、靴を取り付け
ようと思ったのですが、靴のサイズが少し大きくなり、入りません。

あれこれビンディングを触ってみたのですが、調整方法が分かりません。
調整方法をご存じの方が居られましたら、教えて頂きますよう、お願いします。

ビンディングは、昔のマーカー製でチタニュームと書かれています。
後ろのビンディングは、二本のスプリングがあります。
言葉では分かりずらいので、写真を添付します。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

後部のスプリングからヒール部分に向かって伸びている2本の棒にネジが切ってあると思います
ヒール部分からスプリングに向かって伸びている2本の棒にも、ネジが切ってあるはずです
その上下の棒を繋ぐような形で、アジャスト用の棒が片方か両方にあるはずですので、その棒を右・左どちらかの方向に回せば棒が伸縮することにより後部バインディングの位置が移動します
この形(ローターマート)の前圧の調整方法は、後部スプリングのどこかにインジケーターがありますから、適切な前圧がかかるようにアジャスト用の棒を回転させ位置を調節してください

Q子供のスキーのビンディングサイズ調整

子供用の足が大きくなったので、ブーツのみを購入しビンディングのサイズを調整したいのですが?2センチくらい広げることは可能でしょうか?どうすればサイズ調整ができるのか詳しく知りたいのですが・・・ビンディングのメーカーはLOOKです。3年位前にアルペンにて板とセットで購入。

Aベストアンサー

大体のスキーのビンディングのサイズ調整は後ろビンディングの後方ににノブのようなものが付いていますのでそれをマイナスドライバー等で起こして前後にスライドさせて調整します。

その後前後の開放値を変えますが開放値の設定は分かりにくいので購入したお店で聞いた方がよいでしょう。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/jamacademy/knowlage.html

Qスキーブーツ買い替え ビンディング調整は必要?

先日、ブーツのみ新調しました。
(ブーツ買い替えの件でもこちらで相談させていただきました。
その際回答いただいた方々には大変お世話になりました。ありがとうございました。)
板は買い換えずそのまま使用するのですが、ビンディング調整の必要があるのかどうかで困っています。

ビンディング
9年くらい前のMARKER カービングスキー用 開放値4.5
身長156cm、体重46kg、中級レベルで購入店にて算出いただいた開放値です。
旧ブーツに合わせてあります。
購入時から設定を変更したことはありません。

旧ブーツ NORDICA TREND05 ソール長270 サイズ23.5
新ブーツ ATOMIC HawxH90W ソール長275 サイズ23.0

新ブーツをビンディングにはめてみますと
旧ブーツよりも力は必要ですが、一応はまります。
新ブーツをはめた状態で前圧調整のネジ(と思われるネジ)を見ますと、特に出たり引っ込んだりはしていません。
(あくまでもシロウト判断ですが)

ビンディングはミリ単位での調整が必要な物なのだという先入観があったのですが
当方、競技スキーをしているわけではありませんので
そこまでシビアな調整が必要なのか? という思いもあります。

ゲレンデスキーヤーレベルでは、ソール長5ミリ程度の違いは誤差の範囲内(調整の必要はない)なのでしょうか。
また、調整が必要な場合、自分で調整できるものではないと思いますのでショップ等に調整をお願いしようと思っているのですが
大手量販店(家の近くにはアル○ンかヴィ○トリアしかありません)でも持ち込めば有料で調整してもらえるものなのでしょうか。
(ちなみにブーツ、板の購入店はそれらの大手量販店ではありません。板を持って行くのはかなり辛い距離にあります)

以上、何かご存知の方がいらっしゃいましたら是非ご教授ください。
よろしくお願い致します。

先日、ブーツのみ新調しました。
(ブーツ買い替えの件でもこちらで相談させていただきました。
その際回答いただいた方々には大変お世話になりました。ありがとうございました。)
板は買い換えずそのまま使用するのですが、ビンディング調整の必要があるのかどうかで困っています。

ビンディング
9年くらい前のMARKER カービングスキー用 開放値4.5
身長156cm、体重46kg、中級レベルで購入店にて算出いただいた開放値です。
旧ブーツに合わせてあります。
購入時から設定を変更したことはありませ...続きを読む

Aベストアンサー

>ヒールピースのネジですが、下記URL先で「これが適正になります。」と書いてある写真とほぼ同じです。

この写真の状態で適正前圧値の機種は限定されます。
9年前に販売されていた機種を例に上げますと
M9.1、M8.1、M7.1等はこの状態でOKです。
M29、M27V、M6.1、M5.1、M4.1等は開放値でネジの出っ張り具合が違ってきます。

>(旧ブーツをはめても、下段のネジが飛び出たままなのです)
下記の機種では開放値4.5だと出たままが正常です。
ネジに刻んであるミゾを面を合わせます。
M29とM27Vはネジに刻んである3本のミゾを使って調整します。
M29:開放値3.0から4.5 一番奥のミゾ
開放値5.0から7.0 中央のミゾ
開放値7.5から10.0 一番手前のミゾ
M27V:開放値2.5から4.0 一番奥のミゾ
開放値4.5から6.5 中央のミゾ
開放値7.0から9.0 一番手前のミゾ

M6.1とM5.1、M4.1はネジに刻んであるミゾとネジの一番後ろを使って調整します。
M6.1:開放値3.0から4.5 ミゾ(このタイプはミゾが一本)
開放値5.0から10.0 ネジの後ろ
M5.1、M4.1:開放値2.5から4.5 ミゾ(このタイプはミゾが一本)
開放値5.0から9.50 ネジの後ろ

ネジが露出しているのが正常なケースも多数存在します。
自分が使用しているメーカーと同じで前圧調整がネジ式だからといって全てが同じではありません。
ネットで得た知識で自己調整を行い、誤った前圧位置にしている方を大勢見かけましたので御注意を・・・・。

>ヒールピースのネジですが、下記URL先で「これが適正になります。」と書いてある写真とほぼ同じです。

この写真の状態で適正前圧値の機種は限定されます。
9年前に販売されていた機種を例に上げますと
M9.1、M8.1、M7.1等はこの状態でOKです。
M29、M27V、M6.1、M5.1、M4.1等は開放値でネジの出っ張り具合が違ってきます。

>(旧ブーツをはめても、下段のネジが飛び出たままなのです)
下記の機種では開放値4.5だと出たままが正常です。
ネジに刻んであるミゾを面を合わせます。
M29とM27Vはネジ...続きを読む

Qビンディングとブーツ(ソール長)の関係

質問です。
今シーズンのあたまに板を買い換えたのですが、予算の都合上、新しいブーツの購入にはいたりませんでした。そこで、ビンディングを、以前から使用していたブーツのソール長にあわせて取り付けてもらいました。
今後、ブーツを購入した場合、現在のブーツのソール長と微妙な差がでると思うのですが、ビンディングの調整が必要でしょうか?ショップに依頼するのでしょうか?また、調整が必要ないとしたら、ソール長の誤差は何ミリ程度までが許容範囲なのでしょうか?
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

誤差という考えはありません。
同じ靴と板でも毎シーズンの最初に調整します。
もっと言えば、スキーをするたびに最適値に調整します。
そうしないと、温度などで微妙に狂っていますので、危険なことになります。
調整の仕方と、値はビンディングの説明書に書いてあります。
しかし、骨の太さを測るものも持っていないでしょうから、要は、板を履いて、足をひねって外してみます。
あまり外れやすいのも滑っている途中で外れるために危険だし、まったく外れないのも骨折を防げませんので、自分で試して、力強くひねった時に外れる値にします。
こぶの多い急斜面を滑る時は強くして、暖斜面の時は弱くしたりと、滑っている途中でも調整しています。
そのために、調整金具はいつもポケットに入れています。

ビンディングは、だいたい20mmくらいスライドできますので、靴の長さが5mm前後の違いなら大丈夫です。
それ以上違いのある靴に替えるなら、ビンディングを新しい靴に合わせて付け直せばOKです。

※靴は「ソール」とは言わないと思います。板ではないですから。

↓良く似た質問です。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=499729

誤差という考えはありません。
同じ靴と板でも毎シーズンの最初に調整します。
もっと言えば、スキーをするたびに最適値に調整します。
そうしないと、温度などで微妙に狂っていますので、危険なことになります。
調整の仕方と、値はビンディングの説明書に書いてあります。
しかし、骨の太さを測るものも持っていないでしょうから、要は、板を履いて、足をひねって外してみます。
あまり外れやすいのも滑っている途中で外れるために危険だし、まったく外れないのも骨折を防げませんので、自分で試して、力...続きを読む

Qカービングと普通スキーの違いとは?

カービングスキーと、普通スキーは何が違うのでしょうか?それによって、滑りももどのように変わってくるのでしょうか?

また、カービングターンとは何でしょうか?

わからないことだらけですが、ご教示お願いします。

Aベストアンサー

答えから言います。カービングスキーと普通のスキー(従来のスキー板:ノーマルスキー(すでに死語?))は、構造自体が大きく異なり、それによって滑りもカービングターンとスキッディングターンと大きく異なります。   カービングスキー自体の意味は、「〔carving は切る、刻む(掘る)の意〕で、鋭い回転を可能にするために、トップとテールの幅を広げて中央部を狭くしたスキー板」と定義されるかと思います。カービングスキーが登場する前のかつて(もう15年以上前)は、超上級者しか可能でなかったカービングターンを一般スキーヤーにも可能にしたマテリアル(スキー板など)です。ちなみに、カービングターンとは、「横ズレの極力少ないターン」のことで、スキー板はエッジングを弱くした状態でターンしようとすると、ずれやすくなり、逆にエッジングを強くすればするほど(脚の傾きを大きくすればするほど)、スキー板はずれにくくなり、サイドカーブに近いターン弧となります。ですから、カービングターンをしてくるスキーヤーは倒れてしまうんじゃないかと思うくらい、身体(体軸)を傾けて滑ってきます(決して、内倒とは異なります)。 カービング自体が、マテリアルも技術理論も年々進化しており、現在では、ターンの分類として、「トップコントロール」、「テールコントロール」それらを組み合わせた「トップアンドテールコントロール」、「テールアンドトップコントロール」となり、横ズレを伴う「スキッディングターン」とは大別されています。 また、全日本スキー連盟(SAJ)の市野企画委員長は、カービングターンを「私は、カービングターンとは、内向、内傾、内スキー始動ということを言っています。」とおっしゃっています(参考URL参照)。 最近は、マテリアル(カービングスキー板)自体が進化しており、初心者でもレールターンを行うことによって、掘って滑るcarvingターンは簡単なものとなってきました。ただし、それを真の意味でカービングターンに仕上げるには、SAJの市野企画委員長がおっしゃるとおり落下運動を回転運動に変えてやる、スキーヤーの運動(内向、内傾、内スキー始動)が不可欠となってきます。それがスキー技術そのもので、そこがスキーのおもしろみでもあります。 具体的には、ターンの局面のうち、切り換え期においてスキーヤーは上体の内向を行い、次のターン始動期では内スキー始動(これにより、カービング板の幅広のトップが雪面をいち早く捉えてくれます)を行い、舵とり期に内傾を強め、先に述べた板のエッジを立てエッジングを強め横ズレしないカービングターンを雪面に描きます。そして、次の切り換え期に移るという運動を繰り返してターンしていきます。これは、大回り(ロングターン)でも小回り(ショートターン)でも基本的な部分は変わりません。

参考URL:http://www.saj-edu.ne.jp/edu2003/saj-demo/saj-demo-riron.html

答えから言います。カービングスキーと普通のスキー(従来のスキー板:ノーマルスキー(すでに死語?))は、構造自体が大きく異なり、それによって滑りもカービングターンとスキッディングターンと大きく異なります。   カービングスキー自体の意味は、「〔carving は切る、刻む(掘る)の意〕で、鋭い回転を可能にするために、トップとテールの幅を広げて中央部を狭くしたスキー板」と定義されるかと思います。カービングスキーが登場する前のかつて(もう15年以上前)は、超上級者しか可能でなかったカービングターン...続きを読む

QLOOKビンディングの取り付け具合

ルックのビンディングを使用しています。

最近、新しいスキーとビンディングを都内の某有名店で購入し、ブーツソール長とメーカー名を指定してビンディングの取り付けをしてもらいました。

このビンディングがブーツのソールの長さに対して、とてもタイトに感じています。

以前にもルックの同じタイプのビンディングを使用しておりました。そのときは逆にゆるいと感じ、自分でヒールピースを1ミリ程度前方にずらしました。そのスキーは某国産スキーメーカーのダイレクトショップでの購入・取付です。

どちらも信頼できるスキーショップのはずなのですが、そのビンディング取り付け具合に差があり、戸惑っています。どちらかの取り付けが適正でないということになるかと思います。

身長165cm、65kgで解放値を8に設定しています。コブ、レール等で転倒を繰り返してますが、やや外れてほしいと感じる状況でも、現在のビンディングはまだ開放したことがありません。前圧が強すぎるように感じています。以下に写真をアップしますので、これで適正なのでしょうか?

Aベストアンサー

>このビンディングがブーツのソールの長さに対して、とてもタイトに感じています。
*タイトに感じるというのは感覚的なものでしょうか?前圧があっているかどうかは、金具の種類にもよりますが正確な前圧が出ているかを確認するための目盛り(目印)はあります。金具のタイプや(ピボットタイプやそうでないタイプ)年式によっても確認の目印位置が変わっています。(ヒールピースの横に窓があったり、レールとヒールピースの位置関係で示したり)いずれにせよ指定された範囲に入っていれば全圧に関しては問題ありません。信頼のおけるショップでの購入であれば、金具を取り付けるための講習を受け資格を持っておられる方が取り付けたと思われるので問題はないと思います。逆に資格のない人が調整しなおすほうが誤作動など問題を発生させることがあります。

>身長165cm、65kgで解放値を8に設定しています。
*お使いのブーツソール長と(ブーツのシェルに記載されているはずです)スキーヤータイプ(簡単に言えば技術レベル)それと年齢の3つの要素が不明ですが、たとえば年齢が50歳未満でスキーヤータイプがタイプIII、ソール長が271mm~290mmの間であればISOの解放チャートですと、解放値は「7」、291mm~310mmなら「6.5」になります。
「8」という数値はチャートから外れていることになりますが、販売店ではお客様の要望でチャートより強い設定や弱い設定をすることもあります。ご購入される際に「ワークショップチケット」という書類に個人情報を記載したと思いますが、もしbismuth2212さんがチャート以上の解放値を希望されていたならこの「ワークショップチケット」にその旨が記載されていると思います。

解放強度や全圧に不安があるならご購入店に持ち込んでもう一度チェックしてもらうことをお勧めします。

また、ブーツも長く使っているとシェル底がいたんで金具のテフロンプレートの上で動きにくくなっているかもしれません。底が毛羽立っていないかなどもチェックしてみてください。金具を取り付ける際はブーツを持ち込むのが基本と思われるほうが良いと思います。

>このビンディングがブーツのソールの長さに対して、とてもタイトに感じています。
*タイトに感じるというのは感覚的なものでしょうか?前圧があっているかどうかは、金具の種類にもよりますが正確な前圧が出ているかを確認するための目盛り(目印)はあります。金具のタイプや(ピボットタイプやそうでないタイプ)年式によっても確認の目印位置が変わっています。(ヒールピースの横に窓があったり、レールとヒールピースの位置関係で示したり)いずれにせよ指定された範囲に入っていれば全圧に関しては問題あ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報