色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

自転車のライトが点いたり消えたりします。
調子のいいときはずっとライトが点いているのですが、
長時間消えているときもあり、あまり安定していません。
ライトが消えているとき前輪を持ち上げて衝撃を与えると高確率で復活します。

電池が切れかけているんでしょうか?
それとも配線の噛み合せが悪いんでしょうか?

gooドクター

A 回答 (2件)

電池ライトの場合は、大方の場合「接触不良」が起きてる事がほとんどですね。


電池のプラス側の接点が「板バネ」なら、ドライバーなどで少しだけ持ち上げてみて試してください。
マイナス側も板バネなら同じようにして、スプリングなら少し指で挟んで引っ張ってみてください。
サビが無いかどうかの確認も忘れず。
また、電池が液漏れしていて駄目になってるときもあります。
内部が錆びてる時があるので、接点を紙やすりで軽く磨いてサビを取り、新品電池に入れ替えてください。
    • good
    • 1

僕も同じような症状になったことあります。


ボタンが正確に反応しないってこと。

接触不良だと基本治りません。

雨に当ると多く発生するようです。
電池替えて同じであれば
私は素直に買い替えをすすめます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

人気Q&Aランキング