フルートと英語に詳しい方教えてください!

海外のフルートのカタログを見ていたら同じ銀色のフルートでも(1)solid silver(2)sterling silverと二種類あるようですが、solid silverとsterling silverの違いはなんでしょうか?

フルートって銀メッキ製とか総銀製とかがあるみたいですが、通常フルートで使う英語、solid silverとsterling silverは日本(語)ではどういうふうに言うのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず、下記を見て下さい。

村松の英語ページです。
http://www.muramatsuflute.com/english/0003.html

DSモデルですが、
Highest Quality Sterling Silver Flute と、
SOLID SILVER が、併記してあります。

結論は、
Solid Silver(総銀)と、Silver Plated(銀メッキ)が対になる言葉で、

Sterling Silverは、
銀の純度としては、Fine SilverやCoin Silver、
楽器の材料としては、洋銀(洋白、Nickel Silver、German Silver)や白銅、ブラスなどと、
対になる言葉です。

---以下参考 ただし特に楽器用は成分に工夫があるようです---
Sterling Silver:銀 92.5% (残り7.5%は銅が普通) 
Fine Silver: 銀 99.9%
Coin Silver: 銀 90.0%
洋銀、その他: 銅を主成分に+ニッケル+亜鉛
白銅:銅を主成分に+ニッケル
ブラス(真鍮、黄銅):銅を主成分に+亜鉛

参考URL:http://www.muramatsuflute.com/english/0003.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい解説をどうもありがとうございました!
参考にさせていただきます。

お礼日時:2011/01/06 08:42

sterling silverもsolid silverも純銀のことです。


含有率は一般に92%です。フルートの総銀といえば、この含有率の材料を使用しているはずです。
もっと含有率の高い材料もありますが、一般に実用には耐えないでしょう。

この回答への補足

ありがとうございます!どちらも純銀なんですね。

ちにみなsterling silverもsolid silverまったく同じ純銀で、たんに言い回しというか、
言葉がちがうだけなのでしょうか?

補足日時:2010/12/19 14:24
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフルート、総銀製と本体が銀メッキ製の音色の違い

私が持っているフルートは、ムラマツの頭管部のみ銀製で本体部分は銀メッキ製です。総銀製のフルートとでは、音色は違うのでしょうか?

Aベストアンサー

参考URLに材質による個性の違いが分かりやすく書いてあります。楽器の材質に興味を持たれたなら、面白く読める内容だと思います。

私はあなたと同じムラマツの頭部管銀製・他は洋銀に銀メッキの楽器でフルートを始め、ミヤザワの総銀製に変え、現在はムラマツの総銀製プラチナメッキという楽器遍歴を持ちます。お持ちの楽器とほぼ同じ楽器を吹いたことのあるものとしてアドバイスさせていただきますが、総銀製とは明らかに音が違いますし、違うのは音色だけではありません。
頭部管銀製で他は洋銀銀メッキの楽器は、頭部管が銀ですから銀の味はあります。しかし、総銀製に比べると楽器全体の重さが軽いので、十分に楽器を鳴らすことのできる人間はすぐに限界にぶつかります。つまり、音量の幅が総銀製に比べて小さいので音量にも限界がありますし、楽器が軽いので総銀製より響きが軽く、音色のコントロールの幅も狭いのです。それでも十分ならいいのですが、総銀製ならもっと音量の幅を大きく、重厚で、多彩な音色を引き出すことができるでしょう。

参考URL:http://flutesaloon.com/select/material.html

参考URLに材質による個性の違いが分かりやすく書いてあります。楽器の材質に興味を持たれたなら、面白く読める内容だと思います。

私はあなたと同じムラマツの頭部管銀製・他は洋銀に銀メッキの楽器でフルートを始め、ミヤザワの総銀製に変え、現在はムラマツの総銀製プラチナメッキという楽器遍歴を持ちます。お持ちの楽器とほぼ同じ楽器を吹いたことのあるものとしてアドバイスさせていただきますが、総銀製とは明らかに音が違いますし、違うのは音色だけではありません。
頭部管銀製で他は洋銀銀メッキの楽...続きを読む

Q総銀製フルートで銀メッキ仕上げでないものに関しての質問

タイトルの通りなんですが、銀メッキ仕上げでなくても

某メーカーのネットのカタログを見るととてもビカビカしているのですが、

メッキ処理しなくてもあの光沢はでるものなのでしょうか?(ムラマツのDSシリーズです。)

また、銀メッキ処理されていないもののメリット、
デメリットを教えてください。

いつかは総銀製を手に入れるにふさわしい腕をもちたいと毎日練習している初心者です。

その日がいつになるかはわかりませんし、道具ばかりに目がいっているわけではありませんが、素朴な疑問として質問させていただきます。アドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

私はペット吹きなので、参考になるかどうかわかりませんが、私の楽器の場合(バック)、真鍮に銀メッキがしてあるのですが、銀メッキは黒く変色しやすく、はがれやすいと思います(よく触れる部分)。その点、総銀製は、本体が銀ですから、剥がれることがないので、楽器の性能自体は、安定していると思います。又、金やプラチナに比べれば、軽いと思います。ただ、銀よりは金やプラチナのほうがいい音がする可能性が高いことは否めない事実だとは思います。<br>
しかし、プロでもヤマハのカレッジモデルのような最低レベルの楽器を使用している方が意外と多いのも事実です(メッキの配合がいいとか本体の金属の配合がいいとか)。<br>
ようは自分に合った楽器を試奏して選ぶのが一番いいと思います。いい
楽器を買ったほうがいいのは、いい音がする可能性が高いのと、自分を
妥協しないようにするためではないでしょうか?

Q総銀製フルートの選び方について

フルート暦3年です。先生に「そろそろ総銀製に買い換えてもいい時期です」と言われました。山野楽器に行って、いろいろなメーカーの総銀製を吹かせてもらいました。2回行って、最後に残ったのはムラマツのDXとアルタスのA1307の2機種です。この2つからどうしても絞り込めません。あえて選ぶなら、吹きやすいかな~?と思ったのはアルタスのような気がします。ただ、今時点で吹きやすさだけで選ぶのは間違っているような気がして(ムラマツは特に、吹いて3年くらい経たないと、楽器が馴染んでこないと聞くので)悩んでいます。夫はギターやピアノを弾くのですが、「俺ならギターを買うときは、やっぱり時計でいうロレックスを選ぶ(つまりフルートの世界ならムラマツ)」と言います。金額的にはこの2機種だと、結局10万くらい違うのですが、これだけの買い物するときに10万くらいで決めるものではない(つまり安いからアルタスという考えは良くない)と夫は言ってくれるので、さらに迷ってます。「3年後、5年後に吹いていたい」と思わせる楽器ははたしてどちらなのか、アドバイスお願いします。因みに、先生はアルタスのPSを吹いています。過去にムラマツを吹いたけど、どうしても自分には合わなくて、PSに出会って「これだ!」と思ったそうです。でも私は、たぶん、今回買う総銀製が一生ものになると思いますので、ブランドに左右されるのは間違っているかもしれませんが、フルートといえばムラマツといわれるほどのブランドを買うのも正しい気がして、困っています。

フルート暦3年です。先生に「そろそろ総銀製に買い換えてもいい時期です」と言われました。山野楽器に行って、いろいろなメーカーの総銀製を吹かせてもらいました。2回行って、最後に残ったのはムラマツのDXとアルタスのA1307の2機種です。この2つからどうしても絞り込めません。あえて選ぶなら、吹きやすいかな~?と思ったのはアルタスのような気がします。ただ、今時点で吹きやすさだけで選ぶのは間違っているような気がして(ムラマツは特に、吹いて3年くらい経たないと、楽器が馴染んでこないと聞くので)悩...続きを読む

Aベストアンサー

私はローレックスは好みに合いません。オメガの方がずっと素敵に思います。 ピアノならば、ベーゼンドルファに気に入るものはほとんどありません。スタインウェイの方がずっとしっくりすることが多いです。でも、個体差は大変大きく、自分にとって良い楽器には、初めて触れたときから、大いに心惹かれます。これは価格が高いから良いわけでも、好きなブランドだから気に入ったわけでもありません。やはりその楽器が私に語りかけてくる、その違いです。でもその語り掛けには「あなたにはちょっと無理かもね」というような挑発的なものもあります。私が買ったハンブルクのModel D が、まさにそうでした。でもその魅力に引き込まれながら弾き込んでいくと、楽器がだんだんと心を開いてくれるものです。そして本当に自分の楽器になっていきます。そのきっかけは、ブランド名ではありません。突き放されるかもしれないけれど、でも最初から語りかけがあるのです。

そんなことを思うとき、あなたの先生の言葉、「過去にムラマツを吹いたけど、どうしても自分には合わなくて、PSに出会って「これだ!」と思った」という言葉はとても大きなヒントではないでしょうか。 

『これだ!』というものがなく、二つの間にはさまれて迷っているというのは、おっしゃるように、ご自身の本当に探しているフルートにまだ出会っていない、ということだと思います。

ここでの「レッスン」は、ブランドにこだわらないということと、これだ! と思うものを見つけるまで、試し続けること、この二つのような気がします。 チャンスは必ずあります。そのときまで気長に楽しんでいただきたいなあ、と思います。

私はローレックスは好みに合いません。オメガの方がずっと素敵に思います。 ピアノならば、ベーゼンドルファに気に入るものはほとんどありません。スタインウェイの方がずっとしっくりすることが多いです。でも、個体差は大変大きく、自分にとって良い楽器には、初めて触れたときから、大いに心惹かれます。これは価格が高いから良いわけでも、好きなブランドだから気に入ったわけでもありません。やはりその楽器が私に語りかけてくる、その違いです。でもその語り掛けには「あなたにはちょっと無理かもね」とい...続きを読む

Qフルートで通常のテキストの指使い表にでているの一番上のド(最下音から3

フルートで通常のテキストの指使い表にでているの一番上のド(最下音から3オクターブ上)までが、フルートの出せる音域であると思っていましたが、あるところで、最高音のドのオクターブのラまでだせるのだと言うことをよみました。本当なのでしょうか?
また、それはどのようなテクニックなのでしょうか?。プロのトップアーチストのソリストなら誰でもできることなんでしょうか?
自分は初心者なので、そのような音を出そうと思っているわけではありませんが、知識としてそんなことがはたして可能なものかどうか
知りたくて、質問しました。どなたかお教え下さい。

Aベストアンサー

Wikipediaでは4オクターブ上のドまで出せる人がいると書かれていますね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%88#.E9.9F.B3.E5.9F.9F

私は、4オクターブ目のファまでは運指を覚えていて出せます。
ここには、ソまで運指がのっています。
http://www.fluteinfo.com/Fingering_chart/modern.php

Qトランペットの銀メッキ

トランペットの銀メッキではげたところを部分メッキする方法を知っている方は教えてください。
できれば、お店などに行かずに自分でできる方法があればイイなと思います。お手入れ用品は持っているのでそれ以外の方法でおねがいします。
自分で出来なくてもいいので、はげた部分をどうやって元にもどすのか工程などを教えてください!!

Aベストアンサー

補修程度のメッキであれば東急ハンズなどでご自分でできる商品がありますよ。

いい答えがつくまで参考に見ておいて下さい。

参考URL:http://www.tech-jam.com/items/kn3164190.phtml


人気Q&Aランキング

おすすめ情報