色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

福岡市の室見川漁協についてですが
2008年に解散となったときいています
ということは禁漁監視とか遊漁料受付とかは
今どうなっているのでしょう?
行政がキチンと実行しているのでしょうかね
やりたい放題になって荒れてしまいそうでとても心配しています

gooドクター

A 回答 (1件)

室見川漁業協同組合は2008年3月に解散していますね。


福岡市には内水面の漁協は無くなりました。
遊漁料というのは漁業権があって始めて成立するので
漁業権のある漁協がなければ
その権利を侵害しないので
禁漁期間でなければ無料で遊漁できます。
室見川漁協では
74年から鮎の稚魚の購入費用を福岡市が
全額補助する代わりに漁協に遊漁券の販売を認めていないので
以前から遊漁券なしで鮎のつりができたと資料にはかかれていましたが
遊漁券があったのは投網だけではないのでしょうか。
http://www4.ocn.ne.jp/~tishiki/muromikawayuugyo. …
県が放流を委託したかどうかは書かれていないので現状は
どうなんですかね。
漁業権の免許の際に放流を条件とする場合が多いので
漁協が放流を行う場合が多いですが
何処の漁協も組合員が高齢化し
自前での放流事業の継続が困難になっています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答有難うございます
鮎に限っては有志が放流してるみたいですね

お礼日時:2011/01/24 19:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング