花街をテーマにして(出来れば京都の祇園が望ましいです。)作られた映画はありますでしょうか。
シナリオの勉強で見てみたいと思っています。

こういったストーリーだと助かります。

・時代的には戦前
・地方から身売りされた少女が主人公
・初めてそういう行為をする(少女は性交渉自体が初めて)シーンがある。

・イメージとしては龍という漫画で主人公の幼馴染が初めて抱かれるシーンがあるのですが
そういった感じです。

よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

松阪慶子さん主演の「五番町夕霧楼」はどうでしょう?


水揚げって言うんでしたっけ?
初めて経験するシーンがなぜか子供心(中学生くらいでした)
に強烈な印象でした。

もろ花街っていうストーリーだったと思います。
    • good
    • 0

「花園の迷宮」はどうでしょうか?


工藤夕貴主演のサスペンス。 戦前の遊郭が舞台です。
ただ、主演の女の子はまだ身売りの年齢に達していなくて、下働きをしている子、だから初体験シーンはありません。

身売りされた少女が連れてこられたり、初体験シーンなら、「SAYURI」や「さくらん」が思い浮かびます。

「寒椿」も遊郭ですね。 南野陽子主演。 映画は未見なので、そういうシーンがあるかどうか知りません。

京都の祇園といえば、舞妓さんや芸妓さんですよね。
本来、彼女達は身売りしませんよ。 一人のだんなさんを持ち、その人に着物や生活費などの世話を受けるというのはありますが、それも体目当てではありません。 男の甲斐性、というか器の大きさみたいなものです。
恋愛で、体の関係になるのはありますが・・・ 遊女とはちがいます。
    • good
    • 0

1963年と1980年に映画化された水上勉原作の映画「五番町夕霧楼」というのがあります。


http://movie.goo.ne.jp/search/result.php?n=%B8%D …
    • good
    • 0

映画は思い浮かびませんが、


大和和紀さんのマンガ「紅匂う」という作品は祇園が舞台です。

あらすじ
京都・山科に生まれた主人公石橋咲子が、置屋「石橋」の女将に見初められ、跡取りとして舞妓・芸妓「咲也(さくや)」になり成長していく過程を描く。前半は生い立ちや花街のことを、後半は俳優中川竜吾との恋愛などが中心となる。(ウィキより)

原作は岩崎峰子さんの『芸妓峰子の花いくさ』です。

ちなみに岩崎峰子(現岩崎究香)さんは1949年生まれの方です。

調べてみたら、
テレビドラマ化もされ、DVDも出ていました。

「花いくさ~京都祇園伝説の芸妓・岩崎峰子~」(2007年11月23日、フジテレビ『金曜プレステージ』)
第62回文化庁芸術祭参加作品。著書『芸妓峰子の花いくさ』を基にテレビドラマ化。主演の岩崎を井上真央が演じた。役者に直接祇園言葉や踊りを教え、またこのドラマ内で当時使用していた衣装や小物を一部提供している。視聴率は12.4%。(ウィキより)

映画ではないのであまり参考にならないかもしれませんが、
思いついたので・・。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q弁護士が主人公で、裁判のシーンが多い映画

弁護士や裁判について映画で勉強したいのですが、なにかおすすめの
作品はありますか?
できれば、弁護士が主人公で、裁判のシーンが多いものがいいです。

Aベストアンサー

 「12人の怒れる男」
 裁判というより、陪審員達の議論を扱った映画です。
 裁判のシーンは冒頭のみで、あとはひたすら陪審員達が議論しあい、被告人の少年を無罪か有罪かで論争します。

 日本でも同様の制度が取り入れられるようですし、判決を下す側の責任を痛感させられる内容です。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/5710/12angry-men.html

Q「時をかける少女」ラストに近いシーンの台詞

今日放送されていた「時をかける少女」の台詞を一部聞き逃してしまいました。

真琴を抱き寄せた千昭が言った台詞です。真琴は「うん、走って行く!」と言っていました。千昭は真琴に何と言ったのでしょうか。

最後の大事なシーンだというのに、父が大きな声を出したので聞こえませんでした(泣)気になって仕方がありません。どなたかお分かりの方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「未来で待ってる。」
です。

Q「吸血少女対少女フランケン」の役名

この映画で、「富良野けい子」は、フランケンのもじりじゃないですか。
だとすると吸血少女の「有角もなみ」は、何のもじりなんでしょうか。

特徴のある命名なので、きっと元ネタがあると思うのですが、思いつきません。
気付いた人はいらっしゃいますか?

Aベストアンサー

もなみはわかりませんが、有角は吸血鬼が偽名として使うとされる名前「アルカード」からきているのではないでしょうか。
ドラキュラ(Dracula)を逆につづったものがアルカード(Alucard)です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89

Q祭りの準備の台詞 シナリオについて

祭りの準備と言う映画の中の台詞なんですが、シナリオライターを目指す主人公が、「どんな人でも優れたシナリオを1作だけ書くことができる。それは自分自身の事を書けばいいのだ。」と言うような内容のことをしゃべるシーンがあって、それが新藤兼人の名言として引用されるのか、単純に台詞のひとつなのか、思い出せません。具体的にどんな台詞だったか覚えている方がいたら教えて下さい。

Aベストアンサー

 こんにちは。
 ここは少なくとも実質の参加者は5万人を越えているのですが、それでも資料を持っている者は数えるほどしかいないようです。ということでhttp://odn.okwave.jp/qa648652.html 以来久々に「アートシアター」を箱の中から掘り出してきました。

 さて、これは割合早目に出てくるシーンですね(4ページ目で見つかって良かった)。
・楯男 新藤さん言う偉いシナリオライターが雑誌に書いちょった。誰でも1本は傑作が書けるってね……それは、自分の周囲の世界を書くことじゃと。

 新藤さんの言葉に基づいた台詞というところでしょうか。まさかこの部分だけで回答を削除されることはないと思いますが、早目に読むか、回答通知を受信する設定にしてあると良いと思っています。
 尚、現在新藤さんは日本経済新聞に「私の履歴書」を掲載中です。私も知らなかったことがいくつも出てきて興味深く読んでいます。

Qハウルのラストシーン

ハウルの城感動しました、しかし大きな謎が残ります、ハウルが人間の心をとりもどしたとき、国の后は「戦争をやめましょう」といった、それは、ハウルが人間の心を取り戻したからなのか?だとしたらその理由は?それともハッピーエンドをみて、私達も戦争なんかやめようとおもったのか、それが大きな謎です。教えてください

Aベストアンサー

先日、DVDで見直したところです。
カブ頭のかかし、彼の魔法がとけたことで、彼が隣の国の王子(おそらくは戦争の相手国)で、自分の国に戻れることになったのをサリマン先生が知りましたよね(国の后ではありません。王宮づきの魔法使いで、魔法で王宮を守っていました)
隣国の王子が、ソフィーたちのおかげで元の姿に戻り帰国したので交渉の余地ができたとみたのではないかと思いました。
戦争の原因が何かはわかりませんが、王子が行方不明だったことが原因なら簡単です。
また、王子が原因でなくても、国で王の次に強い発言力のある者が帰国したわけですから、戦争をやめる交渉もしやすくなったのかなというカンジです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報