光ファイバーが私のマンションに引き込めるようになり、NTTとBROAD GATE01の2社が入るようになりました。
現在の私のインターネット環境はADSL12Mで、ルーターで2台(時には3台)のパソコンを使用しております。

私としては今まで通りルーターで分ける考えなんですが、BROAD GATE01は、スイッチングハブがお勧めのようです。(NTTはまだ連絡がないので、分りませんが…)

私がルーターにこだわる理由は、

1 セキュリティーの点から。
2 有線の接続を考えているが、一定以上の性能のルーターを購入予定なので、速度の低下が最小限に抑えられるから。

この2点からなんですが、見識が誤っているでしょうか?

特に2の速度低下に関しては、現在のルーターの中にはルーター未使用時よりも、逆に速度が若干でもアップする高性能の商品まであるようです。
ハブは速度低下の原因になるだけではないのでしょうか?

ただハブにすると、
1 ルーターのようなややこしい設定がいらない。
2 価格がルーターに比べて、安い。
などのメリットが、あるとは思うのですが…

私としても、速度低下だけにこだわっているのではありません、セキュリティーとの兼ね合いを含んだ、皆さんのご意見をお聞かせください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

>単なるハブとスイッチングハブとは別物なんですか?



違うといえば違います。
ハブとは分配器のような物ですが、その中にも色々な種類があります。有名なところではリピーターハブ(通称バカハブ)、スイッチングハブ(=L2スイッチ)があります。

リピーターハブは純粋に分配してるだけです。そこで問題になるのがデータの衝突です。1つのポートで通信が始まるとそのデータがすべてのポートに投げれてしまうため、他のポートのデータと衝突してしまうのです。例えば4ポートのリピーターハブの場合、1番ポートと4番ポートの端末が通信している間は2番と3番の端末は通信できないのです。(実際には数ミリ秒単位で交代して通信しているので同時に通信しているように感じられますが)

それを解決したのがスイッチングハブです。スイッチングハブは学習機能があり、各ポートに接続されたパソコンなどのMACアドレス(物理アドレス)を自動的に取得し記憶します。そして必要なポート間のみデータを流し、それ以外のポートにはデータを流さないように制御することにより、残りのポートも同時に通信できるようになります。これによって通信の高速化が図れます。

といっても個人で使う分にはリピーターもスイッチングハブも大して体感速度は変わりませんけどね・・・(^^;

なお最近売られているハブは基本的にスイッチングハブです。10M専用のハブはリピーターであることが多いのですが、10/100M共用のハブの大半はスイッチングハブです。

>現在のルーターの中にはルーター未使用時よりも、逆に速度が若干でもアップする高性能の商品まであるようです。

これは基本的にはありえません。ルータはIPアドレスの変換(NAT)やIPフィルタリングなどをソフトウェアで処理するため、そのぶん処理時間がかかります。リピーターハブはそのような複雑な処理を行ってませんし、スイッチングハブなどはハードウェアで高速処理されるので基本的には遅くなりません。

ただし、フレッツADSLやBフレッツの場合はフレッツ接続ツールを利用するのですが、こいつが速度低下を招くことがあるようです。そのような場合はルータをつけたほうが結果的に早くなります。(ルータを使えばフレッツ接続ツールは必要なくなるので)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分りやすい説明、ありがとうございます。
スイッチングハブでの速度低下がみられないのなら、ハブを選ぶのも手かと思いますが、セキュリティーが…
色々とクリアしなければならない問題がありますね。

お礼日時:2003/09/21 19:57

やややっぱりつこまれましたか(笑)


本題とは違いますが簡単にご説明します。

>1 L3スイッチとは何でしょうか?

ここで言うのは教科書的説明で行くと、OSI参照モデルで言うところの

L2=データリンク層の機器
  別の方の説明のとおりMACアドレスを見て処理するHUB

L3=ネットワーク層の機器
  IPを見て処理するHUB

つってもさらに???だと思うので
なんて説明すればわかりいいかというと・・・
「HUBの各ポートがルータ」こんなんだとイメージわきますでしょうか?
ルータ機能のあるHUBって言うことです。

2 >ルータを入れる場合ルータのパケット処理能力
パケットとはインターネットで使われる所のデータの単位です。データはパケット(小包)に分割され送られます。この小包をさばける数をパケット処理能力といいます。ppsで表示します。(Packet Per Second)

通常スループット何Mbps(bit per second)と表現される値は単時間内で処理できる情報量を指していますのでppsと似ては居ますが、プロトコルのオーバへッドなどは考慮されないことが多い為、あまり期待できません。つまりは理論値の表示である事が多いです。

つまりはPPPoEなどのプロトコルを使うのが前提の昨今のブロードバンドルータは90Mbpsと言っても通信の内容如何ではそれよりもずっと小さい値になってしまうということです。

んじゃppsはなに?と突っ込まれそうなので掘り下げると
100MbpsのLANの最大pps値は148,810ppsです。これをワイヤスピードと言います。

------------1パケットの中身--------------
プリアンブル=制御用(先頭をあらわす値)(8byte=64bit)
フレーム=データ本体(64byte=最小値=512bit)
フレーム間隔(ギャップ)=次のパケットまでの間隔(12byte=96bit)
------------------------------------------

100Mbpsで1ビット送るには
1/(100 x 10^6)=0.01マイクロ秒

という事は
プリアンブル=0.64マイクロ秒
フレーム=5.12マイクロ秒
フレーム間隔=0.96マイクロ秒

合計で6.72マイクロ秒
1秒間での転送可能なパケット数は
1/(6.72 x 10^6) = 148809

が根拠です。

スループット90Mbpsを歌う機種は溢れていますが、最大パケット148810ppsを歌う機種はそう無いと思います。ルータでは相当高価な機械でないと50000ppsどまりです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ウォー、すごい内容です(笑)。
パソコン雑誌じゃなくて、パソコンの専門誌を読んでいるようでした。ありがとうございます。

もっと聞きたいことが出てきそうですが、これ以上お聞きしても私がついていけません(笑)

参考にさせてもらいます。もっと勉強しなければ…

お礼日時:2003/09/22 17:52

速度だけをみるならばGATE01から直に他の方も仰るとおりスイッチングHUBで繋いだ方が速いかもしれませんね。



BROAD GATE01はどうか分かりませんが、BROAD GATE02ではISP側とお客を結ぶ間にルータが存在しません。
ただHUBから線が伸びてきているイメージです。
(実際にはL3スイッチがISP側に存在します。専門的なので割愛しますが)
恐らく、この設備の延長線上にGATE01も存在していると思います。

また、ルータを入れる場合ルータのパケット処理能力が問題になってきます。これはセキュリティの面を考えた際、フィルタリングを行われると思いますが、このフィルタリングの作業にはルータのCPUパワーを持っていかれます。フィルタの数も問題ですが
(専用チップを持ってるのもありますが個人用ではないので無視しときます)

話はそれますが、現在の企業LANなどでは社内でルータを用いて部署間を結ぶことはしません。L3を使います。それほど価格対比で考えるとルータはパケット処理能力が低いのです。

なおNTT系ならPPPoEというプロトコルを用いて接続を行いますが、これは相当のオーバヘッドがあります。
従って、100Mを完全に出すためには結構な処理能力が必要です。

とはいえ、インターネットに接続するならばルータを導入された方が正解だと思います。例えばwindowsでパッチを頻繁にかけているとしてNETBIOSのセキュリティホールが見つかったとするとパッチを当てる前に感染しそうですし(windowsのIPフィルターつかえという話はおいておいて)ルータ側でパケットを落としておいた方が安心です。
但しアホルータはお勧めしません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
非常に専門的なアドバイスで、若干分りかねる点があるのですが、よろしければお教えください。

1 L3スイッチとは何でしょうか?

2 >ルータを入れる場合ルータのパケット処理能力が問題になってきます。これはセキュリティの面を考えた際、フィルタリングを行われると思いますが、このフィルタリングの作業にはルータのCPUパワーを持っていかれます。フィルタの数も問題ですが

分ってらっしゃる方には、簡単なことなのでしょうが(笑)私には、何だかよく分からないのです。
申し訳ありませんが、お教えください。

お礼日時:2003/09/22 06:24

>セキュリティー面でハブは何の役にも立たないん


だいたいそんな感じですね。
セキュリティ性を考えるというのは難しいところがありますね。
究極のセキュリティ、それはオープンなネットに接続しない、クローズド(閉鎖された)ネットに接続する事ですね。
しかし、それでは同時にインターネットの利用を否定するものなので、難しいですね。

お考えのセキュリティは接続の状態を示すものかと思いますが、ルーターを利用しなくとも各マシンでの設定という方法もあるかと思います。
(IEのセキュリティの設定などあるかと)

一般に電器店などで販売されているルーターを使用してインターネットに接続すると、インターネット側からはルーター1台が接続しているかの様に見えますが、
ハブを利用した場合は、各マシンが接続して見えます。
この場合ルーターがプロバイダー側にあるといった感じになりますね。
プロバイダー側は多くの利用者に対応する為に、セキュリティ性は低くせざしかないと思います。

セキュリティ性と利便性は相反するものとなりますので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もありがとうございました。
「帯に短し、たすきに長し。(古い)」といったところですね。
悩みは深まるばかりですが、大変参考になりました。

お礼日時:2003/09/21 14:05

はじめまして。



単なるハブは接続されているホストに対して無条件にデータを流します。その情報がその
ホスト向けの情報でない場合そのホストに情報を破棄させています。
つまり、無駄なデータが回線を流れているわけです。

ところがスイッチングハブ(SHUB)の場合は、対象となるホストが接続されている場合のみ
データを流します。これにより通信速度のパフォーマンスは向上します。

企業などでは、ルータからSHUBを介してホストを接続する事が多いです。
ルータを入れるのはセグメントを分ける意味もありますが、セキュリティ対策にも十分な
役割を持たせている事も事実です。

自分としては、[ルータ]-[SHUB]経由で接続されるのが良いと思います。

セキュリティでいえば、ファイアウォール製品が入れば、なお強固になりますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
一つ認識不足の点がありました。単なるハブとスイッチングハブとは別物なんですか?
出来ましたら、もう少し初心者の私に分りやすいようにお教えていただけませんか?

お礼日時:2003/09/21 09:38

まず、ルーターの使用が認められているかが問題ですが、その辺りは大丈夫なのでしょうか。


プロバイダーによってはルーターの使用を認めていない所もあるので。
例えば、複数台のマシンを接続する場合は別途料金が必要な場合などは、ルーターの使用が禁止されている場合がありますが。

>ルーター未使用時よりも、逆に速度が若干でも
この辺りは使用する製品にもよるかと思います。
現状のルーターと呼ばれる製品は、ルーター単一機能の製品はあまり見られず、ハブ機能も有しているので、ルーター+ハブというのがルーターと呼ばれる製品になるかと思います。
(他にも色々機能が付加されてはいますが)
性能が同じ?なら、ルーターがハブに勝るという事は無いかと思いますが。

あと、ハブを勧める本当の理由に関してはわかりませんが、一つの可能性としてネットーゲームなどやビデオチャットなどルーター接続だと、特殊な設定が必要な場合(ポート開放など)があります。
その場合、機種ごとに設定が異なるのでその辺りのサポートを避けるために、などといった場合もありますが、いかがでしょうか。

お好みで選んでいいのであれば、どちらでもよろしいのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
確かにルーター接続にすると、色々な設定が必要になってくる可能性があって嫌なんです。(私は設定なんか、自分でしますが大嫌いなタイプ)
ただ、セキュリティー面でハブは何の役にも立たないんですよね?
そこが引っかかるんです。

お礼日時:2003/09/21 09:30

ANo.#1です。



BLOAD GATE01はタイプによっては、ルーターが必要ないようですね。失礼しましたm(__)m

でも、あった方が良いと思います。

先月から今月にかけて流行したBlasterのようなウィルスもありますから、不要なポートは遮断しておいた方が良いに決まってます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2度もアドバイスをしていただいて、ありがとうございました。
私もルーターがあったほうが良いと思っているんです。
ただ、設定するのが嫌いなだけなんです。

お礼日時:2003/09/21 09:46

本来、モデムとルーターとハブはそれぞれ、単機能な物だったのです。



モデム===ルーター===ハブ===PC

モデムにはLANポートが1つしかなく、ルーターにはモデム側1つ、ハブ側1つしかなく、ハブで複数のPCに振り分けていたわけです。

現在は、ルーターにスイッチングハブ機能が付いているものや、モデムにルーター機能+スイッチングハブ機能が付いているものがあります。

スイッチングハブ機能を持つルーターを買えばよいだけではないかと思います。(スイッチングハブだけでは複数のPCの接続は出来ないはずですが・・・。)
PC1台だけならルーターは必要ないですが、セキュリティ的にはあったほうが良いと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q太陽光発電の余剰電力の10年後の買い取り単価は?

昨年24年3月に太陽光発電設備を自家屋根に設置しました。10年間の東京電力への余剰電力の買取単価42円/kwhは確定してますが、10年後の余剰電力買取単価を知りたいのでどなたか教えてください。

Aベストアンサー

一応名目上は政府主導による余剰電力買取価格契約という事なので、電力会社の都合で中途破棄ということはない事になっています。
他の回答者が言ってるように東電がどうなるか判らないからどうだかなあっていうのには該当しません。
ただし政府がその条項を見直すという事になれば、高額料金で余剰電力を販売している側にとっては不利な条件になる事もありえます。

太陽光発電装置を取付して電力会社との系統連係をするにあたっての契約書面を良く見て下さい。
当面10年間の固定買取価格に関する契約となってるはずです。
言い換えれば10年間のみの契約です。
その10年間が過ぎた時点で今のままの設備でもって、それでも更に電力会社への売電を継続させたければ、その時代に取引されている売電単価で再契約をする事になります。
10年後にそのままほおっておくと自動的に料金的にはそうなるそうですが、再契約に関しては書面で交わす必要があります。
たぶん10年後には売るのも買うのも同じ料金になってるのはないかと言われています。
なので10年以上のローンを組んでまで買った人はセールスに騙された事に気付くのが10年後だということです。

一応名目上は政府主導による余剰電力買取価格契約という事なので、電力会社の都合で中途破棄ということはない事になっています。
他の回答者が言ってるように東電がどうなるか判らないからどうだかなあっていうのには該当しません。
ただし政府がその条項を見直すという事になれば、高額料金で余剰電力を販売している側にとっては不利な条件になる事もありえます。

太陽光発電装置を取付して電力会社との系統連係をするにあたっての契約書面を良く見て下さい。
当面10年間の固定買取価格に関する契約となってる...続きを読む

Qルーター入れたら速度低下しました

今までADSLモデムから直でパソコンにつないでいたのですが、HDDレコーダーがインターネット接続環境が必要なのでルーターを導入したところ、今までは8Mの契約で、局から遠いので1M程度の速度だったのが10分の1ほどに低下してしまいました。EditMTUをかけたところ、数値は今までと変わりませんでしたが、pingの間隔が伸びた気がします。導入したルーターはBUFFALOのBBR-4HG,HDDレコーダーは東芝のRD-XS57,本体スペックは頭がP4の3G、メモリ1,5Gです。ADSLモデムはNTTから貸与されてるものです。お分かりの方いましたらぜひ回答お願いします。

Aベストアンサー

 ルーターの電源を切り、完全に冷やしてから、もう一度試してみてください。よかったら、モデムの電源も一緒に落としてください。

Q太陽光発電の余剰電力について

どなたか専門家の方にお聞きします。

ホームページなどを検索すると,自宅の太陽光発電で昼間に発電された電力の余剰電力は,電線を逆流して周辺の家庭で消費されるようなことが書いてありますが,

逆流しても大丈夫なように何か細工がされているのでしょうか?

そして,本当にその余剰電力は有効に使われているのでしょうか?
もし,周辺の住宅が昼間に外出していることが多いとすると,
その余剰電力は貯めておくことができないから,その電力は無駄になってしまうのでしょうか?

仮に周辺の住宅で余剰電力を消費するようなことがあったとすると,
太陽光発電による電力は刻々と変化する不安定なものですから,
それが電力会社から供給する電力と混合されて消費されているとすると,
電力会社から供給される電力と,太陽光発電によって電線を逆流してくる電力を
混合して供給することになると思いますが,何か装置が電線に取り付けられているのでしょうか?

素人考えですが,あまりエコではない感じがしてならないのです。

このあたりがよく理解できていないので

売電が前提の太陽光発電システムを導入するのをためらい,
本格的な導入の前に,
実験的に自給自足型の独立型太陽光発電システムをD.I.Yで設置して,
昼間に発電した電力をAGMバッテリーに充電しておき,
リビングの照明を直流のLED照明に置き換えてわずかながら節電しているところです。

回答の方よろしくお願いします。

どなたか専門家の方にお聞きします。

ホームページなどを検索すると,自宅の太陽光発電で昼間に発電された電力の余剰電力は,電線を逆流して周辺の家庭で消費されるようなことが書いてありますが,

逆流しても大丈夫なように何か細工がされているのでしょうか?

そして,本当にその余剰電力は有効に使われているのでしょうか?
もし,周辺の住宅が昼間に外出していることが多いとすると,
その余剰電力は貯めておくことができないから,その電力は無駄になってしまうのでしょうか?

仮に周辺の住宅で余剰電力...続きを読む

Aベストアンサー

>逆流しても大丈夫なように何か細工がされているのでしょうか?

はい。パワーコンディショナに細工がされています。

>周辺の家庭で消費されるようなことが

はい。周辺の家庭で消費されています。

>その余剰電力は貯めておくことができないから,その電力は無駄になってしまうのでしょうか?

そんな事はありません。
例えば3KWhの余剰電力があっても、近所に300Whの電力を消費する家が10件あれば
収支は合います。
現在の太陽光発電の普及率はかなり低いので全く問題ありません。

>何か装置が電線に取り付けられているのでしょうか

太陽光の不安定よりも、家庭や工場などの消費の不安定の方がもっと多いです。
そして、その不安定を安定にするように火力発電所などの発電量を時々刻々と
調整しています。

私の独立型太陽光発電システムでは、PCのLCDモニタに使ってます。
ACアダプタで電力供給するモニターですが、DC電圧が12Vだったので
バッテリーから供給するようにしました。

Qパソコンのインターネット速度が低下しました。速度アップの方法を教えてく

パソコンのインターネット速度が低下しました。速度アップの方法を教えてください

Aベストアンサー

(1) 「ディスククリーンアップ」を実施する。

(2) 「デフラグ」を実施する。

(3)「CCleaner」をインストール(無料)し、無駄なファイルや領域を掃除する。

Q太陽光発電固定買取制度:余剰電力なんて出るんでしょうか?

太陽光発電システムで発電された電力のうち余剰電力(家庭で消費されなかった電力)を通常の電力料金の約2倍で買い取る制度が始まりましたが、実際に余剰電力なんて出るんでしょうか?
住宅の場合、一般的な設置容量が約3.5kW、年間の発電量はおよそ3500kWhだとメーカーのサイトでは紹介されていたと思います。通常の戸建住宅の家庭の年間消費電力はこれを大きく下回るものなのでしょうか?
当方、現在はマンション住まい、夫婦二人暮らし・共働きで年間1500~2000kWh消費しています。そこから考えた場合、戸建住宅を持つようなファミリーの場合、どうも大して余剰電力は発生せず、買取制度の恩恵もそれほど大きくないような気がするのですが…(全量買取制度に移行するという話もありますが、それはともかくとして)。
実際に太陽光発電システムを設置したことのある方や戸建住宅住まいの方、設置業者にお勤めの方、ご意見頂けませんか?
将来的に設置する可能性を考えてみたのですが、ふと上記の疑問に思い至りました。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

余剰電力といっても、総量での「余剰」ではなく、瞬間的に消費よりも発電が多ければ売電になるし、逆であれば買電になります。
昼間人がいなければ、冷蔵庫やら何やらの待機電力で、0.2~0.4kwh位の消費にしかなりません。テレビを見てもプラス0.1~0.2kwh、エアコンをつけたらプラス1~2kwです。昼間の発電は3.5kwシステムだと、10時~14時位の間は3kwh位は発電しますので、十分に売電はできます。

参考URLの方の場合、4.8kwシステムで、年間消費電力が6,807kwh、発電は5,692kwhですが、売電量は4,171kwhあります。

参考URL:http://yes-net.ddo.jp/myhome/page2/128.html

Qハブとハブとハブの接続について

会社内のLAN配線についての質問です。

一台のルータより、まずバッファローのハブ(LSW3-TX-8NP)につないでいます。このハブ(1)に5台のPCとまた同機種のハブ(2)につないでおります。またこのハブ(2)から5台のPCと同機種のハブ(3)につなぎ、ハブ(3)からPC5台に繋げております。ハブ(1)につなげたPCは普通に繋がるのですが、(2)、(3)のハブに繋げたPCは全く繋がりません。

本来ルーターから3台のハブに繋げた方がいいのでしょうが、建物の構造上このような接続しかできません。

そこで質問ですが、この接続で問題ない(どこかの線が悪いのか、ハブが壊れている)でしょうか?それともハブ同士を接続するのはダメなのでしょうか?またはハブの機種が悪いのでしょうか?どのようにすればすべてのPCに接続できるようになるか教えてください。

当方、初心者ですので、分かりやすく教えていただると、大変助かります。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

AUTO-MDI/MDI-Xのはずなんでどこに繋いでもいいのですが、まれにポートを認識しない場合があります。特に安いHUBは。

2HUBと3HUB全部ダメ、1HUBのPCがOKならば、1-2間のケーブルを交換するか1に挿しているポートを変えて試して下さい。
なお上流から電源入れないとダメだったこともあるので、一応、HUB1・2・3で電源投入してみてください。

Q新電力会社(PPS)の料金設定

関西電力管内にて鋳造業を営んでいます。
電気料金が4月から13%程の値上がげとの通達があったのでPPSへの見積をお願いしました。
結果3%程安くなるとの回答だったのですが、どうにも腑に落ちません。
現在100の関電価格が113になり、PPSは97から110となるようです。
結果10%は上がることになります。

PPSも関電の値上げと共に値上げをするようなのですが、なぜこうゆう事になるのでしょうか?
今回の関電の値上げは原油安の中の出来事であり、企業体質も改善されたようには見えない等納得のいくものではありません
電力自由化とは企業競争の場だと思っていたので、なぜPPSも同じだけ価格改定するのかがよく解りません。
どなたか回答お願い致します。

Aベストアンサー

自由競争では価格は原価ではなく、需要と供給できまります。

PPSは関西電力に比べて供給力(発電)が小さいため、需要が多いと対応できません。 いまは1円でも安い電気を求める顧客が多いので、関西電力より3%安ければ、充分な顧客を確保できるという判断です。 あまり安くすると、受注を断ることが多くなります。

PPSが自前の供給力を超えて顧客に供給しなければならない事態になった場合、関西電力に足りない分を代わりに供給してもらうことになります。これを振替供給といいますが、その単価は非常に高いため、販売価格より仕入れ価格が高くなり、PPSは赤字になってしまいます。 このようなことを避けるためにも顧客をあまり増やすことができません。 このため、価格をあまり安くすることはできません。

関西電力の供給シェアが大きいため、市場における価格決定権は関西電力にあるということです。

Q有線ルーターのセキュリティー

有線ルーターを接続して2台のPCでインターネットを利用していますが1号機はウイルスバスターを利用してファイアーウォールをホームネットワークで設定していますが、2号機は、全くの無防備状態でルーターのセキュリテイーシステムのみの状態です。2号機に関しては定期的に(週1か2週1回程度)ブロバイダーで公開されているウィルスチェックを利用していますが今のところ感染はしていません。WINDOWS UPDATEも自動です。しかし不正アクセスについてはルーターのみの状態で市販のウィルスソフトのようにアップグレードなどが頻繁にあるわけではないので信憑性に欠けるような気がするのですがいかがなものでしょうか?ルーターを使用する前は不正アクセスの警告メッセージも頻繁に出ていましたが使用後は確かになくなりました。ルータはBUFFALO Broad Station BBR4-MGですよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ルータを入れることでポートのフィルタリングを行っていますしNAT変換などの部分でLAN内部に進入される可能性はかなり少なくなります。
ですからある程度はこれでも大丈夫です。
ただ、ウィルスに対してはルータを使ってもセキュリティはあがりませんのでその意味でウィルス対策ソフトを入れているのだったら舞う大丈夫ですよ。
もちろんPCにもファイヤーウォールソフトを入れることで門(ルータ)と玄関(PCのファイヤウォールソフト)の2重に鍵をかけるということでより安全性は増しますが。まぁ通常はハッカーなどもよっぽど重要でほしい情報があるとわかっていないところだったら時間をかけて進入しようとはしませんので大丈夫だと思います。
ただ、より高い安心感をセキュリティソフトを買うことで得ることはできるということですね。

QPPSから電気を買う場合の電線費用

今はPPSは法人相手の大口しか対象にできないみたいですが、
もしかしたら何年か後には、
マンションなどにも売るようになるかもしれません。

この時電線使用料は、
誰がどういう風に決めるのでしょうか?
負担はPPSで電力料金上乗せの可能性が
高いと思いますけど、
知りたいのは、決まり方です。
例えば電力会社が総括原価方式で決め、
適正(とされる)利益を上乗せして決めるのでしょうか?
これが高いと浸透は遅れると思います。

マンション一括受電業者の中には、
今成功しているPPSと関係の深い業者もありますから、
気にしておく方がいいと思っています。

Aベストアンサー

去る6月11日に改正電気事業法が成立し、2016年から電力小売りは全面自由化されることに決まりました。すでに50kW以上は自由化されており、マンション一括受電していれば、PPSから電気を購入することは現時点でも制度的には可能です。
現状では、まだPPSの供給規模は電力会社に比べると圧倒的に小さいので、すぐに買えるようにはなっていません。

さて、送電線や配電線を電力会社から借りるときの使用料を託送料金といいます。
託送料金の算定方法は電力会社が計算した原価をもとに決めています。
いわゆる総括原価方式といっていいと思います。詳しくは以下を参照してください。
http://www.lawdata.org/law/htmldata/H18/H18F15001000002.html
http://www.tepco.co.jp/corporateinfo/provide/engineering/wsc/ryoukin-j.pdf

託送料金はPPSの電気料金の中に含まれますので、PPSから電気を買うときにユーザーが電力会社に支払う必要はありません。
PPSが電力会社に支払うものとしては託送料金のほかに、振替供給の費用があります。
振替供給とは、PPSの発電が故障や点検などでユーザーへの供給よりも少なくなった場合に、電力会社が足りない電力を肩代わりして、供給するものです。
振替供給の電力単価は非常に高く設定されているので、PPSとしては発電能力に余裕が無いと、赤字になってしまいます。

去る6月11日に改正電気事業法が成立し、2016年から電力小売りは全面自由化されることに決まりました。すでに50kW以上は自由化されており、マンション一括受電していれば、PPSから電気を購入することは現時点でも制度的には可能です。
現状では、まだPPSの供給規模は電力会社に比べると圧倒的に小さいので、すぐに買えるようにはなっていません。

さて、送電線や配電線を電力会社から借りるときの使用料を託送料金といいます。
託送料金の算定方法は電力会社が計算した原価をもとに決めています。
いわゆる総括原...続きを読む

Qモデムとルーターとハブ

こんばんは。
あまり詳しくないのですが、自分である程度把握しなくてはならくなり、こちらに投稿します。
モデム、ルーターとは何をする機器でしょうか?一応ハブはある程度判ります。ただルータにもハブのようにLANを接続できる場所が何個かあるのですがそれはルータもハブの機能があるということでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

モデム
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%A0

ルーター
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC

>ただルータにもハブのようにLANを接続できる場所が何個かあるのですがそれはルータもハブの機能があるということでしょうか?

ハブを内蔵している(組み込まれている)ルーターなんです。もちろんハブを内蔵しておらず、コネクタが1つだけのルーターも存在します。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報