ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

お世話になります。どなたかお力をお貸しください

CISCO800シリーズの設定をしています。
interfaceの設定を行おうと思ったら次のメッセージが出てしまい設定することができません

Ruter(config)#interface bri 0:1
% Cannot access B-channel interfaces

bri 0 のみの時は設定できますが、 bri 0:1ですとアクセスできません
すみませんがどなたか援護願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

まずIOSのバージョンとフィーチャーセットを記述したほうが良いと思います。



さてどのような設定をしようとしてるのでしょうか?
64k専用線での接続でしたら下記のような設定でOKです。
----
isdn switch-type ntt
isdn leased-line BRI0

interface Ethernet0
ip address 192.168.10.1 255.255.255.0

interface BRI0
no ip address
shutdown

interface BRI0:1
ip address 192.168.20.1 255.255.255.0
encapsulation ppp

interface BRI0:2
no ip address
shutdown
----

128k専用線の場合はbri0:1の記述は必要がありません。下記を参照してください。
----
isdn switch-type ntt
isdn leased-line BRI0 128

interface Ethernet0
ip address 192.168.10.1 255.255.255.0

interface BRI0
ip address 192.168.20.1 255.255.255.0
encapsulation ppp
----

上記の設定でもダメでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

isdn leased-line を64に変更したら、設定できました。ありがとうございました。

no isdn leased-line BRI0 128
reload

isnd leased-line BRI0

としたらできました。

お礼日時:2003/09/25 08:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QVLANインターフェースがDownする状況

有識者の方アドバイスを頂けたらと思います。

物理インターフェースに異常がない前提で、論理インターフェースであるVLANインターフェースがDownする状況ってどんな状況があると思いますか?

Aベストアンサー

catalystに限った情報でよろしければ以下のとおりです。
(1)対象のVLANが作成されていない。
(2)VLANメンバーのL2ポートが全て落ちている。

確認&対策としては

switch#show vlan で対象のvlanがエントリされていて、物理ポートがメンバーに加わっていることを確認する。
→エントリされていなかったらvlanを作成、メンバーが足りなかったら追加。

switch#show interface status  でポートの生き死にを確認する。
→あがっていないポートを生かす。(ケーブルを挿すとか。)

vlanインタフェースを作ったときにvlanを自動的に作成してくれるかは機種依存のようですので、ご確認を。

QPING送信時のUUUとQQQについて

cisco機器を使っています。
初歩的な質問で恐縮なのですが、PINGを打っている際に時々出力される
「 U.U.U 」と「 QQQQQ 」の意味について解説して頂ければと思います。
Ciscoサイトも調べたのですが、「PDU が受信した宛先到達不能エラー(U.)」
「ソース クエンチ(宛先がビジー状態)(Q)」・・・とありますがイマイチ要領を得ません(勉強不足でお恥ずかしい…)。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

PDU=Protocol Data Unit
いわゆるプロトコルが扱うデータの単位 パケット フレーム セルとういうものの総称です
Pingを打った場合 エコーパケットというPDUが送信されます
エコーパケットにはTTLで30という数字が付加されており 30個のノード(サーバやルータ等の機器)を通過中に相手先が反応した場合 返送パケットとして戻ってくる訳ですが 30個のノードを通過しても相手先が無い場合 PDUは『相手は無いよ~』というエラーデータを持ち帰ります

ソース クエンチとは日本語で始点抑制要求と呼ばれます
相手先のバッファが枯渇または処理が間に合わない状態の時に送信元に対して 発信速度の抑制を求める信号です

まとめると
(1)相手先が無ぇよ!
(2)おめえ早ぇぇよ
とパケットが言ってるんですね

QDSUとONUの違いは何ですか???

DSUとONUって違いは何でしょうか?
ATMサービスの場合、DSUが2芯式、ONUが1芯式ってのはわかるんですが、
「高速デジタル専用線だとDSU、DA1500、DA6000だとONU」ですよね?
この違いがわからないですけど...。
ご存知の方いますか?
(1)機器構造上の違い
(2)ネーミング時の違い
(3)役割の違い
いろいろとあるかとは思いますが、いまいちよくわかりません。
ご存知の方は是非教えて下さい。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ネットワークエンジニアとして法人ユーザのLAN、WAN構築をしています。
専用線をひくときのDSUとONUの違いって気にしたことがなかったですねぇ(^^;

さて、
DSU=メタルケーブル
ONU=光ファイバー
と思ってる方もいますが、それは違います。

たとえば「INS1500」は光ファイバーなんですが使用するのは「DSU」です。

やはり1芯と2芯の違いではないでしょうか?

ちなみにデジタルアクセス(DA)って、実はATMなんです。しかも1芯式を使ってます。高速デジタル専用線(HSD)は2芯式だと思いました。

DAが(HSDと比べて)安い理由として、1芯式を使っているからということを聞いたことがあります。(2芯の方が高いんです)

ちなみに芯数の違いによって伝送方法が違うのはご存知ですか?
1芯式は、Passive Double Star方式。(最大44Mbps)
2芯式は、Single Star方式。(最大135Mbit/s)

業務上専用線を取り扱うことが多いので、一応「専門家」とさせていただきました。

ネットワークエンジニアとして法人ユーザのLAN、WAN構築をしています。
専用線をひくときのDSUとONUの違いって気にしたことがなかったですねぇ(^^;

さて、
DSU=メタルケーブル
ONU=光ファイバー
と思ってる方もいますが、それは違います。

たとえば「INS1500」は光ファイバーなんですが使用するのは「DSU」です。

やはり1芯と2芯の違いではないでしょうか?

ちなみにデジタルアクセス(DA)って、実はATMなんです。しかも1芯式を使ってます。高速デジタル専用線(HSD)...続きを読む

QDSUとTAの間の「終端抵抗」の役目

私が最近中古で買ったTA(DSU内蔵していない。)の説明書に、DSUとTAのつなぎ方の図が載っています。
その図にはDSUとTAを、直接、TA付属のモジュラーコードでつなぐように書いてあります。(しかし、言葉で「直接」とは書いてはいない。)

ところがすぐ次のページに、DSUとTAの間に「ローゼット(終端抵抗あり)」というものを入れるような図が書いてあります。

私は最初、DSUとTAを直接つないでいましたが、
インターネットに接続してページを見ているときに、よく切断されるような異常がありました。
「もしかして、終端抵抗ってものが必要なのかな」と思って、
安くもない「終端抵抗内蔵型モジュラーローゼット」なるものを買ってきて、
間に入れてみました。
しかし、状態は改善されませんでした。

素人目には、概観はLANケーブルどうしをつなぐ中継用の「アダプタ」をおおきくしたようなものです。
ふたを開けると中に、ON・OFFのスイッチがあり、ONになっていましたので、そのままにしました。(終端抵抗あり、という意味だとおもいます。)

私が知りたいのは、
・終端抵抗というものはどのような役目をしているのか
・入れる場合と入れないばあいではどうちがうのか
ということです。

ちなみに、わたしのばあい、間に入れても入れなくても、時々切断される異常はかいぜんされないので、なにがどう違うのか、わかりません。

ところで、時々切断される異常に関しては、下記で質問しているので、その回答はそちらでお願いします。(終端抵抗に関する回答ならば、ここでもかまいませんが。)

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=120947
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=120947

私が最近中古で買ったTA(DSU内蔵していない。)の説明書に、DSUとTAのつなぎ方の図が載っています。
その図にはDSUとTAを、直接、TA付属のモジュラーコードでつなぐように書いてあります。(しかし、言葉で「直接」とは書いてはいない。)

ところがすぐ次のページに、DSUとTAの間に「ローゼット(終端抵抗あり)」というものを入れるような図が書いてあります。

私は最初、DSUとTAを直接つないでいましたが、
インターネットに接続してページを見ているときに、よく切断され...続きを読む

Aベストアンサー

No.1のymmasayanです。補足にお答えします。

> 終端抵抗って、端っこにつけるものですよね。
なんで説明書にはDSUとTAの「間」に入れるような図が載っているのでしょうか。

おっしゃる通り不可解ですね。でも正しいのです。
実は、No.3でhimitsuさんがおっしゃっている通りなのですがもう少し補足します。
通信の場合には通信の相手(グループ)というものが重要です。
(INS64回線--DSU--TA--PC)という接続では通信の仲間が3グループあるのです。
(1)電話局のDSU--INS64回線--DSU というグループ
(2)DSU--TA というグループ
(3)TA--PC というグループ

これらの3つのグループはそれぞれ別の通信ルールで通信しています。
(1)を飛行機、(2)を列車、(3)をバスと思って下さい。
私たちは、飛行機、列車、バスを乗り継いで旅行します。しかし3つの交通機関は
相互乗り入れできませんから仲間ではありません。接続(中継)しているだけです。

元に戻って、(2)のグループについて考えます。
(2)のグループでは DSU--TA--TA--TA という接続が許されています。
この時終端抵抗は最後のTAの入口に付けます。(これが終端の意味ですね)
TAが1個の場合には終端抵抗はそのTAの入口に付けるのは当然ですよね。

終端抵抗は、本当に、ケーブルの最後につけるやり方と、最後の機器の入口につけるやり方がありますが、その理論については説明を省きます。今回は、最後の機器の入口につけるやり方なのです。

No.1のymmasayanです。補足にお答えします。

> 終端抵抗って、端っこにつけるものですよね。
なんで説明書にはDSUとTAの「間」に入れるような図が載っているのでしょうか。

おっしゃる通り不可解ですね。でも正しいのです。
実は、No.3でhimitsuさんがおっしゃっている通りなのですがもう少し補足します。
通信の場合には通信の相手(グループ)というものが重要です。
(INS64回線--DSU--TA--PC)という接続では通信の仲間が3グループあるのです。
(1)電話局のDSU--I...続きを読む

QCiscoルータを初期設定(工場出荷)に戻すには

Ciscoルータを初期設定(工場出荷)に戻すにはどうすればいいのでしょうか?enableパスワードがわかる場合とわからない場合で教えていただければとおもいます。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

Ciscoルータは他のルータと違ってマニュアルなどもついてないので初心者には大変ですよね(^^;

enableパスワードがわかるなら特権モードに入った状態で「erace startup-config」と入力します。
※ただしIOSのバージョンが古い場合は上記のコマンドが使えないので「write erace」と入力してください。

上記コマンドを入力した後再起動「reload」すればOKです。


次にenableパスワードがわからない場合。これは厄介ですね。
ルータのレジスタをいじるので注意が必要です。
下記URLにCisco2500の初期化方法が紹介されているので参考にしてください。

参考URL:http://bird.dip.jp/computing/cisco.html

Q拠点間WANなどでの『専用線』とは実際に現物はどういうものですか?

基本的な質問で恐縮ですが、
企業の拠点間などでLANを構築する時に「専用線を引く」と言いますが、
「専用線」とは実際に(物理的には)どのようなものなのでしょうか?
いわゆるLANケーブルが地中を張っていると思って良いのでしょうか?
すると、企業の注文ごとにケーブルを引っ張っていたら、とんでもない本数になって、おさまりきらないのでは? 
また海を挟んだ場合はどこを通るのでしょうか(海底?)。敷設工事は大変なのでは?
・・・という疑問を持っています。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは
> 企業の拠点間などでLANを構築する時に「専用線を引く」と言いますが、
> 「専用線」とは実際に(物理的には)どのようなものなのでしょうか?

基本的に、【光ファイバ】でやってきます。
(一部メタルもあります)

各ビル内の集合PD 盤までの引き込みは、24心(本)などのまとまった単位で行います。
契約のたびに敷設していては、工事コストがかさみ、
Sin までの期間が長くなってしまいます。

また、局舎までの経路も2経路用意されており、
伝送路の光ケーブルが破断するような障害時に、
(手動ですが)通信経路を切り替えられるように敷設されています。

そしてPD 盤は、各階に設置された子PD 盤に対しても複数本の光ファイバを敷設し、
今後の拡張や障害対応用に予備線として扱われます。

例えばNTT の場合、以下のような接続イメージになります。

NTT局舎|---/伝送路/---|ビル[集合PD盤]--[各階PD盤]--[DCE]--[通信機器]

もちろん、新規に敷設が必要な場合には、敷設工事が行われます。


> いわゆるLANケーブルが地中を張っていると思って良いのでしょうか?

LAN ケーブルとしても使用されている光ファイバ(SMF)が、
地中や空中を経由します。
http://www.kkr.mlit.go.jp/naniwa/03/07-02.html
http://jammit.hp.infoseek.co.jp/haidenn%82%8E%82%9401.html

> 企業の注文ごとにケーブルを引っ張っていたら、とんでもない本数になって、おさまりきらないのでは?

UTP よりも細い光ファイバです。
UTP は8本のメタル線ですが、光ファイバはこのメタル線1本よりも細いです。
http://www.furukawa.co.jp/optcom/optcable/wb8tme.htm
http://www.hitachi-cable.co.jp/products/telecom/fiber/

> 海を挟んだ場合はどこを通るのでしょうか(海底?)。敷設工事は大変なのでは?

もちろん海底ケーブルです。
日本アメリカ間も光ファイバが海底通信ケーブルとして敷設されています。

もちろん複数本の通信ケーブルを敷設しますが、
海底ケーブルの終端はWDM などの光多重装置で、
1本で送受信可能な通信量を増強し、通信効率を上げています。
また、通常光通信は規格上5kmまでの通信距離ですが、
光増幅装置と各機器のサポート距離によって、
通信距離を延長しています。

海底ケーブルについては、少し古いですが以下のページが参考になると思います。
http://bb.watch.impress.co.jp/column/infra/2001/10/04/
http://bb.watch.impress.co.jp/column/infra/2001/10/10/
http://bb.watch.impress.co.jp/column/infra/2001/10/17/
http://bb.watch.impress.co.jp/column/infra/2001/10/24/
http://bb.watch.impress.co.jp/column/infra/2001/11/01/

また、NTT のサービステクノロジーを学ぶ場合、
以下のような「技術参考資料(通称:技参資(ギサンシ))」を是非ご覧ください。
http://www.ntt-west.co.jp/info/gisanshi/

こんにちは
> 企業の拠点間などでLANを構築する時に「専用線を引く」と言いますが、
> 「専用線」とは実際に(物理的には)どのようなものなのでしょうか?

基本的に、【光ファイバ】でやってきます。
(一部メタルもあります)

各ビル内の集合PD 盤までの引き込みは、24心(本)などのまとまった単位で行います。
契約のたびに敷設していては、工事コストがかさみ、
Sin までの期間が長くなってしまいます。

また、局舎までの経路も2経路用意されており、
伝送路の光ケーブルが破断するような障害時に...続きを読む

Qpingは正常なのにtracerouteで応答なしって・・・

以下のようなNW構成なのですがpingは通るのにtracerouteは無応答です。
---- Router ---- L2SW ---- L2SW ---- Host
    (Cisco)              (Redhat Linux)

◇RouterからHostへのpingは正常
◇RouterからHostへtracerouteを実行すると無応答「***」となる

この場合、どのような原因が考えられるのでしょうか。
また、切り分け方法なども教えて頂けると大変助かります。

Aベストアンサー

こんにちは.

既に皆さんから答えが出ていますが,tracerouteはicmpまたはudpを使います.どちらなのかは物によって異なります.

今回の場合,Linux側はicmpには返答するようなので,icmp(のEcho Request)は許可しているが,tracerouteで使うudpポートは拒絶しているのでしょう.

よって,Cisco側でicmpで送るか,Linux側でudpポートを空ければ良いと思います.(Linux側で確認するのが手っ取り早いかも)

Qciscoルータにshow logを入力した結果

ciscoルータにshow logを入力し、その出力結果の日付の左に
「*」が付いている行と「.」が付いている行があったのですが
何か違いがあるのでしょうか?
よろしくお願いします。

例:
*Mar 1 00:19:20.307
.Mar 1 00:19:20.307

Aベストアンサー

アスタリスクはともかく、言われてみるまでドットの存在には気づきませんでした
疑問自体はこの辺で解決してもらえるかと。

https://supportforums.cisco.com/thread/29598
http://www.ccstudy.org/cgi-bin/wforum.cgi?mode=past&page=10&word=%83%8D%83O&view=10&cond=&pastlog=0002
http://www.firewall.cx/ftopicp-30093.html?PHPSESSID=f80ff2e2430bbdef5bde405a65e8938b

肝心の本家リファレンスがまだみつけられていないのですが・・・


人気Q&Aランキング