100トンの圧力能力がある油圧プレスですが、100トン表示をキロニュートン表示に換算するといくつになるのでしょうか!?

  1トン →      キロニュートン
 10トン →      キロニュートン
100トン →      キロニュートン


換算式も分かると助かるのですが!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

換算は1Kgf=9.80665Nですから、1000Kgf(1トン)=9.80665KNです。

あとは計算してください。

それから、トンは質量の単位です。プレスなどは力の単位ですのでKgfを用いるべきです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました!!

お礼日時:2011/04/12 00:38

K(キロ)というのは1000倍です。



なので、変換後の単位はニュートンなので、重力加速度をかけます。

1[N]=1000[Kg]*9.8[m/s2]

なので、9.8キロニュートンじゃありませんか?

10トンなら10倍で、98キロニュートン。
100倍なら100倍で、980キロニュートン

じゃありませんか?
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございました。
助かりました!!

お礼日時:2011/04/12 00:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地盤調査で質問です。 キロニュートン? とかいう単位? を提示されまし

地盤調査で質問です。 キロニュートン? とかいう単位? を提示されました。 30キロニュートン以上だと問題ない、といわれましたが大丈夫でしょうか? で、実際に調査したら少し深い部分だと丈夫らしく、基礎部分を50CMほどさげて施工すれば地盤改良しなくて大丈夫、

Aベストアンサー

通常、基礎形式が布基礎なら地耐力30KN/m2以上なら一応大丈夫です。
基礎形式により対応地耐力が違います。
建築設計において設計者は、地耐力に応じて基礎形式を決め設計する事となります。

地耐力と基礎形式の関係
地耐力20KN/m2未満の場合、杭基礎形式
地耐力20~30KN/m2の場合、ベタ基礎または杭基礎形式
地耐力30KN/m2以上の場合、布基礎及びベタ基礎または杭基礎形式

基礎施工における布基礎の根伐り深さ
基礎砕石地業の底までは、GL-450~500mmが最低深さとなります。
質問の場合は、地盤改良の必要は小さいと判断できます。

ご参考まで

Q地下核実験は1キロトン以下だと陥没は起こらない?

http://www004.upp.so-net.ne.jp/weapon/nk-nuke.htm

↑こちらの記事を見ると地下核実験の際、1キロトン
以下だと、地面の陥没は出来ないんですか?

ついでに分かればで良いのですが、例えばレアメタル
かその他未知の金属で地下を囲って、そこで核爆発
をした場合、仮にその上にビルや公園、民家などが
あっても陥没しないと思いますか?

Aベストアンサー

 1キロトン級の核実験ですが、核反応物質がほぼ完全に核分裂を完了した爆発だったのか、それとも、一部の核反応物質が核分裂しただけの不完全な爆発だったのかがわからない以上、断定的な結論は出せません。

 比較的浅い地中で核実験をおこなうと、激しい地震が起こり、地上にある建造物が倒壊したりなど、被害を受ける事はあり得ます。

 米国の核実験場での核爆発では、地層が地上に飛び出して来るほどの爆発が起こっていましたし、爆発規模が小さいから安全というわけではありません。

 核実験場の上は実験に失敗すると、ガス状の放射性物質が地上に噴き出して来るなど、危険が大きく、陥没しなければ安全などという事はありません。

 核実験に関しての詳しい資料は以下のリンクを参照してください。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%B8%E5%AE%9F%E9%A8%93

Q音を出さないのになぜ衝撃波が発生するのか

音速を超える飛行機が衝撃波を出すのは飛行機がエンジン音を出すからだと思って
いました。ホイヘンスの原理によって音波が波面を作り、それが衝撃波になると
理解していました。

しかし銃で撃つ弾丸も衝撃波を出すのだそうです。弾丸は音を出さないのに
なぜ衝撃波を出すのでしょうか。この前のロシアに落ちた隕石も衝撃波を
出しましたが、隕石は音を出さないと思います。

 音を出さないのになぜ衝撃波が出るのでしょうが。
 また、ソニックブームと呼ばれる現象と衝撃波はどう違うのでしょうか?

ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

衝撃波も波の一種で、必ずしも音には限らないのですが音だけについて考えると。
音は媒体を伝わる波です。ホイヘンスの原理は良く分かりやすいように横波で説明されていますが、音は圧力が伝わる(縦)波です。
 ある点の圧力が高くなると、その圧力は媒体の構成粒子の反発/衝突によって周囲に広がっていきますが、その伝搬速度は媒体固有の速度(音速)になります。
 もし、その圧力の発生源がその速度を超えると円錐状にホイヘンスの原理により圧力の高い部分が重なってしまいます。その重なった円錐面が衝撃波と呼ばれる部分です。したがって、
「弾丸は音を出さないのに・・・・隕石も・・・音を出さないと思います。」
という前提がそもそも間違っています。
 弾丸も隕石もその先端や後端などでは圧力の変化がありますから、その圧力変化は音として伝播していきます。弾丸も隕石も音を出しています。

 航空機の衝撃波も機体や翼の先端の圧力変化による音(圧力の伝搬/粗密波)が伝わる速度よりも、音源(発生源)が早く移動するために発生します。

 これは音波に限らず水面の波でも起きます。水面の波の発生源が波の進行速度より速いと衝撃波(これは音の衝撃波ではありません)が発生している事は観察されているのでは・・・モーターボートの先端と後端によく見られますね。
・モーターボートの波(水面波の伝搬速度より船の速度が大きい--水面波の衝撃波)
・チェレンコフ光(その媒体中の光速よりも粒子の速度が速い--電磁波の衝撃波)

衝撃波も波の一種で、必ずしも音には限らないのですが音だけについて考えると。
音は媒体を伝わる波です。ホイヘンスの原理は良く分かりやすいように横波で説明されていますが、音は圧力が伝わる(縦)波です。
 ある点の圧力が高くなると、その圧力は媒体の構成粒子の反発/衝突によって周囲に広がっていきますが、その伝搬速度は媒体固有の速度(音速)になります。
 もし、その圧力の発生源がその速度を超えると円錐状にホイヘンスの原理により圧力の高い部分が重なってしまいます。その重なった円錐面が衝撃...続きを読む

Qフェンスや平らな壁に100キロ以上出してる車が正面衝突したら、人は死にますか? (カーレースなどであ

フェンスや平らな壁に100キロ以上出してる車が正面衝突したら、人は死にますか? (カーレースなどであんなにもスピードを躊躇なく出してるんで、この質問をしました)(説明下手ですみません)

Aベストアンサー

奇跡的に助かる事もありますが,前提としては100%死ぬと考えるべきです。

 こう言っては何ですけど,一般的に車が出している時速60kmだって,
ビルの5階あたりで今にも落ちる環境と似たもの。
 再計算はしていないけど,今は知らないけど,時速〇kmは△mの高さから
落下するのと同じ衝撃だと教本には書いてあった。
(車のボディとかエアバックで守られるにしても)

 スピードより,車をコントロールできるかどうかの話でしょう。

 レーサーはその位の技能がある。ただし,我々が公道を運転する上では
限界に近い運転はしない。例えば80%の力を最大に運転しているかもしれないけど,
彼らは99%前後の力で運転しているかもしれません。
(数字は大袈裟かもしれない。あくまで例的に)

Q戦闘機などが起こす衝撃波

戦闘機などが起こす衝撃波
衝撃波は物体が音速で移動したときの風圧だと聞いたんですがそれは正しい答えなのでしょうか?
物体が起こすなら何故爆発で衝撃波が生まれるのですか? 戦闘機が音速飛行した瞬間に壁を突き破るような現象が起こります sonicboomと書いてあったんですが衝撃波なのでしょうか? 衝撃波とはどうやって生まれるものなんですか? あと音速で動いたのになんで風で衝撃波が生まれるのですか? マッハ1の衝撃波は風速何メートルですか?
いくつか疑問をまとめました しっているものだけでいいので回答お願いします
あとソニックブームが生まれても戦闘機は無傷なんですか?

http://www.youtube.com/watch?v=QX04ySm4TTk&feature=related

Aベストアンサー

>衝撃波は物体が音速で移動したときの風圧だと聞いたんですがそれは正しい答えなのでしょうか?

いいえ、正しくありません。

そのため、それが正しいとすると・・・という以降の質問が意味を成しません

衝撃波 shock wave
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/108131/m0u/%E8%A1%9D%E6%92%83%E6%B3%A2/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%9D%E6%92%83%E6%B3%A2

sonicboom は衝撃波によって発生する二次的な現象の事であって衝撃波の事ではありません。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%96%E3%83%BC%E3%83%A0

>あとソニックブームが生まれても戦闘機は無傷なんですか?
壊れないように頑丈に作っているからです。
その昔は、"音(速)の壁"を越える超音速航空機を作ることは困難と言われていた時代もあったくらいです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%B3%E3%81%AE%E5%A3%81

>衝撃波は物体が音速で移動したときの風圧だと聞いたんですがそれは正しい答えなのでしょうか?

いいえ、正しくありません。

そのため、それが正しいとすると・・・という以降の質問が意味を成しません

衝撃波 shock wave
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/108131/m0u/%E8%A1%9D%E6%92%83%E6%B3%A2/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%9D%E6%92%83%E6%B3%A2

sonicboom は衝撃波によって発生する二次的な現象の事であって衝撃波の事ではありません。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%8...続きを読む

Qこんにちわ、油圧関係の仕事を やっているのですが、油圧ポンフ ゜のエア

こんにちわ、油圧関係の仕事を やっているのですが、油圧ポンフ ゜のエアを吸う理由等がいまい ち分からないんです。まず僕の 頭の中だとポンプの吸い込み側 でフィルターのつまり等で負圧 が大きくなって油中の 空気が分 解されてそのまま空気を吸い込 むと言う風に考えておりました、しかし先日参考書にポンプの エアの吸い込みに付いてこのよ うな記述がありました「ポンフ がエアを吸い込むのは吸入圧力 不足で、原因として吸入ライン の抵抗増、タンクのヘッド圧不 足等が考えれる」と。 吸入圧力 が不足するのなら油と空気を分 離するような圧力は発生しない んではないでしょうか? あとホ ンプ吸入ヘッドが低いとエアを 吸い込みやすいとも書いており ました、私はヘッドが低い方が ポンプが吸い込みやすいように 思うのですが。ポンプがエアを 吸い込む理論などどなたかご指 導をよろしくお願いいたします

Aベストアンサー

こんにちわ!
油圧関係のことは全然知らないのですが・・・・

先ず、とりあえず油の中に溶解している空気のことなど忘れてください。 それが第一条件。

そうすると油圧ポンプが空気を吸い込むのは、油圧ポンプの吸込み管のどこかで空気を吸い込んだからです。
吸込み管の正圧のところで空気を吸い込む筈はないので、負圧部分ということになります。

「吸入ラインの抵抗が増えれば、例えばポンプ吸込部で+50kPa(gauge)だとしても抵抗が大きいから吸入部から離れれば
-50kPa(gauge)となり、フランジなどなどから空気を吸い込む」

「タンクのヘッドが+50kPa(gauge)の筈が不足して-50kPa(gauge)なら負圧だから空気を吸込む可能性がある。

参考書に書かれている通り、これだけの話です。

これで納得できなければ、油の中にどれだけの空気が溶解できるか調べてください。

厳密性を求めて、影響が小さくても原因要素を追及するのも重要ですが、先ずは影響が大きい原因要素の追及が
先で、それが終わってからにすべきだと思います。

Q衝撃波とソニックブームについて質問させていただきます。

衝撃波とソニックブームについて質問させていただきます。
教えて!goo内を見てみましても、統一された見識を得られなかったので、
詳しい方がいらっしゃいましたらご教授下さい。

疑問は2つあり、
・ソニックブームと衝撃波は同義であるか?
・衝撃波は物体が音速を超えた“瞬間”に発生するものなのか?

ということです。私の頼りない知識では、衝撃波が減衰して音波となったものを
ソニックブームと呼び、衝撃波は物体が音速を超えている間は絶え間なく発生し
続けるもの、と理解しておりました。
ところが個人のHPやwikipedia、教えて!gooなどを拝見したところ、
その解説はまちまちで、「ソニックブーム(衝撃波)」という記述や
「衝撃波は戦闘機が音速を超えた瞬間に発生する」などという説明もあり、
混乱しております。

また、もしソニックブームは「音」であり衝撃波ではないということでしたら、
ソニックブームと衝撃波の線引きはどこでなされるのでしょうか?

※すみません。先程カテゴリーを誤って投稿してしまいました。
投稿後すぐに削除してこちらに投稿させていただきましたが、
もしご回答をくださっている途中の方がいらっしゃいましたら、お詫び申し上げます。

衝撃波とソニックブームについて質問させていただきます。
教えて!goo内を見てみましても、統一された見識を得られなかったので、
詳しい方がいらっしゃいましたらご教授下さい。

疑問は2つあり、
・ソニックブームと衝撃波は同義であるか?
・衝撃波は物体が音速を超えた“瞬間”に発生するものなのか?

ということです。私の頼りない知識では、衝撃波が減衰して音波となったものを
ソニックブームと呼び、衝撃波は物体が音速を超えている間は絶え間なく発生し
続けるもの、と理解しておりました。
ところが個人...続きを読む

Aベストアンサー

衝撃波は質問文にあるように音速を超えた物体が空気中を移動するときに発生する空気圧力変動を言います。
その衝撃波が減衰しながら地上に到達した現象をソニックブームと呼びます。


ちなみに衝撃波というのは空気中を移動する物体が発生する現象だけをいうものではありません。
光においても同様な現象が起きますし、金属内部でも発生します。
空気中における衝撃波は空気中の伝搬速度の最高速度(音速)を超えるときに起きる現象ですです。
金属の伝搬速度を超えるときも同様の現象が発生します。

Q1トン水を1時間に100メートル汲上げる電力

1トンの水を1時間で高さ100メートルに汲み上げる電力は出のくらいでしょうか。
追加した前提条件と数式を含めて教えて頂けないでしょうか

Aベストアンサー

 議論に水を指すようですが、「汲み上げる」が、「地上から井戸水を汲み上げる」ような意味での「吸い上げる」ということであれば、残念ながら如何ににエネルギーをつぎ込もうとも、水は吸い上げられません。

 何故なら、大気圧は約10メートル水柱に相当するので、100メートルの落差があると、10メートル以上の高さはいくら引いても「真空」になってしまい、10メートル以上には水は上がって来ません。


 「汲み上げる」ではなく、「押し上げる」ということであれば、摩擦や損失などを考えなければ、1重量トンの水を、重力加速度に逆らって100メートル上に運ぶための仕事に相当するエネルギーで可能です。

 質量を m (kg)、重力加速度を g (m/s^2) 、高さの変位を h (m) とすれば、仕事W(J)は、

   W = mgh

となります。

 分かりやすく書けば、仕事は「力 × 移動距離」ですから、力を F (N) とすると

  W = F・h

です。ここでの力は、質量 m (kg) の水に働く重力加速度 g (m/s^2) による力ですから、

  F = mg

ということです。


 ご質問の場合、

   W = 10^3 (kg) × 9.8 (m/s^2) × 100 (m)
    = 9.8 × 10^5 (J)

となります。

 1J=0.278 × 10^(-3) Wh

ですから、

  W = 9.8 × 10^8 (J) = 2.72 × 10^2 (Wh) = 272 (Wh)

となります。(No.1さんの答と同じです)

 No.1さんの回答の中の

>ただし、これは電力の仕事率が100%とした場合です。
>100mだと逆流する圧力も大きいので、実際には5倍以上の
>電力が必要になると思います。

というのは、実際のモーターやポンプを考えるとそうかもしれませんが、通常の「物理の問題」では、摩擦やロスや漏れや流体の圧縮などは考えない理想状態を仮定するのが普通です。

 従って「5倍以上の」などは考えずに、上に書いた 272 (Wh) でよいと思います。あくまで「理想条件」ということです。

 議論に水を指すようですが、「汲み上げる」が、「地上から井戸水を汲み上げる」ような意味での「吸い上げる」ということであれば、残念ながら如何ににエネルギーをつぎ込もうとも、水は吸い上げられません。

 何故なら、大気圧は約10メートル水柱に相当するので、100メートルの落差があると、10メートル以上の高さはいくら引いても「真空」になってしまい、10メートル以上には水は上がって来ません。


 「汲み上げる」ではなく、「押し上げる」ということであれば、摩擦や損失などを考えなければ、1重量ト...続きを読む

Q衝撃の測り方について教えてください

初めて利用させていただきます。
実は、ある装置に衝撃を感知するセンサーと処理回路を付
け、客先で「この程度の衝撃で反応します」…と、その装置
を揺らして(と言うか叩いて)見たのです。見事に感知して
処理できたのですが、「カタログには”この程度”では分から
ないから、数値として記入したい」と言われてしまいました。
ここにも来て色々調べたのですが、イマイチ良く理解できま
せん。そこで、
(1)衝撃の度合いの測り方
(2)衝撃の表示(単位?)の仕方
を教えて頂けませんでしょうか。
衝撃センサーにどの程度の力(衝撃)を加えた時に、この位
(何G?)の衝撃になる…とかです。よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

DESTINYさんが書かれているとおり、重力加速度1Gは約9.8m/s^2です。

もう少し噛み砕くと、1秒毎に9.8m/sの速度が加わっていくことになるので、
1秒目-9.8m/s(35.28km/h)
2秒目-19.6m/s(70.56km/h)
3秒目-29.4m/s(105.84km/h)

っというような速度がある場合に、そのセンサーから40mV出力されています。

shumaiさんがセンサーに取り付けた処理装置がどの程度の電圧に対して反応するかによって、以下の相対式からどの程度のGで反応するかが計算できます。

40mV:9.8m/s^2 = 装置反応電圧(X)mV : (9.8 / 40) * X m/s^2

例)装置反応電圧:10mV
  (9.8 / 40) * 10 = 2.45m/s^2

Qニュートンの運動方程式の表示方法?

 前日、学校でニュートンの運動方程式について
習ったのですが、ある問題で
 ニュートンの運動方程式を、ベクトル表示、デカルト表示、2次元の極座標表示で書けとあり、どういうことかよくわかりません。この3つはどのようにかくのですか? どなたか教えていただけませんか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ニュートンの運動方程式
取り敢えず式のみ。

ベクトル表示で
   →   →
md^2r/dt^2=F
(rとFはベクトルで上に→が付いている)

デカルト表示で
md^2x/dt^2=Fx
md^2y/dt^2=Fy
md^2z/dt^2=Fz   →
ただし、Fx,Fy,Fzは力Fのx,y,z成分です。

2次元の極座標で
mAr=Fr
mAθ=Fθ
ただし、
Ar=d^2r/dt^2-r(dθ/dt)^2
Aθ=2dr/dt・dθ/dt+rd^2θ/dt^2
   →
Frは力Fの動径方向の成分
   →
Fθは力Fの動径方向と直角な方向の成分

です。
大学の図書館に行き、教養の物理の本に書いてあります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング