ふと疑問に思ったのですが、本物の銃のAK47やM16がどうやって銃弾を連射しているのかが不思議に思いました。
エアガンだとバッテリーで連射しているので本物の銃もバッテリーで銃を撃っているのでしょうか?
でも戦争でバッテリーが切れて銃が使えないという状況が出てくると思うので自分は強力なピストンを使って銃弾を連射していると思います。

でもそこでひとつの疑問に突き当たって、もし本物の銃が強力なピストンで動くなら、エアガンもバッテリーを使って電力を消費するよりも、ピストンを使ったほうがエコな気がするような・・・・・

色々疑問があるのでそこのところを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

本物の銃の連射機能は、あなたの考えている方法とは異なっています。


本物の自動小銃は、発射時の反動または火薬の燃焼によるガス圧によって、次弾を薬室に装填し、撃鉄を起こす仕組みになっています。

『Wikipedia:銃』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8A%83
    • good
    • 2
この回答へのお礼

すばやい回答ありがとうございました
これで疑問が解けました

お礼日時:2011/04/13 16:28

電動ガンではBB弾を使うのでほとんど反動が得られずモーターの力でコッキングしていますが、実銃は爆発の反動でピストンを後退さているのでモーターが必要ありません。



ガスガンならガス圧でコッキングできる、ガスブローバックというものもあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

すばやい回答ありがとうございました。
これで疑問が解けました

お礼日時:2011/04/13 16:17

本物の銃は、薬莢に火薬が入っています。

薬きょうで、火薬が発火して、その力で、鉛の玉をおしだします。

エアーガン等という、オモチャとは威力が、数千倍違うと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

すばやい回答ありがとうございました
これで疑問が解けました

お礼日時:2011/04/13 16:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q金属製のエアガンやガスガン、電動ガンの見分け方

トイガン全般についてですが、拳銃タイプ(ハンドガン)のトイガンで素材が金属製な物を所持していると銃刀法違反だったと思います。

この場合、見分ける方法ってありますか?

たしか金属は磁石でくっ付くかと思いますが、金属でも磁石でくっ付かないこともあるのでしょうか?

磁石で付かなければ、金属製ではないのでしょうか?

Aベストアンサー

金属製モデルガンで黒色のものは法律上完全アウトですが、トイガンはそれに該当するかと言えばグレーゾーンです。

30年程前からエアガン、モデルガン両者とも実銃を精巧に再現する技術は高レベルになり、強化ABS樹脂にメッキ処理を施したり、塗装でも金属表現が出来ることから見分けることは難しいです。

他の回答にもありますが、金属性ハンドガン(ブローバックエアガン)の主流は、アルミ製ですし磁石には反応しませんし、取り締まる側も磁石によって違反か否かを判断しません。

余談になりますが、昔のモデルガンは金色で、それを黒色に着色して犯罪に利用されることを防止するために制定された法律ですが、樹脂製もで精密に表現されたトイガンが普及した昨今、意味のない法律になってしまったように思います。

Q家の物置から40年以上前のモデルガンが出てきました、すべて金属製で黒色

家の物置から40年以上前のモデルガンが出てきました、すべて金属製で黒色、王冠マークの入っているものです、処分したいのですがこのまま捨てて良いものでしょうか?、また法規制されているものだと思いますが、これをオークションなどに出す方法はないでしょうか、知ってる方、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

回答します。
オークションでの転売はもとより、譲渡も所持すら出来ません。
行えば全て罰せられます。
銃身内部を鉛等を溶かして流し込み、完全に塞いで、モデルガン全体を黄色または白色に着色すれば、一応所持だけは可能ですが。
処分したいのなら話は簡単。
色々方法はあるのですが、一番間違いや誤解を受けない方法は、やはり警察署に連絡して事情を話すことでしょう。
銃砲関係の所持や廃棄等の手続きを専門に行っているのは、あなたの街の警察署の生活安全課です。
まずここに電話をします。この場合、あなた御自信が「こんな物が物置にあるなんて全く知らなかった」と強調すべきです。
何しろ本物の拳銃と同じで、持っているだけで処罰されるのですから。
その時ねほりはほり聞かれるでしょうが、真実(だって本当に知らなかったのでしょう?)を話します(連絡をする前に、誰が物置に置いていたのかは調べるべきでしょうね。例えばお父さんが所持していて、お父さんが亡くなっていれば問題は無いのですが、まだ健在なら、お父さん自信少々面倒なことになりますので)。
そして、どのようにして良いか尋ねます。「こちらへ持って来て下さい」とか「署員が受け取りに行きます」とかの話になるでしょう。
この電話連絡は必ず行って下さい。理由は、連絡無しに警察へ持って行こうとした場合、理由は何であれ、そのモデルガンは持っているだけで違法なのですから、途中で巡回中の警察官に職務質問され、これが発見されたりしたら一大事となります。
ですのでこうした事態を想定して電話をしておけば、「〇〇警察署の生活安全課の〇〇さんに連絡したら、持って来て下さいというので、これから届けに行くところです」と説明すれば一件落着です。その警察官が無線で問い合わせれば全て判明するので問題は無いでしょ。罰せられるのは不法所持であって、警察の指示に従って行動しているのであれば正当行為になる訳ですから。でも万一に備えて「持ってきて」と言われたら、「そちらへ持って行く間、不法所持になりませんか?」と尋ねましょう。
多分常識的に考えて、このような場合、警察官が受け取りに来るでしょうね。

回答します。
オークションでの転売はもとより、譲渡も所持すら出来ません。
行えば全て罰せられます。
銃身内部を鉛等を溶かして流し込み、完全に塞いで、モデルガン全体を黄色または白色に着色すれば、一応所持だけは可能ですが。
処分したいのなら話は簡単。
色々方法はあるのですが、一番間違いや誤解を受けない方法は、やはり警察署に連絡して事情を話すことでしょう。
銃砲関係の所持や廃棄等の手続きを専門に行っているのは、あなたの街の警察署の生活安全課です。
まずここに電話をします。この場合、あな...続きを読む


人気Q&Aランキング