最近になりフィギュア塗装をしてみたいと思った、全くの初心者です

塗装しようと思っている物は
ONE PIECEの「アメージングログコレクション」という食玩です

本当に何も解らない初心者で
いろいろと検索してみたものの、思う様な答えに辿り着けず
ここで質問させていただく事にしました

・塗装するにあたって必要な道具

・初心者向けの塗装方法

・入門書的な本などありましたら教えてください



よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

いわゆる食玩の塗装をしたい場合は、模型用の塗料を使用するのが入手のしやすさ、色数の豊富さ、価格面から適当かと思います。


ただし一口に模型用塗料といっても色々な種類があり、その中には食玩の樹脂と相性が悪く使用してはいけないものもありますので、注意が必要です。

私がお薦めするのはクレオスのMrカラー、うすめ液として専用の溶剤を使用するタイプですが、入手しやすく塗膜が丈夫です。同社には模型用の水性ホビーカラーもありますが、こちらは乾燥が遅く、塗膜もパリパリと割れやすいので、柔軟性のある食玩の塗装には不向きです。

本格的な塗装となるとエアブラシ用の機材などでウン万円コースですが、最低限の筆塗りレベルであれば、用意するのは筆数種類、塗装に必要な塗料、うすめ液程度で、あとは日用品で賄えます。
筆は\100程度の物から何千円もするものまで、それこそピンキリですが、今後も永続的に塗装を
続けようというのでなければ\400~\600くらいの価格帯のものを選んでおけばまずは大丈夫でしょう。
食玩なので塗装対象がそれほど大きくないので、小さ目の平筆と細かい部分を塗る面相筆が各1本あれば十分かと。塗料は大体1本\180くらいで、一部特殊な色が1本~\400くらいだったと思います。
うすめ液は、小瓶(\300はしなかった筈)を2本買っておき、1本を塗料の濃度調節用に、もう1本を筆洗い用に使えば最低限塗装することは可能です。

塗装自体は「習うより慣れろ」的なところがありますが、最近はプラモデル用の入門書的な本が結構出ているので、その辺を探して見て、自分に合ったものを買っておくのが良いかと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます

何から手をつけたら良いのか全く解らなかったので、メーカーや値段等の細かい情報までいただき助かりました

近々ショップに行き購入して来たいと思います!

本当にありがとうございました!!

お礼日時:2011/04/19 18:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qベテランモデラー様!筆塗りの極意を!

私は25年以上の経験がある元モデラーです。今は本職が忙しいので休止中。
最近、知人に「塗装を教えてくれ」と言われて、旧グンゼ産業のミスターカラーを使った筆塗りを手ほどきしました。(買い置きがグンゼ産業時代のものしか無いため。)

しかし、なぜか固定観念があって「ラッカー系塗料はスプレー塗装でないと不可能、となっている。」と頑固に筆塗りを拒否。

「高いピースコン、コンプレッサー、塗装ブースを買わなくてはならない、そして、筆塗りよりマスキングのポイントのほうが重要だから、そこをしっかり教えてくれ。」といわれました。

私としては、筆塗りでまともに仕上げられるようになってからエアブラシにすればいいではないか、筆で十分素晴らしく仕上げられる。まず基本をマスターせよ、といっているのですが、忍耐力がないのか、完全に筆を馬鹿にしています。

そこで、「これぞ極意、筆塗りを馬鹿にするな!」と思われる方からの熱いアドバイスをお願いします。本人にも見せたいので、是非お願いします。

Aベストアンサー

模型製作暦40年になろうとしている中年モデラーです。

>「ラッカー系塗料はスプレー塗装でないと不可能、となっている。」と頑固に筆塗りを拒否。⇒塗装の基本を分かっていない輩とお見受けします。筆塗り出来ない者が、安易に考えるのがエアブラシ塗装です。こうなってしまったのは、今の模型雑誌の責任もあると思います。ここにも似たような輩(回答者)がいます。⇒http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1856686

エアブラシだと誰が作っても基本的には同じ画一的な作品に仕上がってしまいます。(全てと言う意味ではありません。エアブラシテクニックを極めるのもいいとは思いますが、基本はあくまでも筆です。)

>「これぞ極意、筆塗りを馬鹿にするな!」と思われる方からの熱いアドバイスをお願いします。⇒ご要望にお応えして、究極の方法(一例です)を伝授しましょう!(ちょっと長くなります。)

塗料はラッカー系(Mr.カラーが代表的ですね)を使って下さい。まず、購入したての塗料ビンを1週間程度触らずに置いておきます。すると塗料とクリア分が分離しますので、そのクリア分を捨てます。ようするに塗料分(アクリル分)のみを使います。その後、蓋を開けっ放しで更に溶剤分を乾燥させます。完全に乾ききる一歩手前のどろどろ状態になれば準備完了です。

次に用意するのはキットの入っている箱です。その箱の裏側(イラストが書かれていないザラザラした面)に先程の塗料を数滴落とし、乾燥させます。

筆は面相筆5/0位がいいでしょうね。(筆は良いのを買って下さい。)それに溶剤(シンナー)を含ませ、上で準備した乾燥塗料をその筆でなぞり塗料を溶かします。(溶けない場合は溶剤を直接乾燥した塗料に数滴落とします。)その状態で塗装を行ないます。一定方向(塗装面に対し斜めになるように)に素早く同じテンポで塗って行きます。(下地が見えても大丈夫です。)これを何度も繰り返し、一通り塗り終わったら次は先程と逆方向に同じように塗装します。(No.2さんがお書きの通り)これを繰り返す事で、ムラのない綺麗な塗装面が得られます。面相筆で広い面を塗れるの?と思われるかもしれませんが、要は慣れと、コツを掴む事です。白などの隠蔽力の少ない塗料でもこの方法だと素材の色も消えてくれます。箱の塗料はあとあと使えますので、捨てないように!(塗料が乾燥しても溶剤を加える事で再利用出来ます。)

この方法だと、例えばWWII時代のドイツ機の迷彩塗装のボカシなども表現出来るようになります。

この方法はかなりの熟練を要します。慣れるまではかなり難しいと思いますので、経験を積む事が肝要だと思います。

(上記文は過去に私が回答した物から転載させて頂きました。過去ログは既にnonameになっています。)

エアブラシであろうが、筆塗りであろうが、直ぐにはうまく行くはずはありませんので、根気よく模型製作を重ねて行って欲しいと思います。継続は力なりですよ!

では、知人に宜しく!

模型製作暦40年になろうとしている中年モデラーです。

>「ラッカー系塗料はスプレー塗装でないと不可能、となっている。」と頑固に筆塗りを拒否。⇒塗装の基本を分かっていない輩とお見受けします。筆塗り出来ない者が、安易に考えるのがエアブラシ塗装です。こうなってしまったのは、今の模型雑誌の責任もあると思います。ここにも似たような輩(回答者)がいます。⇒http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1856686

エアブラシだと誰が作っても基本的には同じ画一的な作品に仕上がってしまいます。(全て...続きを読む

Q食玩フィギュアのリペイントがしたいのですが・・・

私はフィギュアの知識が全く無い初心者です。
最近フィギュアのリペイントについて興味を持ったので、インターネットで調べて早速フィギュアを購入し、
Mr.カラーとMr.カラーうすめ液、マスキングテープ、筆を購入しました。

フィギュアの素材はPVCです。
フィギュアをうすめ液に浸して、綿棒で色を一部落とした段階まで進みました。
ここで質問がいくつかあります。

1:色を簡単に落とすことができる方法はありますか。
  (綿棒で作業しているせいか、色がなかなか落ちません。)
2:うすめ液に浸すとフィギュアの細い部分が今にも取れそうになってしまいました…ボンド等の接着剤で接着しても良いのでしょうか。
3:色を落とした後、塗装をする前に何かしなくてはならないことはありますか。
4:塗装の際は筆ではなく、エアブラシが良いと聞いたのですが、初心者にはどちらの塗り方が適切でしょうか。
5:塗装の際は湿気等の関係から、良いお天気の時にすると良いと聞いたのですが、天気や時間帯というのは重要なのでしょうか。

常識的なことかもしれませんが、検索しようにもどう検索すれば良いのか分かりませんでした。
(教えて!gooでも検索しましたが、答えが見つかりませんでした。)
リペイントの手順が初心者にも分かりやすく紹介されているHP等がありましたら、是非教えて下さい。

どうぞ宜しくお願い致します。

私はフィギュアの知識が全く無い初心者です。
最近フィギュアのリペイントについて興味を持ったので、インターネットで調べて早速フィギュアを購入し、
Mr.カラーとMr.カラーうすめ液、マスキングテープ、筆を購入しました。

フィギュアの素材はPVCです。
フィギュアをうすめ液に浸して、綿棒で色を一部落とした段階まで進みました。
ここで質問がいくつかあります。

1:色を簡単に落とすことができる方法はありますか。
  (綿棒で作業しているせいか、色がなかなか落ちません。)
2:うすめ液に浸...続きを読む

Aベストアンサー

私もトレーディングフィギュアやPVC完成品フィギュアの改造/
リペイントを日常的な趣味にしていますので…
ANo.1さんの回答に補足です。

1:
Mr.カラーうすめ液は効果的ではありませんが、ラッカー系薄め液では
却って強すぎて、フィギュアそのものも溶解してしまう可能性があります。
※小量を短時間使うのならともかく、浸したりしたら致命的
やはりホームセンターで水性の塗料剥離剤(アトムペイントなどで出て
います)を使った方が良いかと。もっともこれもフィギュア本体を全く
侵さないワケではないので、サッと剥がしてすぐに水洗いという感じで
使った方が安全です。

2:については瞬間接着剤でまずは万全です。

3:
PVCフィギュアの場合はサーフェイサーは無理に吹く必要はないかも
PVCは柔軟性がありますが、サーフェイサーの塗膜は柔軟性に欠けるので
表面にヒビが入る可能性がります。
PVCは、表面の油分などを事前に洗い流して乾燥させておけば、Mrカラー
の食い付きは非常に良いです。

4:
エアブラシは確かに綺麗に塗れますが、それだけで細部も全て塗装する
となると、それなりに技術(というか慣れ)が必要です。筆塗りから
初めてみるか、併用するのが無難。あとは予算次第ですね。
市販のカラースプレーは広い面の塗装に適しており、細部の塗装には
向きません。

5:これもANo.1さんの仰るとおりです。

私もトレーディングフィギュアやPVC完成品フィギュアの改造/
リペイントを日常的な趣味にしていますので…
ANo.1さんの回答に補足です。

1:
Mr.カラーうすめ液は効果的ではありませんが、ラッカー系薄め液では
却って強すぎて、フィギュアそのものも溶解してしまう可能性があります。
※小量を短時間使うのならともかく、浸したりしたら致命的
やはりホームセンターで水性の塗料剥離剤(アトムペイントなどで出て
います)を使った方が良いかと。もっともこれもフィギュア本体を全く
侵さないワケでは...続きを読む

Qアクリル絵の具で塗装したフィギュアの保護がうまく出来ません。

先日、初めてフィギュアのリペイントを行いました。
タミヤのサーフェイサーを吹き、その上からアクリルガッシュで筆塗りしました。
その後、透明なグロスメディウムを上から塗って塗装面を保護したのですが、ほんの少しこすっただけで塗装がはがれてしまったり、グロスメディウムを塗った部分がベタベタとして指紋やホコリがたくさん付いてしまいます。
どうすれば塗装面を保護できるでしょうか?

また、ちょっとてかてかと光りすぎなので光沢を抑えたいです。
Mr.スーパークリアスプレーつや消しでは溶けてしまいますでしょうか。
お詳しい方、教えてくださると幸いです。

Aベストアンサー

アクリルガッシュなら乾燥に1週間かかりますから、その上にMr.のトップコートですね、これも一週間乾燥させてから、上にクリアを吹いて1週間乾燥、これで完成

スーパークリア艶消しって艶消し度が強いけど、それでいいんだったらクリアの代わりに吹いてもいいよ
下地がちゃんと乾燥していて下地保護が完璧なら溶けません

Qガンプラで筆ムラが出ないように塗るコツ

エアーブラシ無いんですけどなんとか筆ムラが無いように塗装したいんです。なにか良い方法、もしくわコツなんかを教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

横から失礼します。

模型歴35年以上の者ですが、筆ムラを少なくする方法は皆さん書かれている内容でいいと思います。と言うのは「この方法で」と言うのが存在しないと言うのが回答です。

では、究極の方法(一例です)を伝授しましょう!(ちょっと長くなります。)

塗料はラッカー系(Mr.カラーが代表的ですね)を使って下さい。まず、購入したての塗料ビンを1週間程度触らずに置いておきます。すると塗料とクリア分が分離しますので、そのクリア分を捨てます。ようするに塗料分(アクリル分)のみを使います。その後、蓋を開けっ放しで更に溶剤分を乾燥させます。完全に乾ききる一歩手前のどろどろ状態になれば準備完了です。

次に用意するのはキットの入っている箱です。その箱の裏側(イラストが書かれていないザラザラした面)に先程の塗料を数滴落とし、乾燥させます。

筆は面相筆5/0位がいいでしょうね。(筆は良いのを買って下さい。)それに溶剤(シンナー)を含ませ、上で準備した乾燥塗料をその筆でなぞり塗料を溶かします。(溶けない場合は溶剤を直接乾燥した塗料に数滴落とします。)その状態で塗装を行ないます。一定方向(塗装面に対し斜めになるように)に素早く同じテンポで塗って行きます。(下地が見えても大丈夫です。)これを何度も繰り返し、一通り塗り終わったら次は先程と逆方向に同じように塗装します。これを繰り返す事で、ムラのない綺麗な塗装面を得られます。面相筆で広い面を塗れるの?と思われるかもしれませんが、要は慣れと、コツを掴む事です。この方法をもっと詳しくお知りになりたいのでしたら、隔月間誌の”スケールアヴィエーション”と言う雑誌のバックナンバーに図解入りで解説されていますので、機会があれば参考にして下さい。(飛行機プラモの専門誌ですが、各偶数月の中旬に発売されます。定価は1,380円となっています。)白などの隠蔽力の少ない塗料でもこの方法だと素材の色も消えてくれます。箱の塗料はあとあと使えますので、捨てないように!(塗料が乾燥しても溶剤を加える事で再利用出来ます。)

この方法はかなりの熟練を要します。慣れるまではかなり難しいと思いますので、経験を積む事が肝要だと思います。

なぜ筆ムラが出るかと言えば、塗料が均一に面に広がる前に乾燥状態に入るからです。ですので、乾燥を遅らせるか、塗面の凸凹を埋めて行く感じで塗装すれば均一の塗面を得られると言う事になります。

次に、エナメル塗料を使えばラッカー系塗料よりは筆ムラを抑える事が出来ます。これはラッカー系に比べて乾燥が遅いと言う理由からです。国内のエナメル塗料と言えばタミヤカラーが唯一の塗料ですが、欠点は塗面が弱い点ですね。乾燥後、塗面を触ると指紋がつく程です。ですので、この塗料を使った場合は必ずクリアでのオーバーコートが必要となります。(缶スプレーが便利です。)あとエナメル塗料としては最高品質と言われるハンブロール(イギリス製)と言うのもあります。国内でも大きなお店や専門店に行けば取り扱っているお店があります。こちらは使い方に癖のある塗料で、容器(缶入り)に直接溶剤を入れてはいけません。使う分だけ別容器に塗料を移し、それに溶剤を入れて濃度を調整して下さい。残った塗料を缶に戻すのもダメです。残った分は使い切るか、使わない状態が続くようでしたら廃棄して下さい。艶ありで約1週間から10日、艶消しで約2・3日の乾燥期間が必要となります。それから、エナメル塗料の上にラッカー系の塗料の重ね塗りは基本的にいけません。エナメル塗料が溶け出してしまいます。(反対はOK)ただ、この重ね塗りを利用して塗装すると言う裏技的な方法もありますが、かなり難しいです。(私はウェザリングや筆塗りのボカシ塗装に時々行なっていますが…。)

長々と書きましたが、色んな方法があります。最近エアブラシ全盛となっていますが、その分、誰が作っても同じ完成品となってしまい、個性がありません。画一的と言うか、みんな同じに見えてしまいます。そう言う意味では塗装の基本である筆塗りの方が各人の個性が発揮出来る完成品となります。筆塗りを窮めると、エアブラシで塗装した以上の綺麗で素晴らしい塗装をする事が出来ます。失敗を恐れずにどんどん経験を重ねて行って下さい。

模型も昔に比べると高価になってしまい、お小遣い程度で買えるキットが少なくなっったのは残念ですが、模型人口を増やす意味でも、もっと容易に入手出来る価格になって欲しいと思う中年モデラーでした。(長くなってすみません。)

横から失礼します。

模型歴35年以上の者ですが、筆ムラを少なくする方法は皆さん書かれている内容でいいと思います。と言うのは「この方法で」と言うのが存在しないと言うのが回答です。

では、究極の方法(一例です)を伝授しましょう!(ちょっと長くなります。)

塗料はラッカー系(Mr.カラーが代表的ですね)を使って下さい。まず、購入したての塗料ビンを1週間程度触らずに置いておきます。すると塗料とクリア分が分離しますので、そのクリア分を捨てます。ようするに塗料分(アクリル分)のみを使...続きを読む

Qアクリルカラーとエナメルカラーの違いが分かりません。

創作意欲が急にわきまして、いい年になってプラモを真剣に作ってみようと思い立ちました。

プラモ屋さんで、TAMIYAのアクリルと、エナメルの2種類が同じ色Noであるので、違いを尋ねたところ、「同じですよ、乾き方に違いがあるくらいかな?」との返事。

えっ?そんな簡単な違いなのでしょうか?
こちらで過去の質問も拝見してみたのですが、今ひとつはっきり分かりません。

使い方をはっきり区別している方がいましたら、ぜひ両者の違いを詳しく教えてください。

Aベストアンサー

模型用の塗料は大まかに分類すると
  ラッカー系
  アクリル系
  エナメル系
の3種類があり、これさえ覚えておけばまず大丈夫です。
  ラッカー系の塗料と溶剤は、もろ
    シンナー臭
 がするヤツです。(Mrカラーが代表的ですね)
  アクリル系の塗料と溶剤は、
    アルコール臭
 のするヤツで、乾燥前なら水でも溶くことはできます。
  エナメル系の塗料と溶剤は、
    灯油臭
 のするヤツです。
塗料の乾燥時間は
  ラッカー系>アクリル系>エナメル系
の順に早く、作業性に差が出ますが、乾燥の遅いエナメル系はその分、筆ムラがでにくく、また細かいところの塗装にも向いています。
塗膜の強さについても、やはり
  ラッカー系>アクリル系>エナメル系
の順で、ラッカー系の上からアクリル系やエナメル系の塗料を塗っても下に塗った色が溶け出したりして混ざったりしません。
しかし、この順番を逆にやると当然下地に塗った塗料が溶け出して混ざってしまうということになります。
アクリル系とエナメル系の2種類で考えられているのであれば、アクリル系で全体の基本塗装をされて、細かいところもアクリルで行くか、それともエナメルで行くか考えるのが良いかと思います。
ちなみに溶剤は専用の溶剤を使うのが一番なのでしょうが、アクリル塗料はラッカーシンナーで溶くと乾燥が早くなり塗料ののびも良いようです。
いろいろと試されてみれば、自分に合った塗料や塗装方法が身に付きますし、気がついたらこの3種類の塗料を使いこなされていると思いますので、先ずは楽しんで塗装してみてください。
なお、缶スプレー式の塗料はラッカー系が主です。
(換気には気をつけて♪)

模型用の塗料は大まかに分類すると
  ラッカー系
  アクリル系
  エナメル系
の3種類があり、これさえ覚えておけばまず大丈夫です。
  ラッカー系の塗料と溶剤は、もろ
    シンナー臭
 がするヤツです。(Mrカラーが代表的ですね)
  アクリル系の塗料と溶剤は、
    アルコール臭
 のするヤツで、乾燥前なら水でも溶くことはできます。
  エナメル系の塗料と溶剤は、
    灯油臭
 のするヤツです。
塗料の乾燥時間は
  ラッカー系>アクリル系>エナメル系
の順...続きを読む

Qエポキシパテでのフィギュア作りについて

学校の課題(自由制作)で人形作りに取り組んでみたいと思い、エポキシパテ*プラ用を購入しました。
いろいろと使い方は調べて購入したのですが、初心者です。
スプレー器具が高価であり、今後使う予定がなく、サフレス塗装というやり方もあると知ったので、サーフェイサーなしで挑みたいと思います。
まだ試作段階にも入っていない心の準備中ですが、気になることがありましたので、3点、教えてください。


(1)サーフェイサーなしでの仕上げ

ポリパテは上記のプラ用のみを使いたいと思うので、均一な色にするという点ではサフ無しでも大丈夫だと思います。
ただ、きれいな表面を作るためにサンドペーパーが必須かと思います。
荒削り用と仕上げ用で、2.3種類買ったほうがいいのかと思うのですが、エポキシパテ*プラ用はかなり硬度が高く、削りにくいという話をちょくちょく目にしたので、番目は何番を選べばいいか、参考までに教えていただけたらと思います。
最終的な仕上げ用は1500~2000ぐらいを考えています。
※パテが完全に固まると硬すぎて削れないと聞いたのですが、固まる前に行ったほうがいいのでしょうか?

(2)サーフェイサーなしでの塗装

一般的な塗料はMr.カラーのようですが、サーフェイサーなしでもそのまま塗って問題ないでしょうか。
(色のつきが悪いでしょうか)
また、薄め液はないと塗りにくいですか?
薄め液を使うと色のつきが弱くなってしまいそうなイメージがあるのですが、ないと逆にこってりつきすぎてしまうでしょうか。

(3)最後に
出来上がった後、仕上げとしてMr.スーパークリアなどを吹くそうですが、如何せんサフ無しなので、できません。
Mr.カラーが乾くのを待ち、そのまま取り扱っても大丈夫でしょうか。
色移りなどはしないと思うのですが、保管場所や保管の際の梱包方法はあまり気にしなくてもいいでしょうか。


以上です。
他にエポキシパテ*プラ用を実際に使うときのコツや、取り扱いの際に注意する点などありましたら合わせて教えていただけると有り難いです。

学校の課題(自由制作)で人形作りに取り組んでみたいと思い、エポキシパテ*プラ用を購入しました。
いろいろと使い方は調べて購入したのですが、初心者です。
スプレー器具が高価であり、今後使う予定がなく、サフレス塗装というやり方もあると知ったので、サーフェイサーなしで挑みたいと思います。
まだ試作段階にも入っていない心の準備中ですが、気になることがありましたので、3点、教えてください。


(1)サーフェイサーなしでの仕上げ

ポリパテは上記のプラ用のみを使いたいと思うので、均一な色...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問者様はフィギュア製作の経験がほとんど無い様なので、アドバイスがてらに…

まず既に買われてしまっているようですが、エポパテはどちらかというとそれだけでフィギュア一体作るとなるとかなりお金のかかる素材です。同じ大きさのフィギュアを作るとなると、コストは大体
エポパテ>ポリパテ、スカルピーなど>ファンド となります。

またサフレス塗装というのは、フィギュアを原型から作る場合の塗装云々ではなく、既にキットとなっているフィギュアのキットが肌色キャストなどで成型されている場合に、その肌色を生かすようサーフェーサーでの表面処理をせずに塗装する手法であり、原型から自作する場合には関係ありません。

なおフィギュアを自作する場合、表面処理はエポパテでは結構粘りがあるため削りにくく苦労するかもしれません。初心者はポリパテやファンドのほうがやりやすいかも。予断ながらエポパテやポリパテはあまり健康にもよろしくありません。またファンドは硬化後も水などに溶けるので溶きパテやサーフェーサーでの表面処理が塗装前に必要な場合が多いです。

いずれにせよ塗装はMrカラーで万全でしょう。うすめ液は必須です。水性ホビーカラーは水性なので健康上は良いかもしれませんが、Mrカラーよりも乾燥が遅く、塗りムラが出来やすく、しかも塗膜が弱いとデメリットのほうが多いのでお勧めできません。

仕上げのクリアーですが、こちらは筆塗りではなくスプレーで均一にクリアーを吹き、塗装面の質感を均一にするのが目的となります。必要が無ければ必須ではありませんし、吹く場合は缶スプレーのトップコート(艶あり、艶消し、半艶)がありますので、これがMrカラーの塗膜を犯すことも無くお勧めです。

ご質問者様はフィギュア製作の経験がほとんど無い様なので、アドバイスがてらに…

まず既に買われてしまっているようですが、エポパテはどちらかというとそれだけでフィギュア一体作るとなるとかなりお金のかかる素材です。同じ大きさのフィギュアを作るとなると、コストは大体
エポパテ>ポリパテ、スカルピーなど>ファンド となります。

またサフレス塗装というのは、フィギュアを原型から作る場合の塗装云々ではなく、既にキットとなっているフィギュアのキットが肌色キャストなどで成型されている場合...続きを読む

Qプラモデルの塗装を剥がしたいのですが…。

子供の頃に作った物や、オークションで購入したジャンク品のプラモデルを再塗装したいと思っているのですが、塗装を洗い落とすにはどんな溶剤を使うべきでしょうか? ペーパーで削り落とすのは結構面倒なので、うすめ液(クレオス)に浸け置きして置こうかとも考えましたが、こんな事するとプラスチックに悪影響がありそうなのですが大丈夫でしょうか?

ちなみに、再塗装したいプラモデルには、タミヤアクリル塗料や水性ホビーカラーが使われています。(一部ラッカー系やエナメル系もあるかも。)

ご回答、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

いや、Mr.カラーのうすめ液に漬けるくらいじゃプラはそうそう溶けないっすよ。実際にうすめ液にランナー漬けといた事あるけど、1週間程度じゃ溶けはしなかった。ただ、変質したかどうかまでは確認してませんけど。少なくとも一晩も漬けとけば塗料は落とせる状態になると思います。それくらいなら確実に「溶けて得体の知れない物体になる」ような事はないでしょう。

こんなページも発見しました。
「漬け置き洗い」の項目を参考にしてください。
http://www.shoi.org/pramo/work/main_3.html

塗膜は厚くなれば厚くなるほどダルくなりますし、ヤスリかけて落とす方がエッジがダルくなる可能性が高いですから、私は上塗りやヤスリがけで全部落とすのはオススメしません。

Qフィギュアの塗装について

初心者です。
フィギュアの塗装改造をしたいのですが、
絵画用のリキテックスのアクリル絵の具では駄目でしょうか?
お金が無いので材料費の削減の為に家にある物を使おうと思っているのですが、タミヤなどの模型専用のを買った方が良いですかね?

Aベストアンサー

きちんと下地処理をしているんなら、リキテックスでも大丈夫ですよ?
タミヤのアクリル溶剤や、ペインティングソルベントを使って絵の具を溶き、サフェーサーで下地処理をしっかり行っていれば、結構保ちますよ。

厚く塗りたくらない様にすれば、結構剥げたりしないものです。私は結構使いますよ。特に、模型用のラッカー塗料で下塗りをして、「筆のタッチ」を活かしたい時に効果的です。

Qフィギュアの作り方 石粉粘土などで

フィギュアの作り方について、質問させて頂きます。

なるべくあまりお金をかけずに、フィギュアを作ろうと思ってます。

・着色は絵の具ですが、石粉粘土は大丈夫ですか?
・また、絵の具を粘土に混ぜることはできますか?
・粘土系でやろうと思うんですが、やっぱり石粉粘土のファンド系がオススメですか?
・粘土といっても、少し重みがあるものなんですか?
・柔軟性や強度性は?
・石粉粘土でfigmaのように関節部分を作れば、動きますか?(壊??
・石粉粘土はどこで売ってますか;;
・フィギュアといえばポリパテですが、やっぱり値段はしますよね;


質問が多くてすみません;
フィギュア作成について詳しい方、教えてください!

Aベストアンサー

数はそう多くはないんですが、ファンド使ってフィギュアの原型とかを
作ってます。

で、フィギュアを自作する場合、材料費を安く抑えたいのならば、やはり
ファンドなどの石粉粘土系が一番向いていると思います。ほかにもポリ
パテやエポパテ、スカルピーなどの素材があり、どれも一長一短あります
が、単純にグラム単位でのコストということであればファンドが一番適
しているかな?と思います。

ファンドの長所は安いことと、乾燥して固まるまでに時間がかかるので、
造形に時間を取れることですが、反面硬化(ファンドの場合は乾燥して
硬化)するまでに時間がかかり、短期間での工作には向かないこと、
乾燥後も結構欠けやすいことなどの短所があります。また基本的に
ファンドは水溶性なので、乾燥後も水性のカラーなどで塗装すると、
水分を吸収して柔らかくなったり溶けたりしてしまいますので、注意が
必要です。
着色については、水性カラーを混ぜることもできますが、手に色が付い
ちゃうのと、どうしても手垢などもついてしまい、思うように綺麗な表面
にはしにくいのであまりお勧めしません。ごく小さなものであれば
コピックなどのアルコール系マーカーなどがタッチペイントに結構使え
ますが、本格的に塗装する場合は、溶きパテなどで表面処理する必要が
あります。
この溶きパテでの表面処理は、ファンド原型の上から溶きパテを塗って
パテの薄い層を作ることで耐水性にすることができ、耐水ペーパーなど
での水研ぎが可能になります。また複製するばあいにも型取り用のシリ
コーンゴムがしみこまないように必須の手順となりますね。

市販の関節を入れてFigmaのように可動化させることは一応可能ですが、
軸の受け部分がどうしても磨滅してユルユルになったり、細かい部分だと
砕けたりするので、どうしても関節を入れたいなら原形を複製して、
無発泡ウレタン(ガレージキットなどの素材、俗にキャスト)に置き換え
た方が無難です。

最後にファンドの重さですが、普通の紙粘土よりちょっと重めといった
感じです。1/8サイズ以上の人型のフィギュアを作る場合は、中に
芯材を入れた方がファンドの節約にもなりますし、自重で変形する恐れ
もなくなります。一般的に使われている芯材は割り箸などの木材、真鍮線
などですが、裏ワザとしてはアルミホイルが結構重宝します。

数はそう多くはないんですが、ファンド使ってフィギュアの原型とかを
作ってます。

で、フィギュアを自作する場合、材料費を安く抑えたいのならば、やはり
ファンドなどの石粉粘土系が一番向いていると思います。ほかにもポリ
パテやエポパテ、スカルピーなどの素材があり、どれも一長一短あります
が、単純にグラム単位でのコストということであればファンドが一番適
しているかな?と思います。

ファンドの長所は安いことと、乾燥して固まるまでに時間がかかるので、
造形に時間を取れることですが...続きを読む

Qプラモデルの塗料の乾燥時間を教えてください

プラモデル初心者です。
プラモデルの塗料の乾燥時間を教えてください。
2度塗りする時期がわからず困ってます。
タミヤのエナメルカラーとMrホビーのラッカー塗料を主に使っています。

Aベストアンサー

ラッカー系の場合、半時間も置いておけば、触れる程度にはなります。マスキング作業をするなら2時間程度。研ぎ出し等は数日置いた方が良いでしょうが。
エナメルカラーの場合…色の種類によって違ったりします。それこそ、永遠にベタベタな状態になることもあるので(特にメタル系)、油断できません。墨入れ程度なら数時間でOKですが。ツヤがある塗料の乾燥は遅いので注意。

ついでに。アクリル系は厳密には乾燥しません。完成品をティッシュにくるんで箱に入れて保存…なんてことをしたら、次回取り出すときには見事なミイラに。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報