固定資産税については全く素人なので文面が解りにくいと思われますが質問させて頂きます。
築年数43年の鉄筋コンクリート造4階建の物件でアスベストが吹き付けられていました。
その時点では損耗減点補正率が適用され固定資産税が下げられていたのですが、アスベストの撤去工事を行ったら損耗減点補正率の適用がなくなり固定資産税が高くなってしまいました。
高いお金をかけてアスベストを撤去したのですが、逆に固定資産税が高くなり納得いかない状況です。そのようなことは実際にどこの市町村でもあり得ることなのでしょうか。教えて下さい。
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

はじめまして。



確認ですが、固定資産税があがったというのは、「家屋」の分でまちがいないでしょうか?

「土地」の課税標準額が上がったとかではないのですよね?

もう一点。家屋の修理はアスベストを撤去しただけでしょうか?

補強やその他の内装を変えたりしていないでしょうか?

固定資産税の家屋の評価方法は、再建築価格方式を採用しております。

詳細は省きますが、その建物に使われている資材の質と量で評価が変わります。

単純にアスベストを撤去しただけなら、安くなることはあっても高くなることはありません。

改築等があれば、市町村によっては高くなることもありますよ。

この回答への補足

早速の回答ありがとうございます。
固定資産税は家屋の分です。その家屋は現在使用しておらず。将来の使用を考えてアスベストを撤去しました。露出されていたアスベストを撤去しただけで、補強やその他の内装は変えておりません。

補足日時:2011/04/22 13:06
    • good
    • 0
この回答へのお礼

他の市町村の固定資産税課にも確認をしたところ、このような理由で税金があがることはないそうです。
kokokokonaさんの回答と他の市町村の話を元に固定資産税課に話をしてみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/22 16:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q固定資産税について詳しく教えて下さい。

固定資産税について詳しく教えて下さい。

マイホーム建築の為、11月に100坪の土地を1000万で購入しました。
現在は建物は建て上がり来週引渡しになる状況です。

今日、固定資産税課から土地の納税通知書が届きました。
評価額は1120万で固定資産税は9万7千と記載されており旦那と驚きました。

第一期の納付は4月30日まで。

それで質問ですが、まだ建物と合わせた固定資産税ではないし、何も軽減措置?されていないこの金額を払わないといけないのでしょうか?

確か新築だと3年間は固定資産税が半分に軽減されると聞いたのですがそれはこれからでしょうか?

あと、今回は土地の固定資産税のみの金額ですが、土地だけ所有していれば固定資産税も高く建物が建てば固定資産税も少し安くなると聞きましたがそれは間違った知識でしょうか?

軽減されるなら手続きなどのやりかたも全く分からないし、不動産会社からは宅地に変わったら(売り出し時は農地だったので)固定資産税は5万位だと聞いていたのでこの金額にとても驚き建物とあわせたら一体いくらになってしまうのか不安で仕方ありません。

どうか、知識のあるかた詳しく教えて頂きたいので宜しくお願い致します。

固定資産税について詳しく教えて下さい。

マイホーム建築の為、11月に100坪の土地を1000万で購入しました。
現在は建物は建て上がり来週引渡しになる状況です。

今日、固定資産税課から土地の納税通知書が届きました。
評価額は1120万で固定資産税は9万7千と記載されており旦那と驚きました。

第一期の納付は4月30日まで。

それで質問ですが、まだ建物と合わせた固定資産税ではないし、何も軽減措置?されていないこの金額を払わないといけないのでしょうか?

確か新築だと3年間は固定資...続きを読む

Aベストアンサー

固定資産税の課税はその年の1月1日の状況がどうなっているか?です。
その時点ではまだ完成していないのですから、今回は更地としての課税となります。
しかし、新築後土地が減税されても建物の固定資産税も別途かかりますから、記載された評価額程度の場合、更地での固定資産税と住宅建築後の土地+建物の固定資産税とそう大きな開きはないと思います(あくまで経験値です。今年は建物分は課税されないため)
今年はそのまま支払うしかありませんし、何か手続きの必要性はありません。
都市計画税の課税地域か否か?建物面積や構造、仕様などわかりませんので、仮の計算も出来かねます。

Q借家の固定資産税

ある事情で友人が居住する借家の固定資産税の閲覧をしたいのですが、諸々の理由により税務署が正式な借家人として認めてくれないため閲覧を拒否されました
何か良い方法は無いでしょうか?

現況は
1、法務局で調べたところ未登記物件である
2、現借家人は契約当時から現在まで居住者である
3、賃貸契約者(父)は既に亡くなり現借家人(子)は賃貸契約者の私生児であるため、税務署は正式な借家人として認めないとの事
4、賃貸契約者死亡後は現借家人が賃貸料を支払っている

尚、弁護士又は行政書士に依頼する場合の諸費用は幾らぐらいでしょうか?

Aベストアンサー

税務署では固定資産税台帳の縦覧はできません。

Q不動産所得の租税公課の固定資産税の計算が複雑

青色申告ですが。

不動産収入申告で租税公課の「固定資産税」の計算ですが、固定資産税の年間の支払は4回で1回目は前年度の第4期分になりますよね。

1回目が前年度の第4期分、あと今年度の1期分、2期分、3期分で終わりです。

払った固定資産税が全部不動産所得用なら問題ないのですが、不動産所得用分を割り出さなければなりません。

このように、前年度分と今年度分の合計から、今年度申告する不動産所得分の固定資産税を割り出すには、大変細かい計算になってややこしいのですが、

きちんと計算しなければいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

>1回目が前年度の第4期分、あと今年度の1期分、2期分、3期分で…

それは、
「前年度 4期 + 当年度 1期~3期」
を今年の申告対象にしても、
「当年度 1期~4期」
としても、どちらでもかまいません。

特に、複式簿記で記帳しているなら、当年度 4期分が年末にはまだ払っていなくても、「未払金」として租税公課に計上してしまってかまいません。

ただし、毎年同じように繰り返すことが必要で、今年は都合 3期分、来年は計 5期分なんてのはだめです。

『手引き』の 3ページです。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2012/pdf/36.pdf

>払った固定資産税が全部不動産所得用なら問題ないのですが…

非事業用部分はきちんと抜き出さないといけません。

Q中国は土地代が存在せず、固定資産税も無いのですか?

私には、中国人の嫁が居ます。そして、借地の一軒家を買いました。

一緒に生活をして、嫁が、しばらく理解できなかった事。

それは、固定資産税と地代を、なぜ?払わなければいけないのか?

家は買ったのだから、それ以上、お金を払う必要もなく、そもそも土地にお金を払うという概念そのものが理解出来ないというのです。

さすがに、いくら中国でも、嫁は勘違いしてると思うのですが、何せ、中国の事情を、まったく知らないので、突っ込みようが無いです。

ま、数年経った嫁は今は、無理やり、自分を納得しているようですが・・。

事情に詳しい方、回答お願いします。

Aベストアンサー

鄧小平が大号令をかけて経済大躍進が始まった頃、中国人は金利という概念を理解できなかったそうです。人から金を借りてなぜ利子を払うのか理解できなかった。それと同じでしょう。

中国は今でも日本や欧米のような土地の所有権が認められていません。土地は国家のもので、国民は借地するしかありません。日本の固定資産税に当たる税金も取られます。しかし死んだら国に所有権は戻さなくてはなりません。借地なので相続は出来ないのです。中国の金持ちがやたら贅沢三昧なのは土地が持てないからです。いくら金を貯めても不動産にして残すことが出来ないのです。だから金持ちは贅沢をするか、資金を外国に移します。銀行預金だったり、不動産買い付けだったり。だから国内に富が溜まらない。日本の場合は土地が富そのものです。売れば金になるし、担保にして金を借りられます。中国ではそう言うことになりません。

お嫁さんは今は税金のことで悩んでいるでしょうが、そのうちに死んだらすべてなくなることに気がついて、もっと悩むでしょう。変な国ですね。

Q固定資産税の減免と物納撤回

平成19年4月に、土地を物納。上に賃貸建物がありました。19年度分固定資産税は、条例により減免されました。20年賦課期日の登記簿は、財務省です。先月、物納撤回により、登記簿上の名義は一旦もどりました。19年度の固定資産税は、追徴されるのでしょうか。また、20年度の固定資産税は、非課税となるのでしょうか。

Aベストアンサー

詳しい内容は市町村の固定資産税担当のものに聞くのが一番だと思いますが、一応僕なりの回答をします。専門でないので間違っている可能性もあります。ご了承下さい。

まず平成20年度の固定資産税についてですが、
固定資産税の納税義務者はあくまで賦課期日の登記名義人です。
たとえそれが誤った登記であり、さかのぼって修正となったとしても
固定資産の賦課期日にある登記名義人を所有者として課税されるはずです。
判例集か何かで見た気がします。
ですのでこの事案ですと納税義務者は財務省となります。もちろんこのばあい現実には課税されませんが・・・
と言う事で質問者さんの非課税と言う表現とは違いますが、課税の対象外となるのではないでしょうか??

平成19年度分については、本来の納税義務者は質問者さんなわけですから、物納することによって減免となっていたのであれば固定資産税を支払わなくてはいけないかもしれません。
ともあれ減免は市条例による措置ですから市町村によってその対応は違うかもしれません。

どっちにしろはやく確認した方が良いと思います。

Q不要な土地の 固定資産税 と 処分 について

不要な土地の 固定資産税 と 処分 について

私の所有する土地(まわりは山と畑の田舎)で

畑と畑の間の部分に、巾50cmくらい、長さ20mくらいの土地があります。

使い道はなく管理もしていませんが、
現在、隣の畑を耕作している方の通り道になっているかな?といった場所です。
しかし、少しでも毎年固定資産税を支払っています。

隣の方は、現状で問題ないですので、タダでも買わないでしょうし
その土地の何か良い処分方法は無いでしょうか?

Aベストアンサー

「不要な土地」でありましても固定資産税は掛かります
固定資産税免税点以上の価値があるのですからたった10平方米でも土地価格は比較的に高いのかな

「処分」するのには隣接土地所有者に差し上げますといえば貰ってくれるでしょうがモッタイナイね。
市町村への寄付については財納の基準がありましてハイ、ソウデスカ、と簡単には受け取ってくれません

隣接土地持ち主に差し上げましょうか

Qなぜ、空き家がさら地より固定資産税が高いのですか?ちなみにどのくらい違うのでしょうか?

なぜ、空き家がさら地より固定資産税が高いのですか?ちなみにどのくらい違うのでしょうか?

Aベストアンサー

面積によりますが通常の大きさの敷地(小規模住宅用地と言って200平米以下の部分)なら更地(課税標準額になります)の1/6(特例率)の高さになりそれ以上の部分は1/3(特例率)になります。なお固定資産税(課税標準額に税率1.4%)以外に都市計画の場所では都市計画税(課税標準額に税率0.3%をかけたものに1/3なり2/6)がかかりますが、更地よりは充分安い(高くはない)です。なお家屋がボロボロだったら、課税標準額ではありますが、その税額はしれています
誤解されそうなので、言い直しますが、現行税制では空き家(古屋)はさら地より固定資産税は間違いなく安くなります。

Q固定資産税に関する事です。

固定資産税の税率や徴収方法などは、
各市町村で決めているのでしょうか?
また、それが法律で定められているのだしょうか?
例えば、同県内のA町とB町では全く違うと言うような・・・
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

固定資産税は、地方税法第3章市町村の普通税第2節 固定資産税 (第341条~第441条)に規定されていて、土地・家屋・償却資産の所有者に対して課税される市町村税です。

税率については、一般的には1.4%(標準税率)ですが、市町村で財政上特に必要があるときは、条例により2.1%(制限税率)を超えない範囲内で定めることができます。
なお、住宅用の土地・建物に対しては、課税の特例があります。
その他に、都市計画税も有ります。

下記のページをご覧ください。
http://www.futana.co.jp/mony/zeikin/koteisesanzei.htm

参考URL:http://www.houko.com/00/01/S25/226C.HTM#s3

Q雑種地に家を建ててその後壊して更地にした場合 固定資産税はどうなる?

雑種地に家を建築し、古くなったので家を壊した場合の固定資産税。その間は宅地並みの固定資産税が掛かりましたが、壊して更地にした場合は前の雑種地の固定資産税に変わりますか?
以前、雑種地は固定資産税は0円でした。
どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

家屋を解体し更地にすると宅地(住宅用地ではなく非住宅用地とみなされる)になり、かなり税金(翌年から固定資産税・都市計画税が大幅に増額される)がかかるようになります(例:家屋があるときの固定資産税の4倍~6倍)
http://kaitai-takumi.com/qa/118/
雑種地→宅地(家屋を建て、権利書取得のため所有権登記した時に地目は宅地に変更されたはず)→家屋を解体したらそのまま「宅地」

Q固定資産税の件

六年前にサラリーマンを辞め
職に就けず、1800万程度の
蓄えも無くなり、昨秋田舎に戻りました。
現在も私は無収入で、母の年金は月額13万
程度です。
五年前より活用してない土地の固定資産税
年25万弱の支払に困ってます。
軽減する方法は無いのでしょうか?

Aベストアンサー

活用していない土地ということは、自宅ではありませんね。
年間25万円の固定資産税(都市計画税は含んでいるのか?)の土地
ということは単純評価額として1400万円前後。これが実勢価格の約70%
とすると2000万円前後で買い手を捜してもいい価値はあります。
あとは、バブル期に評価が上がってそれからの減少がゆるいのかもしれません。自治体によってちがいますが、だいたい5月ごろ、課税課にいけば、周囲の土地の評価額を教えてくれます。まず自分の土地が異常に評価が高くないか調べてみてください。私の場合、地目が原野(約180坪)で課税0円だった土地を、樹木を伐採して3段に平地にしたら3年見直しで雑種地扱いにされ、年間7万円程度の税金をとられていました。数年のちその評価公開時にしらべたら、同じような地形や条件で周囲の土地は課税0円なのを見つけ、幸いそのころは手入れもしていないので草ぼうぼう、雑木ちらほらになっていましたので、3年の見直し年にクレームを厳しくつけ、結果、課税0円の土地になりました。ちょうど市長選も絡んだ時期だったので、それも多少関係したかもしれません。
現在サラリーマンでないとすると、国民健康保険ですね。私の市では、所得+固定資産税の40%が保険料なので、その金額たるやばかにならないですよ。相続した不動産が多いとすぐ最高限度の年50数万の最高限度になってしまいます。そのためにはサラリーマンでいて厚生年金のほうからの支払いのほうが、よほど安いと思います。

活用していない土地ということは、自宅ではありませんね。
年間25万円の固定資産税(都市計画税は含んでいるのか?)の土地
ということは単純評価額として1400万円前後。これが実勢価格の約70%
とすると2000万円前後で買い手を捜してもいい価値はあります。
あとは、バブル期に評価が上がってそれからの減少がゆるいのかもしれません。自治体によってちがいますが、だいたい5月ごろ、課税課にいけば、周囲の土地の評価額を教えてくれます。まず自分の土地が異常に評価が高くないか調べてみてください。私の場...続きを読む


人気Q&Aランキング