そう思う理由は大学の文化学科などで

欧米のコースは日本・アジアのコースを比べて男子の割合が

かなり少ないからです。文化学科自体が男子の割合が少ないのですが。

歴史学科でもそうです。歴史学科は男子の方が多いですが

西洋史コースは女子の方が多いです。

大学からの研修旅行もヨーロッパ方面だと8、9割が女子です

アジア方面だと男子の割合は多くなります。

中高年層で女性が多いのはわかります専業主婦が多く時間もあり財布を握っていますから。

それに比べて夫は仕事で忙しいというケースが多いから仕方ないと思います。

問題は、若い世代です。若い男性でヨーロッパに関心を持つ人は少ないということです。

料理でも、なぜかアジア料理好きは男性に人気で、欧米料理は女性に人気です。

極端な言い方ですが、男性はアジア好き?女性は欧米好きなのか?って思ってしまいます。


私は20代前半の男性ですが、

アジアよりも欧米(特にイギリス、ドイツ)に関心があります。料理でもそうです。

私は鉄道や航空機などのメカが大好きで、

イギリスは産業革命発祥の地として

ドイツは日本と同じ敗戦国で技術立国として興味あります。

欧米には戦車や航空機や鉄道などメカを扱った大規模な博物館が日本やアジアよりも多いです。

またヨーロッパには両大戦での要塞(フランスのマジノ要塞など)が残っていたり女性よりも男性の方が好きそうな物が多いです。

男性は子供の頃に鉄道や飛行機やロボットのおもちゃで遊んだ経験がある方が多いので

メカ好きは多いはずですよね?

なのに、なぜ欧米、特にヨーロッパに関心を持つ若い男性は少ないのでしょうか?

圧倒的に若い男性と若い女性がでは、圧倒的に若い女性の方が多い気がします。

なぜでしょうか?

ヨーロッパは安全だからという人もいますが、ヨーロッパでも危険な場所はありますよ。
イタリア南部のシチリアとか。アジアでも場所を考えれば安全な所はあります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

わたしは男ですが、わたしもアジアより欧州好きですね。


日本史やアジア史にはあまり興味がありませんが、世界史おもに欧州には興味があります。
でも確かにその通りですね。不思議ですね。


思うのですが、先入観的な欧州に対する憧れもあるんじゃないでしょうか?
昔のアニメのキャンディキャンディも、ベルサイユのばらも、みんな欧州が舞台ですしね。
女性がすきなメルヘンチックなものは、すべて欧州文化がベースになっていると思います。

欧州は歴史的に見ても、女性も男性と同等の権力を持っていることが特徴とも言えると思います。
ファーストレディが示す文化からも、欧州では女性は大切にすべき存在だったことが伺えます。
欧州文化そのものも女性の影響が強いです。ファッションなどが欧州文化で栄えたのも、社会の中での女性の地位が確立していたと言うことがあるのでしょう。
それに比べ、アジア圏内は歴史的に女性の地位はかなり低く、社会レベルでは女性が自由に行動したり権力を持つことはなかったと思います。一般レベルの女性のファッション文化などは皆無でしたでしょうし、女性の影響が強く残るような文化はないように思います。

そう考えると、女性の影響が強い欧州文化には、女性を引きつける魅力があるのかも知れませんね。

ご参考まで。
    • good
    • 0

人間にはもともと、色が白くてほりが深いのが美しいと感じる本能=DNAがあるのですよ。

それが証拠に黒人の方は鎖で連れてこられ、奴隷としてこき使われました。欧米、特にアメリカには今でも根深い人種差別があります。

それでもう解かると思いますが、金髪(茶髪)、高い鼻、日本人のように顔も大きくなくスタイルのよい体格の若い白人男性はモテルに決まっているでしょう。目の色も青、緑、灰色、茶色など二重まぶたきれいなのですから、その目で見つめられればテンションがあがるに決まっているではありませんか?

欧米に文化的なあこがれがあるのも事実でしょう。

・和菓子よりケーキが好き。
・米よりパンが好き。
・女性はイギリス、アメリカなどもレディファーストで大事にされる。

日本では365日、家政婦のようにこき使われ、外ではパートなどで働かされる。欧米にあこがれるのは当たり前でしょう。
日本で、欧米に関心を持つ若い男性が少ないのは、関心があるとかそういう問題ではなく、なるべく就職に有利な学科を狙っているからではありませんか?当然欧米などより、日本や今は中国事情に詳しいことが求められているからでしょう。
    • good
    • 0

言い方が悪いかもしれませんが、やっかみや僻みが


関わっているのかなと思います。

日本人男性って、性的な部分で白人に負けていると
思ってますよね。
白人男性とお付き合いした事がありますが、大概の
日本人男性が私が白人男性と付き合っていると知ると

・アレは大きいか?
・アッチは上手いのか
・時間は長いのか
・やっぱり自分には敵わないんだろうな・・

と口にしますね。
そして、私も相当好き者に思われます。
仲間同士で温泉に行こうものならサイズの確認です・・・。

文化や芸術以前の話ですよね。

欧米の女性が自分には制御不可能な生き物だから
良い思いが出来ない・・こんな気持ちもあるみたいです。

個人的な意見ですが、アジア人とならそう言う意味でも
対等に勝負できると思ってるんじゃないでしょうか。
    • good
    • 0

まあアジアと言っても中国とか、近場だとは思うんですけど、中国とかだと三国志とかあるじゃないですか、ああいうのが好きなのは男性が多いと思うんですよ、一方でベルサイユのバラだとか、白雪姫、シンデレラとか女性のあこがれるようなイメージのものってヨーロッパのイメージだと思うんです。

そういうものを読んで育ってると、どちらにより興味を持ちやすいかという面では何となく分かる気もします。後は町のイメージとかがスイスとかフランスとか、紹介されるのってきれいな景色とか多いですよね、実際行ってみるとそこまででないのかもしれませんがイメージってすごいですから、そこであこがれてしまうのかもしれません。その逆でアジアはあまりきれいな街並みのイメージがなく女性にとっては興味が沸きにくい部分もあるのかもしれません。

結局あこがれだとは思うんですよね。フランス語選択する人は女性が多いですけど、ドイツ語は男性が多かったり(理系で結構必要と言うのもあるかもしれませんが)。言葉のイメージでフランス語はきれいとか、ドイツ語は男性ぽいというか硬いイメージだったりして。

料理なんかは世間のイメージも影響していそうな気もしますね。ほら、焼肉屋に女性で一人は入りにくいとか、パフェを男性一人では食べにくいとかありますよね。でも甘いもの好きな男性だっていっぱいいますし、女性だって焼肉大好きな人も多いと思います。でも何となく男だったらとか、女だったらみたいな変な意識がそういう男女の比に少なからず影響を与えてるんじゃないでしょうか。
    • good
    • 0

それは英語の得意な人が男性よりも女性の方が圧倒的に多いという事に関係してると思います。


留学する人も女性が圧倒的に多いですし
    • good
    • 2

文化とかにあこがれるからでは?



韓国なんかはさいきん人気ありますよ

どこの国に生きたいかで性格診断するのがあります

男女の性格のさもあるかも

私は飛行機で遠くまでが嫌なので

近場が好きです

香港とか
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q白人世界でアジア人を差別しない国はありません、それが現実ですがどう思いますか?

一年以上白人国家を旅行した人なら理解できると思いますが、最低でも1度や2度必ず差別を受けた経験があると思います、その時必ず中国人か日本人か聞かれます、ある店でボッタクリが嫌なので嘘をついて中国人と言ったらその後無視され出て行けと言われました、その後冗談で実は日本人と言うと180度態度が変わりました。白人は正直露骨です。
そして肌の色でもアジア人を美的感覚から見下します。
ロスで仲良くなった白人が言ってました、表面では言わないが
アジア人や黒人は現実に今も差別されている「日本人の君はまだマシな方だ」と。
日本でも差別問題はありますが白人国家は現在でもアジア人を差別しています、中国人とか韓国人と言うととんでもない嫌な思いをさせられます、皆さんこの現実をどう思いますか?

Aベストアンサー

アジア人という定義の仕方に白人目線を感じます。つい近年まで白人は有色人種を人間とは見ていませんでした。「奴隷、当時のヨーロッパでは『黒人が白人と同じ人間である』という考え方はなかったのである。
『法の精神』で知られるモンテスキュー。
社会学の父と讃えられるフランスの哲学者でさえ「黒人が人間だと考えるのは不可能である 彼らを人間と考えるなら 我々がキリスト教徒でないと認めざるをえなくなる」と語っている。」
http://www.fujitv.co.jp/ainori/st/st361.html

有色人種を人間と認めざるをえなくなったのは、後の方の世界的な大戦のあとではないかと考えます。第一次世界大戦ののちある有色人種の国家が提案した人権平等条項の提案は英米によって葬り去られました。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h10_2/jog053.html

「ホテルのフロント係は、女性の方を見向きもせずに、デュボイスへの対応を続けた。勘定がすべて終わると、彼はデュボイスに向かって深々とお辞儀をし、それからやっと、その厚かましいアメリカ女性の方を向いたのだった。フロント係の毅然とした態度は、これまでの白人支配の世界とは違った、新しい世界の幕開けを予感させた。

 「母国アメリカではけっして歓迎されることのない」一個人を、日本人は心から歓び、迎え入れてくれた。日本人は、われわれ1200万人のアメリカ黒人が「同じ有色人種であり、同じ苦しみを味わい、同じ運命を背負っている」ことを、心から理解してくれているのだ。」
http://hanausagi.iza.ne.jp/blog/entry/964059/


人間は好き嫌いのほかに生理的嫌悪ということもあります。戦後は戦争の被害ということも理由に付け加わりました。

オバマ大統領はなぜ黒人なのか。ハーフではないのか。白人男性の主人と黒人女性奴隷の間に生まれた子どもは、生まれながらにして奴隷であり、色が白いほど高く売れたと聞きます。人種差別に法的に最終的な決着がついたのは1964年(昭和39年)かともいわれます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AC%E6%B0%91%E6%A8%A9%E9%81%8B%E5%8B%95

>日本人の君はまだマシな方だ
そんなわけで、白人にすれば納得ずくというより、無理やり人種平等を誓わされたわけで、本人からみた多層な差別意識があるのはある面いたし方がないと考えます。

武力ということではないにしても、要は実力で認めさせるほかはないと考えます。

アジア人という定義の仕方に白人目線を感じます。つい近年まで白人は有色人種を人間とは見ていませんでした。「奴隷、当時のヨーロッパでは『黒人が白人と同じ人間である』という考え方はなかったのである。
『法の精神』で知られるモンテスキュー。
社会学の父と讃えられるフランスの哲学者でさえ「黒人が人間だと考えるのは不可能である 彼らを人間と考えるなら 我々がキリスト教徒でないと認めざるをえなくなる」と語っている。」
http://www.fujitv.co.jp/ainori/st/st361.html

有色人種を人間と認めざ...続きを読む

Qしょっちゅう海外旅行に行く人は仕事何してるの?

しょっちゅう海外旅行に行っている人ってどんな仕事をされているんですか?

一般的に給料が高い職業は多忙ですが給料が安い職業は当然として海外旅行など行けない、

大手企業でも有給が取れないくらい忙しいところは多い。

となると?

Aベストアンサー

30代独身男です。年2回のラスベガスが生きがい。
地方都市でサラリーマンしています。
年2回がしょっちゅうかどうかはわかりませんが、
これぐらいならできますよ。
業種にもよるでしょうが盆正月が普通にある会社は、
一般に取引先もヒマでしょうし。


#11の方の

>忙しいときもありますが、そうでないときと波があります。
>波を先読みして、比較的忙しくないと予想されるときに
>すかさず休暇を入れます。波の読みを誤って忙しくなって
>しまった場合も休暇は決行しますが、周りには極力迷惑は
>かからないように先にあちこち根回ししていきます。

にきわめて同感で、私もいつもこれを心がけていますが、
要は、会社や所属部署や取引先がヒマな時期を見極めることが
大切かと思っています。

Qロストバゲージが心配なんですが・・

1月にロスに行く(5日間)のですが、荷物をどうするか考え中です。成田からロスまでの直行便で、乗り継ぎなどはないのですが、アメリカはロストバゲージがよくあると聞き、心配になりました。ちなみに航空会社はノースウエストです。ホテルは1箇所滞在です。

今までは、夫と二人で大き目のスーツケース(4輪キャスター)1つと小さめのソフトタイプのスーツケース(2輪キャスター)1つというパターンだったのですが、ロストバゲージを考えると手荷物として持ち込める大きさのソフトケース2つの方がいいのかとも思います。ただ、そうすると荷物を極力減らさなくてはならないし、機内まで持っていくのも大変だし・・とも思います。

実際、ロストバゲージというのはそんなに頻発するものなのでしょうか?日系航空会社ではまずありえないとおもうのですが、米系、またノースウエスト航空はそのあたりの仕事はいい加減なのでしょうか?
ロストバゲージされたかたの経験や、予防策などもお聞きしたいと思っています。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

直行だから発生しない、乗継だから発生するというわけではなく、確率の問題です。乗継の場合はそれだけ人の手を経るので、確率が高くなるということです。

長いこと旅行業界におりますが、自分自身を含めロスバゲに遭遇したのは5回です。
自己防衛はクレイムタグ(手荷物半券)の行先を確認すること、不要な(過去の)タグ類は外しておくことぐらいしかありません。

皆さんのアドバイスにある機内持ち込みにするものを再検討することに加え、万一ロストしたときの場合に備えて、以下をご参照ください。

(1)せっかく2個あるスーツケースでリスク分散する・・・ご主人のもの、奥様のものという分け方や、下着類、上着類という分け方で荷造りするのではなく、両方に全てのものを半分ずつ分散して入れることです。2個同時になくなる可能性はきわめて低いので、当座困ることはありません(ひとやまそっくりつみ忘れたらしく、ツアー全員分出てこなかったこともありますが・・・。イヤこのときは参りました)。

(2)出て来なかったらどうするかをあらかじめ想定しておく・・・その場であわてないために。バゲッジクレイムエリア(ターンテーブルのところ)でNW職員を捕まえて(または、エリア内のカウンターへ出向き)成田で貰ったクレイムタグを示して申告します。書式があるので、お名前や連絡先(滞在ホテル)、クレイムタグの番号、無くなった荷物の形状、色や特徴などを申告します。また、1日遅れる場合は、当座の日用品などの購入費を負担してくれるので、許容額や精算方法を確認しましょう。ロサンゼルス空港なら、日本人職員(または日本語を話す職員)がいるはずです。
添乗員がいれば別ですが、ツアーであってもここまでは自力でやってください。

今は、クレイムタグのバーコードで荷物の所在確認がスムーズに出来るようになりましたので、どこにあるか(どこまではあったか)が比較的容易にわかります。
成田で積み損ねたので、明日の便で来るとか、間違ってシアトル行きに乗せてしまったので、シアトル到着後ロスに回送となり、今夜20:00着の便で到着するなど。
言われた時間を過ぎたら、諸手続きを後回しにされないよう電話でしつこく督促しましょう。

ツアーであれば、出迎えの旅行会社スタッフに引き継いでください。ちゃんとした会社なら、フォローしてくれます。

直行だから発生しない、乗継だから発生するというわけではなく、確率の問題です。乗継の場合はそれだけ人の手を経るので、確率が高くなるということです。

長いこと旅行業界におりますが、自分自身を含めロスバゲに遭遇したのは5回です。
自己防衛はクレイムタグ(手荷物半券)の行先を確認すること、不要な(過去の)タグ類は外しておくことぐらいしかありません。

皆さんのアドバイスにある機内持ち込みにするものを再検討することに加え、万一ロストしたときの場合に備えて、以下をご参照ください。

(1...続きを読む

Q海外旅行が趣味って変?

私の唯一の生き甲斐は旅行です。
特に海外旅行が大好きで一年に1回は必ず行きます。

それで、旅行に行った話しを友人にすると(自分からは
言わないけど、話の流れで仕方なく言う)
お金持ってるね、ブルジョアだねーみたいな言い方を
されます。

でも、普段習い事も趣味もないので
月々2万円くらいの習い事をしてるのと変わらない
ので結局、普通の人と変わりません。

旅行ってなると遊園地に行くような娯楽的に
扱われるので友人の受け止め方は悲しいです。

なので、今は行ったと言わないようにしてます。

私と同じような思いしてる人います?

Aベストアンサー

 最近は少し減りましたが、以前は年に3回の大型連休は
必ず海外旅行に行ってました。国内も沖縄には毎年行って
ますし、私にとって旅行は非日常でありながら日常茶飯事
でもあります。

 ですので、お気持ちはよくわかります。また、あなたを
お金持ちだと誤解する友人の気持ちもなんとなくわかります。
あまり旅行をしない人にとっては、旅行はお金のかかるゼイ
タクごとなんですね。どれくらいのお金がかかっているか、
理解できないし、理解しようともしません。

 たとえば、私は自家用車を持っていません。都会に住んで
いれば別に困りませんしね。もし車を持っていたら、維持費
やらなにやらで年間 100 万円ほどかかると計算しています。
すごい金額ですよね! でも、車を持っているだけでは誰も
「 お金持ちだねえ 」とは言いませんよね?

 ところが、年間 25 万円の旅行をすると、なぜかお金持ち
だと思われます。この理由は正直なところ、創造力の欠如に
あると考えます。質問者さんはおそらく女性だと思いますが、
女性の多くは実は、お金のかかる趣味を持っていません。

 ところが、化粧品と服にはすごくお金をかけていますよね。
月に5万円なら年間 60 万円です。ですが不思議なことに、
彼女たちはこれを趣味の出費とは決して同列に扱いません。
どうやら多くの女性にとって、数十万円かかる趣味は異常な
お金のつぎ込み方なのです。ですが、クルマや服飾といった
身近なところでは、その発想が働かないのが不思議です。

 個人的にはバーゲンのたびに10万円ぶん服を買う人のほうが
よほど不思議なのですが、おそらくその人たちは服のない
生活はありえないのでしょう。もちろん、私たちにとって
旅行のない生活は考えられないのですが、残念ながら他人の
趣味に思いを及ばせる創造力がないので、相手にしても無駄です。

 この対策は簡単で、旅行に興味のない人には旅行の話を
一切しないことです。ですが、旅行好きな人は決して少なく
ありません。そのとき、お互いに写真を見せっこしたりして
発散しています。結局は趣味の世界なので、旅行という素晴
らしい趣味に興味のない人とは、この話題では関わらないのが
懸命ですよ。

 最近は少し減りましたが、以前は年に3回の大型連休は
必ず海外旅行に行ってました。国内も沖縄には毎年行って
ますし、私にとって旅行は非日常でありながら日常茶飯事
でもあります。

 ですので、お気持ちはよくわかります。また、あなたを
お金持ちだと誤解する友人の気持ちもなんとなくわかります。
あまり旅行をしない人にとっては、旅行はお金のかかるゼイ
タクごとなんですね。どれくらいのお金がかかっているか、
理解できないし、理解しようともしません。

 たとえば、私は自家用車を持...続きを読む

Q円⇒ユーロにしたいが、どこが一番お得でしょうか?

このお盆にフランスへ旅行予定です。

どこでユーロに換金するとお得なのでしょうか。
銀行、チケットショップ、現地の銀行…etc

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレートを比較すれば答えが出るわけですが、その前にレートに関する用語をいくつか整理させてください。
・銀行間取引レート 外国為替市場においてその名の通り、銀行間の取引きに用いられるレート。ニュースなどで報じられているレートは、特にことわりのない限りこの銀行間取引レート。顧客はこのレートでは取り引きできず、外貨を買う場合も売る場合も必ずいくらかのマージンを払うことになる。
・公示仲値(TTM) 上記の銀行間取引レートを睨みながら、銀行が一日一回(銀行によっては数回)、取引きの基準として定めるレート。銀行間取引レートは常に変動しており、窓口での取引に銀行間取引レートを使うと処理が煩雑になるため。公示仲値と銀行間取引レートの数字はほぼ同じとみなせる。
・対顧客電信売レート(TTS) 顧客が外貨預金をしたりTCを組んだりする際に適用されるレート。公示仲値に一定の幅を上乗せすることで機械的に計算される。上乗せの幅は銀行によって異なる。また当然、通貨によっても変わってくる。
・クレジットカード会社が定める通貨間換算レート クレジットカード会社も銀行と同様に、外国為替市場での取引きレートを見ながら各通貨間の換算レートを毎日決定する。銀行間取引レート/公示仲値/クレジットカード会社が定める通貨間換算レートの三つは、実質的に同じ数字になると考えてよい。

まず(1)の日本でユーロ現金に両替ですが、レートは1ユーロ当たりTTM+6~7円が標準です。例えばTTMが1ユーロ=146円00銭なら、銀行の窓口では1ユーロ当たり152~153円を払ってユーロ現金を入手することになります。
その中で三井住友銀行など一部の銀行は、ユーロの現金両替レートをTTM+4円に設定しています。他行に比べ1ユーロ当たり2円得です。また関西空港ですと、泉州銀行がこれより僅かですが良いレートを出しているようです。
チケットショップは「銀行よりお得なレート」を宣伝文句にしていますが、ユーロの場合は必ずしも得と言えません。私が今まで見つけた中ではTTM+5円が最安で[1]、確かに銀行の一般的なレート(TTM+6~7円)よりは有利なのですが三井住友銀行のTTM+4円には劣ります。
多少の手間や時間がかかっても良ければ、民間の両替商[2]を利用する手もあります。レートはTTM+3円で、日本でユーロ現金を入手する場合のレートとしては私の知る範囲で最安です。

次に(2)ですが、冒頭述べたようにこれは避けるべき方法です。まずレートの設定がよくありません。行き先の国や両替する銀行にもよりますが、円→ユーロのレートはだいたいTTM+7~10円に設定されています。しかもこれに加えて両替1回ごとに手数料を徴収するところが大半で踏んだり蹴ったりです。

(3)はヨーロッパの場合はあまりお勧めしません。アメリカと違ってそのまま支払いに使える場所が少なく銀行や両替商で一度換金して使うことになりますが、その換金手数料が小さくないためです(これを見落としている回答が少なくありません)。一応レートの数字を示しておきます。

日本の銀行でユーロ建てTCを組む場合に適用されるレートはTTSです。ユーロのTTSは1ユーロ当たりTTM+1円50銭というのが標準的な設定です。また発行手数料が1%(*1)かかります。これだけならさほど悪くないのですが、現地で換金手数料が2~3%程度かかるのが痛い点です。
例えばTTMが1ユーロ=146円00銭のときに1000ユーロのTCを組んで現地で換金したとします。まず日本でのTC発行時に
(146.00+1.50)×1.01×1000 = 148,975円
を払います。
現地での換金時に2%の手数料を差し引かれ、手取りは980ユーロ。実質的なレートは
148975÷980 = 152.02円/ユーロ
となり、レート的なメリットは小さいことになります((1)のように三井住友銀行などで両替した方が得)。なお換金手数料は「AMEXブランドのTCを、AMEXのトラベルサービスオフィス[3]に持ち込む」などとすれば回避可能で、レート的には多少よくなります。

ユーロ建てTCを使う方法はいくつかの前提条件を満たせるなら最も有利な両替法となり、その場合TTM+1円でユーロ現金を手にできます。ご興味があれば[4]をご覧ください。

(4)は(2)と同じ理由(レートが悪い、換金時に手数料を徴収される)からお勧めしません。

(5)のクレジットカードでのショッピングですがVISA、master、JCBの場合、引落し額はTTMに1.6%を加算したものが目安です。(TTMが1ユーロ=146円00銭なら、引落し額は利用額1ユーロ当たり148円33銭程度。なお「TTM+1円」というのは何かの間違いと思われる)
一般に両替よりレートが有利で使い残しの心配もありませんから、クレジットカードをメインに使うのはヨーロッパではうまい方法です。
なおIC付きクレジットカードの場合、フランスですとサインに代えて暗証番号の入力を要求されることがあります。日本出発前に暗証番号を確認しておくことをお勧めします。

(6)は意外に有利な方法です。適用レートは「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」(TTMとほとんど同じ)です。これに利息が加算されますが、年利が25~30%程度、利用日から引落し日までは25~55日くらいですので、利息の額としては2~4%です。「金利を含めても一番お得な方法」とは言えませんが、現地で現金が足りなくなった時などは利用価値があります。
ご興味があれば[5,6]などをご参考に、お持ちのクレジットカードの会社で利用法を確認ください。

(7)の国際キャッシュカードは新生銀行やシティバンク銀行のものが有名です。(6)と同様に現地ATMで現地通貨を引き出せて便利ですが、レートはそれほど良くはありません。レートの目安はTTMに4%加算です(カードによって多少異なります)。

【結論】
身の回り費用程度(200~300ユーロ)の現金なら、銀行をよく選んだ上で日本で両替するのが有利かつ手軽です。それ以外の出費は極力クレジットカード払いにするとよいでしょう。

参考ページ
[1] 金券ショップの一例 http://gaika.e-daikoku.com/
[2] http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm
[3] AMEX換金場所 http://www.americanexpress.com/japan/tcheques/tc/tcheques_exchange.shtml
[4] http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2317598
[5] http://www.nicos.co.jp/hp_trvl/overseas/os_cash.html
[6] http://www.dccard.co.jp/useful/money/o_atm.shtml
[7] 通信販売業者「セシール」 http://www.cecile.co.jp/travelers_cheque/

*1 銀行や業者によってはこれより安い手数料で発行してくれるところもある。多額の現金が必要でどうしてもTCにする場合は「通販業者セシール[7]でTCを購入+現地のAMEXオフィスや提携金融機関で換金」とすれば、目減りは最小限に抑えられる(セシールのTCのブランドはAMEX)。
*2 厳密には「クレジットカード会社が定める通貨間換算レートに海外利用手数料を加算した額」。海外利用手数料はVISA, masterが1.63%、JCBが1.60%。カードによっては若干異なる場合もある(例えばセゾンVISA/masterは1.60%)。
換算レートは「利用データがクレジットカードのデータ処理センターに到着した日(利用から2~3日程度)」のものが適用される。(利用日当日や、銀行引落し日のレートではない)

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレ...続きを読む

Qイタリアで日本人は差別されてますか?

先日北イタリアへ行ったのですが、個人旅行であったせいかいろいろ不愉快な思いをしました。
・なにしろ見る目が厳しい。
観光地じゃなかったのでアジア系が目立つのか、それともスカートだったのがいけないのか・・・どこでも怪訝な目でみられました。
町にスカートの人は店員以外では見かけませんでしたが、何か意味があるんでしょうか。パンツスタイルにしたら少し変わりました。
・電車で嫌がられた。
一等車にしたのですが、途中乗って来たカップル(女性)にあからさまに嫌がられ、男性にどうにかしてと頼んでいたようですが結局彼等は次の駅で出て行きました。。。
その他にもカフェで他の客にどかされた等イタリアのイメージが崩れました。何しろ怪訝な目で見られるのが厳しくて・・・。
ミラノのような大きいところではそうでもなかったのですが、もしかしてイタリアって日本人(もしくはアジア系)嫌ってますか?
イタリア語の勉強も始めたのにこれですっかり気が萎えてしまいました。参考に教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

ヨーロッパ人の基準からすると、日本人女性の服装は、売春婦に見えることが多いのです。日本にいる時と同じ感覚で、おしゃれをしていたのではないでしょうか。パンツに変更したのは、正解だと思います。

イタリア人が日本人に差別感情を持っているという話は、聞いたことがありません。遠い国の話ですし、直接的交流は少ないですからね。

わたしも世界各地を旅行して、好奇心の目で見られるのは慣れています。そこらじゅうで、ジャポネとかヒネーゼ(中国人)とかキタイ(契丹人)とか呼ばれますが、気にしません。そこらじゅうの国を回りましたが、「よそ者が何しに来やがった」という悪意の目つきは、ウズベキスタンのフェルガナ地域でしか、出くわしたことがありません。外国人を見たら興味を抱くのは、大都市以外ではどこの国でも一緒です。日本でも、例えば田舎の田んぼのあぜを黒人が歩いていたら、じいさんばあさんがぎょっとした目で見たり、村中の人が集まってきたりするでしょう。小沢一郎の一人区まわりと同じで、村人がワサワサ出てきても、まったく不思議ではないと思います。

イタリア人の差別感情は、主としてアルバニア人に向けられます。イタリアは第2次大戦中の一時期、海を越えた向かいのアルバニアを支配していました。戦後、アルバニアは、ホジャ大統領の下、独自の共産主義閉鎖国家を作り、弊害も多かったものの、結果として、ユーゴスラビアに併合されてぐちゃぐちゃな内戦に巻き込まれることを避けることができました。アルバニアはユーゴスラビアともソ連とも中国とも仲たがいして、鎖国状態にあったのですが、実際には市民はイタリアのテレビを見て、世界情勢を知っていました。ホジャ大統領の死後、共産主義が崩壊し、資本主義の導入も失敗、ねずみ講への投資を国家が推奨するということを資本主義を理解していない国民に推奨したため、ねずみ講の崩壊と共に、政局は混乱、政権が吹っ飛んだのです。この時、多数のアルバニア人がぼろい船でイタリアに渡って不法入国した事情があり、アルバニア人に対する感情は、きわめて悪いものと推定されます。

ヨーロッパ人の基準からすると、日本人女性の服装は、売春婦に見えることが多いのです。日本にいる時と同じ感覚で、おしゃれをしていたのではないでしょうか。パンツに変更したのは、正解だと思います。

イタリア人が日本人に差別感情を持っているという話は、聞いたことがありません。遠い国の話ですし、直接的交流は少ないですからね。

わたしも世界各地を旅行して、好奇心の目で見られるのは慣れています。そこらじゅうで、ジャポネとかヒネーゼ(中国人)とかキタイ(契丹人)とか呼ばれますが、気にしま...続きを読む

Q女性が他人の悪口を好んで言うのは、なぜでしょうか

質問者は、男性です。

一般的に女性は、他人の悪口をよく言うと云われています。
女性のほうが、男性よりもこういった傾向が多い理由は、
どういった要因
教育(男性のほうが愚痴を言わないように育てられている)
遺伝(脳の作り等)
環境(母親・祖母などの周りの女性が悪口を言っているから)

が考えられますか?

Aベストアンサー

男性の8倍も偏桃体が活発に働くからです。


扁桃体は情動が生まれる部分、喜怒哀楽が生まれる部分。
ここを切除されたサルは蛇を怖がらなくなった。

ある意味生きるために必要なところなのですが、活発に活動しすぎると、生活に支障が出てしまうこともある。

「きっとそうよ 私を嫌っているのよ」と泣く人に「気のせいじゃない?」って言っても無理。

扁桃体がわーわー騒ぐので、それが収まらない限り、感情が落ち着かないので冷静にものごとをみることができない。

あまりに強く働きすぎると、ずーっと喋ってハイテンションで暴走しつづけることになったり、なんてことないことでも悲観的に考え、日常生活が営めなくなったりする。


言葉で説得しても無理、扁桃体の活動を下げる薬を投与しないと、感情失禁は収まらない。


というわけで、男性と女性では脳のつくりが違うため、そうなちゃうわけです。
オカマの人の中ですっごい喋り捲る人がいますが、平均的な女性並みに扁桃体が活動する人なんじゃないかと。
おしゃべり好きという女性的な特徴から、女っぽいとされますが、扁桃体だけ女っぽい特徴があるだけ。


扁桃体が女性並みじゃないオカマの人は、喋り捲らないし、周りの状況に疎く、他の女性がなんなく気づくことも、このオカマの人だけ気づかない ということになる。

真似ても本来脳がそうじゃないと、ずっと誰かの噂して、おばちゃんちっくなことをしようとしても、脳が特化していないので、長い間やりつづけることはできない。

脳がそういう脳なら、難なくできちゃう。

ってことで、こりゃ 仕方ないです。
その状況を把握しやすい脳を持っているので、育児が男よりうまくできるわけですから。

中にはそういう女性特有の脳を持っていないママもいて、気づかないことがありますが、お姑さんと同居していると、「いつもと違う泣き声」と敏感に気づき、ほったらかしにされている孫を見に行って「あーら大変」となり「なんで気づかないの」と嫁を叱ったりできちゃうわけです。

「いつも泣いているから またぐずっているのかと思った」と嫁はいい、「ぐずっているときの泣き声と、熱があるときの泣き声は違うの どうしてその違いがずっといながらわからないの 信じられない あなたが産んだんでしょ」となるわけです。

お姑さん 無理、嫁の脳は男脳だから気づけない・・・。

男性の8倍も偏桃体が活発に働くからです。


扁桃体は情動が生まれる部分、喜怒哀楽が生まれる部分。
ここを切除されたサルは蛇を怖がらなくなった。

ある意味生きるために必要なところなのですが、活発に活動しすぎると、生活に支障が出てしまうこともある。

「きっとそうよ 私を嫌っているのよ」と泣く人に「気のせいじゃない?」って言っても無理。

扁桃体がわーわー騒ぐので、それが収まらない限り、感情が落ち着かないので冷静にものごとをみることができない。

あまりに強く働きすぎると、ずーっと喋...続きを読む

Q職場で雑談しない人

職場で仕事以外の話、プライベートな話や雑談を全くしない人をどう思いますか?

 わりと仕事中に雑談してる人が多いです。

私は仕事以外の話はしないしほとんど話かけられません。

 周りとコミュニケーションをもっととるようにと上司から言われました。

用事以外で話をしない人をどう思いますか?

Aベストアンサー

全く何の問題もないと思いますよ。

人それぞれキャラクターがありますから。

おとなしくて人とあまりしゃべらないことが好きな人、うるさいぐらいしゃべる人、いろいろいて社会なのでは?


おとなしい人に無理やりしゃべれ、しかも仕事中に雑談をしろなんておかしな発想です。

コミュニケーションが仕事で必要ならば、仕事上のコミュニケーションをしっかりとるようにすればいいだけのことです。
(上司の方はこのことをおっしゃったのでは?)


プライベートをさらすのは結構ですが、さらさない人が批判される筋合いはないと思います。

Q一人旅できる人って…

おはようございます。
私はこれまでに、ヨーロッパ方面に3回一人旅したことがあります。ツアーなどではなく、個人手配の旅です。といっても、全く一人というわけではなく、現地では町の人に聞いたり、また話しかけられたりして、皆さんにいろいろ助けてもらってふれあいを楽しんでいます。
親戚や友人、会社の人は「すごいね!」と勇気をたたえてくれたり、現地の情報を喜んで教えてくれたりしますが、「海外に一人で行くなんて無理…」という人もいます。
一人旅ができる人って、何が違うのでしょうか。10代の若者でも海外に臆することなく一人で飛び出す人もいる一方、例え言葉が話せても一人では行けない、という人もいることを知り、不思議に思っています。
ちなみに私は一人旅は大丈夫ですが、生活するのは誰かと一緒が良く、一人暮らしはあまりしたくないというクチです…
皆さんの考えをお聞きしたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一番の違いは、「一人で旅行するという行為を楽しいことだと思うかどうか」だと思います。

日常では一人行動や一人暮らしが平気でも、旅行は一人で行きたくない人もいます(国内でも)。誰かと一緒でないと面白くないんだそうですよ。
(私は誰かと一緒の旅も一人旅もどちらもそれぞれに楽しさがあると思っていますが)

次に、海外旅行の場合だと、海外旅行がそこまで好きかどうか。
そこまでの強い関心はない、という人も世の中には多いです。

個人旅行が面倒くさいという人もいます。やればできるけど面倒という人も。

ツアーでない海外一人旅に向いてない人は、

・下調べができない
・旅行計画を立てるのが苦痛でしかない、面倒くさい
・誰かに頼らないと何かを決められない
・一人行動ができない
・外国は不安、怖い
・外国人が怖い、すごく構えてしまう

などかなと思います。
人によるので全部が当てはまるわけではありませんが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報