中小企業の働き方改革をサポート>>

サザエさんの波平のようにスーツに帽子姿のサラリーマンは昔では普通だったんでしょうか?ふと気になり質問させていただきます。

A 回答 (1件)

戦後の高度成長期以前は、帽子を被っていたサラリーマンは多かったそうです。


もっとも現在のように誰もがスーツを着て仕事をしていたのではなく
スーツを着ていたのは一部のエリート層に限られた様ですが。
漫画のサザエさんがやっていたのは丁度帽子が被られなくなっていく過渡期ですね。

なぜ帽子が被られなくなったかと言えば
・暖房技術が進歩して昔ほどの厚着が不要になってきた
・男性も色々と凝った髪型をするようになり、帽子が邪魔になってきた
・戦後から続く軽装化の流れ
があると思います。

余談ですが今年の冬まで節電が必要になった場合ウォームビズとして帽子が再注目されるかも?などと
帽子愛好家の私は密かに期待しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい解説ありがとうございました。
帽子がなんかの拍子に復活すればいいなぁと私も思います。

お礼日時:2011/05/21 10:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング