小学校の低学年で月に1回(15分間)、読書ボランティアをしています。それで思ったんですが、なぜか他のボランティアの方も私も悲しいお話を読みません。子供をわざわざ悲しませるのも・・・・と思って何となく避けていたのかもしれませんが、考えてみれば悲しみを感じられるのも大切な事かな、と。人生ハッピーエンドばかりじゃないんだから、疑似体験としてもそういう本って良いのかもしれないし・・・・。
そこで!みなさんが小学校低学年の子供向けに、読んであげたいなぁ~と思う悲しい話や、単純ハッピーエンドじゃない絵本や物語を教えて下さい。できればどの辺りが良いのか、どんなメッセージが込められているのか、なども解説していただければ、と思います。
ちなみにうちの悲しい話好きな小学1年生の娘は、「人魚姫」「赤い靴」「イカロスの翼」「幸福の王子」が好きです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (20件中1~10件)

『マッチ売りの少女』


『赤いロウソクと人魚』
なんだか、大人とか社会とかに対して陰鬱とした思いになった記憶があります。たぶん『フランダースの犬』の時と似たような気持ちだったと思います。あちらは、アロアの父に対して怒りがこみあげてきたことを覚えています。


『ごんぎづね』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/ws …
気持ちが、うまく相手につたわらないことがあるんだってことをしみじみ感じましたね。


『なまりの兵隊』
もしかしたら、兵隊さんは幸せだったのかなあと思いつつ、でも寂しい思いもしました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
「マッチ売りの少女」!!そう、これがあったんですよね!!イメージにぴったりです、ありがとうございます!
「ごんぎつね」も良いですね。「赤いろうそくと人魚」「なまりの兵隊」は読んだ事がないと思うので、ぜひ読んでみようと思います。(^^)

お礼日時:2003/10/13 21:08

「からすたろう」という本ですが、大人が読んでも涙が出ます。


鹿児島で生まれ、アメリカで活躍した絵本作家「八島太郎」の作品です。絵本に与えられる年間最高賞のコルデコット賞次席にも選ばれているようです。
内容は『小学校5年生まで誰にも相手にされなかった主人公「ちび」。みんなからばかにされても、休まず学校へやってきます。6年生になって初めて、彼の才能を担任の先生が引き出してくれるのです。それは、カラスの鳴声。学芸会で発表する姿に、皆が感動し涙します。
遠い道のりを毎日毎日、どんな思いをして通ったか、その子にどんなにつらく当たったかと、子供たちも大人たちも涙を流す。その後、「ちび」は「からすたろう」と呼ばれるようになった。』
「個性尊重の教育が叫ばれていますが、正に個の持つ良さを引き出していった先生の姿に頭が下がります。「みんな違ってみんないい」という視点 から、新学期がスタートした今の時期に、子どもたちだけでなく、大人にも読んでもらいたい作品です。」
紹介文からですが、
検索すると内容もかなりわかると思います。
是非読んであげてほしい絵本です。
http://www.holpforum.com/n03.html

参考URL:http://www.harapan.co.jp/amazon_jp/jp/nonfic_isa …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご紹介頂きありがとうございます。
子供たちの日常に近い設定で、良さそうな本ですね。こちらも、探してみたいと思います。

お礼日時:2003/10/15 22:27

■「あらしのよるに」シリーズ全6巻


 木村 裕一作・あべ 弘士絵/講談社 一冊\1,000前後

近頃ロングセラーとなった作品です。続き物で全6話。
嵐の夜にお互いの姿を知らないまま仲良くなった狼とヤギのお話です。

二匹とも相手に誠実でそれはそれはイイ奴なのですが、狼は自分のゴハンと仲良くなっちゃって複雑なキモチだし、ヤギはヤギで天敵と一緒、しかもお互いの仲間に知られるわけにもいかないし…という状況で、どこまで二匹の友情が続くのか、最後までハラハラさせられます。

コミカルギャグあり、また一級品のサスペンスでもあり、時々しんみりさせられる、ゼイタクな作品です。
子供達が釘付けになること間違いナシのお勧め本です。
http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cg …


■「ベロ出しチョンマ」
 斎藤 隆介作・滝平 二郎画/理論社 \1,200

舞台は江戸時代の農村。
いつも小さな妹をあやすために可笑しな顔で笑わせていた少年が直訴した父親に連座、家族全員が磔になった瞬間にも怖がる妹を笑わせるという健気な物語です。

何ともハードなストーリーですが、間違いなく名作です。
但し読み手自身がボロ泣きする可能性大なので(^^;)、読み聞かせの難易度は高いかもしれません。

作者の斉藤隆介は東北農村を舞台にしたロマンチックな泣ける系の童話を沢山書いた方で、他にも「八郎」や「花咲き山」が泣ける系として有名です。
http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cg …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答頂きありがとうございます。
「あらしのよるに」は確かにいい作品ですね。ワクワクドキドキ(?)してしまいます。
「ベロ出しチョンマ」はあらすじだけで、ウルウルきてしまいますね。(^^; 私じゃまだ読み聞かせは難しそうですが、ぜひ参考に読んでみたいと思います・・・・立ち読み以外で!

お礼日時:2003/10/15 22:25

こんばんは。



11日の「ETVスペシャル」(NHK教育)で、末期ガンと闘う自分の姿を見せることで、命や人生の素晴らしさを子供たちに伝えようとしている小学校校長のドキュメンタリーをやっていました。
その校長先生がある日の教材に選んだ本が、「わすれられないおくりもの」(スーザン・バーレイ/作、絵)でした。
たとえ命は尽きても、後に受け継がれていくものがある。それは知恵や思い出であり、そうして命は永遠になるんだよ――校長先生と子供たちはそういう結論に達していました。

わたしは未読なのですが、この番組を見て、読んでみたいなと思った本です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答頂きありがとうございます。
良さそうな本ですね。私もぜひ探してみます!

お礼日時:2003/10/15 22:21

#16の者です。


またひとつ思い出しました。
高橋宏幸さんの「チロヌップのきつね」なんかいかがでしょうか?このお話はアニメ映画化もされたので御存知かもしれませんが。

あと↓で、ごんぎつねをおすすめされてる方がいらっしゃいますが、新美南吉さんの作品を読まれるのなら、あわせて「あかいろうそく」と「てぶくろをかいに」も読んでみてはどうでしょうか?

参考URL:http://www.cinemawork.co.jp/cwhp/list/fox.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再びありがとうございます。
「チヌロップのきつね」は知らないので、こちらも合わせて探して見ます。「あかいろうそく」と「てぶくろをかいに」は昔読んだ記憶があり、いい話だった様に思いますが、内容を忘れてしまったので、もう一度読んで見ます。

お礼日時:2003/10/13 21:28

100万回生きたねこやちいちゃんのかげおくりは、私も大好きです。



まだ出てないものでは米倉斉加年さんの「おとなになれなかった弟たちに…」や田畑精一さん、野辺明子さん、志沢小夜子さんの「さっちゃんのまほうのて」もおすすめです。

おとなになれなかった弟たちには、戦争に関する絵本です。さっちゃんのまほうのては障害者の女の子が主人公です。このお話は、かなしいわけではないのですがすごく考えさせられるお話だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
「さっちゃんのまほうのて」は本当に考えさせるお話ですね。「おとなになれなかった弟たちに・・・・」はまだ知らないので、探して読んでみます。

お礼日時:2003/10/13 21:25

ジム ウィルス「犬の物語」



大親友だと思っていた飼い主が家庭を持ち、
仕事が忙しくなるにつれだんだんと忘れられていき
最後は保健所で殺されてしまうまでを
犬の視点で書いた話です。泣けますよ。

ただ書籍ではないのでネットで検索してくださいね。
ジム ウィルスでヒットします。


あとは「ずーっとずっと大好きだよ」も良いです*
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
どちらも知らない本なので、探してみたいと思います。

お礼日時:2003/10/13 21:22

「ちいちゃんのかげ送り」と「母を訪ねて3千里」がいい、と、うちの子供が申しておりました。



定番かもしれませんが、泣けますよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
「母を訪ねて3千里」!懐かしいです。良いお話ですよね。
「ちいちゃんのかげ送り」も泣けますね。泣け過ぎて読めなくなりそうなので、たっぷり練習してから挑みたいと思います。

お礼日時:2003/10/13 21:21

さいごの恐竜ティラン(ホーム社=集英社)は本屋で立ち読みしてなきそうになり、逃げました。

母と子供の恐竜の究極の愛という感じです。
 ずーとずっとだいすきだよ(評論社)飼っていた犬との成長と別れの本です
 いつでも会える(学研)ものすごくベストセラーになりました。今度は犬でなく飼い主の方が旅立ってしまいます。
 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
どれもまだ知らない本なので、探してみようと思います。

お礼日時:2003/10/13 21:18

#10です。

追加します。

『スーホの白い馬』教科書に載っている可能性もありますが・・・。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4834001 …


『よだかの星』 実は、物語の詳細は覚えていないんです。ただ、もの悲しい物語だったという記憶があります。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061484 …


『ふたりのイーダ』 テーマは反戦。生々しい戦争描写はないけれど、不思議な椅子のつぶやきが、心に残ると思います。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/ws …
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061470 …


『グスコーブドリの伝記』 
ラジオドラマで聞きました。テーマは自己犠牲なのかもしれません。
でも、その優しい、染み入るような世界に魅了されて、涙があふれました。低学年だとまだ無理かしら。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4875767 …
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4594017 …


(URL先には、個人書評がついているものもあります)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再びありがとうございます。
「スーホの白い馬」以外はまだ読んだことがないので、要チェックですね。色々良い本を読んで、私自身、心の栄養にしていきたいと思います。

お礼日時:2003/10/13 21:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q 葬式など、悲しい場で聞くようなクラシック、オペラを探しています。

 葬式など、悲しい場で聞くようなクラシック、オペラを探しています。

泣ける場、悲しい場、辛い場で聞くとより一層泣けてくるような
雰囲気のあるクラシック音楽を教えてくれませんか?
 

Aベストアンサー

「アルビノーニのアダージョ」
沈痛で胸がえぐられるようです。絶望的です

http://www.youtube.com/watch?v=zSg4e25-TqU&feature=related

「亡き王女のためのパヴァ-ヌ」
崇高で誇り高き感じです。
http://www.youtube.com/watch?v=3QoI5Q606GY&feature=related

G線上のアリア/ バッハ
穢れなき気品を感じます。
http://www.youtube.com/watch?v=K6YTIpvgN54&feature=related


「弦楽のためのアダージョ」
切なくて悲しくて泣きたくなります。
http://www.youtube.com/watch?v=ANWqxtlLUVs

Qウォーレスの人魚について

岩井俊二さんの「ウォーレスの人魚」という本の中に、ウォーレスが香港滞在中に書いたという「香港人魚録」という本が出てきます。

あたかも実在する本であるかのように書かれているのですが、本当に実在するのでしょうか。

実在するのならぜひ読んでみたいと思うので、入手する方法なども合わせて教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

アルフレッド・ラッセル・ウォーレスという方のようですね、岩井俊二の作品を読んで読みたいと思ったが見つからなかったという記述をネット上に見つけることが出来ました。
http://www.linkclub.or.jp/~keisuke/mermaid/hongkong.html
がヒントになるかもしれません。つまりそれを読んだ感想の本はこの世に残っているみたいです。でも英書みたいです、、、
確かな情報がなくてすみません

Q「哀しい」と「悲しい」の違い。

こんばんは、最近ふと疑問に思ったことを質問させていただきます。
「哀しい」と「悲しい」の違いについてです。
辞書を引くと同じ意味のようですが
こういう場合はこっちを使うというような決まりや両者の違いはあるんですか?
個人的には「哀しい」の方が情緒的な感じがするのですがどうなんでしょうか?

回答お願いいたします。

Aベストアンサー

こういう場合はこっちを使うといった明確な決まりは
ないと思いますが単純に使い分けよう思えば
『悲しい』は心が痛む感じの時で
『哀しい』切ない感じだと思います。

漢字の成り立ちからみると
『悲しい』は背中あわせの非の形から
二つの物が相反することに対するかなしさ
『哀しい』は口に衣をかけている形から
思いを口にださず胸の中に閉じ込めるなかなしさ

と考えられるので『悲』より『哀』の方が
より人間の想い、感情の意が強いような気がします。
したがって質問者様が『哀しい』の方が情緒的だと
思えたのもそのせいでもあるのではないでしょうか
勿論『哀愁』など言葉のイメージもあるでしょうが^^

Q人魚が出てくる短編小説の題名・作者を知りたい

二年ほど前に学校で読書感想文の為にプリントで配られたものなのですが、題名や作者などがまったく思い出せません。
内容は下記のような感じです。

主人公には同じ建物に住んでいてたまに一緒にお茶をする方がいます。しかしある時からその人の様子がおかしくなります。そして久しぶりに一緒にお茶をしたある日、彼が人魚と一緒に住んでいるということを告げられます。
見せてもらうと彼の家の浴槽には実際に人魚がいて、浴槽内をいったりきたりして泳いでいます。彼の話によると、人魚を”なぜだか”連れ帰ってしまい、手放すことができず、ずっとそばにいたくなってしまうそうなのです。はじめはこまめに見に行くだけだったのが、ただずっと人魚を眺めているようになり、そのうち食事も睡眠も人魚のそばで、という風に。
主人公は人魚を預かることになりますが、その方と同じように、だんだん人魚と一緒に一日を過ごすようになります。
最後はその方が人魚を連れ出し、主人公と一緒に人魚を海に返します。
(人魚を捕まえた原因は釣りが趣味とかで、だった気がします。あと最後に人魚の言葉らしいものがあった気がするのですが覚えていません。作者は女性だった気が・・・)

わかりづらい点などがあったらごめんなさい。
覚えがあったらどうか教えてください。よろしくお願いします。

二年ほど前に学校で読書感想文の為にプリントで配られたものなのですが、題名や作者などがまったく思い出せません。
内容は下記のような感じです。

主人公には同じ建物に住んでいてたまに一緒にお茶をする方がいます。しかしある時からその人の様子がおかしくなります。そして久しぶりに一緒にお茶をしたある日、彼が人魚と一緒に住んでいるということを告げられます。
見せてもらうと彼の家の浴槽には実際に人魚がいて、浴槽内をいったりきたりして泳いでいます。彼の話によると、人魚を”なぜだか”連れ帰ってし...続きを読む

Aベストアンサー

川上弘美「離さない」だと思います

Q悲しいドラマは、うつに悪影響あり?

抗うつ薬を服用しています。
このようなときに、哀しい、寂しい音楽やドラマを視聴して涙を流すのは病気によくないことでしょうか。

Aベストアンサー

病気でない人でも、哀しい、寂しい音楽やドラマを視聴して涙を流す
ことはあると思います。
病気だからと気にせず、今のご自分を受け入れてあげることの方が大切だと思いますよ。
自分も抗うつ薬を服用しています。悲しいときや、そのような気分のときは、
我慢せず、思いっきり泣くほうが健康的ですし、そのあと気分が晴れると思います。
我慢するほうが、健康的じゃないしストレスが溜まり、うつによくないと思います。

QBLなのだけれどBLじゃない小説・・・

こんにちは。
最近、BL小説を読んでいるのですが、どうも過激なHシーンが好きでないようなのです。
「BL小説にはHが必須」などと書いてあるのを見て、「そうかな。寧ろ無い方が」と思ってしまって・・・

朝丘戻。さんが書かれている、
・涙忘恋歌。
・雫幻想歌。
・恋心詩歌。
は、BLでは無いと思うのですがそれらしき言葉があったり、内容も良かったりで・・・

このようなゆるやかなBLに取れそうな小説はありませんでしょうか?
できれば、小説の内容はシリアス出ない方がよいです。
上記3冊のシリーズも、途中な感じで終わってしまい、ちょっとムズムズしてしまっているので;;

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

性描写がまったく無いけれど、私のお勧めは講談社文庫「李歐」高村薫(著)です。この作品はある青年が母親の失踪を調べるうちに中国人の殺し屋に出会い魂が惹かれ合うというお話です。その殺し屋は絶世の美男で青年が彼に名前を聞くと「惚れた?」と言うのですが、それがまたグッとくるのです。BL小説は性描写が凄いですが、この作品は全く性描写はありません。ですが心に響くようなお話しなので一度読んでみてはいかがでしょうか?

Q悲しい(切ない)気持ちになる音楽

洋楽、邦楽、クラシック等ジャンルは問いません。
ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

cuneの『ほほえみ』という曲はおすすめです。

Q作家もタイトルもわからないミステリー

イギリスが舞台で、違法に死体を解剖しているのがばれそうになり、死体を煙突に隠したのに
それが消えていた・・・という話と平行してもうひとつのストーリーが展開するような内容

昨年の夏に買った雑誌(男性向けのPCの特集なんかしてるもの。これもタイトル忘れて(涙))
のコーナーで紹介されていました

女性作家でタイトルが文章になっているものでした(「ごらんいただきました」みたいな)
死体解剖の話なのを象徴するような言葉だったんですけど・・・・

コーナーを書いている人は「BL小説」みたいに書いてましたが、作家さんはそうではありません
当時検索したときは修道院物の女の子の話が電子書籍で売っていたように思うのですが・・

結局購入しなかったのですが、急に「あれ?なんだっけ」と思ったら気になって仕方ありません

どなたかご存知の方 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

実際に作品を読んでいないので自信ナシですが、
皆川博子さんの『聞かせていただき光栄です』ではないかと思います。
<参考>
http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201110200166.html

Q悲しい曲

アニメ版・鋼の錬金術師で使われていたブラーチャみたいな、悲哀感が漂ってくるようなクラシック曲は無いですかね?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「ブラーチャ」ということで、ロシア語歌詞つきをお探しですか?
ロシア民謡集がいろいろありますので聴いてみてください (それぞれ、参照サイトで試聴できます)。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/214617

http://www.hmv.co.jp/product/detail/1444451

なんかちょっとイギリスのバラッド「スカボローフェア Scarborough Fair」を思わせる曲調ではありますよね。
サイモン&ガーファンクルが超有名。(↓5曲め)
http://www.hmv.co.jp/product/detail/148842

現在放送中のアニメ『マクロスF (フロンティア)』の挿入歌「アイモ」も、ちょっとスカボローフェアを彷彿とさせる曲です。物語のキーになる曲のようです。
(試聴サイトがみつかりません)

それと、ブラーチャを作曲した大島ミチル氏の別の曲で「シャ・リオン」というのがあります。
架空言語で歌われる歌で、某テレビ番組のテーマミュージックとして作られました。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/851008

「アランフェス協奏曲」、出ちゃいましたね。では、試聴案内。
(↓トラック別試聴の3曲目です)
http://music.e-onkyo.com/goods/detail.asp?goods_id=umgr000307

以上、ご参考までに。

「ブラーチャ」ということで、ロシア語歌詞つきをお探しですか?
ロシア民謡集がいろいろありますので聴いてみてください (それぞれ、参照サイトで試聴できます)。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/214617

http://www.hmv.co.jp/product/detail/1444451

なんかちょっとイギリスのバラッド「スカボローフェア Scarborough Fair」を思わせる曲調ではありますよね。
サイモン&ガーファンクルが超有名。(↓5曲め)
http://www.hmv.co.jp/product/detail/148842

現在放送中のアニメ『マクロスF (フ...続きを読む

Q大人も子供も楽しめる小説教えてください

中1の娘がいます。
もともと本が好きな子で、学校でも課題が早く終わった時など読書をする機会が多いそうなので本を用意してあげようと思っています。
私自身も読書が好きなので2人とも読める本がいいなと思い、大人も子供も楽しめる本をおすすめしていただきたいです。

内容はほっこり日常系、感動系などで、推理・ホラー・恋愛系は読みません。
私が好きな作家さんは柚木麻子さん、群ようこさん、銀色夏生さん、津村記久子さんなどです。
中学生になったばかりなので、いろんな意味で衝撃的な表現のないものがよいのですが私が何気なく図書館で借りた本は大体「これはちょっとなぁ・・・」ってなってしまいます。
また持ち運びの面から文庫で出ているものでお願いしたいです。
読書好きな方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

大人も子どもも楽しめる・・・という本をいくつか紹介したいと思います。中学校の図書室にもありそうな本です。
香月日輪「妖怪アパートの幽雅な日常」(タイトルは怖そうですが、ホラーではありません)
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784062761697

上橋菜穂子「精霊の守り人」
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784101302720

天野 頌子「タマの猫又相談所―花の道は嵐の道」
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784591133927

柏葉幸子「ミラクル・ファミリー」
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784062766692

菅野雪虫「天山の巫女ソニン」
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784062775885

ルイス・サッカー「穴」
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784062755870

大人も子どもも楽しめる・・・という本をいくつか紹介したいと思います。中学校の図書室にもありそうな本です。
香月日輪「妖怪アパートの幽雅な日常」(タイトルは怖そうですが、ホラーではありません)
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784062761697

上橋菜穂子「精霊の守り人」
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784101302720

天野 頌子「タマの猫又相談所―花の道は嵐の道」
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784591133927

柏葉幸子「ミラクル・ファミリー」
https://www.kinokuniya.co....続きを読む


人気Q&Aランキング