痔になりやすい生活習慣とは?

PowerPoint でマイナス(-)記号を使うと、ハイフン、というか、点のように短くなります。

数式でマイナスを書きたいのですが、全角文字を使うしかないでしょうか?
(そうだとすると、外国の人はどうしているんだろうという疑問がちょっと・・)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

Altキーを押しながらテンキーででも0150と押せばいいんですよ。


の他便利な記号の入力はプログラム→アクセサリのどこかに「文字
コード表」があると思うので、そちらを参照して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ノートPCなのでテンキーがないのですが、ファンクションキーの下にある数字キーでAlt+0150とやっても何も入力できませんでした。
なにか設定が必要でしょうか?

お礼日時:2003/10/18 22:50

おっしゃる通り、数式では半角ですよね。


私の場合、プレゼンに使うことが多いので、半角のマイナスは誤解を与えては困るので
(1)「▲」マークを頭に付けるか
(2)マイナスの意として「赤字」表示にしています。
とくに、投影等する時は「半角のマイナス」は見えにくいです。
ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱりみにくいですよね。

私が不思議に感じているのは、時々、数字のあとのマイナスが「自動的に長いマイナスになってくれることがある」ことです。
最初は数字のあとだと自動的に判定して長いマイナスにしてくれているのかな、と思ったのですが、そうじゃないといも多くて。。あの長いマイナスを自分で出す方法はないのかなと思った次第です。

お礼日時:2003/10/18 01:39

歴史的に、マイナス記号とハイフンは同じコードを使いますから、同


じに見えるのはしかたがないです。ただそれが点のように短く見える
か、プラス記号と揃った大きさに見えるかはフォントのデザインの問
題なので、フォントをいろいろ変えてみて、読みやすいものを選べば
いいんじゃないでしょうか。

と言っておいて、私は昔からダーシ記号でごまかしてたりします。大
抵のフォントでマイナス-ハイフンよりは広いので。Macの欧文フォ
ントではoption+-、Winの欧文フォントではAlt+0150です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ところで0150というのはどうやってにゅうりょくするのでしょうか?

お礼日時:2003/10/18 01:36

 フォントがarialなんじゃないでしょうか。


 「MSゴシック」か「MS Pゴシック」にしたら、大きな(-)になると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。日本語フォントを使えばいいのですね。

お礼日時:2003/10/18 01:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qenダッシュ(半角ダッシュ)の入力方法(テンキーのない場合)

恐れ入ります。

Wordの論文作成時にハイフンとダッシュの違いを指摘され、修正を
しております・・。

論文は英語のためenダッシュを入力したいのです。

テンキーのあるキーボードの場合、Cntl+テンキー「-」と記載がありましたが
現在使用しているノートPC(IBM)にはテンキーがなく
Cntl+「-」だと反応がありません。

簡単な方法をご存じでしたらぜひ教えてください。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

enダッシュなるものを初めて知り勉強になりました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5_(%E8%A8%98%E5%8F%B7)#en.E3.83.80.E3.83.83.E3.82.B7.E3.83.A5

1.IMEでの入力方法
日本語変換はWindows附属のIMEでしょうか。
それならば日本語バーから「IMEパッド」を起動し
「文字一覧」をクリックしてください。
右上のリストが「シフトJIS」になっていたら「Unicode」に変更します。
その隣のリストより「一般句読点」を選択すると
ハイフンに似た記号がいくつか出ます。
文字の上にマウスカーソルをのせるとその文字コードが表示されるので
「Unicode:0x2013」とあるものがenダッシュにあたります。
この字の上でダブルクリックすると、Word上に表示できると思います。

2.テンキー利用
NotePCなのでテンキーがないとのことでしたが
NumLKキーがついていれば切り替えて
テンキーのようにキーボードを使用することが可能だと思います。
「=」のキーの手前斜面あたりに、マイナス記号があれば打鍵できますよ。

enダッシュなるものを初めて知り勉強になりました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5_(%E8%A8%98%E5%8F%B7)#en.E3.83.80.E3.83.83.E3.82.B7.E3.83.A5

1.IMEでの入力方法
日本語変換はWindows附属のIMEでしょうか。
それならば日本語バーから「IMEパッド」を起動し
「文字一覧」をクリックしてください。
右上のリストが「シフトJIS」になっていたら「Unicode」に変更します。
その隣のリストより「一般句読点」を選択すると
ハイフンに似た記号がいくつか出ます。...続きを読む

QWord 2007で理系のレポート・論文などでおすすめのフォント。

Word 2007でおすすめのフォントを教えてください。(半角英数のフォント)
デフォルトのまま(Century)だと、-(マイナス)の記号が短すぎて見にくいのでそこらへんが見やすいと良いです。
また、レポートなどで使用するので正式な文書などでも一般的なものが良いです。

Aベストアンサー

「日本科学教育学会 - 論文執筆要項(2007年10月以降に新規投稿される論文)」
http://certcms.shinshu-u.ac.jp/jsse/modules/note5/

「科学技術論文の書き方」
http://www.okada-lab.org/Ronbun/Fonts.shtml

「科学技術論文の書き方 目次」
http://www.okada-lab.org/Ronbun/Frame.shtml

「和文と欧文の混在の問題」
「http://www1.kcn.ne.jp/~westwind/work/tech/waoukonzai/index.html

ご参考まで。

Qエクセルで計算すると2.43E-19などと表示される。Eとは何ですか?

よろしくお願いします。
エクセルの回帰分析をすると有意水準で2.43E-19などと表示されますが
Eとは何でしょうか?

また、回帰分析の数字の意味が良く分からないのですが、
皆さんは独学されましたか?それとも講座などをうけたのでしょうか?

回帰分析でR2(決定係数)しかみていないのですが
どうすれば回帰分析が分かるようになるのでしょうか?
本を読んだのですがいまいち難しくて分かりません。
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるための指数表記のことですよ。
・よって、『2.43E-19』とは?
 2.43×1/(10の19乗)で、
 2.43×1/10000000000000000000となり、
 2.43×0.0000000000000000001だから、
 0.000000000000000000243という数値を意味します。

補足:
・E+数値は 10、100、1000 という大きい数を表します。
・E-数値は 0.1、0.01、0.001 という小さい数を表します。
・数学では『2.43×10』の次に、小さい数字で上に『19』と表示します。→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%87%E6%95%B0%E8%A1%A8%E8%A8%98
・最後に『回帰分析』とは何?下の『参考URL』をどうぞ。→『数学』カテゴリで質問してみては?

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9E%E5%B8%B0%E5%88%86%E6%9E%90

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるた...続きを読む

Q数式エディタでマイナスが表示されない

Word2003で数式エディタを使用していますが,突然,マイナス記号が入力できなくなりました。
これまでに作ったファイルを開くと表示だけはされますが,編集すると消えてしまいます。マイナスキーを押すとその分のスペースは空くので,フォントファイルが壊れているのだろうと思います。
そこで,fntcache.datを削除してみましたが,改善しませんでした。対策をご存知ないでしょうか。

Aベストアンサー

もしかして数式エディタのスタイル用フォントを変更していませんか?

マイナスを表示させるためには、メニューの[スタイル]→[スタイルの
定義]→[シンボル]のフォント名を[ Symbol ]にします。

これ以外のフォント名の場合、シンボルに対応する記号が表示されない
ことがありますから。

Q英語論文:ChemDrawでの「・」や「℃」、「△」などの記号入力に付いて

過去に類似の質問があることは承知なのですが、どうも上手く入力できないのであえてここに質問させて頂きます。

今度、RSCのジャーナルに電子投稿しようと思うのですが、
図の作成でChemDrawを使ってます。
RSCの規定でフォントはTimes New RomanとArial、Symbolしか使えないのですが、図のキャプションを書く時に、例えば、水和物を表す時の中点「・」や温度「℃」、図中のプロット「△、▲、○、●、□、■、×」などは、どのように入力すればよいのでしょうか?

Wordなら、「挿入」⇒「記号と特殊文字」でArialなどのフォントで入力可能なのですが、それをChemDrawにカットアンドペーストすると違う文字になってしまいます。

ちなみにOSはWindows2000で
ChemDrawのバージョンは6です。

Aベストアンサー

後から Julius さんのコメントを読んでハッとしましたが,入力自体はできたんですよね?

Julius さんのケースはちょっと良く分かりませんが,mogula さんの Word からのコピペでうまくいかない理由は,記号をクリップボードにコピー際,Word が自動的に日本語全角フォントのテキストに変換してしまうからです。この機能は,文字をメモ帳などに貼り付けるは便利なのですが…。

この問題は「ChemDraw 側が Word のリッチテキスト形式を認識する」という形でも解決するのが最も妥当なのですが,何せ日本版の Word でしか起こらない問題であるため,代理店が強く要求するなどしない限り,永久に修正されないでしょう。

ちなみに,このテキスト変換の様子は「クリップボードビューア」というプログラムで見ることが出来ます(クリップボードビューアがない場合は Win の CD からのインストールが必要)。

あと,WinME までなら文字コード表にある文字ならすべて ChemDraw に入力できるはずですが,Win2000 以降の Unicode フォントで新たに定義された文字は,ChemDraw6 にはどう足掻いても貼り付けることは出来ないと思います。ChemDraw6 は Unicode 未対応だと思いますので…(Julius さんのご回答から推測するに ChemDraw6 以降は Unicode 対応?)。

やはり,特殊な図を載せる,一番簡単確実な方法は,No.3 で書いた「アウトライン化」だと思います。

もしご参考になりましたら。

後から Julius さんのコメントを読んでハッとしましたが,入力自体はできたんですよね?

Julius さんのケースはちょっと良く分かりませんが,mogula さんの Word からのコピペでうまくいかない理由は,記号をクリップボードにコピー際,Word が自動的に日本語全角フォントのテキストに変換してしまうからです。この機能は,文字をメモ帳などに貼り付けるは便利なのですが…。

この問題は「ChemDraw 側が Word のリッチテキスト形式を認識する」という形でも解決するのが最も妥当なのですが,何せ日本版の Wor...続きを読む

Q半角の『°(単位の度)』

論文などでは半角の『°』が使われているのですが、普通のPCではどうすれば使えるのでしょうか?別に全角の『°』でも問題はないのですが、例えば90°とした時にできる丸の横の空間が気になって仕方ありません。
くだらない質問ですが、どなたか良い解決方法をご存知でしたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

認識が根本的に間違っています。
どうも日本語環境に育っていると全角半角という考え方が染み付いてしまうようで、先日友人に同じことを言ったときもやたらと驚かれましたが…

◆全角/半角が存在するのはカタカナと英数字、ASCII記号だけです◆

つまりその他の記号やギリシャ文字ロシア文字などには全角半角の区別はありません。
当然「°」記号も全角半角はありません。

ですから回答としては、
全角(のつもり)の「°」を打ってからArialでもCenturyでもお好きな英字フォントにして下さい。

Qワードでハイフンが入力できないです

ワードでハイフンが「ほ」のキーを打っても入力されません。どうしたらできますか?
もちろん、直接入力(半角)で入力しています。
使用ソフトは、ワード2003
OSは、Windows XPです。

Aベストアンサー

2007では

Wordのオプション
→文書校正
→オートコレクトのオプション
→オートコレクトタブ

において-の設定がないかどうか探す.

この機能をオフにするか,リストを修正や削除する.

2003でも対応するところがあるでしょう.

Qデスクトップアイコンが勝手に移動する

デスクトップアイコンを分かりやすいように並べ替えてるのですが、プロジェクターにつないだあとなど、すべて右側に移動していたりだとか、せっかく並べたアイコンがすべて自動整列されてしまっていることが多々あります。
そのたびにまた並べ替えるのですが、勝手に移動する原因はなんですか?固定することはできますか?

Aベストアンサー

>プロジェクターにつないだあとなど
画面解像度の変更などが発生すれば「そのままの位置」にしたら操作出来ないアイコンなどが発生しますから仕方がないです。

アイコン位置を保存しておいて戻すためのフリーソフトなどが多数配布されています。
一例だけ示しておきます。
http://www.khsoft.gr.jp/software/deskkeeper2012/

Q統計学的に信頼できるサンプル数って?

統計の「と」の字も理解していない者ですが、
よく「統計学的に信頼できるサンプル数」っていいますよね。

あれって「この統計を調べたいときはこれぐらいのサンプル数があれば信頼できる」という決まりがあるものなのでしょうか?
また、その標本数はどのように算定され、どのような評価基準をもって客観的に信頼できると判断できるのでしょうか?
たとえば、99人の専門家が信頼できると言い、1人がまだこの数では信頼できないと言った場合は信頼できるサンプル数と言えるのでしょうか?

わかりやすく教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

> この統計を調べたいときはこれぐらいのサンプル数があれば信頼できる・・・
 調べたいどの集団でも、ある一定数以上なら信頼できるというような決まりはありません。
 何かサンプルを集め、それをなんかの傾向があるかどうかという仮説を検証するために統計学的検定を行って、仮設が否定されるかされないかを調べる中で、どの検定方法を使うかで、最低限必要なサンプル数というのはあります。また、集めたサンプルを何か基準とすべき別のサンプルと比べる検定して、基準のサンプルと統計上差を出すに必要なサンプル数は、比べる検定手法により計算できるものもあります。
 最低限必要なサンプル数ということでは、例えば、ある集団から、ある条件で抽出したサンプルと、条件付けをしないで抽出したサンプル(比べるための基準となるサンプル)を比較するときに、そのサンプルの分布が正規分布(正規分布解説:身長を5cmきざみでグループ分けし、低いグループから順に並べたときに、日本人男子の身長なら170cm前後のグループの人数が最も多く、それよりも高い人のグループと低い人のグループの人数は、170cmのグループから離れるほど人数が減ってくるような集団の分布様式)でない分布形態で、しかし分布の形は双方とも同じような場合「Wilcoxon符号順位検定」という検定手法で検定することができますが、この検定手法は、サンプルデータに同じ値を含まずに最低6つのサンプル数が必要になります。それ以下では、いくらデータに差があるように見えても検定で差を検出できません。
 また、統計上差を出すのに必要なサンプル数の例では、A国とB国のそれぞれの成人男子の身長サンプルがともに正規分布、または正規分布と仮定した場合に「t検定」という検定手法で検定することができますが、このときにはその分布を差がないのにあると間違える確率と、差があるのにないと間違える確率の許容値を自分で決めた上で、そのサンプルの分布の値のばらつき具合から、計算して求めることができます。ただし、その計算は、現実に集めたそれぞれのサンプル間で生じた平均値の差や分布のばらつき具合(分散値)、どのくらいの程度で判定を間違える可能性がどこまで許されるかなどの条件から、サンプル間で差があると認められるために必要なサンプル数ですから、まったく同じデータを集めた場合でない限り、計算上算出された(差を出すために)必要なサンプル数だけサンプルデータを集めれば、差があると判定されます(すなわち、サンプルを無制限に集めることができれば、だいたい差が出るという判定となる)。よって、集めるサンプルの種類により、計算上出された(差を出すために)必要なサンプル数が現実的に妥当なものか、そうでないのかを、最終的には人間が判断することになります。

 具体的に例示してみましょう。
 ある集団からランダムに集めたデータが15,12,18,12,22,13,21,12,17,15,19、もう一方のデータが22,21,25,24,24,18,18,26,21,27,25としましょう。一見すると後者のほうが値が大きく、前者と差があるように見えます。そこで、差を検定するために、t検定を行います。結果として計算上差があり、前者と後者は計算上差がないのにあると間違えて判断する可能性の許容値(有意確率)何%の確率で差があるといえます。常識的に考えても、これだけのサンプル数で差があると計算されたのだから、差があると判断しても差し支えないだろうと判断できます。
 ちなみにこの場合の差が出るための必要サンプル数は、有意確率5%、検出力0.8とした場合に5.7299、つまりそれぞれの集団で6つ以上サンプルを集めれば、差を出せるのです。一方、サンプルが、15,12,18,12,21,20,21,25,24,19の集団と、22,21125,24,24,15,12,18,12,22の集団ではどうでしょう。有意確率5%で差があるとはいえない結果になります。この場合に、このサンプルの分布様式で拾い出して差を出すために必要なサンプル数は551.33となり、552個もサンプルを抽出しないと差が出ないことになります。この計算上の必要サンプル数がこのくらい調査しないといけないものならば、必要サンプル数以上のサンプルを集めて調べなければなりませんし、これだけの数を集める必要がない、もしくは集めることが困難な場合は差があるとはいえないという判断をすることになるかと思います。

 一方、支持率調査や視聴率調査などの場合、比べるべき基準の対象がありません。その場合は、サンプル数が少ないレベルで予備調査を行い、さらにもう少しサンプル数を増やして予備調査を行いを何回か繰り返し、それぞれの調査でサンプルの分布形やその他検討するべき指数を計算し、これ以上集計をとってもデータのばらつきや変化が許容範囲(小数点何桁レベルの誤差)に納まるようなサンプル数を算出していると考えます。テレビ視聴率調査は関東では300件のサンプル数程度と聞いていますが、調査会社ではサンプルのとり方がなるべく関東在住の家庭構成と年齢層、性別などの割合が同じになるように、また、サンプルをとる地域の人口分布が同じ割合になるようにサンプル抽出条件を整えた上で、ランダムに抽出しているため、数千万人いる関東の本当の視聴率を割合反映して出しているそうです。これはすでに必要サンプル数の割り出し方がノウハウとして知られていますが、未知の調査項目では必要サンプル数を導き出すためには試行錯誤で適切と判断できる数をひたすら調査するしかないかと思います。

> どのような評価基準をもって客観的に信頼できると判断・・・
 例えば、工場で作られるネジの直径などは、まったくばらつきなくぴったり想定した直径のネジを作ることはきわめて困難です。多少の大きさのばらつきが生じてしまいます。1mm違っても規格外品となります。工場では企画外品をなるべく出さないように、統計を取って、ネジの直径のばらつき具合を調べ、製造工程をチェックして、不良品の出る確率を下げようとします。しかし、製品をすべて調べるわけにはいきません。そこで、調べるのに最低限必要なサンプル数を調査と計算を重ねてチェックしていきます。
 一方、農場で生産されたネギの直径は、1mmくらいの差ならほぼ同じロットとして扱われます。また、農産物は年や品種の違いにより生育に差が出やすく、そもそも規格はネジに比べて相当ばらつき具合の許容範囲が広くなっています。ネジに対してネギのような検査を行っていたのでは信頼性が損なわれます。
 そもそも、統計学的検定は客観的判断基準の一指針ではあっても絶対的な評価になりません。あくまでも最終的に判断するのは人間であって、それも、サンプルの質や検証する精度によって、必要サンプルは変わるのです。

 あと、お礼の欄にあった専門家:統計学者とありましたが、統計学者が指摘できるのはあくまでもそのサンプルに対して適切な検定を使って正しい計算を行ったかだけで、たとえ適切な検定手法で導き出された結果であっても、それが妥当か否か判断することは難しいと思います。そのサンプルが、何を示し、何を解き明かし、何に利用されるかで信頼度は変化するからです。
 ただ、経験則上指標的なものはあります。正規分布を示すサンプルなら、20~30のサンプル数があれば検定上差し支えない(それ以下でも問題ない場合もある)とか、正規分布でないサンプルは最低6~8のサンプル数が必要とか、厳密さを要求される調査であれば50くらいのサンプル数が必要であろうとかです。でも、あくまでも指標です。

> この統計を調べたいときはこれぐらいのサンプル数があれば信頼できる・・・
 調べたいどの集団でも、ある一定数以上なら信頼できるというような決まりはありません。
 何かサンプルを集め、それをなんかの傾向があるかどうかという仮説を検証するために統計学的検定を行って、仮設が否定されるかされないかを調べる中で、どの検定方法を使うかで、最低限必要なサンプル数というのはあります。また、集めたサンプルを何か基準とすべき別のサンプルと比べる検定して、基準のサンプルと統計上差を出すに必要な...続きを読む

QWordで、1ページを丸ごと削除するには?

1ページしか必要ないのに、真っ白な2ページ目がその下に表示されてしまった場合、この余分な2ページ目を一括削除(消去)する為に、何かいい方法があるでしょうか?

Aベストアンサー

<表示されてしまった場合>
これはそれなりに理由があるわけで、改ページや改行によって、次のページにまで入力が及んでいる時にそうなります。
特に罫線で表を作成し、ページの下一杯まで罫線を引いたときなどには、よくなる現象です。

さて、メニューの「表示」で段落記号にチェックが入っていないと、改行や改ページなどの入力情報が見えず、白紙のページを全て選択→削除してもそのままということが良くあります。
1 改行マークが白紙のページの先頭に入っていれば、それをBackSpaceで消してやる。
2 罫線を使っている場合は、それでも効果がない場合がありますが、その時は行数を増やしてやる。
などの方法があります。


人気Q&Aランキング