おかしな添付ファイル…DSC01000.JPG〔01.61〕.datのメールが送られてきました。
何のファイルなのでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

合計61個あるファイルを合体させると1枚の*.jpgファイルになる・・・・という可能性と、あとは新手のウイルスでしょうか。


差出人にお聞きになるのが確実かな。

差出人のメーラーが○kb以上の添付ファイルを自動的に分割する設定になっているのもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

デジカメの写真でした。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/11/05 09:18

こんばんは


えっと、拡張子.を変更してください。
DSC01000.JPG〔01.61〕.dat→DSC01000.JPG

ファイル>右クリック名前の変更(M)で
DSC01000.JPG〔01.61〕.datを
DSC01000.JPG
にしてください。
変更ってより名前の一部を削除かなあ
デジカメの画像写真だと思います(^^)たぶん。
ではでは!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

デジカメの写真でした。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/11/05 09:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QDSCの測定原理

入力補償型と熱流束型のDSCがありますが、原理の書いてある本を読んでも言葉や話が難しくてよくわかりません。噛み砕いて違いやそれぞれのメリットを教えてもらえないでしょうか。

Aベストアンサー

メリット、デメリットを説明できる訳ではありませんが、入力補償型の方が高性能と聴いたことがあります。
しかし、パーキンエルマーの入力補償型とリガクの熱流束型を両方使用していますが、大きな差異を感じたことは有りません。
参考にパーキンのDSCのURLを記しておきます。

以前パーキンの方は、入力補償型の方が良いって言っていましたが、パーキンからも熱流束型をこの1、2年前に販売を開始しています。
両方のメリット、デメリットは、パーキンの方に聞くと良いかもですね。

参考URL:http://www.perkinelmer.co.jp/products/te.html

QWinmail.datファイルについて

私はWindowsでメールソフトはOUtLOOK2003を使用しています。ExcelのファイルをMacでEntorageのメールソフトを使用している人に添付して送信するとファイルがWinmail.datに変わり開けません。Winmail.datに変わらない送信方法及び解決策を教えてください。

Aベストアンサー

別のファイルのみを揚げるサーバにその添付ファイルを揚げて、揚げた旨のメールを送って、
それで相手に添付ファイルをダウンロードしてもらってはどうですか?

それですと、サーバに揚げるので拡張子が変わることなく受信できると思います。

宅ふぁいる便 http://www.filesend.to/
データ便   http://www.datadeliver.net/

また、次の情報もありますので確認してください。
EDU-QUAKE LABORATORY winmail.dat を受信した場合の対処法
http://www.saga-ed.jp/workshop/edq01449/winmail.htm

Microdsoft Office アシスタント
メッセージの受信者側で発生した問題を解決する
http://office.microsoft.com/ja-jp/assistance/HA010347811041.aspx
「Winmail.dat という名前の添付ファイル付きで書式設定なしの RTF メッセージが受信される」のところを参照。

別のファイルのみを揚げるサーバにその添付ファイルを揚げて、揚げた旨のメールを送って、
それで相手に添付ファイルをダウンロードしてもらってはどうですか?

それですと、サーバに揚げるので拡張子が変わることなく受信できると思います。

宅ふぁいる便 http://www.filesend.to/
データ便   http://www.datadeliver.net/

また、次の情報もありますので確認してください。
EDU-QUAKE LABORATORY winmail.dat を受信した場合の対処法
http://www.saga-ed.jp/workshop/edq01449/winmail.htm

M...続きを読む

Q測定装置等の原理の把握と説明について

SEMやXRD、DSC、IRなど、測定および分析装置には必ず
原理が存在しますよね。
私は現在分析関係にも従事しておりまして、不完全かもしれませんが
自分なりに装置の原理を把握しているつもりでいます。
しかし、上司などに不意に「この測定装置の原理はどうなっている?」とか
「DSCのmW値は何を表している?」と聞かれることがあります。
自分の頭の中では理解していても、口頭で説明することができず
結局上司にはちゃんと原理を理解してから測定するようにと
灸をすえられます。
上司が非常に知見のある人物なので、余計間違えてはいけないと焦って
説明できなくなります。
同じような分析に関わっている方に質問なのですが、
分析装置はきちんと原理を把握されていますか?
それを口頭でうまく説明できるコツなどはあるでしょうか?

Aベストアンサー

分析装置の原理の理解は、正しい測定を行い、その結果を
正しく解釈するために必要です。

たいていの分析装置は、実際に知りたい物理量を直接測定
するのではなく、その物理量と関連のある物理量を測定し、
物理量間の関係式から知りたい物理量を推定するという
しくみになっています。


 原理を理解していない場合、
・特定の条件でしか成立しない関係式を、それが
成立しない場合に用いてしまって、間違った推定値
を得てしまう
・別の評価手法により、他の物理量を測定しておいて
はじめて正しい推定ができる場合でも、その必要な
測定をしないで、適当な推定をしてしまう
・適切なキャリブレーションを行えない
・単純化された関係式を用いることにより、本来その
測定値から得られる情報のごく一部しか利用できない
・原理を知っていれば、測定の不備であることがすぐ
に気づくようなものでも、間違った測定により得られ
た偽のデータをそのまま真の測定値であると勘違い
してしまう
・その条件下では、別の分析手法の方が高感度である
のに、その手法を選択できない

などの問題が生じることがあります。

実際、学会などで、そのような間違いをしている
発表を見かけることがあります。

分析装置の原理の理解は、正しい測定を行い、その結果を
正しく解釈するために必要です。

たいていの分析装置は、実際に知りたい物理量を直接測定
するのではなく、その物理量と関連のある物理量を測定し、
物理量間の関係式から知りたい物理量を推定するという
しくみになっています。


 原理を理解していない場合、
・特定の条件でしか成立しない関係式を、それが
成立しない場合に用いてしまって、間違った推定値
を得てしまう
・別の評価手法により、他の物理量を測定しておいて
はじめて正...続きを読む

QThunderBirdで.datファイルの対処方法

Windows 7 にてThunderBirdを使い始めましたが、受信メールの添付ファイルに「.dat」の拡張子が付いてしまい、困っています。

これはOutlook間のメールであればMicrosoftのHotfixで対処できる問題のようですが、送信側に設定変更の依頼ができず、受信側でOutlookを使用できない場合、対処方法はありますでしょうか。

Aベストアンサー

Outlookには困ったものですね。

添付ファイルはWinmail.datですか?
その場合は、次のような案内がありますが、効果があるかどうか受けたことがないので判りませんが、アドオンがあるようですね。
(Thunderbirdで受信した添付ファイルが"winmail.dat"のときに中身を見る方法)
http://d.hatena.ne.jp/PiroshiBlog/20091217/1261035285
( LookOut 1.2.13)
https://addons.mozilla.org/en-US/thunderbird/addon/lookout/

Q粘弾性からガラス転移点を求める方法の原理

粘弾性率からガラス転移点を求める原理を
わかりやすく説明して欲しいんですが、お願いいたします。
 以前私は、ガラス転移点といったら、DSCによる方法しか
知らなかったのですが、今回粘弾性から求めることができる
ことを知りました。もしよろしければ、前者と後者の精度の
違い等も比較説明していただけたらありがたいのですが、
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「レオメトリー」
●http://minerva.ias.hiroshima-u.ac.jp/~toda/TMDSC_intro/02tmdsctowa.html
(TMDSC)

蛇足ですが、以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?
この中で紹介した成書等を参考にされては如何でしょうか(既に勉強されているかも・・・)?

ご参考まで。

参考URL:http://www.rheosci.co.jp/apps/b01.html

Q添付ファイルが消え ATT00008.dat

Windows8でWindows Liveメールを利用しているのですが、
添付ファイル(パワーポイント)を送ってもらったところ、ATT00008.datという
開けないファイルが届いただけで、肝心のファイルが消えてしまいます。

どなたか解決策をご存じの方がいらっしゃいましたらご教示下さい。

特定の相手で2度同じ現象が起こりました。
PDFを送ってもらったところ、無事に届きました。
メールタイトル、本文は普通に記載されています。
アンチウイルスソフトはマカフィーです。
他のメールからパワポのファイルを送っても普通に届きます。


宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

相手の方のメーラーによって発生している現象ですが、添付したパワポのファイル名に
原因があると思われます。

添付のファイル名に非漢字(丸付き数字や記号)を使うと文字コードに対応しきれずに
強制的にファイル名を変えてしまったりします。

添付そのものは壊れてはいませんので、添付を保存した後、元の名前に書き換えれば
PC上で開くようになります。


ATT00008.dat → ATT00008.ppt
でもOK。

QDSCとTGについて

TGとDSCはどういう関係があるのでしょうか?
TGの結果を判断してDSCで測定するという人がいますが、TGの結果からDSCを測定するにあたり何か参考となるデータが得られるのでしょうか?

全くの素人なのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

TG・DSC(あるいはTG・DTA)は、未知資料を手に入れたときに「とりあえずビール」みたいな感覚で「とりあえずTG・DSC」みたいに分析してみる道具です。

「tg dsc 原理 考察」などで検索してみましょう。
なお、「全くの素人」さんならば、こんな問題は自分で首を突っ込まずに専門家にお任せしてしまっても恥ずかしくはないと思います。

たとえば、活性炭をTG・DSCにかけると、
常温から徐々に減量と吸熱→水蒸気が飛びつつあるところ。
100度あたりで急激に減量と吸熱→水蒸気が沸騰で激しく飛ぶところ。
100度から400度あたりまでは割と平坦→あんまり物性が変化しないところ。
400度からさらに急激に減量と激しい発熱→燃えてなくなるところ。
なぁんてことがわかります。

参考URL:http://www.bunseki.cstm.kyushu-u.ac.jp/F/45.pdf

Q.datファイルとは

写真を数枚添付したというメールが届きました。
本文は正常ですが、添付されたのはwinmail.datという1ファイルになっています。
本人からは最近写真が送られて来たことがあり、基本的な問題ではなく、サイズの問題かと思います。
先方には1枚だけ送るように伝えています。

ところで、このdatをメモ帳で開くと大量の化け文字です。
そして、jpgに名前を変えて、写真として開こうとすると、壊れているか大き過ぎるとのコメントが出ます。
何が届いているのでしょうか?
なお、先方は不明ですが受信側はWin8.1 Winmailです。
以上

Aベストアンサー

winmail.datの件は、送信側が Microsoft Office の Outlook を使う場合に起きる有名な問題です。
送信側の問題ですので、可能ならばメールソフトを変えてもらいたいところですが、メールの形式をHTML形式でなく、テキスト形式にすることで正常になることがあるので、その旨送信側に伝えて、再度送ってもらいましょう。
( Outlook2010の例:http://www.fmworld.net/cs/azbyclub/qanavi/jsp/qacontents.jsp?PID=7408-7771 )

Q分析機器DSCのデータ解釈について

分析機器DSCのデータ解釈について
DSCのデータでピークが吸熱反応のピークなのか融解のピークなのかはどう判断すればよいでしょうか?

Aベストアンサー

質問者は、融解ピーク(融点)が、チャート上で上向きにピークが来るのか?それとも下向きにピークが来るのか?を知りたいのですよね。

実は、困ったことにメーカーにより方向が変わるため、単純に上下と言う答えは出来ません。
記憶では、パーキンエルマーのDSCの場合、融点ピークは上方向に出ます。
これがリガクのDSCだと、下向きに出ます。
他メーカーは、あまり知りませんが、下向きが多いような気がします。

手近なもので、試した方が早いかもしれません。例えば、PETボトル(材質:PET樹脂、融点:265℃ぐらい)とか、チョコレート(融点:40℃ぐらい)でも良いと思います。

また、DSCの基礎やチャートの具体例は、次のURLが参考になるかもしれません。
http://polyweb.yz.yamagata-u.ac.jp/~morilab/infos/DSC.html
http://www.rigaku.co.jp/app/doc/dsc_data.pdf

参考URL:http://polyweb.yz.yamagata-u.ac.jp/~morilab/infos/DSC.html

質問者は、融解ピーク(融点)が、チャート上で上向きにピークが来るのか?それとも下向きにピークが来るのか?を知りたいのですよね。

実は、困ったことにメーカーにより方向が変わるため、単純に上下と言う答えは出来ません。
記憶では、パーキンエルマーのDSCの場合、融点ピークは上方向に出ます。
これがリガクのDSCだと、下向きに出ます。
他メーカーは、あまり知りませんが、下向きが多いような気がします。

手近なもので、試した方が早いかもしれません。例えば、PETボトル(材質:PET樹脂、融点:265...続きを読む

Q.doc を送ったところ届いたのは.dat

とりあえずは、拡張子を変更すれば正常に読めます。
しかし、再発防止のためには設定の何かを変更しなければと思います。

セキュリティの程度の変更かとも思いますが、確証がありません。
送信側と受信側で、どう設定すればよいか教えて下さい。

なお、送信側、受信側はそれぞれ7、Vistaで、ともにWindows mailです。

Aベストアンサー

> メールソフトを変更せず解決できませんでしょうか?

ご利用のメールソフトのサポート情報を調べるか、サポートへ問い合わせるという方法はありますけど。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報