最新閲覧日:

こんにちは。

Androidのアプリについての質問なのですが、メモリブースターなどのメモリ解放機能と、タスクマネージャアプリのタスクキル機能は、どのような違いがあるのでしょうか。

また、私の端末はAndroid2.3なのですが、2.3はタスクキルなどのアプリを入れる必要があまり無いとか、逆に不具合の元だとかも聞きます。
そのあたりはどうなのでしょうか。
やはり、タスクマネージャやメモリ解放アプリは入れない方が良いのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

説明があまり上手くないので解りづらいかもしれませんが、お許しください。



両方とも端末のメモリ占有率を下げて端末のパフォーマンスを維持・向上するのが主目的ですが、端末へのアプローチの仕方が異なります。
タスクキラー系は「タスク」側から、メモリ解放系は「メモリ」側から端末を管理するというのが、一番の違いでしょうか。

タスクキラー系アプリは、タスクを手動や自動で終了させることで、端末のパフォーマンスを向上させることを主目的に運用されます。
オートマチックタスクキラー等は「タスク」の状態を監視し、設定されたタスクを自動停止させることで、端末のパフォーマンスを維持・向上させるよう機能します。
タスクを停止させれば、それが占有していたメモリが解放されますから、ある意味これもメモリ解放と言えますが、タスクキラー系アプリは「タスクを終了」させるのが主目的ですから、基本的にメモリへダイレクトにアプローチすることはありません。

一方、メモリ解放系アプリは「メモリ」の状態から端末を監視します。
メモリ解放系はメモリ占有率(使用量)を設定値以下に保ち、パフォーマンスを維持するように機能します。
メモリ占有率(使用量)が設定値以上になると、タスクを終了させてパフォーマンスを向上させたりするのは、タスクキラー系アプリと同様ですが、メモリ解放系アプリは「メモリ使用量の最適化」が主な目的。
キャッシュを削除したり、断片化したメモリを最適化する等、ダイレクトにメモリへアプローチする機能を持った物もあり、よりメモリ管理に特化しています。

ちょっと解りづらいですね。
申し訳ありません。

>タスクマネージャやメモリ解放アプリは入れない方が良いのでしょうか。

私の端末OSは2.2ですが、タスクキラーは入れていません。
使っている「GolauncherEX」というホームアプリに簡易的なタスクマネージャーがあるので、パフォーマンスが落ちてきたと感じたら手動で停止させる程度です。
メモリについても気をつけているのはキャッシュと履歴程度です。
キャッシュや履歴も放っておくと、けっこうメモリを喰うのですが、アプリケーション管理等から一つ一つ消すのが面倒くさいので、「1Tap Cleaner」というアプリ使っています。
他に特別なことはしていませんが、それでも割とサクサク動いてくれるので、特にストレスを感じたこともないです。

Androidも2.2くらいからタスク管理やバッテリー管理がしっかりしてきたようですし、タスクキラー系アプリは2.3とはあまり相性が良くないという話しも耳にします。
タスクキラーも設定を間違えたりすると逆効果になりますし、メモリ管理も通常はキャッシュや履歴クリーナー程度で充分ではないでしょうか?

あとは実際に使ってみて、効果を実感できないようであればアンインストールする…といった感じて試してみるのも良いかなと思います。

以上、参考になれば幸いです。
長文、駄文ご容赦ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常に分かりやすい回答有り難うございます。

なるほど、アプローチの仕方が異なるのですね。
Android2.3なら、タスクキラーアプリよりもメモリからアプローチするアプリの方が良いのかなとは思いますが、Android自体にもその機能は実装されてるようですし、仰るとおり履歴クリーナー程度で十分なのかもしれないですね。

Android2.3にはタスクキラーは相性良くないとは私も聞いた事がありますので、履歴クリーナーを試してみようと思います。

有り難うございます。

お礼日時:2011/08/02 18:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報