親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

ゴルフV,VI GTI純正ホイール(17インチ)を入手したのですが空気圧の規定値がわかりません。

きっと2名乗車時と5名乗車時では規定値も違うと思いますが、お教えいただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

ググればすぐに出てくると思うのですが…。



2名乗車+荷物小 → 前/240kpa 後/240kpa
5名乗車+荷物多 → 前/260kPa 後/300kPa

です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそく、ご回答いただきありがとうございました。

お礼日時:2011/08/19 22:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフォルクスワーゲンのエンジンオイル交換は純正オイルを使うべきですか。

フォルクスワーゲンのエンジンオイル交換は純正オイルを使うべきですか。

Aベストアンサー

フォルクスワーゲンってひと口に括っても年式やグレードで随分違ってくるっす。

元々大衆車のVWがそんなにオイル選ぶようなデリケートなモノのわけないじゃん、っつー感じもするんっすけど、日本に入って来るとどういうわけか妙に高級車的な扱いをしたがる人が多くていいオイルを入れちゃったりするんっすよ。それが運の悪い事に本国では大衆車も大衆車、安っすい鉱物オイルを入れるっつー初期値で作っているのに全化学合成オイルを入れちゃったからメーカーの予想を超えていろんな汚れと一緒にオイル漏れを防いでいるゴムなんかも溶かしちゃって。。。#2さんが指摘している不具合が起こっちゃう原因って、人よりクルマに詳しかったり拘ったりするのが逆に働いちゃった!!ってのが原因だったりするんっすよ。

例えばVWでもGTIとポロではメーカー推奨のオイルって、全然違うでしょ?それって、そういう事なんっすよ。

一番難しいのが中間グレードとか中間よりチョイいいモデルっすね。どの辺までグレード上げたらいいのか、迷ったりしちゃうっす。
そういうのがメンドクセ!っつーならディーラーで純正オイルを入れてもらうのが一番っすね。

でもバックス的な店に行ってもふらりとホームセンター的な店に行っても「安くて良さそう」なオイルがあるとつい入れたくなっちゃうっすよね。ラーメン出てきたら、食っちゃうよね。。。巨乳って、見ちゃうよね。。。っつーのと同様、人情っす。

そういう時のために車検証入れに入っている取扱説明書を読んでおくんっすよ。たいていはエンジンオイルの項に適正オイルの粘度と等級(グレード)が書いてるっすから、それと同等のオイルを入れていれば社外品でもOKっす。何しろ純正オイルも社外オイルもオイルの品質を管理する団体のチェックを通さないと売れない仕組みになっているっす。逆に言えば入れ物のロゴ以外は同品質だから純正も社外品もヘッタクレもねえんっすわ。#1さんが言ってるのって、こんな感じの事だと思うっす。
取扱説明書ばかりじゃなくてディーラーのフロントで尋ねればオイルの粘度と等級を聞いてみるとすぐに教えてくれるっすよ。教えてくれなかったらココで再度質問を立ち上げれば割とすぐに誰かが教えてくれるっす。

あとはメーカーが推奨しているオイルメーカーのオイルっつーのも手っすね。VW/AUDIだとバナナで釘が打てるでおなじみの モービル1 とドイツの リキモリ(Liqui-Moli) と フックス(Fuchs) なんか推奨してるっすね。


っつー事でまずはご自分のVWのグレードに見合うオイルの粘度と等級を知っておく必要があるっすね。それさえ知っていれば社外のオイルでも、平気なんです。

フォルクスワーゲンってひと口に括っても年式やグレードで随分違ってくるっす。

元々大衆車のVWがそんなにオイル選ぶようなデリケートなモノのわけないじゃん、っつー感じもするんっすけど、日本に入って来るとどういうわけか妙に高級車的な扱いをしたがる人が多くていいオイルを入れちゃったりするんっすよ。それが運の悪い事に本国では大衆車も大衆車、安っすい鉱物オイルを入れるっつー初期値で作っているのに全化学合成オイルを入れちゃったからメーカーの予想を超えていろんな汚れと一緒にオイル漏れを防い...続きを読む

Qゴルフ5GTiの長所と欠点

何度も車関係の質問をして申し訳ありません。

外車購入に関してBMW、ベンツ、ジェッタなどいろいろ考えたんですが、やっぱりゴルフくらいが身の丈に合っていると思い、ゴルフVGTiを最有力候補にしました。

そこで、ゴルフVGTiを所有している方に、この車の長所と欠点をお聞きしたいと思います。

今のところDSGを購入しようと思っています。
なんでもいいですから、情報がほしいです。お願いします。

Aベストアンサー

やはりココではないでしょうか??

http://www.carview.co.jp/userreviews/result.asp?key=29&method=1

*因みに私は一等候補だった車種の最終決定前に訪れて、急遽異なった車種選定にしましたが、リポートを信じたお陰で満足しています。車種によって、投稿者によってテキトーな書き込みもありますので参考まで。

QVWゴルフのオイル交換

半年前に新車で買ったVWゴルフのオイル交換(2回目)をしようと考えています。
しかし、ディーラーに9000円と言われたので、純正と同様の10W-40か
もしくはそれ以上のオイルをオートバックスで交換しようと思ったのですが…。

パッキンが必要と言われました。
なんですか?それ。ディーラーでしか手に入らないモノ?
国産車にはないんで全くわかりません。

やっぱりディーラーでしかできないものなんですか?

Aベストアンサー

 クルマの設計屋です。

>パッキンが必要と言われました。

 パッキンとは、ドレンボルト(オイルを抜く穴にフタとしてネジ込んであるボルト)にハマっているパッキンで、これが無いと完全にフタが出来ず、オイルがタラタラ漏れてきてしまいます。
 パッキン、と言ってもお弁当のフタのパッキンの様なゴムとは違い、普通は銅かアルミで出来ています。

>国産車にはないんで全くわかりません。

 勿論国産車にも使われています。ガソリンスタンドや町のショップ、或いはオーナー御自身でオイルを替えられる場合は古いモノをそのまま使ってしまいますが、しかしどのメーカもオイル交換毎に新品を使う様に指定しているはずです。

 尚、オートバックスさんなどでは、このパッキン不良によるオイル交換後のオイル漏れクレームを回避する為に、何年か前からオイル交換時には無料でパッキンを新品に交換する様になりました。
 このパッキンはサイズが何種類かありますが、国産車ならだいたいどのメーカのクルマでも3~4種類程度のサイズ内に入る様で、店で予め在庫しています。

 これが輸入車ですと、サイズがマチマチだったり材質が違ったりで、大きさが似ているから、と国産車サイズのモノを代用するにはリスクがあります。
 しかし(例え大量に売れているVWでも)輸入車の普及率は国産車の比では無く、輸入車のパッキンまでイチイチ在庫しているワケにはいきません。そこで輸入車の場合には『パッキン持込で』と謳っているワケです。

 さてこのパッキンですが、10円玉に穴を開けた様なモノなので、VWでも¥300もしないでしょう。勿論ディーラで購入可能ですが、そこらにある『自動車部品屋』(普通は修理工場などプロ相手なので、非常に地味な店構えです)でも購入可能です(この様な店の中には、個人購入でも業販価格で売ってくれるところもあります)。

 尚、最後に2点。

 輸入車ディーラのオイル交換費用はベラボーに高いですが、これは工賃が高いとゆぅのもありますが、使っているオイルが既にかなり高い場合が多い様です。勿論、これほど高価なオイルを使う必要は全くありません。以前はディーラ指定以外のオイルを入れると保証が受けられなくなる、などとゆぅタカビーな輸入車ディーラもありましたが、今どきそこまで無謀な事を言うディーラも無いでしょう。オートバックスなどでオイルを交換されても、問題は無いと思います。

 また、オイルの上抜きとゆぅヤツですが、これはオイルのディップゲージの穴(オイル量を見る棒が刺さっている穴)から細い管を入れ、オイルを吸い上げる方法です。
 輸入車ではオイルパンがアルミの鋳物で出来ている場合がありますが(見た目は非常にカッコよく、またオイルの冷却能力も高いです)、これはドレンボルト用のメスネジも柔らかいアルミなので、ネジ山が潰れ易いとゆぅ欠点があります。
 この様なトラブルを回避する為に、輸入車では上抜きを勧める店が多い様です。

 そこで上抜きと下抜きどちらがヨイか?とゆぅ点です。
 一時期上抜きは古いオイルを出し切れない、などのウワサが立ちましたが、実際に測ってみるとオイルパンの構造や抜き方によってマチマチで、絶対的にどちらが優れている、とは言えない結果となりました。
 ゴルフのエンジンのオイル抜きにどちらが適しているかは判りませんが、もしかしたらドレンプラグを外さない上抜きの方が安心出来るかもしれません。

 クルマの設計屋です。

>パッキンが必要と言われました。

 パッキンとは、ドレンボルト(オイルを抜く穴にフタとしてネジ込んであるボルト)にハマっているパッキンで、これが無いと完全にフタが出来ず、オイルがタラタラ漏れてきてしまいます。
 パッキン、と言ってもお弁当のフタのパッキンの様なゴムとは違い、普通は銅かアルミで出来ています。

>国産車にはないんで全くわかりません。

 勿論国産車にも使われています。ガソリンスタンドや町のショップ、或いはオーナー御自身でオイルを替え...続きを読む

Qミシュラン パイロットスポーツシリーズ(Pilot Sports, 2,3,4,super)の違い

ポルシェ996C4Sでのコンチからの初使用で検討しています。
いまだに不滅のPS2と、その後のPS3/4、SuperSportの違いについて、コメントをお聞かせ頂きたく。

ちなみに、C4Sはターボと同じ295/30R18が標準なので,そのサイズになるとPS2しかないのです(と思っています)が、フロントはPS2ではなくPS3/4,PSSにしようかと考えています。

というのも、PS2は、シリーズ内では相対的に、ウェットグリップが甘く浅溝でハイドロになりやすい、との評価を比較サイトで見かけます。
一方、ドライグリップについてはPS2がシリーズ最強(Sタイヤ系を除く)との評価ではなく、PS4とPSSについても、同点評価が多いです。

同じ車両でPSシリーズに乗られたことのある方のドライとウェットグリップの実際の感触の違いをお教え頂きたく思います。
PS4は出てから日が浅いので、乗り比べられた方は少ないかと思いますが、PS3の後継としてドライグリップが強化されている、との売り文句なので、PS2とPS3との比較でもありがたいです。

ドライグリップはいいことに越したことはありませんが、私はドライとウェットの差が小さいほうが安心して乗れるので、ドライが最強であることよりも、ウェットとの差が小さいモノが望ましいのですが、そうなるとどれがオススメでしょうか?
(希望としてはドライグリップは2番手でもウェットグリップはトップ、というようなレベルのモノがいいです)

ポルシェ996C4Sでのコンチからの初使用で検討しています。
いまだに不滅のPS2と、その後のPS3/4、SuperSportの違いについて、コメントをお聞かせ頂きたく。

ちなみに、C4Sはターボと同じ295/30R18が標準なので,そのサイズになるとPS2しかないのです(と思っています)が、フロントはPS2ではなくPS3/4,PSSにしようかと考えています。

というのも、PS2は、シリーズ内では相対的に、ウェットグリップが甘く浅溝でハイドロになりやすい、との評価を比較サイトで見かけます。
一方、ドライグリップについてはPS2...続きを読む

Aベストアンサー

ポジショニングを考えると、日本でのパイロットスポーツ2の後継タイヤはスーパースポーツの方になります。

現在のパイロットスポーツ(PS3以降)って、ミシュランはハッキリとは言ってませんが、実はプレセダシリーズの後継タイヤなんですね。
(値段はその割には安くありませんが)

ただまあ、ウェットグリップとかそういうのは、排水が追いついている状態での純粋な食いつきはともかくとして、PS2なんかはどちらかと言えば排水性がそれほど良くない方面でウェット性能が低いと思うので、そういう意味では深溝のPS3とかの方がドライとウェットのバランスはいいかもしれません。

QVW認証規格のオイルについて

とあるVW車に乗っています。
現行VW車の純正オイル(カストロール社製)はロングライフであることを謳っており,二年間または3万キロオイル交換不要となっています。
しかし私の乗っている車種は,現行でないこともあり一年または1.5万キロのライフとなっています。
これをふまえ,以下の二点についてご教示下さい。

(1)VW認証規格に合致している純正以外のオイルも,ロングライフ対応なのでしょうか?
「VW認証規格にを満たしている=ロングライフ」との捉え方でよいのでしょうか?

(2)いつの間にかVW503-00規格がなくなり,VW504-00規格に変更されていました。
これをちょっと前のVW車(一年または1.5万キロ交換不要)の車種に入れることで,二年間または3万キロオイル交換不要というわけには行かないのでしょうか?

年間5,000キロ程度しか乗らないため,毎年のオイル交換が不経済に感じておりこういった質問をさせていただきました。
以上,ご回答よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

(1)503及び504規格に対応していれば日本国内ではOKです(MOTUL等)
が、保証制度が今年から変わるのでオイルによるトラブルは何とも言い難いですね(まあオイル銘柄によるトラブルは聞きませんけど)
(2)設計が違う為推奨できません…実際は問題ないですが。
>>年間5,000キロ程度しか乗らないため,毎年のオイル交換が不経済に感じておりこういった質問をさせていただきました。
とありますがVGJでは日本(アジア)特有の環境により1年をインターバルとしています
それは現行車種でも一緒です
そうは言えど環境及び金銭面でも交換は少ないほうが良いですね
とある評論家が某GT-Rの製作現場で
「納車前にオイルは変えないの?」と時代に逆行したお馬鹿な事を言ってたのを思い出しました
軽く脱線しましたがオイル交換時期の目安は距離よりエンジンの稼働時間です
日本の方が欧州より距離あたりの稼働時間が長いのでこの交換時期となっています

Q外車(フォルクスワーゲン)の維持費用について

外車(フォルクスワーゲン)の維持費用について

現在、新車購入を検討を行っています。

候補としては
1.ホンダ CR-Z
2.フォルクスワーゲン POLO GTI(2010年秋ごろ発売予定)
特にフォルクスワーゲンのPOLO TSIに試乗したところ、車の作りの良さに非常に感心し、驚愕をしました。

どちらの車にしようか非常に迷っています。判断が迷う原因のその一つとして、維持費用のネックとなっています。

外車購入のデメリットとして「高額な維持費用」が挙げられると思います。少しの故障や事故などのアクシデントで十数万円が飛ぶような話も聞きます。

ここで質問です。
上記のようなデメリットは事実なのでしょうか。他に挙げられるようなデメリットは何か存在しますか。
年間の維持費用は国産の新車と比較して、高額となりますか。聞いたところによると国産車の維持費用は自動車保険やガソリンなどで30万~35万円/年と聞いております。

また、フォルクスワーゲンの車種を日頃から乗車されている方に質問しますが、経年劣化による車のへたりや日常使用時の車自体への信頼性は如何でしょうか

以下に私の情報を載せておきます。
性別:男、年齢:29歳
現在、車は父親の車をシェアする形で扱っており、パーソナルユースの自動車購入は初めてとなります。
使用頻度としては休日のみの使用頻度で、平日には乗る機会はまずないです。
自動車通勤は出来ない状況ですので、使用頻度は少ないかとは思います。完全に趣味の領域での使用となります。

以上、回答よろしくお願いいたします。

外車(フォルクスワーゲン)の維持費用について

現在、新車購入を検討を行っています。

候補としては
1.ホンダ CR-Z
2.フォルクスワーゲン POLO GTI(2010年秋ごろ発売予定)
特にフォルクスワーゲンのPOLO TSIに試乗したところ、車の作りの良さに非常に感心し、驚愕をしました。

どちらの車にしようか非常に迷っています。判断が迷う原因のその一つとして、維持費用のネックとなっています。

外車購入のデメリットとして「高額な維持費用」が挙げられると思います。少しの故障や事故などのアクシ...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは☆

昔、golfに乗っていました。
その後、BMW318ti⇒スバルインプレッサSRX⇒シトロエンC3と乗り換え、
現在はフィアットグランデプントに乗っています。
(どれも、『現地のカローラ』的存在の車ばかりです^^;しかも中古です^^;)

プント購入時にPOLOも検討したのですが、良い車ですよね~!!
ドイツ車独特の硬い感じが何ともいえず、キビキビ動いてくれるのが好きです(^-^)
今では希少な5ナンバーなので、税金の安さも魅力だと思います。

維持費のお話ですが、国産(インプレッサ)と変わり無い様に感じますよ。
任意保険は、入る内容によって金額が大きく変わるので、一概には何とも・・。
例えば、私の場合、自損事故時(対物)の車両保険は下りない契約になっています。
保険内容を細かく検討し、納得がいくプランを決めて下さい♪♪

また、ガソリン代の件も、一概には何とも申し上げられません^^;
ハイオクとレギュラーの違い位では無いでしょうか??
お休みの日に乗られる位であれば、それ程お財布には響かないと思いますよ。

少し感じるのは、こまごまとした部品交換代が割高かなぁ~と言う点です。
とはいえ、MAX1.5倍程度だと感じています。
(ハイクラスな外車だと、『えっ!!』となる様な価格を請求されますが^^;)

VWは、外車の中でも故障が少ないと思いますよ!
周りでも、乗っている人が多いですし。
318ti、golf、インプレッサは故障無く乗れたイメージがあります。
(C3は内装がちゃちで、意味不明な場所が壊れたりしました・・。)

下取り価格がゼロになってしまう国産車と比べ、
外車は下取り価格に多少なりとも価格が付く様に思います。

維持費にそれ程の差は無いと思いますし、ご自身が一目惚れした車に乗られる事をオススメします(^▽^)/
家族が出来て・・子供が出来て・・となると、自分の趣味を反映した車に乗る事が難しくなってきますもの(T_T)

こんばんは☆

昔、golfに乗っていました。
その後、BMW318ti⇒スバルインプレッサSRX⇒シトロエンC3と乗り換え、
現在はフィアットグランデプントに乗っています。
(どれも、『現地のカローラ』的存在の車ばかりです^^;しかも中古です^^;)

プント購入時にPOLOも検討したのですが、良い車ですよね~!!
ドイツ車独特の硬い感じが何ともいえず、キビキビ動いてくれるのが好きです(^-^)
今では希少な5ナンバーなので、税金の安さも魅力だと思います。

維持費のお話ですが、国産(インプレッサ)と変わり無い様...続きを読む

Q輸入車用クーラント(ドイツ車)とは?

クーラント交換を計画しています。(BMW)
クーラントで「輸入車用」というのを耳にします(正確にはサイトで目にします)
また、国産のものでも問題ない、とのサイトも目にします。

先日オート●クスで「輸入車用」のクーラントが販売されていました。
また、比較的多くのホームセンターで売られている
「KURE」(大手の呉です)のクーラントには「輸入車には使用できません」と記載されていました。

先日のこのサイトでも「ベンツはクーラントの通り道が狭いので国産の物はNG」とありました。

質問)輸入車用のクーラントと国産の物のは具体的に何が違うのでしょうか?何を確認すれば輸入車に使えるかがわかるのでしょうか?(輸入車といってもいろいろあるのでここではドイツ車で、更にはBMWで教えてください)

Aベストアンサー

輸入車用のクーラントはノーマルに比べて、冷めやすい性質を持っているそうです。
ドイツなどヨーロッパは日本ほど暑くないので、ドイツ車の冷却システムも日本車ほど強力ではないようです。その冷却システムにノーマルのクーラントを入れると、一度熱を持った場合、なかなか冷えなくなり、エンジンを冷却するという、クーラントの性能が出なくなってしまいます。
特殊な成分の入っている輸入車用クーラントであれば、一旦熱を持っても、循環して行くうちに、ファンや走行中の風で水温が下げられ、またエンジンを冷却することができるようになります。
私もBMWですが、以前は国産車用クーラントをかまわず使っていました。その頃はクーラントがよく減り、補充するようにとのメッセージがたぼたび現れました。その後、輸入車用に変えると、クーラントが減らなくなりました。熱による膨張が少なくなり、エンジンルームであふれる量が減ったのではないかと思っています。
BMWの場合、極力、輸入車用にした方がよいと思います。参考になれば幸いです。

QVWゴルフのオイル交換

VWゴルフ1.4TSIに乗っている者です。

近年のVW車のエンジンオイルは、ロングライフのものを使用しているということです。
メーカーのHPによると、車両搭載のコンピューターがエンジンオイルの最適な交換時期を判断して、1年15,000kmから2年3万kmの間でサインを出す「ロングライフサービス」を採用しているという説明がされています。

この点について、整備に出しているディーラーに確認したところ、日本での使用環境を考慮してディーラーでは一律1年15,000kmでサインが出るように設定しているということでした。

前回のオイル交換から1年1万kmになるのですが、エンジンオイルを交換するかどうか考えています。ロングライフなので、1年半から2年15,000kmくらいはもつように思っているのですが、みなさんはどのように思われますか?

Aベストアンサー

飽くまで私観っすよ。つまり俺のたかだか数100台整備的な事してきたケチな経験だけで物言わしてもらうっす。

ハッキリ言ってロングライフオイルにロングライフの根拠はねえっす。

っつーのもね、知り合いがゴルフ3でオイル漏れが直らねえっつーんっすよ。オイル漏れ止めの添加剤入れても直らねえ、ディーラーで散々高いオイル補充してるけど金銭的にきついしエンジンベットベトだしっつって泣きついて来たから「どれ、チョイと見せてみ」っつって蓋(ボンネット)開けたのね。そしたら豪快に漏れてんの、ヘッドカバーとシリンダーブロックの間から。一旦BC9っつーケミカルでオイルを拭き取ってからエンジン掛けるとアイドリングで漏れてくんのね、ジワーッと。。。ゴルフ3ではありがちなんだよなぁ、とか思いながらヘッドカバー外したら。。。スラッジがすごいの。なんかね、煮こごりか安い居酒屋の雑なポテトサラダ的に出っ張ってる所全部に盛られてる感じなのね。

「お前、コレいつエンジンオイル交換したんだよぉ!」っつったら「えっと。。。」って、考えちゃったよ!思い出せねえほど昔の話かよ!「でもロングライフオイルだから、交換しなくてイイと思ってぇ。。。」思ってぇ、じゃねえよ。急に甘える、じゃねえよ気持ちワリイ。お前、もうすぐ40のオッサンだろ?ガキがもうすぐ中学生だろ?

とか言いながらざっとカムシャフト周りのドブさらい(スラッジの除去)を、分解せず手の届く範囲でやっといたけどね。ダイエットコーラ1本を工賃として。で、ヘッドカバーの裏側もドブさらいしてBC9で洗浄したら、ブローバイホースの差し込み口の穴までスラッジで塞がってて逃げ場を失ったオイルが溢れてた、っつーオイル漏れの原因が分かったんっすね。
で、コイツの場合根がバカだからこれで直ったと勘違いしちゃう、っつーんでディーラーにヘッドカバーガスケット取り寄せさせてスラッジ洗浄できる工場に予約入れさせたっすよ。で、ガスケット交換してスラッジ洗浄させたら「エンジンが生き返った!」って喜んでたっすよ。良かったね。ディーラーに丸投げしてるとそうなっちゃうんだよ、少しは脳みそ使えよ、動いてんだろ?ちっとはピクピクピクピク動いてんだろ??っつってからは俺が勧めたMobil 1、5000km毎に入れてBARDAHLのフラッシング剤、10000km毎に入れてるっすよ。

そん時の煮こごりエンジン(もしくはドブエンジン)、写真に撮ったんだけど「恥ずかしいから公表しないでくれ」だって。恥ずかしいって感じるって事はちっとは脳みそ動いてんだな、ピクピクピクピク動いてんだな。っつー事で別の国産車で似たような状態の奴を添付しとく(写真上)っす。国産車では多いんだ、こういう悲惨なエンジン。

これがロングライフオイルでこうなっちゃうんだからね。オイルレベルゲージで見ても、分かんなかったからね。抜いたオイル見た位じゃ分かんねえよ。蓋(ヘッドカバー)外して初めてドン引きしたからね。何を根拠にしたロングライフだよ、と1個も信じてねえっす。
でね、Mobil 1を勧めたのはね、手頃な値段の全化学合成オイルだからなんっすよ。っつーのも部分合成とか鉱物だとブローバイガスが良く出るんっすよ。欧州車でもワーゲンは特に気をつけないといけない所で、5万km毎に交換したいブローバイホースをさらに劣化させる事になりかねねえっす。このホースが劣化するとオイル成分(特に洗浄成分とか)が周辺のエアマスのコネクターやセンサー類に悪さして2次災害を引き起こすんっすよ。
それに添加剤を1個も信じてない俺でもBARDAHLだけは全幅の信頼を寄せてるっすね。実際フラッシングはメーカーによっては1個も洗ってねえ、っつーのも多いっすけど、BARDAHLはキッチリ洗い流してくれるっすからね。俺のOPELなんか11年経過してるけどBARDAHLのおかげでご覧の通り(写真下)っすから、ね。自慢です。

オイルメンテナンスでロングライフオイルにお金掛けるならね、フラッシング剤にお金掛けたほうがよっぽど得策っすよ。

飽くまで私観っすよ。つまり俺のたかだか数100台整備的な事してきたケチな経験だけで物言わしてもらうっす。

ハッキリ言ってロングライフオイルにロングライフの根拠はねえっす。

っつーのもね、知り合いがゴルフ3でオイル漏れが直らねえっつーんっすよ。オイル漏れ止めの添加剤入れても直らねえ、ディーラーで散々高いオイル補充してるけど金銭的にきついしエンジンベットベトだしっつって泣きついて来たから「どれ、チョイと見せてみ」っつって蓋(ボンネット)開けたのね。そしたら豪快に漏れてんの、ヘッド...続きを読む

Qゴルフ5 GTI のハンドリング

ゴルフ5 GTI のハンドリングについて教えてください。

先日、2001年式ポロGTI (5MT)から2006年式ゴルフ5 GTI (DSG)に買い替えました。

そのゴルフ5 GTI を中古車店で購入する際、当然試乗させてもらいました。
首都高・峠ではさすがに試乗できなかったものの、街中を周囲の車速+α程度で流した感じとスラローム走行させたときのしっかり感が感じ良かったので、アルファ147にも惹かれつつ、ゴルフ5 GTI に決めました。

あれだけ評判の高いゴルフ5 GTI のハンドリングなのだからさぞ楽しいだろうと期待して、
納車されて早速首都高環状線を走ってみると、意外に気持ちよくなかったのです。

街中の交差点である程度ずばっと舵角をあてるようなコーナリングに対してはGTI ならではの足廻りとボディがしっかりと受け止め、十分なキャパシティを有していて限界など微塵も見せないという印象で、パワーは過剰なくらい。
でも、首都高の各コーナーの入り口で拳一個分の舵角をじわーっと入れていくような最初の領域で、いまいち鼻先がすっと入らず、その後のコーナーアペックスでは外側タイヤサイドウォールに負担がかかっていてクルマ全体ではなくタイヤグリップだけで曲がって行く感じ、その後は「立ち上がり部でクルマの素性と挙動に合わせてアクセルの踏み込み量を調整する事によってハンドルにほとんど力を加えず添えているだけでラインに合わせてきれいに立ち上がっていく」のが好みの私にとってその間隔とはほど遠い感じ。
まだ峠には行けていません。

タイヤはおそらく純正のままなのでしょう、ミシュランパイロットスポーツ3、225/45/R17です。

原因と改善策を考えようと、ネット検索したところ、「教えて!goo」のこちらの質問がヒットしました。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5202763.html

上記URLで質問されていたdelaさんの好みと私の好みが一致していて、しかも元ロードスター乗りだったという点からも共感できました。

そしてベストアンサーのLB05さんの回答が素晴らしく、この質問にも答えていただけないかと期待しながら、そして他にも素晴らしい回答を寄せてくださる方がいるかもしれないと思いこの質問を書いています。

これまで小さいクルマばかり好んで乗ってきた自分にとって、ゴルフ5 GTI は大きすぎ、重過ぎ、タイヤもデカ過ぎ、なのでしょうか?
クルマに合わせたコーナリングを自分ができていないだけでしょうか?
この個体のアライメントがずれているだけなのでしょうか?
「いにしえのスポーツハッチ」の方が自分には合うのでしょうか?

一方、首都高や峠ではまだ試乗できていませんがゴルフ6はとても素晴らしいと思っています。
コンフォートラインでもトレンドラインでも素晴らしく上質感にあふれていて、とくに街中の交差点を曲がるだけでも充分味わえる「しっとりした」ハンドリング(もしくはパワステフィール?)がとても心地よく、数字上はとても小さい馬力を7速DSGが十二分に引き出していてサーキットにさえ行かなければGTI のパワーは全く必要ない、とも感じました。

ポロGTI からの買い替えのときには、中古のゴルフ6も候補のひとつではありましたが、「5よりかは6の方がいいに決まってるけど、6を買う予算は厳しいな...6よりもはるかに安くしかもGTI が買えるのなら!」と思って今のゴルフ5 GTI にしたわけですが、買った早々から「選択を誤ったか?」と自問自答しています。

足廻りを社外品に換えること、タイヤの銘柄を換えること、アライメント特性を換えることでどの程度改善されるでしょうか?

おすすめパーツ・タイヤ・おすすめトー・キャスター・キャンバーセッティング、もしくはおすすめクルマがありましたらアドバイスをお願いします!

ゴルフ5 GTI のハンドリングについて教えてください。

先日、2001年式ポロGTI (5MT)から2006年式ゴルフ5 GTI (DSG)に買い替えました。

そのゴルフ5 GTI を中古車店で購入する際、当然試乗させてもらいました。
首都高・峠ではさすがに試乗できなかったものの、街中を周囲の車速+α程度で流した感じとスラローム走行させたときのしっかり感が感じ良かったので、アルファ147にも惹かれつつ、ゴルフ5 GTI に決めました。

あれだけ評判の高いゴルフ5 GTI のハンドリングなのだからさぞ楽しいだろうと期待して、
納...続きを読む

Aベストアンサー

 もう1か月も前の御質問なんですねぇ・・・・しかし御指名頂いていた様なので。
 遅ればせながらLB05 です。この掲示板はたまにしか見ないので、全くノーマークでした。

 さて。
 御質問の内容がアレもコレもと一杯あり、結局のところ何が問題なのかイマイチ判らなくなってしまいましたが・・・・かなり精密な評価能力をお持ちの様ですので、とりあえずコメントしましょう。

>でも、首都高の各コーナーの入り口で拳一個分の舵角をじわーっと入れていくような最初の領域で、いまいち鼻先がすっと入らず・・・・

 これ、欧州製スポーツカー(特に、根が単純なイタ車でなく論理的なドイツ車や官能評価で全て解決しようとする英車)の特徴をとらえているのではないか?と。

 クルマの旋回運動とは、トドのつまりが横加速度とヨーイング運動の2つだけで語る事が出来ますが(ばねやダンパやスタビを変えるという行為全てが、実は横加速度とヨーイングの、応答やゲインを変える行為です)、経験上、この2つの運動の応答差(ハンドルを切ってからの横加速度とヨーイングの立ちあがりの差)を縮めると旋回フィーリングが向上することが判っています。
 しかしヨーイングは、設計初期に車両レイアウト(機構や乗員の配置)を決めてしまうと回転慣性モーメントという数値が決まってしまい、応答性のチューニングはあまり大きくは出来ません。そこで横加速度の応答性をチューニングすることになります。

 具体的には、フツーの乗用車のレイアウトではヨーイング方向の回転慣性モーメントが大きくモッサリとしか動かないので、ロールが大きく・ゆっくり発生する様に仕立てて横加速度の応答をヨーイング応答に接近させます。
 欧州車、とりわけドイツ車や英車では、この種のチューニングでまとめる傾向があります。

 この様にチューニングされたクルマでは、ハンドルを切ると向きが変わる=ノーズがハンドルを切った方向に向く事が明確に判る様になりますが(よく雑誌などで、ヒョウロン家のボケどもが欧州製スポーツカーを試乗して『長いノーズが右に左に向きを変える』という表現を使いますが、あれが『ヨーイングを感じる車両挙動』ということです)、横加速度がすぐに出ないのでインに付くリズムが1テンポ遅れます(横加速度の応答だけがピーキーな『日本製スポーツカー』では、ハンドルを切ると横加速度がドカン!と出てクルマがハンドルを切った方向にすっ飛んでいきますが、そのトリッキーな運動に惑わされ、実はドライバーがヨーイングをじっくり検出しているヒマを与えていません)。
 御質問の『いまいち鼻先がすっと入らず』というのは、操舵初期に左右荷重移動がロールに食われてインに付き難いという特徴を検出しているのではないか?と思われます。ヨーイングは明確に出ている(クルマの向きは明確にインに向いている)はずで、それを感じながら実際にはインに付けないということで余計にワンテンポ遅いと感じられている様にお見受けしました。

 また欧州車、特にドイツ車では高速直進安定性はMUST性能なので、ステアリングのオーバーオールギヤ比をあまり早められないとか後輪のトーコントロールを常にアンダ・ステア側に保持しなければならないという事情もあり、操舵初期のモッサリ感がクローズアップされてしまう傾向にあります。

 それでも、同じVWでもポロやBMWのMINIの様にホイールベースが短くヨー方向の回転慣性モーメントが比較的小さいクルマでは適当なクイック感を演出出来るでしょうが、今やゴルフGTIは200km/hなどという速度が単なる通過点に過ぎない、FFハッチバックとしては最大クラスの超高速車です。絶対的な安定感≒絶対的なグリップ感を、ハンドリングの根底に必ず持たせる必要があります。限界付近のコントロールというと『逆ハン』と『パワースライド』しか知らない御子様が喜ぶ、ある意味『遊べるハンドリング』などを与えているヒマはないでしょう。

>クルマ全体ではなくタイヤグリップだけで曲がって行く感じ

 これは難しい問題です。っというのはドイツ車全般、その傾向があるからです。
 そもそも、タイヤのグリップが出ているということはサスペンションが正しいジオメトリで設計されているということで、更に車体はそのサスペンションのアライメント変化を妨害しないだけの剛性を持っている、ということで決して『何かがおかしい』という話ではありません。
 また、ばねやダンパを固めてばね上の姿勢変化を小さくするとドライバとの一体感が増し、クルマ全体で旋回している様な印象になりますが、それではヨーイングと横加速度の応答がバラバラになり、荒っぽい運転でも受け入れてくれる『デリカシィに欠けた、ソコの浅い』ハンドリングとなってしまいます。こういうクルマは、『操舵の自由度が増す』と言えば聞こえは良いでしょうが、ゴルフは、と言いますかドイツ車全般、この様なバカッぽいハンドリングを目指していないのは確かです。
 但し、純粋に個人的な趣味を述べてしまうと・・・・この手のドイツチューニングが不快に感じられる点は、ごもっともだと思います。これはゴルフに限らず、メルセデスでもBMWでもポルシェでもこの傾向があるのですが、どうしてこれほどタイヤのグリップに頼るかな、同じ様にモッサリロールするチューニングでも、英車(とりわけエリーゼ系を除くロータス)の様に軽くリニアな挙動に仕立てられないかな、というのが正直な感想です。

 さて対策ですが・・・・このドイツ車チューニングがキライなら、とにかくばね上の挙動を減らすことでしょう。ドイツ車は全般的に乗心地が悪いですが(ドイツ車乗りは『悪くない!』と主張しますが、それは多くの場合目が曇っているだけです。振動特性上は、明らかに日本車や北米車より乗心地が悪いです)、これは必ずしもばねが硬いということではなく、ダンパの減衰力(特に縮み側)が高過ぎるケースも多いです。(故に曲率の大きい高速コーナリングで緩加速円旋回をすると、ドイツ車はサスストローク分タップリとロールしていきます。ダンパは基本的に反発力を出さないので、どれほど減衰力が高くても時間をかけて左右の荷重を移動させるとジリジリとロールしていきます。)
 故にばね上の挙動を減らそうとしたら、まずばねを硬くし、すると今度は減衰力が不足してばね上がピョコピョコする様になるので、ダンパの伸び側のみを硬くして必要減衰力を確保する方向でセッティングを出します。(ドイツ車の場合、縮み側を硬くすると際限なくロードホールディングが悪化するでしょう。)
 実際にゴルフGTIのセッティングを変えたことはないですが、恐らくこの方向で妥協点が探れるのではないかと思われます。
 ちなみにここでも私見を述べてしまうと・・・・ワタシなら、馬力のあるFFではフロントの(駆動輪側の)サスペンションジオメトリを変えてロールセンタを若干上げ、ロール角自体はパッカー(バンプラバー)のチューニングで規制してみます。ばねやスタビを固めてばね上挙動を減らすのは、トラクション確保という面であまりやりたくありません。(但し、ロールセンタを上げる改造は大変な危険を伴う=横転し易くなる方向の改造なので、計算により横転限界を予測出来ないヒトはやるべきではありません。またロールセンタを上げると大なり小なり高速直進性が悪化する方向に変化するので、ゴルフというクルマが持つ最大のアドバンテージをみすみすブチ壊す事になります。)

 ところで。大変長くなりましたが、ついでに。
 御質問を拝読したところ、御質問者様はクルマの評価に対し、繊細な分解能をお持ちの様です。レーシングスピードでなく街中のスピードレンジで、しかもクルマの運動性能実験やチューニングに関する仕事に就かれているワケでも無さそうで、この評価能力の高さはちょっとビックリです。
 応答に優れたクイックなクルマが好みという点は変える必要など全くありませんが、それとは別に、そのクルマを設計した者/チューニングした者がナニを狙っているのか?じっくり考えてみる様にしてみてください。『あまり好みではないな』という第一印象を持たれたクルマでも、違った見方が出来る様になるでしょう。(知り合いのクルマをちょっと運転してみたり新型車の試乗に行ってみたり、或いは代車で借りたボロボロの中古車でもよいです、今までとは違う見方で楽しめる様になるはずです。多くの場合チューニングが不十分な軽自動車でさえ、実は結構面白く、色々なことを教えてくれます。この世界にタイクツで取るに足らないクルマなんてありません。乱暴な言い方をしますと、ラリー車が運転し易く速いのは当たり前であり、そんなことはコドモにだって判ります。クルマに詳しいヒトはもっと別のところを見ているワケで、それが世界的な評判につながっているのです。ポルシェは単に速いから、レースで勝っているから有名というワケではありませんよ。)
 色々なクルマを運転すると、やがて国別、メーカ別、車格別の特徴も判って来て、流行りのハンドリングとはどんなものか?更には今後どんな方向に向かっていくのか?なんて事も予想出来る様になります。
 それは車両運動理論を勉強した者、テストドライバーとしての訓練を受けた者、そして『評価能力』という才能を持った者にしか判らない『特別なクルマの楽しみ方』でもあります。

 もう1か月も前の御質問なんですねぇ・・・・しかし御指名頂いていた様なので。
 遅ればせながらLB05 です。この掲示板はたまにしか見ないので、全くノーマークでした。

 さて。
 御質問の内容がアレもコレもと一杯あり、結局のところ何が問題なのかイマイチ判らなくなってしまいましたが・・・・かなり精密な評価能力をお持ちの様ですので、とりあえずコメントしましょう。

>でも、首都高の各コーナーの入り口で拳一個分の舵角をじわーっと入れていくような最初の領域で、いまいち鼻先がすっと入らず・・...続きを読む

Qタイヤ空気圧について

ゴルフ3にミシュランのタイヤをもらい、
ENERGY XM1 195/65R15 91H
を履いていますが、適正空気圧がわかりません。
今は車体に表示されている2.2に4本合わせていますが、
停車中のタイヤのたわみが気になり、ポッコリでたお腹の様です。
周りの車を見渡しても私の車ほどたわむタイヤは見当たりません。
ネットでミシュランはそう言うものだと言う声も多いですが不安です。
乗り味も、何処と無く軽快さが無いように感じ、燃費も悪く感じます。
そこで、お勧めの空気圧や経験談がありましたら教えて下さい。
因みに、ほぼ街乗りで燃費重視した運転と、月2の高速道路使用した遠出です。

Aベストアンサー

車体についているタイヤ空気圧表示はあくまで純正タイヤ装着時の場合のことなので
他のタイヤに変えた場合などは
交換タイヤの側面に空気圧表示がありますのでその表示に従って気圧設定をするほうが良いかと思います。

扁平タイヤ(スポーツ系など)は
サイドウォール部分が薄くなるので低い気圧だと段差走行時などにリムが損傷してしまいますので空気圧は高めになります。また、空気圧が高いと高速度にも耐えられます。

ノーマルタイヤは、
サードウォールが厚いタイヤなので、空気圧が低めでも大丈夫なようになっています。また、空気圧があまり高くないのは乗り心地改善につながりますので高級サルーン車では初期にあまり扁平タイヤの設定がないのはこのためです。

あとは個人で
燃費を重視したり、高速走行多い場合は高めに設定したりします。

あまりに低い空気圧は燃費低下を招くだけでなく、走行時にバーストの危険があるので特別な場合以外は避けたほうが無難だと思います。


基本的に自転車のタイヤ空気圧と同じ考えです。


人気Q&Aランキング