AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

質問させてください。

Windows2000のマシンに、Internet Explorer6(以下IE)を導入して使用していました。

そのマシンに、Windows2000 ServicePack4(以下SP)を導入したところ、IEが
コントロールパネル内の[アプリケーションの追加と削除]の[プログラムの変更と削除]
から[Windowsコンポーネント]の場所に移動 しました。しかし、IE自体は正常に動作して
おり、動作上の問題もありません。 しかも、SPを一度アンインストールすると、
再び [プログラムの変更と削除]の場所に表示されています。

どうやら、この現象はMicrosoftのページを見る限り、仕様のような気もしないわけでは
ありませんが、このような現象になることによって問題が発生しています。
それはIEが必要なソフトウェアを導入した際に、当該ソフトウェアがIEを認識しないと
いう現象が発生し、「このソフトウェアにはIEが必要です」というメッセージが
表示され、インストールを 行うことができません。

このような現象を回避する。もしくは、SPをアンインストールせずに、元の状態
(プログラムの変更と削除)の個所にIEが表示されるようにできないのでしょうか?
もし、分かる方がいましたらご教授ください。

分かりづらいかもしれませんが、ご回答宜しくお願いしますm(__)m

A 回答 (1件)

こんにちは。



Windows2000のServicePack2以降(かな?)にIE6をセットアップするとアプリケーションの追加と削除から消えるらしいです。以前の環境のアーカイブを選択する、しないで変わるとかなんとか・・・よく憶えてません。

で、
聞いた話ですがファイル名を指定して実行で
rundll32 setupwbv.dll,IE6Maintenance
と入力します。
「IEを修復する」を選択します。再起動します。
するとアプリケーションの追加と削除にIEが復活する場合があるとの事です。

私は検証してませんので試す場合は自己責任で実行してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

レジストリを操作して、IEを再導入したら
アプリケーションの追加と削除に表示されました。

eboshiiwaさんの方法とは、違った気がしますが…。

とにかく直りましたのでよかったです。
ご迷惑をおかけしました。

ありがとうございました。

お礼日時:2003/11/06 13:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング