中小企業の働き方改革をサポート>>

日本人は宗教を嫌うようです。
私も嫌いです、なぜですか?


・創価学会などのしつこい勧誘、外国ではカルト集団と言われるような宗教があり
これらはオウム事件以前から各地で迷惑していたから。

・その辺に大きな立派な建物がたくさんあり、資金源は信者から巻き上げた金。
宗教をやるにも金が必要だから。
信じない人にとっては、葬式などでくる坊主は金を巻き上げていく業者に過ぎないから。

・霊感商法、お布施、(一部の)おかしな信者などイメージが悪いから

・既に化学、医学、ITが進み宗教はこれらの中でも何も証明されてないから

・日本が実質的には社会主義、共産主義だから。

・宗教はいざというとき何も役に立たないから。
病気が治るわけでもないし、祈ったところで何かに合格したりしないから

これら複合的な要素もありますがみなさんどうしてですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (22件中21~22件)

どちらかといえば逆に好きなんじゃないかと思います。


初詣はほとんど神道の神社で行い、お盆やお彼岸は仏教の行事、クリスマスはキリスト教。
七五三などは神道、結婚式はキリスト教、お葬式は仏教という人も多いですね。

これほど宗教に対して無節操な文化を持つ民族はいないと思います。
基本お祭り好き新しいもの好き海外モノ好きですから。

宗教を深く信仰しないで都合のいい部分だけやっているという気がします。
観光も信仰行為になるところも・・・気が付かないうちにいろんな宗教の中で暮らしているんですね。

ひとつの宗教に押し込められるのを嫌う傾向はありますね。
カルトや霊感商法のせいもありますけど、深く入り込むのは面倒って気もします。
小難しいのは嫌いなのもありますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

クリスマスとかは、マスコミに洗脳されたのでしょう。

お礼日時:2011/09/15 20:08

日本は宗教ではなく武士道という思想が根本にあり、



日本神道は自然崇拝なので一神教を嫌うのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

武士道は少なくとも私にはありませんでした

お礼日時:2011/09/15 20:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本人が宗教嫌いになった理由

日本人が宗教嫌いになった理由はなんでしょうか。

人聞きかれれば自分は無神論者だというけれど、

葬式も初詣も神社への願掛けもしているわけで・・・・

Aベストアンサー

明治頃だったかな リリジョンを翻訳して宗教という造語を作ったのは。

で、日本の場合、土着宗教というか自然を崇めるものだったので、西洋のような概念は無かったんです。
自然と一体化しており風習に取り込んでいたので。

狂言とかありますが、あれは獣を真似た踊りですが、あれは神のふるまいを真似た踊り。
自然を模倣しているわけです。
再びつなぎ合わせるがリリジョンの意味なので、自然を模倣するってのは一時的に自然に帰還する行為なのかも。



で、日本が宗教 すなわち自然を模倣するのが嫌いになったわけではない。
人工的に作られた神を崇拝せよと人間に言われることが、嫌いなだけ。


キリスト教は政治家に利用されてでかくなりました。
市民を独裁者が自分の思い通りに操るために道具としてキリスト教は利用された。
各地の財宝とかを集めて帝国をでかくしていったので、まず宣教師を派遣して現地の情報を収集させ、弱体化したのち、軍隊を派遣して侵略してきた。

これはある時代の人に失言内容です。
難破した船の船員の失言(真実だが言ってはならないことをついうっかり言うこと)を聞き出した途端、日本はキリスト教が恐ろしい宗教だとわかり、それで日本から毒性の強いウイルスを排除するようになったわけです。


刀狩で宗教を無害化した後、毒性の弱いキリスト教は、後に入ってくるのを許した。


体には防衛機能があり、外からの侵入するものに対してチェック機能があるんですね。
かつて害をもたらしたことのあるウイルスだと体の免疫機能が反応して、発熱して殺そうとする。
ウイルスも頭いいので、無害であるかのように装って、門兵を騙して体の内部に侵入する奴もいる。
体は害があると思わないので侵入を許してしまうんです。
まんまと内部に侵入した偽装したウイルスは、そこから活動を始める。
内部から破壊しはじめるんです。


というわけで、かつて凶悪なウイルスにさんざんな目にあったので、日本人の遺伝子に記録として残り、危険視しやすくなったのではないかと。


で、毒性の低いものに対しては、無害化して日本のカルチャーにしています。
例えば、ハロウインはキリスト教が嫌いな魔女のお祭り。
怖い格好をして悪霊を退けるという意味で、あんな仮装をするわけですが、そんなの関係なくお祭りとして取り入れている。

クリスマスは恋人と高級ホテルにとまって、おいしいものを食べてセックス三昧をする日。

バレンタインは、チョコレート会社の商品販売促進として使われているので、チョコをあげる日。

本来とは違う形にすることで、日本の文化として取り入れている。

排除ではなく、無害化して、食って取り込んでいる。

日本の八百万の神々って海外からの輸入。
排除ではなく無害化して内部に取り込んでいる。

おもしろいですね。

「その神様、既にあります。こっちの神様 いやー わるいねー 既に日本は持っていますので、別段目新しいものでもなんでもない」って。

日本人は宗教と一体化しているが、灯台下暗しで自分が宗教をやっている、自分がやっている行為は宗教的なものっだって気づかないんです。

日本のカルチャーになっていて、それが宗教行為だってわからないんです。

No1さんがおっしゃる通り、無宗派が多いので無宗教な人が多いように感じるだけ。
無宗教だって人の行為をみたら、「これも それも あなたのやっていることは宗教行為です」と指摘することができます。

明治頃だったかな リリジョンを翻訳して宗教という造語を作ったのは。

で、日本の場合、土着宗教というか自然を崇めるものだったので、西洋のような概念は無かったんです。
自然と一体化しており風習に取り込んでいたので。

狂言とかありますが、あれは獣を真似た踊りですが、あれは神のふるまいを真似た踊り。
自然を模倣しているわけです。
再びつなぎ合わせるがリリジョンの意味なので、自然を模倣するってのは一時的に自然に帰還する行為なのかも。



で、日本が宗教 すなわち自然を模倣する...続きを読む

Q宗教にはまる人とはまらない人の違いは?

オウム、創価、統一教会といった宗教(団体)や、
江原や細木といった恫喝霊媒師等に脳みそ全部預けてしまう人と、
そういったものには近づかず自分なりの宗教観を持って生活する人
の違いって何でしょうか?
その人の生い立ち環境や教育、性格にどういった特徴があるのでしょう

おそらく正解というようなものは無いとは思うのですが、参考になる
ようなご意見を聞かせていただければと思っております。
確証はないですが、「引きこもり」になるならない、「自殺」する
しないタイプの人の違いにも通じてるような気もします。

Aベストアンサー

私見ですが。

宗教には基本的に誰でもはまります。
どんなに強固な信念を持っていたって、科学が発展したって、死んだ後はどうなるのかとかココロとは何かとか運命とは何かといったことは納得できるように説明できませんし、もちろん自由に操作することもできません。人間は「わからない」ということを忌避する生物でありいろんなことに考えが及ぶ生物なので、世界とか人生とかいったことについて何らかの物語を求めます。科学の発展や未開地の探検がほぼ終わったことなどによって、大地が巨大な象の上に乗っているわけではないとかキリスト教の神様がみんな白人というのはおかしいとか、いろいろな宗教世界が描いてきた世界像の間違いが暴かれていきましたが、だからといって運命とか生死とか善悪とかいう宗教や哲学が扱っている様々な問題に対しては科学は回答を示せません。そして繰り返しますがわからないことをわからないとして放置できないのが人間の性質です。

日本は国教として神道を持っていたんですが、それを戦争の国威発揚に利用して負けたために現人神の役を担っていた天皇が人間宣言をするはめになって、神様の権威がかなり落ちてしまった。それで人は生まれる前何であって死んだらどうなるのかとかいった世界観について社会的なコンセンサスを持ち合わせていないのです。だからいろんな宗教が普及する余地がある。

実際に宗教にはまるかどうかは個々人の置かれている状況などに大きく依存します。生活の中で恋人にふられて絶望するとか不治の病に侵された場合は科学なんて屁のツッパリにもなりませんから、宗教に傾倒しやすいです。ぼくを含めて多くの人が宗教を無視していられるのは、死とか絶望とかいったことに直面していないからですが、半年後に絶対に世界が滅亡するなんてことになったら宗教が大ブームになるでしょう。

そういった環境要因を除外して個人の気質だけを問題にするなら、何事にも自分の信念を持つような思い込みの強い人の方が実は宗教にはまりやすいです。好き嫌いがはっきりしている人でしょうか。芸術家なんかがそういう特性で宗教に傾倒しやすいです。

しかし特に新興宗教団体なんかは、ぐずぐずしていて決断力が無い人を取り込むためのサークルのような構造を作っていますから、決断力が無い人が一度そこに取り込まれると、抜け出す決断ができないためにそこに居続けます。摂理の問題でこないだテレビでやってましたけど、宗教ですがどうですかというのではなくて、サークルだとか勉強会だとかいって勧誘します。オウムだってヨガの研究会でしたし。こういうグループに生活の多くの部分を依存すると、決断力が弱いタイプの人はおかしいかもしれないと思っても抜け出せません。そういう意味で意思の弱い人も宗教に取り込まれやすい。
考え方が中庸でバランスが取れている人は、極端な思想の宗教にははまりにくいと思います。
そんな感じでしょうか。

オウムだの摂理だの統一教会だの創価学会だのエホバの商人だの慧光塾だのといった周りに迷惑をかける宗教にはまったり、細木数子だの江原啓之といったデタラメを言う連中に惑わされたくなかったら、とりあえず適当に神道なり仏教なりキリスト教なりイスラム教なりを選んでちょっと勉強して信心しとくのがいいと思います。まあ日本だったら神道か仏教でいいんじゃないでしょうか。

私見ですが。

宗教には基本的に誰でもはまります。
どんなに強固な信念を持っていたって、科学が発展したって、死んだ後はどうなるのかとかココロとは何かとか運命とは何かといったことは納得できるように説明できませんし、もちろん自由に操作することもできません。人間は「わからない」ということを忌避する生物でありいろんなことに考えが及ぶ生物なので、世界とか人生とかいったことについて何らかの物語を求めます。科学の発展や未開地の探検がほぼ終わったことなどによって、大地が巨大な象の上に乗っ...続きを読む

Qキリスト教を信じている人は、なぜ教会に連れて行きたがるのでしょうか?

キリスト教を信じている人は、なぜ教会に連れて行きたがるのでしょうか?

私はなぜか昔から「教会」に誘われることが多いです。
小学生のときと高校生の時の二度、友人(それぞれ別の友達です)に誘われて教会の集まりや「お泊り会」に参加したことがあります。自分の知らない世界にびっくりしました。
何かするたびにお祈りをし、最後には一人ひとり信仰について語る様子を見て、私はこの世界に入ることは一生ないだろうな・・・と思いました。

そして最近、また違う友人に「教会」に行ってみないか、と遠まわしな表現で誘われることがあります。
私は読書が好きで、ほとんど活字中毒なのですが、キリスト教を題材にした作品をよく読みます。
その様子を見た友人は、私が「教会に何か求めているんじゃないか」と考えているようです。
私は口癖として「かみさまが・・・」という言葉をよく口にするので、そのことも気になるのかもしれません。

私はキリスト教の教会よりも神社のほうがよっぽど何か大きなもの(うまく表現できないのですが)を感じます。特に教会に通っている人についてどうこう言うつもりはありませんが、いちいち誘われるのはわずらわしいです。
私が特に救われたい顔をしているのかもしれませんが、なぜ教会に誘いたがるのかわかりません。
特に今誘ってくる友人は、やんわり断ってもしつこく誘ってきます。どう断っていいかも困っています。

この質問を見て感じたことやアドバイスを聞きたいと思います。
よろしくお願いします。

キリスト教を信じている人は、なぜ教会に連れて行きたがるのでしょうか?

私はなぜか昔から「教会」に誘われることが多いです。
小学生のときと高校生の時の二度、友人(それぞれ別の友達です)に誘われて教会の集まりや「お泊り会」に参加したことがあります。自分の知らない世界にびっくりしました。
何かするたびにお祈りをし、最後には一人ひとり信仰について語る様子を見て、私はこの世界に入ることは一生ないだろうな・・・と思いました。

そして最近、また違う友人に「教会」に行ってみないか、と...続きを読む

Aベストアンサー

キリスト教だけでなく、どんな宗教を信仰している人でも
その宗教や神を絶対だと信じています。
その信仰をもてば幸せになれ、理想としては全人類がその
宗教の教徒となればいいのにと思っています。
友人であるあなたを誘うのは当然のことです。
あなたの幸せにつながると思っているし、信者が
増えるのは問題なくうれしいことです。

あなたが煩わしいと思うなら、嫌われないようにやんわり
断るのはあきらめて、少し強く言ったほうがいいです。

Qお見合いでの宗教に関する質問。

  私は数年前から、いわゆる「婚活」をしていますが、
お見合いをする度に、悩むことがあります。それは、「宗教」
の問題です。大手の結婚サービス会社などでは、プロフィール
に宗教の信仰の有無に関する記述があり、参考にしています。

  最近は、地元の方と結婚したいと思っていて、地元の社会
福祉協議会の相談所で、積極的に出会いを求めているわけです
が、こちらは、いきなりすぐお見合いという方式です。
 事前に簡単なプロフィール(年齢、学歴、会社名、住んでい
る地域、身長&体重、趣味位です。)を電話連絡してくれます。
プロフィールには宗教に関する記述はありません。
 アドバイザーに質問しても、そういったことは、直接相手に
聞いてください、と言われます。 

  私自身、特別な宗教を信仰してはいません。しかし、姉が
創価学会の男性と結婚し(家族は大反対でした。)、その後い
ろいろ揉めた末、離婚しました。 
 私も大学時代に宗教の勧誘に合い、とても不快な思いをしま
した。

 このようなことがあり、私と家族は、宗教に対する嫌悪感は
強いほうだと思います。
  
  何人かお見合いしましたが、宗教について、最初に聞いて
おくべきだという思いから、質問してしまいます。話の流れ的に、
いつも唐突な感じになってしまい、気まずい空気が流れてしまいま
す。
 この間は、偶然中学の同級生とお見合いして、その男性が創価学
会を信仰していることが判明!ビックリでした~。

 私と同様に、お見合いで、「宗教」について質問された経験が
ある方、「宗教の信仰の有無」を判断できる方法(自然な聞き方
など)がありましたらぜひ教えて頂きたいです。
 

  
  
  

  私は数年前から、いわゆる「婚活」をしていますが、
お見合いをする度に、悩むことがあります。それは、「宗教」
の問題です。大手の結婚サービス会社などでは、プロフィール
に宗教の信仰の有無に関する記述があり、参考にしています。

  最近は、地元の方と結婚したいと思っていて、地元の社会
福祉協議会の相談所で、積極的に出会いを求めているわけです
が、こちらは、いきなりすぐお見合いという方式です。
 事前に簡単なプロフィール(年齢、学歴、会社名、住んでい
る地域、身長&体重、...続きを読む

Aベストアンサー

唐突な質問されて気まずくなるとは、トピ主様の姿勢・雰囲気でそうさせてるのではないでしょうか?
眉間にしわ寄せて深刻な顔なさってるとか。何かデカ(刑事)オ-ラが出てるとか(笑)。
普通に簡単に聞くのでいいと思いますよ。それこそきっかけは何でもいいし。そんなに深く考えなくても(※質問の仕方自体のこと。宗教は大事ではあるが)いいかと思います。
神社やお寺、教会の前を通ったあかつきにしなくても、趣味の話の延長にでも何でも。
下手に「どのタイミングで言おう?」と迷うから、ご自分できまずくなると思われてるのではないでしょうか。
どうしても話のきっかけを作りたいのであれば、洋画の話をして下さい。
日本だとカッチリとした専用の喪服は絶対ですよね。
外国はそこらへんはかなりアバウトで色が黒の服ってだけでカンジュアルな作りだったり、
女性が胸の谷間あらわだったり、真珠以外のアクセサリ-つけたり、黒以外の色物のスト-ルやスカ-フ巻いていたりとか。
男性だと色シャツ着てたり(!)ス-ツやネクタイが黒以外だったり(!)。
あたかもそれがカルチャ-ショックではないですが、「日本では絶対に考えられない驚いた話」として振ってみて、そこから宗教ネタにもっていくとか。
ま、何事もあまり身構えずに質問して下さいね。

唐突な質問されて気まずくなるとは、トピ主様の姿勢・雰囲気でそうさせてるのではないでしょうか?
眉間にしわ寄せて深刻な顔なさってるとか。何かデカ(刑事)オ-ラが出てるとか(笑)。
普通に簡単に聞くのでいいと思いますよ。それこそきっかけは何でもいいし。そんなに深く考えなくても(※質問の仕方自体のこと。宗教は大事ではあるが)いいかと思います。
神社やお寺、教会の前を通ったあかつきにしなくても、趣味の話の延長にでも何でも。
下手に「どのタイミングで言おう?」と迷うから、ご自分できま...続きを読む

Q日本人の宗教アレルギーについて

日本人はいつから宗教アレルギーなのですか?

原因は何ですか?

Aベストアンサー

日本には大昔から山には山の神様、海には海の神様、川には川の神様、森や大きな木や石などや風や雷にも各々神様が宿るとして自然に対して神様として崇めている民族です。
こうした神様は多数いるという多神教的な考え方(八百万の神様)を昔から根底に持っています。

その為大陸から仏教が入ってきた際にも、如来や菩薩や観音といった多数の神様的な崇拝対象がいる仏教はスンナリと日本には受け入れられたのだと思われます。
それに比べてキリスト教やイスラム教は唯一無二の神様を崇拝する“一神教”であり、「他の宗教(神様)は認めない」という考え方になる為、一般の日本人の考え方に馴染まない感覚があるのです。

仏教でも例えば日蓮宗は「日蓮を教祖(神)として崇拝し、他の仏教の宗派や他の宗教は全て間違っている」という教えである為、日蓮宗や日蓮正宗(創価学会等)に対して一般の日本人は敬遠しがちです。

宗教とは「心の拠り所」というものだと思います。
日本人は新年になると初詣に行き、子供が産まれると氏神様にお参りし、子供の成長に従って七五三詣りをし、入試の際にも合格を祈ってお参りし、結婚や葬式といった儀式の際にも何らかの神様(仏様)の前で祈願しているのが実情です。

このように日本人は宗教にどっぷり浸かっている民族です。
“宗教アレルギー”と感じられるのは、一神教を信じている諸外国に対して宗教感(宗教に対する考え方)が異なるということかと思います。

日本には大昔から山には山の神様、海には海の神様、川には川の神様、森や大きな木や石などや風や雷にも各々神様が宿るとして自然に対して神様として崇めている民族です。
こうした神様は多数いるという多神教的な考え方(八百万の神様)を昔から根底に持っています。

その為大陸から仏教が入ってきた際にも、如来や菩薩や観音といった多数の神様的な崇拝対象がいる仏教はスンナリと日本には受け入れられたのだと思われます。
それに比べてキリスト教やイスラム教は唯一無二の神様を崇拝する“一神教”であり、「他...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報