『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

主人公が敗北する(死ぬでも可)

出来れば悪と一緒に消滅とかではなくて
悪が残り本当に悪い終わりみたいなアニメが好ましいです

でもイデオンのように本当に全てが滅亡ってのでもいいです

ジャンルは問いません

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (21件中1~10件)

有名な例だと、デビルマンがそうですね。


テレビシリーズではなく
原作に近い結末のものもアニメ化されてます。
非常に衝撃的で虚しく、考えさせられる結末となってます。

これがエヴァンゲリオンに影響を与えたらしいと言うのは有名な話…。
    • good
    • 1

質問の趣旨と少し違うかもしれませんが・・・


  Zガンダム・・・カミーユ壊れてしまいました。
  ポケットの中の戦争・・・バーニイ死んじゃいました。好意を寄せていたクリスと戦って(互いに知              らずに)
    • good
    • 1

「喰霊 零」でしょうか。


特に、主人公サイドが2回も壊滅するというのは無いと思います。
(正確に言えば、1回目の壊滅は制作者の仕掛けたイタズラみたいなものですが。)

原作漫画の前日譚で、原作の敵役と主人公の過去を描くという話であったため、
最終的に主人公はボロ負けしてその敵役は生き残る形になっています。
    • good
    • 1

「悪」ではないけれど「少女革命ウテナ」は主人公のウテナがアンシーの身代わりになって舞台となる鳳学園の世界から消えてしまうから、暁生に敗北した形になるのではないでしょうか。


結局は暁生の作った歪んだ世界を壊すことができなかったわけですし。
イメージが違っていたらすみません。
    • good
    • 2

「メガゾーン23」


主人公が、世の中を操り友人を殺した体制側に戦いを挑むが、力及ばず完全な敗北を喫する。
若者が大人に敗れた作品。
  
パート2があるが、当初はその予定が無く、これで終わるはずだった作品。
  
  
No.11の回答にある「宇宙の騎士テッカマンブレード」では、主人公は行方不明になってません。
最終回ラストに、ちゃんとDボウイはアキと一緒に海辺の家にいる場面が描かれてますので。
    • good
    • 2

こんばんは



質問の趣旨とは違いますが、最も後味が悪い終わり方は
宇宙戦士バルディオスをおいて他にはないでしょう。
何せ、前後編になっている話の前編で打ち切りという凄まじさ。
地球中が数百メートルの津波に飲み込まれたところで終わり。
もちろん敵軍団は健在です。

まあ、劇場版が製作されて、最終的にはリカバリされましたけどね。


さて話を変えて・・・本題です。


●無敵超人ザンボット3

 主人公達は、母星がバンドックに滅ぼされたために、地球に逃れてきたビアル星人の末裔。
 そしてそのバンドックが今度は地球を攻撃し始めます。
 主人公達はザンボット3で命がけで地球人達を守りますが、当の地球人は、
 「お前らがいるから敵が攻めてくるんだ。出て行け!」と主人公達に冷たくあたります。
 つい昨日まで一緒に暮らしてきた人々からの仕打ちです。
 作品中の地球人は非常に自己中心的で、「地球人は本当に命を懸けて守るに値する存在なのか」と問いかけてます。

 そしてラストで主人公達は1人また1人と一族の人間が散って行きます。
 その中でバンドックの真の姿が語られます。

 そもそも敵であるバンドックとは、元々はビアル星人が作り出した自律型コンピュータで
 平和を維持するために、自分で「悪」と判断した存在を自動的に滅ぼすように命令された存在だった。

 もうお分かりだと思いますが、戦争ばかりを繰り返していたビアル星人自身が
 バンドックに「悪」と判断されて滅ぼされました。

 そしてバンドックは地球を攻撃し始めます。バンドックは地球人を平和を乱す「悪」と判断したわけです。
 
 つまり主人公側、地球人こそが「悪」であるということを描かれた稀有な作品です。

 最後、ただ1人最終決戦から生きて戻った主人公が搭乗するロボットが涙を流しているシーンで終わります。
 この涙は、何を表しているのか・・・深い作品です。
    • good
    • 1

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD% …
太陽の牙 ダグラム
初回クレジットが主人公が正義とは、限らないでした。

サンライズ、リアル・ロボット戦争アニメ

地球植民地惑星の開放に手を貸す、主人公とその姿を追い求め
従軍看護婦と成り、追い続けるヒロインが切ない物語です。

最終的に植民地惑星政府と地球政府の戦争終結宣言により、
植民地惑星は、独立を勝ち取るが…
主人公並びに主人公に敵対していた者の行動も全て無駄に終わる。
    • good
    • 0

真マジンガー


http://www.shin-mazinger.com/

この監督の、鉄人の後の作品だから、社会への鬱積がこもってて面白いよ。
原作者への敬意に溢れている改造作品です。
    • good
    • 0

 「幽☆遊☆白書」


 主人公の「浦飯幽助」は、最後の戦いである「魔界統一トーナメント」に参加するも、実力が及ばず(というか相手が強過ぎ)、最終回において、魔界三大妖怪の一人である「黄泉」と対戦した際に敗退。
 まあ、トーナメントの目的が、「戦争を起こしたりせずに、希望者による正々堂々1対1の勝負を行い、トーナメント方式で魔界の王を決めよう」というものでしたので、悪が残ったという訳ではなく、主人公も負けはしたものの生還しましたので、バッドエンドではありませんが・・・・・

【参考URL】
 幽☆遊☆白書 - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%BD%E2%98%86% …
    • good
    • 1

「六神合体ゴッドマーズ」:原作は「相討ち」かなぁ?


18禁ですけど「姦染」:OVAもゲームも「BAD END」しか有りません。
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q最後に悪が勝つ漫画

漫画やアニメのセオリーとして、どんなに主人公(正義)が窮地に陥っても、最後にはやっぱり主人公(正義)が勝ちますよね?

そんな常識を覆して、最後の最後に敵(悪)が勝って終わる、なんていう漫画、アニメを知りませんか?

これまで数多くの漫画を見てきましたが、いまだかつてそんな漫画に出会えてません。

やっぱり私も最後は主人公に勝ってほしいのですが、悪が勝つ後味の悪い漫画があっても良いのではないかと思いまして・・・。

Aベストアンサー

小室孝太郎「命(MIKOTO)」
ラスト一こまが。
和田慎治「少女鮫」「スケバン刑事」などは玉砕タイプ。とくに前者は作品そのものの玉砕。
まあ玉砕ものってのは他にもありますが。第2次世界大戦ものなんかいくつかあったように思いますがちょっと質問の趣旨からはずれてますね。
石森章太郎「幻魔大戦」も最後一こまは、勝利してませんね。

Q30年以上前のアニメ「魔境伝説アクロバンチ」の最終回について

もうかなり古いアニメで魔境伝説アクロバンチというのがありました。
最初は見ていたのですが、このアニメ、何回か放送時間が変わっていきました。
そのせいで、最後の方は見なくなり、いつの間にか最終回で終わっていました。

最近になってちょっと思い出し、たまたま動画もあったので、最終回を見たのですが、意味が分かりませんでした。
結局、最後は皆死んだんですか?
それとも、異次元に放り出されたのですか?(誰も死んでいない)
久々に見ましたし、最終回までの話も殆ど見ていないので、全く理解できませんでした。
色々調べてみると、アニメのイデオンの様な終わり方と書いてありましたが、私イデオンは全く見てなかったので、余計に分からなくて・・・

古いアニメだから覚えていらしゃる方がいないかも知れませんが、どうか知っている方がおりましたら、私に最終回の内容を教えて下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

アクロバンチをご存知の方がいるとは驚きです。
私もサークルで先輩に見せられただけですから、
記憶の内容が違っていたらごめんなさい。



最終回のおさらい

アクロバンチの蘭堂一家と敵のゴブリンが捜していたクワスチカが出ますが、
最終回前には地球の終焉思わせる天変地異があり、双方が「クワスチカを
手に入れればなんとかなる」と考え、敵味方が総力戦をします。
アクロバンチはみんなの協力でクワスチカの中に入り、謎のマークをみて、
パパさんは一目でそれが宇宙の原動力を示すものとわかり、
それまで集めていたエネルギーポール(だったと思う)を刺していきます。
なぜか(味方だけではなく)敵味方双方が刺すことで、クワスチカが発動します。
クワスチカの正体は、全ての命の源で、蘭堂一家の地球人も、敵方のゴブリンも
根本は同じであることが語られ(ほとんどお説教みたいなお話でした)
せっかく転生させても邪悪な魂による悪しき種がはびこるばかりなので、
この星(地球)での転生に見切りをつけ、一度全滅させて「良き魂を集めて
次の星へ移る」ためにエネルギーポールを刺せと言われますが、
エネルギーポールが足りません。
じつは、最後のエネルギーポールがなぜかアクロバンチの剣でした。
地球が滅亡していく中、主要キャラは次なる星に向かうクワスチカに入り
それまでの旅で出会った人と共に他の地球で転生します。

こんな感じだったと思います。



映像をご覧になったら気がつかれたと思いますが、
クワスチカが語る歴史では輪廻転生で主要キャラが何度か登場します。
長くなりましたが、結論は(直接の描写はないけど)「一度死んで転生した」
ということになります。



考古学の学者のはずが、新たな遺跡に行くたびに壊していたり、
(私は、いのまたキャラと金田伊攻がよかったので、OPは好きでしたが)
初期のOP・EDで、ED曲「渚にひとり」が「猪にひとり」になっていて
先輩にはネタにされていました。
先輩の一押しアニメの一つなので、何度か見せられましたが、
(怒られるかもしれませんけど)私の印象は「ちょっと残念な作品」です。

アクロバンチをご存知の方がいるとは驚きです。
私もサークルで先輩に見せられただけですから、
記憶の内容が違っていたらごめんなさい。



最終回のおさらい

アクロバンチの蘭堂一家と敵のゴブリンが捜していたクワスチカが出ますが、
最終回前には地球の終焉思わせる天変地異があり、双方が「クワスチカを
手に入れればなんとかなる」と考え、敵味方が総力戦をします。
アクロバンチはみんなの協力でクワスチカの中に入り、謎のマークをみて、
パパさんは一目でそれが宇宙の原動力を示すものとわ...続きを読む

Q放送禁止のアニメって、どれだけあるの?何が有るのでしょうか?

大好きなアニメが、プツリと放映されなくなって、TV局に電話したら、「放映禁止」という答えが返ってきて凄いショックでした。
「みなしごハッチ」がダメ。「妖怪人間ベム」もダメ。好きなのに‥‥

自分の好きなアニメに放映禁止のアニメが多くて悲しいです。
現在、放映禁止のアニメってどれだけあるのでしょうか?
何があるのでしょうか?

何でダメなのでしょうね‥‥
みなしごハッチは、みなしごだから?
妖怪人間ベムは、まさか手が3本だからって理由だったりして‥‥

Aベストアンサー

世の中には些細な事でクレームをつける人がいて困りますね。
みなしごハッチはUHFで最近再放送をやってたと思います。
妖怪人間ベムは、指が3本だからダメなんです。
(まあ、今となっては放送禁止用語もいっぱい含まれていますけど)
あと、ジャングル黒べえは存在しなかった事になっています。
オバQも再放送できないようです。(理由はわかりません。何がダメなんでしょうね)
サスケやカムイもダメでしょうね。(セムシとかメクラとかカタワとか出てきますね)
どろろもダメかな?
トムとジェリーも黒人のメイドのところがダメみたいです。

Qラストが悲惨なアニメ

バッドエンドで終わったり、キャラクターが大量に死ぬ、あるいは世界が終息して結果みんな死ぬというような作品を探してます。
エヴァやラーゼフォンみたいなのです。
「これ」というのがあれば教えてください。

Aベストアンサー

「ガンダム系」・・・大抵どのシリーズも誰かが死んでいる。酷い物ではメインキャラ全員死亡。精神崩壊もある。
「イデオン」・・・登場人物全員死亡。
「ダンバイン」・・・最終話で登場人物全員死亡。
「エヴァンゲリオン」・・・世界が滅亡し、生き残った者が二人だけ。
「クロノクルセイド」・・・原作と違い、話が重く、爽快感、疾走感が皆無。最終話でヒーローとヒロイン死亡。その他にも死亡するキャラがいる。
「ひぐらしのなく頃に」・・・1期がバッドエンド。
「ぼくらの」・・・メインキャラ13人の子供の内一人のみ生存。他は死亡。
「ウィンダリア」「スクールデイズ」「君が望む永遠」「銀河英雄伝説」「秒速5センチメートル」「AIR」「なるたる」・・・見たことがないが、バッドエンドとのこと。

Qメーテルの正体って何だったのでしょうか?

最近、BSフジで「銀河鉄道999」の放送があり、最終回まで観たのですが、結局のところメーテルの正体がはっきりとは分かりませんでした。

最近、同じような質問があげられていて、そこでは、メーテルは機械化人間、とありましたが、最終回までの放送中で、メーテルの身体を調べて、生身の人間と判断されるエピソードが何回かあり、機械化人間ではないと思っていました。っていうか、あの、お美しい絶世の美女が、メカニックなロボットだった、なんて、考えたくもないですが・・・。

まあ、神秘に満ちたヒロインというということで、こういうことは余計な詮索をしない方がいいとも思うのですが、
メーテルが裸になって自分の身体を見せ付けて、それを目の当たりにした相手は、とにかくビビリまくる、といったストーリーも何本もあって、あれは一体、何を見てああいうリアクションを起こしたんだろう、とか、いろいろと気になっていました。

ところで、原作の最終回はどうだったのでしょうか?
やはりメーテルの正体は曖昧なままったのでしょうか?

Aベストアンサー

何とも原作での最終回ではかなり前のことで何ともいえませんが確か何かシールドをかけていたといっていたと思いますですから彼女は鉄朗のお母さんの体を借りていたとなっていましたね

 中身は機械であるらしいことをそれとなく書いていたと思います。

 さらに彼女は本当の自分の姿が凍りの中に閉じこめてあるとなっていましたが

 彼女自身はたしか実体をいくつも持っていたと書いてあったと思います。

 そのエピソードは鉄郎のような子供を連れてくるためにその相手の一番好みのタイプになっていたとそれとなく書いていましたよ メーテルはいくつも顔を持っている 時間の中の旅人=不老不死=体を何回も乗り換えているってことですかね


人気Q&Aランキング