映画を見ました。

最後の出演者のテロップに 玉木宏とありました。
ちょい役扱いではないようだったのですが、本編を見直してもわかりません。
どんな役で出演されていたか教えてください。

また、一番最後の国松を見逃してあげた武将の役は、堤真一さんでしょうか。声がそうだったとおもいました。

お暇な時にでもよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは



大阪城公園でたこやきを売るお兄さんの役だったようです

http://eiga.com/news/20110421/10/

武将は堤さんのようですね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

完全に想定外でした!
すっきりしました!!

お礼日時:2011/11/09 15:58

玉木宏さんは大阪城公園でたこ焼きを売っているお兄さんの役で出ています。

いわゆる"カメオ出演"。

武将の役は堤真一さんです。原作にはないですが松平の先祖という設定と思われます。エンドロールの最後で想像がつきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

松平という役の名字には、武将の松平だな、とピンと来ましたが、なるほど、先祖なのですね。

お礼日時:2011/11/09 16:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q友情出演と特別出演とは

エンドロールのキャスト部分で、
(1)友情出演と(2)特別出演が()書き出てくる場合があります。
それぞれどういう定義でそのようになるのでしょうか?

ちょい役でも出演者には変わり有りません。
たとえ、エキストラであっても。

それに、エンドロールでキャスト部分が終わって、
スタッフ部分になってそれが終わってから、
(3)大御所さんが一人だけで流れたりすることもたまに見かけます。

いろいろな配慮からかも知れませんが、
(1)から(3)でご存じの方、教えて下さい。

Aベストアンサー

(1)友情出演

プロデューサー・監督・主演者などと親交があり、ノーギャラ(や、それに近い金額)で出演。

(2)特別出演

重要なシーン、物語上一部しか登場しない役柄に起用された俳優に付くことが多い。

(3)大御所さんが一人だけで流れたり・・・。

基本的に主役から先にクレジットされますが、主役を演じた役者より大御所が脇で出演している場合、大御所俳優だからと主役より先にクレジットするのはオカシイので、この方法が使用されます。

QDVD「猫の恩返し」の本編前のコマーシャルで

ある映画の予告のみを見て題名が思い出せません 汗

その作品は
ジブリ作品「猫の恩返し」のDVDで
本編の前にいくつか映画のコマーシャルがあると思うのですが、
そのコマーシャルのうちの一つにあったと思います。
アニメではなく邦画でした。

そのCM(予告で)覚えてるシーンは
○たくさんの黄色い傘を差した子供が集団で歩く中、男女二人が傘をさして立っているシーン。
○「明日は、アタシの、誕生日!」と女の人が嬉しそうに言うシーン。(女の人をあおりで撮っていたと思います)
○女の人が立っていて、その両脇をすれすれに電車が通過するシーン。(電車はアニメーションでした)
○「あんたもお姉ちゃんみたいになっちゃうよ」と怒った口調で女の人(↑とは別の・・・主人公の母親?)が話すシーン。
○アニメーションなのですが、痩せていてすごく顔の不気味な女の子が「□□□□?」(←よく聞き取れませんでした;;)とカメラ目線で言うシーン。(その直後その不気味な顔がドアップ)

上から3つの○の「女の人」というのは多分主人公かと思います

ものすごく独特で不思議な映画のようだったので、気になっています。
分かりづらくて申し訳ありません 汗
分かる方は教えてくださると嬉しいです。

ある映画の予告のみを見て題名が思い出せません 汗

その作品は
ジブリ作品「猫の恩返し」のDVDで
本編の前にいくつか映画のコマーシャルがあると思うのですが、
そのコマーシャルのうちの一つにあったと思います。
アニメではなく邦画でした。

そのCM(予告で)覚えてるシーンは
○たくさんの黄色い傘を差した子供が集団で歩く中、男女二人が傘をさして立っているシーン。
○「明日は、アタシの、誕生日!」と女の人が嬉しそうに言うシーン。(女の人をあおりで撮っていたと思います)
○女の人が...続きを読む

Aベストアンサー

『式日』ではないでしょうか?
違っていたらすみません。。。

参考URL:http://shikijitsu.ube.ac/

Q映画監督の堤幸彦さんに、映画監督としての才能がないと思うのですが、

映画監督の堤幸彦さんに、映画監督としての才能がないと思うのですが、
業界では評価が高い監督さんなのでしょうか?

彼の作品を拝見するかぎり、とても良作と呼べるものがないのですが…
ファンの方には申し訳ないです。

Aベストアンサー

ご安心ください。堤幸彦監督に映画監督としての才能がないと思われている方は、あなた以外にもたくさんいるようです。

ただ、業界内ではどうなのか私には分かりません。

1998年に『踊る大捜査線 THE MOVIE』(監督:本広克行)が大ヒットして、テレビ局が映画製作に本格的に乗り出すようになってきました。テレビドラマも映画も演出経験のある堤監督は、テレビ局側にとっては映画を製作するとき使いやすく、重宝がられて起用されたのではないでしょうか。そして、大コケしたりする作品もある一方、原作モノなどで大ヒットする作品もあって、現在でも仕事が途絶えずあるのだと私は思います。

参考URL:http://hakaiya.com/best/zerw/index.html

Q子ぎつねヘレン:予告編と本編の違い

子ぎつねヘレンを観ました。
予告編では、ヘレンの目が見えなくて耳も聞こえないと知って
「こいつは母親から見捨てられたんだな」とつぶやく獣医に、
「目が見えなくて耳も聞こえなかったら生きてちゃいけないの?」
と少年が問うシーンがあったと思うんですが、本編ではなかったんです。

この予告編を観て、私は複合障害者は生きていてはいけないのか、
それはつまり余命いくばくもない重病患者や老人はもう生きる価値もないのか、
そしてそれは極悪犯は死刑にしてしまっても構わないのか
という疑問をも連鎖して考えさせる(オーバーかもしれませんが…)、
命の尊さを問う映画に違いないと思って楽しみにしていたのです。

私の後で観に行った友人にも頼んで確認して貰ったところ、
やはり無かったと言います。
私の勘違いとは思えないんですが…。
どなたか、「確かに予告編にはそういうシーンがあった」
と記憶している方はいませんか?
そしてもしそうであるならば、どうしてこの重要なシーンをカットしちゃったのか、
推理でも構いません。私に説明してくれませんか?

予告編では使用された音楽が本編ではなかった
ということは私も何度か経験していますが、
台詞やシーンでもよくあることなんでしょうか?
それにしても、こんなにも重要なシーンをカットするとは……。

子ぎつねヘレンを観ました。
予告編では、ヘレンの目が見えなくて耳も聞こえないと知って
「こいつは母親から見捨てられたんだな」とつぶやく獣医に、
「目が見えなくて耳も聞こえなかったら生きてちゃいけないの?」
と少年が問うシーンがあったと思うんですが、本編ではなかったんです。

この予告編を観て、私は複合障害者は生きていてはいけないのか、
それはつまり余命いくばくもない重病患者や老人はもう生きる価値もないのか、
そしてそれは極悪犯は死刑にしてしまっても構わないのか
という疑問...続きを読む

Aベストアンサー

「子ぎつねヘレン」、映画のほうは見ていませんが、予告編には確かにご指摘のカットはありました。
なんせ松竹系の映画館へ行くたびにこの予告を見たので10回以上は見てます(笑)

ところで予告編ですが、映画自体とは無関係の外部業者にまかせて作ってもらうことが多々あります。
その場合、映画の製作側はほとんどノータッチで、監督からあのカットを使ってほしいとかいうこともまずありません。
また予告を作る際には、映画自体が未完成の場合がほとんどなので、映画に実際に使われている”OKテイク”を使用することが難しいという制約があります。

これは撮影されたネガはこの世に唯一1本しかないので、本作で使う前に予告で使い、キズでもついた取替えしようがない、ということなんです。
さらにオリジナルのネガから別途予告用のネガを作るとお金がかかるとかいろんな制約があるわけです。

で、予告はどうするかというと、NGテイクもしくは撮影したけど映画の中で使われないカットを使う、などの方法をとることになります。
ご指摘のカットの有無は、このような諸事情から生じたことなのではないかと推察します。

これは劇場へ足を運んでくれた映画ファンを欺くことなんですけど、邦画洋画問わずよくあることのようです。
ってボクも予告を作らされたときに経験したことありまして・・・まあ本作もやっていたんで、未使用カットで欺きはしなかったんだけど。

映画を見ていないのでそのカットの重要度はわかりませんが、やっぱ慎んだほうがいいに決まってますよね。のちのちDVDに予告が収録されたら改めて指摘を受けるかもしれませんし。

「子ぎつねヘレン」、映画のほうは見ていませんが、予告編には確かにご指摘のカットはありました。
なんせ松竹系の映画館へ行くたびにこの予告を見たので10回以上は見てます(笑)

ところで予告編ですが、映画自体とは無関係の外部業者にまかせて作ってもらうことが多々あります。
その場合、映画の製作側はほとんどノータッチで、監督からあのカットを使ってほしいとかいうこともまずありません。
また予告を作る際には、映画自体が未完成の場合がほとんどなので、映画に実際に使われている”OKテイク”...続きを読む

Qやくざ役

みなさんの「これは」という
やくざ役をベスト10形式で教えて下さい。
作品や役が違えば、同じ役者さんが何度も
挙げられていても構いません。
「どの作品」の「誰」かを明記して下さい。
(いわゆる「やくざ映画」「任侠映画」でなくてもOKです)
上手い下手や、リアルかどうかよりも
キャラクターを含め、ただ単に好き嫌いで選んで下さい。

以下は私のベスト10

1.「キッズ・リターン」の石橋凌
2.「マルサの女2」の上田耕一
3.「DEAD OR ALIVE」の石橋蓮司
4.「ミンボーの女」の中尾彬
5.「GOININ」の鶴見辰吾
6.「新・仁義なき戦い」の岸部一徳
7.「仁義なき戦い」の川地民夫
8.「ソナチネ」の逗子とんぼ
9.「ミンボーの女」の我王銀次
10.「継承盃」の大竹まこと

Aベストアンサー

ベスト10では無いけれど
「HANABI」の薬師寺保栄
「ガキ帝国」の上岡龍太郎
これ、秀逸。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報