yuan_kouさんの質問「運命の定義って?」に触発されて考えました。

ニーチェの語った運命愛とはどのようなものなのでしょうか。

私は今まで漠然と、悲劇の意志的肯定(克服ではなく受容)のことなの
だろうと思っていましたが、違うでしょうか。

私は、克服可能なものは、運命でも悲劇でもないと思います。
(運命と悲劇を同じものと考える傾向が強すぎるのですが)

また、人間は運命に出会うことでしか成長できないと思っていますが
偏った考えでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 ニーチェの言う「運命愛」は「永遠回帰」の思想と一体のものです。

1881年頃から、1899年に発狂するまでの、ニーチェ最晩年に到達した境地です。
 「永遠回帰」は、円環状にイメージされた時間の中で、すべての出来事がそっくりそのまま反復されるということです。円環状に反復される歴史というのはもはや無意味、すなわち「ニヒリズム」です。このニヒリズムの力強い肯定、肯定することによるニヒリズムの克服、それが「運命愛」ということになります。
 ニーチェの考えでは、人間が掲げる理想や美や神などは理性なるものが捏造した空しい幻想であって、「力への意志」と「力によってできること」とを引き離そうとする「反動的な力」として生の輝かしさを阻害するものでしかありません。そうした価値や道徳を解体して、自分の存在そのものに備わった力への意志によってなしうる生を生きるべきであると、ニーチェは主張しています。そして、そのような生き方が「永遠に回帰する」との認識に至った際の至福と戦慄を無限回にわたって繰り返し感じることができるならば、その生は生きるに値する。ここに「運命への愛」が生じます。

 「悲劇」との関係ですが、初期のニーチェは『悲劇の誕生』において「悲劇」を「生を肯定する最高の形式」としており、「運命愛」については「哲学者が到達しうる最高の状態」として「生に対してディオニソス的であること」と言及していますので、結びつきはあります。が、初期と後期という時期的なズレがありますので、両者の結びつきが直接的なものなのか、それとも思想的な展開を経たものなのか、このへんは専門的な研究書にあたってみないことには何とも言えません。

 それと…最後の「運命に出会うことでしか成長できない」というところの「運命」というのは、「成長のための試練」などのさまざまな出来事と考えてよいでしょうか?
 そういうことでしたら、「運命の定義って?」のところでも書きましたように、運命とは過去と未来の自分自身とその生き方についての自己了解の形と考えれば、そういう捉え方もアリだろうと思います。ニーチェも反対はしないと思います。ただ、ニーチェだったら、生の無意味を糊塗しようとする幻想として運命を観念することには、警戒を促すかもしれませんね。

この回答への補足

serpent-owlさん、ありがとうございました。「神は死んだ」の回答も読ませて
いただきました。私のニーチェ理解は的外れでした。

> ニーチェにとってはこの恐怖こそが真実なのであり、この恐怖に耐え、ニヒリズムを
> 肯定する「超人」たることを私たちに課してきます。「神は死んだ」という言葉も、
> われわれに「強者たれ」と迫るニーチェの言葉の一つです。

ニーチェは誰に対して「強者たれ」と言ったのでしょうか。
個人? 読者? 同時代者? 民衆? 人類? serpent-owlさん? mori0309?
それともニーチェ自身?

そう語るニーチェはあらたな神なのではないでしょうか?

> 哲学カテゴリ自体が一人の哲学者のよう・・・・

意味深いですね。なにかこう感じるものがあります。
法則や秩序などない。でもただの混沌・デタラメ・乱雑ではない。
何かを模索しているのか。それとも、ただ存在しているだけなのか。
この哲学カテゴリに「主体」はあるのか。ないのか。
これを一つの「生き物」とみなすことはできるか。できないか。
「社会」とならばみなすことはできるか。
ならば「社会」と「生き物」はどう違うか。

「問い」が永劫回帰するmori0309でした。

補足日時:2001/05/13 22:10
    • good
    • 0
この回答へのお礼

serpent-owlさん、いつも親切でていねいな回答、本当にありがとうございます。

 小生、ただいま某会社の物流システムの本番稼動対応で、地獄状態です。連日トラブル
続出で、オンラインジョブがコケて、全国各地の物流倉庫のトラックが積荷できずにストッ
プしてしまったときなどは、顔面蒼白、全身冷汗となります。ユーザの厳しい追及や復旧
命令に、死んだほうがマシだと思うことも、たびたびです。
 でも、そういう日々が続くと逆に「来るなら来い! 殺すなら殺せ! 毒を食らわば
皿までじゃい!」というミョーな開き直りの気分になります。これなんぞは私に備わった
「力への意志」であり「運命への愛」と言えるでしょうか。(んなワケないですね)

 いただいたご回答をもとに、自分なりにニーチェの思想の理解を試みました。

 どんなに時代が進んでも人間を苦しめる悲劇はなくなりはしない。病気、災害、社会矛盾。
新しい時代には新しい悲劇が次々とやってくる。人間にとって悲劇は常態であり、それは
永遠に続き、歴史に終点はない。しかしこの悲劇こそが人間の生に意味与える。生きる理由を
もたらす。生というものの恐ろしい逆説性だと思う。

 私はうっかり成長などという安っぽい言葉を使ってしまいました。でも、人間、成長する
ために生きている訳じゃない。天国に入るために生きている訳じゃない。そんなセコイ目的
のために生まれてきた訳じゃない。生きることは「練習」でも「貯金」でもない。

 人間は、いつもいつも、かけがえのない「今」を生きている。「今」はただ悲劇によって
のみ輝きが与えられる。「生」の力が導き出される。過去も未来もない。ただ「今」だけが
永劫回帰する。生物よ、人類よ、真実在よ、汝は汝の運命を愛するだろう。

 うーん、、、書いてて胸が高鳴ってきました。ニーチェの思想はキキすぎるぅ~

お礼日時:2001/05/05 02:01

ニーチェは「キリスト的な愛や精神」を嫌い、これを「ルサンチマン」根性として


厳しく退けました。そこには、西欧思想に対する過剰なまでの攻撃性が感じ取られ
ます。
 ニーチェは、西欧思想が奏でる「必然的進歩主義」というか、人間中心のヒュー
マニズムを基礎とした諸処の法則的な流れを嫌い、そのような考えでは、一生超越
出来ず、悪循環という時間の流れで、モルモットのように永遠にクルクル回ってい
るだけだ、ギリシャ悲劇の最後の舞台のような変換、というか超越というか、そう
いったものよって、西欧思想を飛び越えるのだ、というような認識をもっていたら
しく、それらに立ち向かっていく勇気というか決断を「運命愛」と表現したかった
のではないか、と思います。
 こうした考えが、後々の「ゲルマン民族優先、ドイツナンバー1、運命的共同
体」というヒトラーのアジ演説でよみがえり、これに乗っかったハイデガーが、常
に保守反動学者、と攻撃されているところは有名ですね。
 昔、読んだきりで判然とはしませんが、ニーチェの「運命愛」についての私の記
憶です。
 ところで、「運命」という事態は、きっと個々人によってとらえ方が違うと思い
ます。私にとって「運命」であっても、他人にとっては「運命」ではありません。
しかし、私が「日本語」の文化の中から、知らずに出発していた、ということは、
私にとっても他人にとっても、共通の感覚だと思います。
 私は、こうしたことを「運命」と言った方がわかりやすい気がしています。そし
て、それに対する意識のあり方の変容形態=「認識」とでも、これを磨くことによ
って、日々の対応が変わってくるのだと、考えています。
 ですから、自分が語る「日本語」の表現を考えたり、変化させることが、日々の
生活を少しづつ変えるのではないか、と考えています。それが成長かどうかは、判
断の分かれるところでしょうが。

この回答への補足

sokuraさん、ありがとうございます。

「悪循環という時間の流れで、モルモットのように永遠にクルクル回っている」ことが
「永劫回帰」であり「それら(西欧思想)に立ち向かっていく勇気というか決断」が
「運命愛」なのでしょうか。

 私は、ニーチェの著作をほとんど読んでいず、小林秀雄が「悲劇について」のなかで
語っているニーチェの運命愛像の影響を受けて、運命愛を我流解釈していました。

「どうにもならない悲劇。だがそれでも生きようという意志が失われないなら、人の
こころに何が起こるか。この悲劇こそ生きる理由だ。すすんで望まれた運命だ。まことに
理屈に合わぬ話だが、そういうことが起こる。」

手元に本がないので正確ではないのですが、だいたいこのようなことを小林は言っています。

 また経営評論家S氏が著作のなかでこんなことを言っていたのを覚えています。
「会社員時代の部下のことである。自分はこの社員をなんとなく敬遠していた。親しみが
持てなかった。思うに嫉妬だったと思う。なぜならば、この男はあまりにも恵まれすぎて
いたからである。最難関大学をかなりの成績で出ていて、ハンサム、長身、スポーツ
マン。父親も最難関大学の教授。ところがあるとき社員旅行のバスのなかで隣りあって
すわって話をして、思いがけないことを聞いた。自分の幼い子供が重度の脳性麻痺で、親の
世話なしでは生きていけない。自分たち夫婦が世話できるうちはまだいい。でも自分たちが
年老いたとき、いったいこの子はどうなるのだろう。そう思うと子供が可哀想でならない。
そう涙ぐみながら話してくれた。私は愕然とした。毎日、何の苦労もなく明るく働いている
と思っていたら、こんなに重い運命を背負って生きていたのか。目頭が熱くなった。彼への
軽率な気持ちを私は恥じた。こころのなかで声援を送らずにいられなかった」

 このことは何を物語っているでしょうか。人生が順風満帆であるうちは、人生の意味や意義が
希薄である。生きることは時間空費に等しい。人々が恵まれすぎている人を、敬遠したり
親しみを感じなかったりするのは、嫉妬というよりも、無意味な生に対する嫌悪反応なのでは
ないでしょうか。(明らかに言いすぎですね)

 自分のための悲劇を自分で用意するなんていうことはできないし、子供を悲劇に突き
落としてくれるような親もいない。だから運命を待つしかない。ただ運命だけが人に悲劇を
与えてくれる。運命によってのみ魂が磨かれる。人は大人になれる。恐ろしい生の逆説性。

 私の思想、かなりヘンですね。自分でそう思います。 悲愴趣味?・・・はやらないですね。

補足日時:2001/05/11 01:27
    • good
    • 0
この回答へのお礼

sokuraさん、回答ありがとうございます。
小生、連休だというのに休日返上で仕事をしています。
後日またお礼させていただきます。申し訳ありません。

お礼日時:2001/05/05 23:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q教えて下さい!「運命の二人」を英語で言うと?

 英語に詳しい方,ぜひ教えて下さい。

 彼との記念日に,おそろいのストラップを贈ろうと思います。
 刻印ができるので,「運命の二人」というのを英語で刻みたいのですが・・・ショップのテンプレートでは「two of fates」が「運命の二人」という意味だと書いてあったのですが,本当にこれで合っていますか?
 そのショップさんは,他にも色々綴りとかが間違っているので,少し心配です。とはいえわたし自身は英語力がないし・・・

 お詳しい方,是非「運命の二人」の英語での言い方を教えて下さい!
 よろしくお願いいたしますm(__)m

Aベストアンサー

私はこれをお奨めします、


Our Destiny Forever

意味は「二人の運命は永遠に」


Our 二人の
Destiny 出会って愛し合う運命
Forever 二人が出会って愛し合う運命は「永遠に」

Q【哲学】ニーチェ→サルトル→?ニーチェ→サルトル→の次は誰ですか?ニーチェ→サルトル→の源流

【哲学】ニーチェ→サルトル→?

ニーチェ→サルトル→の次は誰ですか?

ニーチェ→サルトル→の源流を組むサルトルの次の哲学者の名前と○○主義を教えてください。


ニーチェ→サルトル→以外の源流を組む哲学もあるんですか?

Aベストアンサー

私は、西洋哲学の歴史的な流れを語るほどに、いろいろと著作を読んでゐるわけではありませんので、直接の回答はできません。OKWaveでは同じ質問にいくつかの回答がついてゐますから、そちらを御覧ください。

そもそも
ニーチェ→サルトル→?
といふ図式が出てくるのが不可解です。アホの私の頭では、ニーチェとサルトルは単純にはつながりません。ニーチェはキリスト教の腐敗を批判しましたが、聖書の世界を否定したとは思へません。強大な力の必要性を説きました。人間の世界ではどうしても神が必要になる、その神を追ひもとめてゐたのではないでせうか。宗教をふくめた人間そのものを肯定したのがニーチェです。当時のドイツの尊大な学者についてかう書いてゐます。
「学者はこうして自信をもって、その本能によって、宗教的な人間は、自分よりも価値が低い劣った人種だとみなすのである。」
(ニーチェ『善悪の彼岸』第3篇58 中山元訳 光文社文庫 140,141ページ)

先日別の質問にも回答いたしましたが、ネット情報ですませてゐたのでは、プラトン、アリストテレスなどの名前だけでありがたがつて、表面的に高尚な哲学だと信じこむだけです。私なら
プルタルコス→エラスムス→ニーチェ
です。哲学カテゴリのみなさんの見解もさまざまです。マキアベリやモンテーニュの名をお出しになる方もいらつしやいますし、タレスはアルケーだ、アウグスティヌスを崇めるのだ、マッハ以前の哲学はゴミだ、ウィトゲンシュタインの前で沈黙すべきだ、などなど諸説あります。ナナミさんも御自身でお決めになるのがいちばんよろしいかと存じます。

私は、西洋哲学の歴史的な流れを語るほどに、いろいろと著作を読んでゐるわけではありませんので、直接の回答はできません。OKWaveでは同じ質問にいくつかの回答がついてゐますから、そちらを御覧ください。

そもそも
ニーチェ→サルトル→?
といふ図式が出てくるのが不可解です。アホの私の頭では、ニーチェとサルトルは単純にはつながりません。ニーチェはキリスト教の腐敗を批判しましたが、聖書の世界を否定したとは思へません。強大な力の必要性を説きました。人間の世界ではどうしても神が必要になる、その...続きを読む

Q「運命の輪」は英語で・・・?

読んでいたマンガに出てきてふと思ったのですが、
「運命の輪」って英語になおすとどうなるんですかね?
日本語での他の言い方も何かあったような気がしましたが、
広辞苑を開いても「運命の輪」は載っていませんでした。
「運命の輪」っていう日本語、ありますよね?
それすら疑問に感じてきました・・・。
言い回しは違っていてもいいので、
同じような意味を成す英語を思いつく方がいらしたら教えてください!

Aベストアンサー

Wheel Of Fortune
だった気がします

Q漠然とした全体意志を研究している哲学者はだれ?

うまい表現ではないかもしれませんが、例えば、漠然とした全体意志のようなものがあると思います。例えば、戦時中に「非国民」といい差別をしたり、私刑を行ったりするそういう行動に根拠を与えているような感情です。

こういうような知の枠組みを研究している哲学者で有名な人はいますか?教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

御希望にかなうかどうか分かりませんが。

『自由からの逃走』  E・フロム
『大衆の反逆』    オルテガ・イ・ガセット
『「空気」の研究』  山本七平

このあたりでしょうか?いずれも普通に入手できるようですし。
ただ、山本七平さんには、独特のクセがあるようですが。

Q「どんな運命が待っているのだろう?」を英語にして頂けないでしょうか?

「どんな運命が待っているのだろう?」を英語にして頂けないでしょうか?
心境は、不安と希望が含まれている言葉なのですが。

こういう場合の英語を教えてください。

Aベストアンサー

多少文語的かもしれませんが、
I'm imagining what sort of destiny will bring me into the future.
などというのはいかがでしょうか。

Q悲劇性への意志とは

悲劇性への意志とは

Aベストアンサー

能動型と受動型とが有る様に思います。

能動型には攻撃性が意志に有る、と思います。
受動型には否定性が意志に有る、と思います。

と云う事で、
悲劇性への意志とは、
能動型では攻撃性であり、受動型では否定性である、と成りました。

Q「運命の赤い糸」を英語で言うと??

よろしくお願いしますm(__)m

タイトルどおりの質問なのですが、運命の赤い糸という言葉は英語でもあるのでしょうか?

あるならなんというのでしょうか??

どなたかご存知でしたらよろしくお願い致しますm(__)m

Aベストアンサー

Gです。 補足質問を読ませてもらいました。

>string とthread、どっちのほうが良く使われるのだろう?

勿論私には統計的な情報もそれだけの経験もあるわけではないですが、string/thread両方聞きます。

これは、stringの持つ一本の糸と言うフィーリングとthreadの持つ「つながり」と言うフィーリングの違いだと思います。 原語では多分この糸を示す単語だったのではないかと思います。 それがこの表現を「フィーリング」をもっと出したい為に似たような単語でありながら「つながり」と言うフィーリングをより持っているthreadと言う単語が使われるようになったのではないかと思うわけです。 (非常に自分勝手な創造ですが多分あっていると思います)

BBS掲示板などのレスがスレという日本語が使われていますね。 これが Threadなのです。 返事が「つながって」みんなが意見を言う、と言う事ですね。 これは糸ではその「つながり」のフィーリングが出ませんね。 私が言おうとしている事がお分かりでしょうか。

Q『ニーチェの言葉』『ニーチェ道をひらく言葉』について。

『ニーチェの言葉』『ニーチェ道をひらく言葉』について。

ニーチェの本を購入しようかと考えています。
どちらかが良さそうだなと思うものの、どちらがお勧めと言うか、内容的にどんな感じなのか、知りたいです。読まれた事がある方、是非とも教えてくださいませ。

よろしくお願いいたします。

※本屋で中身を見ればいいだろう…って思われるでしょうが、『田舎へ泊まろう』以上ともいえる田舎に住んでいるもので…

Aベストアンサー

私は、「ニーチェの言葉」を持っています。
人生に対する肯定的な言葉が並んでいて、好い印象を持ちました。
しかし、ニーチェを知っている人からすると、「ニーチェの言葉を断片的に取り上げているだけ」と、かなり手厳しい声を聞きます。

ニーチェの言葉カスタマーレビュー
http://www.amazon.co.jp/product-reviews/488759786X/ref=dp_top_cm_cr_acr_txt?ie=UTF8&showViewpoints=1

ニーチェ道をひらく言葉は、読んでいないです。カスタマーレビューもまだないですね。
しかし、「これがニーチェ哲学の真打ち。善も悪も乗り越えた、すべてのエッセンスがこの一冊に。強く生きるための教え228。」と言う宣伝文句から想像するに・・・228の言葉からニーチェを語れるはずもなく、断片的なニーチェ紹介になるのは、やむおえないと思います。

参考までに・・
 

Q運命は生まれる前から・・・の英訳

「ひとの運命は生まれる前から決まっている」をThe destiny is decided before you are born. と表して通じるでしょうか?もっと運命的?詩的、に通じる英語を教えて下さい。宜しくお願い致します。 

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問文にある英文は文法的にほぼ間違っていませんし、意味も通じます。ただ、特定の運命でなく、「運命というもの」という抽象名詞として用いるなら、冠詞は必要ありません。「~前から既に決まっている」という完了の意味を出すために、has been decidedと現在完了を使ったり、alreadyという副詞も有効に使えます。

既に回答の出ている、predeterminedやpredestinatedも効果のある動詞です。それ以外の動詞を用いて例文を幾つか、、、

1.「そうなるように仕向けられている」という意味の「決まっている」として、be designatedという動詞も使えます。
Destiny is designated before your birth.
「運命は生まれる前から、選定さられている」
Destiny is directed in advance to what you should be.
「運命は予め、将来あるべき姿へと、方向が定められている」

2.destinyの動詞destineを受身に使って
We are destined before our birth for what we are.
「現在の自分は生前から運命付けられている」
what we areのところを、what we’ll be「将来の自分」、what we should be「自分のあるべき姿」と変えることも可能です。

3.Destiny is definitive at your birth and unchangeable.
「運命は誕生と同時に決定的なものとなり、それは変えられない」

4.悲劇的なニュアンスを出したければ、fate「運命」もdestinyと同様に使えます。

以上ご参考までに。

はじめまして。

ご質問文にある英文は文法的にほぼ間違っていませんし、意味も通じます。ただ、特定の運命でなく、「運命というもの」という抽象名詞として用いるなら、冠詞は必要ありません。「~前から既に決まっている」という完了の意味を出すために、has been decidedと現在完了を使ったり、alreadyという副詞も有効に使えます。

既に回答の出ている、predeterminedやpredestinatedも効果のある動詞です。それ以外の動詞を用いて例文を幾つか、、、

1.「そうなるように仕向けられている」という意...続きを読む

Q全部決まっている?【運命・必然・偶然・自由意志】

人間の判断が全て刺激に対する反射とするならば、自由意志というものは存在せず、「自分で決めた」ということがあり得ないのではないでしょうか?

もし、そうだとすれば「人生で何が起こるかは、何も決めることができない。全て偶然。」になるのでは?

何も決めることができない、ということは「全て決まっている」と言えてしまうのでは?

といったことを考えました。
実際のところ、どうなんでしょう???

当方、哲学が専門という訳ではないので、まったく見当はずれのことを言っているのかもしれませんが・・・。もし、このような問題を扱っている書籍などもありましたら教えてください。

Aベストアンサー

(1)しかし、もっと驚くべきことにリベットは、自発的な行動にかかわる脳内のニューロン作用を、被験者が動くと決めた時刻より決まって300~400ミリ秒も前に検出したのである。この明らかに自発的な動作は、被験者が行動を意識的に決めたと思うより前に始まっていたのである。
・・・重大なことに、意識的な行動意図の認識と運動刺激の開始とのあいだには、なおも200ミリ秒のすきまがある。リベットの提案によれば、まさにこの運動遅延期間に、意識は随意行動に影響を与えることが出来る。随意行動は無意識のうちに始まるかもしれないが、それが完了する前に意識が介入してこの行動を止めたり強化したり出来るのだ。p392

(2)ところで自由行為は、流れつつある時間の中で行われるもので、流れ去った時間の中で行われるものではない。それゆえ、自由とは一つの事象であって、しかも確認される事象の中で、これ以上はっきりしたものはない。この問題のもつすべての難しさも、また問題自体も、持続に広がり{延長}の場合と同じ属性を見いだそうとしたり、継起を同時性によって解釈しようとしたり、また自由の観念をあきらかにそれを翻訳するに絶えない言語で表現したりしようとすることから生まれるのである。p202


(1)は「量子進化」マクファデンからの抜粋です。
最近、認知科学、脳物理学の分野で、意思決定の前に脳の当該部分のニューロンが発火しているとの事で、或いは、解決する前に回答が脳のなかにあるといった表現で、自由の問題が注目を集めています。ただ注意しなければならないことは、意識といった生命現象を、ニューロンの発火やアドレナリンに還元しても、それは、物質のメカニズムを理解しただけで、生命のメカニズムを理解したこととは、原理的に違うという事です。
「ある生物のはたらきについて調べるとき、より小さい構成要素のより細かい部分について調べていくうちに、目の前から生命そのものが消えてしまうようなのだ。動物全体あるいはその一個の細胞に生命を認めることはむずかしくない。だが、細胞の内側を見ていくときに疑問が起こってくる。染色体は生きているのだろうか?遺伝子やDNAはどうなのか?」これも、上掲書の一節です、物質のメカニズムを究明しても、生命活動のクオリアは依然として何の手がかりもないようです。言い換えれば、感情・感覚・知覚・記憶の何たるかは、私たちには認識できないような構造になっているようです、つまり、諸感覚は、外部にのみ開かれています。

(2)は、「時間と自由」ベルクソンの抜粋です。
この本は確かに難解ですが、誤解を恐れず、別の言葉で表現すると
自由とは現在意思できるという能力ではないか、と言う事です。例えば、私は現在、ここに回答しています、これが自由でなくてなんでしょうか、犬にも、石にも、こんな能力はありません。ところが、この回答を後から振り返ると、質問があったから回答できたのだから、自由ではないと言ってみたりします。

しかし、自由は現在の持続の中で、自分自身が望むことが出来るのです。純粋持続と言う時間が空間の中で迷子になっているのですが、空間で物質を捕らえる習慣が、迷子になっていることにすら気が付かない、と言うことでしょうか?この辺りは、自分の解釈で、自信がありません。

ご質問で言われる所の「自由意志」が一体なんであるかを考える必要もありますね、この辺が私の限界ですので失礼します。

出来れば、解説の類より「時間と自由」ベルクソンをお奨めしますが100年前の本です、
ご自身で検討してみてください。

(1)しかし、もっと驚くべきことにリベットは、自発的な行動にかかわる脳内のニューロン作用を、被験者が動くと決めた時刻より決まって300~400ミリ秒も前に検出したのである。この明らかに自発的な動作は、被験者が行動を意識的に決めたと思うより前に始まっていたのである。
・・・重大なことに、意識的な行動意図の認識と運動刺激の開始とのあいだには、なおも200ミリ秒のすきまがある。リベットの提案によれば、まさにこの運動遅延期間に、意識は随意行動に影響を与えることが出来る。随意行動は無意...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報