ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

どうしてアレルギーは甘えだと思いますか?

また、その考えに至った経緯も教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (17件中1~10件)

No.1やけど。



健康な人は残酷やったりします。でも自分が健康なときってどうやった?理解したくてもでけへんかったんとちゃう?
それがええとは言えへんけど、理解を求めるんは難しいってことも事実なんとちゃうかな。
人は見えへんもんは理解しづらいやん。

でもな、アレルギーで死ぬ場合もあるって、そんなこと大学生になっても知らんの?学食であれ抜いてこれ抜いてって言うんは確かに一見我儘。それやったら自分で弁当作ってきたらってなるわ。でもそれを言い出したらキリない。

健康やと傲慢になる。
皆と同じにできないことが悪とされる。
そんなんに負けたらあかんで。

弱者を装う騙りだけが原因かな?人は案外冷たいもんやけど。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

私の場合は、幼い頃から障害が残るといわれる難病を克服してきたので、一般に言われる健康を体験したことはありません。
けれど逆に多少嫌なことがあるだけで悪口や文句ばかり言う人は、自分に甘いと思ってしまいます。
それが冷たいってことでしょうか。

しかしその気持ちから相手が甘えていると思うのであれば、その気持ちも理解できます。

お礼日時:2011/11/22 10:00

ということは甘えてない人はアレルギーにならないということですから。


実際、甘えてない人もアレルギーになっていますね。
医者も、この質問の答えとしては、違いますと言うでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>この質問の答えとしては、違いますと言うでしょう。
私の質問は、「アレルギーが甘えだと思う人」に対して行ったもので、「アレルギーは甘えですか?」という質問とは異なります。
解りにくくてすみません。

お礼日時:2011/11/23 23:28

アレルギーによって、一般の人よりも許容範囲が限られてしまうこと、そういう境遇への配慮を周囲の人間に求めること自体を甘えとは思いません。


ですが、自分の病状について周囲の人間が納得できるような説明をキチンと行わないまま、アレルギーを理解しようとしない・理解できない人間を一方的に責め、十把一絡げに加害者扱いするのだとしたら、それは甘えに過ぎないと感じてしまいます。
(質問者様のことを述べているわけではありません。念のため。)

健康な方々から理解されにくい病気を抱えて生きるのは楽ではありません。
病気そのものも苦しいでしょうが、それを簡単には受け容れてもらえない現実の過酷さと向き合う方が、遥かにつらいでしょう。

私のかつての同僚に、突発的に手が震え出す症状を持つ人がいました。
「自分の意思とは関係なく、手が勝手に震えてしまう病気」なのだと、職場の人々に説明しているにもかかわらず、「なぜ落ち着いて作業できないのか」「単純な事務処理さえもマジメにやろうとしないのは甘えだ」と決めつけられていました。
「世の中には、手も足もないのに頑張って生きている障害者がいる。なのに、手も足もあるあなたが、少々の困難にへこたれるんじゃない」という風に。

その人が泣いて私に訴えたことがあります。
「私は、手も足もない障害者に生まれた方がよほど楽だった。“手も足もないのに色んなことができる”と皆から肯定的に受けとめてもらえる。私は“手も足もあるのに色んなことができない”と皆から否定されるだけ」と。
説明しなくては理解されにくい軽度障害と闘う苦しみは、説明しなくても理解を得やすい重度障害の苦しみより酷な場合もある…と語っていました。
アレルギー症状と闘う方々にも、これと似た苦しみが当てはまるのではないでしょうか。

それでも、「単なる甘え」だと決めつけられてしまう現実を克服したいなら、自分の弱さ・脆さをありのまま周囲に打ち明け、甘えているつもりはないと理解してもらうべく説明しなくてはならないのが、特殊な病気を抱えてしまった人間の宿命です。
私自身、特殊な病気を持っていますが、自分を取り巻く周囲の人々にブザマな姿を正直に明かしつつ、時として理不尽と感じる現実にも自分なりに折り合いをつけながら生きていくことが、自分に課せられた使命だと思っています。

ただ、私の持つ症状は、少々複雑で、そのすべてを周囲の人間に説明しているわけではありません。
なので、事情をよく把握していない相手から「甘えている」と責められる時もありますが、それは「きちんと説明しない自分が悪い」のだと受けとめています。

周囲の人間が示す、ごく自然な拒絶反応を、いじめだとか、冷たいとか思うのであれば、その傷ついた気持ちごと、自分の事情を素直にさらけ出せばいいのです。
それを知ってまで、なおも「甘え」だとか「逆切れ」だとか、己の固定概念を捨てようとしない相手については、そういう個性を持った人だと割り切って付き合えばいいのです。
健康な人々から、自分の不便さを理解してもらえない、偏見や差別的待遇を受けてしまうと嘆く人々の中には、「どうせ理解してもらえないのだから」と、自分から周囲の人間にカベを作ってしまっている人もいるようです。
それでいて、「世間が不勉強だから困る」と、勝手に落ち込んでいるのです。

自分が理不尽な環境にいるからといって、自分より余裕のある人々に向かって「自分が適切な環境を受けやすいよう想像力を働かせてくれ」と期待するのは間違っていると思います。
健康な人もそうでない人も、皆、それぞれに自分の課題と向き合うことに必死なのが、世の中というものです。
表向きは順風満帆な人生を送っているように見える人でも、自分なりの涙を流していることだってあります。
そういうことには気づこうともせず、自分だけが悲劇の主人公とばかりに、周囲の人間が自分の世界に照準を合わせてくれることを求めてばかりの人に対しては、思わず「甘んな!」と言いたくなっちゃいます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

私は必要に迫られなければ自分がアレルギー持ちであるということを話さないようにしています。
下手に話すと、面白がって食べさせようとする人も見てきたからです。
そういう人には、説明すればするほど面白がってここぞとばかりに食べさせようとしてきますし、酷く拒絶すると、「そんな症状出るとか大げさやねん」と逆切れされることもありました。
必死になっている姿を滑稽だと、だから余計に食べさせてやりたいのだと陰口を言われているのも聞いたことがあります。

病気の説明をするということは、下手をすると、無知で愚かな人に弱点をさらけ出すことだと同時に考えています。

甘えと言われることは構いません。私自身、気づいていないところで甘えている部分があるかもしれないと常々思っています。
ですが、そう思うからと無理に食べさせようとする行為をやめていただけたらと思います。
ちょっと人にアレルギーのことを話すということに臆病になってるのかもしれませんが。

>「自分が適切な環境を受けやすいよう想像力を働かせてくれ」
これは理不尽この上ないですね。正直私も他のアレルギー持った人に○○アレルギーやねん。とか言われても、どう対応していいか解りません。病気のせいとはいえ、人様に迷惑かけるのですから、何をどうしてほしいかと丁寧に説明と感謝をしなければいけないと思います。

お礼日時:2011/11/23 23:27

好きでアレルギーになったわけじゃないんだ、と思います


魚の皮が食べられなくなったんですよ、25になってから

バッテラが食えない、うなぎも量が食べられない
鮭の皮とか美味いよなー…と思いながら食えません


僕はハウスダストで喘息を起こし、死にそうになりながらも仕事に行き
「早退させてくれ」と言うと「仕事が終われば帰って良いよ」
……どう見ても明日の朝までかかりそうな仕事量
後輩達が助けてくれて、そのまま緊急入院
医者には「死ぬところだったよ、肺が半分近く白い」と言われ

しかし会社では「喘息如きで入院とか迷惑です」
「エアコンの埃がダメなら、自分が掃除すれば良いだろう」
と言われました…エアコンのフィルターは僕1人で洗えと?
しかも、埃を吸ったら、また喘息で死にそうになるのに?

即辞めましたよ。アレルギーや持病は「自己管理が出来ていないから」
って人が多いんですね。自分が持ってないから、分らないんですよ
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

自己管理ができていない。というのは言われたことがあります。
自己管理ができていないから、誤ってアレルギー物質を取るのだという意味だと思っていたのですが、もしかしたらアレルギー自体が自己管理ができていない証だという意味だったかもしれないんですね。

友達がハウスダストアレルギーで、ダニがトコトンダメだったらしくて、学校の合宿の時とか2日目以降体中ボツボツでかわいそうだった記憶があります。
大変ですね、お大事になさってください。

お礼日時:2011/11/23 22:55

甘えだったらとっくに治して大好きなイクラを沢山食べられているはず!!



気が付いたら魚卵アレルギーになっていました。
私の場合は蕁麻疹出ちゃいますからね。
見た目にも悲惨な状態になっちゃいますから、そういう状態を見て「甘えだ」と言う人は鬼ですね。

イクラ本当に大好きで、体調のいいときにだけほんのちょっとだけしか食べられません。
我慢できないと言うのは甘えですかね。。。(^^;)
本当はボールに山盛りほど食べたいのですけど。
↑本当に食べたら健常でも体に悪いかもしれませんが・・・

重度のアレルギーは甘え云々どころでは無いと思います。
アナフィラキシーショックは本当に怖いですからね。
食物のアレルギーでよく耳にしますね。
蜂に刺されたことがありますが、アナフィラキシーショックを起こしてすぐ点滴を打ったことがあります。
また刺されると本当に危ないとか。。。
最近では某お茶石鹸でアレルギーを引き起こし、普通の生活が出来なくなってしまったという話を耳にしました。

タバコアレルギーわかります!!
私はタバコアレルギーではないのですが、気管が弱くてタバコの副流煙が物凄く辛いのです。
喫煙者の一部はアレルギー持ちだろうが嫌煙者だろうが近くに赤ちゃんや子どもがいても全く配慮しませんよね。
ひどい人で人通りの多い公道でタバコを吸う妊婦さん!!
赤ちゃんがかわいそう過ぎます!!!
タバコを吸うとそういった配慮が出来なくなるんだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

私も二十超えてから食物アレルギーが出たので、当然食べられていたものが食べられなくなって、凄く窮屈な思いをしています。
今の食文化だと、一つの物が食べられなくなるだけで、ずいぶんいろんなものが食べられなくなるということ、改めて実感しました。

お茶石鹸は有名ですね。しかも小麦がダメとか…私もパンはダメだから、こんな辛い思いをする人が一気に増えたと思うと気の毒です。

タバコアレルギーは、もともと気管支が弱くて、タバコがあまりにも苦手だったので、疑問に思った主治医が調べてくれて判明しました。
あまり喫煙者にとやかく言うつもりもないですが、最低限、マナーを守っていただけると本当にありがたいです。
アレルギーが甘えだと思われる人も一部の人の影響があるようですし、喫煙者の方も一部のマナーが悪い人のせいで、マナーの良い人まで責められるのはちょっと気の毒ですね。

お礼日時:2011/11/23 00:27

食物アレルギーは大変ですね。


やはり、フルに健康で何をしても大丈夫な人に理解してもらうのは難しいかもしれません。
目の前でどうなるのか目撃したり、アレルギーによる数々の不幸話を聞いたりすればちょっとは理解しようとするのかもしれませんが・・

>アレルギーは甘えだと思う人
質問者さんの場合、甘えだと言われている状況からするに、自分も丁重に扱って欲しいから言うのではないでしょうか。
自分も甘えたいのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

アレルギーといえば、最近よくニュースやテレビ特集で見ますが、そういう事を聞いても、ピンとこない人はやっぱり来ないようですね。

私はアレルギーだからこうしてほしい…というのは、友人関係では本当に必要なときにしかお願いしないよう心がけているので、それが甘えているように見えているとするなら、悲しいですね。
なるべく喫煙所を避けたり、食堂も授業を抜け出して人がいないガラガラの時間に利用したり、休む際も単位に直結することでなければノートを見せてとお願いしたりしないのですが…。
もしかしたら、
「飲み会いこうよー!」
「ごめん、私アレルギーあるし、面倒かけるから遠慮するよ」
「大丈夫!私たちが配慮するから、気にしないで!」
とそういう周りの気遣いが、甘えていると思われる理由だったら本当に残念なことこの上ないです。

お礼日時:2011/11/22 22:47

>病院に行くために学校を休んだら遊びにいったんだろ?と言われ


それは、アレルギーについて無理解・無知な人の言動であって、アレルギーを起こしている側には何ら問題はありません。
一見普通そうでも、実は大変な病気を抱えている人は沢山います。

よく質問に出るのは、妊娠初期で身体が辛いのでシルバーシートに座っていたら、お年寄りから咎められるというような内容ですが、見た目だけで判断・評価するのは怖いことです。
目立たないがゆえに、その人の辛さが気持ち的に共有できないというのはどっちに責任があるのか・・とは一概には言えませんが、ですが、質問のように「甘え」という感覚は、事情を知らない人の勝手な思い込みであって、アレルギーにかかっている本人ではないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

シルバーシートと言えば、小学生の時、一度電車に乗ってる最中に右脹脛が強烈に釣って、お年寄りにお席を譲ってもらったという恥ずかしい経験があります。
その時に「年寄から席を奪うとは何事だ!親の教育がなっとらん!」と説教もされて、世の中って複雑だなぁと実感したことがありました。
見た目に異常がない=健康だという思い込みがアナザービューをするということを忘れさせているんですね。

お礼日時:2011/11/22 22:41

正直私は貴方の質問に憤りを感じたのです。


アレルギーによっては命を奪うものもあります。
それを『アレルギーは甘えだと思う人』
などと安直な質問に憤りを感じたのです。

この回答への補足

安易ではなく安直ですね、失礼しました。

補足日時:2011/11/22 12:17
    • good
    • 0
この回答へのお礼

安易ですか?私は安易とは思いません。真剣です。
失礼ながら、安易だと思われるのであれば、どうかわたくしの質問に目をつぶってスルーして頂けると幸いです。

お礼日時:2011/11/22 12:15

多様なアレルギーが身体的外部に見えない所で起きます。



煙草も香水もブリーチの匂いも、呼吸器官がグっと狭まって息が苦しくなるけれど、ゼーゼーという音までは出ない程、肺の奥で発作が起きても、誰も信じてくれません。

顔つきだけが苦しそうになるので、ブリッコしていると思われておしまいです。

お腹がギュっと締め付けられるとか、心臓が痛いとか、回りの人には伝わりません。所詮は発作は顔が紫色になるまでほっておかれないと信じてもらえないのでしょう。

黄緑色になって座り込んだり、意識が遠のいてへたり込んだ時は、しばらくして「大げさなんじゃない」と聞こえました。

健康な人にはそう取られるようです。

頭がボンヤリする、判断ができなくなる、視界がぼやけるなどの視聴覚に来るアレルギーもあり、運転している時に車内に香水が漂うと、運転が危険な状態になります。これで事故っても証明は難しいですね。信じてもらえません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

辛さはその人にしか解らないのに、何故大げさと思うのか不思議でした。
でも、アレルギーを偽ったり、大げさに振る舞う人がいるから、誰しもが大げさだと思われるのかもしれないですね。
私も電車の中で倒れたとき、周りから「迷惑」「ウザい」「キモイ」と言われたのを酷く鮮明に覚えています。
あの時は本当に死ぬかと思ったので、それ以来満員電車が乗れなくなりました。
理解されない辛さは解ります。

お礼日時:2011/11/22 12:13

甘えって…そんなわけないでしょうが。



ひとつ間違えば、命にかかわるのが「アレルギー」ですよ。
特に、食物アレルギーの中には、非常に深刻なものも多いです。

「甘え」と言われるのでしたら、例えば、日頃の生活態度に甘えた部分があるとかじゃないでしょうか。
その結果、アレルギー主張にも「甘えだよ」と言われやすいとかね。
そういう場合は、「一事が万事」で、誤解されることもあるかもしれません。

そうでないなら、誰が何を言おうと気にしなくていいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

病院に行くために学校を休んだら
遊びにいったんだろ?と言われ、
誤ってアレルゲンをとってトイレで吐いていたら
サボリだろ?と言われ、
薬を飲む白湯を貰うために保健室にいったら
逃げだろ?と言われるので、そのせいで甘えだと言われるのかもしれませんね。

お礼日時:2011/11/22 10:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアレルギーを理解できない人って実在するのですか?

匿名で家族や友人知人とのいざこざの体験談を語るスレで、アレルギーを理解できない人とのトラブルをよく見かけます。

きちんと説明されたはずなのに単なる好き嫌いと解釈したり、好き嫌いの克服とおなじ感覚で少しずつでも食べさせれば治ると解釈。
こうしてアレルゲンとなる食べ物をしつこく勧めたり、騙したりこっそり混入させて食べさせたりしたそうです。
中には、本当にそうなのか? どういう反応が出るとかという好奇心からやらかす強烈な事例もありました。
孫を可愛がりたいという気持ちばかりが先行して、無理矢理アレルゲンとなるお菓子を食べさせようとした祖父母の事例もありました。


信じがたい話であり、つくり話だと思いたいのですが…。
匿名の体験談としてではなく、きちんとしたソースってあるでしょうか?
アレルゲンを摂取してしまった原因についてのデータってあるものでしょうか?

Aベストアンサー

今でこそアレルギーって一般的ですが、昭和の頃は、そうですね、私が子供の頃だった昭和50年代でさえ花粉症もそんなに一般的に知られていなかったのです。それで、それ以前の時代はアレルギーを持っている人はほとんどいなかったのです。
だから今の老人世代の人だと「私の若い頃にはそんな人はどこにもいなかった。今の若い子はそうやって甘やかすからだめなんだ」って思っている人は多いです。

アレルギーについて世間の潮目が変わったのは、いつだったか忘れましたがそばアレルギーで死んじゃった子供が出てからです。当時結構大きく報じられて、「アレルギーで死ぬこともある」と世間に知られることになりました。それまでは「せいぜいじんましんが出る程度でしょ」って思っている人は多かったのです。
それでね、その子がなぜ死んじゃったのかっていうと、給食だかなんだかでそばが出て、その子が僕はそばアレルギーだから食べられないですっていったら、担任教諭が「食え」っていって無理やり食べさせられてショック死しちゃったのです。もちろん、その担任教諭は「まさか死ぬとは思わなかった」といったのですが、まあ世間一般はそんなものでした。私もそのニュースで「えっ?そばアレルギーって死んじゃうんだ」ってひどく驚いた記憶がありますからね。

今でこそアレルギーって一般的ですが、昭和の頃は、そうですね、私が子供の頃だった昭和50年代でさえ花粉症もそんなに一般的に知られていなかったのです。それで、それ以前の時代はアレルギーを持っている人はほとんどいなかったのです。
だから今の老人世代の人だと「私の若い頃にはそんな人はどこにもいなかった。今の若い子はそうやって甘やかすからだめなんだ」って思っている人は多いです。

アレルギーについて世間の潮目が変わったのは、いつだったか忘れましたがそばアレルギーで死んじゃった子供が出てか...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング