『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

先日JR東海の『のぞみ』とJR東の『MAXとき』に乗車しました。
車両は違うけど、同じ新幹線で乗り心地が全く違いました。
のぞみは振動も少なく快適でしたが、MAXときは大宮を越えた辺りから横揺れが酷く、同じ新幹線なのに、こんなにも違うのかと思いました。
この、乗り心地の違いは車両の違いでおきているのでしょうか?
また、他の要因で乗り心地に差がでるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

MAXときは大宮より新潟よりのことですよね?



まず、のった「号車」の位置が問題になります。

先頭車と最後尾車は、前後の車両で揺れを抑制する
事が出来ませんので、それ以外の車両より揺れます。
また、パンタ付き車両も、架線からの振動を受けます
ので揺れます。

この辺に差は無かったですか?

次に「上越新幹線の路盤構成」です。

上越新幹線は路盤が「スラブ軌道」というコンクリートで
固めた(だけじゃないんですが)路盤でして、こいつは
メンテナンスが楽で軽い優秀な路盤なんですが、
細かい振動があるのが欠点なんです。古い砂利敷きの
「バラスト軌道」を使ってる東海道新幹線より、本然的に
微振動が大きいんですよね。

もっとも、保守に手を抜くと、バラスト軌道はてきめんに
乗り心地が悪化しますけど。国鉄末期の新幹線なんぞ
ひどいものでしたよ。

それにそもそも論として、MAXときの車両は収容力第一
で考えられた車両で、重心も高く、特に2階は最高速で
結構揺れます。

同じ路線を走るE2系「あさま」と比べると、同じ240km/h
では、段違いで乗り心地は良くないです。

反対に東海道新幹線のN700系は、山陽新幹線で300km/h
で走れる設計をしてます。重心も低く、山陽新幹線のスラブ
軌道を300km/hで疾走出来るのですから、270km/hに
抑えて走っているバラスト軌道の東海道では、乗り心地の
面で余裕綽々なんです。

ま、他にも色々な要素はありますが、差のつく大きな要素は
この3つでしょうね。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q揺れる新幹線について…

ちょっと前にも振動に関する質問を出している方がいらっしゃいますが、
新幹線の揺れについて質問させてください。
昔は、乗り心地を「ウリ」にしていて、
「立てたタバコが倒れません」なんてのをテレビで見た覚えがあります。
ところが今は、かなり揺れています。

何年前かに「乗り心地よりスピード」みたいに
乗り心地を優先しなくなったキッカケみたいのは
あったのでしょうか?
それとも、だんだんと乗り心地を気にしなくなったのでしょうか?

漠然としていてすみません。詳しい方いらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

◆Naka◆
確かに#5さんのおっしゃる、「開業当時の200系新幹線」列車が「立てたタバコが倒れない」ことを売りにしていましたね。
現在は大分揺れるようになってきました。

原因の1つは運行速度の上昇によるもの、つまり開業時は最高速度210km/hでしたが、現在は速達型で275km/h(宇都宮~盛岡間)、その他の車両でも240km/hになっていますから。
そしてもう1つは、建設当時には万能のように思われていた「スラブ軌道」が、長年の使用により疲弊してきたことが原因です。(それでもスラブ軌道のメリットは大きいですが)
また副次的な理由として、レールの磨耗も挙げられます。もちろんレールは定期的に交換したりならしたりされていますが、カーブの多い日本の新幹線の場合、どうしてもレールの側面が削られやすい構造になっています。
このわずかな「削れ」が、高速走行中の列車に微振動を与え、それが増幅されて横揺れにつながっているわけです。

だからと言って、乗り心地を優先しなくなった、というわけではありません。
最近の車両では、この横揺れを低減するために、「アクティブサスペンション」を搭載するものが増えてきました。
特に、主に「はやて」に使われているE2'系1000番台車などは、一部の車両にフルアクティブサス、その他の車両にもセミアクティブサスを搭載し、新線区間である盛岡~八戸間では、往年の「タバコの倒れない」乗り心地を彷彿とさせる走りっぷりを披露しています。
http://www.takagi-ryo.ac/docs/id/156/

現在、世界中の高速鉄道で、日本の新幹線に一番追いついているのはドイツのICEでしょうか。
確かに営業最高速度では、新幹線、TGV、ユーロスターが300km/hで並んでいますが、加速度、運転間隔、、安全性、騒音の少なさ、正確さにおいて、新幹線は他の高速鉄道の追随を許さないレベルの高さを持っています。
一般にヨーロッパの高速鉄道は、#4さんのおっしゃるように、山もトンネルもない平原をまっすぐ走るだけのものが多いということと、加えて先頭の機関車で残りの客車を引っ張る方式が主流であるため、概して乗り心地はいいものが多いのですが、日本に持ってきて1本の営業列車として新幹線区間を走ることができる(もちろん軌間など合わせて)車両は皆無です。
途中で分解するか、加速が悪すぎて後続列車に追突される(実際にはATCで、あり得ませんが…)ことになるでしょう。
フランスあたりでも、最近はプライドを捨て、日本の新幹線に倣って全車モーター方式を取り入れようという動きがあります。どうしても新幹線の表定速度記録(広島~小倉間)を抜けないのが悔しい、というのもあるようですね。
つまり日本の新幹線は、入り組んだ地形、移動人口の多さ、人口密度から来る駅間距離の短さ、環境問題等、実に様々な問題をクリアしながら運営してきたことが、世界一の高速鉄道を育んできた理由になるでしょう。
その中で、JR各社は必死に速達性と乗り心地を両立させようとしている最中である、と言えるかもしれませんね。

◆Naka◆
確かに#5さんのおっしゃる、「開業当時の200系新幹線」列車が「立てたタバコが倒れない」ことを売りにしていましたね。
現在は大分揺れるようになってきました。

原因の1つは運行速度の上昇によるもの、つまり開業時は最高速度210km/hでしたが、現在は速達型で275km/h(宇都宮~盛岡間)、その他の車両でも240km/hになっていますから。
そしてもう1つは、建設当時には万能のように思われていた「スラブ軌道」が、長年の使用により疲弊してきたことが原因です。(それでもスラブ軌道のメリットは...続きを読む

Q山陽新幹線の横揺れは何故こんなにひどいのか?

福岡から東京まで「のぞみ」に乗りましたが、本州~広島~新大阪とすごい横揺れで、車内の売り子さんもよろける位ひどいものでした。
PCを広げて仕事をしようと思いましたが、PCは机から飛びそうになるし、目が疲れて気持ち悪くなるなど、散々でした。
300kmで早いとはいえ何でこんなに揺れるのでしょうか。軌道のせい?車輛のせい?速度のせい?気のせい?

Aベストアンサー

こんにちは。
鉄道会社で乗務員をしております。

横揺れの要因として考えられるのは、 

● 傾きなどのレールのズレや、レールの摩耗。
設計値プラスマイナス数ミリと誤差が設定してあります。
誤差が許容範囲ギリギリになって、初めて修復ではなく、ある程度ですぐ修復に入るので、安全上は大丈夫です。

修正の直前の箇所と、修正してすぐの箇所では、誤差値が違うので揺れの違いが出ます。

● 車両のどの辺りに乗ったかで、揺れは異なります
車端ほど(ドアに近い程)、揺れは大きいです。
また、列車の最後尾は、対向列車の風圧や引っ張られる環境ゆえに特に揺れが大きいものです。

● 在来線と比べると、揺れは元々大きいものだったりします。

● 新幹線の信号保安設備はATCと呼ばれるものです。
運転席に速度が表示され、その速度を超えると自動でブレーキが掛かるというモノです。
常に列車速度を監視しています。

なお、遅れているから→ATC信号の速度が上げる
・・・・といった事は、システム上有り得ません。

ATCは最も速度超過の出来ないシステムです。
乗務員の都合で、速度を変えられるようなものではありません。

JR東海で、ATC受信機が不良が有り、線路が270キロの信号を送り、運転台には速度270キロの指示が出ていたのに、受信機から車両の指示が不良だった為に、時速280キロまでスピードが出てしまい新聞記事になってしまった事例はありますが、速度につきましては適切だったと推察されます。

● 車種にもよる
新幹線の技術は日進月歩であり、フォーミュラーカーの様な世界です。

「最初の『のぞみ』」
「初めて時速300キロ運転」
・・・・といった車種は、もちろん旅客を乗せての安全性や快適性を考慮してデビューをさせています。

しかし、その「初めての○○」を実現する為に、今までの車種より元々、

揺れが大きい、
車両の天井が狭く、窮屈感が有る。
・・・・といったケースがあります。

ギリギリの設計だからというより、後継車種がその分進化した技術取り入れている為に、そう映ってしまったというのが本当のトコロなのですが。

300系や500系のように、「初めて」や「最初の・・・・」がつく車種は、揺れが大きい傾向があり、そのフィードバックが、700系や、この度登場するN700系に反映されているのです。

安全上の問題は無いかと思います。
時刻表にも車種が書いてあるケースもあるので、時刻表も参考になさってみてください。

こんにちは。
鉄道会社で乗務員をしております。

横揺れの要因として考えられるのは、 

● 傾きなどのレールのズレや、レールの摩耗。
設計値プラスマイナス数ミリと誤差が設定してあります。
誤差が許容範囲ギリギリになって、初めて修復ではなく、ある程度ですぐ修復に入るので、安全上は大丈夫です。

修正の直前の箇所と、修正してすぐの箇所では、誤差値が違うので揺れの違いが出ます。

● 車両のどの辺りに乗ったかで、揺れは異なります
車端ほど(ドアに近い程)、揺れは大きいです。
ま...続きを読む

Q海外の新幹線はなぜ揺れも少なく静かなのですか?昨年スペインの新幹線に乗

海外の新幹線はなぜ揺れも少なく静かなのですか?昨年スペインの新幹線に乗りました。
東海道新幹線にはよくのりますが、比べてびっくり!驚きました。最高速は300KMを
超えるときもありましたから日本の新幹線と同じくらいだと思います。マドリッドとバル
セロナはちょうど東京と大阪の関係ですが運転本数は日本に比べればうんと少ないです。
連結車両数も半分くらいでした。

Aベストアンサー

私も、AVEに乗ったときは、東海道新幹線より静かだと思いました。ツーリスタクラスの座席の前後間隔は狭かったですが。

線路については、すでに皆さんが述べておられるとおりです。

日本の新幹線は、踏切を避けるため大半が高架路線ですが、東海道新幹線は開業が1964年と古く、線路の大半が土を盛った上に砂利をひいて敷設されています。

その後に建設された山陽新幹線や東北新幹線等は、コンクリートの足を立てた高架橋の上に、直接線路が精度良く固定されています。また、カーブの半径も大きくとられています。

この構造上の違いで、東海道新幹線より新しい山陽新幹線や東北新幹線の揺れは少なくなっています。AVEをはじめ、ヨーロッパの新幹線は地平を走っている部分もあり、線路の精度が良いと思われます。

日本の新幹線は、一般の電車と同じ構造で、客室の下に車輪の付いた2組の台車があり、その中に騒音源のモーターが入っています。

一方、スペインのAVEや韓国のKTX等、フランスのTGVをもとにした車両は、先頭車と最後尾車がモーターの付いた機関車となっていて、その間にはさまれた乗客が乗る車両には騒音源のモーターはありません(KTXは編成が長いため機関車に隣接する客車の機関車側の台車にモーターがあります)。

また、連接車といって、隣の車両との間にある1台の台車を共有している構造です。下記は、AVEの在来線バージョンのユーロメッドの写真です。AVEも同じ構造です。
http://www.geocities.jp/tabinosyasoukara/spain6.html
写真でおわかりのように、台車は客室部分にはなくデッキの下にあります。従って、デッキとドアで仕切られた客室内に、レールや車輪からの騒音が伝わりにくい構造になっています。

私も、AVEに乗ったときは、東海道新幹線より静かだと思いました。ツーリスタクラスの座席の前後間隔は狭かったですが。

線路については、すでに皆さんが述べておられるとおりです。

日本の新幹線は、踏切を避けるため大半が高架路線ですが、東海道新幹線は開業が1964年と古く、線路の大半が土を盛った上に砂利をひいて敷設されています。

その後に建設された山陽新幹線や東北新幹線等は、コンクリートの足を立てた高架橋の上に、直接線路が精度良く固定されています。また、カーブの半径も大きくとら...続きを読む


人気Q&Aランキング