【ハマル本】ありませんか??????
僕は,結構本を読むにしろあきやすいので
ハマル本を教えてください(漫画も有)
出来るだけ諸説を

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

もう何度も同じ本ばかり勧めていて恐縮なんですが、


活字で面白いのは清水義範さんの短編集で「永遠のジャック&ベティ」とか「蕎麦ときしめん」とか。わはは、と笑える面白さです。頭の良い面白い兄ちゃんが書いた、って感じです。
あと、筒井康隆さんの昔の短編集。「にぎやかな未来」とか「ウィークエンドシャッフル」とか「くたばれPTA」とか。一応SFに分類されてるようですが、ちょっと過激なフィクション小説で、テレビドラマにもなった「乗越駅の刑罰」は文字で読んだ方が断然迫力があります。
マンガだと、
「寄生獣」。右手に異生物が寄生する話ですが、有名だからもう読んでおられますよね。
「ARMS」(アームズ)。これも身体の一部にあるものが存在する、いわゆる変身ものと考えて良いと思うんですが、「不思議の国のアリス」とうまくからめてあって熱中します。
「クローズ」。不良学生物ですが、主人公の坊屋春道くんがとても魅力的です。ケンカばっかりしてるマンガですが、気取ってないし絵も上手で、年甲斐もなく最近熱中しました。
あと、さだやす圭のマンガは面白いのが多いですよ。「おかしな二人」とか「ああ播磨灘」とか「なんと孫六」とか。・・どうも御存知の物ばかりのような気がしてきました。
失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答遅れてすいません
わはは、と笑える面白さとゆうところにひかれました
ケンカばっかりとか面白そうです
そうゆうジャンルの本があまり無いので内容がたのしみです
今度,本屋へいったら買ってみようと思います
ほんと回答ありがとうございます

お礼日時:2001/05/11 21:18

ミステリで、ミネット・ウォルターズの本(創元社から。

「氷の家」「女彫刻家」は文庫あり)は、いっときはまりました。なんだか次々驚かされて、愛憎や暴力のあって、でもリアル。久々に、先が知りたくて夢中で読むという感じでした。
最初の方のおっしゃった池波正太郎も外れ無し。後半はちょいパターン化というか、ストーリー使いまわしも出てくるんですが、シリーズの3分の2位までは面白くて面白くて。「剣客商売」「必殺仕事人」もいいですよ!「剣客商売」はTVとは全くイメージ違うはずです。(藤田まことは自分のイメージじゃなかったので見ていません。もっと小柄な人でないと…渡辺謙の藤枝梅安はよかったですが)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼遅れてすいません
必殺仕事人ですか(なんかスゴそう)
本当回答ありがとうございます

お礼日時:2001/05/11 21:34

(1)「グイン・サーガ」 栗本薫 (早川)



全100巻を目指して、現在もうすぐ80巻です。(長いのは駄目?)
内容はRPGゲームにでも出来そうな、剣と魔法(魔道)の物語ですが、主人公のグインは自分の出生がわからない豹頭の戦士で、サブキャラというにはもったいない人物が大勢出てきて、それぞれに強烈なファンがいるくらいです。早く次が出ないかと毎月待ち遠しいです。

時代も、世界も架空のものですが、地図や年・月・時間・距離の単位や宗教など良く作りこまれています。
それと、登場する食べ物も魅力的!


ファンのHPも沢山ありますので見てみてください。

是非はまって下さい。

参考URL:http://search.yahoo.co.jp/bin/search?p=%A5%B0%A5 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼遅れてすいません
全100巻って・・・大すぎです~
集める価値ありかも
食べ物ですか・・・うまそーー(笑)

お礼日時:2001/05/11 21:32

漫画では・・


ジャンプ系・・「ハンター×ハンター」。幽遊白書の作者冨樫氏の作品です。主人公「ゴン」が未知のものを追う職業「ハンター」である父親を探しに冒険するという話です。結構面白いです。
少女漫画系・・「闇のパープルアイ」コンビニで安く売っています。主人公の少女は実は豹に変身できる。そして、彼女を捕まえようとする、高校教師、警察、同類の男等との宿命の対決が見物です。また、この作者の、「涼子の心霊事件簿」これも結構面白いです。これも、コンビニで安く売っています。
昔の本系・・ドラえもん。文庫タイプで、本屋に有ります。ジャンル毎に分かれています。昔はこう言うことで笑っていたなーと実感できます。
小説・・「綾辻ゆきと」氏の館シリーズ。何故、面白いかと言うと、必ず、意表があるからです。「えーこの人が」とか必ずおもいます。最後の1ページまで飽きさせないので、こんな5~600円で言いのかなあといつも思います。お勧めは、「人形館の殺人」「時計館の殺人」「迷路館の殺人」です。どれも意表を突かれます。また、綾辻氏の巧みな表現方法にも感服できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼遅れてすいません
僕結構ジャンプで【ハンタ~×ハンタ~】読んでます
ドラえもんの文庫タイプって存在したんですね!!!!!!
600円位で最後の1ページまで飽きないなんてサイコーです
回答ありがとうございます

お礼日時:2001/05/11 21:29

高校のころに読んだのですが、中島らもの「ガダラの豚」がオススメです。

あのころの日本の話題であった新興宗教、超マジック、スプーン曲げ(ちょっと古いか)とTVタレント兼考古学者をフルに登場させ、さらにアフリカの呪術師と対決というかなり豪華なものです。考古学者がアフリカの呪術師と対決、というテーマは昔の映画(名前は忘れた)であり、中島らもはこれをパクったな、と思いましたが、この映画よりも断然おもしろいものでした。
現代ホラー(オカルトではない)が好きでしたら、黒い家をおすすめします。今の世の中を正確に描写しているようでかなりコワイです。自分の本を読むスピードが遅いため、後ろから追いかけられているような恐ろしさで必死に呼んでしまうような本でした。
この2冊はおすすめですね。話題の本とかも読みますが、どうしてもいまいちぱっとしない展開だったりするのが多い中でこの二つは結構光ってます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼遅れてすいません
現代ホラー大好きです。休みに買って
夏に夜中,勉強の合間とかに読みます~~
回答ありがとうございます

お礼日時:2001/05/11 21:23

いつの世にも悪は絶えない。


そのころ徳川幕府は火付け盗賊改め方という特別警察を設けていた。
凶悪な賊の群れを容赦なく取り締まるためである。
独自の機動性をあたえられたこの火付け盗賊改め方の長官こそが長谷川平蔵、人呼んで鬼の平蔵である。

ということで、池波正太郎原作、鬼平犯科帳をお勧めいたします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼遅れてすいません
鬼平犯科帳ですね僕そうゆう徳川幕府とかが出でくるの
好きなんです
回答ありがとうございます

お礼日時:2001/05/11 21:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q普段全く本を読みませんが心機一転、本を読みたいと思います。小説以外のもので面白い本やためになる本、オ

普段全く本を読みませんが心機一転、本を読みたいと思います。小説以外のもので面白い本やためになる本、オススメの本はありますか?教えてください!

Aベストアンサー

このテーマは、本当に本当に難しいです。
おいしいお店教えてもらう、または、いいミュージシャンを教えてもらうことより難しいです。
そう言える理由は、私が読書ガイドでさんざん失敗してきたからです。
本の紹介本を読んで、私なりに「これはいいかも!」と思って買っても、当たる確率は5%くらいでした。
こうなる理由は、人によって興味の持ち方がまるで違うからです。
それでもお薦めできる方法を挙げてみます。
① ネット検索をしていると、その分野で「この本は、お薦めですよ」と薦められていることがあります。
その本をAmazonのレビュー数を見て、数が多ければ当たる確率は、ある程度高いと思います。
それだけ注目されているということです。
ただ、あまりにも酷評が多いのは、危険です。
② BOOKOFFの¥108~¥200のコーナーで選んでくれば、外れてもお金の損失は少なくて済みます。

Q昔読んだ本ができたらもう一度読みたいです!

中学のときシリーズで読んだと思うのですが、ニューヨークやシカゴといった都市全体が宇宙を旅していて、主人公は確かニューヨークの市長で、最後に降り立った惑星で、「人類の住むところが地球なのです。」といったような記憶があります。ハヤカワ文庫だったのですが、暇ができたのでもう一度読みたいなと思っています。

Aベストアンサー

 今晩は。何日か前にサンリオの文庫版に関する質問が有って、ここにも自分を含めて少なくとも3人はSF読みがいることが判りました。その時に回答していた人はかなり読んでいますね。そちらに1日遅れで回答しようとしたら、既に締め切られていたので私は参加できませんでした。
 さて、質問の作品は、ジェイムズ・ブリッシュの宇宙都市シリーズですね。これは全部で4作から成っていますが、第1部「宇宙零年」は舞台が木星で、ここではまだニュー・ヨークは出て来ない筈です(いやぁ、私も読んだのはもう20年も前のことなんで・・・恐縮)。次からは最終巻までニュー・ヨークが出てきますが、今度は果たしてそのどれに質問の文章が有るのやら・・・(^^;
 シリーズの中では第3部「地球人よ、故郷に還れ」が最も有名ですが、私としては第1部が一番良かったですね。尚、第2部は「星屑のかなたへ」、第4部は「時の凱歌」で、質問に有る通り早川書房の出版です。SF史上の傑作の一つですからまさか絶版ということはないでしょう。それでは。

Qいぜん読んだ本探してます。外国人作家の本です。

(1)作家は外国人。(2)テロかなんかで崩壊した建物。(3)主人公の女性A(平凡)が、偶然同じ建物にいた女性B(美人)と間違われて(ぶつかったかなんかして、カバンかなんかが入れ替わってしまったからかな?)、搬送された病院で火傷した顔をBさんの顔に整形されてしまう。(4)女性Bの家族が現れ、この時口が利けず体も不自由だったAさんは、Bさんと勘違いされて病院から屋敷に連れて行かれる。(5)怪我の状態は、顔や体が傷ついていて包帯だらけで自力で動けず、口も利けない。筆談するシーンも・・。(6)屋敷で食事や清潔など全ての世話をしてくれる青年は、Bさんのことが嫌いで嫌々お世話してたんだけど、Aさんと接するうちにだんだん惹かれあっていき悩む。(7)勘違いが露見し・・たのかな?あとは忘れちゃいました!
とっても読みたいよ~。ぜひぜひよろしくお願いします。

Aベストアンサー

お探しの本とぴったり合致はしませんが、かなり重なる小説があります。
NY生まれのウィリアム・アイリッシュ作「死者との結婚」です。
あまりにも有名なミステリ「幻の女」の作者ですね。私の好きな作家の一人です。
あらすじは以下のとおり。

男に捨てられた身重の女性Aが列車で同年代のB夫妻と知り合う。
AがB夫人の持ち物をたまたま身につけさせてもらったその時、列車が転覆事故を起こす。
B夫妻は亡くなるが、Aは持ち物からB夫人と間違われ、裕福なB氏の遺族に引き取られる。
身寄りのないAはお腹の子供のために、良心の呵責に悩まされつつも、真相を隠しB夫人として生きていこうとするが、Aの世話をする義理の弟(B氏の弟)は真実を知っているのか、辛くあたる。
しかし、いつしかお互い惹かれあい…

お探しの話しとかなり近いように思うのですがどうでしょう?
民放の2時間ドラマにもなって驚いたこともありますが。
以前はハヤカワミステリの文庫で読めました。図書館なら必ずあると思います。
この作品以外もアイリッシュは名作ぞろい。「暁の死線」が私のお気に入りです。

お探しの本とぴったり合致はしませんが、かなり重なる小説があります。
NY生まれのウィリアム・アイリッシュ作「死者との結婚」です。
あまりにも有名なミステリ「幻の女」の作者ですね。私の好きな作家の一人です。
あらすじは以下のとおり。

男に捨てられた身重の女性Aが列車で同年代のB夫妻と知り合う。
AがB夫人の持ち物をたまたま身につけさせてもらったその時、列車が転覆事故を起こす。
B夫妻は亡くなるが、Aは持ち物からB夫人と間違われ、裕福なB氏の遺族に引き取られる。
身寄りのないAはお腹の...続きを読む

Q面白い野球漫画・小説・自伝等は有りませんか?

タイトルの通りです。
野球関連であれば何でも構いません。
ただし、殺人事件が起こる…等の内容は勘弁して下さい;
どんな内容かまでお答えして頂けると大変助かります。

ちなみに今まで読んだ野球関連の本は次の通りです。

Mr.FULLSWING  MAJOR  おおきく振りかぶって  ドカベン  H2
タッチ  バッテリー  復活のマウンド  スカウト  ナックルボールを風に
全力投球・我が選んだ道に悔いはなし  もう一度、投げたかった~炎のストッパー津田恒美・最後の闘い
1985年の奇跡  プロ野球・オレの必殺技  投球論
三度のメシより高校野球  野球上達BOOK・ピッチング  野球上達BOOK・守備&フィールディング
スローカーブをもう一球  野球術(上・下)
野球上達BOOK・バッティング  朝日新聞が伝えたプロ野球  野球は頭でするもんだ!  天才投手

以上です。
かなり節操無く読んでます。ルールブックなんかでもOKです。

ちなみに黄金期の広島に関する本、ホークスに関する本、巨人軍の所業に関する本が有れば、これらは是非教えて欲しいです!
宜しくお願いします。 

タイトルの通りです。
野球関連であれば何でも構いません。
ただし、殺人事件が起こる…等の内容は勘弁して下さい;
どんな内容かまでお答えして頂けると大変助かります。

ちなみに今まで読んだ野球関連の本は次の通りです。

Mr.FULLSWING  MAJOR  おおきく振りかぶって  ドカベン  H2
タッチ  バッテリー  復活のマウンド  スカウト  ナックルボールを風に
全力投球・我が選んだ道に悔いはなし  もう一度、投げたかった~炎のストッパー津田恒美・最後の闘い
1985年の奇跡  プロ...続きを読む

Aベストアンサー

近藤唯之氏の書かれている本はどれも面白かったです。
特に、「プロ野球・男の美学」

エッセイですが
古いところでは、江本氏の10倍シリーズ。
さらに古いところでは、青島幸男氏「だから巨人ファンはバカなのだ」

Qもともと活字を読まないほうだったのですが、最近少し興味が出てきたのでま

もともと活字を読まないほうだったのですが、最近少し興味が出てきたのでまずは短いショートショートから読んでみようと思っています。そこで、皆さんのオススメのショートショートの作家さんを教えて頂けると嬉しいです。また、面白いエッセイを書いている作者さんも合わせて教えて頂けると助かります。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

どういうのが好みなのでしょう?ファンタジー?SF?ミステリー?ホラー?
わからないので、私のオススメを下記にあげておきますので、参考にどうぞ☆

『小松左京ショートショート全集』(SF作家さんの作品)
宮部みゆきさんの「我らが隣人の犯罪」
東野圭吾さんの「毒笑小説」
横山秀夫『臨場』(『半落ち』が有名な作家ですが短編の方が断然面白いです)

有名処で言えば、芥川龍之介も短編小説作家さんなので、『蜘蛛の糸』とか『羅生門』も良いと思いますが、いかがでしょう?


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報